薪ストーブ等が入荷しました

今日は 15 日なので、月次祭です。

朝のうちに巡回して、登録のために印鑑証明が必要なので、役場にいったら 18 日が選挙のようで、配達でいないので不在者投票を済ませました。
車庫証明ができるので西署にいって、運輸支局にナンバーを貰いに行きました。

そうしたところ、みゃきゃんの図柄入りのナンバーが売られていたんですが、みきゃん自体、鳴かず飛ばずというかなんというか、このナンバーも今までに走っているのを 1 台しか見たことがないんですよ。
結局、昨日ナンバーは頼み忘れて間に合いませんから、普通にランダムで頼みました。

なんだかんだでお昼まででギリギリで封印できるところまでいったんですが、なんと、封印の部分のナット部分に古いボルトが腐って折れたものがそのままになっていて、封印用のボルトが入っていかないのです。
グラインダは持っていたんですが、奥まっていてはが当たらないので、ナット部分を削り落とすことができませんでした。

工場に持っていったら、いっぱいいっぱいで直ぐに修理は無理、ということで、一旦諦めました。

許可は 16 日までなので、なんとかしないとなんですが、今の所の作戦としては、キリでもんで M6 でタップできれば、なんとかなるのでそれでしのいで、ダメならボルト部分をレシプロソーで切り落とそうと思います。

昼から通関の予定でしたが、トラブったので、税関についたら 14 時過ぎになってしまいました。
今回は区分 2 だったので、書類審査で済んだので、助かりましたが、それでも引取は 16 時を回って際どいところでした。

ストーブを 2 台、早速出荷しました。

一旦、車庫に持って帰ってあった出荷しないといけない製品の在庫ですが、明日、神社の鳥居の足場を解体するということで、道路が通行止めになります。
迂回路はトレーラは走行できないので、今日のうちにユニックで移動しておくことにしました。
なんか、段取りが悪いというか、ついてないというか。

ついてないので、iPhone のガラスも早速割れました。
お尻に入れてフォークリフトに乗ったのが良くないようです。

12 カゴ + 3 袋 = 15 x 400kg = 6t 程移動しました。

雑貨類ですが、Regency Alterra CS1200 のオプション品がパッキングリストを見ると、CS1200 の梱包にまとめられてないっぽいので、その確認や、検品のために、梱包をバラしました。
CS1200、ガスストーブ部品、煙突などの代行品について、今のところ問題がないことを確認しました。

新しいカタログも送ってもらいました。

明日ユニックが借りられないので、積み込みにはユニックが必要なため、今日のうちに回送しておきたかったんですが、流石に疲れて、諦めました。
諦めが肝心です。

丸太小屋に戻って、薪ストーブに点火、おニャー様たちとストーブに当たります。
ゆっくりとした時間が流れ出して、疲れが癒されますね。
今日は珍しくガラスを磨きました。

明日は神社の祭日でもあるんですが、今日諦めたユニックの回送、在庫品の輸送、コンテナをシャーシに乗せて、薪や薪ストーブ, 薪割り機, 納品する雑貨の積み込みを行わないといけませんし、ナンバーの封印もしなければなりません。
ヤマト便での出荷もあります。

15 時に出発したいと思っていたんですが、おそらく無理だと思われるので、影響がある各位には、明日、予定の時刻に出発できなかった場合、スケジュールについて、連絡させて頂く予定です。

明日も頑張りたいと思います。

カナダ便

代行を依頼いただいていただいた薪ストーブや、ガスストーブ用のアクセサリ、煙突等が出荷されました。

ガスストーブといっても、ヨツール(JØTUL)のもので、本当に珍しいのではないでしょうか?
このストーブのお客さんから、オプションのアクセサリをご依頼いただきました。

予定としては、

ETA: BUSAN Oct-23-2018
ETA: MATSUYAMA Oct-28-2018

ですが、朝鮮からの接続がうまくいかない可能性が多々ありますので、11 月半ばくらいまでずれ込む可能性があります。

今回は、少し前に記事にしたヨツール(JØTUL) F 500 も入荷予定です。
こちらは普通に格子のあるタイプです。

これとは別に、出荷して在庫が切れた F 400 も再入荷予定です。

低価格・高性能な ICC 社の EXCEL 煙突のお問い合わせをいただきました

同じ愛媛県内でセルフでリフォーム中のお客様で、TrueNorth TN20 を買ってくださったお客様から煙突のお問い合わせをいただきました。

別の方からも TrueNorth TN20 を検討しているけど、送料は無料ですか、という質問をいただきましたが、大型商品、薪割り機 も、カード決済でクーポンを利用していただきますと、送料は無料 となります。
カード決済と 8 月中が条件です。

詳しくは、以下のエントリーをご覧ください。(沖縄や離島には出荷できないケースがあります)

さて、本題に戻って煙突です。

カナダ ICC 社の EXCEL(エクセル)煙突ですが、比較的低コストでありながら、非常に安全性が高い煙突です。

安全性についてですが、アメリカの安全基準は(1,150°C に熱した煙に対して 10 分間 x 3 回に耐えること)とされていますが、カナダではアメリカ基準の 3 倍の負荷(1,150°C x 30 分間 x 3回)に耐えられなければなりません。
この厳しい基準をクリアし、煙突火災に対して最も優れた安全性を有するのが ICC 社の EXCEL 煙突なのです。

この基準をクリアするためには、小屋裏などの密閉される空間では、カナダ国内向けの特別なシールド部材を施工する必要があるケースもあります。
無論、コストの問題で、シールドを省略しても、アメリカの安全基準を満たすことができ、十分な安全性を有することは言うまでもありません。

コストについては、過去の事例を紹介したいと思います。

屋根までの高さなど、色々なケースがあるわけで、最終的には、その家で採寸をして図面を作り、部材の拾い出しをしなければなりません。
これがかなり手間がかかるため、部材の拾い出しだけでも、有償とさせていただいています。

このケースでは、最終的に図面のようにストレートになりオフセットしないことになったわけですが、金額はオフセットした場合のものです。
TrueNorth TN20 が大体 $1,000 (現地でのもの単体価格)しますので、煙突部材にかかる費用はこのケースで $1,200 くらいということです。

日本に持ってきた場合のどんぶり勘定でいえば、容積的には 1m3 くらいになります。(煙突部材のみ)
バラでは破損や紛失のリスクがあるため、パレタイズしますので、その費用等も必要です。(CA $175 等)

1m3 くらいで、約 5 万円程度の海上運賃が必要です。
海上運賃等は、上の計算には含まれていません。

また、輸入時に消費税等が課税されます。

よって、煙突については、TrueNorth TN20 よりもかさばりますし、価格も高いため、20 万円弱かかることになります。

ICC 社の煙突は、室内用は ULTRABlack という空気断熱の 2 重管ですが、プライスリストでは、「黒 2 重 900」のように、長さを含めて一覧になっていますが、900mm ものは CA$ 82.8 ですので、7,000 円くらいです。(現地での価格)

よって、1m あたり、7,000 / 0.9 x 1.08 x 1.1 x 1.035 = 9,563.4 円/m ということで、運賃を除いて、消費税や、うちの手数料、為替手数料(3.5%と仮定)を加えても 10,000 円を下回ります。

ちなみに 150mm のステンレス製のそこそこの煙突の場合、ホンマ製作所のシングル煙突(無塗装, 日本製)は 910mm(働き 790mm)で 8,840 円(税込)の直販価格となっています。

ULTRABlack は空気断熱ではありますが、「2 重煙突」で、「塗装品」で、「カナダ製」です。
シングル煙突と比べて、比較的少額の投資で断熱化することができ、コストと性能のバランスが非常に優れていると思います。

なお、金額に関しては、少し前の価格ですから、値上がりしている可能性が濃厚ですので、あくまでも参考です。
また、代行時の輸送費については、無料クーポンは利用できません。

Hearth & Home 角トップの施工写真をいただきました

ログハウスのキットを輸入してセルフビルド中の H さん から、納品してあった角トップを施工した際の写真をいただきました。

オリジナルの角トップは、シンプルな作りで、無塗装です。
低価格でありながら、基本を押さえた堅実なアイテムです。

現在のところ、ICC 社の Excel 煙突と国産高木煙突との接続の確認が取れています。

DIYer の方、煙突工事の際には、ぜひご検討ください。

角トップを納品

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、低価格でありながら、高品質な 角トップ を製造・直販しています。

今回は最もベーシックなタイプの納品です。
お客さんの H さんより、写真が届きました。

見てのとおり、極めてシンプルで、質実剛健に仕上げております。

角トップのベース部分は、定期的なメンテンスを要するシリコン等によるコーキングが不要となる設計を行っていて、とても信頼性の高いものとなっています。(煙道囲いとの取り合い部は、仕上げ状態により、コーキングを要する場合があります)

無塗装なので、黒が良ければ、自分で MonotaRO の耐熱塗料 でも塗ってください。
一度塗りなら 2m2 塗れて、一本 636 円(税込み)です。

塗装は焼き付けようと何をしようと、遅かれ早かれハゲますし、そもそも論として、うちは DIYer さん向けですから、塗装したきゃそれくらい自分でやってください、というスタンスです。
バリ等も多少残りますので、細かな仕上げは、(気になるなら)別途必要です。

EXCEL 煙突との接続は確認済みですが、他社製の煙突でも、現物を送っていただければ、接続を確認して製作いたします。
基本 6″ ですが、それ以外のサイズにも対応できます。

薪ストーブの設置で、角トップでの施工をお考えなら、是非、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) の角トップもご検討ください。

TrueNorth TN20 とICC 社の ULTRABlack 煙突の接続

うちのストーブ, TrueNorth TN20 の写真ですが、ULTRABlack は空気断熱の 2 重煙突で、ストーブトップの突起の内側に煙突の内側が、突起の外側に煙突の外側の筒がかぶさり、煙突の荷重を外側の煙突で受ける形になります。

言葉で書くとそうなのですが、ちょっと分かりづらいかもしれないので、断面図を描くと。。。

というような感じで、煙突内部のススや、タールがストーブトップに垂れてこないで、ストーブ内部に落ちて燃焼するようになっているのです。

シングルの場合どうなるのか、やったことがないのでわかりません。

ホンマ製作所製の場合

欧米製のストーブにホンマ製作所の煙突は接続できますか?
対応径が同じのシングル煙突であれば接続できると思いますのでお試しください。
万が一繋がらない場合は、シングル煙突用接続アダプターを有料で製作致します。お問合わせください。

溶接煙突(シングル)シリーズφ150mm 接続確認済ストーブ:
ヨツール(150mm)、リージェンシー(152mm)、ネスターマーティン(150mm)、ボラヤン(150mm)、バーモントキャスティングス(6インチ)、ダッチウエスト(152mm)

※()内はストーブの煙突径

ということですから、152mm だとしても、ダッチウエストと同じで、繋がるはずです。
繋がらなくてもアダプターの制作サービスもあるようです。

というわけで、シングル煙突の値段で買える空気断熱 2 重煙突 ULTRABlack ですが、TrueNorth TN20 への接続は単に置くだけです。
カナダ製で、アメリカの 3 倍も厳しいカナダの安全基準を満たすことができる断熱二重 EXCEL 煙突, スリムな見た目で軽量・安価な空気断熱二重 ULTRABlack 煙突ですが、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) で取り扱っています。

基本的には受注発注ですが、一部は国内在庫していますので、煙突不足で足りない部材を航空輸入して経費がかさんだり、工事が止まったり、ということを最小限に抑えられるよう努力をしています。

余程寒い地域でないなら、高コストパフォーマンスの ULTRABlack 煙突を採用することで、煙突のコストを薪ストーブ専門店の 1/3 — 1/2 に抑えることができます。

また、カナダでは生産されていない「角トップ」もオリジナル品 を用意しています。

チムニーの外装 — Cladding System は使えるものなのか?

今日はめっきり寒くなりました。

兼務神社の春祭り、祈年祭だったんですが、あまりの寒さにストーブが用意されていました。
高縄山に行った人が facebook に雪が舞う中の桜の花見の動画をアップしていましたが、道理で寒いわけです。

久しぶりに薪ストーブに火が入りました。

チムニー、沿道囲いですが、角トップをいくら低価格にしても、造作工事でコストがかかっては、元も子もありません。
そこで、プレハブ化できないかずっと考えています。

pinterest に登録していると、興味がありそうなものをピックアップしてメールしてくれるのですが、面白そうなものが届きました。

まあ、コメント欄に色々書いてありますが、タイル張りなどの場合、経年劣化でタイルが剥がれることがあります。(無論施工不良も)

結局のところ、上記ページに書いてある割合がどの程度化は置いておいて、こういうタイルだのブリックだのの貼りものは、必ず剥がれるのです。

チムニー造作の理由が耐候性・耐久性の高い薪ストーブの導入であるのに、貼り物の剥離の問題のため、チムニー自体のメンテナンスが 10 年程度で必要になったのでは、本末転倒ではないかと思うわけです。

意匠的に板金などでしっくり来て、満足できるケースならいいんですが。

というわけで、これだと嵌合するし、素人でも簡単に本格的なブリックの外装が仕上げられるのではと興味深く思いました。

他にも、Brick Cladding System というものがあり、H 型のブリックをレールにはめ込むようになっていて、これも貼り付けたものに比べて脱落しにくい構造ではないかと思います。

こういうものは Cladding System というようで、他にももっと複雑な形状をした外壁材をシステマチックに取り付けるものが多数見つかりました。

素材も、ブリックだけではなく、木(それも割ったもの)など、変わり種もあり、とても面白いシステムだと思いました。

建物の外壁用の技術なので、コストはさておき、耐久性や耐候性については、よく考えられているもだろうと推定しているんですが、例えば、海コンをこういうシステムを利用してパネルで囲えば、安価にそれなりの見た目のものが素早く安定して作成できるので、趣味の小屋であるとか、小規模な店舗などには最適かなと思いました。

もう少しいろいろ調べてみたいと思います。

角トップ v3 試作 1 號 出荷!

先週に引き続き、角トップの出荷です。

v1 → v2 は、製作コストのダウン(部品点数の削減)だったんですが、v2 → v3 は、安全帯用のアイボルトを取り付けられるようになりました。

内側はというと、高ナットを使ってみました。
まあ、M16 なんで、これで落ちることはまずないでしょう。

天蓋の改良はさておき、これで基本型としては、完成状態に仕上がってたと思います。

というわけで、お店でも売り出してみようと思います。

価格は、79,800 円(税込, 送料別)としたいと思います。
品物は、着払いでの発送となります。

本当は送料込としたいと思ったんですが、この間、荷物を落として、角トップ本体が損傷した事案が発生したんですが、10%, すなわち数千円の利益でそういう事案があるととても回復できないのと、カード等での決済の手数料、モールの運営会社に支払うサイトの利用料、それとかなり送料もかかるので、そういうものも加味して、ちょっと余裕を見たマージンの設定をしたいと思います。
それと、送料自体、近いところと遠いところで、かなり差が出ます。ただ、どこで作っているかなんてことはお客さんには関係のないことではあるんですが、かかるものはかかるので。

これで、ICC 社製の煙突の防水性に不安がある方にも、おすすめしやすくなるのではと思います。
最近、全く引き合いがないんですよね、Excel 煙突。

今後の改良の話ですが、自動お掃除機能はさておき、あとはパンチングメタル(防鳥)の穴サイズだとか、天蓋が 1 枚ものなんですが、メトスなどの高級品は 2 重構造になっているらしいので、遮熱板を用意するかどうか、あとは、風による逆流対策の防風板のようなものなど、細かいことは検討の余地がある気はします。

出典 MonotaRO

今の思いつきとしては、ベンチレータのようなものを角トップ内部に仕込んであげれば、遮熱と防風とが一度に済むし、構造としては、角トップ本体はいじらなくてもいいので、楽でよろしいかと思います。

かぶせてあるだけなら、外して掃除すればいいですし。

ただ、風等でベンチレータのように回転する構造にすると、風が吹くと強く引かれるというのではマズいので、風で回らない構造にしないとと思いますが。

とりあえず、かぶせるだけだから、v1 — v3 のどれにでも付くように作れると思います。

さて、それよりも問題は、H さんの角トップです。
ベースプレート以外跡形もなくなってしまいました。。。
1 台単位では作りたくないんだけど、そうそう注文が入るとも思えないし、いよいよ必要になったら、2 週間くらいで作りますので、それまでは少々粘らせてもらえればと思います。

角トップの天蓋の改良案

いよいよ 3 月も今日でおしまいですが、やることが一向に減らないのは気のせいでしょうか?
にもかかわらず、やることが増えるようなことを思いついてしまいました。

角トップですが、今天蓋はボルト留めになっています。

まあ、蓋を開けるにしても、年に数回、下手をすれば数年に一回ではあるんですが、高所で作業をするのに、いちいちボルトを緩めたり締めたり、また、外した蓋をどこに置くのか、万一落っことしたら危ないじゃないのか、と思うわけです。

ゆくゆくは掃除をしなくても掃除してくれる、エアコンの自動お掃除のような機能を取り付けたいと思っているんですが、まずは上記の問題をどうにかしたらどうかと思います。

それで思い立ったのは、マンションの屋上などに登る点検口のハッチの構造です。

熱や汚れの付着の問題がありますから、ダンパまで取り付ける必要もないとは思うんですが、こうやって開けば、蓋自体を完全に取り外す必要がなくなるため、掃除が楽になるのではと思うのです。

丁番の反対側をどうやって固定するのか、ここでビスを使ったら間抜けなので、ふとボンピンが使えないかなと思っています。

ボンピンを使ったら、工具レスで開閉できますし、ピン自体もなくならない構造で、あれだけの面積のボンネットを高速走行時に風圧にも耐えて保持するんですから、角トップの蓋なら十分すぎる強度があると思うんですよ。

結構高い部品だから、1 個で十分だと思うんですが。。。

ボンピンってなんだって方は、以下の写真のようなものです。(画像出典 http://www.k-products.jp
最近は、突起物になるので、エアロタイプ(埋込み型)や、プッシュ型など、種類があるようですが。

うちの商品は、基本的に DIYer さんに向けたものなので、煙突掃除も当然に DIY されると思うので、少々のイニシャルコストのアップで、安全性や作業性が改善されることは、積極的に考案していきたいと思っています。

とうわけで、例の安全対策、昨日買い出しに行きまして、部品代は 1,000 円ほどで済みそうで、なるべく早くでやっておりますので、来週早々には形にできると思います。
今しばらくお待ちの程を。。。

角トップ v2 納品

角トップを納品しました。

今回のものは第2世代で、部品点数を減らし、防水性能をより向上させ、また、風により騒音が発生しづらいように工夫をしました。

と同時に、幾つかの改善点の指摘も頂いたのと、実現したい機能というか、アイデアもいくつかあるので、順次、改良していきたいと思います。

当然ですが、EXCEL との接続はバッチリ確認済みです。

今後は、TrueNorth と合わせて、煙突等も含めたトータルの部材で DIYer さんに選んで頂けるアイテムに育てていけるといいなと思います。