Dyson V10 を落札してみた件

ヤフオクのスクラッチで 10% が当たったので、気分が大きくなって Dyson V10 を落札しました。
42,000 円でしたが、10% といっても上限が 2,000 円なので、40,000 円、ということです。
V11 がでているわけですが、価格差が 3 万くらいあるので、V10 でいいかなと。

マキソン ですけど、残念なことに、猫砂の粒を吸う力がないのですよ。
あれはあれで、便利なんですけど。

これでどれくらいおニャー様の毛が取れるのかが気になります。
車のシートとか、知らない間に毛が付いてしまっています。
トラックのベッドとかも、ミニブラシで掃除したいですし、今から楽しみです。

それはそうと、旧商品の FISKARS の斧を 30% off セール中です。
X15 は、旧デザインとなります。
それ以外の黒いタイプは、旧デザインの後に発売され、現在のラインナップに吸収された感じがする商品ですが、まだ売られているので、旧商品とまでは言えませんが、あまりにバリエーションが増えたので、正直、整理したいというところなのです。
デザインの差異であり、機能的には(ほぼほぼ)同じなので、まあまあ、お買い得だと思います。

ヤフオクで出品が取り消されてしまいました

一昨日のことなんですが、ヤフオクで出品しているものがすべて取り消されてしまっていて、何事かと思ったんですが、新たに出品することもできなくなっているんです。

以前、ヤフーショッピングでも同じような状態になったんですが、その時は理由の開示はありませんでしたし、出品は二度とさせません、ということで、そのままになっています。
うちは、ストアとして規模(年間 1,000 万円以上売り上げる)を満たしていませんから、ストアに移行することはできません。

Q & A を見ると、今回のようなケースでは問い合わせに応じないということになっているのですが、何のことやらさっぱりわからないので、ダメ元で問い合わせを行いました。

そうしたところ、規約に違反している疑いがある、ということで停止した、というのです。

具体的には、ストアでない普通の出品者の場合、手元にない商品の出品が禁止されているのですが、高額な薪割り機や薪ストーブを本当に在庫しているのか、という疑いがかかったようです。
それで、オークション ID とともに在庫を写真で提出してほしい、という話になったわけで、こうやってシールを張って写真を撮ったわけです。

よくいえばパトロールが機能しているということなんでしょうが、実際のところ、「ギフト」が Amazon から届いたりすることもあるわけですし、北米でも Amazon で買ったのに、なぜか Walmart から「ギフト」が届いたりしていたこともあります。

ヤフオクに限らず、実際のところはいたちごっこなんだろうなと思います。

Amazon.co.jp のセラーフォーラムを見ると、こういう無在庫転売屋について喧々囂々やっていたりするわけです。
転売屋だろうとなんだろうと、商品が売れて文句はないだろうという人と、不快感を示す人がいるわけです。

ヤフオクの場合は、ストアはさておき、個人の出品の場合には明確なルール違反です。

まあ、今回は、在庫があることは証明したわけですから、あとはヤフーがどう判断するか、ということでしょう。
複数チャンネルでまたがっているといことですが、オークションは 1 点のみの出品でその分は予め他のチャンネルの在庫数からは引いてあるので、ダブルブッキングすることはないはずなんですけどね、まあ、手動なので、完璧ではないので、そのへんのことも正直に告知しておきました。

こういう事態に至った原因ですが、違反商品の申告というのができるのですが、そういう申告があったのだと思います。
一応こちらにも違反申告がありましたよ、という告知が来るんですけど、大抵は言いがかりみたいなものですから、およそまともに相手にする必要はありませんが、今回のように停止になると、やましいことがないわけですから、なおさら面倒くさいのです。

李下に冠を正さず、という言葉がありますが、あらぬ疑いをかけられないよう出品の説明を丁寧にすることが大切であると感じました。

実際のところ、ヤフオクは今となっては売れるチャンネルではないですが、個人的には、売り手と買い手とが対等である点をはじめて、独特の雰囲気が好きなんで続けているんですが、お店のプラットフォームとしては、Amazon に移行していて、結果が出つつあるので、ヤフオクの優先度はどんどん下がっていくと思います。

最終的には、やはり、自前のお店が作れるといいなと思いました。

素敵だなと思ってインスパイヤされたノータッチ反転バケット

素敵だな と思って インスパイヤ される出品物にであってしまいました。

いや、タイトルのネタ、気がつけば 15 年も前のことでした。
ほとんどの人に通じない気がするんですが、個人的にはツボった表現です。
のまのまイェイ!

それはさておき、本題です。

まあ、見てのとおりですよ。

少し前に誰かも言ってた記憶がありますが、メッシュパレットからの排出って意外と大変なんです。
それで楽な方法はないものかと思っているわけです。

なんでかっていうと、乾燥機が可動しはじめると、メッシュパレットに入れて乾燥させようと思っているのですが、その後の工程で排出しないといけませんし、もしかしたら、そのまま配達するかも知れません。
ヤードで作業する時は、ヒンジでやったり、ゆくゆくは回転フォークを入れようとは思っているんで、どうにでもなるんですけど、ユニックで配達に行ったとして、カゴを傷めず楽に排出したいわけです。

似たような構造は考えていたのですが、ノータッチは思いつきませんでしたので、目からウロコです。

金城(金属の方)に金属くずを持って行った時、うちの台形のバッカンの排出ができるフォークがいないし、1.5m3 も滅多なことでは溜まらないので、これくらいの小さなガラ入れがあってもいいんじゃないかと思うのです。

値段がちょっと高いし、運賃もかかるので、作ったほうが安い気はするんですが、アイデア自体は、覚えておこうと思います。
まあ、覚えてられない可能性が濃厚なだから、こうして書いているわけですが。。。

ジャンク品のコーンスプリッタが落札された件

しばらく前からヤフオクにジャックとして出品していた壊れたコーンスプリッタが落札されました。
落札額は、36,450 円です。
一割弱抜かれるし、発送のための作業もあるので、3 万円程度回収できた、というところでしょうか。

当初は梱包の手間がかなり掛かるため、ラクラク家財便で送ります、ということで出品していたのですが、パレットごと重さをはかると 200kg ほどあるのです。
コーンは手で持った感じ 30kg くらいしかないので、本体が 100kg を少し超えていることは明らかです。
ラクラク家財便は 100kg を超えると割増料金がかかってしまうんですよね。。。
両端で 10,000 円ずつかかるので、落札金額を考えるとちょっとない運賃ですので、パレットで送ることにしました。
後は針金でもで固定して終了ですが、パレット込みで 150kg くらいになりましたので、10,000 円程度で京都まで送れるのではと思っています。

まあ、これで、倉庫から 1 パレットなくなるので、ほんの少しでも片付くかなというところです。

今日は、カナダ便の B/L が届いて、目を皿のようにして確認したんですが、ETA も ETD も書いてないんですよ。
本船は OOCL New York, 航海番号は 052W で検索すると、CY カットが 28 日で、ETD が 2/2, ETA BUSAN 2/19 となっていました。
接続はすんなりいかないに 100 ウォンかけてもいい感じで、2 月末、下手をすると 3 月頭くらいまでずれ込む予感がします。
4m3 位と大した量じゃないんですが、まあ、それでも捌く場所は必要なので、ボチボチ倉庫は整理したいところです。

それで、コーンスプリッタのコーンですが、どういうふうに再利用するのか、という話を落札してくださった方としたんですが、あくまでも個人的にはやはりユンボのアタッチメントが一番良いとは思うんです。

前にも書いた んですが、フォークリフトを使うアイデアも悪くはないと思うんです。
ただ、リフトってのは、押さえることはできないので、ウエイトが必要だとは思いますけど。

そして、写真のような平らな地面だとくるくる原木が回ってしまうので、現実問題、穴を掘って、棒を立ててくるくる回らないようにするなり、V 字型の溝のあるコイル運搬台車のような作業スペースを作って、原木をそこに落として作業するとか、勢いがついて回った原木が弾けとだり、自分自身や機体に衝突するという事故を想定しておかないといけません。

人力でやる場合は、基本的には相当危ない と思うんで、安全については、考えすぎなくらい、考えてほしいと思います。

これも、何度言ったことかはわかりませんが、JAPA 100 のような安全に割れる工夫はとても大切だと思います。

安のもの買いの銭失いじゃないけれど

去年ヤフオクで買った LED のサイドマーカー のことです。
値段が値段なので期待はしていなかったのですが、思った以上にダメダメでした。

ついたりつかなかったりで、マイナスを結線しないといけないのですが、結線してある方の固定用のネジが馬鹿になって、それで接触が安定しない状態でした。

それ以前にレンズがたった 1 年で黄ばんで変色しています。

反対側も水が入って、何発か死んでいそう。

手間を掛けて防水処理したんですが、素人工作ですので、自ずと限界はかなり低いようです。

それはそうと、今日、近所のクレーン屋のキャンターが昼を食べに行ったお好み焼き屋の駐車場にいたんですが、サイドマーカーのレンズが割れてなくなっているんですよ。
うちのと同じくらいなんですが、キャンター、レンズなんて一度も割ったことなんですが。。。
まな板も一度も割ったことはありません。

ところがどっこい、買ったコンテナシャーシですが、道具箱の中が汚いので、ゴミっぽいものを持って帰って片付けているんですが、割れたレンズが出てくる、出てくる。

左のサイドバンパーがベコベコなんですけどね、マーカー自体ちゃんとインセットしてつけてあるので、擦ろうと思ってもなかなか擦れないと思うんですが、一番後ろなら振り出して当たるってことはあるかと思うんですけどね。

こういうのを見ると、あまり高いマーカーを買っても、当てたらなぁ、という不安がよぎります。
と同時に、サイドバンパーもステンレスで綺麗に作ろうか、と思ったりもしているんですが、本職の人でも当てるってことですよね?

実際に、サイドバンパーが綺麗な海コンシャーシってあまり見ません。
自分の車じゃないから雑に扱うのか、お客さんのところがとんでもないところが多くて、どうしてもそうなるか、その辺はわかりませんけど。

それで、サイドマーカーですが、激光を使っても暗いというか、ブラケットが「コ」の字型をしているため、路面を照らす光を遮るため、路肩の状況などが確認しづらいので、真下は真下で別に照らしたほうが良いのではないか、と思って路肩灯で検索して写真のものを買ってみました。

まるでイカ釣り漁船!

とりあえず、コンテナとまな板用に各 2 本、都合 4 本です。

実際のところ、まな板はヤードで左バックをする時以外は全く必要がなく、降りてみれば済むことなので、コンテナシャーシに全部つけるかもしれませんけど。

それはそうと、びっくりの話です。

ソケットは 7 極ですから、配線の種類は 7 種類です。

  1. 白 アース(マイナス)
  2. 黒 予備
  3. 黄 左ウインカー(左側方向指示灯)
  4. 赤 ブレーキ(制動灯)
  5. 緑 右ウインカー(右方向指示灯)
  6. 茶 スモール(車幅灯・尾灯・番号灯)
  7. 青 バック(後退灯)

バックカメラをつけようと思ったんですよ。
例の WiFi の。

そうしたら、わかりますか?

電源ってないんですよ、台車には。

黒の予備はあくまでも予備です。
ヘッドから常時が来てれば、電源は取れるんですが、そうでないなら、電源はないのです。

青のバックで取ればいいんですが、WiFi の電波はバックに入れて、カメラが起動してから飛ぶわけですから、バックし始めてから iPhone を操作して WiFi を拾ってアプリを立ち上げて、ということになりますから、危なくって仕方ありません。

今度の車検時に黒の予備に常時の電源を繋ぐようにするか、ただそこまでお金をかけるのももったいない気もしないでもないので、バッテリーを使ったほうがいいんじゃないのかとも思い始めました。

12V — 24V ならマキタのリチウムイオン電池を使えば、6.0Ah なら、108Wh あるので、カメラが 5W であれば 20 時間くらい使用できるはずですから。

というわけで、今回の神戸行には間に合わないので、おいおいやっていきたいと思います。

40ft コンテナが激安 — たまにはこういう値段で落とせることがあるんだよなぁ。。。

40ft のコンテナですが、そこそこ状態が良いものが 31,000円(税込33,480円)で落とされていました。
ここまで安いものもは滅多にお目にかかれません。

安いなりに理由があって、

  • 8/12 までに引き取って
  • 中のゴミをなんとかして(人力で搬出し、指定場所に置くか、持って帰って)
  • 積み込みは手伝いません

です。

40ft コンテナは外装がコルゲート鋼板のものは、TARE, 風体で約 4t 弱あります。
これは構造が違うので、鉄がどれだけあるかわかりませんが、仮に 2t あれば、1kg 25 円なら鉄の価値だけで 5 万円ですから、くず鉄よりも安いのです。
なので、まだコンテナとして使えるものが鉄より安く落とせることはまずないので、お買い得なのは間違いないですね。

積み込みに関しては、ラフターを雇うしかないのでしょうが、10t ほどのものので一日で大体 4 万くらい、半日なら 3 万くらいできてくれると思うのです。

タイミングが合えばよかったんですが、今回は、見送りとなり、残念です。

乾燥が終わった薪の保管とかに便利かなと思うんですよね。
ちなみに、普通に業者で買うと、相場としては、税別で 28 万くらい(ヤード渡し)のようです。

ヤフオクで萌えるアイテムを見てしまった件

ヤフオクって、たまに変なものを売っているんでやめられません。

これはヤバイです。マジで欲しいです。
ちょっとボロいけど、スプロケットもそんな減ってなように見えるし、ゴム下駄もまだまだ行けそうだし、グラップル付きだし。

これさえあれば、原木を山から出すときに格段に安全で楽になります。
また、ヤード内での原木の移動、はい積みも、効率がかなり上がりそうです。

相場が全くわからないんですが、魚谷の AK シリーズが 1,000 万ほどと聞いていますので、かなり終わりかけの機械ですから、いいところ 出しても 200 万という感じでしょうか。
ただ、それだと正直、ホースまわりはすぐに修理代が掛かりそうなので、もとが取れるかはかなり微妙なところかなとも思います。

まあ、先立つものもないことですし、夏なんて売上もないわけで、50 万なら買えますけど、最低落札には届いていないようなので、後学のために、いくらで落札されるのかウォッチしたいと思います。

それはそうと、今朝、ゴミを捨てに行こうと思ったら、鉄板で擦ってサイドウォールに穴が空いて、完全死亡です。
この間交換したばかり なんですが、致し方ありません。

交換しようにも、ジャッキも十字レンチも行方不明で、台風も来てたので放置プレイです。
とりあえず、代わりのタイヤは出てきたので、それを使おうと思いますが、それにしても勿体無いことをしました。

the1234 ニャーと引っ越しセンターというか茶トラ急便というか 海コン事業部開業!?

またまた鉄くずお買い上げ〜。
トレクス 製 40ft 海上コンテナ用シャーシであります。
お値段 24 万円也。
鉄くず 27 万円号 を凌ぐ安さです。

アルミ箱はどうなったんだというツッコミが入りそうですが、あれ、リアがダンプ扉で普通の物入れとして使えないんですけど、まだ全く手付かずなのに、更に鉄くずを追加してしまいました。

もし使い物にならなかったとしても、とりあえず、自重で 4t くらいあるから 1kg 25 円として 10 万にはなると思います。
残りは勉強代ですね。

トレクスさんに電話したら、うちの近所の上陣さんで修理はできるから相談して、的な話だったので、あとはいくらかけるのか、ということが問題ですが、とりあえず、これで薪を入れるための倉庫は、コンテナを買ってくればいいだけになりました。

コンテナシャーシを手に入れたので、これが使えるなら、アルミ箱を事務所車に改造するよりも、コンテナを事務所に改造して、積み替えたほうがいいわけで、アルミ箱は売りに出そうと思います。

それと、前まわり・後まわりが OK なのは確認済みなんですが、連結検討をしないといけません。
このシャーシは連結検討が済んでいないようなので。
余計な費用がかかりますが、まあ、仕方ありません。

あと、最大の問題はいつ引き取りに行くかですかね。

さて、修理ですけど、この前の鉄くず 27 万円号ですけど、ケレンがすごく大変だったわけです。

国内でも クーレーザー という装置が出回っているようなんですが、リースできないもんでしょうか。

ウォーターサンドブラストが一番現実的かなと思うのですが。

家庭用のものの場合、動画の小さなアングルで 3 分。。。

作業しやすい面は、マルチツールであらかたやって、凹凸が激しい部分のみブラストでやるか、それか素直にセイワのエンジン式でやったほうが良さそうです。

メディアとして使うのは硅砂 5 号のようですが、30kg で、コメリだと 800 円くらいで売っていますね。
30kg でどれくらいの面積いけるのかわかりませんが、回収して使いまわそうかと思ったのですが、手間を考えると使い捨てたほうがいいですね。

どこかで見たような薪割り機

自動車も、ハンドルがあって、アクセルがあって、タイヤがあって、基本的な構造は全部同じといえば同じですし、そういう意味では、薪割り機がどれも似たり寄りったりなのも、そういうものなのかもしれませんが。。。

ヤフオクを見ていて、どこかで見たような薪割り機が売られていることに気づきました。

1 円スタートですが、即決は税別 160,000 円に設定されています。

ホンダウォーク さんが販売する PH-GS20 に酷似していていますね。
牽引用のタン → 取っ手、格納式の脚 → キャスター、エンジンをヤマハに変更といったホンダウォーク・オリジナルと思われる部分がないようです。

上記 3 点の変更や送料込み、という差があるわけですが、PH-GS20 は 店頭販売価格は税別 240,000 円と表示されていますね。楽天で新型もその値段でした。

80,000 円の価格差は、勝手な推測ですが、ハイガー産業 さんが直販であるのに対して、ホンダウォーク さんが代理店を持っていることによるものだと思います。
代理店も飯を食わないといけませんし。

北米では、こういう大陸製の一流メーカーのものでないなら、$800 してないんですよ。
Only: $749.99 だそうです。
写真も見ますか?

かなり前からこの値段ですし、買ったことはありませんが、Youtube に買った人が動画を上げています が、特に問題はないように見受けられます。

日本の薪割り機の相場、皆さんはどう感じますか?

ところで、ハイガー産業 さんですが、相変わらずやらかしているんでしょうか?
評価がかれこれです。
今から何年か前、4 年くらい前かな、あまりに評価が悲惨なことになって、リセットしていたように記憶していますが、その時に、同じ群馬のすぐ近く、1km も離れてないような感じですが、サンイチ通商という出品者が現れました。
扱っている商品も酷似していますし、代表者がチャイニーズというだけではなく、両方共、趙という名前が表示されていました。(下の名前は、別人でした)
どういう関係なんでしょう、ずっと気になっています。

facebook で聞く範囲では、売りっぱなしではない、というのは本当のようで、送料をちゃっかり請求されたり、時間がかかることもあるようですが、部品が出たそうです。いつまで出るのかはわかりませんが、製造中止になると出ないとは明記してありますが、他のチャイニーズ商品を売りっぱなしの出品者に比べて、その点は良心的ではないかと思います。

で、ブレイブの往復タイプのことです。

流通の経路を見直して、仕入れ価格をかなり圧縮できそうなので、ハイガー産業 さん的な売り方を採用することで、流石に税別でも 16 万は無理ですが、組立なしなら税別 24 万で送料込みは実現できそうです。

なんでも、PH-GS20 は楽天で一番売れている薪割り機だそうで、往復タイプ自体は、多くの人に受け入れられているようです。

当面は、ブレイブの 2 機種、往復タイプ 20t と、新型の縦横兼用 24t のラインナップで頑張りたいと思います。

新型の縦横兼用タイプですが、嫁ぎ先が決まり、現在はバックオーダーとなります。

使いみちのないヤフーマネーの現金化 — 机上の空論だった件

ヤフーショッピングですら使えないことがあるヤフーマネーですが、オークションである程度の金額溜まってしまいました。

そうして、ふとあることに気づきました。
きっかり出金するよりも、ギリギリ手数料が切り捨てられる額を、何回も繰り返して出金すれば手数料がセーブできるのではないか、と。

ギギギ!
そうは問屋が卸さないようです。。。

で、100 円以上だと、138 円まで手数料が 2 円です。
つまり、140 円のヤフーマネーが 138 円になります。
14 万だと、138,000 円ということで、2,000 円の手数料です。

仮に 14 万出金しようとすると、140,000 x 2.16% なので、3,024 円が手数料ですから、1,024 円節約できます。

つまり、1 回の出金作業で節約できるのはたった 1 円ということになりますね、人力でやれば。

スクリプトでやればいいんでしょうが、ボットの検出とか、当然仕込んであると思うので、すんなり行くとも思えませんし、履歴が汚染されてたりする弊害が大きすぎます。

というわけで、この計画はかなり微妙。

ていうか、もうちょっとなんとかならないんですかね、ヤフーマネー。
自社のサービスでも使えないって一体。。。