ゼブラゾーンの話

コメントで出たゼブラゾーンの話です。
もしかしたら知らない人がいるかもしれないので、動画を貼っておきます。

結論から書くと、

  • ゼブラゾーンは進入しても良い
  • ゼブラゾーンに進入して進行中の車と、律儀に進入せず走行し、両者が接触した場合、過失は律儀に進入せず走行した場合のほうが大きい

ということです。

実際には、ゼブラゾーン走行車 40 : 右折車 60 となるようです。(出典 真面目な人が馬鹿を見る?ゼブラゾーンにご注意を!

なかには 2 車線を 1 車線に減らしてから、その先に右折レーンを作るためにゼブラゾーンを設けている場合がありますが、はっきりいって、ゼブラゾーンに進入して、そのまま直進して、右折レーンに入るべきだと思います。

教習所的には、律儀に進路変更をするように指導すると思うんですが。

それそうと、進路変更のことなんですが、2 車線を 1 車線に減らす場合、どちらを減らすのか、という統一ルールがないのは問題だと思うんです。

トレーラは進路変更が容易ではないので、予め車線が減る場合、減らない側を走行したいわけです。
いつも走る道は大体覚えているんですが、流石に愛媛から茨城まで、大体は覚えてますが、全部が全部、完璧に覚えきれませんし。

それと、登坂車線など、どうして低速車が高速車側に合流せにゃならんのでしょうか?
考えても見てください。
重量が 40t もあり、全長も 15m くらいある、そういう大型車両が合流するよりも、車重が 1t、全長も 4m くらいの小型車なりのほうが、動力性能的に考えると安全じゃないかと思うんですが。。。

まあ、たちまちどうなるものでもないでしょうし、法などが改正される前に、自動運転の実用化のほうが早そうですけどね。

TrueNorth 予約と GF 400 受注

残り 1 台となっていた TrueNorth TN20 ですが、予約(まだ、入港していないため)となりました。
TrueNorth ですが、生産国のカナダで在庫がないため、バックオーダーとなっており、次回出荷は 12 月頃(入荷は 1 月頃)の見込みです。
お急ぎの方には申し訳ありませんが、年内の納品はもうできなくなりました。

現状すぐに出せる在庫は以下の 2 機種のみ、各 1 台です。

北米在庫品については、通常 1.5 ヶ月程度で納品可能ですが、もう間もなく次に書く GF 400 の手配完了を待って、輸送を行いますので、次の船便は、11 月中旬以降となりますので、年内ギリギリくらいになります。
薪ストーブと薪割り機(薪割り機はブレイブ社製品のみ)輸入代行 をご希望の方は、早めにご相談ください。

レアなストーブとして紹介した GF 400 ですが、代行を申し込んでいただいたので、これと TrueNorth を一緒に輸送できれば、運賃をセーブできたのですが。。。

しかし、最近、マジョリカブラウンのストーブが人気です。

16 日の予定がまた 1 日ずれて 17 日入港になり、昨日届く予定だった A/N がまだどどいていない状態ではありますが、来週には、これまたレアなストーブ F 500 SE のマジョリカブラウンとの対面も控えています。

マジョリカブラウンの変わり種というと、Wood fireplace inserts というタイプもあります。

上に鍋ややかんを置くこともできませんし、効率もあまり良くないんですよね。
でも、見た目はゴージャス。

ちなみに、燃料がガス の仕様もあります。

JØTUL の日本では手に入らないモデルも手配できることがあります。
日本では手に入らない、あるいは、限定となっているモデルも、より手の届きやすい価格で、あるいは、国内での販売価格で輸入代行なら琺瑯仕上げなどにアップグレードできることがあります。

それ以外にも、Pacific Energy を始め、多数のブランドの取扱があります。

北米仕様となるため、商品のインスペクションのクオリティや、アフターフォローサービスに違いがありますので、全く同一の製品ではありませんが、大幅なコストダウンを目指す DIYer さん、すでに設置済みのストーブの老朽化に伴う入れ替えなどで難しい煙突工事が不要な方などにご利用いただいています。

今後も現地の価格に少しでも近づけられるように努力をしていきたいと思います。

雑貨のお店に新しくセール機能が追加された件

雑貨のお店ですが、新しくセール機能が追加になりました。

前々から実現したかった、まとめ買い時の「まとめて割」や、組み合わせ購入での「セット割」です。

例えば、煙突の掃除用のロッドなどは、1 本だけでは短いので複数買うことになるのですが、複数買うと「まとめて割」で値引き、ということができるようになりした。

また、「セット割引」は、薪割り斧を買う時に一緒に手斧を買うと割引、という風に複数の商品を組みわせて購入するとお得になる機能です。

あたらし「セット割」や「まとめて割」の対象となるアイテムには、バッヂが表示されるようになり、アイテム詳細ページで、組み合わせアイテムが表示されるようになっています。

よりお得にお買い物できるようにお店を更新しました。

もうシーズン・インした方もいらっしゃるかと思いますが、薪ストーブ雑貨は高品質なアイテムを直輸入でリーズナブルにお届けする雑貨のお店 Hearth & Home 暖炉家(だんろや) でお買い物ください。

現在のおすすめセットですが。。。

  • FISKARS 薪割り斧+トング類コンボセット → FISKARS 薪割り斧とトング類(鳶口含む)をセットで購入すると最大 500 円 x 2 = 1,000 円割引!
  • FISKARS 薪割り斧+枝打ち斧コンボセット → FISKARS 薪割り斧と枝打ち斧をセットで購入すると最大 300 円 x 2 = 600 円割引!
  • FISKARS 砥石セット → FISKARS 斧と砥石をセットで購入すると最大 100 円 x 2 = 200 円割引!

です。
(割引金額などは、ブログ執筆時点の金額で、予告なく変更することがあります)

春がきました!

今日、ふと庭のスモモを見ると花が咲いているじゃありませんか。
スモモって、春に咲く花のはずですが。。。

ちょっと寒かったのがここのところまた暖かい日が続いたからか、それとも、天変地異の前触れなのか、不思議な光景です。

実がなってくれたら、もう一回食べられるんですが、隣の木は花がありません。
スモモは、自家受粉しないので、まあ、実がなることはないですね。

秋祭りも終わって一段落して、久しぶりに午前中、ゴロゴロして過ごして、午後からずっと積みっぱなしだった薪を下ろしました。

明日くらいからしばらく天気が崩れるようで、屋根の下に下ろせなかったので、とりあえず、マルチをパッカーで固定して雨よけにしましたが、ちょっと、マルチの幅が狭いです。
あと、ワイヤーですが、一般的に φ6mm だと思ったんですが、ちょっと細いものがありました。
ぱっかーで固定する時、ちょっとゆるいんです。
支那だと、ワイヤーを引っ張って伸ばし、材料をごまかすと聞いたことがありますから、そういう不正を行っている工場で作られたものでしょうね。
来週くらいには配達で上京したいと思うので、それまで持てばいいです。

ウッドバッグのものは、輸送効率が悪いので、極力愛媛で出荷するとして、トマトハウス式にしようかと思ったんですが、面倒くさいので、みかんカゴをひっくり返して乗せて、農ポリで作った袋をかけておきました。

この前トラクタが埋まった時に引っ張って歪んでしまったフォークアタッチメントですが、角パイプを突っ込んで、とりあえずは使えるように捻じ曲げたんですが、鉄工所に修理をお願いしました。

祭りが終わって本格的に頑張ろうと思ったんですが、天気には勝てません。
JØTUL F 500 SE マジョリカブラウンの薪ストーブの代行案件 ですが、船の入港が 10/16 頃、ということでまだ A/N が届いていません。
届けば雨でも通関などの事務仕事ができるんですが、ここのところ休みもなかったので、しばらくのんびりしたいと思います。

どこかで見たような薪割り機

自動車も、ハンドルがあって、アクセルがあって、タイヤがあって、基本的な構造は全部同じといえば同じですし、そういう意味では、薪割り機がどれも似たり寄りったりなのも、そういうものなのかもしれませんが。。。

ヤフオクを見ていて、どこかで見たような薪割り機が売られていることに気づきました。

1 円スタートですが、即決は税別 160,000 円に設定されています。

ホンダウォーク さんが販売する PH-GS20 に酷似していていますね。
牽引用のタン → 取っ手、格納式の脚 → キャスター、エンジンをヤマハに変更といったホンダウォーク・オリジナルと思われる部分がないようです。

上記 3 点の変更や送料込み、という差があるわけですが、PH-GS20 は 店頭販売価格は税別 240,000 円と表示されていますね。楽天で新型もその値段でした。

80,000 円の価格差は、勝手な推測ですが、ハイガー産業 さんが直販であるのに対して、ホンダウォーク さんが代理店を持っていることによるものだと思います。
代理店も飯を食わないといけませんし。

北米では、こういう大陸製の一流メーカーのものでないなら、$800 してないんですよ。
Only: $749.99 だそうです。
写真も見ますか?

かなり前からこの値段ですし、買ったことはありませんが、Youtube に買った人が動画を上げています が、特に問題はないように見受けられます。

日本の薪割り機の相場、皆さんはどう感じますか?

ところで、ハイガー産業 さんですが、相変わらずやらかしているんでしょうか?
評価がかれこれです。
今から何年か前、4 年くらい前かな、あまりに評価が悲惨なことになって、リセットしていたように記憶していますが、その時に、同じ群馬のすぐ近く、1km も離れてないような感じですが、サンイチ通商という出品者が現れました。
扱っている商品も酷似していますし、代表者がチャイニーズというだけではなく、両方共、趙という名前が表示されていました。(下の名前は、別人でした)
どういう関係なんでしょう、ずっと気になっています。

facebook で聞く範囲では、売りっぱなしではない、というのは本当のようで、送料をちゃっかり請求されたり、時間がかかることもあるようですが、部品が出たそうです。いつまで出るのかはわかりませんが、製造中止になると出ないとは明記してありますが、他のチャイニーズ商品を売りっぱなしの出品者に比べて、その点は良心的ではないかと思います。

で、ブレイブの往復タイプのことです。

流通の経路を見直して、仕入れ価格をかなり圧縮できそうなので、ハイガー産業 さん的な売り方を採用することで、流石に税別でも 16 万は無理ですが、組立なしなら税別 24 万で送料込みは実現できそうです。

なんでも、PH-GS20 は楽天で一番売れている薪割り機だそうで、往復タイプ自体は、多くの人に受け入れられているようです。

当面は、ブレイブの 2 機種、往復タイプ 20t と、新型の縦横兼用 24t のラインナップで頑張りたいと思います。

新型の縦横兼用タイプですが、嫁ぎ先が決まり、現在はバックオーダーとなります。

使いみちのないヤフーマネーの現金化 — 机上の空論だった件

ヤフーショッピングですら使えないことがあるヤフーマネーですが、オークションである程度の金額溜まってしまいました。

そうして、ふとあることに気づきました。
きっかり出金するよりも、ギリギリ手数料が切り捨てられる額を、何回も繰り返して出金すれば手数料がセーブできるのではないか、と。

ギギギ!
そうは問屋が卸さないようです。。。

で、100 円以上だと、138 円まで手数料が 2 円です。
つまり、140 円のヤフーマネーが 138 円になります。
14 万だと、138,000 円ということで、2,000 円の手数料です。

仮に 14 万出金しようとすると、140,000 x 2.16% なので、3,024 円が手数料ですから、1,024 円節約できます。

つまり、1 回の出金作業で節約できるのはたった 1 円ということになりますね、人力でやれば。

スクリプトでやればいいんでしょうが、ボットの検出とか、当然仕込んであると思うので、すんなり行くとも思えませんし、履歴が汚染されてたりする弊害が大きすぎます。

というわけで、この計画はかなり微妙。

ていうか、もうちょっとなんとかならないんですかね、ヤフーマネー。
自社のサービスでも使えないって一体。。。

悲しすぎて涙が止まらない

うちには猫がいます。

神社の車庫にダンボール箱にはいった 4 匹の小さな茶トラ猫を売店の人が見つけたのは去年の 6 月 6 日でした。
保護したときはまだ目も明いていない状態で、なく声すら残っていない、瀕死の状態でした。
夜中も起きてミルクをあげて、せっせとお世話した日々が懐かしく思い出されます。
それ以来、元気な 4 兄弟と一緒に暮らしています。
朝、一緒に起きて、昼間はお留守番をお願いしていますが、夜、一緒に遊んだり、色々と話しをしたり、大切な家族の一員です。

この動画のハチワレのお母さん猫のことを思うと、あまりに辛く悲しく、動画を最初の方しか見ることができませんでした。

このハチワレのお母さん猫も、この世に生を受けた以上、「生きる」というのは、あまりに当然のことです。
生きるために生まれてきたからです。
まして、子を身ごもり、その子とともに強く強く生きなければならない時、命を落とすその無念は、どれほどの絶望と苦しみと悲しみであったのか、想像を絶するものがあります。

他の子達も、豊かな個性があり、それぞれにそれぞれれの猫生を歩んでいたはずです。

本当に色々考えさせられる事件です。

なにもできませんが、うちの子たちとの一瞬一瞬を大切にしていきたい、そう強く思いました。

メッシュパレットその後

Alibaba.com で見た $37 のメッシュパレットについてセラーにコンタクトを取っていました。

今、秋祭りの真っ只中で、細かなことを煮詰める時間がないのですが、返事の内容をまとめると、

  • 20′ コンテナには 150 枚入る
  • 価格はその場合 $60

ということですね。

おいおい、サイト上では、min order +100 で、単価は $37 と書いてあるんだけど、$60 というのはどこから出た数字だ?そういういい加減で、吹っ掛けてきたりするところがチャイニーズのチャイニーズたる所以でしょう。

肝心のメッシュの径やピッチは回答がありませんでしたし、祭りが終わったら、そのへんのことを再度確認してみたいと思います。

JØTUL の超激レアストーブ — JØTUL GF 400 DV Sebago

色々あるのは知っていましたが、今回は、レアなんてもんじゃない、日本に何台あるのか、それすら疑問なくらいの珍しさだと思うのですが、JØTUL GF 400 DV Sebago という、ガスストーブです。

デフォルトの燃料は天然ガス(天然ガス)、プロパン用に改造するキットも付属するようです。
煙突が必要ですが、EXCEL 煙突が適合するようで、現在調査中です。

薪ストーブやペレットもいいんだろうけど、燃料の調達・運搬・管理が。。。というような向きで、かつ、雰囲気を重視する店舗などには、アリ!なチョイスかもしれないなと思いました。

色は、写真のマジョリカブラウン(琺瑯)以外に、ブラックペイント(普通の黒の塗装)とブルーブラックエナメル(琺瑯)があるようです。

現在のドンブリすぎる価格見積では、煙突まで入って 50 万円弱、といったところです。

動画で見る限り、なかなかの雰囲気を醸し出していると思います。

もうすぐ入ってくる F 500 SE のマジョリカブラウンも、対面するのが楽しみでなりません。

個人的に、マジョリカブラウンの琺瑯はとても気に入っている仕上げなのですが、Hearth & Home 暖炉家 では、限定カラーではなく、レギュラーカラーとして取り扱っていて、国内のブラックペイントよりも多分安いか、同等のくらいの予算でご用意できると思います。

入れ替えなど、工事のリスクが低いケースでは、是非 Hearth & Home 暖炉家代行サービス をご利用いただき、DIY 設置で予算を節約しつつ、ワンランク上質なストーブの導入を実現していただければと思います。

それはそうと、ちょっと残念なお知らせです。

一番人気の TrueNorth TN20 ですが、注文を入れたところ、在庫切れ、ということで、次回の出荷は 12 月中旬以降、ということになってしまいました。

そこから、1.5 — 2 ヶ月程度掛かることから考え合わせると、今シーズンに焚きたい人は、今ある在庫の 1 台を逃すと、家では提供させていただくことが難しい、ということになります。

資金力がないことが悔やまれます。

いずれにせよ、現時点での国内在庫品は、

というラインナップで、各 1 台です。

JØTUL F 45 BP もいいストーブだと思うんですが、1 年程度の在庫になってしまいました。嫁ぎ先が早く見つかるといいなぁ。

歩車分離信号が謎すぎる件

学校の前の交差点なんですが、歩車分離信号になっています。

それで、この前、交通安全のおじさんたちがいたのですが、自転車が斜め横断しているのを注意していて、それ以前の問題として、自転車は車両なのに、どうして歩行者の信号に従っているのか、その辺が理解できませんでした。

調べてみたんですが。。。

自分なりに整理して考えたら、上のようなチャートになったんです。
これに当てはめると、件の交差点は、自転車は車道の信号に従うか、降りて押すことで、歩行者として通行する必要があるように思います。

でも、見た限りすべての人は歩行者の信号に従っていて、交通安全のおじさんたちは、誰も諌めていませんでしたし、乗ったまま横断していたわけです。

一体どういうことだろう?

リンク先のブログにも書いてありますけど、巻き込みとかの危険性があるので、自転車の動きは把握しておく必要があるんですが、普通の自転車の人は、歩行者の信号に従うほうが安全であろうとは思うんですけどね。