ドリルでポンプ

今日は兼務社の春祭りでした。
武漢肺炎の影響で、行事は縮小で、神事のみです。
早く落ち着いてくれるといいんですが。。。

それはそうと、業務連絡です。
iPhone ですが、ついに電源が入らなくなったため、修理が終わるまで電話や SMS, LINE 等は使用できません。
メールも朝昼晩くらいの確認になります。
ご不便をおかけします。

で、表題の件ですが、もともと商品自体は知っていたんです。

例えば、MonotarRO の電ドルポンプ ミニ 六角軸 とか。
見ての通り、電動ドリルに取り付けて使用する小型のポンプです。

ただ、微妙に食指が反応しなかったんですよ。
理由は単純で高いから。
2,000 円では、本体しか買えません。
実際に使うにはホースが必要になります。
ホース代は結構馬鹿になりません。

ところがどっこい、半額で SK11 SDPH-1 が登場 です。
この値段なら、まあ、本体自体も消耗品として割り切ってもいいかなと思いました。

この前と言っても結構前、S130 のグラップルアタッチメントを取り付けた際にカプラが錆びて結構な量の作動油が漏れた時のことですが、コーシンのドラム缶灯油ポンプ FQ-25 で補給しようとしたんです。

このポンプ、値段も安いし、何がいいって、ドラム缶に取り付けっぱなしにできる上に、ガンもついているんで手元でストップできるため、とても溢れにくいんですよ。
ただ、基本的に灯油用なので、粘っこい作動油、それも冬の山で寒い時にはあまりには油が硬すぎて、すぐに電池が切れてしまったんです。

それで、仕方なく経由のドラム缶から FP-2512 を取り外して使いました。

FP-2512FQ-25 と基本的には似た構造ですが、吸入側が蛇腹のホースではなくパイプになるため、ドラム缶の底まで確実に挿入できることと、12V バッテリーに接続するため(家庭用の 100V に繋ぐタイプ もある)、重機の場合、そこから電源が取れて電池代がかからないこと、あと、FQ-25 だと灯油缶 1 本に 2 分かかるところ、200L を 10 分なので倍くらいの速度で汲めるわけです。

まあ、これでなんとかなったわけですが、結論として、これらのポンプはあくまでも、灯油用であって、オイルには使えないので、それをなんとかしないといけないわけです。
それに、FP-2512 は、単 1 を 4 本も使用しますから、電池代も馬鹿になりません。

それで電動ドリル用のポンプを思い出したわけですよ。

これくらい安ければ、各タンク類に常時取り付けておくことで、タンクから抜き差しすることもなくなるのでゴミが入る可能性も低いですし、AdBlue のように微妙な量を補充する際にも便利かなと思うのです。

ただガンをなんとかしないと、給油(給水)が終わった後、ポンプ以降、ホースに残った油等が溢れるし、ホース内部に埃外侵入して付着したり、場合によって虫が営巣したりして汚れる問題が生じます。

散水用のノズル でもを流用して試してみたいと思いますが、ポンプ能力的には、15L/min くらいなので、エアブローガンでも間に合いそうな気がしないでもないです。

エアブローガンでちょっと思いついたんですが、ドラム缶のようにある程度圧力をかけても良さそうな容器の場合、コンプレッサーで空気を送って圧力で押し出すようにすれば、ポンプ自体が要りませんね。

ただ、VOLVO からは圧縮空気が取れるようにはなっていないので、これは取れるように細工したほうが便利な気もしてきました。
おいおい試してみたいと思います。

仕事はボチボチ コンテナを回送しただけ

今日も雨でした。
結構ガッツリ降って、外の仕事はできない感じです。

別に土曜日だからとか、不要不急の仕事がないからとか、そういうのではなくて、やたら眠くて、朝起きるには起きて、おニャー様に朝ごはんをあげたんですが、二度寝してしまい、目が覚めたらなんと 11 時という体たらく。
そんなわけで、こりゃあいかんということで、コンテナの回送をすることにしたわけです。

そうそう、なんでやたら眠くてぐっすりだったか、というとですね、プラセボ効果というやつかもしれませんけど、昨日、高島屋に行った時に、東急ハンズをうろついて思わずお高い入浴剤を買ったんですよ。

BARTH(バース)っていうんですが、なんでも

BARTHの重炭酸が溶け込んだお湯にしっかりと浸かることで血流が改善し、体温が上昇することで副交感神経が優位になりぐっすりと休憩する準備が整います。

という触れ込みで、鰯の頭も信心からとも言いますけど、なんとなく効いたような気がしないでもないような、まあ、そんなところです。

回送を土日にする理由なんですが、ちょっと間口が狭くて、駐車場に車がたくさん止まっていると、そのまま右バックで入ることができないんです。
なので、駐車場に車がない土日でないと、出入りができないわけです。
今までは出る時も、巻きがたくさん足りすぎてて、敷地内で方向転換できないかったんですが、次からはなんとか方向転換できそうな感じもします。
土日や夜でも、宿直の人の車があると、出られないか、非常に出にくいことがあります。
まあ、そんなこんなで、今日も土曜は半ドンなので、まだ車が多数残っていて、ちょっと狭かったんですが、無事に回送しました。

ヘッドですが、少し前にも書いた通り、本国では新型が出た ので、それがいいなと思うので、当面は今のヘッドで引っ張ろうと思うんです。
なもんで、ボチボチ手入れをしていこうと思うんですが、雨でガラスの汚れが猛烈に気になります。
明日、雨が上がる予報なので、油膜取りをしたいと思います。

神社の来年度の行事予定表を作って持って行ったり、まあ、野暮用もあって、お昼(朝ごはんも含む)は 15 時になってしまいましたが、トラックなんでマテラの森です。
見飽きたかもしれませんけど、毎度の豚丼です。

家に帰って、一部オークション等で手元から出す必要があるものを出荷して本日終了です。

それはそうと、倉庫は換気が良すぎるのか、保管している段ボールがちょっとしんなりしています。
あと、この時期になると、つばめがやってくるんですが、今まではよかったんですが、倉庫に在庫を置くようになったので、ちょっと商品のエリアはご遠慮いただきたいところです。
フンなどは衛生上問題が大有りですから。

だいぶ片付いているのですが、あと少し片付いたら、一度、隙間を埋めたり、出入り口にシャッターを取り付けるとか、いろいろと対策をしていかないといけないなと思います。
まあ、予算の都合もありますし、一朝一夕にはいかないと思いますので、のんびりとやっていきたいです。

次の荷物ですが、明日、3/29 に松山入港の予定ではあるんですが。。。現時点で A/N が届いていません。
この調子だと、遅延する可能性が濃厚かなと思うところです。
いずれにせよ、明日入港しても CFS 搬入は月曜日でしょうし、4t も月曜の午前中くらいまでは車検がかかりそうなので、どの道、午後以降の動きになるかなというところです。

ご予約いただいている TrueNorth TN20 があるので、早く出荷したいと思います。

TN20 ですが、今なら 5% off ですし、納期もかかりませんよ。
入荷後は、5% off はなくなりますので、お早めにご検討ください。

それはそうと、その 2。
ハンズに行った時に、結局買わなかったんですが、買っときゃよかった、と思ったものがありました。

このツイートでも使われているネットです。

サイズ、メーカー、色々あるようですが、塩分があると焼き網だと錆びてしまって、使いまわそうとするとメッキ品のしょぼいのだと、すぐに錆の臭いが食品に移ってしまったりするわけで、事実上使い捨てないといけませんが、これだと洗って使えるそうですから、それなりに元が取れそう。

まあ、薪ストーブのシーズンはもう終わりですが、来年まで覚えていたら、ゲットしたいと思います。

しまなみ海道は春爛漫で息をのむ美しさ — 愛媛に戻っています

無事に愛媛に戻っています。

昨日の夜は仮眠していて、あまりにも寒くて目が覚めたんですが、朝方、凍結の警報が出るほど気温が下がりました。
そんなこんなで、朝の渋滞の時間まで走って、9 時過ぎまで仮眠し直したんですが、いわゆる寄る年波というやつでしょうか、戻ってきたら、薪割りでもしようかと思いつつ、横になったら夕方まで寝てしまい、目が覚めたら暗くなっていて、残念な一日になってしまいました。

日中は、気温も上がって、桜が咲いたりと、すっかり春めいていて、しまなみ海道の車窓からの眺めとは、これはまた美しかったです。

高速の PA からの眺めです。
写真では全く伝わりませんね。
贅沢にも、ついついお土産を買ってしまいましたが、片道 8 時間ちょっと、運転を頑張った自分への慰労です。

それはそうと、昨日のワンシーン。
K さんが送ってくれた写真ですが、うちのボルボと T さんのスパグレ。
こうやって比べてみると、ボルボはキャブがやっぱりでかいですね。

新型のスーパーグレートも昨日書いた通りちょっと乗らせてもらいました。

一番気になっていた proximity control assist ですが、使い方が今ひとつわかってないのかもしれません。
とりあえず、速度を設定して、それで走るところは OK。
前車両に追いついて、一定の車間で追尾も OK ですが、車検調整方法がわからず。
そのため、信号待ちなんかでの自動停止は怖くて試せませんでした。

あと、ボルボでいうところの i-roll に相当する機能の有無もわからず。
排気(リターダ)に関しては、左のレバーを前に押す式なんですが、オートの位置がわかりません。
平地しか走ってないので、proximity control assist でやってくれるのか、その辺を含めてわからずじまい。
i-see(UD でいうところの ForeTrack)、ふそうの場合は、GPS + 地図での走行コントロール、これもわからずじまいです。

追尾に関しては、BMW mini のも使い物にならなかったですが、ふそうのものもちょっと微妙で誤作動が気になります。
車が重いわけで、誤作動でいちいち急減速、急加速されたのでは堪ったものではないし、荷にも影響があります。
車線が複数ある場合に、隣から急に前に割り込まれた時の挙動などは試してませんけど、ちょっとしたカーブで前の車を見失ったりと、使える条件が相当限られるような気がしないでもない、というか、高速道路・自動車専用道路くらいでしか使えないんじゃないかと思いますが、そういう時だけ ON にすればいいと思うので、あって困るものではないかなというとこです。
ただ、それが欲しいから買い換えるか、と聞かれると、もっともっと完成度が上がってからでいいや、ってところでしょうか。

これもわからなかったんですが、AMT で埋まったりしたときに自動で脱出してくるスイッチ。
ボルボにはないので、ふそうのそれがどんなもんか、一度はそういうシーンで経験してみたいなと思うところではあります。

複数車線は走行していないので、左側の死角をカバーするセンサーが機能する様子も確認できていません。

まあ、ヒルアシストというか、坂道発進の補助のフィーリングが違ったり、ペダルがオルガンでフィーリングが違ったり、これは慣れの問題だと思います。

しかし、やはり新車は気持ちいいですね。
自分も頑張って買い替えたいです。

それで、本国では、ですが、キャブが新しくなった話聞いて、調べたら、先月発表になっていますね。

日本では、確か 2014 年に今の型(今のキャブ)になって、去年の年末くらいに、一応マイナーチェンジをしたんですが、キャブ周りは何も変わっていません。

変わったのは、エンジンの排ガス規制が Euro 6 だか、新しいのに対応して、大量に AdBule を消費するようになったことと、AdBule やバッテリの取り回しが変わったこと、それと、一番大きいのが自動ブレーキの搭載義務に対応したことでしょうか。
それに伴い、たしか総輪エアサス車がなくなる(シングル)のと、DCT が選べる(540PS のみ)、i-see は未搭載、って感じだったと思います。

本国では、2012 年にモデルチェンジをしたので、2 年ほど遅れるので、2022 年くらいに新しいキャブにものに切り替わるんじゃないかと思います。
そして、それが 3 年後くらいに入れ替えで出てき始めるだろうから、5 年後くらいに乗り換えられるといいなぁと。
それ以上先延ばしにすると、こっちが土に還りそうですし。

当面は今のヘッドを大事に乗りたいと思いますが、

  • ヘッドライトに水が入った
  • フロントのキャブサス辺りからエア漏れ
  • ラジエータにピンホールで水漏れ
  • パワステポンプのエア噛み
  • バックモニターの電源の接触不良
  • 駆動輪(左右どちらか忘れた)のブレーキパッド残量センサ不良 — 車検・実走行に問題はない
  • テールレンズユニット(左右どちらか忘れた)のセンサ不良 — 車検・実走行に問題はない
  • 左ドア 安全ミラーの脱落 — 車検・実走行に問題はない

って具合に問題が発生しつつあるので、ここいらで片付けておきたいと思います。

みかんカゴを運びました

本当は昨日運びたかったんですが、体調がよろしくなかったので、今日にずれ込みました。
残りのみかんカゴをトレーラで運びました。
数えたら 500 個くらいありました。

1 パレットに 6 つ、それで、パレットの厚みが 15cm あるとして、カゴの高さが 30cm くらいなので、7 段積むと、42 個、210 + 15 = 225cm になります。
標準のコンテナの天井の高さは 235cm なので、10cm クリアランスがあることになります。
一つ 20kg くらい入れると、カゴの自重 2kg と合わせて、まあ、22kg 程度ですから、パレットと合わせて一つ 1t と言ったところですね。

40ft コンテナを一杯にするとなると、10 x 2 = 20 パレットくらい、専用のパレットを作ると、22 パレット積めるとは思うのですが、20 パレットだと、42 x 20 = 1,680 カゴ必要になりますね。
つまり、写真の 3 倍必要ってことです。
使わない時に置いておくのが大変な感じです。
メッシュパレット納品の補完として、まずは試してみたいと思います。

それはそうとヘッドライトが曇っているので磨いてみました。

魁!磨き塾って。。。結構オッサンにしかわからないですよ、これ。
「ワシが男塾塾長、江田島平八である!」

で、ビフォー・アフターです。
まあまあ?
マルチツールでやったんで研磨時間は数十秒です。

ボディーも時間を見つけて、ボチボチ磨きたいと思います。

第 1 ヤードの整備をしたい件

薪乾燥機により、乾燥期間の短縮は可能になったわけですが、せっかく乾燥させた薪を痛めずに保管したと思っています。
もちろん、保管することなく、右から左に在庫がすぐに出荷できればそれはそれに越したことはありません。
ただまあ、そうそう都合良くはいかないだろうなとは思うのです。

そうなると、第 2 ヤードには保管することができませんので、第 1 ヤードに持って帰って、コンテナにでも密封して、虫が入らないような対策をした上で保管をしたいと思うわけです。

ところが、第 1 ヤードは進入路が狭く、まだ試したことはないのですが、おそらく現状のままだと進入できそうにないので、拡幅作業をしないといけないと思われます。

当然、自分の土地ではないので、地主さんに頼んで通してもらう必要があるわけですが、どれだけ広げて貰えばいいのかを計算くらいはして、図面でこれくらい、ってことを言ったほうがいいんじゃないかと思うんです。

道路自体は、松山市道なんで、道路管理課に最終的に確認しようと思うんですが、ざっと調べる 1/2,500 の図面は見られるようです。

ただ、ざっくりしすぎなので、もっと詳細の DXF ファイル等がないかは、役所に確認したほうがよさそうです。
自分で測量するのは面倒くさいですから。

それで、直角とか、ほぼ直角であれば、ネットに落ちている 40ft コンテナ車の軌跡図を縮尺を合わせて重ねて、いける、いけない、くらいの当たりをつけることはできるんでしょうけど、実際には、山道なのでそうそう都合良くはいかないのです。

これまた、ざっと調べると、

という EXCEL ファイルが売られていることがわかりました。
vmware で EXCEL は使えるので、そこで DXF を作成することができます。

進入することさえできれば、第 1 ヤードは広いので、40ft コンテナを 2 本くらい買ってきて、コンテナの間に屋根をかけてやれば、台車も濡らさずに保管できます。
また、コンテナ自体を嵩上げしておいてシャーシに乗ったのと同じ高さにしてプラットフォームを作れば、積み替えがものすごく楽になると思うのです。

コンテナの間の屋根は SHELL DOME にしてもいいんでしょうが、トラスの鉄骨屋根は持っているので、これを使えないかと考えていたんですが、問題は溶接せずにどうやって簡単にコンテナに屋根を接続するのか、という部分です。

たまたま見た動画に固定方法が説明されていました。
10:00 手前頃から、固定金物が登場しています。

とりあえず、コンテナは自分で運べるわけですが、神戸で買って大体 30 万くらいなので、2 本だと 60 万くらい。
屋根は、SHELL DOME で 40 万くらいだと思うので、100 万くらいはかかることになります。

予算があるのであれば、ガルバの屋根をアメリカから持ってきた方が、耐用年数が 30 年で、話半分でもテントの 3 倍は持ちますが、コストは 2 倍くらいなので得になるとは思います。

ただまあ、持っているトラス+ビニール(or ポリカ波板)で済ませれば、もうちょっと安くなるんじゃないだろうかとも思います。

40ft でなくて 20ft なら楽勝で入るんですけどね。

愛媛輸入車ショウ

アイテム愛媛でやっている愛媛輸入車ショウに行ってきました。

なんでも、29 回もやっているそうで、入場は無料です。
今日、明日の開催なんですが、明日は愛媛マラソンで 196 号線が通行止めになるんで、今日行くことにしたわけです。

とりあず、興味があるいくつかのものはチェックしてきたんですが、大して興味はないんですが、まあ、目の肥やし的な車もチェックしてきました。

最近国産車が著しく値段があがっているし、N-VAN あたりだと、いい方のグレードだと車体本体が 2WD でも 160 万ほどするわけで、諸費用だの、オプションだというと 200 コースでしょうし、ジムニーにしてもそうなわけです。
そう考えると、ミニとか、そこまで高いとはいえないんじゃないかと思うんですよね。
あと、いいのは、ミニは わかる人にしか値段がわからない ので、実際の価格の半分くらいに見られることでしょうかね。

少し古い数字ですが、まあ、ダントツの沖縄はさておき、愛媛は、かなり所得が低い県なのです。

出る杭は打たれるなんていうことわざがあるのが日本人で、顔を例えにすれば、ブサイクがイジメられるのは当然(?)としても、ものすごく可愛らしいハーフ(?)がいても、これまたイジメられるわけです。

昔は、いつかはクラウンなんていうヘソで茶が湧きそうな CM をトヨタが打つような時代があって、部長がクラウンなのに、課長の自分が乗るわけにはいかないからマーク II、ヒラはカローラみたいな?、会社でも乗ろうもんならヤのつく自由業呼ばわりで、まあ、うちの亡父もそんな感じだったんですけどね。
そこまでではないにしても、そういう空気がないわけでもないのです。

それでも、まあ ZOZO 元社長だの、ああいう破天荒なタイプが自己喧伝してくれるおかげで、人と違うことをしていても、それほど目立たなくなったというのはあるのかなと思います。

そういうことで、愛媛でも、それなりに会社も見るようになった感はありますね。

そんなこんなで、小一時間、楽しく見てきました。

明日もやっているようなので、お近くで、車が好きな人は、ぜひ行ってみるといいと思います。
入場も無料ですから。

ヘッドがガス欠

ヘッドがガス欠しました。
といっても、かからないわけではなくて、燃料が少な過ぎて、スタンドまでたどり着けない感じ、という状態です。

単に入れ忘れたからなんですが、なんでそんなことになったのかというと、いくつかの要因があって、一つ目は車が大き過ぎて普通のスタンドでは給油することが難しいことと、もうひとつは、お風呂を借りたい、ってことなんですよ。

普通じゃないスタンドってなにか、というと自分の場合は、宇佐美 と契約しているので、宇佐美のトラック対応のスタンドで入れています。

トラック対応のスタンドは、スタンドの情報に、

っていうアイコンがあります。

ただ、このアイコンがあっても、狭いところもあって、普通車が変な位置に止めてあったりすると、スタンドに出入りするのも難渋することがあるんです。

なもんで、基本的に、好きなスタンドってのは少なくて、いつも使うのは、

なんですよね、広いから。

今回は、六甲で通関・引き取りをして帰ったわけですが、いつもだったら、こなかでとんかつを食べて、2号西相生 で給油して帰るんですね。
そこで給油するのをわすれてしまったわけです。
そうなると、次に給油できるスタンドは、愛媛県までしかありません。

ここ、ちょっと狭くて好きくないんですが、この時点で燃料の残警告はでなかったのです。
そうなると、もう給油できる場所はありません。

松山にもあるにはあるんですが、

ここは、24 時間営業ではないのです。
通常はここに入れに行っているんですけど、ここまではもたない感じ。

というわけで、重機用にストックしてある燃料を運んで給油する羽目になりました。

まあ、そんなこんなで、お宮に行ったので、昨日やりかけていたカメラの取り付け工事を済ませて、ついでに束ねた薪の在庫が太陽電池小屋にあったのを思い出したので、持って帰りました。

キャンプ用の需要がある、と某棟梁のブログに書いてあった んで、ただなあ、うちはロケーションが違うからどうかなという思いはあるんですが、倉庫に積んでおいても売れるわけはないので、まあダメ元で道端に 薪の駅 的なものを作ろうかなと。

それで、方法論としては、ガチャで 500 円を入れると、鍵の番号を書いた紙の入ったカプセルが出てくる。
その番号で鍵を開けると、中に入っている薪を取り出すことができる。

あと、問題は PayPay の場合ですけど、スキャン方式で支払ってもらったとして、人間が対応するなら、支払いを確認後、番号鍵の番号を連絡して開けてもらうってのでいいんでしょうけど、PayPay で支払うとカプセルが一個出てくる的、ガチャ機を使えばいいんでしょうけど、月額 6,000 円 なので、採算が取れるとは思いません。
おなじく、とみたま のコンテナみたいに、お金をかければいろいろできるんでしょうけど。
当面は、500 円ガチャのみの対応、ということでいいんじゃあるまいかと。

まあ、何はともあれ、無人販売コンテナを完成させるところからでしょか。

それと、初めて TimesPay での売り上げがありました。

来店(?)というか、倉庫に来ていただいて、現物引き取りの場合、クレジットカード(VISAとか)の支払いでキャッシュレス 5% 還元となり、また、高額商品の場合、カードが対応していれば、2 回払いやボーナス払い、分割払いにも対応します。
1 回払い以外の場合、手数料がかかることがあるかもしれませんが、カード会社により異なるため、気になる方は事前に確認してください。

薪割り機、薪ストーブなどの高額商品の場合、かなりお得になると思います。
なお、配達時にも、カード支払いはご利用いただけますが、決済用端末を持参しないといけないので、事前にその旨、お申し付けくださいね。

そんなこんなで、雑貨の出荷は 3 パレットで 600kg ほどでした。
そろそろ、大型商品の納品限界が近づいてきているんで、明日からは小型商品の納品をボチボチ頑張りたいと思います。

続・コンテナハウス

今日は入荷した雑貨を検品して 480kg 出荷しました。
ただ、この内、約 300kg はこれまでに入荷してあったものなので、実質 200kg 弱が本日の作業分ってことです。
3t 近く入荷しているので、このペースだと出荷し終えるのに 2 週間かかってしまいます。
品切れしているもの、嵩張るものから、片付けていきたいと思います。

ところで表題の件です。
YouTube を見ていたら、折りたたみハウスの動画を見かけました。

20ft コンテナのサイズくらいでしょうか。
だとすると、長さが 6m で、幅は 2.5m, 左右に 2m づつ広がるとすると、6.5m で、内寸的には、5.5m x 6m だとすると、33m2 だから 18 畳くらいのスペースが確保できそうです。
ちょっと狭い気もするけど、住める広さです。
40ft だとその倍あるので、完全に住めますね。

ただ、水回りをどうするのか、というのは問題かも。
それに、住むとなると、中にそれなりに物がたまるので、そうそう折り畳んだりできるのか、っていうことにはなります。
なので、普通のプレハブでいいんじゃないの、と思いますね。
トレーラーハウスにしないなら、どのみち税金とかかかっちゃうわけで。

でもまあ、パタパタと折り畳まれていて、アイデアとしては面白いなと思いました。

お店の移動ショールームとか作れたら楽しいんじゃないかと思いますが、40ft コンテナトレーラーってかなりでかいんです。
イベント会場とかに出張したい気もするんですが、通行許可が必要だったりするし、まあ、万一儲かるようなことがあったら 20ft コンテナでやりたいなとは思います。

緩和で車両総重量が 46t になり重量税がほぼ倍になった謎

自家用の白ナンバー、トラクタの車検の備忘録です。

先週になりますが、車検が 18 日に切れて、仮ナンバーを借りてあったものが 26 日までで、かつ 25, 26 日は土日でお休みなので、ギリギリの 24 日に車検に行ってきました。

結構並んでいて、予約を取れたのが午後からだったもので、えらく時間がかかり、ギリギリに合格でしたが、ちょっと焦りました。
なんせダメだと、仮ナンバーを借り直すところから始めて、検査ももう一度一からやり直しになるのですから。

前々から予定していた通り、最大積載量、トラクタなので第 5 輪荷重というのですが、それを増やしてもらうことにしました。
結論からいうと、余計なことだったのではないかと思っています。

で、積載量を増やす前ですが、車両総重量は 40t で 1t あたりの自動車重量税が 4,100 円なので、164,000 円だったんですが、車検後は、46t なので、188,600 円となりました。

問題は二つあって、今までは、海コンだけ 11,500kg で、その他は 8,900kg だったんですが、要するに海コンは目一杯の 11,500kg 取れていたんです。
ところが、今回は全部が 11,100kg になり、海コンに関しては、減ってしまいました。

それよりももっと大きな問題は、重量税の値上がりです。
ただ、この値上がりの理由がよくわからなくて、去年は 40t で 100,000 円で、1t あたり 2,500 円だったのです。
しかし、継続検査と間違えられて計算された重量税は 1t あたり 4,100 円に値上がりしました。
あまりに高いので、確認したところ、エコカー減税です、といわれたんですが、古い車検証を見せて計算された額なので、構造変更とは無関係に税額が上がったことになります。

構造変更といっても、車自体は何一つ変わりませんので、帳面上の問題で年額 88,600 円維持費が増大するわけで、ほぼ倍増するわけです。
それよりも何よりも、現状、第 5 輪荷重が不足して牽引できないものがあるわけでもなく、積載は将来的に取れた方がいいよね、くらいの勢いでしたから、余計なことだったのではないか、と思うわけです。
まあ、6t 増えて、2,500 円のままで 15,000 円くらいなら、そういう台車が必要になった時に、車検が飛ばずに済んで良かったなというお守り料みたいに思えるのですが。

ちなみに、重量税は国税で、国交省に聞く必要があるようなので、後でよく確認しようと思います。

自動車税については県税になり、普通車の場合、一律で積載(第 5 輪)によって、変わったりはしないそうです。
県の人に聞いたんですが、車検証の形式の 3 文字、LKG なんですが、国土交通省の定める「自動車排出ガス規制及び低排出ガス車認定の識別記号(PDF)」になるんだそうです。

  • 排ガス規制年 L 平成21年規制 無
  • 燃料の別 K 軽油・ハイブリッド無(達成(重量車))
  • 用途 G 貨物・乗合 車両総重量が 3.5 トン超

新しい型は QKG になっているので、燃費が多少良くなった、ということなんでしょうか。
これでエコカーかどうか、どうやって識別するのかまではわかりませんが。。。

トレーラーヘッドの重量税は、車両の燃費性能によってエコカー減税適用の可能性があります。」という記述もあるので、これも確認した方がいいですね。

何事も経験とはいいますが、多分、個人が趣味で乗っているトラックで、こんな面倒臭いことをしてる人は、そう滅多に胃なさそうかなとは思いますのですが、まあ、緩和する前によく調べたり、考えたりした方がいいよ、ということで、多分失敗談の備忘録ということになるんじゃなかと思います。

車検の準備

今日は予定通り、運輸支局に車検の打ち合わせに行ってきました。
結果、諸元表を持って行って、構造変更で車検を受けることになりました。
チップ用の台車の方はかなり面倒くさそうなので、後回しにしようと思います。

帰り際、エアストリームが止まっていました。
これから仕上げるんでしょうかね。
ちょっと短い感じです、いいですね、エアストリーム。
いつかは買えるようになるといいんですが。。。

それで、自動梱包機なんですが、どうも普通のではなくて、お中元なんかで使っていたもののようです。
そういうところから、拾ってきたので、まあそうなんでしょうが、紐がかなり細い感じです。

MonotaRO とかに売っているんでしょうか。。。

急ぐものでもないので、梱包機の型番を調べて、メーカに確認してからにしようと思います。
ダンボールで販売する用の薪を結束するのに使いたいんですが、強度的にどうなのか、ちょっと気になります。

あと、薪乾燥機の部品も届いていました。
なぜか、ナイフが何本も一緒に入っていたんですが。。。
パッキングリストにはなかったです、ナイフは。
おかげで開梱された跡があったんですが、開披検査になったんでしょうか。
まあ、なんにせよ届いたからいいんですが、ナイフは電工ナイフのようでした。

帰りに 1 本、山が少ないタイヤがあるので、遅かれ早かれダメになるので、車検を機会にタイヤを入れ替えました。
スーパーシングルにしたい気もしないでもないんですが、予算というものもあるので。

ほとんどの人にはどうでもいい情報でしょうが、トレーラヘッドのタイヤですが、1 本、5 万円弱です。
全部で 6 本ありますので、まとめて交換しないといけないようなことになると 30 万ほどかかります。
思ったよりも高いですか、それとも安いですか?

3 軸の台車だと、1 軸あたりダブルタイヤだと 4 本ありますから、12 本、60 万かかります。
自分のは 2 軸だけですが、それでも 8 本で 40 万程。

結構、タイヤ代、バカになりません。

スーパーシングルにすると、2 本が 1 本になるので、ランニングコストは下がるのですが、最初にホイルを買わないといけないのである程度距離を乗る人でないとペイしません。
なので、自分の場合ペイするのは難しそうですし、ボルボに適合するサイズをブリジストンはまだ作ってないそうですので、そのうちに、サイズが出て、価格等がこなれてきたタイミングで、考えたいと思います。

そんなこんなで、戻った後は、出荷のための検品と梱包作業をしたんですが、夕方まで雨が止まなかったので、今日は発送はできませんでした。

どうでもいい話ですが、うちの弟一家がテレビに出てました。
弟のところの長女、姪っ子が今年成人するので、成人式の取材でした。

それで、オイオイと思ったのは、お宮の手伝いをしている的に放送されてたんですけどね、確かに手伝いはしてくれているんですけど、年に数日なんですよ。
あの映像を見ると、しょっちゅう手伝ってくれているように見えるし、年に一度手伝うか、手伝わないか、という弟もバッチリ映ってました。
別にテレビに出たかったわけではないんですが、美味しいところを持っていかれたような気がする今日この頃です。

しかし、例の破れかけの提灯、さすがプロが撮って気を使って編集してくれていて、ボロいところは見事にカットされていました。ただまあ、植木の手入れが間に合ってないところはバッチリ写っていて、常日頃からちゃんとやっておかないといけないなと反省しております。

明日は、午前中はどんど焼きと月次祭です。
午後から、今日の続きで、発送作業を進めたいと思います。