キャンター フィアットエンジン 4P10 搭載車は DH-2 を入れるべし

オイルの件ですが、調べています。
まあ、先に排気量が 13,000cc の D13 を調べたらどうかと思うんですが、まあ、調べやすいので、4P10 から調べました。

表題に結論書いちゃってますが、DH-2 を入れるようです。

で、オイル交換ですが、最近の電気カラクリ仕掛けのディーゼルエンジンは奇妙奇天烈摩訶不思議ですので、今までの常識が全く通用しません。

まず、4P10 はオイルエレメントが側が使いまわしになっているようで、これはハナから知っていたんですが、自分でする気はあまりなかったんで、どういうものかは知らなかったんです。

というわけで調べてみました。

まずは、オイルパンからオイル抜く前にオイルエレメントからオイルを抜きます。
抜き方はオイルエレメントの上に付いてる黄色いエア抜き用のプラグを外しエレメントケースを3回転くらい回し緩めます。そうするとオイルパンの方にエレメントケース内のオイルが落ちていきます。
しかしそれがなかなか落ちなくて時間がかかります。なのでエレメントケースを回したらしばらくそのままにして、オイルパンからオイルを抜き取り、オイル交換作業を進めます。
オイルエレメントケースを外すのは古いオイルを抜き、ドレンプラグを締め、新しいオイルを入れてからくらいが丁度良いです。それでも少し垂れてきます(笑)

こうやって、写真があるのはありがたいですよね。
どれがエレメントかとか、初めてだとそこからでしょうが、写真があれば、ああ、これねということになりますから。

この説明からも分かる通り、エレメントケースは使いまわして、中のエレメントのみ交換するようです。

で、エレメントってどんなもんで、いくらするんだろう、ということになるわけです。

ググったら売ってました。

ええええええ、ひとつ、2,650円(税込)もすんの?
3,000cc のくせに!
しかも、中身だけなのに!

そう思ったんですが、商品コメントを見ると、お値打ちのようです。
まあ、とにかくそれくらいの値段みたい。

後、交換頻度がどれくらいのか、という問題です。

(7) メンテナンスインターバルの延長
オイル交換などのメンテナンスの基本インターバルを従来型の3万kmから4万kmへと33%延長しています。この他にも、「DUONICTM」に湿式クラッチを採用したことにより、従来型では車両ライフで複数回の交換が必要であった高価なクラッチが交換不要となるなど、メンテナンス費用の削減に貢献しています。

ふむふむ、4 万km ですか。
年数が書いてないけど、まあ、これでいくと、車検ごと、ということになりますね。

ぶっちゃけて、今、キャンターは、整備込みになっていて、部品代だけ払ってるわけですよ。

というわけで、三菱ふそうが請求してくるエレメント代+オイル代と、ネットで買うエレメント代+オイル代+自分の手間+素人が整備して壊すリスク、を天秤にかけて考える必要はありますね。

オイルダイリューションって、初めて聞きましたが、そういえば、この前、EX400 でエンジンオイルにガソリンが混ざってえらい目にあったんですが、ああいうのでエンジンがお陀仏になることでしょうかね?

いずれにせよ、オイルの量の点検は、もっと頻繁にしたいと思います。
FH は毎回見てますが、キャンターなんて見たことがない。
FH はキャブを持ち上げなくても、水と、オイルの点検ができるのです。

あと、キャンターでオイル交換をするとマジナイが必要になるようです。

オイル交換作業が終わるとオイルダイリューション値のリセットが必要となります。(オイルダイリューションの説明は次回)
簡単に言うとオイル増量値を計算してまして、それのリセットになります。オイル交換時期(距離数)のリセットではありません。

やり方は簡単。
キーをON にしてアクセルペダルを全開にして20秒待ちます。20秒たったらアクセルペダルはそのままに左足でブレーキペダルを6回踏みます。そーするとメーターの中に写真のようなENGSYS(エンジンシステム)のランプがつき、リセット完了となります。

ふむふむ、なるほど、コンピュータでオイルの量を管理しているってことですね。
ハイテクですけど、オイルダイリューションが何であるのかわかったから、意味がわかりましたが、もう少し、よく勉強しないといけなさそうです。

某トラックディーラー さんのブログは為になるので、時間を見つけて、勉強していきたいと思います。

トラックのオイル交換コストを抑えたい

トラックの維持費のことなんですが、運ぶものが薪ですから、単価が安いのです。
ですので、とにかく輸送費を節約しなければなりません。
その中でなんとかできるのは、タイヤ代と、オイル代、これが大きな部分を占めると思うのです。

ただ、タイヤにしても、キャンターも FH もアルミホイールですし、この近くでトラックのタイヤを交換してくれるお店ってタイヤマンくらいしかありません。
ブリジストンなので高いといえば高いし、そのお金のごく一部でもポッポの友愛に使われているかと思うと、買い物は選挙という考えからしてどうかと自分でも思うのですが、ここをどうにかするのは田舎者ゆえ、難しいんじゃないかと思うのです。
松山にないのなら、上京するタイミングで経由地でなんとかしてもらうことも考慮に入れて、持ち込みのタイヤで対応してくれるショップさんを探す必要があるとは思っていますが。
台車については、ヤフオクで組んであるホイルごと買って、交換してもらえば、単なるホイルごとの交換で済むし、どのみちチューブレスにしたいと思っているので、最初はそれで行こうと思います。

で、オイルなんですが、何リットル入るかすら知らないんですが、ディーラーで 1L 1,000 円とか取られると、仮に 30L 入れば、オイル代だけで 30,000 円かかることになります。
ヤフオクで見ていると、20L でも 5,000 円程度から、化学合成品でも 10,000 円くらいです。
つまり、40L でも 20,000 円で化学合成品(そこそこの)になるわけです。
廃油は、ボイラーで使えます。

問題はどうやって抜くか、ってことなんですよね。

オイルエキストラクタは持っているんですが、あんな小さなものでトラックのオイルを抜いてたら日が暮れます。
ざっと MonotaRO で見てみて 9L くらいまでのもの はあるんですが、構造上、タンク一杯抜いたら不都合が起こると思うので、エンジンオイルの容量>エキストラクタのタンク容量、という状態は極力避けたいところです。

Drainzit みたいなものはないのか!?と思ったら、ありました。

出典 みんカラ

麓技研 さんの、エコオイルチェンジャー fg!!!

ボルボ用はないようなんですけど、UD 用はあるんで、サイズが合えば着くとは思うんですけど、どうなんでしょうかね?
これがあれば簡単に抜くことができるようになると思うので、自分でも楽に交換できそうです。
すくなくとも、ふそう(というか、フィアットエンジン) 4P10 用は FG-7BNS という型番であるようなので、キャンターにも取り付けたほうがいいかもしれません。

リークしないかという心配がないわけではないのですが、運行前にオイル量は点検してから走っているので、そうそう焼くようなことはないとは思いますし、日本製ですから、取付時に問題がなければ、多分大丈夫だと思うのです。

オイルもペール缶ではなく、ドラム缶で買えば、より安く購入できそうですし、ドラム缶ポンプももっている、まあ、ペール缶ポンプももっていますけど、楽になりそうです。

後、よくわからないのですが、ディーゼル用のオイルの品質表示ですが、以前の CD とか CF という表記以外に DL-1 とか書いてあって、DPF に対応とあります。
トラックはすべて AdBlue + DPF 仕様なので、オイルのこともちょっと勉強しないと、時代について行けてないようです。
ガソリンエンジンにも使えるとなおよろしいのですが。

まあ、できることからコツコツやっていこうと思います。

東京に到着!

薪を積んだ場違いなトラックは東京に着いています。

朝日がとても眩しかったです。
お上りさんですので、渋谷の交差点を走ってみましたが、朝早くても、人がそれなりにいました。

今日は、246 経由で、道玄坂上から宮益坂下を経由して、三宅坂、九段下を抜けて、浅草橋、言問橋、6 号というルートでした。

なんでそういうルートで走ったのかというと、1 号経由の場合、箱根のほうが高さ(標高)があるので、冬期に凍結や積雪のリスクが高く、トレーラの迂回路の許可申請もしておこうと思い、走りやすそうなルートを探しているわけです。
途中岩本町の中央線ガードが高さ 3.9m と低いのが気になりました。

台車は、連結すると、前のほうが高くなっている状態になるのですが、ウッドバッグひとつの高さを 1.2m とすると、台車の前が 1.5m あれば、2 段積むと 3.9m でギリギリになるわけです。
まあ、エアサスですから、ガードを走る際に車高短にして抜けるといいのかもしれませんが。

W 0.8 x L 1.0 x H 1.2m にパッケージングしたとして、台車の幅は 2.5m なので 3 個、横並びに積めます。
それで、8 列積むと、1 段で 24 個、2 段積みで 48 個積めます。
緩和を受けて 23t とすると、約 480kg までは乾かさないと、過積載ですね。

矩形に整形した場合、ウッドバッグひとつの容積は、0.96m3 で、計算上、隙間が 30%, 比重が 0.8 だと、540kg はあるので、ちょっと計画には無理があるようですが、緩和でどれくらいまで積載が取れるか、そっちを調べるのが先そうです。
単純に計算すると、ヘッドの第五輪が 11.5t, 後ろは 2 軸なので、軸重は 10t のままとすると、32.5t が台車の最大重量(軸距なども関係するみたいなんですが、それはガン無視)で、台車自体の重量 6t ほどだったと思うので 26.5t、ヘッドの緩和がない場合、8.9t なので、23.9t ということで、まあ、それでも、普通(?)の大型車の倍は積めることにはなるわけですが。

寝た割にはしんどい気もしないでもないのですが、ぼちぼちがんばります。

メガネが壊れた(深視力が弱いので、夜間の運転時にはメガネを掛けています)ので、まずはそれの修理に行きたいと思います。

あと、アクティオに出かけてきたいと思います。
というのも、トレーラで上京したら、ユニックがないので、荷下ろし・小運搬用にユニックを借りたいのです。
少しづつ、お店の準備も進めたい思います。

薪配達中

今日は早起きして、2 時に出発し、関東まで、薪の配達です。

いつもは亀山までなんですが、今日は四日市まで走って、ゆーゆー・カイカン に来てみました。
いきなり歌唱ショーやってるし、廊下ではいろいろなものを売っているし、どういうコンセプトなのかはよくわかりませんが、昭和臭に満ち溢れた空間で、おっさん的には、非常に気に入りました。
お湯もかけ流しらしくて、よろしかったです。

それはそうと、今回は燃費が鬼悪いですね。
7km を切っていそうですが、ウッドバッグの積め方と、積み方を工夫したことで 5 袋積んでいるので、ちょっと重たいようです。
それでも 3.5 — 4t ということで、GVW だと 8t ですから、GVW 32t オーバーのトレーラに比べたら 1/4 しか重さがありません
ということは、トレーラが 1.75km/L 以上走れば、そちらのほうが経済的ってことですよね、人件費はかかってないのですが、それを無視しても。
まだ許可が出ていないので仕方ないのですが、次からはトレーラ輸送に切り替えたいと思います。

4 時間ほど寝たので、東京に向けて出発したいと思います。

タイヤが坊主!

見てください、この面構え!
まさにワルニャン。
今朝も 1 号が脱走です。

シロの手術ですが、無事に終わりましたが、当面はエリマキトカゲ状態です。
手術の傷が落ち着いたら、フィラリアの薬を飲ませてあげようと思いますが、今後は、シロも家の中で飼うことにしました。

午前中は、石材の荷下ろしをしました。

ウッドバッグですが、写真の量で 150 枚、300kg なので 1 枚 2kg くらいのようです。
まあ、申告上の重量なので、実際の重さを自分で測ったわけではないのですが。

共同購入分を差し引くと、大した量ないのですが、残りの石材も近いうちにまた引き取りに行くことにはなると思うし、ハウスの引き取り、ドカンの継ぎ足し、土羽の仕上げ、原木の引取とはい積み、梅雨に備えての養生、などなど薪を割っている時間があまり取れそうにもないので、当面は間に合うかと思います。

それはそうと、フロントタイヤが完全にスリップサインが出ていて、かれこれな状態だったので、フロントの 2 本、タイヤ交換をしました。
1 本 22,000 円(税別)、ミックスというパターンだそうです。
工賃や税金などを入れると、総額 56,160 円でした。

走行距離は、46,000km 程なんですが、冬タイヤをはいている期間もあるので、30,000km くらいで坊主になる感じでしょうか?

1 本、28,080 円でしたから、1km あたり 1 円、6 本あるのですから 6 円ということになりますね。
まあ、まだリアは多少残っているのですが、遅かれ早かれでしょうし、パンクやサイドウォールに傷が入ってダメになるリスクもあるので、まあ、だいたいそんなもんでしょう。

東京に行って帰ると 3,000km ほど走るわけで、そうすると、18,000 円ほどタイヤ代がかかることになります。
燃費が 8km/l とすると、37,500 円ほどかかるので、軽油代の半分くらいはタイヤ代がかかっている、そう思っておけば間違いなさそうです。

乗用車の場合、経験上、エンジンオイルなどを含めて、だいたい、燃料代と同額の消耗品が発生し、車自体の損耗も燃料代と同等(そこそこ距離を走る場合)と思っているのですが、トラックでもおおよそ当てはまりそうです。

今日は、昨日の疲れが残っていて、昼からはニャーとゴロゴロしてしまいました。
天気は回復していたわけで、玉切りくらいは終わらせてしまいたかったんですが、寄る年波には勝てない、というやつでしょうか。

まあ、ボチボチいきたいと思います。

愛媛に戻りました

19 日出発して、都合 6 日間、距離は 3,000km 位走った感じですが、無事に愛媛に戻ってきました。
薪の納品、パレットとフォークリフトの引き取りでした。

途中 44,444km のゾロ目に遭遇。
納車は 3 年前ですから、年間 15,000km ほどしか走ってないようです。
そろそろフロントタイヤが坊主の感じ。

行きは閉まっていたので、帰りにターンに寄ることができました。

本来は、サイドマーカーランプのステーを買いに行ったんですが、種類がありすぎたのと、中央の配線ですが、チャイニーズが雑に防水してあるので大きく配線穴が空いていないと都合が悪いのですが、サイズを図ってくるのを忘れたので、結局買いませんでした。
まあ、単純なものなので、作ってもいいかなと思いました。

代わりに買ったのは、台車の左右の側面ウインカーのレンズです。
もともとはオレンジ色のものなんですが、何故か左右でデザインが違う上に、一つはかなりくすんでいて、もう一つは塗料がついて汚れています。

本体もかれこれなんで、同じものは MonotaRO で 1,290円(税別) とお安いので、まるごと交換しようかと思ったのですが、まあ、それも芸がないから、小糸の LED にしようかと思ったんですが、ハイフラになると嫌だし、何よりも高いし、どうしようかなと思っていたら、クリアのレンズにしている人がいて、ターンで探したら売ってました。

2,500 円程したので、微妙っちゃあ微妙ですが。

明日はリフトなど荷物を下ろして、トレーラの修理をしたいと思います。

針トラックステーション脇に新規開店したターンに行きました

Youtube のトラックのチャンネルで見て気になっていた針トラックステーション脇に新しくできたターンに行ってきました。

欲しいものはまあ色々とあるんですが、高くてなかなか手がでないですね。

LED テールは、片方 33,000 円で、両側だと 66,000 円!
ホーンもほしいんだけど、コンプレッサーから必要だし。。。

というわけで、シフトノブでもなんとかするかと物色していたら!

招き猫の水中花(?)を発見、即買いですよ、即買い!!!

天神様の猫ですから、ご利益間違いなし、満願成就は約束されたも同然です。

実は、茶色のハチワレの種類もあって、そっちも良かったんですが、やはり決めては梅のマークです。

ビフォー

2016-11-04-09-43-19

早速取り付けると。。。

2016-11-04-09-44-26

ニャンですと!!!!!

見えません。wwwwww

しかも寸足らずだし。

まあ、あとでなんとかしますよ。

で、現状ノーマルに戻しました。

トラックストップターン、詳しくは、ビデオで。

まだ取り付けてないんですが、居眠り運転防止装置

居眠り運転防止装置 をおすすめされたので買ってみました。

45% off ということなんですが、元の定価が高すぎるだけの気もしないでもないんですけど、まあ、ちょっと当てたらあっという間に元が取れる金額だし、純正、ということでチョイスしました。

まだ、取り付けていません。

どの程度使い物になるのかは未知数ですが、長距離運転の時、眠くなることもないわけではないので、多少は安心度がアップするのではないかなと思っています。

FISKARS IsoCore 8lb Maul のモニターさんのレポートと雑貨屋業務の打ち合わせ

少し前にモニターを募集した FISKARS IsoCore 8lb Maul ですが、おかげさまで多数の方にご応募いただき、順次到着しているようで、レポートが届き始めました。

早速レポートを送っていただいたブログ記事を紹介したいと思います。(レポートありがとうございます)

facabook でのレポートもあったんですが、グループ内での投稿なので、リンクを貼っていいのかわからないので、そちらは貼っていませんが。

自分自身がまだ使っていないのですが、良い評価が多いように思います。
ゴールデンウイークに松山に戻ったら、薪割りをしようと思っているので、その時に、自分自身でも試してみたいと思います。

今回の雑貨の輸入では、新たな問題点として、各梱包に番号が振られていなかったということと、混載便のサイズや重量制限を超過したため 4t トラックをチャーターする必要が生じた、ということです。

月内には発送ということで、上京する予定もあったわけで、倉庫に保管しておけばよかったという話もあるのですが、予約していたのはストーブの保管だけだったため、スペースがなく、どうしても移動する必要が生じてしまった、というのも運が悪かったです。

結局のところ、3 万以上のチャーター代がかかったのですが、お情けで 25,000 円に値引きしてくれました。
9,800 円のモニター価格で大赤字にならないで済めばいいんだけど、というところです。

人気が出そうな予感がするので、Maul(ハンマー斧)は継続して扱っていこうと思っているのですが、重量があるし、柄も長いので、梱包や、国内での流通について、そうそうはまっていてはお店が潰れてしまうので、打ち合わせに出かけようと思います。

とりあえず、赤字は困るので、11,800 円を売価に設定させて頂きました。
この価格だと、15% くらいの粗利と思いますが、トンブリ勘定なんで、一度運賃と倉庫経費をしっかり計算しないといけなさそうです。
実際のところ、PL 保険、商品の損害保険、通信費(国際電話代)などの経費もかかってくるわけで、10% も残らないじゃないのかなとは思うんですが、まあ、なんとかなるでしょう。

今日は、夜の最終便で松山に戻ります。
明日は神社の祭日ですから。
そして、明日も最終便でとんぼ返りです。

2016-04-22 19.54.47そうそう、どうでもいい話なんですが、今回の上京で、さうりう丸が 33,333km 走破しました。

ユニックで作業をしているので、燃費がかなり残念な数字ですね。。。

大分タイヤの溝も減ってきている気がするんですが、リアはとにかく、フロントは早め早めに交換していきたいと思います。

これからも無事故で頑張ります。

本日は快晴!

昨晩は、予定より少し早く亀山に付きました。

夜には雨が止むのとか思っていたのですが、思いの外、雨が強く降ったので視界が悪くて、かなり疲れてしまいましたが、ぐっすり休んで元気復活です。

これから東京に向かって出発、といいたいところですが、まずはご飯を食べて、荷の固縛状況を確認し、準備を整えたいと思います。

固縛といえば、薪製造機は背が高いので、安定が悪いかなと思ったんですが、軽い(といっても重機と比べての話)ので、ほとんど影響は感じませんでした。

しかし、こうやって見ると、中型は小さいですね。
しっかり働いて、大型が買えるように頑張ります。