積み込みの準備

今日は、朝方は雨だったんですが、FBA 納品のための梱包作業なんかをやりました。

昼からは、予報通り天気になったので、コンテナシャーシを回送して、20ft コンテナを積んだまな板を第 1 ヤードに持って帰りました。
もうすっかり春で、山では 1 本だけ、桜が咲いていました。
ほかもだいぶ蕾がほころんでいて、薪ストーブのシーズンの終わりを告げているようです。

明日は積み込みをして、明後日には、配達, ウォーキーを引き取り、月曜日には、通関・引取を済ませたいと思います。
ボチボチ頑張っていこうと思います。

それはそうと、ついにバックカメラを取り付けました。
全く見えなかった真後ろが見えるようになったので、バックの時、かなり安心になりました。

ガイドラインですが、設定しようと思ったんですが、どうも、箱車の上の方につける前提のようで、補正をマックスにしてもダメダメでした。
コンテナシャーシですが、シャーシにつけるんじゃなくて、コンテナに付けたほうが良さげです。

ラインですが、ないとやはり分かりづらいんですが、透明な下敷きでも 100 均で買って、マジックでラインを引いたものをモニタの前にかぶせる式にしようかと思いました。
台車によって、ラインが変わるわけですから。

カメラケーブルの取り回しがいまいちなので、これも時間ができたら修正しないとなんですが、まあ、先にコンテナにカメラを付けることをやったほうが良さそうです。

動画だとミラーを戻すときに、後方をどうやって確認したのかわかりませんが、トレーラヘッドには、後ろに窓がありませんし、左後ろを確認できる窓はありません。
下のモニタは、左にミラーを畳んだときに、左後ろを確認するために使っています。
その上で、交差点に入ったら、少し右に折って、ミラーが出っ張らない状態になってから戻すようにしているんですが。

箱にはサラウンドビューを付けたらとも思っているのですが、まあ、おいおい考えたいと思います。

引っ越しと 20ft コンテナ

車検も終わっていたので、まな板台車を引き取りました。
そして、引っ越しをしました。

まずはアルミ箱を積み込んで。。。

すぐ隣なんですけど、移動しました。
そんだけ。

それで、乾燥機用にと買った 20ft コンテナですが、自作しないことにしたので、不要になりました。
まあ、今売っても 5 年後に売っても、腐って大きな穴でも開かない限り、大差はないんでしょうし、鉄の値段は残り続けるので、いま売る必要もないんですが、使う当てがなくなったので、売れたら売ろうということで、ヤフオクに出してみました。

売れたら売れたで、売れなければ、物置として使おうと思うんですが、その時は最低限の補修はしないとですね。

そういう意味では、ATO のボイラーも不要になったし、エロフィン管もいらないといえば、そうなんですが。。。
まあ、いつかなんかの役には立つでしょう。

明日は、祝日で駐車場が広いので、積込みのためにコンテナシャーシを回送して、代わりにまな板を第 1 ヤードに持って帰ろうと思います。
午前中は天気予報的に微妙なので、午後からのほうがいいのかなとか思ったりもするんですが。

明後日に積み込みを行って、配達と輸入済みの貨物の引き取りに行きたいと思います。

Home Depot で見かけたトラックマウントのラッシング

Home Depot で見かけたトラックマウントのラッシングについてちょっと調べてみました。

まずベルト自体は、4″ x 30′ が一般的なサイズのようです。

2 本セットで、$28.05 です。

  • TWO 4″ x 30′ CARGO TIE-DOWN WINCH STRAPS ideal for flatbed trailer loads. Please NOTE: Ratchet is NOT included.
  • Made out of DURABLE YELLOW POLYESTER WEBBING that doesn’t absorb moisture, shrink, or stretch, resisting mold and mildew growth and INCREASING THEIR RELIABILITY & LIFESPAN.
  • HARDY BLACK STEEL FLAT HOOK end fitting attachments are awesomely easy to use and dependable. They have inside defenders to avoid cutting the strap webbing that is sewn around them.
  • Each strap has an assembly break strength of 16,500 pounds and a SAFE WORKING LOAD LIMIT OF 5,500 POUNDS.
  • DC Cargo Mall is the USA-based manufacturer and only authorized seller of these sturdy flatbed straps.

ということなので、耐荷重的には 5,500 POUNDS = 2.75t といったところ。

巻き取る本体は、いろいろバリエーションがあるようですが、無難なものはこれ。

4 台組で、こちらは 1 台 $16 といったところです。

  • Lot of 4 Brand New Weld-On Winches
  • Load securement is faster, easier, and safer
  • Use with 2″, 3″, or 4″ Straps
  • 6,000 LB working load
  • Meets DOT Requirements

4″ まで使えて、これは溶接するタイプで、耐荷重は 3t ですので、上のベルトに適合しますね。

それでこれをどうやって巻き取るのかというと、

を使えということのようです。(Amazon がそうサジェストするんですけど、適合するかは知りません)

でもなあ、だいぶ巻き取らないといけない時にこんな棒でちまちやってたらだるくて仕方ないと思ったんですが、そういうときは別の棒を使うようです。

それなりにスペースがいりそうです。

あと、角あてですが、これはとても良さそうです。

理由はいくつかあるんですが、まず、樹脂である点。
そして、もう一つはベルトを通すタイプだという点です。
どちらもとても重要だと思うのです。

理由を説明すると、荷物は走れば基本的に緩んでくるんですが、トレーラーともなると、頻繁に止まって固縛状況確認して締め直すことがなかなかできません。
駐車できる場所がそもそも少ないからなんですが。
つまり、多少緩むことがあるんです。

そうなるとどうなるかというと、角あてが脱落することがある、ということです。

もし、金属製の角あてなら、後続のトラックが踏めばタイヤがパンクしてしまうかも知れませんが、樹脂なら落としていい、ということはありませんが、金属よりも危険が軽減されるのではと思うわけです。
かつ、ベルトに通すタイプなら、脱落しても、ラッシングベルト自体が脱落しなければ、角あてが脱落することもありません。

過去、角あてが脱落して、それによりラッシングベルトが角で擦れて破断して、本体(金属製)が脱落仕掛けたことがありました。
まな板だと、箱と違い、物が落ちる可能性が極めて高いので、常に注意を払わないといけないと思うんです。

そういう意味でも、巻取り側はトラックに溶接してあるわけで、ここは脱落とかの心配がなくなりますし、原木のように積むものが大体決まっている場合には、便利でよろしいのではないかと思いました。

ラッシング用のベルトについてですが、結局の所、写真のように巻き取って保存しておくのが良いのか、それとも、通常は取外いておいて、固縛する際にベルトを通して締め付けるのが良いのか、というのはわかりません。

まあ、たちまち、どうしても必要、というものではないので、おいおい考えたいと思います。

Home Depot!!!

おはようございます。
今は朝の 6 時ですが、今日はいよいよ帰国です。
昨日寄ったのは、Home Depot でした。

店のチョイスは単に Blue Line からのアクセスが良い、というそれだけの理由です。
もっと巨大な郊外のに行きたかった気もするんですが。。。

駐車場にナイスなトラックたちが止まっていました。
Truck Mounted Forklift は HIAB の Moffett ですよ。

まな板には、固縛用のラッシングが取り付けてありました。
便利そう。
空気で増し締めしてくれる ExTe のTU テンショナー ってアイテムもあるようなんですが、多分高くてお話にならないと思うので、これをパーツで輸入すれば、かなり楽ができるんじゃないかと思うんですよ。

あと、ナックルブームクレーン付きもいましたが、多分、彼らはブロックなどの建材屋でしょうね。

店内様子です。
残念ながら、薪ストーブ関連は見当たりませんでした。

気になったのは、Scepter のガソリン缶ですが、ノズルのロック構造が NO-SPILL より楽そうです。
あと、NO-SPILL にはないコンビ缶もあるんですよ。
ちなみに MADE IN USA でした。

それと、FISKARS コーナーも発見。

ハサミなども新しいモデルが出たようで、チタンコートになっていました。
残念ながらすべて MADE IN CHINA。

X7 も初めて見るシースです。
どうでもいい話でしょうが、Lopper のシースは、付いているものもあれば、ついてないものもあるしで、ロットによってコロコロ変わるのです。
なので、このシースが恒久的な変更か、それとも、こういうチャネル向きのパッケージングなのかはわかりません。

で、どうでもいいついでで欲しいなと思ったのが熊手というか、向こうではレーキなんでしょうかね。
大した値段ではないのですが、流石にハンドキャリー不能です。

個人的なお土産として、$20 ほどの新型 PowerGear2 の剪定ばさみを買いました。
預ける荷物に入れれば OK だと思うので。
よかったら、これもお店のアイテムに加えようと思いますが、$1 = 150 円くらい+送料になるので、あまり面白いことにはならないかも知れません。

どのみちまた来るんですが、行きたかったところは概ね行った感じです。

というわけで、そろそろ帰国の準備をしたいと思います。

車検の準備 — バッテリの交換とか木くずの片付けとか

トラクタですが、バッテリーが駄目になっているので、交換しました。

もともとはヨーロッパ規格のものだったと思うんですが、G51 を細工して付けてあります。
その時、ハンドルが干渉するので、カットしてあるんですが、そうすると持ち上げるのが大変なので、リフトで吊りました。

新しいバッテリーを設置して、ハンドルをカットして、固定して終了。

155G51 は ATLAS というところで、なんと、「MADE IN KOREA」。。。
大丈夫なんでしょうかね。。。
とりあえず、エンジンは掛かりました。

EB100 はバングラデシュ製でした。

ヤマト運輸に FBA 納品の商品を運んで、帰りに山に行きました。
まな板は 3/11 までで車検が切れるので、空港に行く時に乗っていこうと思っているのです。
天気予報では、明日の日曜日から雨なので、積みっぱなしだった皮なんかの木くずを片付けることにしました。
雨の中片付けたくはないですから。

木くずもボイラーの燃料にしようと思っていたんですけど、スクリューベアでチップを供給するタイプに仕様が変更になったため、破砕しないと多分使えなさそうなので、カブトムシの養殖用に運びました。

代わりに原木がもらえるんですが、小運搬しないといけないので、一人ではなかなか捗らず、ずっと後回しになってしまっています。

とりあえず、台車の上の片付けだけは終えたんですが、暗くなったので強制終了です。

明日は雨なので、旅の準備をしたいと思います。

カナダ便の荷物の引き取りと納品の準備と

昨日に引き続き今日も午前中は天気が悪く断続的に雨が降る状態で、引取やバッテリー交換の作業ができませんでした。
午後になってようやく雨が小ぶりになって止みそうになったので、引き取りに行ってきました。
今回は、はじめての倉庫だったのですが、昨日書いたとおり、すでに許可になっているので、単に引き取りに行くだけでよかったわけです。

今回は 5 パレットあったので、結構ギリギリいっぱいでした。

見てのとおり、FISKARS の斧も結構入ってきていますし、TrueNorth TN20 も 3 台入荷しました。
どちらも値上がり前の駆け込みオーダーです。

FISKARS の斧は、在庫が少なくなっているので、アメリカに行く前に納品をしたいと思って、帰ったら早速検品作業をしたんですが。。。
ダンボールの角で手を切ってしまいました。
結構痛かったんですが、まあ、我慢してやっていたら、もう一度ひどく切ったので、血がついてもけないし、そういうダメなタイミングでは、経験上、ミスや事故を起こす可能性が高まるので、仕事をしない、という選択も自分の場合は大事ですし、結構日も傾いて来ていたので、少し早めに切り上げました。

そんなわけで、バッテリーの交換も、積み込みもできてなくて、神戸の貨物の処理は帰国後になってしまいました。
元々無理があるなとは思っていたんですが、やはり無理すぎました。

まな板の方も車検だし、ユニックも車検なので、それもやらないといけません。
ユニックは保険が満期になるので、この前、ウインカーが割れる接触事故でトラクタヘッドの等級が上がってしまうので、車両入替をしようと思うんで、その手続きも必要です。
それと、実はミニの納車もまだなんですよね。
キャロルのリコールもあるし、スクラムの 6 ヶ月点検も 1 月にできずにズルズル伸びてしまっているし、ジムニーもヤフオクで里子に出さないとですし。。。

原木の引取も手付かずだし、おちおちして 4 月に入ると春祭りが始まります。
まだ刈払機のプライミングポンプの修理もしてないんですが、そうこうしているうちに雑草が一気に伸びてきそうなんですよね。

とはいえ、こういう性格なので、頑張ることはできないので、できることから片付けていきたいと思います。

そうそう、雑草といえば。。。
新しいフレイルモアアタッチメントを見つけてしまいました。
クサカルゴンは売ってしまったので、後釜としてどうだろうと思っているんですが。。。
まあ、おいおい書きたいと思います。

サイクルバッテリーを買ってみた件

ヤフオクで落札したウォーキーですが、バッテリーが弱くて、荷役はできても走行は無理がある状態、ということでした。
EB100 が 2 本必要なのですが、遅かれ早かれ必要になるものなので、ヤフーショッピングで買ってみました。

グローバットって初めて聞く名前ですが、どうも輸入品のようです。
写真で見る限り、水の管理をしなくて良さそうなので、チョイスしましたが、性能がどうなのかは未知数です。
国産に比べて割安に感じたのですが、ものが悪すぎたら意味はありません。

とりあえず、ネットで検索したところ、★ 4 くらいの評価はあるようなので、まあ、大丈夫かなと思います。

それはそうと、FH のバッテリーですが、2 本のうち 1 本がダメになっているっぽいんですよね。
ディーラーさんに聞いたら、155G51 でもいいし、あまり乗らないなら、週に 1 度くらい充電してほしい、といわれました。
長く乗らないときは、メインスイッチを切るとかを含めて、バッテリーの管理をきちんとしないとと思いました。

そういうわけで、バッテリーが不安なので、これも交換用のものを注文したんですが、明日、積み込みをしたかったんですが、始動できるか、始動できても、止まったらシャレにならないので、バッテリーを交換してからにしたいと思います。

カナダからの荷物もアライバルが届いているし、アメリカからの荷物もアライバルが届いているのですが、6 日の神社と、11 日からの訪米、10 日は自動車の清祓があるので、タイミングがとても難しい感じになってきました。
薪の配達は無理かもしれない感じです。

明日、もしカナダ便の引取ができるようなら通関等を済ませてしまいたいと思います。
ボチボチがんばります。

それはそうと、シカゴの観光の予定を全く考えてないし、宿の予約すらしていません。
大丈夫か、俺。。。

今日から 3 月です — 薪配達の準備

今日は朔なので、神社の巡回です。
どうでもいいことをいうと、丸亀製麺半額の日でした。

途中氏子さんとすれ違って、当然、早く原木を持って帰ってという話になったわけですが、アップアップなので、持って帰れるだけ持って帰りますということと、木くず(主に皮)を捨てさせてもらえないか、という話をしてみたのですが、一応 OK ということなので、サンプルを一つ持っていってみました。
第 1 ヤードですが、見てのとおり散らかり放題なので、なんとかしないとまずい感じで、明日、ざっとでも片付けたいと思います。

それと薪の配達の件です。

A/N が届いて、予定通り 3/4 に搬入ということにはなったのですが、月曜日で積み込みが間に合いません。
今回は写真のように 20 袋程度しか生産できていないので、それほど時間はかからないかなと思うのですが。
月曜日は雨っぽいのですが、とりあえず、台車の方は、土日の間に廻しておこうと思います。

今回は、薪割り機の部品が入荷します。

Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC のボルトが不足していて、お待ちいただいているのですが、

ネジの強度等、細かなことがあったのと、ブレイブ社の部品リストにボルト・ナット等の一般的すぎるもののパーツナンバーがなくて部品が出ないため、余分に取り寄せることにしたのです。
今回の経験で、規格や調達の方法もわかったので、より細かなことにも対応できるようになったかと思います。

それと、PCLS2013GC のハイブリッド化、つまり、三相 200V でも駆動できるようにするための部品も頼まれていています。
こちらでは改造まではしないので、(一部の)パーツのピックアップと手配を行いました。

3/6 は神社のため、社務が終わり次第、出発したいと思いますが、そうすると、3/7 に配達、できれば午前中の早い時間におろして、神戸に戻って、夕方申告くらいまでは済ませたいと思っています。
今回、4m3 くらいで B/L を受け取ったんですが、その後差し替えられて、結局 5.4m3 程になっていました。
とはいえ、3 パレットなので、引取自体はあっという間に終わると思うので、検査次第ってところで、3/7 中に片付けばいいんですけど。

日, 月と天気が崩れそうなので、明日は少し外の仕事を片付けられる範囲で片付けておきたいと思います。

バッテリーテスターが届いたので使ってみた件

この間バッテリーが上がっていた のですが、バッテリーの痛みが気になるため、バッテリーテスターを買いました。

買ったのは、ANCEL BA101 です。

機能が多そうで買ったのはいいんですが、バッテリーの知識がないもんだから、表示される単語の意味がわからないという。。。
説明書を読め、ということなんでしょうが、適当にやってみました。

このデバイスですが、電池はバッテリーから供給を受けるので必要はなくて、プラス・マイナスを間違えないようにクリップすると、メニューが表示されます。

診断の内容やバッテリーの種類、サイズ等を選んだら、勝手にやってくれるんですが、うちのは米国仕様で日本語表示はできません。
日本国内で売られているものの中には、日本語対応しているもの もあるようです。

軽トラの方は全く問題なし、ヘッドの方は、REACHRGE と表示されているので放電されているようです。
バッテリーが上がる原因がわからないのですが、メインスイッチをこまめに切ったほうが良さそうですし、相変わらず、充電器が行方不明なので、探しておきたいと思います。
充電してダメなら、出先で止まったら大事ですから、早めに交換したいと思います。

それはそうと、ヘッドのバッテリーのサイズですが、195G51 というもののようです。
もともとは違うサイズのものが着いていたのだと思いますが、改造して付けてあるようです。
交換するときは、バッテリーのハンドルについては、加工が必要になりそうです。
重さも 1 本 50kg 位あるようなので、慎重に作業しないといけません。

バッテリーといえば、ウォーキーのは交換時期にあると推測される ので、それも早めに対応したいと思います。

トヨタ L&F に行った件

トヨタ L&F に行った と書いたんですが、まあ、トヨタといっても、まあ車は車ですが、フォークリフト屋の方のトヨタです。

この間、薪割り機を引き取りに行った時のことです。
薪割り機 4 台が 1 パレットに乗っていたわけで、要するに 1t 弱あるわけです。
そういう荷物をハンドパレットトラックで奥の方に移動してやる必要があるんですが、コンテナシャーシは低床なので、マックスエアサスを下げても若干尻のほうが下がっているので、積むときは上り坂なんですよ。

まあ、12m の箱で、前後で大体 20cm くらいの高低差があるのかなというとこですから、1.6% くらいの勾配で、ゆるい勾配の場合、丼でいえば、摩擦がないなら、大体、勾配の分、つまり 2% なら荷物の 2% の力で押し上げられるはずなんですけどね、実際のところは、摩擦があったりするので、相当の力がいるんですよ。

冬なのに大汗で、とてもやってられないぞ、ということと、ハンドパレットトラックにはブレーキがないので、それも危ないかなということで、前から ウォーキーを買ったらどうか、と思っていたわけですが、ちょっと本格的に考えることにしたわけです。

ニチユというか、TCM というか、今はロジなんとか、だったと思うんですが、電話をしたら中古はないですねー、ということで、トヨタにもいってみようと思ったわけです。

結論から書いたら、残念ながらやはり中古はないということで、新車だと 100 万近くするってことで、点検だの電池代だのを考慮すると、月に 2 万近くランニングコストが掛かりそうな、そういうアバウトな数字が出てきたので、ちょっとペイしないかもな、感じました。

それで、いろいろ話したところ、ストラドルタイプは、パレットを選びすぎるし、ハンドパレットトラックと同じ構造で走行のみ動力のタイプは、フォークリフトに該当しない、

フォークリフトとは「荷物を積載するフォークとフォークを昇降させるマストを備えた動力付荷役、運搬用車両」と定義されています。
従ってマストを持たない電動ハンドリフトやマストがあっても手動で走行するパワーリフターはフォークリフトには含まれないのです。
(※パワーリフターでも動力で荷役走行する商品もありますので注意してくださいね。)

つまり、電動で走行するパレットトラックはマストを備えていないので年次点検がいらないものの、ウォーキーはマストがあり、電動で走行するので、年次点検が必要、ということになるわけで、コスト的には有利なんですが、メッシュパレットを積み上げたり、ラックに積み上げたりができないのはちょっと使いづらいかなと思うわけです。

出展 メルカリ

カウンターは小回り聞かないんゃないの、コンテナの中で回れるの、と思っていたんですが、爪が格納でき、その状態だと相当小回りがきく、ということがわかりました。

下手をしたら、ウォーキーの中で一番小回りがきくんじゃないか、という感じもします。

まあ、年次点検は必要になってしまいますが。

ヤフオクを見ると、結構安く出ています。

バッテリーも EB100 で、特殊なものではなく、ひとつ 20,000 円程度でした。
仮に 3 年程度のバッテリー寿命としても、バッテリー 40,000 円で、廃バッテリーの売却で 4,000 円回収したなら、月 1,000 円のバッテリーコストということになります。

まあ、今晩にも結果が出るんですが、縁があれば落とせるのかなと思います。
メルカリの値段は 600kg の方で 128,000 円でしたから、競る気は全くありません。
写真を見る限り、カバーが破れてたりと、使用に問題はないとしても、気持ち良いものではないので、ダメならのんびりと別の出品を探したいと思います。

バッテリーの CCA が書いてあるんですが、勘違いしてなければ、バッテリーは早々に交換が必要になりそうな数字です。

バッテリー:EB1002個 24v
バッテリーCCA:120と85でした。

それはそうと、MonotarRO のバッテリーテスター が気になります。

トラックのバッテリーとか、超高そうで、ホイホイ変えられないですが、かと言ってバッテリーが上がって、そこで交換しないといけない、という状態に陥ると、高いの安いの言ってられなくなります。
変なところで止まってしまったら、大迷惑ですし、常々きちんと診断する必要を感じます。

ただ、サイクルサービスバッテリーってのは、車のバッテリーとは全く目的が違うので、CCA でもって寿命を判断するのか、そのへんはさっぱりわかりません。
ちょっと調べてみないといけなさそう。

車の場合は、

がとても参考になりましたが、最初の CCA の 7 割だと交換、ということのようです。

それはそうと、その 2。

低品質アドブルー警告が出ました。
ちゃんとしたメーカーの AdBule を入れているし、今は冬なので劣化ってこともなさそう。
それにこの間 AdBlue のフィルターも変えたんですけどね。
連休明けにも、ディーラーさんに聞いてみようと思います。
これもエンジン始動不可、とかになると洒落になりませんから。