ダイソーのスタンド網で薪火焼き鳥

昨日なんですけど、薪火焼き鳥をしました。
ええ、炭火でなくて、薪火です。

ポイントはダイソーのスタンド網。
100 円(+税)。
スタンド部分はたためるようになっているので、使わない時はコンパクトです。
まあ、何度も何度も使うようなものではないんでしょうけど。

熾ができるところまで待てなかったので普通に燃えている時にやっています。

このスタンド網の場合、意外と小さいので、シガーストーブでも使える点でしょうか。
まあ、TN20 になって、断然広くはなったんですけど。

このやり方のいいところは、煙がでないところですね。
あと、火力があるのですぐに焼けること。

ただ、火力があるので、ボーッとしていると焦げたり、網に乗せるのも熱くストーブの中ではできないので、自分は一旦、網ごと取り出してひっくり返したりしていますが、その際に油が垂れるので、アッシュリップとかがベタベタに汚れるのが難点です。
まあ、灰を盛っておけばいいんでしょうが。
ストーブ前にはダンボールをあぶらとり紙として敷いてあります。

おニャー様たちは、お肉を食べようとするので閉じ込めました。
焼けている様子をガン見しています。
あとで少しだけ上げました。

油で汚れたダンボールはそのまま燃やしておしまい。
食器も紙皿と割り箸で、これまたもやしておしまい。
片付けいらず。
おすすめです。

次回の米国からの貨物はたった 3 パレットな件

昨日、カナダ便の連絡と合わせて、米国便の連絡もありました。

本船ブッキング情報を下記の通りご案内申し上げます。

VSL: BAY BRIDGE V. 127W
ETD LAX: FEB. 11
ETA KOBE: FEB. 26
3 PALLETS

こっちは基本的に、予定がそれほど狂わないので、今月中には入港すると思うのです。

問題はたった 3 パレットしか荷物がないってこと。

それに、珍妙なパレタイズをしてくれたもんだと。
検査になって、ピカっとやって、やっぱり物見せろと言われたら、これをバラすのかと思うと、どっと脂汗が出そうな雰囲気です。
バラすのはいいけど、4t だと、どうやって平積するの、ということになるわけで、まあ、その時はその時で、ヤマト運輸で送ってしまえばいいんでしょうけど、それでかかる送料と、トレーラで増える経費とを天秤にかけると、かなり微妙なラインです。

あと、やたら背が高いのは、そのままだと、おそらくひっくり返る予感。

怖いのは、軽いものってないはずなのに、なんであんなに高く、何が積めたのか、ということです。
パレットも、倉庫が使っているスキッドではなく、木パレットに乗っていますが、背の低いやつは、ボブキャットの用のグラップルで、それ以外は、ボブキャット用のパレットフォークのパレットを流用して、バラで届いた貨物を積み付けたものと思うのです。

ドラム缶ストーブキットとか、もともとパレットで入庫するように指示していたのに、バラ貨物にしたもんだし、一つ 12kg くらいあるのでとんでもない数になったわけで、倉庫側から、パレットにまとめていいか、と聞かれて OK はしたんですが、こんなことになるとは思ってもみませんでした。
貨物が破損する可能性が極めて高いので、保険をかけておいたほうが良さそうです。

まあ、そんなこんなで、カナダ便のタイミングにも依るんですが、やはり神戸にはコンテナで行くとして、その時には薪の納品に行って、帰りに荷物を引き上げて帰り、その後、検品等をして、千葉にカナダ分と合わせて納品に行き、この時にはコンテナを 2 基回収して帰りたいと思います。
本当は、メッシュパレットの空いたものの回収もしたいんですが、ユニックをリースしないと回収できないしので、費用も時間もかかりすぎるので、この辺のことは相談して考えたいと思います。

神戸、また、千葉との往還の際に、薪ストーブや薪割り機をおまかせ便での配達も可能です。
おまかせ便は、重松が上京するタイミングに合わせて、「ついで」に荷物を無料、もしくは低価格でお届けするサービスです。

過去、ユニック車だったのですが、今は輸送量増大のために大型トレーラで走行していますので、ご自宅の目の前までお届け、ということができなくなりました。トレーラが停車できる、広い駐車場や SA, PA などで待ち合わせての受け渡しとなります。
その待ち合わせ場所の一覧です。

おまかせ便の場合、配達の日付も時間も一切指定できません。
時間は、極論すれば、午前 3 時のこともありえます。
また、道路事情により、打ち合わせの時間に到着できない場合もありえます。
こちらが遅れる可能性があるのに、こういう事を言うのは何なんですが、必ず待ち合わせの 30 分くらい前には、おまかせ便利用者は到着するようにお願いしています。(遅刻されると、次の予定に支障をきたす場合、荷物を降ろさず通過することがあります)

平ボディ車の場合、雨が降ると、養生はしますが、荷物は濡れる可能性があります。
コンテナ車の場合、全長が 16m を超える相当大きなトラックとなるため、待ち合わせ場所一覧の場所でも、トレーラ枠の空きがなく、停車できないことがありますから、先に到着して、駐車スペースの確認等をお願いしています。

かなり融通がきかないサービスではありますが、大型商品の配送料金は馬鹿になりませんので、手間をかけても安くしたい、という方は是非ご利用ください。

素敵だなと思ってインスパイヤされたノータッチ反転バケット

素敵だな と思って インスパイヤ される出品物にであってしまいました。

いや、タイトルのネタ、気がつけば 15 年も前のことでした。
ほとんどの人に通じない気がするんですが、個人的にはツボった表現です。
のまのまイェイ!

それはさておき、本題です。

まあ、見てのとおりですよ。

少し前に誰かも言ってた記憶がありますが、メッシュパレットからの排出って意外と大変なんです。
それで楽な方法はないものかと思っているわけです。

なんでかっていうと、乾燥機が可動しはじめると、メッシュパレットに入れて乾燥させようと思っているのですが、その後の工程で排出しないといけませんし、もしかしたら、そのまま配達するかも知れません。
ヤードで作業する時は、ヒンジでやったり、ゆくゆくは回転フォークを入れようとは思っているんで、どうにでもなるんですけど、ユニックで配達に行ったとして、カゴを傷めず楽に排出したいわけです。

似たような構造は考えていたのですが、ノータッチは思いつきませんでしたので、目からウロコです。

金城(金属の方)に金属くずを持って行った時、うちの台形のバッカンの排出ができるフォークがいないし、1.5m3 も滅多なことでは溜まらないので、これくらいの小さなガラ入れがあってもいいんじゃないかと思うのです。

値段がちょっと高いし、運賃もかかるので、作ったほうが安い気はするんですが、アイデア自体は、覚えておこうと思います。
まあ、覚えてられない可能性が濃厚なだから、こうして書いているわけですが。。。

インチ工具 はじめました

まあ、見たままのアイテムです。

米国製の薪ストーブや薪割り機のメンテナンスをする上で必要になること必至のインチ工具ですが、意外と高い上に、微妙なのしか売ってなくて、アストロで高いのでいるサイズだけバラで買ったんですけどね、今となってはもったいないことをしたなと思うわけです。
次は、色々なサイズのフルセットみたいなのを買ったんですけど、殆どが使わないサイズな上、表記が分数で大きさ自体も分かりづらいわけで、しかも、いらないもののお金まで払って、しかも邪魔。

というわけで、これくらいのサイズが有ればいいでしょ、というものにたどり着いたわけですが、自分の場合、それで、価格と品質のバランス的にいいなと思ったのが、写真の 2 種類です。

お店でも取扱を始めました。

ブランド物ではありませんので、所有する喜びってのは皆無でしょうが、それなりにあると便利だと思います。
一セット、いかがでしょうか?

ジャンク品のコーンスプリッタが落札された件

しばらく前からヤフオクにジャックとして出品していた壊れたコーンスプリッタが落札されました。
落札額は、36,450 円です。
一割弱抜かれるし、発送のための作業もあるので、3 万円程度回収できた、というところでしょうか。

当初は梱包の手間がかなり掛かるため、ラクラク家財便で送ります、ということで出品していたのですが、パレットごと重さをはかると 200kg ほどあるのです。
コーンは手で持った感じ 30kg くらいしかないので、本体が 100kg を少し超えていることは明らかです。
ラクラク家財便は 100kg を超えると割増料金がかかってしまうんですよね。。。
両端で 10,000 円ずつかかるので、落札金額を考えるとちょっとない運賃ですので、パレットで送ることにしました。
後は針金でもで固定して終了ですが、パレット込みで 150kg くらいになりましたので、10,000 円程度で京都まで送れるのではと思っています。

まあ、これで、倉庫から 1 パレットなくなるので、ほんの少しでも片付くかなというところです。

今日は、カナダ便の B/L が届いて、目を皿のようにして確認したんですが、ETA も ETD も書いてないんですよ。
本船は OOCL New York, 航海番号は 052W で検索すると、CY カットが 28 日で、ETD が 2/2, ETA BUSAN 2/19 となっていました。
接続はすんなりいかないに 100 ウォンかけてもいい感じで、2 月末、下手をすると 3 月頭くらいまでずれ込む予感がします。
4m3 位と大した量じゃないんですが、まあ、それでも捌く場所は必要なので、ボチボチ倉庫は整理したいところです。

それで、コーンスプリッタのコーンですが、どういうふうに再利用するのか、という話を落札してくださった方としたんですが、あくまでも個人的にはやはりユンボのアタッチメントが一番良いとは思うんです。

前にも書いた んですが、フォークリフトを使うアイデアも悪くはないと思うんです。
ただ、リフトってのは、押さえることはできないので、ウエイトが必要だとは思いますけど。

そして、写真のような平らな地面だとくるくる原木が回ってしまうので、現実問題、穴を掘って、棒を立ててくるくる回らないようにするなり、V 字型の溝のあるコイル運搬台車のような作業スペースを作って、原木をそこに落として作業するとか、勢いがついて回った原木が弾けとだり、自分自身や機体に衝突するという事故を想定しておかないといけません。

人力でやる場合は、基本的には相当危ない と思うんで、安全については、考えすぎなくらい、考えてほしいと思います。

これも、何度言ったことかはわかりませんが、JAPA 100 のような安全に割れる工夫はとても大切だと思います。

グラップルソーを見学

今日は天気も回復して、予定通り、グラップルソーを見学させていただきました。
ベースマシンは日立の 0.25, アームは普通の長さだそうです。
自分が買うんだったら、K アームにすると思うんですが。。。先立つものがありません。

操作は、足で油量を調整して、電磁弁です。
まあ、タダノのクレーンのラジコンと一緒のパターン。

去年、というか、もう一昨年になりますが、ヤンマーの ViO-50 の林業仕様は、足がなくて、ジョイスティックで比例制御でした。
まあ、ソーは付きませんが。

結局の所、ローテーターだとか、グラップルの開閉については、繊細な作業なので、足踏みで操作したいってのが正直な感想です。
どれだけ慣れたところで、足で油量を調整しても、その後の電磁弁が比例制御でないなら、複合動作の速度を個別に制御することはできません。

タダノのラジコンもなんだかんだで慣れたといえば慣れたので、乗り続ければ、慣れるのかも知れません。

ただ、そうすると ViO と動きが違うので、それはそれできつものがあるのかなと思うのです。

イワフジにする限り、この問題はついて回るのか、イワフジでも比例制御ができるのか、ちょっと気になります。

後、問題としては、ソーの張りは手動というのがあります。

良い点としては、150mm ほどソーの位置が調整できる点。

コベルコの場合、13t 級にコベルコ製のグラップルソー配管機があって、これはペダル操作なんですけど、グラップル自体の出来がどうなのよ、っていうのと、いくらするんだ、ってのがあるんでなんともです。

というわけで、予定通りの日程で、愛媛に戻ってきております。
とりあえず、疲れました。。。

配達 4 日目 — 山口に配達完了

今日でかれこれ 4 日目です。

途中、出雲から下関に向かう途中で、雷神さんと落ち合う予定が、勘違いして通り過ぎてしまいました。
なんとも。

萩を通ったときには、明治維新 150 年だとか、吉田松陰先生の歴史館 だとか、とても興味深かったんですが、素通りです。
今年歳男の初老は、わずか 29 歳で没した偉人よりも 20 年近くも長く生きながらえて、なにをなしたのだろうなどと思わずにいられません。
時間がある時にゆっくり期待です。

それで、美祢と三次を混同していたのですが、美祢って山口だったんですね。
美祢には、伊佐セメント工場があって、そうです、宇部興産専用道路とダブルストレーラとの邂逅を果たしました。

感動のあまりおもらしするところでした。(嘘)
天気がいまいちですが、晴れていたら、遅刻は間違いなかったですね。

秋芳洞の案内などもあったんですが、確かに鍾乳洞ということは、石灰岩で、石灰岩ということは、セメントの材料、ということで、この辺り一帯の山はすべて石灰岩で、ほぼ無尽蔵ってことなんでしょうかね。

後、山口を実感したのは、やはり黄色いガードレールですね。
山口は久しぶりだったので、黄色いガードレールも久しぶりでした。

まあ、そんなこんなで、無事に薪割り機の配達は完了しました。

T さんのところでは、T さんファミリーの 7 にゃん, うち 1 にゃんは病気療養中のため 6 にゃんと触れ合うことができました。
ちょっと服がにゃんの毛まみれですけど。

なんと、宿を取ってくださって、夕食までごちそうになり、今くつろぎモードでブログを書いています。

今日は、天気も悪かったので、明日、機械を見せていただこうと思っています。

配達 3 日目 — 島根でギブアップして山口にはたどり着けず

山口にはたどり着けませんでした。

朝 9 時過ぎスタートです。

途中、福井県に入ったあたりで O さんと落ち合って、ちょっとだけ立ち話をしました。
O さんの薪割り機は快調に仕事をしているそうで、安心しました。
おやつをいただきまして、ありがとうございます。

その後、道の駅河野 に立ち寄りました。
眺めが良さそうと思ったら、確かにいいんですが、どんよりてて、いまいち。
朝ごはんというか、お昼回ってますが、豚丼をいただきました。
まあ、極めて普通。

舞鶴港の とれとれセンター にも寄ったんですけど、なんでかカニを食べずにうにを食べました。
食べてから気づきましたが。。。

そんなこんなで、なんとか出雲まで走りましたが、いい加減疲れたし、ベッドもないので普通にお宿に泊まっております。

明日は、9 時に出発したとすると、14 時過ぎに着くようです。
5,000 円以上高速代をかけても 1 時間も早くならないようなので、下道で行こうと思いますが、午後は雨とかなんとか。。。

14 時に到着ということは、明日は山口に泊まらないといけなくなりそうです。
ちょっとおニャー様が心配。。。

もう後少し、薪割り機の配達を頑張りたいと思います。

配達 2 日目も無事完了

今日は配達 2 日目です。

朝、予報では降らない感じだったのに、降っていて大丈夫かなって感じだったんですが、すぐに止んで日が差すようになりました。

1 件目は三重県に Brave 15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC を配達です。
このモデルは組み立てが楽で、予定通り終了して、その後コーヒーを頂いたりして、ちょっとだけ薪ストーブにあたって雑談をしたりして、お土産にお酒を頂いて、次に向けて出発です。

お昼は I さんから連絡があって、マグロで落ち合うこととなりました。

ちょうどお昼につくように出発したものの、23 号が猛烈に混んでピクリとも動かなくなりました。
トラック(という名前のトラック用カーナビアプリ)では、渋滞の表示がないので、どれくらい混んでいるか把握できなかったので、Google Maps を見ると 8 分ほど余計にかかることがわかり、まあ、それほど遅れずに着けそうかなとわかりました。
プローブの精度はやはり Google Maps が良い気がします。

まあ、ベタベタですが、本マグロ中トロ丼です。
味噌汁は、追加(80 円)しています。

与太話をして、I さん号を見せてもらって、ゆっくりしたいところですが、次があるのでそそくさと出発して、富山に向かいました。

初東海北陸自動車道です。

この動画を見て、通ってみたかったってのもありますが、本当は、下呂温泉や飛騨高山、白川郷など、行ってみたいと思っていたので、時間があれば、そのあたりを散策して一泊したかった感じです。

途中からチェーン規制になり(NEXCO の人に聞いたら、スタッドレスで OK)、結構な雪景色になりましたが、松の木峠は高速道路で一番標高が高いという表示があったりしました。

それはそうと、気になったのがこれ。

「不用意に煽らない」

必要があれば煽っていいのかしら、とツッコミを入れたくなります。

そう思いながら、今日もオッサンのユニックは煽られまくりです。

そんなこんなで無事に富山に到着して、Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の組み立て、納品を済ませました。

初っ端、プレスの精度が悪くて、組み立てができず、えらく難儀をしたり、話が脱線したりで、4 時間ほどかかって、ちょっと寒かったんですが、それでも大きなガレージの中でできたのは不幸中の幸いでした。

たくさん写真を撮っていたので、顛末は、多分、ブログにアップしてくださるかと思います。

というわけで、今日の予定は無事に終わって、金沢 T.S に到着しています。

明日の予定を聞かれているのですが、道路状況がわからないので、なんともいえません。
山口にまでたどり着きたいとは思いますが。。。
福井までは、金沢からは 1 時間くらい(渋滞がないなら)みたいで、朝は 9 時過ぎくらいにはチェックアウトする予定なので、10 — 11 時頃に通過する見込みです。

亀山トラックステーション到着

今日は概ね予定通りです。

午後、薪割り機 1 台配達しました。
このブログを見て購入してくださったようです。
ほとんど個人的な備忘録状態なんですが。。。
読んでくださっている方がいて嬉しいです。

後は亀山まで移動するだけだったんですが、酷く渋滞していました。
途中、下柘植の宇佐美で給油するために名阪国道を降りたんですが、積もり始めてました。
明日がちょっと心配です。

亀山に付いたら、真っ赤なユニック付きの変なトラックを発見しました。
最初は消防車かと思ったんですけどね。
どうもこれのようです。

明日は、朝、三重で配達、夕方までには富山に到着して、もう 1 台配達したいと思います。

I さんから連絡があったんで、途中、某所で落ち合うかも知れません。
お互い都合が合えばですが。
I さん、ツーデフで来てくださいね。