カゴ台車(ロールボックスパレット)は高級なゴミ箱になりました

台車屋五常さんで買ったカゴ台車 ですが、早速使ってみました。

スーパーなどでもよく使われているんですが、ダンボールをストックしておくのに、便利ですね。

まだ畳んでませんが、きれいに仕舞えばかなりストックできそうで、これで安心してダンボールを溜めておけます。

倉庫兼車庫は狭くて、フォークリフトではうまくしまえないデッドスペースができるのですが、カゴ台車は人力で移動できるので、よりスペースを有効に活用できそうです。

雑貨などを 2F に持ってあがるのもなかなか大変なので、整理用の棚も兼ねて活用できればと思います。

トラックでこのカゴを運ぶ場合ですが、アルミバンなどだと、落下したりする心配はないのでしょうが、平ボデーだとアオリが低く感じ、重心が高いと危ないので、固縛方法をよく考えないとと思うのですが、雨などに備えて養生するなりカバーをかけるなりしないといけないので、枠にロープを直接かけることができず、その辺も含めて、考えてみたいと思います。

単純に固定すると、カゴとカゴとがぶつかってすでに塗装が禿げている箇所もあるので、その辺も対策が必要かもしれません。

それと、薪を入れた場合ですが、カゴの前面にはカバーがないので、何らかの対策をしないと、輸送中にそこから転がり落ちる可能性が排除しきれないと思うのですが、これにつてもうまい方法を考えないとかなと思います。

荷崩れ防止、という目的に限定すると、俺の網タイツ なんてものもあるんですが。

こういうスペーサーがある程度あると便利かなと思うんですが、かなり高いですね。

コーナー部分の養生などに曲げても使用できるようで、余裕があれば、こういうものも少しづつ揃えていこうと思います。

インパクトドライバ(レンチ)で薪割り(失敗)

facebook での情報で、Kickstarter で募集していたようですが、結果としては失敗したプロジェクトのようです。

個人的には、普通に使うには効率が悪すぎるので、それがだめだった理由なんだろうと思うのですが、ふと思ったこととして、薪製造機に噛み込んだものを割って取り除く、という向きには使えるかもしれないと思いました。

尤も、必ず割れるというものではないので、割れないものは割れないと思うのですが、

  • 複数を楔のように使うことができる
  • 噛み込んでも逆転して外すことができるし、それでもだめなら、Torque Multiplier を使えば、多分外すことができる
  • ハンマーで叩くと薪製造機やウエッジを痛めることがあるし、狭いスペースなのでけがをすることがあるが、そういうリスクが極めて低い

というメリットは有るかと思います。

価格的には @$24 くらいの設定だったようなので、ダメ元で ripper + braker のセットを 2 セットくらい、人柱になっても良かったのではないかと思ったりしています。

ただ、この前買った TD170DRGX は 175Nm だし、エアのインパクトは 400Nm と微妙な感じです。

TW1001DRGX だと、800Nm で、これくらいは欲しい感じですが、わざわざこのためだけに買うものでもないですしね。

まあ、売ってないんだろうから、妄想の範囲ですが、アッグ的薪割り機初号機は先端の Tip が交換式になっているので、それにインパクト用のソケットを取り付ける加工をすれば、同じものはサクリと作れますね。
ただまあ、$24 では作れないので、これが売られているのなら、買って試すほうが安く上がりそうです。

携帯クーラー ZERO HEAT

出典 https://prtimes.jp/

一瞬これはいける、と思ってカタログを良く読んだときの残念感はなんとも言えないものがあったんですが、まあ備忘録を兼ねて認めておこうとは思います。

これ、蓄冷剤の周りに空気を循環させるだけのものなんです。

クーラーというので、コンプレッサなどが極度に小型化されて、リチウムイオン電池で駆動するのと勘違いしました。

車中泊の時に書いたポータブルクーラー冷え蔵 のモバイル版、といったところでしょうか。

個人的には、相当期待したんですが、原理的に、自分のニーズには合致しないというか、コレジャナイ感が半端なかったです。

ただ、この仕組の良いところは、排熱がほぼ出ないことであり、かつ、密閉された防護服などでも使用できることでしょうか。

お値段は 10 万を超えている ようで、冷え蔵の値段を考えると、かなりの値段といえますね。

どこがどう特許なのかは知りませんけど、特に原理自体には何の新規性もないと思うので、使い物になるようであれば、すぐに特許を回避した、MADE IN CHINA の 3,980 円(USB 給電で、モバイルバッテリー別売り)みたいなのが出てくることでしょうから、それから考えればいいかなと。

それはそうと、超貧乏くさい話をひとつ。

車中泊の際の冷房コストのことなんですが、冷え蔵を使うとして、氷をコンビニで買うという話が出たわけです。

氷が溶ける時には 1kg あたり 80kCal = 0.093kWh の熱を与える必要があります。
まあ、気温が 25°C とすれば、溶けた水の 0°C との温度差がありますので、1kg = 1,000 なら 25kCal を更に奪うことができますから、都合 105kCal になるとしても、まあ、せいぜい 100Wh 程度なんですね。

氷を作る際に投入した電力の効率が仮に 50% だとしても、1kWh は 30 円程度ですから、6 円分くらいのエネルギー価値しかありません。

ですが、氷の値段は、1kg あたり 250 円くらいするのです。

よってエンゲルの冷凍庫を買って、家の氷を運べば、仮に一晩で 4kg 消費するとすれば、往復で 2 泊ですので、都合 8kg 分、1kg あたり 200 円お得だとすれば、1,600 円の節約になるわけです。

でも、問題は、夏の間しか用事がない、ってことなんですよね。

年に 2 回、10 年でようやく 32,000 円の節約なので、家で凍らせたものを忘れずに積む手間などを考えると、冷蔵庫が車に付く、という付加価値のウエイトがほとんどってことになりますかね。

ただ、今回、焼津の市場に寄ったんですが、冷蔵庫(冷凍庫)がないため、おみやげは干物になったんですが、そういう時に安心して生物が買えると言うのはあるかと思います。

で、そこには、トレーラーで駐車できるのか、というツッコミが入るわけですが。

まあ、うだうだいっている間に、今年の夏は終わりそうです。

小國神社 参拝

昨晩は、疲れましたが、無事に愛媛に到着しています。
おかげでぐっすり眠れました。

もう、一昨日のことですが、事任八幡宮 に続いて、小國(おくに)神社 に参拝しました。

ずっと「おぐに」だと思っていたのですが、「おくに」だったようです。

知っている人は知っていると思いますが、現在の神道政治連盟の会長は、この小國神社の打田文博氏です。

Wikipedia の情報 はかなり古いですね。

少し前にも書いたのですが、神社本庁の基本財産が不当に廉売されたのではないかという 疑惑 があるわけですが、その騒動の中心人物と目されているのが、石清水八幡宮の宮司、田中総長の腹心と小國神社宮司の打田氏なわけです。

まあ、疑惑 については、リンク先の記事を読めば概略はわかるわけで、思うところはありますが、ダラダラ書くことはしませんが、こういう疑惑に名が挙がる人物というのは、善し悪しはおいておいて、基本的に事業家であるように感じます。

人物の相関図があったので貼っておきますが。

小國神社の場合、駐車場も整備されており、その一角にはおかげ横丁をかなり小さな規模にしたものですが、売店関連が集積されていました。
無秩序に開発していてはこうはなりませんので、神社のイニシアティブか、経営の主体がどうなっているのか、そういう部分はわかりませんが、何らかの関与はあるものと思います。

また、休憩所が整備されていて、ヤマハ発動機から 1,000 万引っ張ってきてました。

こういうことをいうと語弊がありますが、現在において、神社というのはいわゆる装置産業で、ある程度の設備投資をしなければ、集客ができないわけです。

広い駐車場、清潔なトイレ、そして、そこにしか無いサービス、まあ、道の駅と同じです。

と同時に、一頃問題になりましたが、コンプガチャなどに見られるソーシャルゲームの課金スキームである「フリーミアムモデル」に、宗教関連全般は、集金手法が酷似していると思うのです。

あくまでも、お金の側面から見た場合の話です。

実際問題、神社そのものの歴史であるとかは、捏造でもしない限り、どうにもなりません。
なので、それ以外のソフト面、ハード面を改善するのはとても重要なことであろうとは思うのです。

神社界全体が、国のあり方、人々の生活習慣・価値観、そういうものが大きく変化するなかで、大きな規模の神社を維持していくには、莫大な予算を獲得し続けなければならないわけで、旧態依然としていては座して死を待つという状態でしょうから、その苦労は小さな神社以上であろうと思うわけです。

神社参拝という行為そのものについては、課金はできません。

お賽銭を 5 円入れているから、タダじゃないという人もいるかもしれませんが、神社側から見ると、5 円玉を銀行の残高の 5 円にするためにかなりの経費がかかります。(下手すれば 5 円以上かかるかもしれません)

トイレを使用したりすると、下水道料金は松山市の場合 1m3 あたり 200 円ですので、1L あたり 0.2 円、25L の水を流せば、5 円下水道代だけでかかってしまいますし、電気代、上水道代、トイレットペーパー代、清掃の費用や、維持管理費もかかります。

それに、お賽銭自体も強制ではなくて任意でして、散歩で毎日くるんだけどずーっと一円も納めない人もいたりするんです。

そういう中で、どうやって奉納をしていただくのか、というのがとても難しいのです。

ここの事例を見ると、とどのつまり勘所は、有料のサービスと無料のサービスの差別化、そのバランスであることが理解できます。

でも、神社でそういう差別化自体は無理なんです。

昇殿されるかたがいくら賽銭を納めたのか、いちいち確認なんてできません。
あるいは、お供えの封筒の中身を確認して、その額で、態度を変えるのか、という問題もあります。

授与品に関しては、物販の形ですから、授受という差別化はできますが。

とても難しく思います。

宇佐神宮に「栄転」された小野氏も、駐車場整備事業を行う(行った?)ようで、これは地元との軋轢の中で、独自の財布を持つためという側面もあるのではと推測していますが、動線を変えることで、利便性を向上しつつ、将来的には、商店街が入れるテナントモールを神宮自身が整備するなり、誘致するなりして、売上に見合ったマージンを要求する、というようなことも視野に入れているのかもしれません。

田中総長や打田会長のやり方が自分の中での美意識に反するのは事実なんですが、それぞれがそれぞれの立場で、信念を持って、道を過たず、実践に努めて、斯界を盛り上げて発展させていくことが大切であり、自分も自分なりに事業を拡大していかなければと思ったりしました。

普通に参拝しろよ、とツッコミが入りそうですが。

事任八幡宮 参拝

今朝はユーユー・カイカンを 6 時に出発して、別所まで戻ってきました。

昨日は、焼津で食事をした後、大井神社 に参拝しましたが、最近耄碌しているようで、参拝済みであると気づきませんで、参拝してから 3 年ほど前に参拝済み と気づいたのでした。

気を取り直して(?)、事任(ことのまま)八幡宮 を参拝しました。

境内は鬱蒼としていて、御神木がたいそう立派です。
職業病というか、やはり屋根への影響が気になって仕方ありませんが、谷が詰まっていますね。
そういう意味では、社殿の設計というのも、歴史的に見て、どうしてそうなったのかが気になります。

さて、ご飯も食べたので、出発したいと思います。

松山に帰ります

松山に帰ります。
渋滞しているかと思ったんですが、思ったよりも流れています。

昨晩は駿河健康ランドで仮眠しました。
会員カードと無料券を持ってくるのを忘れていまいました。
流石に無料券を忘れたのはだめでしたが、会員カードは、電話番号で調べてもらえて、会員の値段で対応してもらえました。
いびきがうるさいおじさんと、しつけられていない子供が騒いで、少々寝不足気味です。

荷物を満載しているんですが、空気を運んでいるようなものなので、せいぜい 200–300kg くらい、空荷と変わりません。

焼津でお昼を食べようと持って、1 号からそれたところで JET イノウエのお店を発見したので、吸い込まれてしまいました。
路肩灯を見たんですが、1,500 円くらいのものか、小一万くらいのものまで幅があって、悩んで結局買えませんでした。
オクで買った LED 作業灯もまだ取り付けていないし、あれが路肩灯として使えれば、それはそれで安くていいかなと思っています。

お昼は、マグロ+ビンチョウマグロを食べました。
1,300 円也。
まぐろレストランでもマグロを食べたような気がするんですが。。。

今日は、これから神社でも参拝しながらユーユー・カイカンまで戻ろうと思います。

ダンボール薪とカゴ台車

一昨日倉庫に行って、薪の出荷について打ち合わせをしました。

結局のところ、10kg でも 30kg でも、「一箱いくら」で発送手数料がかかり、また、保管費用などもこれまた箱単位なので、なるべくたくさん入れたほうがいいわけですが、箱詰めをどこでやるのか、という問題については、予め詰めて欲しい、ということになったわけです。

というわけで、箱については、倉庫で使っているサイズの場合、長さ的にちょうどのもは計算上 20kg ちょっとなので、配達などの扱いは楽だと思うのですが、送料的にちょっと困るので、30kg をちょっと切る程度の重さで、専用の箱を別注したほうがトータルとしては経済的ではないか、ということになりました。

まあ、宅配便でそんなに売れるものではないとは思うのですが、一人でやっている手前、配達に時間を割けないので、宅配には参入したいと思っています。

そのため、というよりも、保管料が馬鹿にならないため、一度に倉庫に納品しないで、一旦、自前の倉庫で保管して、品切れしそうなものを倉庫に随時納品するように変更しようと思っているのですが、その都度、ラックからピックアップして、積み込み、荷下ろし、という作業をやっていると、手間がかかりすぎるので、ロールボックスパレット、いわゆるカゴ台車を導入することにしました。

配達で千葉まで行ったので、前から気になっている 台車屋 五常 さんに行ってきました。

国産と悩んだのですが、消耗品のため、安さを優先し、買ったのは、「業界最安値!!【新品】俺のカゴ台車 W1100×D800×H1700 千葉デポor関西デポ」です。

中古という手段もあるのでしょうが、後から追加で欲しくなったと気にサイズが揃わなかったりすると嫌なので、贅沢にも新品です。

動画のお兄さんが対応してくださいましたよ。

薪は重たいので、中間棚なしタイプを買って、強度が強いスチール製の中間棚をバラ売りで買ったんですが、後から考えると、全部薪を入れる必要はなく、上の方には軽い NO-SPILL ガソリン缶とか、猫トイレとか、そういうものを積めばいいので、中間棚自体いらない、もしくは、格納タイプにすれば良かったのではと思うのです。

というのも、これはうちに特有の問題でしょうが、行きは荷物がありますが、基本的に帰りは空荷で、生産時に必要な資材などがあると気に限り積んで帰るのですが、その際に、台車を畳むわけで、中間棚があると、分解して畳まなければならないのが面倒くさいわけです。
当然、取り外した中間棚が痛まないように輸送しなければなりません。

現状は、机上の空論ですし、積んで帰る時、思ったよりも高さが高くて、アオリが低く感じ、ある程度の重量のある貨物の場合、横転するんじゃないかと思ったりするので、今後、実際に使ってみて、いろいろな問題が出てくると思うので、それから考えていきたいと思います。

雨の対策は、オプションの防塵カバー では無理があるそうで、コストを考えると輸送時のみブルーシート養生して、風でバタバタしないようにラップ巻きする必要はありそうです。

ただ、毎回そんなことをしていたら手間で仕方ないですし、転倒対策などもあるので、当面は、サイコロコンテナ を買って、それを積んで、その中に入れるとかも含めて、検討する必要がありそうです。

今日は、祝日だということを忘れていて、サイコロコンテナ については、次回に持ち越したいと思います。

箱根の山は天下の険 — 箱根峠の下りの重大事故に思う件と、通行許可関連

まあ、大部分の人にとっては下らない話だと思うんですが。。。

何を悩んでいるのかというと、静岡から神奈川へのルートで、箱根新道で抜けるか、246 で抜けるのか、ということです。

現状をいうと、特車の通行許可は、箱根新道で取っています。

どうしてそんな危険なルートで申請したのか、といわれそうですが、貧乏くさい発送なんですが、複数のルートを申請するには手間も費用も時間もかかるので、立ち寄る必要のある横浜を経由したかった、また、都心を抜けたくなかった、という理由からなんです。

でも、箱根新道を抜ける場合、箱根峠はなんと 846m もあるのです。

これに対して御殿場付近は、500m 程度なので、実に 300m 以上違います。
冬場であれば、凍結などのリスクも格段に下がるのと、それだけ登らずに済みます。
登らずに済むというのは、下らずに済む、ということでもあるのです。

https://youtu.be/MzJqT8–dhQ

神奈川・箱根町で29日未明、トレーラーが、橋からおよそ40メートル下の県道に落ちて炎上した事故の瞬間をドライブレコーダーが記録。
午前3時ごろ、箱根町の山あいにある箱根新道の橋で、走行中のトレーラーが、追い越し禁止の区間の急カーブ手前にも関わらず、もの凄いスピードで撮影したトレーラーを追い越し、カーブを曲がり切れずに横転し、そのままガードレールを突き破り、およそ40メートル下の県道に転落し、炎上した事故の衝撃的な映像です。(補足)37秒あたりで右の後輪が浮き始めて横転しなが転落したようです。よく見るとトレーラーは追い越す時もブレーキランプが点灯してるようなので、ブレーキが焼き付き減速ができずに暴走状態だったようにも見えます。追い越された車両の当時の速度は時速40kmなので、そこから推測すると事故を起こした車両の速度は相当速い。追い越すと言うより追突を避けるように暴走車をコントロールしていたのではないかと思われます。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。※この映像を無断でコピーをし、亡くなったドライバーの事をタイトルで「自殺」などと記載している悪質な人がいます。何も知らないくせに事故で亡くなった方を中傷して閲覧の気を引こうなんて同じ人間として情けなく残念です。動画もコピーするような泥棒のコメントに惑わされないでください。また、ドライバーはこのあと安全に停車できるとこまで移動し警察へ通報しています。現場に止まらないのはカーブの出口で危険(多重事故防止)だからですので誤解なく。

youtube で見た衝撃のドライブレコーダの画像です。
20′ のコンテナトレーラが追い越し禁止区間を走り抜けて行き、その先のコーナーを曲がりきれずに横転、40m 下に落下した重大な事故だったそうです。

事故に遭ったトレーラのドライバーさんは亡くなられたそうで、謹んでお悔やみを申し上げます。

ビデオを見ると、追突を避けるためでしょうか、追い抜くかたちで右側を走っていったトレーラヘッドは、駆動軸が火を吹いているよう見えます。
事故現場で減速する重トレをコーナーで抜いて、対向車が気付いて減速したから良いようなものの、大型のバンもいたりと、かなりカオスな情況です。

トレーラのことをもう少し調べてみました。

上記の中で、更に詳しい資料へのリンクもあります。

当該事故車両は久遠だったようで、ESCOT-V らしいのですが、うちの VOLVO FH と UD とは、同じボルボグループなので、非常に似通っていると思うこと、また、20′ コンテナで積載重量が 19.36t, ABS 無しと、うちの台車に条件が酷似しているので、非常に気になりました。

ところで、この方は、排気ブレーキやリターダを使わないと書いていますね。
自分の読み間違いでなければ、ですが。

確かに、単車とトレーラでは全く違った動きになると思うし、ABS の有無についても書いてあるんですが、自分はちょっとアホなので、意味がわからないのですが、エンジンブレーキと排気ブレーキ・リターダの違いってなんなんでしょうかね。

アホなりに考えたのですが、エンジンブレーキであろうと、排気ブレーキであろうと、リターダであろうと、制動力が生じるのは、駆動軸だけだと思うのです。

とりあえず、246 のルートも申請しようと思って、ルートを考え中なのは、すでに書いたとおりなのですが、箱根峠よりは走りやすいですが、神奈川の区間は幅員も狭く、1 車線のため後ろに張り付いてくる車も出てくるでしょうし、まあ、これは 1 号でも同じことなんでしょうが、事故を起こしたり、事故に巻き込まれたりしないように、最新の注意を払いたいと思います。

自分は、医者から ADHD とか、アスペルガーと診断されたことはないのですが、そういう傾向があると指摘されたこともあるし、思い当たるフシもありますし、上記、ブログの方の意見として、運転において、注意が必要な性格のようですので、肝に銘じてきたいと思います。

それはそうと、通行許可の件です。

昨日、倉庫へ雑貨の納品に行った際に、6 号の我孫子・台田の交差点を右折する際に、大型通行禁止になっていることに気づきました。

帰りに我孫子警察署に行ってきたんですが、千葉県警の場合、通行許可には、先に特車の許可が必要になると言われました。

茨城県は、それは求められなかったのですが、千葉では、同時進行はできないようです。

当該区間は、特車の許可がえられればすぐに許可が出る、ということで、書類だけもらって終了です。

それと、茨城のヤード前の道路も大型の通行が規制されている件ですが、この件で、牛久市役所に行ってきました。

なんか、牛久市は、バイオマスタウンとかなんとか書いてあって、ホールにさいかい産業のペレットストーブがありました。
ほかにも、天ぷら油で走る公用車もたくさん止まっていました。

うちのヤードと同じ鎌倉街道にグリーンファームとかいうところがあって、そこでペレットとか、BDF とか作っているようです。

うちの薪の製造・販売に補助でも出してくれないもんでしょうかね。

ちょっと話がそれましたが、許可にはなっていたので、後は、国交省から許可になるのを待つだけ、というところのようです。

今日は、牛久警察署に行って、そちらの許可も得たいと思います。

ユーユーカイカンとか、大遠会館(まぐろレストラン)とか、スマル亭とか

東京には無事にたどり着いて、爆睡して今起きました。
今回も特にひねりもなく、ほぼ予定通りでした。

休憩は ユーユー・カイカン でした。
朝 10 時少し前に着いたんですが、すでにご高齢の皆々様がロビーで待っていらっしゃっしゃって、昭和一桁的雰囲気が漂っています。
アラフィフの自分が平均年齢を下げるために貢献いたしました。w
さあ開館と思ったらいきなり停電して、設備点検で営業開始が 15 分ほど遅れたんですが、その間にもお茶がでたりと、サービスはちゃんとしているなと思いました。

貧乏性なので、セコくネット割引券 300 円をプリントして持っていってたんですが、入り口に年間会員の募集チラシが貼ってあって、なんでも、

  • 入会当日無料
  • 優待券 2 枚 or お食事券 2,000 円分
  • 誕生月無料券
  • お正月無料券
  • 1 年間半額

と書いてあって、それで 5,400 円なんですよね。

正規の料金は、1,740 円 で、300 円引きなので、1,440 円なんですが、3.75 回分なので、後 3 回は立ち寄るだろう、ということで会員になりました。

ただここ、トレーラでは無理だな。。。

入った時は少々ぱらつくくらいの曇りでしたが、出発する時は快晴でした。

その後の昼食(?)は、前回間に合わなかった まぐろレストラン です。
前々回、初来店時 は実はまぐろを食べていないのです。

今回は、ガラガラで、中トロもあったので、迷わず注文しました。

実に美味。
ほんと、他所で食ったら 3,000 円くらいしそうですが、店を改装して 3,000 円になるなら、今の店の作りでいいです。

23 号を走行の皆様、裏に広い駐車場があって、トレーラでも停められますんで、ぜひ立ち寄ってみてください。

次回は、向かいのひもの食堂の予定。

で、その後東京に向けてひた走るわけですが、時間的な兼ね合いで、ちょうど 宇津ノ谷峠 あたりが三重と東京との中間地点になるわけです。

こぢんまりとしていて、とかいうと、地元の人に怒られそうなんですが、ここの道の駅(上り, 藤枝側)は、かなり気に入っているんです。
トレーラ停めやすそうだし。

それで、この前、夜中も夜中、2 時だか 3 時だかに、むっちゃ小さい売店に電気が点いているんで、何事?とか思ったら、なんと 24H 営業しているじゃないですか。

こりゃあ便利だと、今回も深夜でしたが寄ったわけです。

店の名前ですが、「スマイル」だと思っていたら、今回よく見ると「スマル」でした。

うーんどこかで見たような。。。と思ったら、さった峠の先の由比のあたりにあるお店でした。

あのあたり、夜ともなると平均速度が 80km/h とか、速い車だと 100km/h とかで、自分みたいにちんたら走っていると、速度抑制がかかりながら猛烈な勢いで煽ってくる大型がいたりして怖いんで、寄ったことなかったんですが、なるほどそういうお店だったんですね。

にしても、あのあたり、本当に交通の要衝で、東海道線、国道 1 号線、それに東名高速が海と集落の間を通っていて、時々ライブカメラを見たくなりますが、住んでいる人は、この半世紀で、本当に劇的な住環境の変化があったんだろうなと思います。

写真のとおりですが、桜えびのかき揚げを食べたわけですが、なるほど、スマル亭のウリだったんですね。
まあ、由比ならそうなるわな。

味はごく普通の立ち食い屋の味です。

交通の要衝という意味では、宇津ノ谷峠 もかなりのものですね。

うどんを食べながらパネルを見ていたんですが、明治初期に今となってはバイク専用くらいの隧道が掘られ、時代は下って大正時代に新しいものが掘られ(厳密に言うと開通は昭和 5 年)、昭和になって激増する交通に対応すべく、今使われている上り線が掘られ、平成になって下り整備され 4 車線になったようです。上り線のトンネルは、当時は日本一の断面積だったとかなんとか。

ただ、次の静岡に抜けるバイパスのトンネルが上下各 1 車線で、ここがかなりのボトルネックになっているように思うんですが、工事はしているようだから、さっさと開通してくれないかなと思います。

その後は、今回は箱根新道を抜けて、平塚から厚木に北上、246 を経て、皇居の前を抜け、大手門から菊川駅、6 号というルートを試したんですが、ここも微妙でした。
東京駅のガードが 4m なので、ハイキュービックだとガードにあたってしまいます。
もう少しルートを慎重に検討したいと思います。

亀山 TS に到着しました

昨日は 22 時に出発して、8 時頃、亀山 TS に到着です。
15 時ころに出ると 3 時に着くわけで、夜に走ると 2 時間も早く着くってことですね。

とりあえず、朝ごはんは食べたんですが、ユーユー・カイカンは 10 時からなので、小一時間早く着きすぎました。
トレーラヘッドはグローブ・トロッターキャブなので、ゆっくり休憩できるんですが、4t はベッドなしなんで、スーパー銭湯で寛ぎたいと思います。

台風の影響が心配だったんですが、特に雨に降られることもありませんでした。
レーダーで見ると、御在所岳のあたりは結構降っているようで、四日市あたりもところどころまだ降っているようです。
薪が濡れないほうがいいので降らないといいんですが。

今回は、4t なんですけど、次は、多分、トレーラで上京することになると思うんですが、コンテナを積んで帰る予定なので、ガードの高さなんかをチェックしながら走ってます。

どうやったら、効率的に輸送できるんだろうとか、周りのトレーラを見ながら、色々考えながら走っています。
今の台車は 9m くらいで短いので、20’・40′ の兼用シャーシが欲しいです。
まずは薪が売れないとどうにもこうにもならないんですが。

まだ道中半分なので、残りも無事故で無事に東京にたどり着きたいと思います。