お客さんから写真が届きました — TrueNorth TN20, コストパフォーマンスで堅牢な逸品

お客さんから薪ストーブを設置して、焚き始めた様子の写真をいただきました。
温かい新年を迎えられた様子が伝わってきて、とても嬉しく思います。

TrueNorth TN20 は、鋼板製のため堅牢で、気密性にも優れています。
エントリークラスでは、ほぼ無敵にコストパフォーマンスではないかと思います。

外気導入キットも用意されていますから、高気密住宅でも、安心して導入していただけるかと思います。

また、日本のような地震が多い国でも、固定できるように設計されているため、耐震性も考慮されている、隙のないストーブです。

最新の環境基準もクリアし、シンプルなクリーンバーンで、操作はレバー一本です。

同じくカナダ ICC 社の Excel, ULTRABlack 煙突との組み合わせなら 30 万円くらいから必要な部材一式を揃えることができます。

都合がいいことだけいうようなお店も少なくないと思いますが、うちは都合が悪い事の方を声を大にしていいたいと思いますが、ICC 社の煙突は、施工性が悪いのです。
ですが、防火性能などは非常に厳しいカナダの基準をクリアした安全性の高い煙突で、価格も国内の煙突の 1/2 程度、室内用の空気断熱の ULTRABlack には、シングル煙突と同じくらいの価格で導入できます。
EXCEL 煙突は、防水性能が弱いのですが、この弱点を克服するため、Hearth & Home は角トップを開発しています。
安いだけではなく、日本ならではの気候条件などに合わせて、ローカライズも行っています。
また、煙突部材は現場で不足してしまういことなどがありますが、そういう場合でも、工事が止まることを最小限に抑えられるようにHearth & Home は主要なパーツを在庫しています。

工事費は人件費ですから部材が安くなっても節約できませんので、トータルでは半額という訳にはいきませんが、100 万円以上掛かるものが 60 — 70 万円で実現できますし、DIY なら半額どころか、1/3 以下ということも可能です。

今までは専門店の材工一式で普通車が買えるほどの金額のものか、あるいはホームセンター等の粗悪品での DIY しか選択肢がありませんでしたが、Hearth & Home のサービスを使っていただきますと、本場からの直輸入のリーズナブルな価格と、工事もおまかせで全部丸投げから、ハーフビルド、100% のセルフビルドまで、自分の時間・能力・予算に応じて、幅広い選択が可能になります。

すでに多くの方がセルフ設置されて、薪ストーブを楽しんでおられます。

TrueNorth, あまりに人気で在庫が切れていますが、近日入荷予定です。
ストーブの導入を検討されている方は、ぜひご検討ください。

いよいよ JØTUL GF400 が出荷されました

依頼を受けて輸入手配 した JØTUL(ヨツール)の GF 400, F400 のガスストーブですが、いよいよ出荷され、荷姿等(もちろん、請求書も)がメールされてきました。

そして、別件で以前の担当だった N さんから、ガスストーブを輸入するんですね、というメールと近況のメールも届いていたんですが、その中に燃えている時の様子の写真が添付されていました。
燃料は、ボンベが写っていますが、プロパンだそうです。
燃焼している様子は、かなりいい雰囲気が出ていると思います。

住宅密集地で薪ストーブの導入が難しいケース、あるいは、薪の確保や、保管、搬入などのコストが問題となるケースなどで、実用を兼ねたインテリアとして、ガスストーブという選択肢も、おしゃれな店舗、喫茶店などで、検討する価値は十分にあるのではないかと思いました。

ガスストーブは今回が初めてのケースで、ICC 社製の煙突も初めての部材ばかりなのですが、設置は専門店が行うということで、どういう風に完成するのか、とても楽しみです。

オリジナル角トップの再生産

Hearth & Home 暖炉家 では、カナダ ICC 社製の EXCEL という断熱煙突を扱っています。

ICC 社の煙突を採用する利点ですが、まず、一番に挙げたいのは、安全性です。
厳しい北米の安全基準をクリアしており、カナダ製ですから、当然アメリカよりも格段に厳しいカナダの安全基準をもクリアすることができます。
さらに屋内は、ULTRABlack という2 重煙突を使用するのですが、空気層により断熱するの仕組みのため、スリムで軽量、かつ、非常に安価で、某 H 社のシングル煙突(溶接タイプ)の価格程度しかしません。
空気層のみですが、断熱性能はそこそこあるため、非常に優れたコストパフォーマンスを発揮します。

ただ、ICC 社の煙突には、弱点があります。
これについては、かわはら薪ストーブ本舗さんわかりやすく解説 されています。

結局のところ、国産の高木煙突を使えれば、それはそれで安心なわけです。
ただ、ICC 社の煙突に比べて、かなり高額の費用がかかってしまうのも事実です。

そのため、少ない予算で、少しでも安心できる煙突にするため、EXCEL 用の角トップを製作したわけです。

S__2048005

日付を見ると、もう 2 年も前になりますが、ずっと受注がなく 2 個目が作れていませんでしたが、最近ようやく H さんから、作って欲しいという話を頂き、秋祭りも終わって、本腰を入れて製作に取り掛かれそうなので、2 個目を製作することにしたわけです。

幾つかの改良のアイデアがあるのですが、まずは可能なものからやっていこうと思います。

Hearth & Home 暖炉家 では、このような金属板金による薪ストーブの周辺部材の開発も行っています。
単に右から左にモノを動かすだけではなく、日本の環境に適合し、能力が発揮できるように、ちょっとした小物ではありますが、オリジナル部品を充実させていきたいと思います。

これが終わったらいい加減 カグツチ をベースにしたロケットボイラーの製作もしたいと思います。
宇野さん、亀のようにのろまですみません。。。

JØTUL の超激レアストーブ — JØTUL GF 400 DV Sebago

色々あるのは知っていましたが、今回は、レアなんてもんじゃない、日本に何台あるのか、それすら疑問なくらいの珍しさだと思うのですが、JØTUL GF 400 DV Sebago という、ガスストーブです。

デフォルトの燃料は天然ガス(天然ガス)、プロパン用に改造するキットも付属するようです。
煙突が必要ですが、EXCEL 煙突が適合するようで、現在調査中です。

薪ストーブやペレットもいいんだろうけど、燃料の調達・運搬・管理が。。。というような向きで、かつ、雰囲気を重視する店舗などには、アリ!なチョイスかもしれないなと思いました。

色は、写真のマジョリカブラウン(琺瑯)以外に、ブラックペイント(普通の黒の塗装)とブルーブラックエナメル(琺瑯)があるようです。

現在のドンブリすぎる価格見積では、煙突まで入って 50 万円弱、といったところです。

動画で見る限り、なかなかの雰囲気を醸し出していると思います。

もうすぐ入ってくる F 500 SE のマジョリカブラウンも、対面するのが楽しみでなりません。

個人的に、マジョリカブラウンの琺瑯はとても気に入っている仕上げなのですが、Hearth & Home 暖炉家 では、限定カラーではなく、レギュラーカラーとして取り扱っていて、国内のブラックペイントよりも多分安いか、同等のくらいの予算でご用意できると思います。

入れ替えなど、工事のリスクが低いケースでは、是非 Hearth & Home 暖炉家代行サービス をご利用いただき、DIY 設置で予算を節約しつつ、ワンランク上質なストーブの導入を実現していただければと思います。

それはそうと、ちょっと残念なお知らせです。

一番人気の TrueNorth TN20 ですが、注文を入れたところ、在庫切れ、ということで、次回の出荷は 12 月中旬以降、ということになってしまいました。

そこから、1.5 — 2 ヶ月程度掛かることから考え合わせると、今シーズンに焚きたい人は、今ある在庫の 1 台を逃すと、家では提供させていただくことが難しい、ということになります。

資金力がないことが悔やまれます。

いずれにせよ、現時点での国内在庫品は、

というラインナップで、各 1 台です。

JØTUL F 45 BP もいいストーブだと思うんですが、1 年程度の在庫になってしまいました。嫁ぎ先が早く見つかるといいなぁ。

百聞は一見にしかず — 薪ストーブと煙突とそれらの温度をビジュアライズ

K さんに借りているサーモカメラで燃えている薪ストーブを撮影してみました。

こういうのを百聞は一見にしかず、というのでしょうね。

薪ストーブ本体ですが、思っていたのと温度の分布(高温になる部位)が違っていました。

あと、煙突ですが、うちは、室内は、ICC 社の ULTRABlack という空気断熱のものを使っているのですが、ダンパーを取り付けてある口元のシングル部分のストーブアダプタと比べて、温度が 100 度くらい低くなっていて、断熱されているんだな、と思いました。

まだまだ高価なため、流石に、ストーブの温度を測るためだけに購入するには躊躇するカメラではありますが、設置業者さんなんかは、お客さんに、薪ストーブの燃焼時の温度分布などを視覚的に説明できるので、良いアイテムだなと感じました。

どうでもいいことですが、うちのニャンズは、茶色いので、時々どこにいるのか隠れていてわからないことがあるんですが、サーモカメラでは一発でした。

本来の使用目的、薪の乾燥庫の断熱のチェックですが、まだ SHELLDOME も完成していないし、太陽電池小屋へのアプローチ部分のコンクリート舗装もできてませんので、年内はちょっと難しそうです。
サーモカメラは、一旦、お返ししたほうが良さそうです。

ニャンとも困った!

ニャンズの手が真っ黒です。

夕方、コンコン音がしていたので、鳥が入ったかなと思って煙突を外していたのですが、帰るとニャンズが大興奮して大暴れしているので何事かと思うと、スズメを捕まえて食べようとしていました。

スズメさんは ★ になってしまいました。。。

うちのトップは、ICC 社のデラックスレインキャップなんですが、これ、防鳥という視点でみると、かなりダメなトップですね。

また、防水性にもやや難ありで、瀬戸内のような穏やかな気候でも、台風の時等にごく少量ですが雨水の侵入があります。

オプションのウインドシールドを取り付けようと思っていて、その時に、防鳥対策をしようと先送りにしていたのですが、前倒ししないといけなさそうです。

実は、取り付けるときに、これじゃダメだろう、ということでステンレスの亀甲網を巻いてあったのですが、乾燥の甘い桧を焚いたら一発で詰まったので、その時に取り外し、以来放置プレイでした。

煙突を掃除したのが良くなかったんだと思います。

でもまあ、根本的に、鳥が入るようなトップがよくないといえばそうなんですが。

DIYer としては、ここは一つ、鳥が入らず、掃除のし易い、ステンレスカバーを作成してみたいと思います。

TrueNorth 代行案件 その後

出典 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

出典 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

カナダ製高性能鋼板製ストーブ TrueNorth の代行を依頼いただいたお客様の設置工事が完了したとメールをいただきました。

設置工事は、春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)でお馴染みのかわはら薪ストーブ本舗 さんを紹介させていただき、お客様が直接依頼されました。

なお、このケースもそうですが、うちからかわはらさんを紹介する、あるいは、かわはらさんに依頼する場合、うちが工事をするわけでも、工事についても保証をするわけではないのですから、紹介料などのピンはね・中抜き、そういう行為は一切しておりません。

期間限定ということで、工事中の写真も公開されています。
薪ストーブに移動法など、DIY で行う際のヒントになるかもしれないですので、見てみると良いと思います。

しかし、このように、工事の完了をお知らせいただけたり、その様子がわかると、こちらも嬉しくなります。
また、次のシーズン、喜んで使っていただける様子が目に浮かんで、ワクワクしてしまいます。
焚いたらまたメールします、とおっしゃってくださったので、楽しみに冬を待ちたいと思います。

TrueNorth TN20 ですが、現在、愛媛県に 4 台在庫があります。
実物の確認、全国発送可能です。(リフトがない法人、すべての個人宅には発送できません。ターミナル留になります)
新築、リフォームで薪ストーブの導入を検討されている方は、煙突まで含めて、部材をご用意できますので、お問い合わせ(見積もりは有料) ください。

原木の状況と FISKARS IsoCore ハンマー斧の進捗

昨日、様子を見てきました。
2 便目は、4t はなかったようですが、ある程度貯まりました。

ゴールデンウイークを使って、ある程度、薪割りをしておきたいと思います。

FISKARS IsoCore ハンマー斧ですが、ボチボチ振り込みいただいて、早く出荷しなければと思うところですが、倉庫に確認したところ、昨日入庫しているということで、優先して処理して欲しい旨伝えました。
在庫登録処理が終わり次第、出荷可能となります。
こちらもゴールデンウイークまでには届け可能と思います。

また、たくさんの入荷リクエストを頂き、注目の高さに驚いています。
すでに船便分を追加発注していますが、届くまでには一月以上掛かるため、航空便で輸入することも検討してみたいと思います。
ただ、重量があることから、運賃が気になるところです。
見積もりを取ってみようと思いますが、期待しないでお待ちいただければと思います。

通常販売後の価格は極力安く抑えたいと思いますが、利益無しとか赤字とかではお店を継続できないため、モニター価格よりは高くなりますので、ご理解いただければと思います。

どうでもいいついででいえば、TrueNorth TN20, ICC 社の EXCEL, ULTRABlack 煙突も入荷しました。
まあ、これから暖かくなるわけで、需要はなさそうですが、新築やリフォームなどで、コストパフォーマンスが良い物をお探しの方は、是非、ご一考ください。
ストーブ本体は、JØTUL F400, F45 の在庫もあります。

痛恨のミス!!

やってしまいました。。。痛恨のミスです。

煙突の代行案件なんですが、部材の拾い出しでミスがありました。

今回の案件は、低コスト志向の DIY のため、屋根貫通部分はフラッシングで行います。

excel-ESC_storm_collarこの時、フラッシングの直上にシャンプーハットというか、エリマキトカゲというか、エリザベス・カラーをひっくり返したものというか、薄い鉄板なんですが、それを丸めて巻きつけて根本をブチルテープで防水するんですね。

ストームカラーという部品なんですが、これが漏れていました。

カナダ側も忘れていて、自分も気づかず、お客様は当然、そこまでチェックできなかったと思いますが、とにかく、packing list にありません。

代行案件以外に、煙突工事なので、部材の不足などに備え、ストレート抜きの場合の部材について 2 現場分程度在庫を輸入しているのですが、当然、そちらの部材からも漏れています。

記憶だと、角トップをつくる際に、そのあたりの部材を一通り試験用に輸入したものの残りが倉庫にあったようななかったような。。。

最悪、国内で加工して作ればいいといえばそれまでなんですが。

今日、カットオフで、売り切れている FISKARS X25 なんかを積みこむ予定だったんですが、流石に今日の今日は間に合わないような。。。

あと 1 時間ほど待って、国際電話です。

というわけで?

EXCEL, ULTRABlack の 6″ については、ストレート抜きの部材は在庫品になります。
基本的には、角トップでの施工を前提としていますが、フラッシング用の部材も在庫はしております。

TrueNorth TN20, JØTUL F400 や F45 も国内在庫がありますので、DIYer の方のニーズにより柔軟に対応できるかと思います。

特に国際輸送の時間とリスクが回避され、部材が不足した際にも、国内からなので(在庫があれば)迅速に対応できるようになり、より安心して、薪ストーブの設置に挑戦して頂ける環境に近づいたかなという思いです。

まあ、角トップでないなら、ストームカラーは必要なので、まずはそこからですね。

True North TN20 と煙突のスケジュール、チェンソーの輸入の話

True North TN20 と代行案件の煙突等のスケジュールですが、3/24 バンクーバ出港、東京へは 4/5 入港です。

今までの経験からすれば、翌週の 4/11 — 4/12 あたりに配送に入れるのではと思います。

今回、煙突について、少し在庫を持っておくことにしました。

煙突については、一軒一軒間取りや配置が異なるので、受注発注にしておきたいという気持ちは強いのですが、カナダの ICC 社製の Excel、ULTRABlack 煙突は、価格の割に性能が良いと思っていて、在庫があれば、それなりに対応できる案件もあるわけで、こちらの想定している角トップでストレートに抜くパターンだけ、在庫をしておこうと思ったわけです。

S__2048005煙突の弱点ということでつい最近、有名ブログで話題になっていた「水が入るとか入らないとか」、そういう問題でいえば、切り欠きどころか、Excel の場合、断面丸出し、固定もビスで揉むだけ、その下穴すらズレまくっている状態なのですが、例えば、チムニーで囲ってしまえば、水が入ったりするわけがないわけで、施工性が悪いといっても、毎回煙突をばらしたりすることはしないのですから、悪くない選択と思っていますし、そのために、オリジナルの角トップの作成もしました。
それなりのコストで、そこそこの性能のもの、という暖炉家的な商品の提供が可能になる見込みです。

2016-03-18 21.09.36そういえば、カナダドルが少し値を上げていますね。

ここ 1 月でいえば、天井ですが、1 年というスパンで見れば、比較的安いともいえますが、5% くらい高くなっています。

逆にドルが下がってはいるのですが、それでもカナダドルと比べると、米ドルには割高感があります。

相場のことなので、安いとか高いとか、そういうことが予見できれば誰も苦労はしないわけですが、とりあえず、TN20 に関しては、ありがたいことに在庫を持つ前に成約していくので、今後も一定の間隔で輸入をして、多くの方に手の届く実用的な価格で、必要十分な品質のストーブ、そして、煙突の導入をお手伝いしていきたいと思います。

それと、チェンソーの話です。

また聞かれたので書いておきますが、チェンソーについては、40cc 以上のものは国内で規制がありますので、「販売」をしていません。

規制については、違法なチェンソー をご覧いただければわかるかと思いますが、

正規メーカー品と見られる製品でありましても、40㎤以上のチェンソーには労働安全衛生法により、見やすい箇所に次の事項が表示されていなければなりません。
1.製造者名
2.型式及び製造番号
3.製造年月
4.排気量
5.重量
6.振動加速度

ということになっています。
表示する 1〜6 の項目について、「誰が」ということが記載されていません。

チェーンソーの輸入手続き:日本(https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-010653.html) によりますと、

国内販売に際しては、これら告示で定める規格に製品が適合していることを自己認証した後、所定の表示を付す必要があります。

ということで、自己認証+所定の表示、つまり、自分の責任で製品が適合していることを確認すればよく、所定の表示も、別に自分で作ったシール等による表示でよい、というふうに読めます。

振動加速度などについては、

振動工具の製造事業者や輸入業者が、「周波数補正振動加速度実効値の3軸合成値」の測定、表示等を行うことが必要です。

ということであり、つまりは、製造業者が測定してしようとして示している数値であっても良いことになってますね。

Husqvarna であれば、例えば、米国内で売られている米国仕様のものであれば、その仕様のそういう数値がきちんと明らかになっているわけですから、結局、法規制を満たすと自認したうえ、表示項目をシール等で表示すれば良いだけのことのようです。

測定の義務が輸入者にあるのかないのか、役所に問い合わせて、結局回答がないのですが、自分自身は上の解釈です。

ただし、「林業機械化協会に測定してもらった、協会のシールを貼らないと違法」という主張をする人たちもいます。

というわけで、輸入してシールを付けて販売することについては、明確に白とは言いきれないので、「販売」をしていません。

そういう事情となっていますので、お含みおきいただければと思います。