悲しくて仕方ないこと

愛媛から電話がありました。

ももが何者かに襲われて亡くなってしまいました。

留守にしている間、世話をお願いはしていたのですが、みかんもももも、続けて亡くなってしまい、悲しくて仕方ありません。

山には木々が芽吹き、草もぐんぐん伸びてきて、いい季節になってきたのにですが、もう、ヤギたちがいません。

パレットがたくさん手に入ったので、柵を作ったり、山をフェンスで囲ったりと計画していた矢先なので、なんとも言えない虚無感に襲われています。

往時のみかんとももの写真です。

薪の片付けと太陽電池小屋前の砕石敷きこみ

今日は昨日に続いて薪の袋詰をして片付けました。

昨日もですが、今日も、ももがものすごく鳴きます。
みかんがいなくなっているので、探しているのだと思います。
ヤギは高いところが好きだからか、それとも目で見て探そうとしているのか、パレットの上に登って、鳴きまくっています。
みかんには可哀想なことをしましが、ももも可哀想でなりません。
なでてやるとこころなしか落ち着いて静かになるのですが、離れて作業をすると、鳴いて鳴いて、本当に寂しそうです。
辛いです。

薪の残りは 1.5 袋ほどだったので、すぐに片付け終わりました。

その後、鉄板を敷いてとりあえず通れるようにだけ復旧してあった太陽電池小屋の前ですが、敷き鉄板を片付けて、砕石を敷き込みました。
砕石は、少し残ったものを駐車場に積んであったので、邪魔になっていたのですっきりしました。
あまりものなので、全然足りないので、明日、10t ダンプで砕石を持ってきてもらおうと思います。

舗装は少し先になるので、トラフを傷めないように、少し周りを高く盛っておこうと思います。

交通事故?

昨日夕方、氏子さんから電話があって、みかんの様子がおかしいということで、総代さんがお宮に駆けつけてくれたんですが、ぐったりしていると。車に轢かれたのかもしれない、ということで、看病してくれたのですが、今、掃除のおじさんから電話があって、やっぱりダメだったということです。

前にも一度車に轢かれたというか、轢かれそうになって軽くぶつかった事案があったので、集めたパレットで囲いを作ろう、といっていたところだったんですが、なんとも可哀想なことになってしまいました。

ヤギがいると知らない人が飛ばしていると、ガードレールや植木の影からヤギがちょこっと顔を出すので、それで気づいても減速が間に合わなかったのかもしれません。

この前は、メスのももが早産だったし、ヤギ関連は困難が続いています。

囲いづくりは早めにしてやろうと思います。

ヤギは、蹄があるので、交通事故ではなくて、変な病気だったら大変なことになるので、一応、役所に届けに行くようにおじさんに頼んでおきました。

早く愛媛に帰らなければ。。。

ももが出産しましたが…

今朝、ももが出産しました。
ですが、残念ながら死産でした。

昨日は、夕方、吹雪になって、激しく鳴いていたので、寒いから鳴いているのかな位に思ったのですが、出産の兆候に気づくことができなかったです。
大変に悔やまれます。

もものお腹を触って様子を確認したのですが、初めてのことなので、今朝生むとは、全然、予想しませんでした。

事後の経過が悪く、気をもみましたが、なんとかももは元気になりました。

夕方に、みんなで桜の木の下にお墓を作り、ろうそくを灯し、お供えして、さよならをしました。

契り置く ことこそ更に なかりしか かねて思ひし 別れならねば

警戒心がなさすぎるのも困りものです

2015-12-18 13.01.17

今日も工事をしていたんですが、ももは、こんなんでいいんだろうかと心配になるくらい、警戒心がありません。
重機で作業をして大きな音がしているのに知らんぷりです。
流し目でボブキャットの手前を横断するももの様子をご覧ください。

実に平和な風景ですが、それにしても、相変わらず、ももは、盗人が大量についてて小汚いです。
不思議な事に、同じところにいるのに、みかんには、全くついていません。

盗人草が大量に生えているところにつなぎ変えてよく観察してみたんですが、ももは構わず走り回って、みかんは、どうも、実が好きなようで、せっせと食べているので、つかないようです。
みかんの毛につかない、というわけではなさそうです。
ももは逃げないので繋いでいないのですが、みかんは逃げるので、繋いでいます。

工事自体は、今日は 1 段 ブロックを据え終わった感じです。
あと、2, 3 段は据えないといけない感じですが、盛土になるので、慎重に作業を進めたいと思います。

2015-12-18 10.00.57

アク洗いですが、やはり、一部、汚れ落ちが甘い部分が残っていました。
大した量はないので、明日、噴霧器でもう一回、洗浄しておこうと思います。

実はまだ終わってない駐車場作り

実は、駐車場作りですが、まだ終わってませんでした。
かなり中途半端な状態なんですけど、車が止められる状態なので、放置中。。。

2015-11-05 10.55.33

いつまでも放置するわけにはいかず、お宮山からユンボを回送して、工事再開です。
ユンボですが、特定自主検査と整備もあるし、アッグ的薪割り機のブラケット作成の現物合わせもあるので、近々にも入庫しないといけないので、仕事をとにかく終わらせておきたいのです。

家に帰ると、工務店の支店長やら設計士の先生がやってきてました。
世間を賑わす旭化成の問題ですが、そう、うちのマンションも杭打ちが旭化成だった、ということで、お詫び行脚だそうです。
2 棟引っかかっているようですが、今のところ、問題は起きていません。
1 棟はエキスパンションジョイントで繋いでいるとても複雑な意匠なので、そちらが気になります。
愛媛県内だけでも 3,000 棟が該当するようで、順次調査をする、ということです。
本当に影響は計り知れないですね。

2015-11-05 16.22.18

今日は、すき取り、砕石敷きこみ、転圧で終了して、明日は、昼から打設の予定ですが、今回は本職に丸投げです。
坂道なので、洗い出しで仕上げて貰う予定です。

工事の具合を確かめる監督の「みかん」氏。

残土の搬出は先送りで、山のように積み上げてありますが、まあ、ぼちぼち運べばそのうち無くなるでしょう。

2015-11-05 16.22.43

かなりどうでもいいことなんですが、「もも」は、体中に「ぬすっと草」と呼んでいるんですが、それの種がべったり張り付いているんですが、「みかん」の毛並みは綺麗なままなんですよね。
同じ所にいるのにどういうわけでしょうか?
不思議です。

にしても、庭木が激しく食されていて、家族からクレームが出ました。
器用に松の枝を押さえて食べてますが、松なんて、トゲトゲでヤニ臭い気がするんですが、美味しいんでしょうか?
まあ、美味しいから、草よりも先に食べるんでしょうが。。。

メェメェ団、2 匹では埒が明きません。
ぬすっと草がすごいことになっているので、バーナーで種を草焼きをしないといけなさそうです。

お宮山の竹やぶ掃除もしたいし、やること(やりたいこと)が溜まる一方でどうにもこうにもなりませんが、まあ、体は一つしかないので、少しづつ片付けて、お正月までには、なんとかしたいと思います。

発情?早く仔ヤギがほしいぞ〜

2015-10-14 16.39.40先日神社にお参りに来られた方が声をかけてくださったんですが、その方も、ヤギを飼育されているようで、繁殖の話をしました。
なんでも、秋になり、その方のヤギは、発情しているようだ、ということでした。

調べてみた ところ、ザーネン種は、秋口に発情期を迎えて、春に出産する、季節繁殖というようですが、うちの子は、雑種(?)で、かつ、小型であることから、シバヤギやトカラヤギがベースになっているものと思うので、在来種の、繁殖期を特定しない、1 年を通して繁殖する周年繁殖の可能性もあるのではないか、と思っています。

写真の子は女の子で、モモちゃんといいますが、非常に賢く、繋いでおかなくても逃げないので、繁殖できるように放し飼いにしました。
パートナーのミカンも、どちらも今年の春に生まれたので、秋口に発情する種類の可能性があると思ったからです。

さすがに 2 頭では、今までは全く除草が追いついていませんが、少し気温が下がってきたため、草の伸びる速度<食べる速度、になってきて、どんどん山が綺麗になっていってはいます。

小型なので、多分、10 頭くらいいないとどうにもならない気がしないでもないのですが、そこまで増えると、ワイヤーでの係留は難しくなりそうなので、冬の間に竹を切って、それで山を柵で囲いたいと思います。

枝の片付け

2015-09-13 16.07.19

今日は、夕方の小一時間、昨日伐採した枝の片付けをやりました。

Balfor のエンジン丸のこを投入。

どの道、売れるようなクオリティーのものにはならないし、樹種も不明、少なくとも、カシやクヌギではないので、そのまま転がして腐らせたいところですが、かさばって邪魔だし、放置しておくと、メェメェ団のワイヤーが絡まってしまうので、仕方なくです。

とりあえず、φ15cm よりも太そうな部分はほんのちょっとしか無いですが、一応割っておこうと思うので、運びだして、それよりも細いところを適当に切り詰めました。0.5m3 くらいでしょうかね。

2015-09-13 17.18.34葉っぱは、メェメェ団が好んで食べるので、餌に上げたいところですが、見ての通り、青々とした草が大量にはびこっていますので、明日にでも、チッパシュレッダで破砕処理しておこうと思います。

ちょっとお守りづくりをしていて、結構時間がかかったので、整地と穴掘りはできませんでした。
こっちも、明日時間が取れるようなら、やっておきたいと思います。

除草活動再開

昨日は、台風一過、良い天気に恵まれました。

2015-07-18 17.24.49

台風でヤギたちも避難していたのですが、除草活動を再開です。

今月頭に家にやってきたわけですから、かれこれ 3 週間ほどになるのですが、現時点で言うと、ヤギが食べる速度 < 草が伸びる速度 ってな感じで、追い付いていない感があります。

自宅の除草すらそういう状態ですから、神社の境内のお掃除のお手伝いは、子供が生まれてからになるかとは思うんですが、ヤギの出産のペースを考えると、メスがもっといないとどうにもならないのではないか、とも思えます。

係留の仕方などについては、色々と気づいてきたのですが、現時点で一番大きな気付きは、全部繋ぐ必要がない、ということでしょうか。

時間が取れず全然かまってあげられていないため、トイレのしつけなども含めて、完全にほったらかしに近い状態で、このままではまずいかなと思いつつも、定置式の小屋で飼うことは当面先になりそうだし、数が多くなるととてもすべてをしつける時間を取ることは難しいので、ハナからあきらめている部分もあるんですが、知能としては、犬よりは劣る感があって、リードに絡まったりして動けなくなる率がかなり高く、係留すると管理にコストがかかります。

特に 2 匹繋ぐと、常に一緒に行動するため、お互いに絡まり合ってすぐに動けなくなる、という問題が発生しました。

観察すると、もも(メス・白色)のほうがうるさいので、みかん(オス・オレンジ色)を繋いで、ももは放し飼いにしてあります。

ももは、みかんからは離れず、見えなくなると鳴いて呼ぶくらいなので、みかんの動ける範囲から 5m くらいしか移動しないのです。

写真のようにいつも直ぐ側にいます。

最初に、ヤギは複数で飼ってくださいといわれたのですが、今ではその意味がよくわかりました。

がんばるメエメエ団

2015-07-09 15.45.28

太陽電池の土手で除草活動に勤しむメエメエ団の皆さんです。

今日は、朝イチ張り切って山に出かけたものの、激しく降られて、作業は強制中断しました。
予報じゃあ、そんな降らないはずだったんですけど、一時間に 100mm 位は降る勢いでした。

ところが、昼前から時折日が差してきて、午後からは一転して快晴です。

ヤギは雨に濡れることを嫌がるので、いちいち繋ぎ変えないといけないので、面倒なんですが、フェンスで囲ってみたところ、高さが 1m 位だとどこからどうやって逃げ出したのかはわからないのですが、いつも脱走して困るので、結局リードでつないでいます。

メインのロープにはカラビナで係留しているんですが、リード自体が 100 均だからか、それとも布で軽いからか、時々、セイタカアワダチソウの茎(食べない)に絡まったりして動けなくなっていることがあります。

明日から 4 日間ほど出かけるんで、その間、ひどく絡まってしまわないかちょっと心配です。

結局のところ、フェンスで広大な傾斜地を囲うというのは、コスト的に見合わない気がしますし、とりえず、今のようにロープで移動できる範囲を制限する方法が簡単でいいんですが、今のカラビナで係留する方法だと、真っ直ぐにしかロープを貼れないので、不便です。

コーナー部分を通過できる係留方法を思いついたので、今度試作して見ようと思います。

で、名前ですが、オレンジ色の男の子が「みかん」、白色の女の子が「もも」、としました。
オレンジ色はどちらかと言うと、「びわ」って感じの色なんですけどね。