ミラーが壊れているみたい

昨日も、今日も、ぼちぼち検品したり、梱包したり、片付けをしたりでした。

もう 9 月に入って、多少は涼しくなるのかなと思ったんですが、ガレージというか、倉庫というか、屋根の下でも 30°C オーバーで、ちょっと動いたら汗びっしょりです。
一応 スポットクーラー があるので、多少は楽なんですけどね。
それと、天井もあるし、屋根には太陽電池も載っているしで、普通よりは断熱も良いはずなんです。

今回入荷分のものは、とりあえず、あらかた捌き終わって、検品しつつ梱包して、ラベルを用意したりで、1/2 くらいは処理できた感じですが、8 月は閑古鳥がないていたお店も、ストーブ本体や薪などのお問い合わせをいただくようにもなり、雑貨類も斧が急に売れ始めました。
なんだかんだで秋の気配を感じ始めた人が多い、ということなんでしょうかね。

とりあえず、STORES.jp 店 の薪のセールですが、8 月末までだったのを 9 月末まで延長しておきました。
直販とは価格が異なり、STORES.jp 店 の方が安いこともありますし、高いこともあります。
STORES.jp 店 はあまり細かなことができないので。。。

なお、今現在は、乾燥機の運転が始まっていないため、熱処理品を用意することはできません。
乾燥機は 11 月頃に運転を開始したいと思っていますが、予定は未定のため、9 月末までのセールでは、「熱処理品でないといけない」、という方の予約は受けられませんので、ご理解ください。

それはそうと、ミラーの件です。

多分山にブロワーを忘れてきたんだろうと思うんですが、それを取りに上がった 5 号がミラーが破損してるのを発見しました。

このミラーは、左のドアの下を確認するためのものです。
トラック(中型以上)の助手席側の足元がガラスになっているかと思いますが、左折時に巻き込まないように確認するための窓です。
うちのトラックには、この安全窓がないので、ミラーで確認します。
とはいえ、ほとんど見えないんですけどね。

こういう事故が多いので、一つ前の方でカメラがついて、最新型はセンサーが付きました。

安全に関わるので、状況を確認して、必要な部品を取り寄せて修理しておきたいと思います。

与島まで戻りました

今日は、通関、引き取りを済ませて、与島まで戻ってきました。
晩御飯はまたまたカップラーメンです。

エンジンの警告灯が点くので、ディーラーさんに電話をしたら、入庫できるということなので、点検整備によりました。
そしたら、下取りで入った綺麗なヘッドがあって、見せてもらいました。
ちょっと話を聞いて、この車は予算的に厳しいんですが、定期的に程度の良いものに乗り換えるのがいいんじゃないかなと感じました。
というわけで、ヘッド代を貯めないとなので、少し節約をしていこうと思い、早速いつものこなか(トンカツ)を我慢してみたわけです。
まあ、誤差みたいなもんですが、何事も心がけ次第。
とりあえず、予算を伝えて、440PS のラグジュアリー車(電動シート)が出たら連絡をもらうことにしました。
うちは荷物が軽いので、540PS は燃費が悪くなるだけだと思うので、要らないかなと思います。

香川のパレットですが、積むスペースがなくて、積めても 30 枚くらいなので、今回はそのまま帰ることにします。

明日は、荷下ろし、後、急ぎの商品の納品まではなんとか済ませたいと思います。
後、松山港についているコンテナ 2 本も進めていこうと思います。

荷下ろし・積み込み完了

今日は天気が良くて、コンテナの中は暑くて大変でしたが、荷下ろしと積み込みは終わらせました。

パレットだけで半分以上埋まってしまって、明日、雑貨を積み込んだら、残りのパレットを積むスペースはそれほどなさそうです。
どの道一度では積みきれないし、1 万でパレットを配達してくれるということになったので、来月まで一月以上保管して貰うのも悪いので、好意に甘えてお願いすることにしました。

それはそうと、左折時に左のリアがパイロンに引っかかるので、降りてパイロンを退かせて曲がったんですが、建て直すときってどうするんだろうと思いました。
ここはヤード内なので、バックすることもできるんだけど、コンテナシャーシにはバックカメラはないので、これが実際の交差点なら降りて後方を確認しないと後ろは全くみえないのでバックすることは難しいと思うんです。
カメラは早めにつけたいと思います。

積み込みが終わった後、いろいろ薪のことあれこれ話したんですが、そのことは戻ったら、おいおい別の記事で整理していきたいと思います。

明日は通関、検査、引き取りです。
食品衛生法の申告でミスがあったんで、長引きそうです。
まあ、なんとかなるように頑張ります。

与島到着

与島に到着しました。
まあ、だいたい 4 時間というところです。
今日は、途中で工事の渋滞があったので、少し押した感じですが。

この時間だと、売店も食堂も閉まっているので、カップヌードルと悩んで、シーフードにしました。

少し仮眠を取ったら、出発したいと思います。
ぼちぼち頑張ります。

ジムニー死亡 — バッテリーを逆に接続

ジムニーなんですが、しばらく動かしていなかったんですが、ちょっと邪魔になるので、移動しようと思ったら、うんともすんと言わない、まあ、バッテリーが上がっていたわけです。

仕方ないので、フォークリフトを持ってきて、バッテリーを繋いだら、ばちばちっていうので、おかしいなとおもったら、逆に繋いでいました。
というか、端子のカバー、+ 側が黒くて、- 側はカバーなし。
黒いカバーを見て、先に黒のケーブルをつないでしまい、反対側は、残りの赤をついないだ模様です。
よく覚えてないけど。

初めて逆につなぎました。
それで、結局どうなったかというと、ヒューズが飛びました。

見ての通りなんですが、飛んだヒューズが外れなくて、力ずくで外したらケースだけ壊れて、端子部分はくっついていて外れません。
短絡した時の熱で溶着したようです。

ヒューズボックスごと交換する必要があるのか、そうでないにしても、とりあえず、新しいヒューズが刺さるようにはしないといけないんですが、肝心の替えのヒューズも近くの黄色帽子に行ったんですが、売ってませんでしたので、まあ、今まで放置してあったのだから、のんびりとやります。

この車も、さっさと処分しないと、また税金を払う羽目になるし、置いておいて価値が上がることもまずないでしょうし。
そういう意味では、銅線でもでとりあえず電気が流れるようにだけ復旧して、あとのことは、次の人に任せるでも良い気はします。
ヒューズ以外にも何か悪くなっているかもしれないですし。

廃車にした方が低コストかもしれませんが、不動車でヤフオクに出して、買い手がつけばそれでいいかも。
ただ、問題は、どうやって丸太小屋から移動するかってことなんですけどね。

カネシロさんの事務所が CLT だった件

いつも紙を捨てに行っている カネシロ さんですけど、事務所が CLT だと気付きました。

CLT というのは、Cross Laminated Timber, 要するに集成材と異なり、ラミナを直行させて積層したパネルで、オーストリアで開発されたんですが、より広く、より大きな空間を取れる工法ってことでちょっと気になっています。

ただ、これ、国内だと 1m3 あたり 15 万くらい材料がしてしまうそうなんですが、ヨーロッパでは半額以下なんでだそうす。
なので、国際的な競争もあることだし、国産材が普及するのか、それともコケるのか、その辺はまだ未知数のようです。

まあ、詳しくはそれ用のサイトがあるので、ご覧ください。

当のカネシロさんの事務所に話を戻すと、そこまでまざまざと気にして見ていたわけではないんですけど、こんな資料が落ちてました。

梁の出てない広い空間というのは開放感があっていいですね。

ただ、外壁を CLT 表しにするのは、少々厳しそう、と感じました。
ストリービューで見る限り、すでに汚れてしまっています。
いっそのことバーナーで炙って焼き CLT 表しとか。。。

意外と身近なとこにも CLT ってあったのね、って思いました。

それはそうと、ミニですが、こんな感じになりました。

ミラーカバーの交換で、キャンペーン期間だったようで、3 割引で工賃込み 9,000 円ちょっとです。

雑貨の仕事ですが、昨日は、3 パレット, 540kg 分、大型商品を出荷して、だいぶ減った感じですが、まだ、細々と残っているので、おいおい片付けていきたいと思います。

前回納品したものは、在庫反映されて、早速販売が開始されて、売り上げが戻ってきたので、ホッと一息つけました。
なんせ、マイナス残高(倉庫費用や、FBA マルチチャンネルの料金などが売り上げを上回る状態)だったので。

で、昨日書き忘れた残念案件です。

Amazon.com で、安かったので、試しに買ってみた “LODGE” の L8DOL3 です。

そもそも箱のデザイン自体も全く違うし、え、MADE IN CHINA?
普通、FBA に納品された時点で、120% 偽物だとわかるでしょ、って感じですが。。。
やられました。

まあ、海千山千のネット通販ですから、安い仕入先探しも一筋縄ではいかないものです。

そうそう、Amazon の悪い評価、Amazon に申請したら、Amazon FBA に対するクレームということで削除となりました。
しかしまあ、気づかない間に発生した機会のロス、というにもバカにならない気はします。

今日も暑くなりそうですが、ボチボチ頑張って片付けたいと思います。

ミニに続いてキャロルもエアコンが壊れるの巻

ミニの車内が水浸しになる件ですが、修理のために車を預けに行きました。

で、キャロルと 2 台で行ったんですが、今日が猛烈に暑いのか、というか、軽くらいの小さな空間でエアコンが効かないというのはありえないだろうということで、帰りにマツダに寄ったんです。
そうしたところが、ガスが減っている、ということで、間に合わせで足してはくれたんですが、エアコン本体の交換になるということで、これまた修理となりました。
お盆明け、ミニが戻ってきてから入れ替わりで修理してもらおうと思います。

それで、今日は帰りに前々から気になっていた卵コンテナ、「とみたま」に立ち寄ってみました。
単純に、美味しい卵かけご飯が食べたいだけなんですが。
普通に 8 個 200 円の L サイズの卵を買ってみました。

卵コンテナは、松山には 2 箇所あるらしいんですが、自分が行ったのは、ドラッグストア MAC の鴨川店です。

〒791-8004 愛媛県松山市鴨川1丁目7−12

 
それはそうと、明日はお宮なんですが、台風が気になります。
念の為、のぼりや提灯はしまったのですが。。。
大したことがないといいんですけど。

出荷作業ですが、今日は、スポーツマンズグリルの梱包をしました。
ちょっと予定外のキャロルの修理が入ったため、集荷時間に間に合いませんでした。
明日、お宮の後に、出荷したいと思います。

車内が水浸し

ミニが壊れました。
なんか車内が水浸しになるのです。

このところ雨も降ってないし、洗車もしていないのに、助手席側のマットがびしょ濡れです。
フロアもカビてて臭い始末。

仕方なく、ディーラーさんへ行く途中。。。
なんということでしょう。。。
5 号がやらかしました。

ミラーはキャップをかぶっているだけなので、せっかくなので、交換することにしました。

グレーのユニオンジャック, BLACK JACK にしました。
値段は 1 万円ほどと、工賃は 1,000 円くらい、ということでした。

それで、肝心の水ですが、エアコンのドレンホースがダメで、車内に漏れてきているということで、保証修理となりました。

神戸からの荷物ですが、結局ついたのが昼前で、下ろしただけでかなり疲れてしまったので、明日ぼちぼちやろうと思います。

エリマキ付きの新型

今日は神戸に来ています。
相変わらず寝坊して 10 時前に到着です。

検査だったんですが、前回も検査、しかも開披だったので、今回は書類審査に変更になりました。
午前中、スタートが遅かったので、引き取りが間に合わず、午後イチの予定が、なんだかんだで 2 時まで待たされました。

積み込みの時に、「エグいね」と言われたんですが、あまりに暑くてエグかったです。

通関、引き取りが終わって、前回、入庫できなかったので、整備に来ています。
今回はオイル交換と、エアドライヤー交換、ATF 補充、くらいかな。

それで、えらく派手な鹿な新車がいました。
エリマキが付いています。

気になった点としては、

  • アドブルータンクの位置が随分と高いので、給水が面倒くさそう
  • バッテリー位置が変更
  • エアタンクの形状が変更
  • エアホースの黄色の位置が一番右になっている

というような違いがありますね。

もしかしたら、前期モデルもそうなのかもしれませんけど、あくまでも、自分の車と比べての話です。

この間、シャーシを落としたんですが、その時に、キングピンが当たったんだと思うんですが、バッテリーカバーが軽く壊れたんですが、この型だと、壊れなかったように思います。

あと、ホースも絡まなくていいかなと。

まあ、エリマキについては、見た目がよくなるくらいで、自分の場合は、あまりご利益はなさそう。

いつかは、新型に乗り換えられるように、それなりに頑張ろうという気持ちになりました。
いつまでモチベーションを保っていられるかは謎ですが。
熱中症にならない程度に頑張ります。

キャンターのバッテリー

キャンターですが、基本的に 12V なんですが、架装品(例えば、トラッククレーン, いわゆるユニック)が 24V なので、バッテリーが二つあります。

大きな方ですが、95D31L でした。
カオスにすると、容量がアップして、145D31L になりますね。

小さい方は 75D23L でした。

キャンターもかれこれ 5 年で、比較的に早い段階で今回と同じく、キーを挿しっぱなしにしてしまい、バッテリーが上がって交換をしたので、最低でも 2 — 3 年は経過しているし、変なところでバッテリーが上がっても困るので、そろそろ交換したほうがいいのかな、と思うところです。

充電方法ですが、先日の 横浜の車屋さん のブログのエントリー、バッテリー の通りのやり方でできました。

すっかり空になっていたのと、太いトラック用のケーブルがなくて、軽トラ用のを 2 台分繋げて使ったので、えらく時間がかかりました。
トラクタに積んであるかと思ったんですけど。。。
今度ちゃんと探しておかないと、こういう時に行方不明では買った意味がないですからね。

しばらく走って、十分充電もされたと思うのですが、バッテリーチェッカーで診断しておこうと思います。