安のもの買いの銭失いじゃないけれど

去年ヤフオクで買った LED のサイドマーカー のことです。
値段が値段なので期待はしていなかったのですが、思った以上にダメダメでした。

ついたりつかなかったりで、マイナスを結線しないといけないのですが、結線してある方の固定用のネジが馬鹿になって、それで接触が安定しない状態でした。

それ以前にレンズがたった 1 年で黄ばんで変色しています。

反対側も水が入って、何発か死んでいそう。

手間を掛けて防水処理したんですが、素人工作ですので、自ずと限界はかなり低いようです。

それはそうと、今日、近所のクレーン屋のキャンターが昼を食べに行ったお好み焼き屋の駐車場にいたんですが、サイドマーカーのレンズが割れてなくなっているんですよ。
うちのと同じくらいなんですが、キャンター、レンズなんて一度も割ったことなんですが。。。
まな板も一度も割ったことはありません。

ところがどっこい、買ったコンテナシャーシですが、道具箱の中が汚いので、ゴミっぽいものを持って帰って片付けているんですが、割れたレンズが出てくる、出てくる。

左のサイドバンパーがベコベコなんですけどね、マーカー自体ちゃんとインセットしてつけてあるので、擦ろうと思ってもなかなか擦れないと思うんですが、一番後ろなら振り出して当たるってことはあるかと思うんですけどね。

こういうのを見ると、あまり高いマーカーを買っても、当てたらなぁ、という不安がよぎります。
と同時に、サイドバンパーもステンレスで綺麗に作ろうか、と思ったりもしているんですが、本職の人でも当てるってことですよね?

実際に、サイドバンパーが綺麗な海コンシャーシってあまり見ません。
自分の車じゃないから雑に扱うのか、お客さんのところがとんでもないところが多くて、どうしてもそうなるか、その辺はわかりませんけど。

それで、サイドマーカーですが、激光を使っても暗いというか、ブラケットが「コ」の字型をしているため、路面を照らす光を遮るため、路肩の状況などが確認しづらいので、真下は真下で別に照らしたほうが良いのではないか、と思って路肩灯で検索して写真のものを買ってみました。

まるでイカ釣り漁船!

とりあえず、コンテナとまな板用に各 2 本、都合 4 本です。

実際のところ、まな板はヤードで左バックをする時以外は全く必要がなく、降りてみれば済むことなので、コンテナシャーシに全部つけるかもしれませんけど。

それはそうと、びっくりの話です。

ソケットは 7 極ですから、配線の種類は 7 種類です。

  1. 白 アース(マイナス)
  2. 黒 予備
  3. 黄 左ウインカー(左側方向指示灯)
  4. 赤 ブレーキ(制動灯)
  5. 緑 右ウインカー(右方向指示灯)
  6. 茶 スモール(車幅灯・尾灯・番号灯)
  7. 青 バック(後退灯)

バックカメラをつけようと思ったんですよ。
例の WiFi の。

そうしたら、わかりますか?

電源ってないんですよ、台車には。

黒の予備はあくまでも予備です。
ヘッドから常時が来てれば、電源は取れるんですが、そうでないなら、電源はないのです。

青のバックで取ればいいんですが、WiFi の電波はバックに入れて、カメラが起動してから飛ぶわけですから、バックし始めてから iPhone を操作して WiFi を拾ってアプリを立ち上げて、ということになりますから、危なくって仕方ありません。

今度の車検時に黒の予備に常時の電源を繋ぐようにするか、ただそこまでお金をかけるのももったいない気もしないでもないので、バッテリーを使ったほうがいいんじゃないのかとも思い始めました。

12V — 24V ならマキタのリチウムイオン電池を使えば、6.0Ah なら、108Wh あるので、カメラが 5W であれば 20 時間くらい使用できるはずですから。

というわけで、今回の神戸行には間に合わないので、おいおいやっていきたいと思います。

40ft コンテナが激安 — たまにはこういう値段で落とせることがあるんだよなぁ。。。

40ft のコンテナですが、そこそこ状態が良いものが 31,000円(税込33,480円)で落とされていました。
ここまで安いものもは滅多にお目にかかれません。

安いなりに理由があって、

  • 8/12 までに引き取って
  • 中のゴミをなんとかして(人力で搬出し、指定場所に置くか、持って帰って)
  • 積み込みは手伝いません

です。

40ft コンテナは外装がコルゲート鋼板のものは、TARE, 風体で約 4t 弱あります。
これは構造が違うので、鉄がどれだけあるかわかりませんが、仮に 2t あれば、1kg 25 円なら鉄の価値だけで 5 万円ですから、くず鉄よりも安いのです。
なので、まだコンテナとして使えるものが鉄より安く落とせることはまずないので、お買い得なのは間違いないですね。

積み込みに関しては、ラフターを雇うしかないのでしょうが、10t ほどのものので一日で大体 4 万くらい、半日なら 3 万くらいできてくれると思うのです。

タイミングが合えばよかったんですが、今回は、見送りとなり、残念です。

乾燥が終わった薪の保管とかに便利かなと思うんですよね。
ちなみに、普通に業者で買うと、相場としては、税別で 28 万くらい(ヤード渡し)のようです。

ヤフオクで萌えるアイテムを見てしまった件

ヤフオクって、たまに変なものを売っているんでやめられません。

これはヤバイです。マジで欲しいです。
ちょっとボロいけど、スプロケットもそんな減ってなように見えるし、ゴム下駄もまだまだ行けそうだし、グラップル付きだし。

これさえあれば、原木を山から出すときに格段に安全で楽になります。
また、ヤード内での原木の移動、はい積みも、効率がかなり上がりそうです。

相場が全くわからないんですが、魚谷の AK シリーズが 1,000 万ほどと聞いていますので、かなり終わりかけの機械ですから、いいところ 出しても 200 万という感じでしょうか。
ただ、それだと正直、ホースまわりはすぐに修理代が掛かりそうなので、もとが取れるかはかなり微妙なところかなとも思います。

まあ、先立つものもないことですし、夏なんて売上もないわけで、50 万なら買えますけど、最低落札には届いていないようなので、後学のために、いくらで落札されるのかウォッチしたいと思います。

それはそうと、今朝、ゴミを捨てに行こうと思ったら、鉄板で擦ってサイドウォールに穴が空いて、完全死亡です。
この間交換したばかり なんですが、致し方ありません。

交換しようにも、ジャッキも十字レンチも行方不明で、台風も来てたので放置プレイです。
とりあえず、代わりのタイヤは出てきたので、それを使おうと思いますが、それにしても勿体無いことをしました。

the1234 ニャーと引っ越しセンターというか茶トラ急便というか 海コン事業部開業!?

またまた鉄くずお買い上げ〜。
トレクス 製 40ft 海上コンテナ用シャーシであります。
お値段 24 万円也。
鉄くず 27 万円号 を凌ぐ安さです。

アルミ箱はどうなったんだというツッコミが入りそうですが、あれ、リアがダンプ扉で普通の物入れとして使えないんですけど、まだ全く手付かずなのに、更に鉄くずを追加してしまいました。

もし使い物にならなかったとしても、とりあえず、自重で 4t くらいあるから 1kg 25 円として 10 万にはなると思います。
残りは勉強代ですね。

トレクスさんに電話したら、うちの近所の上陣さんで修理はできるから相談して、的な話だったので、あとはいくらかけるのか、ということが問題ですが、とりあえず、これで薪を入れるための倉庫は、コンテナを買ってくればいいだけになりました。

コンテナシャーシを手に入れたので、これが使えるなら、アルミ箱を事務所車に改造するよりも、コンテナを事務所に改造して、積み替えたほうがいいわけで、アルミ箱は売りに出そうと思います。

それと、前まわり・後まわりが OK なのは確認済みなんですが、連結検討をしないといけません。
このシャーシは連結検討が済んでいないようなので。
余計な費用がかかりますが、まあ、仕方ありません。

あと、最大の問題はいつ引き取りに行くかですかね。

さて、修理ですけど、この前の鉄くず 27 万円号ですけど、ケレンがすごく大変だったわけです。

国内でも クーレーザー という装置が出回っているようなんですが、リースできないもんでしょうか。

ウォーターサンドブラストが一番現実的かなと思うのですが。

家庭用のものの場合、動画の小さなアングルで 3 分。。。

作業しやすい面は、マルチツールであらかたやって、凹凸が激しい部分のみブラストでやるか、それか素直にセイワのエンジン式でやったほうが良さそうです。

メディアとして使うのは硅砂 5 号のようですが、30kg で、コメリだと 800 円くらいで売っていますね。
30kg でどれくらいの面積いけるのかわかりませんが、回収して使いまわそうかと思ったのですが、手間を考えると使い捨てたほうがいいですね。

どこかで見たような薪割り機

自動車も、ハンドルがあって、アクセルがあって、タイヤがあって、基本的な構造は全部同じといえば同じですし、そういう意味では、薪割り機がどれも似たり寄りったりなのも、そういうものなのかもしれませんが。。。

ヤフオクを見ていて、どこかで見たような薪割り機が売られていることに気づきました。

1 円スタートですが、即決は税別 160,000 円に設定されています。

ホンダウォーク さんが販売する PH-GS20 に酷似していていますね。
牽引用のタン → 取っ手、格納式の脚 → キャスター、エンジンをヤマハに変更といったホンダウォーク・オリジナルと思われる部分がないようです。

上記 3 点の変更や送料込み、という差があるわけですが、PH-GS20 は 店頭販売価格は税別 240,000 円と表示されていますね。楽天で新型もその値段でした。

80,000 円の価格差は、勝手な推測ですが、ハイガー産業 さんが直販であるのに対して、ホンダウォーク さんが代理店を持っていることによるものだと思います。
代理店も飯を食わないといけませんし。

北米では、こういう大陸製の一流メーカーのものでないなら、$800 してないんですよ。
Only: $749.99 だそうです。
写真も見ますか?

かなり前からこの値段ですし、買ったことはありませんが、Youtube に買った人が動画を上げています が、特に問題はないように見受けられます。

日本の薪割り機の相場、皆さんはどう感じますか?

ところで、ハイガー産業 さんですが、相変わらずやらかしているんでしょうか?
評価がかれこれです。
今から何年か前、4 年くらい前かな、あまりに評価が悲惨なことになって、リセットしていたように記憶していますが、その時に、同じ群馬のすぐ近く、1km も離れてないような感じですが、サンイチ通商という出品者が現れました。
扱っている商品も酷似していますし、代表者がチャイニーズというだけではなく、両方共、趙という名前が表示されていました。(下の名前は、別人でした)
どういう関係なんでしょう、ずっと気になっています。

facebook で聞く範囲では、売りっぱなしではない、というのは本当のようで、送料をちゃっかり請求されたり、時間がかかることもあるようですが、部品が出たそうです。いつまで出るのかはわかりませんが、製造中止になると出ないとは明記してありますが、他のチャイニーズ商品を売りっぱなしの出品者に比べて、その点は良心的ではないかと思います。

で、ブレイブの往復タイプのことです。

流通の経路を見直して、仕入れ価格をかなり圧縮できそうなので、ハイガー産業 さん的な売り方を採用することで、流石に税別でも 16 万は無理ですが、組立なしなら税別 24 万で送料込みは実現できそうです。

なんでも、PH-GS20 は楽天で一番売れている薪割り機だそうで、往復タイプ自体は、多くの人に受け入れられているようです。

当面は、ブレイブの 2 機種、往復タイプ 20t と、新型の縦横兼用 24t のラインナップで頑張りたいと思います。

新型の縦横兼用タイプですが、嫁ぎ先が決まり、現在はバックオーダーとなります。

使いみちのないヤフーマネーの現金化 — 机上の空論だった件

ヤフーショッピングですら使えないことがあるヤフーマネーですが、オークションである程度の金額溜まってしまいました。

そうして、ふとあることに気づきました。
きっかり出金するよりも、ギリギリ手数料が切り捨てられる額を、何回も繰り返して出金すれば手数料がセーブできるのではないか、と。

ギギギ!
そうは問屋が卸さないようです。。。

で、100 円以上だと、138 円まで手数料が 2 円です。
つまり、140 円のヤフーマネーが 138 円になります。
14 万だと、138,000 円ということで、2,000 円の手数料です。

仮に 14 万出金しようとすると、140,000 x 2.16% なので、3,024 円が手数料ですから、1,024 円節約できます。

つまり、1 回の出金作業で節約できるのはたった 1 円ということになりますね、人力でやれば。

スクリプトでやればいいんでしょうが、ボットの検出とか、当然仕込んであると思うので、すんなり行くとも思えませんし、履歴が汚染されてたりする弊害が大きすぎます。

というわけで、この計画はかなり微妙。

ていうか、もうちょっとなんとかならないんですかね、ヤフーマネー。
自社のサービスでも使えないって一体。。。

20′ コンテナ用テント

今、薪ヤードで使っているかまぼこ型テントと同じメーカーの、コンテナ用のテントが安売りしています。

実は、かまぼこ型のも安売りのものを買ったんですが、特に問題はありませんでした。
テント自体の耐用年数は未知数ですが、まあ、MADE IN CHINA なので、数年、ということろであることは確かでしょう。
テント自体は、安価ではないのですが、それほど高価でもない、といったところです。

このテントのいいところは、幅が 6m あることで、商品説明の写真を見ると、連結部分から多少は雨が入るでしょうが、コンテナを複数設置して、長い屋根をかけることができるので、例えば、写真そのもののように 40′ + 20′ なら奥行きが 18.3m ほどの屋根を簡単にかけることができますね。

まあ、ビニールハウスの骨を使わずに山に転がしてある状態なので、これを使ってポリカでかければ、最初は手間はかかりますが、その後の持ちは、こっちのほうがいいとも思うのですが、いかんせん借地なので、さっと撤収できる、というのが重要です。

まだ、20′ コンテナ自体 1 本しか持ってないし、10 万以下ではなかなかでないので、根気よくコンテナを集めて、それから考えたいと思います。

1 円売り切り出品と通関の準備と台風が直撃っぽい件

昨日書いた 1 円オークションですが、新しく FISKARS X27 薪割り斧 を出品しています。

まあ、即決でも、普通にそこそこの値段なので、大抵はお得に落とせるのではと思います。

LCC3 コンボクッカー も再度出品しています。
これからのシーズンに活躍が期待できる人気の定番アイテムで、新品でわけありでないものでしたら、おそらく日本一安いと思います。大体 5,000 — 6,000 円くらいで落とされています。

1 円オークションで売ると、世間の相場観、というのがわかって面白いですね。
まあ、出品する側としては、需要が少ないものは本当に 1 円で落とされるリスクが有るわけですから、人気があり、需要も旺盛な定番中の定番アイテムか、あるいは、ガラクタでないとなかなか怖いものがありますが。
毎年、シーズンに入ると、急速に売れ始めるので、シーズン前の今だけのお遊びですね。

それと、I さんに頼まれている薪割り機の件ですが、昨日、ついに A/N が届きました。
まあ、ここまでは予定通り。

今回は六甲アイランドなので、担当の税関も変わります。
松山まで保税陸送しようかと思ったんですが、担保の供託が必要、ということでかったるすぎるので、六甲アイランドでがんばります。

とりあえず、税関には電話をして、packing list だの invoice だの、荷姿だのは FAX しておきました。

今回の荷物は、ブレイブの新型の縦横兼用タイプが 2 台、横型往復タイプが 1 台、それと、修理用の部品類です。

ブレイブ社の梱包はコンパクトなので、容積はわずか 2.86m3 で、輸入の経費が節約できます。
とはいえ、海上運賃なんて m3 あたり、主要な航路では $100 とか、$120 とかなんですよ。
松山港でも、$200 もはしません。
まあ、loding などのコストも、m3 あたりいくら、という感じでかかってくるので、やはりコンパクトであるに越したことはありませんが。

ETA 9/19 なのですが、デバンがいつになるのか、祭典が 22 日にあるので、前日の 21 日に通関できるなら、配達の帰りに通関して持って帰りたいところです。

問題は、エア漏れの修理が昨日終わっていない件と、台風が直撃っぽく、状況の日程とまんま重なって、台風と同時に東京方面に向かうことになるんで、危なすぎるんじゃないのか、という問題です。

ただ、このタイミングを逃すと、秋祭りの準備などがあって、神戸までは行けても、関東まで行く時間をとることができなくなって、パレットやコンテナなどの引取に支障が出てしまいます。

台風の影響が少ないことを祈るばかりです。

ドコモをお使いの方へ 500 円引きクーポン配布中です

STORES.jp でドコモケータイ支払いをご利用の場合、 ¥2,500以上の購入時に、「docomo1708」というクーポンコードを入力頂きますと 500 円割引となります。
9 月末日まで有効です。

ぜひご利用ください。

また、ヤフーオークションで、薪ストーブ用品の 1 円オークションを開催中です。

現在は、ロッジ コンボクッカーですが、色々なアイテムを出品していきます。

ヤフオクの会員の方は、是非ご参加ください。

欲しすぎる台車が出品!先立つものはないので指をくわえて見てるだけという悲しい現実

ニワトリとタマゴのような話です。

まだ、重トレで運ばないといけないような重機は持っていません。
というか、重トレを持っていないので、そういう重機を買うことを思いつかない、というべきでしょう。

そういう意味では、重トレを買わないと始まらないわけですよ。

ただまあ、個人が重トレを買うのか、それもステア台車を、ってことなんですが、ヤードが狭いので、ステアリング機能がないと曲がっていけません。

それと、もう年なので、ヘッドよりも幅がある台車を運転するのは辛いし、.7 を山で使うことがあるのか、というと実際問題大きすぎるわけで、.25 だと取り回しはいいけど、今からだと .4 くらいがちょうどいいと思うわけです。
アタッチメントなどを含めると、14t くらいになると思うので、この台車はまさにおあつらえ向きといえるんですよね。

値段も、160 万と安いのです。
でも、その 160 万がない。。。

まあ、160 万がないわけですから、グラップルソー付きの .4 は、中古なんて出てこないので新車で買うしかないんでしょうが、これはゼロが一つ増えるレベルなので、当然、そんなお金もないわけです。

というわけで、当然見送り。。。

そんなこんなで、薪の生産に必要なパレットをシコシコ落札して、お茶を濁しているのでありました。

というのも、トマトハウス乾燥そのものについては、非常に良好なのですが、地面からの湿気の影響は大きく、下のほうが痛んでいて、歩留まりが上がりません。

K さんに相談したところ、パレットを 2 枚にするだけで劇的に完全しますよ、とアドバイスをもらいました。

木パレットはすぐに痛むし、腐ってばらばらになると釘が残ってパンクするといけないので、今後は極力樹脂に切り替えていこうと思っています。

1 枚 800 円、三甲製(日本製)で、ちょっと弱いんですが、半年に一度程度しか動かさないので、それほど丈夫である必要もなく、軽くて安いほうがいいかなと思って、チョイスしてみました。