日立のロボット掃除機 minimaru RV-EX1 を買ってみました

出典 日立

ルンバを買い足そうと思ってタイミングをずっと見ていたんですが、ケーズデンキに行った時に、店頭で見かけた日立のロボット掃除機 minimaru RV-EX1 の小ささに惹かれて、レビューなどを確認した上で、即買いしてしまいました。

本当はおニャー様の毛が舞うので、空気清浄機を買いに行ったんですが。。。

ルンバと比べて、本当に小さくて、しかも軽いんですが、そういう部分は、実際に現物を見て比べないと気づきづらいですよね。

そして、買うことを決定した最大の機能は、動画でも紹介されている以下の機能です。

  • ゴミプレス
  • 自動クリーニング

ルンバの場合、ゴミプレスに相当する機能がなく、ゴミを捨てる際にふわっとしたおニャー様の毛が舞ってしまうという問題があります。

またブラシに毛がからまったりすることもあるだろうし、掃除機の掃除を頻繁にしなければならないというのもなんだかな、という感じなので、自動クリーニングはとても魅力的に映りました。

実際使ってみての感想ですが、ルンバと比べて minimaru はなんか動きがちょこまかしている気がします。
特に、ゴミハンター機能が搭載されていて、ゴミがたくさんある場所を見つけると、ちょこまかちょこまか、そのまわりを集中して掃除をしてくれます。
動き自体は、カメラを搭載しているわけではないので、ランダム状態です。
おニャー様は遠巻きで見ていて、特に攻撃したり、上に乗ったり、ということはありません。

段差の問題ですが、1.5cm まで乗り越える、ということですが、不具合というか、今の時期ですから、扇風機を置いてあったのですが、障害物として認識せず、乗ろうとして亀の子になってしまいました。
同じく、爪とぎ用のダンボールタワーの台座, 大体 2cm くらいの木の板ですが、これにも乗ろうとして、乗れそうで乗れない、というような状態です。
相性の悪いもの、ということで掃除前に片付けてやる必要がありますね。

運転音は、微妙に大きいような気がするのですが、まだ使っていませんが、「マナーモード」という静音モードがあるので、気になる場合は、こちらにモードを切り替えれば良いのではと思いますが、自動だと 60 分のところ、マナーモードだと 90 分と、掃除時間が 1.5 倍長くなるようです。

一番効果を感じたのは、やはりゴミプレスです。
ふかふかした毛も圧縮されるので、捨てる際にコンパクトで、とても調子がいいです。

同じくポイントと感じた自動クリーニングについては、それほど使い込んでないのか、ブラシはまだ汚れていないので、ご利益を感じてはいません。
ただ、クリーニングの仕組みは、逆回転する、というシンプルなものなので、どこまできれいになるのかは懐疑的です。
少なくとも、紐状のゴミであるとか、爪楊枝くらいの棒状のものなどが挟まったケースでは、対応しきれないだろうと思います。

価格的には、52,000 円でしたので、ルンバよりも 1 万円ほど高かったんですが、今のところ、1 万円分の機能差はあるかなと思います。+2 年保証を延長するのが 2,000 円で、結局 54,000 円支払いましたが、壊れる可能性が高いと感じたので、実店舗で購入しました。

これからは、多少はおニャー様の抜け毛も気にならなくなるといいなと思います。

暑いけど薪割り — 半日でたったダンプ 2 台でギブ

今日は、太養軒に行きました。
よく考えると、この 30 年間、このメニュー以外食べたことがない事に気づきました。
ずっとじゃんぼハンバーグカレーばっかり食べてます。
いつも同じものばかり食べるのは、昔からのようです。

昼からは薪割りをするぞ、と妙にやる気になって出かけたんですが、白水台の太陽石油でガソリンを入れたら、いきなり土砂降りで、帰ろうかとか思ったんですけど、カレーを食べている間に雨は上がりました。

そんなこんなで、今日はダンプを借りて薪割りをしました。

特にトラブルがあったわけではないんですが、全く捗りません。

一応、ブルーシートの屋根はあるので、直射日光は遮られているし、風もあったんですが、とにかく暑くて、エンジンやオイルからの排熱もあるので、2t ダンプ 2 台でヘロヘロになりました。

夕方虹が出ていました。
土砂降りになることはなかったけど、狐の嫁入り的雨があったり、まあ、虹が出るということはそういうことです。

日が長いので、もう 1, 2 台、割ろうと思えば割れたんでしょうが、無理は良くないので、掃除をしてさっさと終了です。

あまりの暑さに、食欲もないし。。。
もう少し涼んで落ち着いたら、なんか食べておこうとは思います。

明日も明日で、ボチボチ頑張ろうと思います。

それはそうと、facebook って、昔の今日になにがあったか、いちいちお知らせしてくれるんですが、2 年前の今頃のおニャー様の投稿が出てきました。
あまりに可愛くて困ります。

というわけで、皆様にうちの子の可愛さをおすそ分けいたします。
どうですか、かわいいでしょ〜?

まだ、おニャー様と暮らしていない皆さん、お世話は大変ですが、それ以上に本当に幸せを沢山運んできてくれます。
是非、保護おニャー様を家族として迎え入れてください。

猫草量産

抜け毛対策の一環として、猫草を栽培してみました。

普通に売っているものを買ってみたんですが、一日立たず丸坊主になりました。
一つ 100 円くらいするんですけど、お店でできているものを買ったら 300 円くらいで、かなりいいお値段です。
それと、小さい=軽いので、草がなくなると、ひっくり返してしまいました。

ネットで調べるとダイソーで売っているということだったので、買いに行ってみると、一応種は日本製と書いてあって 100 円(税別)で 80g 入っていました。
他に買ったものは、10L の植木鉢 100 円(税別)、7L の増える土 150 円(税別)です。

多分一鉢あたり 100 円で売っているものの 4 倍くらいあると思います。
それで 350 円かかっているので、損得計算で言えば、かなり微妙。
種まき・ゴミ捨ての手間などを入れると、微妙かもしれません。

そういう意味では大量費消費するものでもないでしょうから、無印良品の猫草 みたいに、手間のかからないものもいいかもしれません。

これは、2 個セットで 190 円(税込)で、使い終わったら、そのまま燃えるゴミとして処分できます。
大きさはおニャー様の写真を見れば分かる通り、ちょっと小さめですけど。
とにかく、単に水を上げるだけで、あとは勝手に生えて、終わったら捨てるだけ、トレーの再利用などもないため、衛生的です。

無印良品の商品は、ロハコ というアスクルの個人向け通販サイトで売っており、ヤフー系列なので、ヤフー電話に乗り換えた自分は T ポイントがいっぱい溜まるので、お得に購入できますし。

知らなかったんですけど、猫草って食べるものというよりも、吐き出すためのものだったんですね。
うちも猫草を上げたあと床になにか落ちていて、粗相したのかとびっくりしたんですが、結構な毛玉を吐き出していました。
トイレはちゃんとトイレでしてくれるんだけど、戻すのも、決まったところでしてくれないかな。。。

PCM というもの

facebook で教えてもらったんですが、太陽熱温水器で水ではなく PCM という物質に蓄熱し、その中に熱交換用のコイルを仕込むもの があるそうです。
日本にはまだ 3 件しか導入されていないそうですが。

それで、面白そうだなとは思ったんですが、PCM って初めて聞くものなんですが、原理的には、物質が液体から固体になる時に大量に熱を放出する(逆に個体を液体にするために大量のエネルギーを消費する=蓄熱する)という性質を利用するものなんだそうです。
日本語では潜熱蓄熱材、というようです。

ちょっと水の 42kJ/kg が意味不明です。
氷 → 水なら、335kJ/kg のはずです。
水を 1°C 温度を上げるのに必要なエネルギーが 1kcal = 4.2kJ です。
意味がよくわからないですが、要するに、おもに中温度域で暖房・温熱用として使用する 酢酸ナトリウム 3 水塩(CH3COONa・3H2O) は、水に比べて図を鵜呑みにすれば、同じエネルギーを蓄えるのに必要な重量は 1/6 で済む、ということかなと思います。

それで、じゃあいくらするのよ、ということですが、「第176回 夏炉冬扇 – その1」で自作カイロの話があって、その中で

酢酸ナトリウムは白いサラサラの結晶で、500g入りが800円で売っています

といことなので、1kg あたり 1,600 円くらいってことですね。
さっとググったら、それくらいのようです。

3 水塩なので、酢酸ナトリウム 1 mol に対して水が 3 mol で、82g に対して水 54g ということも書いてありますから、つまり 3 水塩の重さのうち酢酸ナトリウムの重さは約 60% ということになります。
つまり、1kg の酢酸ナトリウム 3 水塩は、約 1,000 円分の酢酸ナトリウムが必要、ということになります。

これをうまく使い、薪ストーブの熱エネルギーを蓄熱する仕掛けが作れると面白いことができそうだなと思いました。

イメージとしては、ATO のウッドボイラーのような構造で、薪ストーブをウォータージャケットならぬ PCM ジャケットで囲うのです。
そうすることで、ストーブの火室は PCM に熱を奪われますので、必要な部分はしっかりとブリックやバーミキュライトで断熱してやる必要があるでしょうが、基本的に薄く作れるので、ストーブ本体は相当軽量になると思うのです。
PCM 自体は液体なので、タンクに入れて少量づつ輸送することができるため、配送や設置の際のコストが押さえられるんじゃないかと思います。
ただまあ、PCM 自体がどれくらいの温度で気化するのか、ということが問題になるんでしょうが。

後これからのシーズンの暑さ対策ですが、

とかも、同じ原理ですね。

14°C で凍るのが味噌みたいですから、その温度が凝固点の PCM が手に入れば、このベストは簡単に自作できそうです。

夏場の薪作業、地鎮祭などの外祭や空調のない兼務社など、暑いのが苦手だし、自作してみると面白いかもしれません。

硫酸ナトリウム (10水和物) 500g で 2,400 円 なので、1kg あたり 4,800 円です。

TechKewlTM Cooling Vests の場合、400g のクールパックを 4 つ、つまり、1.6kg 装着しているようで、クールパックの値段は 33,000 円なので、加工されると、1kg あたり 20,625 円ですね。

車中泊にも応用できないもんでしょうかね。
氷のように氷点下にする必要はなく、冷凍庫ではなくて、冷蔵庫で蓄冷できると思うのですが。

それはそうと、今日、6 月 6 日は、おニャー様との出会いの日 です。
2 年前の今日から夢のような幸せな日々が始まりました。
これからもずっと元気で兄弟仲良く楽しく暮らそうね。

今日は薪割り日和だったもののイマイチ捗らなかった感じ

今日は薪割りをしました。

風が涼して気持ちのいい薪割り日和だったんですが、なんだかんだで見ての通り 4m3 くらいしか割れていないので、恐ろしく捗らなかった感じです。

とりあえず、癖の悪いものがだいぶ片付いたので、まあ、良しとしたいと思います。

トーフがなくなってきているので、ずっと台車に積みっぱなしだった原木も下ろしました。
資格を取ったので、ここぞとばかり、高く積んでみました。
もちろん、習ったことはガン無視ですが。。。

今週は、火曜日から天気が崩れそうで、水曜日は神社の祭日なんですが、地鎮祭の予定もあるのに、90% なんで偉いことですが、天気はどうにもなりません。

今週の予定の神戸の件ですが、

VSL: BEAR MOUNTAIN BRIDGE V. 70W
CUT OFF: MAY 11
ETD LAX: MAY 21
ETA KOBE: JUNE 5
72 PACKAGES
953 KGS
3.453 CBM

ということなので、予定通りなら、6/7 くらいには通関できるんではないかと思いますが、天気の件もあるので、予定は未定です。
前回のように薪の配達もするとすると、ちょっと体力的にしんどいので、今回は一泊したほうがいいように思いますが、まともに運賃がもらえるわけではないので、泊まったりするとその分完全に赤字になるのですが、配達先はユニックがないと下ろせないし、帰りもトレーラで行くほどの荷物の量ではないわけです。
今回から四角く通気バッグに薪を積めたので、ロールボックスを 2 本積んでも、4 袋積めるんじゃなかと期待しているんですが、はじめてのことなのでやってみないことにはどうなるかわかりません。
うまくいくといいんですが。

それはそうと、お犬さまも抜け毛が目立ち始めました。
そろそろまたおいぬえんに連れて行かないとかなと思います。

障子の張替えが必要!

写真の子は 4 号です。

ウッドデッキに捨てようと思って出してあった複合機を粗大ごみの回収日なので運び出していたんですが、興味津々で障子と網戸との狭いスペースでキョロキョロ・ウロウロしています。

そういうことの繰り返しで、まあ、見てのとおりで、説明は特に不要かと思うんですが、完全にボロボロ状態で、換気・通風のために網戸にしていますが、障子は開ける必要がありません。

前は一番下が破られていたくらいなんですが、かなり上の方まで破られてしまいました。

もう一箇所は 随分前に壊滅的な攻撃を受けた ため 張替え済み なんですが、今回もこのときと同じ アサヒペンの超強プラスチック障子紙 の、無地 で行こうと思います。

前回の障子紙は今のところまだ破られていません。

おニャー様用洗い場が完成

母屋の洗濯機がおニャー様の毛で壊れそうなので、おニャー様のタオルだとか、あるいはチェンソーオイルだとか、木くずとかがついているものを予洗いするために、ウッドデッキに洗い場を作りました。

なんで今までかかったのか、というと単純な話で、ウッドデッキは免震支承よりも下ですから、どこでも置くと、大地震の際に丸太小屋が跳ね出してきて、配管などがだめになってしまうのです。

なので、本来は、小屋の東側に設置する予定で、電気配線などもしてあったんですが、駐車スペースの兼ね合いで東側はまだ通路のままなので、仕方ないので、間に合わせでコンセントがある位置に洗い場を作ったわけです。

ステンレスの板がすべり支承で、その上まではスライドして来る可能性があるので、給排水は、それより外に設置しましたが、まあ、地震があったらその時はその時ということで。

早速 この間おニャー様を洗った 時のマイクロファイバータオルを洗ってみてます。
一応、ペットの布製品専用洗剤 を使ってみているんですが、念には念を入れて、ダイソーで買ってきた洗濯ボールも投入です。
でも、軽くひと拭きすれば、あっという間に毛まみれ, 元の木阿弥なんで、正直意味があるのかは、甚だ疑問です。

それはそうと、こうやって見ると、だいぶデッキも薄汚れてきています。
無塗装なんですが、ここいらで一度、CPR したほうがいい気がしてきました。
というか、洗濯機据える前にやれば楽だったように思います。
段取り悪すぎ。。。

たまには宣伝もしないと、この季節、お店は閑古鳥が鳴いているので。。。

ウッドデッキですが、見てのとおり、釘やビスが見えてませんが、これは Kreg 社の デッキジグ で作っています。

デッキジグの良いところは、ジグのイニシャルコストは少々かかりますが、施工が極めて容易で、金物等と比べて、専用ビスが安価なため、一定以上の面積を施工する場合、とても経済的だということです。

KREG デッキジグ の魅力については、以下のエントリーをお読みください。

おニャー様を今一度洗濯し候

抜け毛の季節ですね。
結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻の周りは。。。以下自粛。

というわけで、ブラッシングしてもキリがないので、久しぶりに洗うことにしました。

ちょっと肌寒い感じで、おニャー様が風邪を引くといけないので、久しぶりにちょこっと焚きました。

予定通り、キャッペ の上に全ニャン集合して、うまい具合に乾燥してくれました。

これで少しはマシになるといいんですが。

子猫の頃は全くといっていいほど毛が抜けなかったので、散歩はしなくてもいいし、楽でいいなぁなどと思っていたんですが、そんなわけはないわけで、次はシロちゃん(柴犬)をおいぬえんで洗ってもらわないとかなと思います。

ところで、おニャー様って、洗ってくれるお店ってあるんでしょうか?

あるにはあるようだけど。。。松山にあるのかしら。。。
しかし、4,000 円だとしても、16,000 円かかります。
俺は 1,000 円カットなのに。。。

そういえば、1,000 円カット、前まで税込みだったのに、この前から 1,080 円になってしまいました。
トホホ。

ようやく入港して D/O 入手!おニャー様注射!

昨日の雨で地面がぬかるんでいて、掘削はできないので、工事は石を第 1 ヤードから運びました。
こういうこともあろうかと、せっせと集めてあった わけです。

それで、第 2 ヤードにユンボが置きっぱなしなので、それを回収にいって、ごく一部の人にはいったんですが、秘密兵器を導入することになっているので、それの打ち合わせをしてから、昨日、県庁から電話をもらって、県庁に来てくださってな話になっていたので、ちょっと県庁に寄りました。

何しにいったのかというと、本当に機械が高くて困っているので、生産性を向上させたり、安全性を高めるため、いわゆる高性能林業機械の投資を加速させたいので、何らかの補助金がないのか、というのの相談です。

とりあえず、現状を説明して、要件などを満たすものがるのか、調べてくださることになりました。

ただまあ、県の方にもこのことはいったんですが、作るものが薪なので、1t 作り、仮に 1 万円残すことができたとしても、1,500 万の 0.4 クラスのグラップルソーを入れたら、1,500t は機械のために働かねばなりませんし、現状、遠距離に納めているものについては、自分で走っているのでギリギリですが、普通にやれば、運賃分だけ完全に赤字なので、さらなる機械化によりコストダウンを図ろうとすれば、それだけ生産量を飛躍的に増大させなければならず、原木の供給の問題や、市場が飽和して過当競争になるおそれがあり、中古の機械でも補助金がいただけないものか、あるいは、リース契約でも補助金がいただけないものか、ということも質問してみました。

それと、お昼前に、ようやく昨日入港分の A/N が届きました。
すぐに送金をして、すぐに D/O が出るかと思ったんですが、夕方になってしまい、とても申告に行けるような時間ではなくなってしまいましたが、工事は、この程度準備ができました。

とりあえず、荷物は入ったので、おまかせ便で薪ストーブや薪割り機を配達しつつ、雑貨の納品で千葉まで走らないといけませんので、冬タイヤをようやく履き替えに行きました。
リアの 4 本が坊主なので、1 本はスペア(新品)をリアに回し、山のないものをスペアに回し、もう 1 本は新車時についていた鉄ホイールからもぎ取った新品ですが、これを組んでもらい、足りない 2 本を買って、リアは全交換しました。
なんだかんだで諭吉先生が 6 人 + α お亡くなりになりました。

本当は昨日、ニャー様のワクチン注射に行きたかったんですが、電話対応で行くことができなかったですが、4 號の病気の事後の診察を受けたかったので、全ニャン、通院です。

4 號については、経過は良好なようです。

上京している間に何かあったらと不安でしたが、とりあえずは一安心です。

明日は神社で、通関作業を行うことができないのですが、市役所に補助金の件(資格取得のための講習)は月内に来てくださいといわれているので、午後からはお参りもないと思うので、少し早めに切り上げて、手続きをしてこようと思います。

昨日は寝てないので、そろそろ寝たいところですが、今日も電話をしないといけないので東海岸が朝になるまで起きてないといけません。。。
でもまあ、もう年なので、無理をしないでボチボチ頑張りたいと思います。

明日の夜はちゃんと寝よう。。。

2 軸のエアストリームを牽引しても高速料金はワンランクアップで済むらしい件

エアストリームかどうかは別として、キャンピングトレーラが欲しい今日このごろです。

4 號が病気をして以来、家を長く空けるのが怖いのです。
ニャー様にとって、迷惑な話で、もしかしたらストレスかもしれないんですが、体調が悪くなっても、どうすることもできないので、それならいっそ、連れて移動しようか、と思うわけです。

そこでキャンピングトレーラというわけですが、エアストリームのような 2 軸のものは、ヘッドが中型の場合、普通に考えると、2 ランクアップで特大車になります。(VOLVO FH はヘッド単体では中型車で、2 軸の台車を牽くと特大になります)

しかし、軸距が 1m 未満のものは、1 軸として扱う、とういう規定 がありますので、エアストリームは物理的には 2 軸ですが、高速料金的には軸距が 1m 未満で、1 軸という扱いになるそうです。
但し、上記にも注がありますが、無線通信では、普通に 2 軸になるので有人ゲートで精算する必要があるようです。

セコい話ですが、いつも坂出北から次の児島までの最も安い区間しか乗らないのですが、その場合、各ランクごとの通行料は次のようになります。

定価 ETC 平日 ETC 休日
普通車 3,600 1,700 1,650
中型 4,320 2,010 3,020
大型 5,910 2,700 4,050
特大 10,700 4,760 7,140

つまり、もし、特大になるなら、最悪のケースで休日に走行すると、大型と特大とでは、3,090 円もの差額があります。

もちろん、牽引すればその分燃費も悪化するでしょうし、取り回しに関しては、キャンターでエアストリームを牽いても、若干動きは違うでしょうが、全長的にもそれほど長いわけでもありませんし、車幅自体も狭いので、運転は楽なんじゃないかと思うのです。

ペットホテルに預けるという選択肢もあるんでしょうが、うちの近所だと、しま動物病院さんが 1 日 2,000 円(税別)なので、4 號だけ預けると、経済的という意味では経済的かなと思うのです。

まあ、2 軸の大きなキャンピングトレーラを牽く必要があるのか、というとその部分は甚だ疑問でもあるんですが。

あと、仮眠のために宿泊しているので、その料金も考えるとペイするのかなと思います。

今月は、21, 22 の土日を挟んで、納品と、おまかせ便の配達に行こうと思っているのですが、今後のことをよく考えたいと思います。