ひもの食堂に行きました

昨日は掛川の道の駅で眠くなったので寝てしまいました。
朝 5 時スタートです。
今、ようやく、赤穂まで戻ってきています。

まぐろレストランの向かいのひもの食堂についに行きました。

〒510-8005 三重県四日市市富双2丁目1−30

〒510-8005 三重県四日市市富双2丁目1−30 

Google だと ★ 4.5 と高評価ですね。

干物は 500〜600 円くらいがボリュームゾーン。
金目鯛なんかは 1,000 円。
これに +350 円で定食だそうです。

店は、汚くはないんだけど、上品さは微塵もなく、古い印象なので、★ 4.5 は純粋に料理の評価、ということでしょう。

ちなみにサーモン 600 円を注文しました。

机にはタレや醤油があったんですが、全く要らなかったです。

問題点としては、注文を受けてから焼くんで出てくるまで時間がかかることでしょうか。
15 分くらい待った気がします。

駐車場は広いのでトレーラでも安心です。

そういや、シャロン、駐車場が空いていたので、車が止められはしたんですが、ちょっとコーヒーという気分ではなかったので今回は行きませんでした。

で、晩御飯はなんのひねりもなくうかいや。
行きと同じでカキフライ定食です。
そろそろ、岡山あたりで新しいお店を開拓したいです。

さて、あと少しがんばりますか。

高松までいってきました

今日ははるばる高松まで、整備にいってきました。

毎度のことなんですが、右側を走るか、左側を走るか、悩ましいです。
途中、丸亀のあたり、街路樹、いい加減剪定してほしいです。
ミラーにあたってます。
これ以上右によると、隣のレーンにミラーがはみ出します。

〒765-0031 香川県善通寺市金蔵寺町本村1180

釜あげうどん 長田in香の香
〒765-0031 香川県善通寺市金蔵寺町本村1180

なんのひねりもなく、普通に 香の香 で釜揚げうどんを食べました。

〒765-0021 香川県善通寺市下吉田町中村町881−1

大釜うどん
〒765-0021 香川県善通寺市下吉田町中村町881−1

好みの問題だと思いますし、別に 大釜 が料亭の味かどうかは置いておいて、美味しくないというわけではなくて、やはり、香の香 のほうが好きです。

今日理由がわかったんですが、やはり、香の香 の出汁が好みというのと、それと、大釜 は出汁は注文するカウンターにしかないので、自分の場合、足りなくなって、いちいち取りに行かないといけない、それが面倒くさいのです。

香の香 は、出汁を徳利に入れて持ってきてくれるので、少々使っても、足らないということはまったくない。
薬味も、机に備え付けてあるので、出汁が薄くなったり、薬味がなくなったら、足して好みの味で食べられるのです。

まあ、丸亀製麺、というか、丸亀製麺なんかを引き合いに出したら、タコ殴りにされそうですが、あそこも出汁も薬味も各テーブルにはないので、香の香 が特別なんだと思います。
実際、机までうどんを持ってくるし、食べたあとも、自分で片付けなくてもいいのです。
ちょっと、特殊かもしれません。

〒765-0040 香川県善通寺市与北町284−1

山下うどん
〒765-0040 香川県善通寺市与北町284−1

本当は、山下うどんにいってみたかったんですが、朝、出発が 9 時近くになったのと、途中事故で道が混んでいたので、本来の目的の整備の時間がなくなると困るので、新規開拓はまた次回にしようと思います。

なんだかんだで 15 時前くらいに UD さんにつきました。

色々気になったこところがあって、毎回、運行の記録はつけているのですが、色々メモってある箇所を全部見てもらいました。

とりあえず、車高灯も切れていたので、交換してもらって、自分で言うのも何ですが、なかなかかっこよくなりました。

球切れって、なんか、本当にダサく見えますよね。

LED 化したい気もするのですが、球切れと誤認識されたりしたら面倒くさいので、普通に交換してもらいました。

整備自体は 2 時間程度で、費用は税込みで 12,000 円でした。

交通費のほうが高いレベル。

それはそうと、帰りの時間、高速道路がいたるところで通行止めになっていたんですが、そのうち、徳島の通行止めはたいへん大きな事故だったようで、高校生の乗ったマイクロバスが何らかの理由で路肩に停止していたところにトラックが追突して、死傷者が出ているようです。
なんでも、トラックの運転手さんは、松山の人のようで、他人事には思えません。
と同時に、まだ若く、将来のある高校生がなんとか無事でいてほしいものです。
自分も、気をつけて、事故を起こさない、事故を起こさせない、巻き込まれないように、よりいっそう気をつけたいと思いました。

事任八幡宮 参拝

今朝はユーユー・カイカンを 6 時に出発して、別所まで戻ってきました。

昨日は、焼津で食事をした後、大井神社 に参拝しましたが、最近耄碌しているようで、参拝済みであると気づきませんで、参拝してから 3 年ほど前に参拝済み と気づいたのでした。

気を取り直して(?)、事任(ことのまま)八幡宮 を参拝しました。

境内は鬱蒼としていて、御神木がたいそう立派です。
職業病というか、やはり屋根への影響が気になって仕方ありませんが、谷が詰まっていますね。
そういう意味では、社殿の設計というのも、歴史的に見て、どうしてそうなったのかが気になります。

さて、ご飯も食べたので、出発したいと思います。

ユーユーカイカンとか、大遠会館(まぐろレストラン)とか、スマル亭とか

東京には無事にたどり着いて、爆睡して今起きました。
今回も特にひねりもなく、ほぼ予定通りでした。

休憩は ユーユー・カイカン でした。
朝 10 時少し前に着いたんですが、すでにご高齢の皆々様がロビーで待っていらっしゃっしゃって、昭和一桁的雰囲気が漂っています。
アラフィフの自分が平均年齢を下げるために貢献いたしました。w
さあ開館と思ったらいきなり停電して、設備点検で営業開始が 15 分ほど遅れたんですが、その間にもお茶がでたりと、サービスはちゃんとしているなと思いました。

貧乏性なので、セコくネット割引券 300 円をプリントして持っていってたんですが、入り口に年間会員の募集チラシが貼ってあって、なんでも、

  • 入会当日無料
  • 優待券 2 枚 or お食事券 2,000 円分
  • 誕生月無料券
  • お正月無料券
  • 1 年間半額

と書いてあって、それで 5,400 円なんですよね。

正規の料金は、1,740 円 で、300 円引きなので、1,440 円なんですが、3.75 回分なので、後 3 回は立ち寄るだろう、ということで会員になりました。

ただここ、トレーラでは無理だな。。。

入った時は少々ぱらつくくらいの曇りでしたが、出発する時は快晴でした。

その後の昼食(?)は、前回間に合わなかった まぐろレストラン です。
前々回、初来店時 は実はまぐろを食べていないのです。

今回は、ガラガラで、中トロもあったので、迷わず注文しました。

実に美味。
ほんと、他所で食ったら 3,000 円くらいしそうですが、店を改装して 3,000 円になるなら、今の店の作りでいいです。

23 号を走行の皆様、裏に広い駐車場があって、トレーラでも停められますんで、ぜひ立ち寄ってみてください。

次回は、向かいのひもの食堂の予定。

で、その後東京に向けてひた走るわけですが、時間的な兼ね合いで、ちょうど 宇津ノ谷峠 あたりが三重と東京との中間地点になるわけです。

こぢんまりとしていて、とかいうと、地元の人に怒られそうなんですが、ここの道の駅(上り, 藤枝側)は、かなり気に入っているんです。
トレーラ停めやすそうだし。

それで、この前、夜中も夜中、2 時だか 3 時だかに、むっちゃ小さい売店に電気が点いているんで、何事?とか思ったら、なんと 24H 営業しているじゃないですか。

こりゃあ便利だと、今回も深夜でしたが寄ったわけです。

店の名前ですが、「スマイル」だと思っていたら、今回よく見ると「スマル」でした。

うーんどこかで見たような。。。と思ったら、さった峠の先の由比のあたりにあるお店でした。

あのあたり、夜ともなると平均速度が 80km/h とか、速い車だと 100km/h とかで、自分みたいにちんたら走っていると、速度抑制がかかりながら猛烈な勢いで煽ってくる大型がいたりして怖いんで、寄ったことなかったんですが、なるほどそういうお店だったんですね。

にしても、あのあたり、本当に交通の要衝で、東海道線、国道 1 号線、それに東名高速が海と集落の間を通っていて、時々ライブカメラを見たくなりますが、住んでいる人は、この半世紀で、本当に劇的な住環境の変化があったんだろうなと思います。

写真のとおりですが、桜えびのかき揚げを食べたわけですが、なるほど、スマル亭のウリだったんですね。
まあ、由比ならそうなるわな。

味はごく普通の立ち食い屋の味です。

交通の要衝という意味では、宇津ノ谷峠 もかなりのものですね。

うどんを食べながらパネルを見ていたんですが、明治初期に今となってはバイク専用くらいの隧道が掘られ、時代は下って大正時代に新しいものが掘られ(厳密に言うと開通は昭和 5 年)、昭和になって激増する交通に対応すべく、今使われている上り線が掘られ、平成になって下り整備され 4 車線になったようです。上り線のトンネルは、当時は日本一の断面積だったとかなんとか。

ただ、次の静岡に抜けるバイパスのトンネルが上下各 1 車線で、ここがかなりのボトルネックになっているように思うんですが、工事はしているようだから、さっさと開通してくれないかなと思います。

その後は、今回は箱根新道を抜けて、平塚から厚木に北上、246 を経て、皇居の前を抜け、大手門から菊川駅、6 号というルートを試したんですが、ここも微妙でした。
東京駅のガードが 4m なので、ハイキュービックだとガードにあたってしまいます。
もう少しルートを慎重に検討したいと思います。

神戸で新しい食堂を開拓したい件と薪乾燥用シートの件

夏越祭は無事におわりました。
早いもので、今日から 8 月ですね。

チェンソーの件以来、更新が止まっていた 8003TV ですが、最近復活したんですよね。
ただ、最近はボートレースネタとかで、期待している食堂ネタとかがないんですが。。。

それはそうと、今度、依頼されている薪割り機なんですが、地方港に直送できなさそうなので、神戸港にしようと思うのですが、神戸の辺の食堂を開拓していないので、8003TV で探してみました。

そうしたところ、各埠頭にピアハウスってのがあるようです。

動画では摩耶埠頭のピアハウスについて語っているんですが、いつも行くのはポートアイランドなので、そっちのを調べてみました。

いつもは、ポートアイランドの税関の向かいのセブンイレブンなんですけど、あそこね、駐車場がクサイんですよ。
それと結構混んでるし。

そうしたところ、ピアハウス・ポーアイ は、いつも引き取りに行っている倉庫の真裏にあるようです。

ポートアイランドには、もう一箇所、ピアハウス・ポーアイ2 もあるんですが、こっちは ポートアイランドコンテナ検査センター からも微妙な距離です。

今度神戸にいったら、行ってみようと思います。

それはそうと薪割り機の件です。

以前も書いたのですが、雨よけのカバーについて、Toptex という商品が気になっています。
ただ、内外価格差が非常に大きな商品でもあるのです。

出典 日比谷アメニス

出典 日比谷アメニス

神戸くんだりまで出張るわけで、薪割り機 1 台だけでは嫌すぎるので、Toptex を輸入しようと目論んでいます。

消耗品ですから、少しでも安く手に入れたい、というわけで、Toptex の米国内の代理店の調査は、C さんが帰国した時にお願いしておいたんですが、連絡があって、それで薪割り機を今回購入する会社にアレンジを依頼しました。

というのもの、米国の代理店から直接買い「別々の会社からの荷物」なると、B/L が別れてしまい、輸送費が嵩んでしまうため、invoice 等をまとめたいからです。

最大の問題は納期と価格だと思いますが、今のところ返答待ちです。

アメリカでのラインナップは 4m, 5m で、6m 幅はないようです。(よく確認していません)
うちは、原木が 4m でくるので、4m 幅だと覆いきれないので 5m にしてみようかなと思っています。

それと、近いうちに報告しますが、UV カットポリシートですが、耐久性が低く、かなりのものがすでに朽ちてしまいました。
コストを考えると、かなり残念な結果と言えます。

よって、次の案として、Toptex を縫製して、カバーを作成してみたい、というのも購入の理由です。

お店では、2 x 4 木材を使って簡単に作れる パイプ薪棚 や、薪棚金具 を扱っているのですが、これらのユーザさん向けにカバーをオーダーで作成するサービスも始められたら面白いかもと思っています。

ただ、現状、海の物とも山の物ともつかない Toptex ですので、まずは自分で試して、人に薦められる品質があることを確認してから、サービスをスタートしようと思います。

権現山の流しそうめん

土曜日は久しぶりに 権現山の流しそうめん に行ってきました。

かれこれ 3 回目。

Google 先生に聞くと、平家谷あたりもサジェストされたんですけど、夕方から神社の会合があるために間に合わないので、無難なところで、権現山 にしました。

が、行く途中で、坪内家の方もやっていることに気づいたんですけどね。

ジムニー号が出動するものかれこれ久しぶりですが、走行距離もなんだかんだで 168,000km を突破して、いつぶっ壊れてもおかしくないような、そんな気がするんですが、後 2, 3 年、型が変わってしばらくして落ち着くくらいまでは頑張ってもらいたいところです。

それはそうと、扇風機を買いにケーズデンキに行った時に、ゼビオでクロックスを売っていて、お宮カラー(ターコイズブルー?)のがあったので即買いして、早速履いてみました。
今年の夏はこれで行こうと思います。

肝心のそうめんですが、まあ、よくも悪くもそうめんなので、うまいというのもなければ、まずいというのもないと思うんですが、汁を追加で 2 杯分買ったので、3 杯分食べたってことで、元を取ったかどうかはわかりませんけど、満腹にはなりました。

山深くて、沢の水が流れているすぐ脇なので、とても涼しくて雰囲気は最高です。

あと、今回は席がよろしくなかったです。

上流に 2 ペアいたんですが、若い人はおいておくとして、初老の夫婦だと思いますが、おじさんもおばさんもものすごくガツガツしていて、そうめんが流れてこないんですよ。
下流には小さな子連れの夫婦がいるので、こっちまでガツガツするわけにはいかず、なんともな状態でした。
まあ、座ってしまったら、どうすることもできないのですけどね。

権現山の流しそうめん は、9月3日(日曜日)まで、毎日やっているので、ぜひ行ってみてください。

愛媛に戻りました

ウッドバッグの引き取りをしてきました。

宿への到着が遅くなったため、大浴場が終わっていたので、朝っぱら風呂に入りました。
朝寝、朝風呂、ついでに、朝から一杯と行きたいところですが、運転があるので、それは我慢。

神戸はいつも道が混んでいるので、朝はもっと混んでるだろうと 1 時間見ておいたんですが、30 分かからず須磨からポートアイランドに到着しました。

前回同様 T 商会に引き取りに行ったんですが、前回は検査まで任せたんですが、今回は自分でやることにしました。
ところが連絡がいまいちスムースにいってなかったようで、聞いてないです的な対応で、30 分程ロスしましたが、まあ、30 分早くついているので、なんとか問題なし。

ウッドバッグを積んでもらって、検査指定票をもって、大型 X 線検査場に向かったんですが。。。明らかに壊れているのか、なんか工事してるっぽいんですよ。

駐車枠に止まって待っていると、警備員のおじさんが登場して、まあ、とにかく 1 時間以上待てて的な話なりまして、10 時に予約してんだから待ってもせいぜい 30 分だろうとか思ってたんですけど、本当に 1 時間以上待たされました。
そうこうしているうちに CUSTOMS と看板のある怪しいトラックが登場。
メールを良く読むと、レントゲン車で検査をすると書いてありました。

指示されてる場所にトラックを移動したら、放射能が出るから超危険ということで、逃げといてくださいと言われて、逃げ場まで逃げてジュースを買ったら、飲む間もなく終わりましたと。

待つこと数分、無事に放免となりまして、あとで税関の人に聞いたんですが、レントゲンの装置を新しくしている工事とかで、7 月くらいまで装置が使えないとかなんとか。

来月のアッグ的薪割り機も、まあ検査でしょうから、このレントゲン車のお世話になるんでしょう。

ところで、エラい人聞きたいんですけど、レントゲンってのは、放射能が出て、それはいろんなものを貫通するわけで、つまりはこの危険なトラックからそれがピカーっと出て、マイトラックの荷台の上のウッドバッグに当たって、通り抜けて行くんだと思うんですよ。
ということはですよ、そのピカーと出て、貫通して、その貫通具合を撮像するブツ、つまり、トラックの反対側に何らかの受像機というか、フィルム的なものがいるんじゃないかと思うんです。
でも税関号は 1 台がくるくる走っているだけです。
どういう原理で透視されるんでしょうか、不思議です。

あと、常々思おうことなんですが、検査になる確率の話です。

自分はほぼほぼ 100% に近いんですが、神戸の港で扱う貨物の量は、2,707,000個/年(20F 換算) ということですが、平均 20m3 入っていると、今回の貨物は 3m3 程なので、3/20、輸出と輸入が同量とすれば、年の取扱量の 1/902 万 ということになります。
税関は土日は休むんですから、年 240 日だとすれば、38,000 倍の量の貨物が動いているはずです。
ですが、朝、並んでいたトラックは 2 台だけ、つまり、ほとんど検査なんてしてない、毎回検査に引っかかるというのは、相当異常な状態だと思うんです。
業者にしても、手数料なんてしれているし、手間のほうがかかる、誰得状態です。
親の敵みたいに扱われている気がするんでしょうが、気のせいでしょうかね。
いくらなんでもここまでくるともはや嫌がらせとしか思えないので、何が気に入らないのか、税関に聞いてみようと思います。
彼らもヒマじゃないと思うし、検査したところで、当然何も出てこないわけですし。

帰りは高松によって石材の積み込みがあるので、淡路島経由です。
途中で、カフェレストラン海 に寄りました。

兵庫県淡路市佐野633-3

 

兵庫県淡路市佐野634-1
0799-70-1353
8時〜22時まで営業(途中11時〜11時半・17時〜18時休憩)
定休日は月曜日。月曜日が祝日の時は次の日が休み。

今回は、カツカレー 1,200 円をいただきましたが、とても美味しかったです。
特にカツがよかったです。
ゆっくりログの話をしたかったんですが、お店が混んでたし、次の予定もあるので、すぐに退散しました。

その後、鳴門からは下道で 11 号を走りましたが、良く考えると、徳島〜高松間を走行するのは初めてかもしれません。

海産物のお店たくさんあって、駐車場も広めだったので、4t なら寄れるかもしれません。
機会があれば、チェックしてみたいと思います。

高松では、神社の修繕工事の寄付金の顕彰のための石碑を積み込みました。
ウッドバッグは 1 パレット 300kg と軽いのですがかさばるので、一つ下ろして、石材を約 3t ほど積み込みました。

石材屋さんが、うどんをお土産にくれたのですが、途中で電柱に うどん本陣山田家 の看板がたくさんあって、香の香に間に合う時間帯だったので、そっちで食べて帰ろうかと思っていたんで、次に来たときは、うどん本陣山田家 に行きましょう的な話をしたら、まだやってるから連れて行ってやる、ということになり、行ってみました。

香川県高松市牟礼町牟礼3186

 

香川県高松市牟礼町牟礼3186
営業 10時~20時

ここはよくあるセルフのお店ではなく、店構えからして立派で、お値段もうどんしてはお高い部類でしょうが、そこはさすがうどん県、高いといっても、セルフの丸亀製麺的な値段ですから、リーズナブルです。

あと、お寺さんの門前という立地もあり、観光客なんかも来るんでしょうね。

次回は、もう少し余裕を持っていって、お寺や石材の資料館もあるようなので、見てみたいと思います。

かなりどうでもいいこと — さわやかネタ 2 連発

静岡のハンバーグ屋の さわやかに行った って書いたと思うんですが、後から不意にメールが届きました。

フライングガーデンと何が違うのかしら

とはけしからんとのご指摘です。

かなり、フライングガーデンを意識しているようですね。

正直、茨城県民としてはですね、いつ行ってもすんなり入れるフライングガーデンだとか、下手をするとビッグボーイの大俵ハンバーグでも、あんまり違わないんじゃあとか、思ってしまったりしちゃったんですが、いえいえ、さわやかは実にさわやかでございまして、格別でございましたので、静岡の皆々様には、額を畳にこすりつけて深謝するものであります。

で、昨日、猛烈に気になる看板 を見ました。

い、井脇ノブ子先生?
いつの間に店を。。。。?

気になりますぇ〜。僕の悪い癖。

調べてみると、さわやかジャパンとかいうお店らしく、このオッサンは、さわやか親父というらしいんですが、ケンタッキーのオッサンと同じく、なんと大阪には、このオッサンの人形が店頭に置かれているとか、もはやなんというカオス。

だいたい、どこがどうさわやかんだよ、頭とかポマード(平成生まれは間違いなく知らない)とか、ギトギトにつけてそうで、加齢^H^H華麗臭がツーンと鼻に付きそうなイメージです。
お食事中の方、申し訳ありません。

さわやか親父、また、どうでもいいことを覚えてしまいました。ガハハ。

楽しいぞ、ジョイフル本田!— ハスクバーナの特売品にキュン死寸前!

朝一、ホーマックに行ったんですが、ちょっと欲しいものがなくて、朝マックして、時間を潰して、ジョイフル本田に繰り出しましたよ。

薪の雨よけを物色しに行きましたが、ジョイフル本田だと、ちょっと大きいサイズのポリカがあるので、いいかなと思ったんですが、お値段が少々高い気がして、とりあえずパス。

ウロウロしていると、鉄筋コーナーで組んであるものも売ってました。
愛媛で予め作って持ってこようかと思ったんですが、運送の手間を考えると、ジョイフル本田で買ったほうがいいかなと思いました。

そうこうしていると、あたらしくハスクバーナを売り始めるということで、コーナーができていました。

目玉は充電式チェンソー。
勢いで買いそうになりましたが、今のところなんとか耐えていますが、お得感が半端ないです。
多分買っちゃうんだろうなぁ。。。

枝の剪定だとかで、エンジン式だと、始動するのが難儀なんですよね。
本当は、ポールソーのほうがほしいですが、その時、どの道バッテリーと充電器は必要ですし、マキタには、ポールソーがありませんし、いつ出るか待つのもどうかと思うんですよね。

ソーチェンは 91, 12″ ということで、30cc 相当、ということでした。

その後、薪を納めて、警察署に通行許可関連で出向き、本日終了です。
雨で予定が随分と狂いましたが、明日は、パレットの引取をしたいと思います。

初さわやか

無事に到着しています。

今日は、なんか、さわやかでハンバーグを食べたくて、東京に向かいながら空いているさわやかをさがして、なんとか、初さわやかを達成しました。

静岡でさわやかに行ってないのはモグリだと思うのですが、ようやく、行けました。

でも、落ち着いて考えると、フライングガーデンと何が違うのかしら、と思う茨城県民です。

というわけで、なんとか、無事に到着しています。