ニキシー管の時計

ついこの間、時計を買ったばかりなんです。

さんざん悩んだんですが、結局買ったのは、ブルーノのセール品。
6 号の左上のテレビ台隅に写り込んでいるのが LED クロックです。

なんでか白だけ安いのです。6,480 円 → 3,888 円 (税込)
電波だから正確だし、見やすいし、特に不満はこれっぽっちもないし、そこそこ気に入ってはいるんですよ。

で、Makuake で見かけたんですが、こんなのを。

なんか違う感がすごいんだけど、ニキシー管ではないですよね、これ。
Gixie だったか。

こういう時こそ Amazon ですよ。とりあえず。

ため息が出るような美しさ。。。
ただ、品切れ中。。。

スケルトンでないタイプは 3 万円を切っているものもあります。
管のサイズもあるし、それよりも何よりも、懐具合というものもの事情の方が大きいんですが。

いつの日か、リアル店舗が出来た時にもで、買い揃えたいと思います。

そうそう、ブルーノといえば、猫時計も買ったんですけどね。。。
思ったよりも走っている様子が見えません。
なんとも。。。
ちなみにこれもセールで買いました。

カネシロさんの事務所が CLT だった件

いつも紙を捨てに行っている カネシロ さんですけど、事務所が CLT だと気付きました。

CLT というのは、Cross Laminated Timber, 要するに集成材と異なり、ラミナを直行させて積層したパネルで、オーストリアで開発されたんですが、より広く、より大きな空間を取れる工法ってことでちょっと気になっています。

ただ、これ、国内だと 1m3 あたり 15 万くらい材料がしてしまうそうなんですが、ヨーロッパでは半額以下なんでだそうす。
なので、国際的な競争もあることだし、国産材が普及するのか、それともコケるのか、その辺はまだ未知数のようです。

まあ、詳しくはそれ用のサイトがあるので、ご覧ください。

当のカネシロさんの事務所に話を戻すと、そこまでまざまざと気にして見ていたわけではないんですけど、こんな資料が落ちてました。

梁の出てない広い空間というのは開放感があっていいですね。

ただ、外壁を CLT 表しにするのは、少々厳しそう、と感じました。
ストリービューで見る限り、すでに汚れてしまっています。
いっそのことバーナーで炙って焼き CLT 表しとか。。。

意外と身近なとこにも CLT ってあったのね、って思いました。

それはそうと、ミニですが、こんな感じになりました。

ミラーカバーの交換で、キャンペーン期間だったようで、3 割引で工賃込み 9,000 円ちょっとです。

雑貨の仕事ですが、昨日は、3 パレット, 540kg 分、大型商品を出荷して、だいぶ減った感じですが、まだ、細々と残っているので、おいおい片付けていきたいと思います。

前回納品したものは、在庫反映されて、早速販売が開始されて、売り上げが戻ってきたので、ホッと一息つけました。
なんせ、マイナス残高(倉庫費用や、FBA マルチチャンネルの料金などが売り上げを上回る状態)だったので。

で、昨日書き忘れた残念案件です。

Amazon.com で、安かったので、試しに買ってみた “LODGE” の L8DOL3 です。

そもそも箱のデザイン自体も全く違うし、え、MADE IN CHINA?
普通、FBA に納品された時点で、120% 偽物だとわかるでしょ、って感じですが。。。
やられました。

まあ、海千山千のネット通販ですから、安い仕入先探しも一筋縄ではいかないものです。

そうそう、Amazon の悪い評価、Amazon に申請したら、Amazon FBA に対するクレームということで削除となりました。
しかしまあ、気づかない間に発生した機会のロス、というにもバカにならない気はします。

今日も暑くなりそうですが、ボチボチ頑張って片付けたいと思います。

無事に戻っています

なんとか無事に戻っています。

いわゆる、鶴丸。
このデザインは本当にいいデザインだと思います。

帰りはビジネスクラスです。
前回はプレミアムエコノミーで大変でしたが、シートがフルフラットになるし、区切られているので、格段に楽です。
ファーストクラスの 70,000 マイルと比較して、50,000 マイル必要なんですが、プレミアムエコノミーでも 35,000 マイル必要で、お得感はやはりファーストには劣りますが、プレミアムエコノミーはマイルを消費して乗るのはかなり馬鹿馬鹿しいし、ファーストはなかなか取れないので、そういう意味では、今後一番利用する可能性が高いかなと思います。
というよりも、ビジネスが取れないなら、乗ることはないでしょう。

後、往路と復路でビジネスに乗って、やはり帰りの食事は、行きに比べるとちょっと残念に感じます。
全体的にとても味が濃く、今回は体調の問題でアルコールの摂取を控えていたので、くどく感じました。
逆に、ワインなどを嗜むなら、良いのかもしれませんが。

定刻通りの運行で、15:00 に成田に到着、その後、ジェットスターで松山まで帰りました。
翌日の羽田も取ってあったんですが、そちらは無駄になりましたが、仕事に間に合ったので良かったです。
羽田の松山行き最終便で良かったのかもしれません。
ただ、成田への到着が遅れた場合にどうなるのか、という部分が未知数なので、次回、機会があれば、確認したいと思います。

今回の旅で、JAL は 13.5 万マイル消費して、残り 5 万マイル弱になりました。
年間 15 万マイルくらい獲得できるとすると、来年の今頃はまたどこかに行けらたと思います。

それはそうと、スタアラ組から JGC 修行と、ワンワールド世界一周航空券、というネタをいただきました。
ざっと調べたら、ビジネスクラスで世界一周して、二人で 150 万円くらいのようです。
これを高いととるか、安いととるか。。。
価値観は色々でしょうが、自分ももうかなり年なので、体力があるうちに、世界一周をしてみたい気もします。
コツコツ貯金して、いつの日か、そういう旅に出られたなと夢が広がりました。

乾燥機の件は、一つの大きな峠を越えたという感があります。
とりあえず、日本に着くのは来月末〜再来月初めくらい、その後しばらく、米国から担当者が来れるようになるまである程度時間を要するようなのですが、秋祭りもあるので、うまいこと日程を調整する必要がありそうです。

留守の間に仕事がたまってしまっているので、少しづつ片付けていかないとと思います。

さしあたって、明日は夕刻より夏越祭ですが、ユンボの修理が終わっているようなので、引き取りと回送を済ませたいところです。
ただ、キーを挿しっぱなしにして、イモビでまたバッテリーが上がってしまったので、充電してからになるし、キャンターは、12V と 24V とが混在していて、バッテリーイコライザという箱がついていて、かなりややこしいので、間違えないようにしたいと思います。

詳しくは、以下のサイトで。

日本へ帰ります

いよいよ帰国です。

ラウンジですが、今回はフラグシップでした。
アドミラルよりも格が上のようです。

入り口でなんかチケットのようなものをもらいました。
2階のラウンジ入り口で係りのオバ…オネエさんに回収されてしまいました。

こんな感じ。
食べ物があるだけマシという話もありますが、かなりマズいです。
マクドのほうが美味いレベル。

日本人がゾロゾロいます。
アナウンスも日本語だし。
少し安心する田舎者です。

というわけで、あと少しで機内です。

いずれテッペン超えれる?

おはようございます。

無事にシカゴについていて、あまりに疲れたのでさっさと寝てしまったので、今頃更新しています。
シカゴは 14 時間前なので、今は早朝、ということになります。

昨日の食べ物のオーダーや会計の時の話です。

いずれテッペン超えれる?
まさかこの言い回しを使うことになるとは思いませんでした。

いや、空港でスープを飲んだんですけどね、チップを書く欄がないんだけど、チップ込みか、それとも別かわからなくて、聞く羽目になりました。
普通に発音しましたけど。
初めてチップをカードで払うことに成功しました。
(厳密に言うと富士山で払ったんだけど、あの時は、勝手にチップ込みで、会計が提示されていましたから)

お昼はまたまた大好きなジャンクフードのマクドでした。

今回はキオスクがないので、カウンターで注文したんですけど、セットは、combo とか、meal といって、セットでは通じません。

単品は hamburger ではなく、sandwich というみたい。
自分は、hamburger で通じましたけど。

で、hamburger ですが、これもカタカナ発音のハンバーガーで通じません。

このサマーさんの説明ですが、とてもわかりやすいし、特に発音の説明が丁寧です。
No.9 で説明されていますけど、ハンバーガーではなく、彼女がカタカナで書くと「ヘァンブゥグゥー」となっています。
まあ、大げさだけど、Siri だと、「ヘァンブゥグゥー」でないと認識しません。
騙されたと思って Siri や音声入力で試してみてください。
結構、発音の練習にはなると思います。

まあ、通じなかったら、番号が振ってあるので、番号, 例えば Big Mac は 1 だったんですが、番号で注文すると、長ったらしい名前を言わなくてもいいので楽です。

I’d like to have a combo, number 1, please?

というだけ。

サイズを変更したいなら、

Can I get a number 1 meal with large fries?

という感じです。

あら簡単。

Anything else?

とか聞かれると思うんですが、片言感を出すと、あれこれ勧めてこないけど、勧められたら、

No, thank you.

と断っておいたらいいです。
飲み物とかもアホのように大きいカップが出てるくるので、サイズ感がわかってから、足りないなら追加の方がいいと思います。

注文が終わりなら、

That’s all.

です。

そうすると、大抵、

For here or to go?

と聞かれるので、店で食べるなら For here, 持って帰るなら To go と答えます。
To go の場合、最近は聞かれたことないけど、

Paper or plastic?

と聞かれることもあるんですが、これは、入れ物を紙袋にするか、レジ袋(プラスチック)にするか、という質問です。

あと、飲み物ですけど、カップをもらって好き放題です。(店によるけど、大抵はドリンクバー)

普通はレシートの番号を叫ぶので、番号を見せてもらいます。
気の利いた店だと、モニタに番号が出たり、番号札を机に置いておくと持ってきてくれることもあります。

ちなみに、マクドとは言わず、メクドゥーナルズみたいな発音です。アクセントはメです。ズはほとんど発音しないかも。
マクドナルドとかカタカナで言ってもあまり通じません。

味はだいたい同じ、でも、テリヤキマックはないです。
空港の中の店はクソ高いので、マクドが間違いありません。
それに、マクドならチップがいらないので、「いずれてっぺん超えれる」と聞く必要もありませんし。

とまあ、どうでもいい情報でした。

ここまで書いておいて、これをいうと身も蓋もなんですが、知ってる単語を連呼すれば大抵なんとかなる気がします。
通じなければ、別の表現、単語を使えば、多分それなりのものが出てきます。
少なくとも食べ物屋だから、好き嫌いは別として、なんか食べ物は出てくると思います。

後、支払いはカードが便利ですが、特に、WiFi のマークみたいなの、日本でも最近はコンビニでも対応していますが、コンタクトレス決済だと、とてもスムーズです。
自分は、AMEX SPG ですが、AMEX の場合、アプリで、しばらくすると利用状態が確認できるのできます。
不正使用などもすぐに確認が取れますし、レートもわかって安心です。
それよりも何よりも、コインを持たなくていいのがいいです。

というわけで、コンタクトレス決済のカードをお勧めします。

What is Hibachi?

昨日行った、富士山 の話です。
ここ、Hibachi style stake house とか書いてあったんです。

で、火鉢ってなんだよって、気になって仕方ないんです。

WHAT IS THE DIFFERENCE BETWEEN TEPPANYAKI AND HIBACHI?
In the U.S., the phrase “hibachi-style” is occasionally used to refer to what is really teppanyaki cooking. Hibachi grills are called shichirin in Japanese and are small, portable barbecue grills that are made from cast iron. These grills have an open-grate design and commonly use charcoal as their heating source. Modern hibachis in U.S. restaurants are electric so that they can be used to cook food indoors. By contrast, teppanyaki grilling involves using an iron griddle with a flat, solid surface to prepare food in restaurants in front of guests. Teppanyaki grills typically use a propane flame as a heat source. Guests are able to sit around the teppanyaki grills so that they can view the skills of the teppan chefs while they grill chicken, pork, beef and seafood dishes. The teppanyaki grill’s surface is also ideal for cooking finely chopped sides such as eggs, vegetables and rice.

唸らずにはいられないですね。
特にこの辺。

Hibachi grills are called shichirin in Japanese and are small, portable barbecue grills that are made from cast iron.

そもそも、火鉢と七輪は別物だし、七輪というのは、珪藻土と相場が決まってるんだよ。。。
もちろん、南部鉄器の火鉢だってあるだろうし、うちには、銅の鋳物の火鉢もあるから、金属のこともあるけど、普通、陶器だというのが自分の感覚。

それに七輪の材質はさておき、

open-grate design

でもないんだよなぁ。

普通は、焼き網だしね、日本だと。

つまり、この shito を名乗る店が思っている火鉢はズバリこれですよ、これ。

LODGE Sportsman’s Grill です。
これ、Walmart とかだと、Hibachi Style といって売ってます。

そして、Teppanyaki は、これ。

Lodge LSRG3 です。

ふと思ったことは、L410 のオプションに鉄板があればなと。
でもないっぽい気がします。多分。

話を元に戻すと、大いに日本が誤解されてるような、なんとも言えない感じですね。
でもまあ、日本のカレーだのラーメンだのもオリジナルからしたらかなりアレな状態ですから、同じようなことなんでしょう。
楽しかったら、細かいことは気にしないで、ってことなんだろうと思います。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、Lodge(ロッジ) の製品を扱っています。
ただ、今はほとんど在庫切れしているんですけど。。。
アメリカから戻ったら、通関・引き取り後、早々に出荷準備を頑張りたいと思います。
というわけで、Lodge(ロッジ) の製品もひとつよろしくお願いします。

ウィルミントンに向かってます

無事に到着しています。

シカゴに到着後、ローリーに移動しました。

夕飯はホテルの近くのジャパニーズレストラン、富士山です。
え?
日本が誤解されそう!
火鉢スタイルだそうですけど、火鉢って何?

いつも通りの朝ごはん。

ジープを借りて、ウィルミントンに向かいます。

ボチボチ頑張ります。

サクッと SIM

今回は、Amazon で買った サクッと SIM を使っています。

思ったよりもサクッといっているのですが、気づいた点を書いておきたいと思います。

まず、この SIM の注意点として、使用開始日に開通することができないことになっています。
蓋を開けてみると、当日できないこともないように読めますが、ここは素直に、できないと思っておくのが無難です。
そして、それよりも何よりも、SIM 自体はクリックポストで送られてくるので、到着まで数日かかります。
なので、出発が決まったら早めに手配する ことが必要です。

開通、というのは何かというと、専用のサイトに接続して、使用開始日を指定する作業になります。
ですから、アメリカについてからやろう、なんてのはダメですし、開通日は指定できても、時間の指定はできないので、アメリカに到着する時間、そして出発する時間を日本時間に直して、開通日を考えて、何日分の SIM にするのか決めないといけません。

SIM に関しては、本体は Apple から買ったものなので、自分で Y!mobile の SIM を挿したんですが、まあ、これについてはここで説明するよりもググってもらったほうがいいと思います。
一言いうなら、思ったよりも強くピンを押さないといけないので、最初は壊さないか心配になるかもしれません。

一番気になったのはテザリングの際の速度です。
3G ということになっているのです。

早速使っているのですが、耐えられないほど遅い、ということは今の所ありません。
今もテザリングで投稿しています。
iPhone 自体は LET です。

こんな感じで電話番号もあります。
でも使い回しみたいだし、誰かの留守電が残ってたりは、ご愛嬌でしょうか?

通話をすることはないと思うし、自分は全世界定額の SkypeOut 契約をしてあるので、それを使えば、アメリカから日本にも普通に電話できます。(ただし、携帯へは定額に含まれないし、特殊な番号にも発信できません)
それ以外は、LINE で話せばいいですしね。

というわけで、お勧めできるか、というと、★ 5 が満点として、今の所は ★ 4 くらいは行っていると思います。
前回借りたポータブルワイファイはなんだかんだで小一万かかっているので、その 1/3 以下ですし、国内での通話もできるし、テザリング速度も苦痛に感じるレベルではありませんから。(どちらも T-mobile です)

それはそうと、機内 WiFi のことです。
前回はビジネスとプレミアムエコノミークラスだったんですが、ビジネスでも WiFi は有料だったんですね。
今回も有料かしらと思っていたんですが、さすがにファーストは無料でした。
それと気のせいかもしれませんが。。。
LINE する時とかでも、ビジネスでは画像はエラーで送れないのですが、ファーストだと送れるんです。
カード決済の端末などの業務使用は最優先でしょうが、ファーストクラスの WiFi は優先されているのかもしれません。

シカゴに向かっています

留守なので、家人がおニャー様達のお世話をしています。
表情をご覧下さい。
明らかに顔つきがいつもと違う…

今回はなんとファーストクラスなのです。
広々です。

そして、ベットまであります。
びっくり仰天。

なんか知らんけど、前菜。
訳の分からない横文字で、出てくるまでどういうものかわからず!

メインはお肉。
無茶苦茶美味しかったです。

そして、限定機内販売でゲット。

時差ボケ気味ですが、ボチボチ頑張ります。

出発です

いよいよ出発です。
おニャー様達ともしばしのお別れなので、柔らかいのをあげました。

松山空港から、羽田へ。
クラス J は満席でしたが、空席待ちして座れました。

その後、成田へ移動。

途中品川でご飯を食べたんですが、スーツケースを置き忘れました。
焦って取りに帰るも、なんとか最終電車には間に合ったものの、今度は、切符を落としました。
なんとも。

宿はアパホテルです。
噂どおり、オバチャン社長の本が置いてありました。

朝、空港までのバスがあるので予約したんですが、乗り場を間違えました。
なんか、昨日からやらかしてます。

今回はなんとファーストクラスです。

回らないどころか、板前さんが握るお寿司がありました。
でもなあ、上品過ぎてる量が足りません。
5皿くらいいただきたいところですが…

他も全て給仕の係りの人がいるので、好きなのだけを盛り放題、と言うわけにはいきません。

セレブとやらは、いつも見栄を張らないといけないようで、ご苦労なことだと思いました。

というわけで、ボチボチ頑張ります。