雨なのでお宮工事は一時中断 — 原木を運びました

予報通り雨になったので、お宮工事は一時中断です。

昨日、電柱の支線のアンカーが擁壁にあって、視線がじゃまになるので、四国電力に連絡を取ってあったんですが、折り返し連絡があり、現地で話をすることになり、結果としては、支線は埋め込んでかまわないということになりました。
保護用のカバーだけ外してもらいました。

原木ですが、今週中にもう一台取りに行く必要があるのですが、雨でも原木を運ぶことはできるので、取りに行くことにしました。

途中で、Langendorf の土砂禁ダンプの台車がいたんですが、すごく変な台車で、思わず写真を撮りました。

見ての通りなんですが、後ろが 2 軸で、リフトアクスルになっているんですが、なぜかただのシングルなんです。

不思議です。

タイヤの耐荷重的にいえば、シングルで耐えられるほどの荷重でしかないわけですが、結局のところ、4 輪ですので、ダブル 1 軸と同じなわけです。

それなのに、高価なリフトアクスル機構を採用して 2 軸にする意味合いとはどのようなものなのでしょうか?

緩和を受けても 1 軸あたり 11.5t まで、というのに引っかかるため、止む無く 2 軸ということなんでしょうか?

重機用の低床などは、底床にするため、3 軸ではなく 2 軸で、1 軸あたり小径のタイヤが 4 輪, 都合 2 軸 8 輪になってたりするわけで、道路への負担という意味では、単に軸あたりの荷重だけで計算するのはいかがかと思うと同時に、橋梁などは軸距などでの荷重がどのようにかかるかといことも影響すると思うので、そうそう単純な問題ではないと思うのです。

物理的な問題ではなくて、法的な問題でこのような珍妙な車が出来上がったということなのか、とても気になりました。

話を原木に戻すと、市場についたら、結構雨は強くて、固縛するとびしょ濡れになりました。
ヤードに戻って、荷降ろしは延期して台を切って帰りましたが、下ろすと置き場があふれかえるし、そうすると、ヤード内部で方向転換するのも往生するので、ある程度割ってスペースを作ってから下ろしたいと思います。

それと、貨物の件ですが、今日も A/N は届きません。
問い合わせたところ、積み込みはした、といっていますが。。。

代わりに一月ほど後から積んだ神戸に入港する貨物の入港は予定通り 5/1 ということで、 B/L が届きました。
容積的には 4m3 強なのですが、5/1 入港では、5/2 には通関は無理だと思うし、5/3 からは連休だし、5/3 は春祭りもあるので、明日貨物の引き取りができ、26 日に出発するとしても、タイミング的に、おまかせ便の帰りに通関・引取をするのは難しそうです。

次回のおまかせ便では、京都の T さんから販売用の薪の注文を頂いていて、量が多いため、サンプルとして 1 袋だけ持っていって、品質・内容を吟味してもらい、本当にその量の注文で良いのか、よく考えて頂く予定で、OK となれば、神戸引取の時に残りの注文の商品を 4t ユニックで少しづつ運ぼうと思います。

5 月には、この神戸の便と、松山の便は ETA 5/17 ということになっているんですが。。。まあ、当てになりません。

X25 については、船の遅延で販売を一時停止していますが、入荷後販売再開しても、入荷数が少なく、予約分で大部分が販売済みなので、気になる方がいらっしゃいましたら「再入荷お知らせ」機能をご利用の上、お早めにご注文をいただけますと幸いです。

直ってない!LLC 漏れてるんだけど黄色はどうなのかと思う件

今日は、本務神社の大祭の準備で組み立て式授与所をフォークリフトで運び出して、でも、掃除のおじさんがやってこないので、仕方がないので一旦切り上げて、原木運びをしました。

まあ、これは相変わらずなんですが、今日は、組み立てで Y くんに手伝いを頼んでいたので、薪製造機に屋根をかけるために、ハウスの骨も運びました。

それで、荷物を下ろして、お宮に戻って、授与所を組み立て、まあ、この時期キリがないといえばそうなのですが、クスノキの落葉とか、クリの花とか、桜の花とか、まあ、すごいことになっているので掃除したり、草刈りをしたり、そんな感じで夕方まで作業をして、平々凡々と一日が終わってしまいました。

家に帰ってヘッドを駐車すると、直したはずの LLC が漏れていることに気づきました。
というか、LLC って、黄色なんです。
なんか漏れた時、あまりいい色じゃないですよね。。。

リザーバータンクに関しては交換してあるのですが、見ての通り、ラジエータよりも上で漏れているので、リザーバータンクに接続してあるホース類も悪いのかもしれません。

ダダ漏れというほどでもないし、予備も持っているので、しばらくは足して、今度神戸に行く時に、見てもらおうと思います。

トレーラのリアバンパーが小汚い — ウレタンチューニングを思い出した件

この間のトレーラを後ろから見た時の写真なんですが、リアバンパーが茶色く汚れています。

この汚れ、何なんだろうとずっと思っていたのですが、どうやら、バンパーに空気抜きためか、小さな穴があり、中に水が入るのかわかりませんが、錆びた水がそこから噴出するようで、それで知らない間にこういうふうに小汚くなるようなのです。

リアのバンパーについては、保安上の重要な部品なので、勝手にガスで溶断して、錆びないステンレスやアルミなどの別の素材に交換してはいけないようなので、骨組みはそのままで上からアルミかステンレスの縞板でもで、滑り止めを兼ねて化粧しようかとも思ったんですが、運転手が俺ですからね、左バックは全く見えないし、夜なんか特にヤードで原木だとにガンガンぶつける可能性が極めて高い、というか、面倒くさいから、降りていちいち確認したくないし、ぶつかればわかるからそのほうが楽だし、そういう雑な使い方をしたいから、単車ではなくて、台車が使い捨てられる首振りにしたわけで、金をかけても仕方ないわけです。

そこでふとウレタンチューニングを思い出しました。

理屈としては、水や空気がバンパーの角パイプ内に存在するので錆びるわけですから、穴をリーマーでウレタンのホースが入る程度にまで拡げてウレタンを充填してやれば、ウレタン代の 1,000 円くらいで問題が解決するのではないか、と思うのです。

どうでしょう、この思いつき。

まあ、穴が少々大きくなるのが不細工だとは思うんですが、実際のところ、そこから水がはいることもないし、バンパーなので直射日光がガンガンにあたることもないだろうし、ウレタンがそれでガンガンに劣化してなくなる前に、台車のほうが腐ると思うし、見た目のがきになるといえば気になるので、穴は溶接で塞いで、目立たない内側に別の穴を開けて注入し、そこにはプラスチックのメクラ蓋でもを押し込んでおけば、いいんじゃないかと思うのです。

問題としては、事前に内側のサビをどうにかした方がいいのかということで、とはいえ、内側なので、サビの転換剤(溶液)を流し込んでどうにかするくらいしか思いつかないのですが、正直、安いものではないので、お金のムダの気がするんですよね。
錆びてたちまち穴が空くような薄いものではありませんし、ウレタンで密封するので、サビが進行するための酸素も滞るはずです。

後、サビといえば、シャーシそのものを守りたいし、そちらの手入れをしたほうが良さそうです。

鉄ネダは一部腐食が酷いものがあったんで、これは床板を張り替えるタイミングでやり変えたいと思いますが、それまでにメインのフレームについては、防錆塗装をしたらどうかと思うのです。

車両の大きさからしても、完全にサビを落とす、ということは不可能だし、シャーシブラックにはサビの進行を止めるような能力はないので、こういう防錆を謳った塗装をした方がいいんじゃないかと思います。

ただ、動画で紹介されている商品は、黒がないそうなのです。

たしかに、白とグレーしかありません。
油性で、二度塗りが必要です。
税込 5,173 円で、8m2 塗れることになっています。
ロスやシンナー等を無視して、平米 650 円といったところです。

こちらは黒がありますし、水性、更にエアレス塗装機も使えるので、楽でいいかなと思うわけです。
1m2 あたり、99g なので、1kg だと 10m2 ですから、平米 600 円くらいかかります。

他に何かないかと MonotaRO を散策するわけですが、

を見つけるも、男前ブランドのくせして、鬼のように高いし、シルバーのみ。
施工面積も約 2.4~3.2m2 なので、1,000 円以上、ということになります。

錆プロテクター に対してアドバンテージがあるとすれば、水性であること、あと、油性の上塗りができることくらいでしょうか?

ところで、ローバルのように電気的に防錆性能を発揮するものはどうなのかなと思うのです。
MonotaRO ブランドのスプレーですが、これかなり優秀で、なんせスプレーなのでさっと吹いて、準備も片付けも要りません。
一本 863 円で、1.9m2 塗れるのですから、460 円弱とコストパフォマンスも良好です。
まあ、色が当然ですが、亜鉛の色になりますが。
この場合の問題点は、サビを防止するためには、塗膜がある箇所は塗膜を落とし、素地に亜鉛が密着している状態を作り出さないと効果が得られないということでしょうか。

手間を考えると、サビキラーカラー かなと思います。

バックのランプも暗いので、バンパーを修理する時に LED に付け替えたいと思います。
いい加減、ナッターを買おうと思うんです。
でも、左右で二つも取り付ければいいんで、ちょっとナッターでいいかな。

でも、M6 までしかないんですよね、これ。

工具を買わないで、普通の工具で工夫してやる強者のもいるようです。
まあ、失敗してから、専用工具を買ったらいいので、これはこれでありかもしれませんね。

角トップの天蓋ですが、今は、タップしているのですが、相手が薄いので、ナッターできちんとした方がいいのではと思っています。
また、ベースプレートはいちいちナットを溶接しているので、これもナッターを使えば、工数が削減できます。
それくらい使う予定があるなら買えよと言われそうですが。。。

まあ、バンパーについては、たったふたつだから、ナットなり、ブラケットなりを溶接したほうが早いといえばそりゃそうなんですが、後学のためにナッターを使ってみたいのです。ただそれだけ。

オイル交換費用がアホのようにかかる件

エンジンオイルの交換に 5 万近くかかりました。

まあ、相手を見て値段を決めてないと思いたいのですが、やましいはしてないと思うから、書きますけど、5 万ですよ、5 万。
5,000 円ではありません。

1kg 40 円だ、50 円だ、という薪を作り、販売しているわけで、そういう値段のものをはいそうですか、という風に払うのもなかなか厳しいところです。

トラックは部品が大きくて重くて、万一の時のリスクを考えると、自分でやるのもどうかと思うこともあるんですが、まあ、ちょっと許容範囲を超えている価格です。

ちなみにオイルですが、オクで買えば、20L の DH-2 のペール缶が大体 5,000 円ほどです。(送料込み)
ですから、1L 250 円ほどのものなんですね。

エレメントなんかも、GH11 用の場合は、

ということで、3,000 円弱です。
全部でフィルタは 3 つ使ってあり、そのうち 1 つはバイパスフィルタのはずです。
まあ、全部同じ値段だとしても、1 万円でお釣りがあるわけです。

ですから、自分でやれば、2 万円でお釣りがあり、工場に持ち込む手間も時間も要りません。

フィルタに関しては、適合がわからないので、外したものをもらってくればよかったんですが、一度 swedishtruckpartsshop.co.uk で適合を調べて取り寄せたほうがいいかもしれません。

一旦適合さえわかれば、国内で UD 用のものをアフターを買えばいいと思うわけです。

多分ですが、

で、前者が £11.95 x 2, 後者が £13.25 なので、合計で £37.15(約 5,575円)です。

送料が航空便で 1 万かかっても、まだ VOLVO 純正をディーラーさんの言い値で買うよりも安いです。

それとワンタッチのドレンです。

これがあれば、いちいちドレンボルトを緩めたり締めたりしなくて良くなるのですが、GH13 と D13 が同じエンジン なら、使えそうな気もするんですよね。

薪割り機に Drainzit を付ける前に、これを付けたほうが良さそうですが、問題は、廃油の量が 40L 近いわけで、それなりの受け皿を用意しないといけなさそうです。
トロ舟?
廃油にチェンソーダストを入れて捏ねて、ボイラーの燃料にするといいかもしれません。

あるいは 出張オイル交換 というサービスもあるようなので、こういうのを利用してみるのもいいかもしれません。

いずれいせよ、お大尽様のようによきにはからえ、なんてことをやっていたら潰れてしまうし、この前の ワイパーの件 もありますけど、自衛していかないと大変なことになります。

あ、MonotaRO ワイパー ですが、今のところ全く問題がありません。
皆さんも騙されたと思って、一度使ってみてください。
値段ほどの働きは確実にすると思います。

で、VOLVO はワイパーもブレードだけ交換できず、骨まで変えないといけないそうなんですが、次は純正を取り付けて、ついていたものはもらって帰って、それに MonotaRO のものがつくかやってみたいと思います。

2 軸のエアストリームを牽引しても高速料金はワンランクアップで済むらしい件

エアストリームかどうかは別として、キャンピングトレーラが欲しい今日このごろです。

4 號が病気をして以来、家を長く空けるのが怖いのです。
ニャー様にとって、迷惑な話で、もしかしたらストレスかもしれないんですが、体調が悪くなっても、どうすることもできないので、それならいっそ、連れて移動しようか、と思うわけです。

そこでキャンピングトレーラというわけですが、エアストリームのような 2 軸のものは、ヘッドが中型の場合、普通に考えると、2 ランクアップで特大車になります。(VOLVO FH はヘッド単体では中型車で、2 軸の台車を牽くと特大になります)

しかし、軸距が 1m 未満のものは、1 軸として扱う、とういう規定 がありますので、エアストリームは物理的には 2 軸ですが、高速料金的には軸距が 1m 未満で、1 軸という扱いになるそうです。
但し、上記にも注がありますが、無線通信では、普通に 2 軸になるので有人ゲートで精算する必要があるようです。

セコい話ですが、いつも坂出北から次の児島までの最も安い区間しか乗らないのですが、その場合、各ランクごとの通行料は次のようになります。

定価 ETC 平日 ETC 休日
普通車 3,600 1,700 1,650
中型 4,320 2,010 3,020
大型 5,910 2,700 4,050
特大 10,700 4,760 7,140

つまり、もし、特大になるなら、最悪のケースで休日に走行すると、大型と特大とでは、3,090 円もの差額があります。

もちろん、牽引すればその分燃費も悪化するでしょうし、取り回しに関しては、キャンターでエアストリームを牽いても、若干動きは違うでしょうが、全長的にもそれほど長いわけでもありませんし、車幅自体も狭いので、運転は楽なんじゃないかと思うのです。

ペットホテルに預けるという選択肢もあるんでしょうが、うちの近所だと、しま動物病院さんが 1 日 2,000 円(税別)なので、4 號だけ預けると、経済的という意味では経済的かなと思うのです。

まあ、2 軸の大きなキャンピングトレーラを牽く必要があるのか、というとその部分は甚だ疑問でもあるんですが。

あと、仮眠のために宿泊しているので、その料金も考えるとペイするのかなと思います。

今月は、21, 22 の土日を挟んで、納品と、おまかせ便の配達に行こうと思っているのですが、今後のことをよく考えたいと思います。

通関, リザーバータンク交換, BOX 引き取り

今日は薪割り機の通関に神戸に行きました。

用事が 2 件あるので、と税関の人にいうと、なんと検査なしになりまして、非常に段取りよくことが運びました。

前回、リザーバータンクから LLC が漏れていることがわかって、注文してあったものが届いているということで、タンクも交換してもらいましたが、他に問題がないか、しばらく様子を見てみようと思います。

それと、1.5m3 BOX もでき上がったものを引き取りに行き、予定をすべて熟すことができました。

後は、無事故で帰るだけですが、ようやく四国に入りました。
ボチボチ頑張ろうと思います。

やっぱり薪製造機のエンジンの調子が悪い件

薪製造機のエンジンの調子が悪い件ですが、とりあえず、インラインの燃料フィルタを買って取り付けました。
ホースを買い忘れてしまい、もともとついているコックと入れ替えました。
帰りにホースは買いましたが。

それで、どうもキャブの調子が本格的に悪いようです。
ASSY で交換しようと思いますが、驚いたことに、MonotaRO で売っているじゃありませんか。

ereplacementparts.com で確認した型番 と、キャブ本体の刻印と、ともに一致しているので、間違いないと思いますが、返品不可なのでちょっとリスキー。

それはそうと、エアクリーナーのボックスですが、12mm くらいの内径のホースっぽいものがとりつきそうな突起があり、記憶が確かなら、OHC と書いてあるところの穴に突っ込んであったようななかったような、なんかちょと気になるんですよ。
クリーナーボックスがぶっ壊れた時に紛失したのかもしれませんが。

今日はこれから神戸にいかないとなので、戻ったら、また調べたいと思います。

それと、荷物を積む必要があるので、台車の木くずを掃除をしたんですが、面倒で仕方ありません。

スタンションの穴に詰まっているのを手で引っ張り出したので、皮がすり減って痛いし、これもなんか対策を考えないとなぁと思います。

荷台に簡単に乗ることがえきれば、ボブキャットのバケットで掬ったら楽そうですが、微妙に床板が傷んでいて、ところどころ引っかかるので、削るなりして修理しないとだし、いたんで張り替えるのも面倒なので、たまには防腐剤も塗ったほうが良さそうです。

エアレス塗装機が来たら、塗ってみたいと思います。

車載専用車のことで嘘をつきましたごめんなさい

H さんと話していた中で嘘をついたことに気づきました。
車載専用車には、車以外積めないといったんですが、別に車以外も積めました。

車載専用車ってのは、一般的には、リアのオーバーハングが長くて、床に穴が開いている、横のアオリのないトラックのことです。

いやあ、日新のスパーキャリア、いいですね。
200 万だそうです。(4 年前に聞いた値段)
これは、車載専用ではなくて、オーバーハングが短いですが。

それで、チャットではうまく説明できなかったんですけど、動画を見ると分かる通り、日新の場合、ボデーの側にハイジャッキが内蔵されていて、クレーンのアウトリガーとは別なんです。
小型ベースの 4t 用には Palfinger のナックルブームクレーンは、ハイジャッキの設定がないですが、このボデーと組み合わせることで、ナックルブームクレーンのセルフハイジャッキを作ることができるんです。
自分の場合、日新のボデーの納期が 1 年かかるといわれたため断念しましたが。

話を戻して、車載専用車の場合、リアのオーバーハングが通常のトラックだと、ホイールベースの 1/2 までなんですが、これが 2/3 に緩和されるんで、車が積みやすくなるわけです。
まあ、その分、振り出しが大きくなるので、運転しづらくはなると思うんですが。

それで、今まで、ずっと車以外積んではいけないと思っていたんですが、原木を積んでいる様子 がアップされていて、車以外積んでいいことに気づきました。

確認してみると、車以外が容易に積めない構造になっているだけで、それ以外でも、積むのは勝手のようです。
無論、横にはみ出したり、後ろも制限を超えてはみ出したり、高さや重さをオーバーしなければ、ですが。

それと要件も緩和されていて、ナンバー位置も後ろのアオリでなくても良くなったみたいだし、車載専用の表示も不要になったようです。
ただまあ、乗りにくいし、荷物も積みにくいだけなので、専ら車を積むのでないなら、普通に一般貨物で作ったほうがいいとは思います。

カブトムシの養殖をするそうです

今日も薪割り日和でした。

午前中、昨日薪製造機の周りを掃除して、ある程度チェンソーダストを袋詰していたものを持って帰っていたので、ユニックで配達に行きました。

カブトムシの養殖をして、堆肥化するそうです。

個人的にはチェンソーオイルの影響が気になるので、この前書いた とおり、順次、バイオオイルに切り替えていこうと思っています。

薪製造機については、バイオオイル使用禁止のようなのですが、どのみちもう保証も切れているし、もともと作動油を使うようになっているくらいなので、あまり厳密ではなさそうなので、切り替えられるようにしてみようと思います。

カブトムシといえば、子供の頃、廃ホダ木を庭に転がしておいたら、カブトムシがすごく涌いたのを思い出しましたが、いくら小さくなっているとはいえ、チェンソーダストにカブトムシがそんなにすぐに涌くもんなんでしょうか。
涌いているところの隣に積んでおけば、幼虫が移動してくれ、食べてくれるんでしょうか。
気になります。

その後は、第 1 ヤードのトロンメルを積み込んで、御旅所に微妙に原木が積みきれず残っていたのでそれも積んで、第 2 ヤードに運びました。
選別は、出荷前にすればいいように思うのですが、稼働すれば、早く選別しても害はないと思うのです。
部品は明日・明後日で探してみようと思います。

それはそうと、昨日の夕方、スカニアが戻っていたので、写真を撮ってきました。

台車は上陣のようですね。
動画だと、ボルボなんだけど、スカニアに買い替えたのかな?

自分も、いつかはスカニアに乗れるように、がんばります。

アッグで出撃!クセのあるのや太い玉は皆轟沈!

今日は、車検からユニックが戻ってきているので、ユンボを回送して、溜まっていた太いものの片付けをしました。
というか、ヤードについて、作業を開始したのは 15 時を回っていたので、2 時間ほどですが、とりあえず、あるものは全部割って、暗くなるまでに整理を終えることができました。

いやぁ、アッグ、いい仕事します。

太いものをいちいち玉切りして、それを薪割り機に乗せて、というようなことを端折れるわけで、適当な太さにしたら、後は薪製造機に突っ込むだけですから、ホント、手間要らずです。

もちろん、大きな薪製造機を買えば済むんですけど、そもそも木というのは、全体が太いわけではないですし、それ以前に、あまり太いものは大きな機械を入れないと出せないので、採算が取れませんから、たまにあるちょっと太いものをどうにかする、というニーズにアッグ以上のパフォーマンスが得られるソリューションはちょっと思いつきません。

今までは、2m のものを割っていたんですが、1m, または 1.33m で割るようにしたら、噛み込みも減って、作業性が随分と良くなった気がします。

それはそうと、年が明けてから作った薪を数えてみたら、26 袋でした。
ヤバイなぁ。。。
15 時スタートみたいなやる気のないことではイカンですね。
明日はもう少し頑張ろうと思います。

あと、MonotaRO ワイパー、届いたので取り付けてみました。
ちょっとショボい雰囲気があるけど、消耗品ですしね。
値段も圧倒的に安いので。

ただ、NWB の骨は捨てないでおこうと思います。
万一の時に、ガラコワイパーに戻す可能性もあるので。

2, 3 ヶ月もすれば結果は出るかと思います。