36 袋で 14.4t 積み込み

今朝は寝坊で、8:30 まで寝てしまいました。
10 時過ぎにスタートで、結局 17 時頃までかかってしまいました。

とりあえず、前回の反省点として、シートをはぐ時に、芯になる棒を使うべきだった、という部分は改善してみたんですが、かなり楽になりました。

ただワイヤーでいちいち留めていくのは、かなり面倒くさいので、これはカラビナか何かに置き換えたいところです。
前後は、ワイヤーでないと不都合かなとも思うのですが、まあ、試してみて考えたいと思います。
ハトメよりも小さすぎるのは不都合なので、大きさを合わせてから購入したいと思います。

今回は、40 袋積むつもりが、前後で 9 列、左右で 2 列、上下に 2 段で、9 x 2 x 2 = 36 袋、一つ 400kg 入なので、14.4t です。
40 袋積むのは難しそうですが、今後の課題です。
高さ的には、ハイキューブにしても、3 段は不可能だと思うので、16t でいっぱいいっぱいというところですね。

メッシュパレットの場合、おそらく 40 カゴ積めると思うのですが、この場合、風袋が 60kg あるので、460kg x 40 = 18.4t で、やはり積載には多少余裕があります。

生でない限り過積載になることはなさそうです。

ユニックで帰る時に、焚付を積んで帰りました。
第 2 ヤードも幾分かは片付いてきましたが、原木の入荷もあるので、一向に広くなったり狭くなったりです。

後、もう 36 袋くらいは今シーズンに出荷したいところですので、戻ったらボチボチ頑張りたいと思います。

雨でした

今日は予報通り午前中は雨でした。

早い時間は思ったよりも結構強く降っていたのですが、11 時頃にはほぼ止んで、いつもより少ないながらも、なんとか無事に行事を終えることができました。

ただ、せっかく用意していたくじは余ってしまいましたが。
それでも、それなりに忙しくて、写真を撮る余裕はありませんでした。

今年は、それほど困ったものの持ち込みはなかったのですが、都市部の神社ではなかなかと、大変なことになっているようです。
新聞やテレビなどのメディアでも、最近取り上げられる機会が増えたように思います。

苫小牧市宮前町の錦岡樽前山神社で毎年1月15日の小正月に行っている「どんど焼き」に近年、正月飾り以外の家庭の不要品が持ち込まれるケースが増え、神社関係者を困惑させている。今年も写真や雑誌の束といった家庭ごみのほか、人形なども収集所に運び込まれた。焼却できない物は業者に依頼して処分するしかなく、市民にモラルの向上が求められている。

うちの神社でも、同じような状態で、ゴミの処分に多大な労力と、経費がかかっています。
最近多くて、特に困るのは、プラスチック製品です。

  • 注連縄等(既成品)についているプラスチック製のみかん等の模造品
  • UFO キャッチャーのぬいぐるみなど(化繊=プラスチック製品)
  • 鏡餅を模したプラスチックの入れ物

過去には、くじ引きで焼き物の縁起物を配っていた関係で、それらも戻ってくるんですが、これは仕方ないにしても「燃えない」ので、神社ではお祓いした後、一つ一つ砕いて処分しなければなりません。
そのままの状態だと、かさばるのもあるのですが、埋立処分場で気持ちの問題として、そのままの状態では受け付けてもらえないのです。
この問題を先送りにしないために、縁起物を張子に切り替えていますから、将来的には問題は軽減される思っています。
張子ですから、紙でできているので燃やすことができますし、軽量で割れないため、準備などの負担もかなり軽減されるのです。

なんだかんだで、新年の行事もこれで一段落です。

片付け等は残っていますが、原木の入荷も始まっている割に、出荷がまだ全然終わっていないので、薪仕事も気合を入れて頑張っていかないといけないですし、薪割り機の納品も遅れに遅れているので、配達も頑張らないといけません。

明日は、薪を 12t ほど積み込んで、配達に出かけたいと思います。
帰りは、薪割り機を引き取って、空気を運ばないように頑張りたいと思います。

石段の修理工事と大祭の準備と

いよいよ明日は大祭で、朝から準備をしました。

お宮駐車場のコンテナシャーシですが、積込みのために昨日のうちに移動しておきたかったんですが、天候の問題もあるので、月曜日に積み込みをしようということになって、夜遅くに走ってまた田んぼに落ちても嫌なので、今朝移動しました。

飾樽を借りに行って、ディスプレイしました。

兼務神社では石段の修理工事が始まっています。
本当は、工事に行きたい(邪魔をしに行くだけ?)んですが、全く時間がありません。

明日は、雨の予報ですが、11 時くらいには上がるようなので、そこそこお参りがあればいいのですが。
お近くの方は、ぜひ、お参りください。

すっかり忘れていた土間コン打ち

今日は、土間コン打ちを頼んでいたのをすっかり忘れていました。

朝一、コンクリートを小運搬しないといけないので、ユンボを回送して、午前中は薪割り機の引取があったので、段取りだけして、あとは職人さんに任せて、午後からボチボチ頑張りました。

まあ、見てのとおり、大した面積ではないんですが、とにかく固まらないし、トロウェルで押さえようと思ったら、柔らかすぎて、すっかり暗くなっても終わらない、という状態になってしまいました。

まあ、とりあえず、なんとか終わったので良かったといえばよかったんですが。

これで、フォークリフトで雨水パイプを割ることはなくなりそうですし、ウッドデッキに薪を運び上げるのが楽になりそうです。

日曜日の大祭の授与所の組み立てがまだだったので、これも暗いんですが、なんとか完了しました。

コンテナ台車を移動しようと思ったんですが、これは時間がなくてできませんでした。
明日、渋滞する前に、移動してしまいたいと思います。

薪の配達と食品衛生法届け出・通関・検査後の引取の段取り等

今日は家祓いでした。

昼からは新年会があって、飲めるようにわざわざ迎えに来てくださっているので、ありがたく飲ませていただいたわけですが、もともと飲めない体質なので、ヘロヘロ気味で、午後は仕事にはなりませんでした。
たまにはそういう日もあってもいいと思いたいところですが、大祭準備が滞っているので頑張りたいと思います。

20 日大祭後のアバウト過ぎる予定として、次のように書いたわけですが、

  • 21 日 午前までに積み込み、午後 3 時頃出発(コンテナトレーラ)、翌日早朝和歌山到着
  • 22 日 荷降ろし、午後神戸へ 夕刻までに CFS にて貨物確認後、食品衛生法届け出
  • 23 日 通関、積み込み、(検査)、愛媛に向けて出発
  • 24 日 正午頃、愛媛着
  • 25 日 荷降ろし
  • 26 日 神社祭日
  • 27 日 検品・梱包
  • 28 — 29 日 千葉県納品へ(4t ユニック)
  • 30 日 千葉県納品
  • 31 日 富山県納品
  • 1 日 三重県納品
  • 2 日 山口県納品
  • 3 日 愛媛着

週明けそうそうなので、検疫所に提出する書類作りや、税関に提出書類づくりを予め済ませておいて、22 日に提出したいところです。

それで、明日は金曜日なので、やることが目白押しです。

大祭の寄付金のお願いをして回らないといけないのですが、午前中、ブレイブ(Brave) 20t 往復式 の引き取り(組み立て含む)があります。
説明しながらなので、大体 2 時間程度かかります。

それと、21 日の積み込みに備えるのもありますが、お宮駐車場の台車がおまつりのときには邪魔なので、これも移動しておきたいと思います。

今回ですが、貨物の量が 10m3 超と少し多めなのですが、LCL なのでばら積みしてあるので、積込みだけで 1 時間くらい掛かりそうな気がしないでもありません。

長らくおまたせしている ブレイブ(Brave)社の 20t がまとめて入荷する他、24t も 2 台、前から引き合いが強かった(個人的にはオーバースペックとも思っていますが)37t も 2 台入荷します。

今月末から来月頭にかけて配達して回りたいと思います。

それはそうと、認定トラクタ の件です。

結論を書くと、この件、もともと運輸局と話をしていて、車検はいつも自分でやっていたので、「次の車検でやりましょう」ということにしていたのをすっかり忘れて、板金等で長く預けているうちに年末になってしまい、ディーラーさんに全部おまかせして普通に車検をとってしまったので、構造変更になるので、車検が飛ぶから来年ね、ということです。

薪を積んだのでは、おそらく 23t 積むことはないと思うんですよ。
前後に 10 袋、左右に 2 袋、つまり 20 袋で @400kg なので、1 段で 8t しかありません。
つまり、2 段積んでも 16t で、3 段は物理的に無理なのです。

9’6″ のコンテナは、スタートが CY でないと許可が降りないそうですし、オープントップなので、天井を外して、制限外積載の許可が出れば、3 段積めるとは思いますが、そこまで無理をすることもないかなとも思うのです。

次の車検では忘れないように構造変更したいと思います。

SAE 5 とか SAE 8 とか Class G とか — ネジの強度の表記

Brave(ブレイブ)社の薪割り機のナットで、Class G nut という表記があり、Class というので強度ではないのか、とも思ったのですが、セレートがなかったので、セレートなしのフランジナットを Class G というのかしら、などと思ったんですが、調べたら嘘だった、という話です。

フランジナットとは、ツバ付きのナットのことで、セレートとはツバに滑り止めの凹凸がついているものを指します。

ここ を読め、で終わってもいいんですが。。。

Grade/Class Strength
Grade A Nuts Strength exceeds Grade 2.
ASTM A325 Bolts meet ASTM A325 Type 1 standards for structural steel joints.
Grade B Nuts Strength is similar to Grade 5.
Grade B7 Threaded Stud & Rod Same as Grade 5. Use with Grade 2H and Grade C nuts.
Grade C Nuts Strength exceeds Grade 5. Use with heat-treated medium-strength steel fasteners like ASTM A325 structural bolts.
Grade G Nuts Strength is similar to Grade 8. Use with ASTM A325 structural bolts.
Grade 2 Low strength.
Grade 2H Nuts Strength is similar to Grade 5. Use with ASTM A325 structural bolts.
Grade 5 Medium strength.
Grade 8 High strength.
Metric Class 4 Similar to Grade 2.
Metric Class 8.8 Similar to Grade 5.
Metric Class 10.9 Similar to Grade 8.
Metric Class 12.9 The highest metric class for strength, it exceeds Grade 8.

とりあえず、Metric(ミリ規格)は無視すると、

Grade 2 < Grade A < Grade 2H = Grade 5 = Grade B = Grade B7 < Grade C < Grade 8 = Grade G

という感じでしょうか。

それで、Class G nut とセットのボルトを確認してみたんですが、このナットとセットで使うボルトは、Use with ASTM A325 structural bolts と書かれているんですが、パット見、Grade 5 にしか見えないのです。

ASTM A325 structural bolts ですが、ボルトの頭に A325 という刻印があるはずなのですが、見てのとおり見当たりません。

代わりに放射状に 3 本のラインの刻印がありますが、これは SAE Grade 5 であるという刻印のようです。

というわけで、日本国内では特に牽引できるわけでもないので、そこまで神経質になる必要はないのではないか、という結論に至りました。

ブレイブ(Brave)社製 20t 横型・往復式薪割り機のネジ不足問題

前回出荷したブレイブ(Brave)社製 20t 横型・往復式薪割り機ですが、ネジがかなり不足していて、大変ご迷惑をおかけしているところです。

海外製品ですから、ネジなんかが足りないというのは、日常茶飯事ではあるんですが、不足しているよりも不足していないほうがいいに決まっていますし、後から対応するのも手間で、予め確認して、不足がないようにしてお届けする体制を取れないものかと思っているわけです。

それで、不足するとクリティカルなものや、国内で調達が難しいインチネジについては、予備を持っておこうと思うわけで、それが赤丸のものです。

油圧フィッティング類も不足すると困るんですが、そちらはすでに在庫を持っていますし、牽引用のチェンなどは、国内では合法的に牽引できませんので、そもそも必要ない部品ですし、なくてもなんの問題もありませんので、在庫する意味はないかと思っています。
(必要だ、という方がいれば、後から取り寄せればいいかなと)

明後日、お客さんが引き取りに見えて、一緒に組み立てをするのですが、その際にネジが不足していると組み立たないので、チェックすることにしました。
チェックは、細かなネジの仕様の確認も兼ねているので、ここに記録をしておきたいと思います。

なぜ細かい仕様を確認しているかというと、マニュアルに部品番号がないので、おそらくショートパーツでなかったらゴメンね、という対応であろうと推測しているからなんですが。

名称 数量 仕様 使用箇所
1/4″ x 1-3/4″ BOLT 3 全ねじフランジ(セレート付)ボルト コントロールバルブ固定用
1/4″ NYLOC NUT 3 ナイロックナット コントロールバルブ固定用
5/16″ x 1-1/2″ BOLT 2 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト TIPブラケット(エンジン)固定
5/16″ FLANGE NUT 2 セレート付きフランジナット TIPブラケット(エンジン)固定
5/16″ x 2-3/4″ BLOT 1 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト ジャッキスタンドヒンジ部軸
5/16″ NYLOC NUT 1 ナイロックナット ジャッキスタンドヒンジ部軸
3/8″ x 1″ BOLT 3 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト コントロールバルブ用ブラケットをフレームに固定
3/8″ FLANGE NUT 3 セレート付きフランジナット コントロールバルブ用ブラケットをフレームに固定
3/8″ x 1-1/4″ BOLT 10 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト フレームと作動油タンク及び牽引用タン固定
3/8″ CLASS G NUT 10 セレートなしフランジナット フレームと作動油タンク及び牽引用タン固定
1/2″ x 3″ BOLT 2 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト 牽引用タンにキャッチを固定
1/2″ CLASS G NUT 2 セレートなしフランジナット 牽引用タンにキャッチを固定

というわけで、CLASS G NUT というのは、セレートのないもののことをいうのではないかと思います。

いずれにせよ、組み立て前に、まずはボルトとナットを組んで、それぞれが規定の本数あるのか、確認をすることが大切で、今後の課題として、インチ規格のものは寸法が分数であったりして大きさがとてもわかりにくいため、発送前にこちらでボルトとナットを組んで、マーカで色を塗っておいたらどうか、と思うのです。
と同時に、組み立てマニュアルを簡易的に邦訳して、ネジについては、マーカで塗った色を併記することで、よりわかりやすくなるかなとも思います。

今日もどんど焼き

今日もどんど焼きでした。

まあ、まったくないわけではないのですが、燃えないもの、燃やせないものの持ち込みがずいぶんと減り、比較的スムースに行事が進みましたが、今年は例年の倍くらい集まったので、12:30 頃までかかってしまいました。

昼からは、15 日で月次祭で兼務神社の巡回ですが、1 社舗装工事中のためたどり着けなかったので、明日にしたいと思います。

それはそうと、お昼頃にブレイブ(Brave)社の薪割り機の取扱状況について問い合わせがありました。
現在、以下のモデルを取り扱ってます。

米国での価格が変更になるようで、近いうちに価格は変更するかもしれません。

なお、37t に関しては、今回は初入荷のため、組み立て等の工数などは不明です。
パーツの構成は、24t と 37t は同じ(30t も同じ)なので、組み立ての工数も「重たい」ということを除いては同じだと思われます。
37t は完成納品となります。(希望される方には、他の薪割り機と同じ、AS IS の輸入現状渡しも可能で、ノーサポートの代わりに 54,000 円値引きいたします。逆にいえば、その他の薪割り機も、54,000 円支払うと、組み立て完成保証となります。)

1 月末から 2 月頭にかけて、納品の旅に出る予定です。
一緒に組み立てて欲しいという方は、お問い合わせ ください。

どんど焼き

今日はどんど焼きでした。

歳徳神(としとくじん, とんどさん)
出典 Wikipedia

どんど 焼きってなんだ、って話は 去年にそれなりに書いた のですが、どんど(とんど・どんと)は歳徳神 ということのでした。

平安末期の歌人で有名な西行は伊勢の神宮にお参りして、

なにごとの おはしますかは知らねども
かたじけなさに 涙こぼるる

と詠んだと伝えられますが、ただありがたく、かたじけなく「思わず手を合わせてしまう」それが神道というものであり、昔の人々は、燃え上がる火の中に「神」を見たのでしょう。

我々日本人にとっての「神」という存在は、自然界の一つ一つの働きに人の及ばない何か大きな力を感じ、「ありがたい」と同時に、「畏れ多い」と崇めてきました。

火というものは、時には災いをもたらしますが、同時に、古くから我々の生活の中にあって、今日ではあらゆる産業の基盤ともなっているわけです。

江戸時代後期の国学者、本居宣長は、古事記伝の中で、

凡てか迦微とは古御典等に見えたる天地の諸の神たちを始めて、其を祀れる社に坐す御霊をも申し、又人はさらにも云はず、鳥獣木草のたぐひ海山など、其与何にまれ、尋常ならずすぐれたる徳のありて、可畏き物を迦微とは云なり
すぐれたるとは、尊きこと、善きこと、功しきことなどの、優れたるのみを云に非ず、悪きもの、奇しきものなども、よにすぐれて可畏きをば神と云なり。

と記しました。

そういうことなのかなと思いました。

明日もまた、どんど焼きです。

ボチボチ頑張りたいと思います。

引取・配達 そして片付け

今日は朝、お風呂の薪が欲しいという問い合わせを頂いて、薪ストーブ用よりも、スギ・ヒノキのほうがいいと思いますが、ということで返信したところ 200kg 引き取りきます、ということで、今治から来られました。

お客さんにも話したんですが、スギ・ヒノキの薪は基本的に作ってません。
というのも、クヌギやコナラの 0.8 程度の比重に対して、スギ・ヒノキは 0.4 程度と、半分の重さなのです。
つまり、同じ体積の薪を作るためには、倍切って、倍割って、しかも、単価は安いので、原木を購入したのでは、とても採算に乗らないのです。
そのため、神社の境内を整備する過程で発生したものを処分する目的で薪にしたものがごく少量できるだけなんです。
実際、270kg しか在庫はありませんでした。

昼からは、昨日雨で行けなかったので、配達にでかけました。
出かけたら入れ違いで、もうストックがないんです!というメールが届いていて、そば屋の出前みたいな状態でした。

手前のみかんカゴは、木工の木っ端でサービス品です。

それで、人間というものはだんだん横着になるもので、下ろすのはダンプで直ぐなんですが、積むのがかったるいんですよね。
ある程度投げては、きれいに並べて、ということで、結構時間がかかってしまいます。
今はそれほどの量ではないですが、量が増えたら、対策をしないとと思います。

自宅の薪もなくなっているので、空になったみかんカゴの片付けをしました。

丸太小屋の前の駐車スペースは、まだ舗装してなくて、この間、リフトで薪を運んだら、雨水パイプのかぶりが不十分で踏み抜いてしまって、ウッドデッキまで持ち上げるのはやめておきました。

とりあえず、舗装をしようと思ったんですが、昨日は雨だし、その上第 2 土曜日で、今日も日曜日だから、生コンの出荷がないのです。
明日 14 日と、明後日 15 日はどんど焼きで、16 日祭日、17 日家祓いと新年会なので、18 日に作業をしようと思います。
18 日は薪割り機の引き取りもあるので、かなりバタバタしそうですが。。。

そんなわけで、薪のご注文は、十分な余裕を見てお願いいたします。

在庫としては、ミックス品が残りわずかとなりました。
通常の薪(クヌギ・コナラ)は、潤沢に在庫がありますが、納品に時間がかかります。
コロ薪については、完売しておりますので、ご了承ください。