ヤフオクで萌えるアイテムを見てしまった件

ヤフオクって、たまに変なものを売っているんでやめられません。

これはヤバイです。マジで欲しいです。
ちょっとボロいけど、スプロケットもそんな減ってなように見えるし、ゴム下駄もまだまだ行けそうだし、グラップル付きだし。

これさえあれば、原木を山から出すときに格段に安全で楽になります。
また、ヤード内での原木の移動、はい積みも、効率がかなり上がりそうです。

相場が全くわからないんですが、魚谷の AK シリーズが 1,000 万ほどと聞いていますので、かなり終わりかけの機械ですから、いいところ 出しても 200 万という感じでしょうか。
ただ、それだと正直、ホースまわりはすぐに修理代が掛かりそうなので、もとが取れるかはかなり微妙なところかなとも思います。

まあ、先立つものもないことですし、夏なんて売上もないわけで、50 万なら買えますけど、最低落札には届いていないようなので、後学のために、いくらで落札されるのかウォッチしたいと思います。

それはそうと、今朝、ゴミを捨てに行こうと思ったら、鉄板で擦ってサイドウォールに穴が空いて、完全死亡です。
この間交換したばかり なんですが、致し方ありません。

交換しようにも、ジャッキも十字レンチも行方不明で、台風も来てたので放置プレイです。
とりあえず、代わりのタイヤは出てきたので、それを使おうと思いますが、それにしても勿体無いことをしました。

アネスト岩田キャンベルのエアハンマー TLX9803 を買ってみた

出典 Yahoo! 天気

台風ですが、予定通りこっちに来ているようです。

予報で、あんな動きするわけ無いだろう、とか高を括っていたんですが、なんと、本当に予想通りに逆コースでやってきています。
高い金かけて衛星を打ち上げ、いろいろ積み上げてきたことは伊達ではない、ということでしょうか、それにしてもびっくりとしか言いようがありません。

昨日の夜三重に上陸して、今大阪のあたりで、雨も風も、今のところ、特に台風を感じるような状態ではないのですが。。。
京阪神の方面の方に大した被害が出なければいいのですし、こっちも大したことがないといいんですが、5 時に今治市に避難指示が出ていますね。

土砂災害に関する避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。 対象地区は次のとおりです。 波方地区全域、大西地区全域、菊間地区全域、吉海地区全域、宮窪地区全域、伯方地区全域、上浦地区全域、大三島地区全域、関前地区全域 崖付近や沢沿いの地域は、土砂災害の危険性が高まることが予想されます。 特に、今回の平成30年7月豪雨災害を受け、既に土砂災害が発生している箇所や、崩れやすくなっている箇所などは更なる土砂災害に警戒が必要です。 高齢者や小さな子供がいらっしゃる方など、避難に準備がかかる方は、支援者と連絡を取り合うなどし、避難を開始してください。 それ以外の方については、避難の準備を整え、気象情報に注意して、危険だと思ったら早めに避難をしてください。 避難場所への避難が困難な場合は、近くの安全な場所に避難してください。

菊間地区全域が対象なのに、松山は何も出てないんですが、本当に大丈夫なんでしょうか。。。
水路については、再度清掃しておいたんですが、隣の神主さん、神社からの排水なのに水路を掃除しないし、倒れそうな枯損木も放置してあるし、本当に無責任な方で困ります。

で、本題です。

まだ取りに行っていない海コンシャーシですが、日本海側で使われていたもののため、写真でもわかるほど錆びた箇所があります。
手間を掛けては意味がないのですが、ある程度の補修はしないといけないと思うのです。
そのため、楽に補修する方法を調べてみました。

結局の所、削るのが楽そうだなと思うのですが、問題は、エアハンマーを持っていないことです。

出典 Amazon.co.jp

そこでざっと調べたところ、アネスト岩田キャンベルのエアハンマー TLX9803 が値段が安くて、台湾製だったので買ってみました。

ヤフーショピングで、価格は、3,406円(送料 500 円含む)で、690 ポイント付きましたので、実質 3,000 円以下です。
Amazon.co.jp でも同じくらいの値段ですね。
WHATNOT というお店が安かったです。

そうそう、上のリンクはアフィリエイトではないのですが、薪山崎 さんというサイトで、アフィリエイトで月に 4 万も儲かった、という記事 がありました。

このブログも季節により変動があり、当然、お店同様、夏場は閑古鳥ですが、PV 的には同じくらいですから、記事をそのまま鵜呑みにすると 1 PV あたり、0.8 円程度の収益になっているということになるわけですね。

まあ、噂の範囲ですが、youtube が動画再生 1 回あたり 0.1 円程度の収益といわれていますから、仮にそれくらいの収益でも、5 万 PV なら 5,000 円の収益になるわけです。

非常に夢のない話をすると、雑貨屋さんは消費税を払う必要がないレベルの売上で、粗利を 10% くらいに設定しているので、ここまで算数の計算をすると、年間 100 万も粗利がない、ということになります。

あくまでも、粗利であって、実際の利益ではありません。

ブログに書いてある通りで、月に一度くらい、通関をしたり、日々、発送指示をしたり、たまには発送や配達もしていますし、商品は自分でチョイスして、サンプルを取り寄せて使ってみて、それで販売をするので、結構手間もかかっているんです。

ですが、アフィリエイトってノーリスクで、在庫すら要りません。

アフィリエイトの場合、紹介先が最安とは限らないし、中にはあからさま過ぎる手数料目当てのリンクがあったりと、この辺は、リテラシーの問題であって、リンク先で買う買わない、というのは利用者さんの方のスキルと注意力の問題でしかないといえばそうかなとも思うわけです。

実際のところ、Amazon.co.jp とか、アフィリエイトだとかにピンはねされる分を含めて 2 割くらい抜かれているわけで、自衛はしていかないとと、大変ですしね。

アフィリエイトといえども、単に導入すれば利益が上がるというものではなく、それだけ質の高い記事でなければ、結果には繋がらないと思いますし、そういう意味では、モチベーションアップにも繋がりそうな気もしないでもないので、まあ、気が向いたら、導入してみようと思います。

ちょっと脱線しましたが、TLX9803 は 2HP くらいのコンプレッサーが最低必要なようです。

あらかた TLX9803 で削ったら、その後は、転換剤で処理をしないといけないのですが、youtube を見ていると、Chassis Saver が一般的に使われているようです。

これ、10 pounds で $80 していますね。
4.5kg で小一万、ということです。

サビキラー の場合、4kg で、実売価格が 1.5 万円程度です。
輸入の手間や、サビキラーが水性で、エアレスで吹けるし、使い勝手が良さそうでもあるので、サビキラー を使うと思いますが。
この辺のことは、昔書いた ときから特に進展はありません。

エアレスといえば、買った Graco のエアレスですが。。。
実はまだ、箱を開けてすらいません。。。

それと、欲しいと思っていた 好川のエアレス用のガン刷毛 ですが、Graco のガンにはとりつかないようです。
変換を噛ませば付くようなのですが。

Q7
各社のエアレスガンとの接続は可能でしょうか?
A7
国内外のエアレスガンメーカー製品との接続チェックをしております。グラコ社製のガンの接続は直接できませんが、アダプターを使用することによって解決できます。接続がうまくいかない場合はご相談下さい。ただし、トリガーガード付の場合は外してご使用下さい。

さっさと、20′ を塗れってことだと思うんですが、下地処理をしたら、あとは 40′ でも 10 分で塗れるわけで、このくらいの速度で塗れるのなら、高い塗料を使うよりも、トタン用の安いやつを 5 年くらいのスパンで、早め早めに重ね塗りするほうが良さそうです。
下地処理のほうが遥かに時間かかるわけですから、錆びさせない、塗装を剥離とか云々しなくても済むうちにどうにかしたらどうかということです。

それとコンテナの改造ですが、楽しい動画を見つけました。
ガスで切断しないとダメかと思っていたんですが、今ある道具で普通にできる(かもしれない)ということがわかりました。
40′ コンテナも自力で運べるようになるので、コンテナハウスづくりも、また一歩、実現可能に近づいた感じがします。
ただまあ、40′ は自力で荷降ろしするのが困難なので、ヤードなどの現場の小屋的なものは 20′ で作ったほうがいいようにも思います。
海コンシャーシは兼用ではないのですが、20′ はまな板で運べばいいですし。

溶接は自己流なので、まずは一度習いに行こうと思います。

こういう講習ですが、市の補助金を頂いていて、去年までは民間の教習所の場合は、市内でないといけなかったのですが、コベルコ教習所は隣町なので NG だったものが今年から OK になりました。

今年の目標の資格 のうち、残るものは、

  • 移動式クレーン運転士
  • 高所作業車運転技能講習
  • 足場の組立て等作業主任者技能講習

ということで、これに

  • アーク溶接等特別教育
  • 車両系建設機械(解体用)運転技能講習

くらいまで頑張れればいいのかなと思います。

毎年忘れてしまっているんですが、そろそろいい加減に、電気工事士も取っておきたいと思いますし、来年は忘れないようにしたいと思います。

薪割り機の出荷とか、夏越祭の準備とか

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪割り機のささやかなセール をしているのですが、早速注文をいただき、出荷しました。

面倒くさいこと、明日できることは、すぐにやらない性分なもので、トラックに薪を積みっぱなしだったので、2 時間ほどかけて下ろして片付けたのですが、薪の単価を考えると、そんなに手間を掛けていては割に合いませんし、商品の価値が上がるわけでもない。
なんでそんなに手間がかかるのか、というとこれはひとえにフォークの爪が短く、4t トラックの荷台中央においたメッシュパレットを一発で下ろすことができず、チルトさせたり難儀をして、1 パレットづつ下ろして、また重ねて、というようなアホなことをしているためです。

でも、爪が長くなると、車庫の中は今の爪でギリギリにレイアウトしてあるので、困るのです。

そこで、つけ爪というか、サヤフォーク(もどき)を買いました。
60″(約 150cm)で、セットで $100 くらいですが、パレット代が $35 かかって、送料だの消費税だの、なんだかんだで 20,000 円弱、といったところで、国内で売られているものと大差がない ので、2 セット買ってみました。
そうすることで、パレット代と容積が節約になるかなと思うわけです。
TCM と住友とどっちも爪が短いですから。

あまりの暑さにダラダラしていたもんですから、夕方近くになってしまって、薪割りはせずに夏越祭の準備をしました。
そう、ミストの出る扇風機を借りたのです。
ただ、明日は午後から雨の確率が 50% ですから、湿気ている時には、ミストの効果は余り期待できないかもしれません。。。

その後、トレーラの車庫を新しく借りようと思って、相談していたのですが、地主さんに OK をもらって、またタダみたいなことをいうもんだから、ちょっと困りますが、好意に甘えて、薪屋さんが軌道に乗るまでは、少し安めに貸してもらおうと思います。
現状、荒れ地なので、多少の整地はしないといけないと思うのですが、麓に近いし、前面道路も広いので、燃料と時間の節約になり、使い勝手はよくはなりそうです。

まあ、明日は明日で、ボチボチ頑張ろうと思います。

土砂崩れの復旧

表題の土砂崩れの件です。

道路などはだいぶ通れる程度に復旧されてきたんですが、きちんとした工事はまだまだ掛かりそうです。

神社の方ですが、実はほぼ手付かずです。
この状態では、同じくらいの雨は言うまでもないですが、ちょっと激しい程度の雨でも、再度崩れかねないので、なんとか早めに対策をしたいと思います。

ひどいのは、神門の前の参道の崩落です。
一部、道路に土砂が流出していますし、水路にも流れ込むので片付けたいところですが、ここが通行できなくても、たちまち支障はありません。
問題は、かなりの土の量なのと、搬出時に大型が入るかどうか、ということでしょうか。

一方で、社務所脇、電柱と道路の路肩の崩落ですが、電柱については、連絡済みではあるものの進展はありません。
ここについては、いろいろと思うところがあるにはあるんですが、次こそは崩落するようなことがないように、役所にはしっかりと工事をしてもらいたいものです。

いろいろ思うことがあるというのはこういうことなんです。

今から 10 年くらい前に、お宮の北側の道路の路肩が派手に崩落して、ここは復旧に 2 年近くかかったように思いますが、この時水路の一部を閉鎖して水が増えました。

それで、水が増えた分が境内(境内のほうが道路よりも低い)に流れ込むようになり、別の所の土が流出して、みかん山にお宮山の石が崩落するという自体が発生しました。
その時崩落した石ですが、変わった石だったので、国旗掲揚塔 を作るのために積みました。

その後、しばらくは無事だったんですが、2 年ほど前に道路からの水で路肩が崩落しました。

今回崩落したところは、修理した箇所のすぐ隣の、電柱(支線)のところです。
元々、崩れかけだったのですが、この時には、崩れたら修理するということで、そのままだったわけですが、やはり崩れました。

こういうことがないように、アスカーブで水が超えないようにしてほしいということもいったんですが、結局、舗装をやり直したところだけしか施工せず、今回、水が超えたわけです。

アスカーブってのは、写真(右)のような、路肩にアスファルトをかまぼこ状に盛ってあるものです。

今回と 2 年前に崩落した箇所は、逆バンク状態になっている左カーブで、山からの水が洗い越し状態になって、路肩が崩落したので、それを防止するためにアスカーブを施工してもらいましたが、市が数メートル分ケチったため、またしても崩落したという具合です。

アスカーブについては、たしかに、修理した箇所は水が超えなくなりましたが、修理した箇所より低い南側はありませんから、去年は別のところが崩落したわけです。

ここに対しては、植生土のうを積んで、道路側からの水はこれまた土のうを積んだだけで、恒久的な対策がなされていません。

こういう対症療法を繰り返すのを行き当たりばったりというのではと思うんですけど、まあ、役所のすることなので致し方ありません。

今年は、水路はあらかた掃除して、できることは全てやっている、というか、そもそも市道なので、市がもう少しきちんと管理してくれたらとは思うのですが、それでもダメな時は、市の方でなんとかしてもらいたいと思います。

昨日夕方、市から連絡があって、とりあえず、現地には来てくれたようで、週末 21 日に総代会があるので、その時に対策等について話をしたいと思います。
21 日は北条の神社の総会もあるんですが、すっかり忘れてました。

そんなこんなで、週末、新潟に鉄くず 24 万円号を引き取りに行く予定だった のですが、無理になりました。

次の週末は夏越(輪越)祭があるし、遅くなるとお盆になるし、6 日に次の貨物が入港するので、6 日に出発して、帰りにコンテナを買って、そのコンテナに雑貨を積んで帰れば、全く無駄がないといえばない感じです。

日程に関しては、先方の都合もあるので、早めに煮詰めたいと思います。

この時期お店は閑古鳥 — 今月の仕入れは 60 ケースでたったの 2.137 CBM, 676 KGS

もう梅雨は明けたんでしょうか?
豪雨の後は、連日猛烈な暑さです。

昨日は 南クリーンセンター にごみの搬入をしました。

そこで確認したところ、

  • 家電 4 品目 以外の、埋め立て系以外のゴミは南クリーンセンターで受け付ける。罹災証明は不要。ただし、罹災状況確認のため、写真撮影などの手続きが必要。
  • 家電 4 品目 については、罹災証明が必要。
  • 埋め立て系は 横谷埋め立てセンター で受け付ける。

ということで、大部分のゴミは、南クリーンセンターとなるようです。

ちなみに、昨日の時点では、ほとんど搬入はないようですので、受け入れ時に混雑して大変、というような状況ではありませんでした。
日曜、祝日、正月以外、と土曜日もやっているそうです。

その後も、市に土砂崩れにより発生したゴミの処分について問い合わせをした件ですが、回答は全くありません。

それはそうと、雨の後の照りつける日差しで雑草が猛烈に繁茂し始めました。
今月末には夏越(輪越)祭があるので、境内の除草を含めた清掃をそろそろ始めないといけません。
これがなかなか大変。。。

ふと思い出したのが、草刈りロボット Tertill のことです。
そろそろ発送されていないといけない時期なんですが、最近とんと話を聞きません。
コケたか?

一方で Husqvarna の芝刈りロボット は、野立て太陽光発電所など活用されているようで、ある程度の面積があるケースでも、現実の業務に使えるクオリティのようです。

少子高齢化で、神社の草刈りを総代さんや氏子さんがこなせなくなってきているので、こういう重労働を軽減するため、そろそろ真面目に導入を検討したほうがいいようにも思います。

それが、神社のあり方としてどうかという思いもありますが、それ以前の問題として、草刈り等の作業は、刈払機を使用したり、動噴を使用したりするわけで、サラリーマンだったような人たちは、作業経験がないだけでなく、それら道具すら持っていないという根本的な問題があり、一部の人に負担がかかる傾向にあることは、由々しき問題だと思います。
実際に、神社の除草作業で、刈払機の刃が隣の人に当たっての死亡事故などもあり、スキルの低い人が作業に当たることは危険だと思います。

ただ、ロボット掃除機にも言えることですが、これらの機械には動作しやすい、効率よく作業できる環境というものがあるので、除草前にそういう部分の整備も合せてしていかないといけないのはハードルが高いですよね。
もちろん、最大のハードルは、ロボットのイニシャルコストでしょうが。

昨日の薪割りは、結局、2t ダンプ 2.5 台でした。

また新しくカブトムシの餌が 1 袋できたのですが、大体 25 ダンプ少々山盛り 5 — 6 台で一袋くらいできる感じです。
これとは別に、皮だとか、もう少し粗いチップ状のゴミとかも発生しています。
なんとか活用する方法はないのかなと思い、とりあえず、乾燥機の燃料にしようと思って溜めているんですが、置き場に困り始めました。
なんとも。。。

しかし、こう暑いと、薪ストーブ関連の雑貨は全く売れません。
お店は閑古鳥が鳴いております。
ですから、在庫の補給も必要ないので、今月は、たったの 60 ケース、2.137 CBM で 676 KGS ほどの仕入れです。

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 061W
ETD LAX: JULY 23
ETA KOBE: AUG. 7

60 PIECES
676 KGS TOTAL
2.137 CBM

海コンシャーシというか、鉄くずというか を買ったわけですが、コンテナがないと荷物を運ぶ事はできないわけですので、次回神戸に行く時には、まずはコンテナを買って、そのコンテナに荷物を入れて持って帰ろうと思ったんですが、荷物があまりに少なすぎて、どうしたもんか、悩ましいところです。

というのも、積載が仮に 24t 取れたとすると、年間 10 万以上の維持費がかかります。
つまり、月 1 万程度は、置いておくだけでかかるってことになります。

自賠責は登録時に次の車検まで必要になりますから、一月以上放置すると、新たに加入し直す必要が出てくるのですが、5,000 円ほどですから、実際に必要になるまで登録しないほうがお得ではあるわけです。

でも、もう一つの問題として、通行許可の申請がそれではできないという。。。

コンテナも普通のにするのか、それとも、天井のないオープントップにするのか、という問題もあります。
オープントップはあまり流通していないようで、価格も高いし、幌の着脱がかなり面倒臭そうだし、幌自体、寿命が短そうにも思うんです。

調べたところ、相賢 さんに在庫がありましたが、464,400 円(税込)で、相場は、税抜 40 万程度だそうなので、普通のコンテナに比べて著しく割高なようです。

元々建設機械など、箱の高さが足りないものの輸送に用いるもので、頻繁に幌を着脱するような前提ではないそうで、そう考えると、シェイクがすごく安く感じます。

幌が破れて交換となれば、相当掛かりそうです。
まあ、その時はその時でしょうけど。

台車の方ですが、連結検討書が届きました。
費用は、32,400 円でした。

海上コンテナはどこで買えるのかという疑問

JR コンテナの中古は JR 貨物で買える という当たり前のことに気づいたのですが、だとすると、海上コンテナはどこで買えるのかということも、もともとコンテナを使っていた船会社で買えるのでは? と思いついたわけです。

ヤフオクなどでも売っているんですが、売り主はコンテナハウスなどの業者さんなのです。
よく考えなくても、彼らは「どこか」からコンテナを仕入れているわけです。

2t とか 4t とかあるコンテナを自分で運べる人はあまりいないと思うので、大部分の人は、そういう業者さんに頼んで、運搬や据え付け等をして貰う必要があるかもしれませんが、自分の場合は、自分でできるので、間に業者さんが入るということは、その分マージンが乗るということにほかならないわけです。

その仕入先の「どこか」はどこだろう、と想像してみましたが、JR コンテナの理屈で行くと… 船会社!ということになりますよね?

早速検索してみました。

問い合わせてみたところ、40ft の 8’6″ のドライで 32 万(税抜)ということでした。
積み込みについては、リフト使用料が本来はかかるけどサービスします、ということです。
うーん、ごくごく普通の値段です。

こちらの業者さんだと、28 万との表示ですし、カードで支払えるのでポイントがつきます。
まあ、カードで支払うと、業者としては paypal とかの場合、3 — 4% の手数料が発生するのですから、価格自体が変更になる可能性はあるかと思いますが。

こちらの業者さんも 28 万, カード対応ですが、オプションサービスの料金表があります。

塗装は 5 万〜となっていますが、これは 12ft とかの小さな箱だと思いますが、記憶が確かなら、塗った 40ft は +10 万程度でした。
40ft ですと箱の長さが 12m ほどありますから、底は塗らないとしても表面積は 100m2 以上はあると思うのです。
大体一斗缶で 2 度塗りすると 50m2 くらいしか塗れませんから、安い塗装色で一缶 10,000 円だとしても、塗料だけで 2 万、シンナーだの下地の防錆塗装だの何だの言うと、結構掛かると思うんですよね。
手間賃を入れると、餅は餅屋じゃないけど、自分でやるよりも塗装仕上げまで依頼したほうがいいような気もしてきました。

コンテナも 40ft にもなるとかなりの大きさだし、置いてあっても目立ちます。
お店の看板として役割を担うこともできると思うので、そこそこ綺麗にはしておきたいと思います。

というわけで、海上コンテナの場合は、業者さんによって価格に幅があるので、実物を見て、状態と値段を確認して納得して買うほうが良い、と感じました。

ただ、薪の輸送に関しては、納品させていただいているところに大型トレーラで直接搬入できなくて、ユニック車で小運搬しているので、普通のコンテナではなく、屋根のないタイプ、オープントップコンテナ が便利かなと思います。

あまり売られていないようなので、じっくり探したいと思うのですが、あまりに高いようだと、シェイク を買ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、以前買った 20ft は古道具屋さんで買いましたが、自重が 2t 強あるので、鉄の価値だけで 5 万円ほどはあるのです。
やはり安く買うには、一旦使われた出物をヤフオクで探すしかありません。
ただ、この場合注意しないといけないのは、個人宅などの場合、売り主が積み込むことができない、という点です。
積み込みのためにラフターを雇うと、それだけで簡単に 3 万とか、4 万とか飛んでしまいます。
その点を考慮して、入札価格を決めないといけませんね。

eBay でコンテナシャーシ用にリアカメラを買ってみました

eBay でコンテナシャーシ用にリアカメラを買ってみました。

全周カメラはどうしたんだというツッコミが入りそうですが、結論から言うと、全周カメラですが、ケーブルなのでいちいち 4 本のビデオケーブルの着脱をするわけにもいかないし、トレーラ用のケーブルの入手ができておらず、放置プレイなのです。
それ以前に、まな板は短いので、カメラがなくてもなんとかなっている、というのもあります。

ただ、コンテナシャーシはそれなりの長さがあるし、後も見えなくなるだろうから、カメラはあったほうがいいかなと思うのです。

左後については安全のために、ヘッドにもカメラを付けてあるんです。
ケンウッドの DDX6016 という 2DIN ヘッドを付けてそれに専用カメラを付けたのですが、CMOS-320 という RCA 接続タイプを使っているためか、20 年前の写メの画質です。
バックカメラには、CMOS-C320 というものもあって、こちらは多分デジタル接続で多少は画質が良かったのではと思うのですが、ここまで画質が悪いとは思わなかったので、アナログ信号のものにしてしまい後悔しています。

このあたり、ドライブレコーダなどの画質を見ても分かる通り、カメラ自体の問題というよりも、その後のデータ信号の処理の問題だと思うので、今回は、一旦 RCA で接続して WiFi トランスミッタにつなぐものはやめたほうがいいかな、と思ったのです。

能書きですが、

Simple to set up: Scan QR code Download app, plug and play. No complicate process, get a quickly response on your Android device in 2-3s. Compatible Android 4.0-7.0 (NOT SUPPORT Google 1, 2Gen, REDMI NOTE4, Nokia 6 and Moto Z Mobile Phone)
Superb Night Vision: 28 IRs for night vision viewing, vivid image, offer a more safety night journey
Heavy Duty size & High Quality, IP 67K Waterproof metal shell, use for big size truck or home security system
Wifi Rear Camera: Bulit-in Digital Wifi Signal Chip, with backup line use for car backup, it can be remove by manual
Easy to install on car or any other needs place, red wire to positive, black wire to ground (12-24V)
Wifi Digital Vehicle Backup Camera
▶WIFI Signal Transmission: 100-200ft open air
▶waterproof rate:Ip67
▶Effective Pixels:684 x 512pixels
▶Lens Angle:120°
▶Video Output:1.0vp-p, 75Ohm
▶Power Supply:DC 12V-24V
▶Current Consumption:≤300mA
▶Electronic Shutter:1/60 ~ 1/10,000 Seconds
▶Gamma Consumption:0.45
▶S/N Ratio:Better than 48Db
▶Operating Temperature:-20°C~70°C ,RH95% MAX
▶Storage Temperature:-40°C~85°C ,RH95% MA

Package Included:
▶1*Wifi Digital Backup Camera for Truck Bus Van RV Motorhome
▶1*Power Cable

ということで、トラックの 24V にも対応していて、モニターとしては、iPhone を使うようになります。
モニターはいくらもしないでつくてくるという話もあるとは思うんですが、台車は複数あるので、1 台のモニターで複数のものに対応できるのか、という疑問があったし、そもそも使えるかどうか、という部分からして謎なので、少しでも安く上がればと思いました。

ちなみに、同じと思われるものを楽天で見ると、

は、12,800 円+送料 900 円だそうで、eBay では値切ったら $2 負けてくれて、$62.99 + 送料 $2.99 でしたから、半額くらいで買えた感じです。

まあ、同じものかどうかもわかりませんし、それ以前に、まともに届くのかどうかも謎ですが。

新潟に引き取り行く前に届くといいなと思いますが、届いたら、配線用の工具を持っていって、カメラは取り付けてから走りたいと思います。

新潟旅行計画

新しく茶トラ急便に仲間入りするトレクスのコンテナ(タンク)シャーシですが、新潟県にあります。
本当は 2 週間で引き取らないといけないのですが、予定が立て込んでいて無理なので、先に連絡してあってももう少し待ってもらえることにはなっているんですが、来月には引き取りを済ませないといけません。

今の台車ですが、図面の通りで、前まわりが 1,280mm, 後まわり 1,840mm なんです。
そして、後まわりが短いので、ヘッドのカプラ位置を変更して対応しているのです。

今のカプラ位置で牽けないなら、どうやっても牽けないのですが、前 1,230mm, 後 2,320mm なので、前は短く後は長いので、全く問題なくて一安心です。

これの連結検討は、新たにやらないと、検討済みのシャーシではありませんでした。
連結検討は、メーカさんに依頼して、32,400 円かかるそうです。

問題は、全長が 12,790mm あって、8,750mm から比較すると、4,220mm 長く、ピン位置の関係で、連結後の長さは更に 50mm 増えるので、4,270mm 長くなり、全長で 16.5m くらいになります。

当然ですが、その長さのものは乗るのは初めてですので、1,000km 程は引っ張って帰らないといけないので、ちょっと心配ですね。

なので、一旦つくばにって、そこで仮ナンバーを借りてから新潟入りし、引き取った後、つくばまで持って帰って、あとはよく知っている道なので、ゆっくり帰ろうかと思います。

それと、今までのものは単車に比べてリアオーバーハングが短いというのはあったんですが、連結後の全長に関しては多少長い程度だったんで、大型の枠に駐めても 2m くらい出っ張るくらいですんだたのです。
ですが、コンテナシャーシの場合、シャーシだけで 13m ちかくあるので、大型枠だとヘッドが完全に収まりません。
まあ、駐車場が空いていれば、台を切ってヘッドを隣に止めておけばいいんでしょうけど。

それで、またまた山岡家の話になるんですが、写真は蒲郡の山岡家なんですけど、駐車場ってのは広いといえば広いんだけど、長い方の枠でも 13m しかないのです。
写真の側は 12m しかありません。

シャワーを借りたいわけですが、時間帯によっては結構車が止まっているので、そうすると車庫入れするために頭をフルスペースも狭いわけで、慣れるまでは山岡に行くのもちょっと危ないような気がします。

というわけで、どこのトイレに止まるかということからして、見直さないといけない感じです。

ナビで調べたら、パターンとしては、群馬経由と、福島経由に分かれるようです。
群馬経由のほうが 30 分早いのですが、それは群馬・新潟の県境を高速を使っているからであって、一区間だけでも [ETC特別] 2,060 円かかります。
つまり、30 分で +2,060 円なので、時給 4,000 円することになりますね。

福島経由だと 377km あり、これに対して群馬経由だと 299km なので、78km 距離が減ります。
4km/L だとすると、約 20L 節約になり、タイヤなどの損耗も考慮すれば、約 4,000 円の節約になりますので、群馬経由のほうが良さそうではあります。

ただ、17 号や 16 号を経由して、交通量が多いのと、休憩施設の有無で、どちらのルートにするのかは、検討したいと思います。

the1234 ニャーと引っ越しセンターというか茶トラ急便というか 海コン事業部開業!?

またまた鉄くずお買い上げ〜。
トレクス 製 40ft 海上コンテナ用シャーシであります。
お値段 24 万円也。
鉄くず 27 万円号 を凌ぐ安さです。

アルミ箱はどうなったんだというツッコミが入りそうですが、あれ、リアがダンプ扉で普通の物入れとして使えないんですけど、まだ全く手付かずなのに、更に鉄くずを追加してしまいました。

もし使い物にならなかったとしても、とりあえず、自重で 4t くらいあるから 1kg 25 円として 10 万にはなると思います。
残りは勉強代ですね。

トレクスさんに電話したら、うちの近所の上陣さんで修理はできるから相談して、的な話だったので、あとはいくらかけるのか、ということが問題ですが、とりあえず、これで薪を入れるための倉庫は、コンテナを買ってくればいいだけになりました。

コンテナシャーシを手に入れたので、これが使えるなら、アルミ箱を事務所車に改造するよりも、コンテナを事務所に改造して、積み替えたほうがいいわけで、アルミ箱は売りに出そうと思います。

それと、前まわり・後まわりが OK なのは確認済みなんですが、連結検討をしないといけません。
このシャーシは連結検討が済んでいないようなので。
余計な費用がかかりますが、まあ、仕方ありません。

あと、最大の問題はいつ引き取りに行くかですかね。

さて、修理ですけど、この前の鉄くず 27 万円号ですけど、ケレンがすごく大変だったわけです。

国内でも クーレーザー という装置が出回っているようなんですが、リースできないもんでしょうか。

ウォーターサンドブラストが一番現実的かなと思うのですが。

家庭用のものの場合、動画の小さなアングルで 3 分。。。

作業しやすい面は、マルチツールであらかたやって、凹凸が激しい部分のみブラストでやるか、それか素直にセイワのエンジン式でやったほうが良さそうです。

メディアとして使うのは硅砂 5 号のようですが、30kg で、コメリだと 800 円くらいで売っていますね。
30kg でどれくらいの面積いけるのかわかりませんが、回収して使いまわそうかと思ったのですが、手間を考えると使い捨てたほうがいいですね。

整備完了! — ようやく児島まで戻りました

前回神戸に通関に来た時の話ですが、検査になったため、整備の時間が取れなかったし、今回のラジエーターの件もあったので、ディーラーさんに整備で立ち寄りました。

定期的なパーツ交換のほか、気になるところをひと通り見てもらった感じです。

それで、たまたま営業さんがいたので、新型の話をしたんですが、結論から言うとも猛烈に微妙ですね。

とりあえず仕入れた情報としては、

  • 馬力が 440PS → 460PS で 20PS アップ
  • 衝突軽減ブレーキとレーンキープが追加
  • パーキングクーラー標準装備
  • 価格が 150 万ほどアップ。
  • DCT は、上位モデルにオプション。独立懸架の投入はなし。
  • i-see の投入はなし。

ということろが主な内容です。

それで、ベンツ(ふそう)でいうところの proximity control assist に相当する機能があるのかないのかってのは、どもうないっぽいんですよ。

proximity control assist は、相当楽、というか、これは絶対に欲しい機能です。
新型スカニアにはついてんのかな?
opti-cruise っていう名前なんですけどね。

昼ごはんは別所でした。
今回なんとかトレーラ枠をゲットです。
小型を止めるのはやめて欲しいですね、緑ナンバーなんだから、会社の看板とか気にしたらどうですか。

後はターンに行って、ハンドルスピンナーってのを買ったんですが、猛烈に微妙でした。
ガタがあるし、それ以前に、そもそも論として、どこにつけるのか、後でよく考えてみようと思います。

後少し、頑張って帰ります。