Strapack AS-323

毎度のヤフオクです。

おすすめ商品に Strapack AS-323 が表示されました。
徳島で 18 万と 20 万とで売りに出されているんですよ。
パット見とてもきれい。

無在庫転売厨や、古風なところではメーカ直送(単にメーカーにオーダーを入れるだけで中抜きする連中)であるとかでないなら、いわゆるセドラーでさえ、自分で在庫を仕入れて、梱包するなりして、商品化する仕事くらいはしなければいけないわけです。
うちの場合、悪くいえば転売厨ですが、良くいえば小さいながら輸入商社、流通業そのものです。

10% くらい利益を預からせていただきたいところなのですが、一つの商品が仮に 10,000 円だとしても、1,000 円の粗利が残るといいねというレベルで、トラックの維持費だけでも 30 万円くらいはかかるわけですから、将来的にはペイするには 300 ケースは月間梱包しないといけません。
実際には 1,000 円とか、そういう低価格のアイテムもあるわけで、平均すると単価はせいぜい 4,000 – 5,000 円くらいです。

まあ、平たくいうと、維持費は取れていませんから、そんなに梱包していないので、人力でなんとかなっているわけですが。。。
そのうちなんとかしないといけないと思っている部分なんです。

それで、AS-323 がどんな機械かが気になったので youtube を見てみたんですが。。。

なんということでしょう~♪
いろんな梱包マシーンたちが紹介されています。

全自動の梱包機の威力を思い知りました。
まあ、かなりの値段するのと、半自動でもそれほど困っているわけではないので、これはまあいいとしてですよ。

T-55, やばくないですか?

農家のように、同じ大きさのケースばかりを大量に作る場合にはいいのかもしれませんけど、雑貨の場合、多いものでも数十個、AmazonFBA の場合、保管料が発生する(発生しないこともある)ので、売れる文+αで少量づつ、多品目を納品=梱包しないといけませんから、T-55 のようにカートンのサイズに自動で調整して封緘してくれるのはとても楽でよろしいですし、何よりもコンパクトなのがいい。

あとは、小物の梱包用にシュリンカー(シュリンク梱包機)も欲しいんですよ。。。
8,000 円で出てて悩んでます。

まあ、そんなこんなで、萌え萌えしつつ、通関等の書類を作り終えてチェックも終わりました。
夕方には神戸に向かいたいと思います。
せっかく片付きかけた倉庫も、また商品で溢れかえってしまいます。。。
死なない程度に頑張りたいと思います。

それはそうと、その 1。
今お店では Paypal 支払いで 500 円 off というセールをしています。
2,500 円以上のお買い物で、お一人様 1 回、500 円割引となります!

paypal1906

上記コードを入力してください。
クーポンの利用可能期間は、2019/06/10 〜2019/06/24 となっています。

たとえば。。。昨日処分すると言っていた ESPEGARD 薪ネット は割引後は 2,000 円(税・送料込)となります。

大人気のスキレット LODGE L8SK3 や、スクエアグリルパン L8SGP3 は 10% off に加えて 500 円 off で、3,100 円(税・送料込)となります。

ヨドバシ価格は、¥4,750 475ポイント(10%還元) と、¥6,480 648ポイント(10%還元)ですから、ウチとは全く勝負になりません。
米国直輸入で圧倒的な安さを実現しています。
Hearth & Home 暖炉家(だんろや)LOGDE のクッキングウエア、一つよろしくおねがいします。

それはそうと、それ 2。
ETC マイレージ というものを知りました。

特大車の場合、瀬戸大橋の最低の区間、坂出北〜児島でも 4,760 円もするんです。平日割引でです。
距離にすると、たったの 15.9km なんですが、いくらケチでも海の上を走ることはできませんので、ここだけは仕方ありません。
往復になると、4,760 x 2 = 9,520 円ですから、毎回 1,000 円くらいの節約になるようです。
年間で 1 万円ほどでしょうか。

早速登録しようと思ったんですが、ETC 車載器の番号がわからないのです。
パット見たところ、機械には表示されてないので、固定されている面に記載されているんだろうと思うんですが、がっちりくっついていて確認できません。
音声で確認する機能があるものもあるということなんで、あとでいろいろボタンを押してみたいと思います。

知らないと損をすることがいっぱいあるようです。

倉庫の大掃除で出る不要物の処分

昨日神社の倉庫(というか、車庫)を片付けしたんですが、そしたら未使用の 薪ネット がでてきました。
5 枚組が 7 セットなので、35m3 分です。

薪ネット は詳細は過去記事を見ていただくとして、積むことが難しいいわゆるコロ薪を乾燥する際に筒状のネットに入れて崩れないように保管しましょ的なアイテムです。

このネットですが、いわゆるウッドバッグ的なものよりも圧倒的に安価だったんですが、いろいろな事情があって輸入することが難しい状態になったこと、ワンウェイ用の通気性を有するフレコンがそれなりの価格で入手できるようになったこと(こちらは吊り上げ可能)、乾燥機を導入するので乾燥のために保管する必要がないこと、などから継続して販売することができず、自分で使用することももうないため、処分しようと思います。

長期保管していたので、汚れが付着していますが、直射日光の当たらない暗所なので、UV による劣化はほぼありません。
使用目的と照らし合わせると、汚れていても差し障りはないと判断しますが、希望される方はご連絡ください。
昔の販売価格は @700 円 + 送料 200 円くらいだったと思うので、4,500 円くらいのものだったと思うのですが、送料込みで 1 枚 500 円、5 枚セットで 2,500 円くらいにしたいと思います。

自宅の倉庫(車庫)の方ですが、こちらには古い木工機械がいくつかあるんですが、一番大きなのがこれ、500mm の自動かんな盤です。
今は 3 相が来ていないので、動作確認はしてないんですが、700kg ほどあるものです。
和田商店も廃業してしまってますし。。。
新品を買ったらそこそこすると思うので、器用な DIYer さんには良いものだと思います。

他にも手押しのかんな盤、ほぞとりが 2 台などなど、まあまあ、場所を食っています。

順次、ヤフオクデビューさせたいと思います。

今日は大型商品を KIX2 へ 2 パレット 150kg の出荷でした。

神戸引取は、本当は夕方出発するつもりだったんですが、朝からお腹が痛いのです。
急降下爆撃機という状態ではないんですが、なんせどこでも止まれないので、ちょっと危険かなということで一日延期です。

松山港の方も予定通りで、13 日過ぎにはデバンする旨連絡があったので、13 日午後か、14 日午前中には搬入されて確認が取れると思うので、こちらも今週中に処理して、納品まで持っていきたいと思います。

ボチボチ頑張ります。

半自動梱包機を落札

毎度のヤフオクです。

あったらいいな、でも、新品を買うほどでもないな、と思っていた半自動梱包機ですが、ヤフオクで 5,000 円(税込み 5,400 円)で、送料がとても安いので、お店をチェックすると市内なので、思わず落札しました。

まあ、修理できたら儲けもの、位の感覚。
動いてくれたら、梱包が楽になるんですけどね。

今日は、MonotaRO から PB が 15% off のお知らせが来ていたので、PP バンドを買おうと思います。

午前中、早速引き取りに行きました。

その後、午後から雨の予報だったので、薪作業の続きをやっていたんですが、予報通り 1 時過ぎから降り出して、ご飯を食べている間に上がるかな、と思ったんですが、ダメダメだったので、撤収です。

家に帰ったら 15 時だったんですが、おにゃー様を抱っこしていたら寝てしまって、今になったという状態。

それはそうと、6/6 に神戸入港分のアライバルが届きました。
来週くらい引き取りに行きたいと思います。

それで、前回、楽しみにしていた フォークリフトの高所作業カゴ ですが、なんと積まれていなかったんですよ。
調べたら今度のコンテナに積んであるようなんです。

税関に電話をして、事情を説明すると、もう修正できないから、税金はもう一回払ってください、ってなことになって、ものは来ないし、余分な費用は発生するしで、大損害です。

とはいえ、済んだことをゴニョゴニョ言っても始まらないし、そもそも論として、メリケンは大雑把なわけで、その割には事故が少ないので、まあ、こういう損害も織り込んでおかないといけない、ということでしょう。

その上で、少しでもミスを事前に察知できるような仕組みをこちら側で構築していくしかないかなと思うのです。

あと、そういう作業でいえば、食品衛生法関連の書類作りもかなり面倒くさいので、これもスクリプトで自動化しようと思います。
毎月のことですから。

6 号のカラーが取れました

6 号ですが、長らく足の怪我が治らなかったため、カラーを付けていたんですが、ここ数日で劇的に良くなって、ついにカラーを卒業することができました。

元気もりもり、狼藉放題。

午前中は、雑貨の出荷をしようと思ったんですが、この前買った Deco M4 なんですが、WPS ボタンがなくて、M5 あたりだとファームウエアのアップデートで対応していると書いてあったんですけど、M4 がどうなのか、対応しているならどう操作するのか、全くわからなくて困りました。
丸太小屋の方のネットワークの調子が悪くて、MacBook がすんなりつながらないのです。
結局、ラベルプリンタを有線でつないで、Web でログインして、ネットワークの設定を書き換えて WiFi で繋いで、そんなくだらない作業で 1 時間も無駄にしてしまいました。

午後は、キャンターの希望ナンバーの交付があったので、運輸局にナンバーの交換に行きました。
今回も 1234 です。
the 1234, ニャーと引越センター。

その後夕方まで、コロ薪とかの形が悪いものを袋詰したり、あと、ボックスを設置したりで一日が終わってしまいました。

本当は、多少なりとも原木の選別をして、薪製造機で処理しておきたかったんですが、チェンオイルがうまくさせていないようで、ダダ漏れになってしまいました。
修理してからでないと作業は難しそうです。

それと、作動油冷却用のオイルクーラーを取り付けたんですが、廃車からももぎ取ったファンを駆動するため、太陽電池でこれまた廃車からもぎ取ったバッテリーを充電しようと思うのですが、肝心のチャーコンが行方不明なのです。

ヤフオクで、恐ろしく安く売っているので落札してみました。
お値段たったの 280 円!

20A なので、12V なら 240W まで、ということでしょうかね。
配線は見てのとおりだと思うのです。
Load の部分もわざわざここにつなげるということは、必然的に電圧が下がると出力をカットしてくれるんだろうと期待しているんですが。。。
まあ、280 円なんで、過度の期待は禁物でしょう。

それ以前に動くんでしょうかね。

明日はお宮仕事を頑張りたいと思います。
一応、神主が本業なので。

dyson のキャニスター型も落札しました

この間落札した dyson V10 が調子が良いので、おニャー様用にキャニスター型も落札してみました。

早速掃除しまくりましたが、取れる取れる!
謎の粉が取れまくりです。
もちろん、おニャー様の抜け毛もいい感じに取れます。

お宮にも持っていって掃除してみました。
パワーは有るんだけど、やはりちょっと重たいですね。
持ち運ぶのが面倒だから、それぞれに置いておきたいと思います。

こうなると気になるのが dyson のロボット掃除機 です。
まあ、値段も値段なんで、minimaru が壊れてから考えますか。

午後は、大型商品の検品・梱包、そして、納品をしました。
3 日連続で納品して、少しは減ったような、あまり変わらないような、微妙なところです。
そうこうしているうちに次の船は 5/8 神戸入港ですし、また、荷物が増えてしまいます。

明日は、兼務社の春祭りです。
ボチボチ頑張ります。

Dyson V10 を落札してみた件

ヤフオクのスクラッチで 10% が当たったので、気分が大きくなって Dyson V10 を落札しました。
42,000 円でしたが、10% といっても上限が 2,000 円なので、40,000 円、ということです。
V11 がでているわけですが、価格差が 3 万くらいあるので、V10 でいいかなと。

マキソン ですけど、残念なことに、猫砂の粒を吸う力がないのですよ。
あれはあれで、便利なんですけど。

これでどれくらいおニャー様の毛が取れるのかが気になります。
車のシートとか、知らない間に毛が付いてしまっています。
トラックのベッドとかも、ミニブラシで掃除したいですし、今から楽しみです。

それはそうと、旧商品の FISKARS の斧を 30% off セール中です。
X15 は、旧デザインとなります。
それ以外の黒いタイプは、旧デザインの後に発売され、現在のラインナップに吸収された感じがする商品ですが、まだ売られているので、旧商品とまでは言えませんが、あまりにバリエーションが増えたので、正直、整理したいというところなのです。
デザインの差異であり、機能的には(ほぼほぼ)同じなので、まあまあ、お買い得だと思います。

ヤフオクで出品が取り消されてしまいました

一昨日のことなんですが、ヤフオクで出品しているものがすべて取り消されてしまっていて、何事かと思ったんですが、新たに出品することもできなくなっているんです。

以前、ヤフーショッピングでも同じような状態になったんですが、その時は理由の開示はありませんでしたし、出品は二度とさせません、ということで、そのままになっています。
うちは、ストアとして規模(年間 1,000 万円以上売り上げる)を満たしていませんから、ストアに移行することはできません。

Q & A を見ると、今回のようなケースでは問い合わせに応じないということになっているのですが、何のことやらさっぱりわからないので、ダメ元で問い合わせを行いました。

そうしたところ、規約に違反している疑いがある、ということで停止した、というのです。

具体的には、ストアでない普通の出品者の場合、手元にない商品の出品が禁止されているのですが、高額な薪割り機や薪ストーブを本当に在庫しているのか、という疑いがかかったようです。
それで、オークション ID とともに在庫を写真で提出してほしい、という話になったわけで、こうやってシールを張って写真を撮ったわけです。

よくいえばパトロールが機能しているということなんでしょうが、実際のところ、「ギフト」が Amazon から届いたりすることもあるわけですし、北米でも Amazon で買ったのに、なぜか Walmart から「ギフト」が届いたりしていたこともあります。

ヤフオクに限らず、実際のところはいたちごっこなんだろうなと思います。

Amazon.co.jp のセラーフォーラムを見ると、こういう無在庫転売屋について喧々囂々やっていたりするわけです。
転売屋だろうとなんだろうと、商品が売れて文句はないだろうという人と、不快感を示す人がいるわけです。

ヤフオクの場合は、ストアはさておき、個人の出品の場合には明確なルール違反です。

まあ、今回は、在庫があることは証明したわけですから、あとはヤフーがどう判断するか、ということでしょう。
複数チャンネルでまたがっているといことですが、オークションは 1 点のみの出品でその分は予め他のチャンネルの在庫数からは引いてあるので、ダブルブッキングすることはないはずなんですけどね、まあ、手動なので、完璧ではないので、そのへんのことも正直に告知しておきました。

こういう事態に至った原因ですが、違反商品の申告というのができるのですが、そういう申告があったのだと思います。
一応こちらにも違反申告がありましたよ、という告知が来るんですけど、大抵は言いがかりみたいなものですから、およそまともに相手にする必要はありませんが、今回のように停止になると、やましいことがないわけですから、なおさら面倒くさいのです。

李下に冠を正さず、という言葉がありますが、あらぬ疑いをかけられないよう出品の説明を丁寧にすることが大切であると感じました。

実際のところ、ヤフオクは今となっては売れるチャンネルではないですが、個人的には、売り手と買い手とが対等である点をはじめて、独特の雰囲気が好きなんで続けているんですが、お店のプラットフォームとしては、Amazon に移行していて、結果が出つつあるので、ヤフオクの優先度はどんどん下がっていくと思います。

最終的には、やはり、自前のお店が作れるといいなと思いました。

素敵だなと思ってインスパイヤされたノータッチ反転バケット

素敵だな と思って インスパイヤ される出品物にであってしまいました。

いや、タイトルのネタ、気がつけば 15 年も前のことでした。
ほとんどの人に通じない気がするんですが、個人的にはツボった表現です。
のまのまイェイ!

それはさておき、本題です。

まあ、見てのとおりですよ。

少し前に誰かも言ってた記憶がありますが、メッシュパレットからの排出って意外と大変なんです。
それで楽な方法はないものかと思っているわけです。

なんでかっていうと、乾燥機が可動しはじめると、メッシュパレットに入れて乾燥させようと思っているのですが、その後の工程で排出しないといけませんし、もしかしたら、そのまま配達するかも知れません。
ヤードで作業する時は、ヒンジでやったり、ゆくゆくは回転フォークを入れようとは思っているんで、どうにでもなるんですけど、ユニックで配達に行ったとして、カゴを傷めず楽に排出したいわけです。

似たような構造は考えていたのですが、ノータッチは思いつきませんでしたので、目からウロコです。

金城(金属の方)に金属くずを持って行った時、うちの台形のバッカンの排出ができるフォークがいないし、1.5m3 も滅多なことでは溜まらないので、これくらいの小さなガラ入れがあってもいいんじゃないかと思うのです。

値段がちょっと高いし、運賃もかかるので、作ったほうが安い気はするんですが、アイデア自体は、覚えておこうと思います。
まあ、覚えてられない可能性が濃厚なだから、こうして書いているわけですが。。。

ジャンク品のコーンスプリッタが落札された件

しばらく前からヤフオクにジャックとして出品していた壊れたコーンスプリッタが落札されました。
落札額は、36,450 円です。
一割弱抜かれるし、発送のための作業もあるので、3 万円程度回収できた、というところでしょうか。

当初は梱包の手間がかなり掛かるため、ラクラク家財便で送ります、ということで出品していたのですが、パレットごと重さをはかると 200kg ほどあるのです。
コーンは手で持った感じ 30kg くらいしかないので、本体が 100kg を少し超えていることは明らかです。
ラクラク家財便は 100kg を超えると割増料金がかかってしまうんですよね。。。
両端で 10,000 円ずつかかるので、落札金額を考えるとちょっとない運賃ですので、パレットで送ることにしました。
後は針金でもで固定して終了ですが、パレット込みで 150kg くらいになりましたので、10,000 円程度で京都まで送れるのではと思っています。

まあ、これで、倉庫から 1 パレットなくなるので、ほんの少しでも片付くかなというところです。

今日は、カナダ便の B/L が届いて、目を皿のようにして確認したんですが、ETA も ETD も書いてないんですよ。
本船は OOCL New York, 航海番号は 052W で検索すると、CY カットが 28 日で、ETD が 2/2, ETA BUSAN 2/19 となっていました。
接続はすんなりいかないに 100 ウォンかけてもいい感じで、2 月末、下手をすると 3 月頭くらいまでずれ込む予感がします。
4m3 位と大した量じゃないんですが、まあ、それでも捌く場所は必要なので、ボチボチ倉庫は整理したいところです。

それで、コーンスプリッタのコーンですが、どういうふうに再利用するのか、という話を落札してくださった方としたんですが、あくまでも個人的にはやはりユンボのアタッチメントが一番良いとは思うんです。

前にも書いた んですが、フォークリフトを使うアイデアも悪くはないと思うんです。
ただ、リフトってのは、押さえることはできないので、ウエイトが必要だとは思いますけど。

そして、写真のような平らな地面だとくるくる原木が回ってしまうので、現実問題、穴を掘って、棒を立ててくるくる回らないようにするなり、V 字型の溝のあるコイル運搬台車のような作業スペースを作って、原木をそこに落として作業するとか、勢いがついて回った原木が弾けとだり、自分自身や機体に衝突するという事故を想定しておかないといけません。

人力でやる場合は、基本的には相当危ない と思うんで、安全については、考えすぎなくらい、考えてほしいと思います。

これも、何度言ったことかはわかりませんが、JAPA 100 のような安全に割れる工夫はとても大切だと思います。

安のもの買いの銭失いじゃないけれど

去年ヤフオクで買った LED のサイドマーカー のことです。
値段が値段なので期待はしていなかったのですが、思った以上にダメダメでした。

ついたりつかなかったりで、マイナスを結線しないといけないのですが、結線してある方の固定用のネジが馬鹿になって、それで接触が安定しない状態でした。

それ以前にレンズがたった 1 年で黄ばんで変色しています。

反対側も水が入って、何発か死んでいそう。

手間を掛けて防水処理したんですが、素人工作ですので、自ずと限界はかなり低いようです。

それはそうと、今日、近所のクレーン屋のキャンターが昼を食べに行ったお好み焼き屋の駐車場にいたんですが、サイドマーカーのレンズが割れてなくなっているんですよ。
うちのと同じくらいなんですが、キャンター、レンズなんて一度も割ったことなんですが。。。
まな板も一度も割ったことはありません。

ところがどっこい、買ったコンテナシャーシですが、道具箱の中が汚いので、ゴミっぽいものを持って帰って片付けているんですが、割れたレンズが出てくる、出てくる。

左のサイドバンパーがベコベコなんですけどね、マーカー自体ちゃんとインセットしてつけてあるので、擦ろうと思ってもなかなか擦れないと思うんですが、一番後ろなら振り出して当たるってことはあるかと思うんですけどね。

こういうのを見ると、あまり高いマーカーを買っても、当てたらなぁ、という不安がよぎります。
と同時に、サイドバンパーもステンレスで綺麗に作ろうか、と思ったりもしているんですが、本職の人でも当てるってことですよね?

実際に、サイドバンパーが綺麗な海コンシャーシってあまり見ません。
自分の車じゃないから雑に扱うのか、お客さんのところがとんでもないところが多くて、どうしてもそうなるか、その辺はわかりませんけど。

それで、サイドマーカーですが、激光を使っても暗いというか、ブラケットが「コ」の字型をしているため、路面を照らす光を遮るため、路肩の状況などが確認しづらいので、真下は真下で別に照らしたほうが良いのではないか、と思って路肩灯で検索して写真のものを買ってみました。

まるでイカ釣り漁船!

とりあえず、コンテナとまな板用に各 2 本、都合 4 本です。

実際のところ、まな板はヤードで左バックをする時以外は全く必要がなく、降りてみれば済むことなので、コンテナシャーシに全部つけるかもしれませんけど。

それはそうと、びっくりの話です。

ソケットは 7 極ですから、配線の種類は 7 種類です。

  1. 白 アース(マイナス)
  2. 黒 予備
  3. 黄 左ウインカー(左側方向指示灯)
  4. 赤 ブレーキ(制動灯)
  5. 緑 右ウインカー(右方向指示灯)
  6. 茶 スモール(車幅灯・尾灯・番号灯)
  7. 青 バック(後退灯)

バックカメラをつけようと思ったんですよ。
例の WiFi の。

そうしたら、わかりますか?

電源ってないんですよ、台車には。

黒の予備はあくまでも予備です。
ヘッドから常時が来てれば、電源は取れるんですが、そうでないなら、電源はないのです。

青のバックで取ればいいんですが、WiFi の電波はバックに入れて、カメラが起動してから飛ぶわけですから、バックし始めてから iPhone を操作して WiFi を拾ってアプリを立ち上げて、ということになりますから、危なくって仕方ありません。

今度の車検時に黒の予備に常時の電源を繋ぐようにするか、ただそこまでお金をかけるのももったいない気もしないでもないので、バッテリーを使ったほうがいいんじゃないのかとも思い始めました。

12V — 24V ならマキタのリチウムイオン電池を使えば、6.0Ah なら、108Wh あるので、カメラが 5W であれば 20 時間くらい使用できるはずですから。

というわけで、今回の神戸行には間に合わないので、おいおいやっていきたいと思います。