タイヤが坊主!

見てください、この面構え!
まさにワルニャン。
今朝も 1 号が脱走です。

シロの手術ですが、無事に終わりましたが、当面はエリマキトカゲ状態です。
手術の傷が落ち着いたら、フィラリアの薬を飲ませてあげようと思いますが、今後は、シロも家の中で飼うことにしました。

午前中は、石材の荷下ろしをしました。

ウッドバッグですが、写真の量で 150 枚、300kg なので 1 枚 2kg くらいのようです。
まあ、申告上の重量なので、実際の重さを自分で測ったわけではないのですが。

共同購入分を差し引くと、大した量ないのですが、残りの石材も近いうちにまた引き取りに行くことにはなると思うし、ハウスの引き取り、ドカンの継ぎ足し、土羽の仕上げ、原木の引取とはい積み、梅雨に備えての養生、などなど薪を割っている時間があまり取れそうにもないので、当面は間に合うかと思います。

それはそうと、フロントタイヤが完全にスリップサインが出ていて、かれこれな状態だったので、フロントの 2 本、タイヤ交換をしました。
1 本 22,000 円(税別)、ミックスというパターンだそうです。
工賃や税金などを入れると、総額 56,160 円でした。

走行距離は、46,000km 程なんですが、冬タイヤをはいている期間もあるので、30,000km くらいで坊主になる感じでしょうか?

1 本、28,080 円でしたから、1km あたり 1 円、6 本あるのですから 6 円ということになりますね。
まあ、まだリアは多少残っているのですが、遅かれ早かれでしょうし、パンクやサイドウォールに傷が入ってダメになるリスクもあるので、まあ、だいたいそんなもんでしょう。

東京に行って帰ると 3,000km ほど走るわけで、そうすると、18,000 円ほどタイヤ代がかかることになります。
燃費が 8km/l とすると、37,500 円ほどかかるので、軽油代の半分くらいはタイヤ代がかかっている、そう思っておけば間違いなさそうです。

乗用車の場合、経験上、エンジンオイルなどを含めて、だいたい、燃料代と同額の消耗品が発生し、車自体の損耗も燃料代と同等(そこそこ距離を走る場合)と思っているのですが、トラックでもおおよそ当てはまりそうです。

今日は、昨日の疲れが残っていて、昼からはニャーとゴロゴロしてしまいました。
天気は回復していたわけで、玉切りくらいは終わらせてしまいたかったんですが、寄る年波には勝てない、というやつでしょうか。

まあ、ボチボチいきたいと思います。

小型軽量のドイツ製車両重量計

出典 http://www.njy.co.jp/

2tトラックくらいまでしか使えないのですが、そこそこ安くて、ドイツ製のトラックスケールの紹介です。

原木や薪の販売の際に、重量売の場合、お客さんの車の重さを計って売ることができ、過積載防止にはいいかもしれません。

ただまあ、安いとはいえ、結構いいお値段するし、4 輪だと4 回測らないといけませんが、サイズが小型なので、スケールの方を移動したほうが早いと思います。

仕入れを考慮しないなら、まあまあかなとは思います。
ただ、精度はそこそこですね。

仕入れの際にトレーラに積んだ原木の重さをカンカンで測るのですが、その前に、重さを予想するんです。
そうそう当たるもんじゃないですよ。
10% どころか、20% くらい外すこともあります。
毎日のように同じ車で、同じ山から出した、クヌギ・ナラばかりで樹種や長さまで揃っているものでも、曲がっていたり、太さの多少のばらつきでそれだけ違いがあるのです。

ましてミックスで、しかも、車も違う、積み方も違う、という状態で、日常的に重さを意識して積んでいない人に、定量積め、過積載するな、というような売り方というのは、何かあった時に「未必の故意」といわれても仕方ないし、それで死亡事故でも起こったら、責任のとりようがありません。

とはいえ、今までの経験からいって、こういう中途半端なものを買った後、大抵、まともなものが欲しくなるんですよね。
トレーラまで測ろうとすると、軸重が 10t を緩和後は超えるので、やはり最低でも 20,000lbs/pad(40,000lbs/軸)くらいで、プリンタはおいておくとしてもせめて表示機くらいはついているものを買っておいたら後悔しないのではないのか、という風に思っています。

いずれにせよ、薪をしっかり作り、まずは、売り上げて、次の投資のための資金を稼いでからにしろ、ということですね。

Poor man’s dump → Truck Bed Cargo Unloader

昨日の poor man’s dump の続きです。
かなり気に入ったので、いくらするのかとても気になり、調べてみました。

が、poor man’s dump と検索しても見つからないので、truck unloader という名前かなと思ったら、それで正しかったようです。
Truck Bed Cargo Unloader という名称でした。

能書きとしては、

Product description
Truck Bed Cargo Unloader Easily unload your truck bed with the turn of a crank Quickly unload up to 2000 lbs. of cargo from your pickup truck. Simply spread the heavy duty dragsheet across your truck bed and load. Lower the tailgate and turn the crank on the cargo unloader to quickly clear your truck bed. Heavy duty polypropylene dragsheet covers your truck bed, pulls loads to the rear. Easy roller operation with 21″ removable handle. Load sheet roller straps securely to tailgate – no drilling, no tools required! Unload soil, gravel, logs, packaged goods and more. Designed for 1/2 ton, compact and step-side pickup truck beds. Load sheet is 170 inch L x 50 inch W and roller bar is 68 inch W Truck Bed Cargo Unloader HBFT# 60800 Capacity: 2000 pound Quantity: 1 Belt width: 50 inch Product Length: 170 inch Product Width: 68 inch Shipping Weight: 20.51 pound Size(s): 170 inch L x 50 inch W Warranty: 90 Day

ということで、シートのサイズとしては、L 170″ (431.8cm)x W 50″ (127cm)で、取り付け幅が 68″(172.72cm)です。
現在の値段は $70 弱で送料別です。($69.99 + $5.49 shipping)

あくまでもピックアップトラック用なので、日本の軽トラにはサイズが合いません。

取り付け幅に関しては、当然、軽トラの荷台幅を超過するので、取り付けたまま走行することはできないと思うので、加工して狭くするか、Load sheet roller straps securely to tailgate – no drilling, no tools required! とあり、穴あけや、工具不要で取り付けが tailgate, 後ろのアオリにできるようなので、それがあまり手間がかからないのなら、着脱したほうが速いかもしれません。

能力が 2,000lbs なのか、designed for 1/2 ton とあるので、0.5t のピックアップトラック用という意味か、それとも通常使用限度が 0.5t, 破断するのが 2,000lbs = 900kg 強なのかはわかりませんが、軽トラの 350kg からすれば、必要にして十分、というところですね。

出典 http://www.amazon.com

薪活で使えるのか、という点については、商品の説明写真に、薪を下ろしているものがあったり、能書きにも、Unload soil, gravel, logs, packaged goods and more というふうに logs とありますし、同様の商品の説明に firewoods と書いてあるので、もとからそういう目的のもののようで、向こうのピックアップトラックだと、問題なく使用できているものと思います。

一点気になっているのは、ピックアップトラックのテールゲートの構造で、軽トラの場合、後ろのアオリはペラペラで、大抵のものは水平の位置で固定することができません(チェンで吊って水平にする)。

この商品シートの巻取り部は、長いハンドルで巻き取る力をてこの原理で増幅して、引く力にするわけで、その力はアオリにかかると思うのです。

ペラペラのアオリの付け根のヒンジのピンですが、小指よりも細く、以前、農機具の積み下ろしでアルミのブリッジを煽り費日かけて使っていたらすぐにひん曲がった経験があるので、能書き通りの荷重、500kg とかをかけると、曲がってしまうのではないか、という懸念があります。

なので、取り付け部分は、別途補強する必要があるかもしれません。

水平で固定できなので、引っ張る力で、上に(後方に)アオリが上がって引っ張れないのではないか、とも思ったんですが、この問題は、動画にもあるように、ストラップで上に持ち上がらないように引っ張り固定して解決するようです。

思ったよりも手頃な値段だったので完成品を取り寄せて人柱になってみるのも悪くないかなと思いましたが、ピックアップを持っている方、どなたか試してみませんか?

面白い荷降ろの仕組み — poor man’s dump

どうですか、このやり方。
方法的にはシンプルですし、コストも殆どかからなさそうです。

軽トラ用はないもんでしょうかね。
相当引き合いがありそうに思います。

農家の人とか、堆肥とかをいちいちスコップで下ろしたりする人もいるようですが、シートを敷いておいて、この動画だと手動ですが、12V のウインチを使ってゆっくり走行しながら軸に巻き取れば、堆肥を少しづつ落とせます。

薪の配達の場合でも、天井のあるガレージ内部などにダンプ落としする場合、高さの制限のためダンプできない、何ていうことはよくあることです。

茨城用に軽トラックを買おうと思っているんですが、ダンプはほとんどタマがないし、あっても高いという悩みがありましたが、これ、意外と行けるんじゃないかなと思いました。

今度もっこで実験してみようと思います。

台車置き場の整地

今日は、15 時を回ってからのスタートでした。

台車の補助脚が埋まる件ですが、とにかく台車をどかさないことにはどうにもならないので、一旦どかして、整地しました。
整地しただけで、雨が降るとどうなるかはわかりませんが、何回も踏んでいれば、そのうち締まるでしょう。
また埋まると嫌なので、バタ角を噛ましておきました。

薪割りですが、とりあえず 3 つだけやりました。
このペースではかなりまずいんですが、まあ、コツコツとやるしかありません。

最近、ちょっと悩んでいることがあって、原木を供給するペースが遅いってことなんですが、ログデッキを買おうかなと思うんです。

油圧ローラー x 2 があればいいんですけど、結構高くて、+25 万(合計 50 万)くらいします。
油圧ローラーなしのモデルだと、25 万くらいなんです。

ログリフトは付けてあるし、グラップルで乗せればいいので、絶対必要、というわけではないんですけど。

というわけで、ある程度薪が売れてくれたら、考えたらいいかなというところです。

明日は、いい加減薪割り機を組み立てて、トロンメルの油圧源に使えるか、試してみたいと思います。

代わり映えのしない毎日 — とりあえず、ジャンクっぽいミックス薪はやっつけた件

朝は、おニャー様に起こされて、おニャー様は朝ごはんを食べたら、また眠くなって、自分はその様子を見てかわいいなぁとか思いながら、まったりしているわけですが、実にかわいくて、というか、かわいすぎて、仕事が手につかないので困るのです。

それはそうと、この間、燃料タンクから軽油がポタポタ漏れる件ですが、ドレンをやり直してもらったら、そっちは直ってますが、その時に、割れていたジョロダー入れ、これはアルミなのでプロに溶接してもらいました。
大変美しい仕上がりで、素晴らしいです!

で、なんだかんだで今日も昼前、11 時スタートです。

ジャンクっぽいミックス薪ですが、薪ネットで 3 つくらいかなと思っていたんですが、なんだかんだで 5 つできました。

昨日一つ作っているので、今日は 5 時間もかけて、ジャンク薪がたった 4 袋です。

暑いし、枝みたいな細いのとか、曲がりくねったのとか、効率が悪いなんてもんじゃなかったですが、貧乏性なので、捨てるに捨てられない。

まあ、自家用としては、十分すぎるクオリティですし、売れたらラッキーくらいのもんですが、薪ネットジャンクは引取価格で 6,000 円なんですが、いまだに一つしか売れたことはありません。

後、本当に微妙に残っているんですが、もうゴミで捨ててもいいくらい微妙な量なのと、持ってきた薪ネットが 5 枚というのと、鬼のように硬い部分を縦引きしたりしたら、チェンソーも切れなくなっているし、時間も微妙なので、ちょっと早いんですが、16 時で撤収です。

こういうツイてない状態って、無理をすると、怪我をしたり、機械を壊したりするんですよ、経験則では。

薪ネットですが、段々コツが分かってきたんですが、いちばん大切なことは、上も下もピンと張って詰めるってことだと思います。ちょっと手を抜くとすぐに型くずれしそうになります。

また、フレームの隙間から突出して、きれいに詰められないので、ポリカプラダンを買ってきて、内側に当てておこうかと思います。

ジャンク入れがなくなってしまうので、本当に、薪ネットの入手をなんとかしないとです。

明日は午前中春祭りなんですが、午後からは玉切りをやりたいと思います。

そうそう、思い悩んでいた、薪製造機用の目立て機 ですが、Oregon の安いのを買いました。

一応、オレゴンの製品なんで、多少は役に立ってくれるものと思いたいのですが。
まあ、値段が値段なんで、駄目でも腹も立たないでしょう。

目立て職人でコマのサイズが狂ったのも、こいつで楽に修正できるはずなんで、楽しみです。

★合図

この前岡山を走っていてきづいたいのですが、香川でも見かけた「合図」のペイント がありました。
ブログに書くのをすっかり忘れていたのですが、ニュースになっていたので思い出しました。

実際のところ、ウインカーを出さない人というのは、どこでも一定割合いるような気がするのですが、ネット上だと、なんとかナンバーがこういう運転する、みたいな話はいつも盛り上がっていますよね。

愛媛から茨城までベタで走りますので、東海道なら、愛媛、香川、岡山、兵庫、大阪、京都、奈良、三重、愛知、静岡、神奈川、東京、千葉、茨城、というルートを走るわけですが、個人的には、一番走りづらいと感じるのは、神奈川〜千葉です。

結局のところ、都会のほうが車が多い上に車線が多く、個人的に一番危ないと感じるのはタクシーで、客を乗せるためにハザードをたくのと同時に急停車してみたり、3 車線も 4 車線もある大通りでいきなり転回してみたり、一番右の右折レーンに強引に入ってみたり、本当に恐ろしいです。

岡山の場合、2 号線は市街地はバイパスで高架になっているし、2 車線しかないので、どちらかというと走りやすいくらいに感じます。

運転マナーの悪い県の頂上対決の愛知と大阪でいえば、愛知は 23 号なのでこれもほとんどバイパスを真っ直ぐ走るだけですし、大阪も、なんだかんだで近畿自動車道の側道を走るんですが、ここは意外と走りやいですし、あまり混まないので、運転しづらいとは感じなんですよね。

要するに、運転手の特性と道路の特性と、その両方の要素が運転のしやすさ(難しさ)に影響するけど、道路の特性のほうが大きいと、自分感じます。

ただ、今までは、ロングといっても所詮 4t だった訳で、トレーラになると、その倍、普通車なら 3 台分くらいの長さがあるので、まだ昼間はいいとしても、夜などは流石にウインカーを出してほしいと思うし、直前に割り込むように入るのはやめて欲しいところです。

まあ、そこそこ走っている方だと思うのですが、持って行かないにしても、持ってこられることもあるわけですし、事故を起こさないのはもちろんですが、巻き込まれないような運転というのも心がけていかないとと思います。
特に、トレーラだと重量が 30t を超えるため、こちらが悪くない状態だとしても、突っ込んでこられてそのまま轢けば相手はペチャンコです。

トレーラの運転席からの眺めです。
夕方なので混雑していますが。

前方は背が高くてよく見えるのですが、後方はバックミラーもなければ、そもそも窓自体がないので、全く見えません。
また、ボルボなど欧州車には助手席側には安全窓もありませんし、下を見るためのミラーはありますが、死角がかなり多いです。

車を乗る人は、バイクしか乗らない人が車の動きを理解せず、危険な運転をして困る、という経験があると思いますが、トラックからすると、トレーラや大型トラックの動きを理解しない人が多くて、危険な運転をして困る、ということがよくあります。

できれば、トラックからは、少し離れてもらえると、ありがたいですね。

忘れていた椎茸とたけのこリーマー

facebook で椎茸の話題があり、思い出しましたが、今日見てみると、でているんだけど、すっかり収穫時期を逸して、巨大化していて、見るからに不味そうです。。。
まあ、干し椎茸にして、出汁くらいには、なるでしょうか。。。
で、なんだかんだで収穫するのは忘れてしまいました。。
明日は忘れないようにしないと。

今日は、一日、週末の春祭りの準備とお宮の片付けをしたんですが、少し空いた時間ができたので、ヤードの見回りに行きました。
その時にふと気づくと、ウインカーのレンズの内部が結構結露していて、水が入っているようです。
パッキンは汚れが付着してかなり固くなっていたのですが、お湯で洗ってきれいにはしたんですが、どうもダメなようです。
仕方がないので、新しく買おうと思います。

それと、マーカの取り付けの配線穴が小さい問題ですが、たけのこリーマー(DCM ブランド品)を買ってきたのですが、熱を持つので注意して使っても、4 つくらい 8mm → 12mm に t = 2mm くらいの鉄板を拡げただけで、もう切れなくなりました。
MADE IN CHINA だから、危険かなと思ったんですが。。。
驚くほど切れないのに、3,000 円以上したような記憶があります。
タッピングスプレーを使ったほうが良かったかもしれませんが、後の何とやらですね。

Torque Multiplier

facebook で見かけたツールで、今まで気に留めていなかったのですが、もしトラックがパンクをして、タイヤの交換をする必要が生じた時、必要になるんじゃないかなという気がしたので、調べてみました。

Torque Multiplier というようです。

結構、価格に幅があるようなのですが、Amazon.com だと、$35 くらいから売られていますね。

ボブキャットとかも、固く締まりすぎていて外れない、何ていうことは普通にあり、結局のところ、テコの原理で棒を伸ばしていたわけですが、それでどうこうならない時、また、強いトルクのインパクが使えない環境などもあるわけです。

これは一つ買っておきたい感じです。

仕組みは、画像のとおり。

気になるアイテム — ディグロス ギラエッジ

トレーラですが、皆さんご存知の通り、黒です。

車というのは、黒い部分が黒く、つやつやしていると、きれいに見えるものなのです。
実際、鉄くず 27 号も、塗ったばかりでギラついているので、遠目には、そこそこきれいに見えます。

そうなると、気になって仕方がないのがタイヤのくすみです。

ヘッドの方は、タイヤワックスを塗っているのですが、台車の方はまだ塗っていません。
台車はホイルも黒なので、かなり気になります。

ヘッドの方も、一度塗りしかしていないのと、雨が降ったからか、それともぬかるんだ部分で泥が着いたからか、いまいち光沢がありません。

使っているタイヤワックスは、MonotaRO の PB 品なんですが、チョイスの理由は、ズバリ価格です。
1L で 1,000 円以下です。

4L もあるんですが、これまた 2,000 円以下です。

4L と悩んだんですが、流石に多すぎるかと思ったんですが、トラックはタイヤがでかくて、500ml のコーラのペットボトルに移し替えてスプレーしているのですが、ヘッドの 4 本と、リアのタイヤカバー(樹脂)にワックスを掛けると、かなり使ってしまいました。

本来 2 度掛けるらしいので、ヘッドをくまなくワックスがけすると 500ml 位一回で使いそうです。

スプレーなので余計なところに飛び散っているのか、それとも水でかなり薄めてあるのか、ちょっと使いすぎの気もするんですよね。

それと、いまいち黒が締まらない気がします。

で、気になっているのがソフト 99 の新製品、「ディグロス ギラエッジ」です。
値段だけ見ると、これもだいたい 1,000 円くらいなのですが、こちらはスポンジなんかが着いていて、飛び散らず塗れるとか、まあ、色々都合がいい部分がアピールされているのですが、問題は容量が 70ml って部分です。

写真を見る限りでは、相当黒光りしていて、かなりいい感じに見えるんですが、逆にべとついているようにも見えるし、実際、使ってみないとなんとも言えないのですが、仮に飛び散らないにしても、何本塗れるんだろうか、というのが甚だ疑問ではあります。

結構いい値段なので、しばらく様子を見て、ネットでの評価がある程度出てから考えたいと思います。

とりあえず、MonotaRO の名誉のためにいっておくと、今回、ヘッドに塗る時に、タイヤは洗わずにそのままで塗りました。
高圧洗浄で表面を多少強めに洗うとか、ブラッシングするとかして劣化して白くなったゴム表面を手入れしてから塗れば、もう少しちゃんと光沢が出たかもしれません。

ただまあ、台車を洗車できるような場所は今のところないので、エンジン式の高圧洗浄機とローリーを積んできて洗車しないといけませんので、そうそう頻繁にできるものではないので、そういう意味では、現在の環境に即した洗車をすると、あの程度のことしか無理、ということにはなります。

仕事車とはいえ、なるべくきれいに乗りたいと思います。