ソープストーン薪ストーブの年内納品のタイムリミットについて

なんとか年内に、というお問い合わせをいただきましたが、スケジュールとしては以下のようになります。

とりあえず、Nov 11 の便には乗せますから、それに間に合わないとなると、流石に Dec 2 だと、危なっかしいので、最終タイムリミットは Nov 25 になります。
これは、CFS Closing なので、パレタイズなどのことを考えると、Nov 14 くらいまでに納品にならないと無理があります。

現状、オススメした各モデルについて、価格は以下の通りです。
これは、梱包費、運賃、税金、為替手数料、国際送金手数料、保険、その他、当方の代行手数料、一切含まない金額です。
通貨、カナダドル。

Osburn
Matrix Wood stove with Blower(ニューモデル、EPA2020 対応); OB02032
本体; $2,699.10 在庫 2
必需品;
Soapstone side panel kit OA10701; $765 在庫 1
Sopastone panel top OA10703; $324 在庫 1
合計 $3,788.10 (310,617.21 円)

Heartstone
Heritage TruHybrid (ニューモデルです; Model 8024)
Black Matte; 8024-4110L; $4,185 在庫 3
合計 $4,185 (310,617.21 円)

ヘリテージのオプション類について、少し説明したんですが、日本に入ってきているものとは少し違うようで、現地では、左右の勝手や、アッシュドロワーの有無、フレームの色等が選べます。
選べますが、定番ではないものは、納期がかかり、おそらく間に合いません。

まあ、

どんぶり勘定で行きますと、梱包+カナダ国内送料が $100, 商品代金が $4,200, 現地合計が $4,300 で、容積が 1m3 あり、M3 あたり 6 万円、カナダドルが 83 円だった場合、

((4,200 * 83 * 1.035 * 1.01) + 60,000) * 1.1 * 1.1 = 513,534

となります。
これに国内運賃が 20,000 円かかるとすれば、55 万くらい、為替などは保証しませんので、その辺は加味しておいてください。

1.035 掛けているのは、為替手数料と国際送金手数料です。
1.01 は保険です。本当はかける必要がないうちの貨物にも保険をかけるので、もっと割り増しでもらいたいところなんですが。
1.1 を 2 回は、消費税の 10% と、代行手数料の 10% です。

ストーブ単体の場合、1m3 を超えることはあまりありません。
かなり余裕を見たドンブリ勘定にはなっています。
正規モデルの価格は、定価で 55 万(税別)なので、もしこれが最新モデルの値段ならば、流石に定価で売ったりはしないと思うので、うちにご依頼いただいてもメリットはないかもしれません。

しかし、ちょっと知らない間に Osburn も HearthStone もモデルチェンジしていました。
EPA 2020 に対応と書いてあったんですが、排ガス規制がまた一段と厳しくなったようです。

Emission Limits for Wood Stoves

The internal design of wood stoves has changed entirely since the EPA issued standards of performance for new wood stoves in 1988. EPA’s mandatory smoke emission limit for wood stoves is now 4.5 grams of smoke per hour (g/h) under Step 1 of the revised standards of performance for wood burning room heaters; Step 2 will take effect on May 15, 2020, when the standard will be lowered to 2.0 g/h. Heaters using the optional cord wood test method must meet a standard of 2.5 g/h. A voluntary hangtag marks units that meet these standards before the May 2020 date.
Stove manufacturers have improved their combustion technologies over the years, and now some newer stoves have certified emissions in the 1 to 4 g/h range. When comparing models, look for the EPA white label on the stove – a lower g/h rating means a cleaner, more efficient wood stove.

EPA ってのは、Environmental Protection Agency の略で、アメリカ合衆国環境保護庁、と訳されていますね。

最近のストーブの進化は加速しているように感じます。

古いものを長く大切に使うことも大切ですが、あまりに古いものは、熱効率が低くたくさんの薪を無駄にしてしまうばかりか、煤煙も撒き散らすことになりますから、やはりある程度期間で、更新していく、そういう選択肢もあって良いのかもしれません。

最新のストーブへの入れ替えを考えている場合、ストーブの本場からの直輸入で日本未発売の最新環境対応モデルもご用意できますので、ぜひお問い合わせください。

そういえば、Neo の見積もりが来てないです。
在庫がなかったのかもしれません。

というわけで、I さん、煙突の部材を拾い出す時間がどんどんなくなっているので、早く図面をくださいますようお願いいたします。

ソープストーンの薪ストーブ その 3 — Hearthstone BALI & Tula

Heathstone について、クラシカルなものは触れないと言ったんですが、一応、シュッとしたものは触れておこうと思います。

まずは、BALI(バリ)。

日本では 長野総商 さんが扱っていますが、グレーのみで定価は 930,000 円(税抜, 税込 1,004,400 円)だとかなんとか。

ウチの場合、カラーはブラックとグレーの 2 色となります。
価格は 543,000 円くらい。
消費税や各種手数料は金額に対するパーセンテージですのが、本体が高くなったところで、運賃はあくまでも体積なので、高額になればなるほど、価格に占める割合は下がります。
どんぶり勘定ですが、日本に持ってきたら 1.3 倍くらいになると思いますから、約 70 万円(税込, 国内運賃・工事費等別)くらいでしょう。
なので、3 割引くらいかなというところ。

それと、Tula(トゥーラ)。
これは日本では売っていないのでしょうかね。。。

ウチの場合の価格は、387,000 円くらい。
同じくどんぶり勘定ですが、1.4 倍くらいになると思いますから、日本に持ってきたら、約 55 万円(税込, 国内運賃・工事費等別)くらいでしょう。

カラーは、チャコールで、フロントがソープストーンのパネルとなります。

より詳しくは。。。

をどうぞ。

聞かれてませんが勝手に書きますけど、一応、キッチンストーブの DEVA だとか、Patio Ovens, Fire Pits も扱えます。

これからのシーズン、Fire Pits で、プールサイドで BBQ パーティーとか、いかにもアメリカンな雰囲気かなと思います。

そうそう、前回、ノースカロライナに行った時、冬なのに温水プールで、やたら泳げといわれたんですが。。。
そして、お約束の BBQ でした。

ただ、これらは食品衛生法の対象となりますので、その部分は調査が必要なため、初回は時間がかかることがあるかと思います。

超欲しい!ソープストーンのスチーマ

Hearth Stone のストーブの取り扱いを再開できることになったんですが、その時に一緒に売り込みがあった商品が、ソープストーンのスチーマです。

お値段、$129 です。

容量は、2qt なので、ちょっと小さめですね。
(1qt は 1/4 gallon で、約 1 リットル弱です。)

日本では、29,000 円(税別、税込みだと 31,320 円) で販売されているようです。

まあ、鋳物のスチーマでも、John Write のものなんかだと、$100 近くするし、日本に入ってくると、まあかなり残念な値段になってしまうのは皆さんご存知のとおり。

今までお店で扱っているスチーマが廃盤になって、欠品している状態で、あまり売れるものではないんだろうけど、仕入れてみようかなと思っています。

セレクトショップであるというお店の性格を考え合わせると、いくら Hearth Stone のオプション品であるとはいえ、品質などがわからないうちからは売れないので、モニター販売を行おうとかなと思います。

準備ができたら、また、お知らしたいと思います。

Hearth Stone(ハースストーン)取り扱い再開

Hearth Stone(ハースストーン) は、ソープストーンという高い蓄熱性能を有する石材を使用したストーブを製造している個性的なブランドです。

鋼板や鋳物製のストーブに比べ、ソープストーンに蓄熱し、ゆっくりと放熱することにより、柔らかい暖かさが長時間続くという特徴があり、天然石による高いインテリア性も兼ね備えている、高い性能と意匠性を兼ね備えた、知る人ぞ知る最高峰ブランドといえます。

昨年、取り扱いが停止となったのですが、再開できることとなりました。

heritage_8022_matteblack_1調べてみると、2014 年なので、もう 2 年も前になるのですが、Heritage(ヘリテージ) を収めさせていただきました。

写真のブラックペイントモデルです。

他にも、ブラック、ブラウン、シーフォームという 3 色のエナメル(琺瑯)も選べます。

また、サイドローディングドアの勝手が選べる(標準位置は左で、右を選択すると納期がかかることがあります)のも特徴で、灰受けについては、オプションです。

為替により価格が変動する可能性がありますが、現時点では、Heritage は定価の 30% off での輸入代行となります。
たとえば、ブラックペイントモデルは、560,000 円(税別)ですから、423,360 円(税込)となります。

小型(定価が安いもの)は、ストーブの価格にかかわらず、輸送費がほぼ一定であるため、割引率が異なることがありますので、お問い合わせください。

なお、価格は、国際輸送費、代行手数料を含む総額ですが、国内輸送費は含まれません。

このストーブは石材を使用しているため、非常に重く、事故防止のため、基本的に設置等はご依頼くださるようにお願いいたします。
提携している業者さんをご紹介いたします。
関東一円で、設置費用は 5 万(税別)〜となります。

納期は北米に在庫があるもので、1〜2 ヶ月程度かかります。

薪ストーブを配達しましたが(写真なし)

注文して頂いていた、JØTUL F45 と、Hearth Stone の Heritage II が届いたので、引き取りに行き、納品してきました。

今日も疲れたので、写真を撮る元気もなくて、結局、STORES 倉庫には納品に行く時間はありませんでした。

カルブリッジの件、荷物の所在などがわかり、連絡をしていたりして、結局忘年会にも行けず。

ロープを落として、なくしてしまったので、ホーマックに行って、ロープを買って、荷台の整理をしていたら 20 時で閉店となり、照明を落とされてしまいました。

とりあえず、無事故で(ロープはなくしてますが・・・)、頑張ってます。

明日はいよいよ、エアコンの積み込みをして、帰路につきます。
太陽熱温水器は今回は諦めました。
無理して積んで、割ってしまったら、元も子もないので。

大雪で立ち往生

2014-12-05 14.49.31瀬戸内は温暖な気候ではあるんですが、さすがに 12 月に入ってめっきり寒くなりました。

寒くなったもんだ、そう思っていると、愛媛と徳島の県境の峠付近で 25cm も積もるほどの大雪で、100 台以上の車が立ち往生しているというニュースが届き、かれこれ、ふそうからアルミに履き替える際のコストについて返事がないのですが、もう間に合わなくなるので、とりあえず、アルミに替えるかどうかは置いておくとしても、スタッドレスには履き替えておかないと、とても心配なので、タイヤ屋さんに行きました。

ネットで買うと、12 万しないんですが、最初に行った、ダンロップだと 13 万ほどで、値段的には OK だったんですが、在庫がないので、取り寄せになって間に合いません。

タイヤマンは、組み換えの工賃などもろもろで 16.5 万ということですが、在庫があるということで、背に腹は代えられないので、注文しました。作業は混んでいたので、月曜日にしてもらおうと思います。

これで安心して、ストーブの引取と、納品、その他もろもろで、東京に向かうことができそうです。
今回入荷の、JØTUL が F400 と F45、HearthStone が Heritage です。

F45 と Heritage は嫁入り先が決まっていますが、F400 はまだです。

円安が極度に進行し始めたタイミングなのと、容量が多く運賃が割安になっているので、安く納めさせていただけますので、JØTUL の定番中の定番、F400 に興味がある方は、どうぞお問い合わせください。
定価の半額+送料(国際分含む)+税となります。

もうすぐバンニング

納品されたストーブや煙突などのパーツの最終点検と梱包が行われているようで、レポートの写真がどんどん送られてきます。

ストーブは、開梱して、ドアなどの立て付けを始め、各機構について、日本人の感覚に近いレベルで点検・調整が実施されます。

Hearth & Home では、煙突などは、米国やカナダの厳しい安全基準に照らし合わせてプランニングをし、各部材にはプランニング図に記号を割り当てており、その記号に基づき、梱包に記号を書き込むことにより、現場での施工がスムーズに行えるように可能な限りの配慮を尽くしています。接合部分の細かなズレなども、事前に微調整を済ませます。特に煙突は高所作業になることが多いので、些細な修正でも、事前に済ませることで作業性の向上と、それに伴う工期の短縮・確実な施工とで、工事作業者、薪ストーブユーザ両者の安全に寄与します。

ディーラーとの綿密な打ち合わせを経て、漏れのないパッキング、輸送途中の破損のないような梱包がこの後行われ、バンニング、といいますが、コンテナへの積み込みが行われるのです。

閑話休題。

インターネットの普及で、遠くはなれていても、ほとんどタイムラグなく意思の疎通が図れるのはほんとうに便利な世の中になったものだと思います。

実は、重松、昔は、ネット関連の会社(正確に言うと、勤め始めた時は、多分商社だったと思うんだけど、やってたことはネット関連)に勤めていたことがあって、その頃は、まだモデムが別売り、インターネット接続もダイヤルアップ、という時代で、そのモデムやらネット接続ソフトやらを販売していたわけですが、あの頃の、それなりの頑張りが少しばかり日本のネット環境の普及発展に貢献できたのかもしれないと思うと、とても嬉しく思います。思い上がりかもしれませんけどね。

そういう意味では、薪ストーブも、内外価格差が小さくなり、もっともっと安価に提供されるようになるといいなと思います。そのために、Hearth & Home として、頑張って行きたいと考えています。

Hearth & Home の扱うストーブは並行品と呼ばれるものです。

並行品ですが、納品前に、一旦、商品の再点検、調整・補修が行っています。
また、商品の保証は、当然、海外では、正規品ですから、ストーブメーカからきちんと受けることができます。
PL 保険にも、もちろん加入しております。

ダッチウエストジャパンさんは、こんなことを言ってますね。

http://www.dutchwest.co.jp/howto/buy_stove/ より引用。

並行輸入業者がアメリカから持ってくるストーブと弊社が皆様にお届けするストーブは、一見同じですが、実は違います。
弊社が輸入した製品はすべていったん本社で開梱してから、熟練の整備士が点検・整備し、専用の工具キットや日本語の取扱説明書を加えてから再梱包し、お客様にお届けしています。
点検は、鋳物部品、表面塗装、ドアや掛け金などの可動部分について、日本のお客様が求める高い基準に合うように、一台一台丹念に行われています。さらに、警告ラベルの添付、PL保険への加入、輸送事故の際の連絡先を記したステッカー、保証書なども含め、お客様のことを第一に考えた万全の対策を施して発送されています。

えっと、うちのストーブとの違いって、要するに日本語の取説の有無とシールが貼ってあるか否か、だけってことでよろしいですか?

こんなことも書いてありますが。。。

並行輸入業者(正規代理店以外の第三者)からストーブを購入したものの、アフターサービスがなかったり交換部品が手に入らなかったりして、宝のもちぐされになっているというユーザーの苦情をよく耳にします。困り果てたお客様が弊社に相談にいらっしゃることも多くなっています。
ダッチウエストとマジェスティックの日本総輸入元である弊社では、取り扱っている全製品とそのほとんどの部品を在庫し、万全のアフターサービス体制を整えています。
顧客満足度を追求するダッチウエストの精神を受け継ぎ、「弊社からお買上のお客様」に不自由はおかけいたしません。常に徹底した在庫管理を行い、迅速にお客様へお届けできるように努めております。

こういう行為をディスるっていうんですよね。

ダッチウエストジャパンさんではないんですが、まあ、このブログに来ている人なら間違いなく知っている、そういう一次代理店さんですけどね、

正規輸入業者(正規代理店)からストーブを購入したものの、アフターサービスがなかったり交換部品が手に入らなかったりして、宝のもちぐされになっているというユーザーの苦情をよく耳にします。困り果てたお客様が Hearth & Home に相談にいらっしゃることも多くなっています。

な状態です。

いうだけはただ、空手形、という言葉があります。
その保証書、会社が潰れたら、ただの紙切れ、それこそ、便所紙にも硬くてならないでしょう。

「巧言令色鮮し仁」、美辞麗句を並べ立て自己賞賛し、他者を貶めた上で、自分たちと異なる立場の相反する意見については、読者が反対意見として知ることができる配慮をしない、という宣伝スタイルは、美しさを感じません。

Hearth & Home の代行のページでは、ダッチウエストさんの意見、当然、自分とは異なりますが、ちゃんとリンクして、お知らせしてあります。

そもそも、高くて良いのは当たり前なのです。

Hearth & Home は、正規輸入品の定価で、一般的な屋根抜き煙突(屋外断熱、室内2重煙突)一式を含む部材の提供を実現しています。

円安傾向にあるため、どこまで踏みとどまれるかわかりませんが、圧倒的に安くて、大差のない品質、を目指していきたいと思います。

引き続き、施工に至るまで、レポートをしていきます。お楽しみに。

薪ストーブ、ぞくぞく入荷中!

ストーブが続々入荷しています。

Hearth Stone の Heritage 2、JØTUL F45、それと、個人的に売れると思って仕入れてみた F400 です。

今回は、F45 と Heritage 2 は煙突も含む部材一式なので、かなりのボリュームになりそうです。
更に、大型丸鋸や、通常の雑貨商品もあるので、うまく積まないとトラックに積みきれないかもしれません。

今から、到着が待ち遠しいです。

またまた受注 — Heritage 8022

heritage_8022_matteblack_1今回の案件は、Heritage、ソープストーンの高級ストーブです。

スピード決着ですが、お客様の方で、すでに別の薪ストーブ業者さんで見積もりを取っていたことが大きかったと思います。

内容としては、競合店が Heritage の旧モデル在庫を処分価格、煙突は NOVA SM という普通の構成で、40 万近い値引きをして 100 万税別(工事費含む)ということですが、これを税込み 90 万(83.3 万税別)でどうにかして、という案件でした。
わかりやすく書くと、後 2 割、安くということです。

HearthStone はもともと北米での価格が高い(内外価格差が1.6倍程度)ので、さじを投げかけたのですが、よく考えたら、F45 と一緒のコンテナに載せることができれば、配送料が相当絞れますから、工事費を 20 万として、商品自体が税込み 60 万程になれば、なんとかなるわけですね。

ちなみに、Heritage ですが、税込定価は 604800 円です。
つまり、今回の案件も、ストーブ本体の定価で、一式揃えて、という要求です。

為替の問題があるので、微妙ですが、なんとか行けそうだと伝えたところ、即断いただきました。

ちなみに、旧モデルと新モデルの見分け方ですが、写真のようにサイドローディングのドアが、上から開く(ちょうどオーブントースターのように)が新モデルです。
灰がこぼれにくくなるのでしょうかね?