今月 6 回目のパンクです

今日はのんびりです。

昨日持って帰った木くずを下ろして、代わりに木くず。。。というか、まあ、ちょっとあれな状態の木っ端と、薪を積み込んで移動しましたが、到着したら、薪ネットがグズグズになっていたのが裂けていますが、もしかしたら、ちょっと落としたかもしれません。
まあ、もう薪ネットはないんですが、アオリがないので、気をつけないといけません。

木くずを持っていって、代わりに原木をもらってきました。
結構溜まっているので、早く回収して、早く割らないとなんですが、置き場がないので、とにかく出荷してスペースを作らないとどうにもなりません。

コンテナ台車ですが、リーフが折れているということで、アッセンしかないということで、まるっと交換することになりました。
しかし、リーフが折れるなんて初めてです。

それと、MonotaRO のマーカーの件ですが、まな板の左後ろのオクで落としたチャイニーズマーカーが接触が微妙になっていて、ついたりつかなかったりなので、交換してみました。
ついでに、タイヤハウスのところは激光を入れてみたんですが、写真でも全く明るさが違うのはわかると思います。
特に、地面を見れてば、明るさの差は一目瞭然かと思います。
ただ、ミラー越しに見ると、左バックの際に、もう少し明るいほうがいいかなとは思います。

依頼を受けていた角トップですが、なんとか月内に仕上がりました。
オプションだったアイボルトですが、今後は標準にしようと思います。

それはそうと、鉄工所についたら、やたらシューシューいうのですが、サイドウォールが傷んでエアが漏れています。
もちろん、サイドを擦ったりしていません。
まあ、5 年間タイヤを交換していないので、古いっちゃあ古いんですが、走っている時でなくてよかったです。

なんだかんだで、今月、パンクは 6 回目です。

  • ヘッドの右前が石を噛んでワイヤーが出てバースト寸前
  • まな板の 2 軸目右外側タイヤが釘を踏んでパンク
  • ボブキャットが釘を踏んでパンク
  • フォークリフトがネジを踏んでパンク
  • コンテナシャーシ 2 軸目右側外タイヤがエア漏れ
  • 軽四右側後ろがサイドウォール損傷

フォークリフトですが、結局、ヤフオクで黒のノーパンを 2 本 15,000 円で落としました。

明日は朔なのですが、兼務神社の新穀感謝祭もあります。

コンテナシャーシも修理が終わってくるはずなので、引き取ってこようと思いますし、月曜日から天気が崩れるということで、オープントップを開けたままになっているので、シートを掛けておきたいのです。
週明け早々に薪割り機等を引き取りに行きたいので、商品を濡らしたくありませんから。
ただ、一人でシートを掛けられるかは未知数で、無理だったら、天気が回復したタイミングで通関・引き取りにでかけたいと思います。

定休日男の本領発揮とあっちへやったりこっちへやったりと台車の手入れ

今朝はニャンズを病院に連れて行こうと思ったのです。
全ニャン車に乗せて出発しようと思ったんですが、すごく嫌な予感がしたので、ネットで検索すると、動物病院の休診日でした。
仕方ないので、お家の戻して、今日は薪の移動をすることにしました。

パレットなしだと 14 袋積めましたが、一つ 400kg くらいなので、5.6t しかないんですよ。
空気を運んでいるようなものです。

15 時まで、小割して、ブラッシングをしたんですが、結構一生懸命やって、写真を取り忘れてしまいました。

帰りには、チェンソーダストとか、木くずとかを積んで、運輸支局によって、その後、ふそうさんにコンテナシャーシの整備の様子を見に行きました。

そしたら、案の定まだできてなくて、今週中にやります、ということなんですが、右後ろのリーフが一枚お陀仏ですってことで、ニコイチにするか、部品が間に合うなら、新品にやり変えてもらおうと思いますが、そういう都合ですので、月内に神戸に引き取りに行くことはできなくなりまして、来週早々にも引き取りに行ってこようと思います。

それはそうと、サイドマーカーですが、何を思ってか MonotaRO で LED12マーカーランプ を買ってみたんですよ。

うーん、微妙。

明るいという評価があるのでそこそこかと思ってたんですが、鬼暗い。
びっくりするほど暗いんですよ。
これで明るいって、どんだけ暗いマーカー使ってる人なんだろうと思いました。

少し前に書いた 激光 JB LEDクリスタルハイパワーマーカーイエロー ですが、これの白は持っているので比べてみたら、もう明るさの次元が違いました。

でも、40ft シャーシにつけると、激光 JB LEDクリスタルハイパワーマーカーイエロー でも暗く感じるんです。

MonotaRO で LED12マーカーランプ は、マーカー自体は認識できても、路面まで照らせる明るさはなく、豆電球に比べたら多少明るいという程度に思ったほうが良さそうです。

買ったんだけど、使いものにならないので、まな板で使おうかなと思います。

まあ、これ以上、他の人が勘違いして MonotaRO のゴミ を買わないように、今度明るさの比較をしてみたいと思います。

ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC へのオイルフィルタ後付方法

お客さんから質問があった ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC へのオイルフィルタの取り付け方法です。

このモデルは、コンシューマー向けで、メーカーとしてはそこまでのヘビーユースを想定していないため、オイルフィルターは標準で装備されていません。作動油の量は約 12L です。

基本構成は同じですが、プロユースの iron & ork 20 Ton Horizontal Two-Way Log Splitter BH2W2016GX になると、作動油の量は 12 ガロン = 46L になりますし、オイルフィルターも装備されています。
オイル自体が 4 倍ほどあるわけです。

両者は基本的な油圧システムは全く同じものです。
数字の上での能力もほぼ同じです。
ですが、見てのとおり、全くといっていいほど違います。

PCLS2013GC は、コンシューマー向けではあるものの、少しでも安心して使えるように、ということでフィルタを追加するわけです。
だからといって、作動油の量が全く違うし、フレームの作りも違うので、そういう部分はいたわってやる必要があることは言うまでもありません。

あくまでも個人的な印象としては、PCLS2013GCBH2W2016GX は値段が違いすぎ、コストパフォーマンスという点では、圧倒的に PCLS2013GC が優れていますし、実際問題、実際にうちで薪の生産に使用していていますが、十分業務でも使えるクオリティを有しています。

さて、フィルタの取り付け方法です。

理想的には、BH2W2016GX のようにタンクに直接水平になるように取り付けるのが良いのでしょうが、自信を持って言いますが、間違いなく割った薪がヒットするなり、ぶつけて折れると思います。

2015-12-06 15.50.32なので、うちの場合、コントロールバルブに固定する形を取りました。

既存の樹脂(一部金属のモデルもあります)のリターンホースが取り付けてあるエルボを外して、そこにリターンフィルタを挟み込む形です。

写真のようになりますが、取り付け位置が高いため、割った薪が当たる、というようなことは起こりにくい位置かと思います。

もっと手軽な方法は、リターンホースの間に単にフィルタを挟み込む方法ですが、この場合、ヘッドはホースで保持され、固定されていないのでプラプラすることになります。
ホースが長くなる場合には、途中でブラケット等を設けて、ヘッドをタップして固定するなり、ホースをバンドで固定するなりする必要が出てくるかもしれません。

うちではこのスタイルで取り付けていませんが、「違いが分かる男」さんの出品事例です。

出典 ヤフオク

子供神輿の修理が完了

今日は午前中は地鎮祭でした。

道具を取りにお宮に登ると、昨日電話してあったんですが、鶏ですが、どうも村から逃げてきたわけではないようで、誰のでもないということで、捨てに来たんじゃないだろうかということになったんですが、総代さんが捕まえてくれて、ドナ・ドナされていきました。
人懐っこいし、鶏なので、どう考えても、飼われていたものだと思います。
もし、神社に捨てに来たということなら、困った世の中になったものです。

午後からは、代行の依頼を頂いていた煙突部材の引取にお客さんが見えられて、その後、ずっと待ってもらっていた薪の配達に行き、ちょっと粗大ゴミが溜まっているので、それをクリーンセンターに持ち込んで、子供神輿の修理が完了したということなので、引き取りに行ってきました。
かなり傷んでいたんですが、ようやく予算がついて、最低限の修理をすることができ、ホッとしました。

そういえば、うちのニャンズもお宮に捨てられていました。
目も開いてない状態で、保護したときは、風邪を引いてとても危ない状態でしたが、今ではすっかり大きく育ちました。

地鎮祭から帰ってちょっと休もうと思ったんですが、ソファーベットに陣取っています。
薪ストーブを焚いて温まって、眠くて仕方ない 4 号は、舌をしまうのを忘れて夢見心地のようで、自分も猫のようにのんびり暮らせたらと思うこと頻りです。

このところ休み無しなんですが、明日は雨のようなので、のんびり書類仕事をして過ごそうかと思います。

TrueNorth TN20 を出荷しました

今日も神社でしたが、夕方、TrueNorth TN20 の出荷をしてきました。
最後の在庫でしたので、現在、在庫切れとなっています。

年内か、年明けくらいにもう 1 台、入荷見込みです。

STORES.jp の機能がアップして、予約販売ができるようになりました。
入荷は 1 台のみなので、検討中の方は、ぜひご予約ください。

その他には、ヨツール(JØTUL)F500 のブラックペイントヨツール(JØTUL)F500 のマジョリカブラン が各 1 台入荷します。

現在の在庫は、ヨツール(JØTUL)F400 のブラックペイント が 1 台のみです。

それにしても、このところ、休みが全く無いので、ヘロヘロ状態で、代行依頼いただいている方々の精算業務が滞っていることをお詫びいたします。

薪割り機 をお待ちいただいている方も、神戸へ通関・検査・引き取り等に今週中には行ってきますので、今しばらくお待ち下さい。
今回入荷分については、すべて予約完売です。

明日は地鎮祭なのですが、ぼちぼち頑張りたいと思います。

新嘗祭

今日は兼務社の新嘗祭でした。
いよいよ年末という感じです。

ばたばたしていて、昼食は夕方になりましたが、夕飯も兼ねる感じです。
北京飯店です。
炒飯だけでやめておけばいいのに、ついついラーメンもつかして、痩せる気配が全くありません!

それはそうと雑貨屋の方の話です。

久しぶりに CO400 を注文していただきました。
一緒に FireEx の注文も頂いたんですが、これらの安全対策品って、殆ど売れません。

このあたりのアイテムは過去に紹介記事を書いています。

CO400 は、一酸化炭素中毒を防止するための警報機です。
薪ストーブは、外気導入を行い室内と切り離していれば別ですが、そうでない場合、室内と火室は物理的につながっているのですから、一酸化炭素が逆流する可能性が 0 ではありませんし、炉内で調理などをする場合などもリスクがあります。
乾電池式で設置は簡単です。
北米では法律により火を扱う場合、設置が義務付けられている州が多くあります。

FireEx は、万一のストーブの煙突火災の際に、炉内に投入するタイプの消火剤です。

CO400 も、FireExも、どちらも定評のある会社の製品です。

それと、煙突のトリートメント剤も、小分けにして送料が安くなるようにしました。
鰯の頭も信心から、とも言いますが、まあ、毒にも薬にもならないかどうかはさておき、うちではほとんど煙突が汚れずに済んでいます。
使わないで汚れるか、試すのは面倒なので、使っているから綺麗なんだと信仰しておりますが。。。

内職でちまちま小分け にしておりますし、こぼれたりして、もとの 1/2 入っているわけではありません。
詰めた時に 400g 以上になるようにしていますが、目の薄いオッサンのやることですので、多少の誤差はご容赦ください。

煙突掃除が楽になればとお悩みの諸兄はぜひお試しいただければと思います。

こっそりやってるブラックフライデーセール

最近日本でもブラックフライデーとか、サイバーマンデーとか、ボチボチ聞くようになりました。
うちでは、ちょうどこの時期がシーズンインというのもあり、毎年セールをしているわけです。

とはいえ、もともと大幅に値引きできるような利幅を設定しているものはないし、特定のユーザさんに赤字で提供するような無秩序なイベントは性格的にできないので、不良在庫品の処分以外は、ささやかな値引きになっているのですが。。。

今年は伐採シーズンということもあり、トング類を値引きしています。

それと、鳴かず飛ばずという言葉がピッタリの ローププラー ですが、これも値引きしてあって、こちらは現在調達価格が上がってきていて、ほぼ赤字なので、一人 1 台に限定させていただいています。

北米で $60 近くしますので、仮に $60, $1 = 120 円(為替手数料がかかります)とすると、消費税課税後は 7,776 円、8,532 円で販売して、販売経費として 6.5% なくなりますので、7,977 円がうちに入るお金ですが、そうすると 200 円ほどで、アメリカから日本に運び、通関し、倉庫に納品していることになるわけです。

また、多くの方に評価いただいている、X25, X27, ハンマー斧 ですが、値引き表示をされていませんが、価格自体を改定しました。
仕入れ価格自体が上昇傾向にありますが、しばらくはこの価格で頑張りたいと思います。

そして、今回は数量限定ですがクーポンを用意してあります。
ただし、クーポンは、お店をフォローしてくださっている方限定なので、ここには記載しません。
購入者以外もフォローはできますので、今後のセール情報を受信したいという方がいらっしゃいましたら、是非フォローをお願いいたします。

昨日の無線 LAN を使ったバックカメラですが、夜どの程度映るのか、ということも気になっていたので、確認してみました。
全く照明がない状態でも、後ろのユニックが見えています。

鮮明ではないですが、全く見えない真後ろの障害物の有無程度は確認できるかと思いますし、もし暗くて映りが悪いようならば、バックライトに LED の作業灯でもを追加してしてもいいかなと思っています。

まあ、おいおいやっていこうと思います。

で、今日は、兼務社の新嘗祭と 753 でした。
準備のため、本務神社に立ち寄ったんですが、鶏が闊歩していました。
どこから来たんでしょうか、気になりましたが、時間がないので放置です。

パンクしているリフトですが、タイヤの仕様を確認してきました。

6.00 – 9 – 10PR

値段を調べてみると、新品で 20,000 円弱(ホイル付き)で白ゴムが買えるようです。

中古の場合、程度が良いもので、半額くらいで落札 されていました。

境内でも使うんですが、インターロッキングブロックに黒く跡が残るので、白ゴムにしたほうがいいかなと思っています。

普通の黒ゴムの場合、半額くらいで買えるので、悩みます。

パンクしたままにはできないので、早めに結論を出したいと思います。

放置してあったバックカメラの動作確認

配達に行く前にやれよ、という感じですが。。。

eBay で買った まま放置してあったバックカメラですが、ようやく動作確認をしました。
5,000 円くらいで買ったつもりだったんですが、$65.98 払ったみたいなんで、8,000 円弱、ということでしょうか。

まあ動作確認というか、機能確認というか、電源をつないで、専用のソフトを入れて、映ることを確認した感じです。

スクリーンショットと、保存した画像から画質は察してやってください。
心持ち、写りが暗い気はしますが、ケンウッドのバックカメラとかから比べると格段に画質がクリアで、デジタルのまま伝送するからではないかと思います。

機能面だと、クラリオンがデジタルのまま伝送できて、トレーラなどでの利用を想定したワイヤレス送信システムも作っているのですが、値が張りますし、職業ドライバーのように毎日ずっと使うものなら、高品質・高機能・高額でも、納得できるんでしょうけど、流石に一桁違うと、無理があります。

ただ、クラリオンのものを使った場合でも、伝送距離には制限があって、鉄コンテナの場合 9m ということで、40ft は 12m あるうえ、キャブとコンテナとも 2m くらいは離れてますから、カメラまでは 14m 位あるってことになるわけです。

チャイニーズカメラでどこまで電波が飛ぶのかしら、ということですが、遮るものがない場合 20m くらいはいけるにはいけたので、実際のところ試してみるしかない、という感じです。

アンテナが独立しているので、それを延長してみる、という方法が使えればいいんですが。

それと最近タイヤ関係のトラブルが連続していて、今月だけでも、タイヤが 5 本パンクしています。

まあ、なもんで頻繁に着脱をしていて、もちろん、しばらく走行した後には、増し締めや空気圧チェックをしてもらっているわけですが、タイヤの脱落事故を起こさないように注意しないといけないですね。

それで、気になる点ですが、40ft シャーシのスペアを保持するブラケット部分が若干歪んでいて、前の人が当てているようなのです。

ヘッドも脱落防止用のピンが 1 本紛失していて、これは部品を買うだけなので、すぐに対応したんですが、ブラケット自体、フレームに溶接してあるので、修理するといっても結構面倒なことになりそうです。
脱落しなければいいだけなので、その点については確認したほうが良さそうです。

無事に愛媛にたどり着きました — ただし空荷で

リアのマーカが球切れで、暗くて危ないので、とりあえず何故か持っている白(車検には通りません)を間に合わせにつけようと思ったんですが、ステーにはまらないんですよ。

仕方ないので、ステーを持ってホーマックに買い出しにでかけたんですが、ハマるものはいかにも暗そうな、電球タイプだけ。
背に腹は代えられないので買いましたが、雨が降っていて暗い中作業するのもだるいので、そのままにしてありました。

今朝思い立って取り付けようとしたんですが、ステーを固定してあったボルトを紛失して、結局取り付けずじまい。

測ってみたんですけど、LED は 6cm, ステーは 5cm みたいです。

しかも、ステーは、真ん中の配線を通す穴が小さいので、ギボシ加工した後だと、穴に通らないというなんともな状態なもんで、ステーは後で作図してレーザー加工しようと思います。

そこまで手間かける台車でもない気もするんですけど。。。


それはそうと、朝っぱらの薄暗い車内で配線加工をしたわけです。

いや、宇佐美でダウンライトを買って、タイヤ照明につけておかないと、左後ろを引っ掛けると嫌なので、路肩の状況を把握したいのですよ。
思い立ったらやっておかないと、ズルズル後伸ばしにして、結局やらないのが毎度のパターンなので、とにかくどうでもいいからつけておこうと思ったわけです。

で、暗いと見えない上に、手元が見えない。
も、もしかして、ハズキルーペが必要なお年頃でしょうか?

とりあえず、プラスは 1 本しか来てないので、剥いた部分にオスをつけて、端部にメスをつけてって考えてたら、

  • スリーブを通し忘れた
  • オスを付ける部分にメスのスリーブを付けて、ぼーっとしてたらメス端子をつけた

という具合で、ボケまで進行しているようです。

暗い時に向きなんかを調整したいと思います。

それと、どんなふうにデコろうかなー、なんて思いながら走っているんですが、良さげな台車を発見。

でも海コンの骨の綺麗なのって見たことなんですけど、なんででしょうかね。
デコっているのも見たことない。

サイドバンパーがベコベコで、俺が当てたみたいでみっともない(田んぼに落ちていうセリフではないでしょうが)し、くさっているところもあるんで、まあ、まずはこのあたりから手を付けたいと思うんですが、問題は、ステンレスパイプをきれいに曲げられるのか、ということです。

それ以前の問題として、当てたり、当てられたりするだろうし、何十万もかけたバンパーが曲がったら洒落になりません。

運輸局で聞いたら、サイドバンパーは高さの決まりはあるけど、強度の決まりだとか、安全の基準はないようなのです。

パイプベンダー買って曲げようか、というか、パイプベンダーが欲しいだけなんですが、落ち着いて考えると、次に使うアテもないことだし、ここは素直に曲げの部分だけ買って、パイプを溶接して作ろうかと思うのです。
長いものを送ってもらうと高いですし。

ハウスの骨みたいに、絞ってもらって 3 分割くらいで、曲げても部分部分で交換できる貧乏仕様にしようと思います。

先に塗装しろと言われそう。

あ、今日は将八でした。理由は、駐車場が広いから。

釜揚げ頼んでから前の人が肉うどん頼んでて、出てきたものを見たらかなりうまそうに見えたので、次回は肉うどんにしてみようと思いました。

そんなこんなで、無事に愛媛にだ取り付いています。
ただし、空荷で。。。

バックオーダーのブレイブ薪割り機等は来週に通関に行きたいと思います。

まぐろレストランはグランドオープンしてました

昨日は疲れて寝てしまいました。
結局、箱根スタートです。
予定では亀山までいくつもりだったんですが。。。

ちょうどいい時間に、四日市まで来たので、まぐろにするか、ひものにするか悩んだんですけど、綺麗になったまぐろレストランにしました。
普通に本マグロ中トロ丼です。

綺麗になったといっても、どういえばいいんでしょう、新築なんですが、リフォームですか、という感じです。
つまり、設計というか、センス自体が、昭和というか、なんというか。。。
流石にトイレは格段にきれいになったんですが。

リフォーム前から禁煙になったんですが、当然、新しくなっても禁煙で、食後に一服したい人には酷かもしれませんけど、食事している隣で臭いを出されることがないので、それはとてもいいです。電子タバコも禁止。
そのかわり、きちんとした喫煙室が用意されていました。

その後、なんとか夕方までに神戸にたどり着き、丸栄自動車さんに寄って、微妙にエア漏れしているキャブサスを交換してもらいました。
普通、両方交換するんですが、と言われましたが、まとめてはしんどいので、余裕ができたときに、漏れてない方も早めに交換しようと思いますが、今度はショックが抜けていることが判明して、流石にそれは交換しないとなので、次回交換してもらおうと思います。
もうすぐ車検だし、まとまってお金がかかります。

17 時前でしたが、検疫所にいって、その後、税関にいって、搬入の確認をしたら、なんと、明日というか、今日 22 日に荷物が出ないということが判明しました。。。
23 日は祝日ですので、つまり週明けのデバン作業ということで、往復 600km ほどありますので、概ね 3 万円の損ですが、仕方ないのですごすごと帰っております。

すごすごと、という割には、こなかです。
贅沢にもとんかつと鍋焼きうどんのセットを頼みました。

毎度ですが、別所は止められなくて、そうなると、こなか, うかいや, やぶ、このあたりからのチョイスなんですが、往きがうかいやでしたし、やぶは駐車場が狭いので、こなかと相成りました。

が、満車で難儀しました。

隣の単車の一番後ろの軸と尻の一番後ろの軸を合わせて止めてみたんですが、まるっとヘッド分飛び出してます。
ホイルベースがそれだけ長いので、左折の時に、後輪が引っかけないように気をつけないといけないんですが、一番最初の最初の左折時に、ガードレールに当たりそうになって、左折先の右折レーンのユニック車に 4m 程下がってもらって事なきを得たトラウマがあるので、なんか疲れるんですよね。

あとは帰るだけなので、のんびりと行きたいと思います。