配達とか、組み立てとか、出荷とか、いろいろ

ほとんど組み立ててあった ブレイブ(Brave)15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC ですが、オイルフィルタ の注文があったので、取り付けをどうしようかということなんですが、個人的な趣味でコントールバルブに固定したいのですが、エルボだけだと、フィルタヘッドとシリンダのブラケットが干渉してしまいます。

ホースを半分に切って、そこに挟み込めばいいんですが、この薪割り機はコンパクトなので、エンジンとの間が微妙にしか空いていないので、そのつ取り付け方だとフィルタヘッドはホースで支える状態となるので、振動で悪さをしないのか、という部分が気になるのです。

というわけで、お客さんの判断待ちなのですが、元に戻して組み付けて、動作確認は済ませておきました。

作動油は電動ポンプで汲めるようになって、手元で停止できるので楽になりました。

今回の上京では、薪割り機と薪ストーブも配達します。
薪割り機はとりあえず、樹脂パレットに固定しておきましたが、ちょっとパレットが弱そうで、気になります。

薪は午前中に普通に配達です。
今後は 30cm 薪は提供できない、ということは説明して納得していただけました。
太さについても、太い細いは今後は対応できない旨も説明して、好きなものを選んで持って帰ってもらうということで、なんとかなりそうです。

それと、大型ポリ袋ですが、届いたので早速かぶせたら、誂えたようにぴったりですね。
耐候性の問題がクリアできれば、かなりのコストダウンとなりますし、それ以前に袋に加工する作業に自分の貴重な時間を浪費しなくて済みます。
価格が安価なので、ワンウェイ出荷後、お客さんが露天に保管する際にも使っていただきやすい値段ではないかと思いますし、その場合は、それほど長期間の耐候性は必要ないので、十分耐えうる品質はあると思います。
これは掘り出し物でした。

最後に、サンプル品の通気フレコンを 10 枚入, 2 ケース、都合 20 枚の出荷です。
O さん、いつもありがとうございます。

通気フレコンですが、米国での話ですが、今まで送料別だったんですが、送料込みになったものの、トータルでは値上がっているのです。
まだ 100 枚くらいはあるかと思いますが、100 枚 x 400kg = 40t で、20t 程注文を頂いているので、そろそろ追加でオーダーしないとまずそうです。

このフレコンですが、本体は結構耐候性があって、1 シーズンではどうということはないですし、2 シーズン目のものもなんともないので、1 枚 1,000 円以下のベージュのタイプに比べて、かなり安心して使えるうえ、蒸れにくいというメリットもあります。

ただ、吊りベルト(スリング)に関しては、強度がありませんから、出荷先で吊り作業をする場合は、新品を使う必要があるかと思います。

パレットに乗せて運ぶ場合は、かなり使い回せると思います。

今日は、本当は、昨日コンテナを降ろしたときに、位置が悪くて、骨が出せなくなっているので、それを何とかするつもりだったんですが、時間が足りませんでした。
明日はなんとかしたいと思います。

コンパクトで安価な実力派 — ブレイブ(Brave)15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC も残りわずか!

雑貨屋 Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、米国ブレイブ(Brave)社の薪割り機を直輸入していますが、その末っ子モデルが 15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC です。

末っ子と言っても、15t の能力がありますし、特徴はなんといっても、サイクルタイム(薪を割り、次の薪が割れる状態になるまでの所要時間)が 8 秒と、作業スピードが早いことです。

同価格帯ですと、PLOW PH-GS13PRO GX がありますが、サイクルタイムは 12 秒と表示されていますから、1.5 倍時間がかかります。
ただし、シリンダのストローク(割れる最大の長さ)が異なります。

国内のブレイブ製品だと、VH1500 があります。
基本的な性能はほぼ同じですが、縦横に変形することができ、エンジンも信頼性の高い GX になりますが、価格が。。。

簡単にまとめますと、

PCLS1513GC PLOW PH-GS13PRO GX VH1500
価格 実売 199,980 円(税込) 定価 299,980 円(税別) 定価 438,000 円(税別)
能力 15t 13t 15t
最大破砕寸法 45cm 52cm 45cm
サイクルタイム 8秒 12秒 8秒
形状 横型 横型 縦横変形
原産国 米国 記載なし 米国

という具合です。

PCLS1513GC 以外の実売価格については、ネットで調べればすぐに分かることですが、両者 売り方が全く違う ようですし、うちはどちらもとも全く違う考えで展開しているので、サポートサービスまで含めて考える必要があります。

PCLS1513GC ですが、最近急に問い合わせやご注文をいただくようになりましたが、このモデルは継続して生産されておらず、後継の機種も現時点は明らかになっていませんので、在庫限り となる可能性が高いですから、コンパクトで安価なモデルをお探しの方にはラストチャンスです。

今回は、千葉県の方から、ご注文をいただきました。
たまたま、千葉県に薪の配達に行くのですが、組み立てて、近くなので道の駅で待ち合わせてお渡しすることとなりました。

早速組み立てをしようと思ったら、必要なサイズのソケットだけがない、という状態で、作動油のドラム缶を吊ろうと思ったら、ドラム缶リフターは忘れて取りに帰る羽目になるし、今ひとつ、ついてない日でした。

家に帰ってなんとか組み上げて、というほど組むところはないんですけど、15t は。
ジョーカップリングの緩みがないかも点検し、各部増し締めしておきました。

継続生産がない、ということはパーツなどの供給の問題がを気にする方がいらっしゃると思いますが、この点は、ブレイブ社がすることですから、当方が保証することはできません。

ただ、それは VH1500 であっても同じことですし、VH1500 とは、大部分の主要パーツが同じものと推定されますし、それ以前に、米国製の薪割り機は規格がある汎用品を組み合わせていますので、心配は少ない、というのが自分の考えです。

サポートに対しては、基本的には、うちはヤマト運輸や佐川急便と同じと思ってもらえばいいのですが、米国からの輸送を行っているだけ、というスタンスですから、保証をしません。
あくまでもメーカー、ブレイブ社の保証となります。
部品もある程度はストックはありますが、限定されています。

他店の半額ですから、問題があれば、2 台買ったらどうでしょうか? とお答えしております。
2 台とも動かないこともあるかもしれませんけど。

連日薪割り中!

今月の お店 のセールでは、たくさんの方にたくさんのご注文をいただきました。
ありがとうございます。

毎月、あれくらいのペースで売れたら、嬉しいのですが、反面、駆け込み需要の後の反動減のようなことにならないか、ちょっと心配だったりもします。

薪の注文もたくさん頂いて、連日、薪割りをしています。

薪製造機では、やはり割の大きいものが交じるので、割り直したり、今年は台風でシートが飛んだりで濡れたため、より丁寧なブラッシングが必要だったりと、なかなか生産のペースが上がりませんが、千里の道も一歩からということで、コツコツ作業をしています。

割り直しの作業は Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC で行っています。

この薪割り機の特徴として、サイクルタイムが 7 秒と、油圧式の 20t としてはかなり早いことがあります。

サイクルタイム、というのは、薪を割り、次の薪が割れる状態になるまでの所要時間のことですが、往復で割ることができるため、戻りの時間が無駄にならないので、単純に倍早い、ということになります。

Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、予約を頂いて、次回 11 月末頃に入荷する予定のものは、売約済みとなっていますが、12 月入荷分については、引き続き予約を受け付けています。
とても使いやすい薪割り機なので、ぜひ、お問い合わせください。
松山近郊の方は、今なら、ガンガン仕事をしていますので、薪割りの様子をご覧いただけます。

明日は朔なので、神社の仕事が終わり次第、薪割りを頑張りたいと思います。

今月いっぱい 10% off — Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC 出荷しました

今日は、Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC 出荷しました。

今月は、10% off クーポンセールが好評で、VH1724GC も最後の一台を出荷しました。
高額の商品ですから、差額は数万円にもなります。

現在、在庫があるのは 15t のみで、それ以外の機種は、予約となります。

大きな割引のセールですので、この機会にぜひ、薪ストーブ本体や、薪割り機などの高額アイテムについて、導入を計画している方は、月内にご決断いただければと思います。

出荷のあとは、ピザ薪を 5t ほど注文いただいたので、その準備です。

薪ストーブ用の 30cm の在庫がほんの少しだけ残っているのですが、割が大きいので割り直します。
割り直さなくてもよいし少々長くても良い、と言ってくださっているのですが、ピザ薪は初めてなので、試験的な意味合いもあって、少し細めに割り直しました。

結局、半日で 1t ほどしか割り直すことができませんでした。

短いことも相まって、かなり手間がかかることがわかったので、小割は単価を変更しないといけなさそうですが、主力商品とするなら、kindling machine などの小割専用機を導入して生産性を向上させつつ、品質を一定に保つ工夫をする必要がありそうです。

今はすべてのことが勉強だと思います。

35cm から 30cm を抜く作業を並行して行って、結局 35cm は 5 カゴ作りました。

当面の目標が 36 カゴ(袋)なので、なかなかですが、ボチボチ頑張らねばと思います。

それと、配達用にと買った鉄くず 24 万円号ですが、もしかしたら、本当に鉄くずかもしれません。

車検のために整備に出していて、ハブやブレーキ周りのオーバーホールを依頼しているですが、ブレーキシュー周りが腐食がひどい、交換が必要、ということで、かなりのコストがかかるのではということです。
見積もりは依頼したんですが、額によっては、登録を諦めて、そのまま鉄くずにするかもしれません。

まあ、目利きができないとこういうこともあるでしょう。

タイヤのサイズがちょっと変わっているので、すくなくともまな板には流用できません。
10t 配達したのでは運賃で赤になるので、長い台車は必要不可欠なのですが、次回の配達に間に合わない可能性が出てきました。

はてさて、どうしたものやら。。。

全ては見積り金額次第です。

薪割り機器の組み立て不良 — ジョーカップリング周りの緩みを点検してください

そろそろストーブを焚き始めている方も多いかと思います。
また、11 月を迎え、伐採を始め、薪の準備が始まる時期でもあります。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、米国 Brave(ブレイブ)社の薪割り機を直輸入で扱っています。
人的なリソースの都合もあり、現在は米国から輸入したまま、クレートに大きな破損があり、明らかに商品が損傷していることが分かる場合を除き、基本的には、部品の入り数の点検も省いてそのまま出荷し、その分コストに反映しています。
今までにはない商品の提供方法かと思います。

今日、電話で Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC について、お問い合わせを頂いたので、細かく原価の話をしたのですが、ついでなのでここにも書いておきます。

インターネットがこれだけ普及している時代ですから、検索するば簡単にわかることですので書いておきますが、PCLS2013GC については、北米で $1,500 程します。

$1 がいくらか、報道されているので、これも知ることは簡単で、今だと 112 円前後ですが、報道されているレートでドルを買うことはできませんし、タダで海外に送金できるわけでもありません。うちの場合では、3.5% くらいの経費がかかりますから、116 円前後、ということになります。
つまり、174,000 円がアメリカのうちの倉庫に入ったときの値段です。

輸出するには輸出許可が必要ですし、そういう書類の費用が意外と馬鹿になりません。
ちなみに、$75 かかり、Japan AFR Filling といって、日本側に通知する費用も $25 かかります。
通関については、自分でやっていますが、これを人に任せると 11,800 円(非課税)かかります。

そういう諸々で神戸港についた時点で 30,000 円/台くらいの運賃・経費がかかってしまいます。
この金額は、1 台だけ運んだ場合の費用ではありません。
書類代の $75 は 1 台でも 2 台でも変わらないので、うちの規模でまとめて運んだ場合、大体、ということです。

通関のときって、神戸に 8 時間かけていって、8 時間かけて通関作業をして、8 時間かけて帰っているんですけど、1 日働いているだけ、って思ってたんです。それで、この前も、薪屋さんの K さんに電話したときに話したんですが、普通の人って、一日 8 時間しか働きませんから、その計算でいえば、3 日分働いているわけですよ。日当 1 万でも 3 万はかかっているわけです、自分で自分に給料を払ったら。
だから、通関費用の 11,800 円だって、ただになっているわけでは厳密に言えばないわけです。
倉庫だって、すでにあるから一円もかかってないですが、土間を打ったり、フォークリフト用のラックをオクで落として、はるばる福井や愛知に取りに行ったり、そういう思い出がたくさんありますけど、本当にタダってわけじゃない。
でもまあ、支出がないのは事実なんですけど。
それでも、片道 300km, 高速は最短の坂出北〜児島までで平日割引で5,000 円程かかります。
タイヤやオイルも減るし、なので、1 台 10,000 円くらいは、やはり神戸から愛媛に移動するのかかってしまっています。

仮に都合 4 万であったとして、214,000 円かかっているわけで、消費税を入れると、自分の人件費を無視して、230,000 円ほどが原価、ということになります。
モールで販売すると、当然ですけど、手数料というものが発生して、Amazon.co.jp に至っては 2 割くらい抜かれます。
STORES.jp は、5%(6.5%) + 固定費ですが。
今だと 27 万の 10% off ですから、24.3 なんですけど、ここから 5% ぬいたら 23 万なんですけどね?

実際には、うちは、仕入れが $1,500 よりほんの少し安いので、赤にはなりません。

10% 割引分もあとから補填するということを STORS.jp が言っている(インセンティブがある)のですが、本当に 20 万とか、そういう高額商品も補填してくれるのかわかりませんので、問い合わせてみたら、補填するようなしないような、はっきりしないことをいっていましたが、まあ、補填されれば、10% 程度の粗利は確保されることになります。でもまあ、本当に補填されるかは未知数ですから。

一台売ってもいくらも残りませんから、いつも薪割り機の在庫がないのは、仕入れたものが嫁いで、それから 2 ヶ月近く経ってようやく STORES.jp が支払ってくれるので、持っている自己資金以上に薪割り機を仕入れられないためです。
もし、薪割り機を買ってくださる場合、この 2 ヶ月待たされるのが本当にきついので、極力振込支払いでお願いいたします。

それでネット(ヤフーショッピング)で、同じものが 25 万の送料込みで売ってたんですけど、といわれたんですが、検索したんですが見当たらないんですよ。よもや、ホンダウォークのよく似た別物と勘違いされているのかな。。。
まあ、高いとおっしゃられたので、どうぞそっちで買ってください、安いと思います、と返事をしておきました。
うちの努力が足りないのかもしれませんけど、これ以上、どうも努力するところがないのですよ、うち的には。

というわけで、えらくフリが長くて申し訳なかったんですが、初期不良だから今すぐ別の新品に交換しろ、と言われても、そういうサービスを提供できる原資をお預かりしておりませんので、対応はできません。
とはいえ、ロシアンルーレット状態というのも困る、という人向けに、組み立てて納品するサポートサービスを考えています。
詳細は煮詰めているのですが、ハイガー産業の 5 万円と同額で考えています。
まあ、決まったら、ブログで報告いたします。

それで、不良の件ですが、このところ、立て続けに不良が発生して、

  • オイルタンクからのリーク
  • ジョーカップリングの緩み 2 件

という具合です。

オイル漏れについては、購入いただいた Y さんの協力を頂いて、原因が溶接不良であろうと特定され、現在保証の適応の交渉をしているところですが、その結果がはっきりしたら、詳細について報告させて頂きます。

ジョーカップリングの緩みについて、1 件は現在、紛失していたイモネジを予備部品から外して送って様子を見ていただいていますが、もう一件は、キーを作り直しての対処となり、こちらも様子を見ていただいています。

この異音は、カップリングの締付け不良により発生していました。

カップリングとは、エンジンと油圧ポンプを接続する写真のような部品です。
ハブと呼ばれる爪のある部品がエンジンと油圧ポンプに向かい合って取り付けられており、その間にインサートと呼ばれる緩衝材が填っています。
ハブはエンジンやポンプの軸にキーで取り付けられていて、そのキーをイモネジで押さえてあります。

今回はこのイモネジの緩み(紛失)が立て続けに 2 件発生したわけです。

イモネジはアレンキー(六角棒スパナ)で締め付けます。

唯一のメカニカルな駆動部で、この部分の緩みやガタは、エンジンやポンプの寿命に直結します。
運転時に振動や異音を感じた場合は、直ちにエンジンを止めて、不具合の確認をしてください。

また、インサートは消耗品です。
ブレイブ社の薪割り機は高品質なラブジョイ社の部品を使用しています。
インサート一つとっても、チャイニーズの無名品(材質も良くない)は数ドルですが、メーカー品は数倍します。
樹脂部品ですから、ある程度の運転時間や、年数で、早め早めに交換してください。
少量ですが、純正部品を在庫していますので、お問い合わせください。

うちで薪割り機を買ってくださったお客様からお預かりした余剰金でこういう部品類を準備できています。
船便のため、一度部品を切らしますと、数ヶ月、入荷できません。
そのような理由から、在庫点数が少ない部品について、他店でお買い上げ方には、提供をお断りする場合がありますので、ご理解ください。

10% off セールは今月末まで!薪割り機もセール中!

今月は全商品 10% off のセールを行っています。
高額商品も 10% off になります!

薪割り機ですが、Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC が人気があり、次回入荷分は売約済みとなりました。
とはいえ、実際に入金があるわけではなく、その間、次の仕入れができません。


Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC をご予約の皆様へ

米国倉庫のスタッフの退職に伴い、荷物の数が合わなくなっており、処理上の問題で、船積みがずれ込んでいます。
本日カットオフの予定です。(時差がありますので、来週月曜日以降にならないと、カットされたか確認が取れません)
当初より一月近く遅れ、大変ご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
現時点では、

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 064W
ETD LAX: NOV. 5
ETA KOBE: NOV. 20

という予定となっております。
貨物の通関などの心づもりに関しては、米国便再遅延 に書いておりますので、ご確認いただければと思います。


もうあまり日数がありませんが、次の次の便(11 月半ばカット → 12 月半ば神戸入港)の予約で、かつ、銀行振込にて前払い予約して頂ける場合、10% off に加えて、

をサービスいたします。

Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、20t の能力の割に非常にコンパクトで、作業の高さも程よく、また、ログテーブルも広いので作業がしやすいと感じています。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪ストーブ用の薪の生産をしていますが、その現場で実際に Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を使用しています。薪製造機で生産された薪はサイズが大きすぎることがあるので、主に小割作業を行っています。
サイクルタイムは 60cm のストロークがありながらわずか 7 秒と、このクラスの薪割り機では最速と思います。

縦で割る必要がない場合、価格はそこそこしますが、非常に完成度の高い一台となっており、おすすめいたします。

予算の厳しい方には、15t タイプ も在庫しております。

油圧コンポーネントは基本的に 15t, 20t, 24t すべて同じホンダ GC160 + 11GPM ポンプとなっていますので、能力が高くなると、シリンダが太くなる分、サイクルタイムが伸びることになります。

薪割り機選びでお悩み事があれば、お気軽にこのブログのコメント等でお知らせください。

Brave(ブレイブ)横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の電動化案

Brave(ブレイブ)横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、コンパクトでありながら、腰に負担のかからない高さの広い作業テーブルもあり、また、サイクル 7 秒で 20t と、このクラスでは無敵のスペックとなっているので、とても人気があります。

ただ、エンジンなので、どうしても騒音や排気ガスの問題があります。
ガソリンも高くなっているので、長時間使うなら、モータ式のほうがいいわけで、電動化したい、という相談を受けました。

それで、エンジンは搭載したまま、電動でも使えるように考えてみました。
口で説明するのは難しいので、子供の落書き状態ですが、イラストを適当に描いてみました。

ようするに、カプラで外部の油圧ユニットを接続できるようにしたらどうか、ということです。
油圧タンクを共用にすると、連続作業時にオーバーヒートするかもしれないのですが、じゃあ、フレームを作り直すのか、ということそれも手間なので、コスト対効果だと、このやっつけ仕事が一番楽なのでは、と思うわけです。

無論、着脱する際に、シリンダをしっかりと決めた位置でやらないと、油が移し変わるので、下手をするとタンクがあふれる問題もありますし、二つのタンクの油が混ざるという問題があるにはありますが。

元々もポンプは 11GPM なので、電動モータで回すポンプも 11GPM か、一回り大きな 13GPM くらいでどうかと思います。
11GPM でサイクル 7 秒ですから、13GPM で 6 秒くらいに短縮されます。

ポンプですが、11GPM でも、13GPM でも、16GPM でも、大体 $150 くらいです。
送料や税金が別にかかりますので、$1 = 200 円くらいに思っておけば大体間違いがないと思います。

それと、図中の weld on と書いてある部分についてです。

ここで説明していますが、下穴をホールソーで空けて、溶接するとネジ山ができる部材があります。

ちなみに、吸入側は、ストレーナーを差し込んで、そこにタケノコニップル(hose barb)を接続するようになります。
なので、タケノコニップルのサイズを決めて、次にストレーナーが決まり、ストレーナーが決まれれば、当然ストレーナの外径が決まりますから、Weld-in Tank Flanges が決まる、ということになります。

まあ、仮に 40L くらいとすると、10 gallons ですから、完成品を買っても、$150 くらいです。
ただ、運賃などを考慮すると、3 万くらいしますから、自作できるなら、自作したほうが良いと思います。

電動ユニットと薪割り機を接続する際のホースですが、高圧ホースでも、1/2″(両端 1/2″ NPT-M)の場合、120″ は約 3m で、$26 です。

1/2″ X 120″ 1/2 NPTM X 1/2 NPTM 4000 PSI HYD HOSE
Brand new, two-wire braided SAE 100R16 hydraulic hose assembly. Assembled in USA from NRP JONES hose stock and USA-made plated steel fittings. Oil and abrasion resistant Wearguard® neoprene jacket, MSHA approved. Oil resistant nitrile tube. Length measured from end to end.

SPECIFICATIONS
Hose Type SAE 100R16 HydraLite II, Two-Wire Braided
Overall Length 120″
Inside Hose Diameter 1/2″
Outside Jacket Diameter 0.84″
Fittings 1/2″ NPTM
Minimum Bend Radius 3.50″
Temperature Range -40° to 250°F
Working Pressure 4000 PSI
Burst Pressure 16000 PSI
Shpg. 6 Lbs.

3/4″ は $44 です。

不具合頻発

秋祭りですが、神輿渡御 2 日目もなんとか無事に終了しました。
明日で、ようやく長かったお祭りも収めることができます。
あと少し頑張りたいと思います。

それで、お店の方なんですが、不具合が頻発して、結構大変な状態です。

今のところ、

  • NO-SPILL 缶のノズル不良(交換品の発送済み)
  • 輸入を依頼いただいていたレシーバーが行方不明
  • FISKARS ハンマー斧の不良が発生したものの、FISKARS 社がやたら細かい状況説明を要求
  • ブレイブ薪割り機で油圧タンクから少量のリークが発生
  • ブレイブ薪割り機でネジが一つ紛失した状態でお客様に届く
  • キンドリングクラッカーキングを出荷したつもりが、なぜか普通サイズのものお客様に届く
  • 米国倉庫で荷物が 4 つ、行方不明で積み込みストップ

という感じです。

仕入れが追いつかなくて、人気のアイテムでは売り切れが頻発してしまって、ご迷惑をおかけしてしまっています。

祭りの後片付けもあるので、明後日くらいから、ご依頼を頂いている薪の配達を含めて、一つづつ片付けていきたいと思います。

それと、薪割り機の輸入の付いて、コメントでお問い合わせを頂いたので、こちらにも、重複するかもしれませんが、記事にしておきたいと思います。

薪割り機も薪ストーブ同様、輸入を代行いたしますが、代行の場合、事前に正確な見積もりを行うことができません。
理由は、いくつかありますが、主な理由は、梱包のサイズなどが事前にわからないこと、また、梱包が適切ではないことがあるためです。

過去の事例ですが、Ariens の縦横兼用機を輸入したことがあります。
この機械、日本でいくらするのか、ということ。。。定価で、51 万(税別)です。

米国では、$1,000 台前半ですけどね。

それで、輸入した時の様子ですが、

という具合です。

わかりますか?パレットにほぼ完成品の状態で乗っています。
輸出できないパレットに乗っていて、米国での輸出時に積替えも行いました。
これ、つまり、3m3 分くらいの運賃と、積み替え費用がかかるのです。

1m3 あたり、自分でやっても 4 万近く、このときは松山港ですし、通関等まで頼んだ記憶があり、もっとかかっていますから、本体と運賃がほぼ同額という。。。

まあ、それでも、51 万円(税別)よりは、安いことは確かですが、赤字ギリギリで 長野県のお客様に嫁いていきました

このケースのように、どういう荷姿なのか、ということがわからないと、運賃は決して安くないので、思ったよりも経費がかかり、満足な結果が得られないことがあります。

というわけで、代行については、リスクが高い、ということは理解いただきたいと思います。

『2018 森林・林業・環境機械展示実演会』はあきる野市で 11/18, 19!

今年の 森林・林業・環境機械展示実演会 ですが、全国育樹祭 に合わせて 11/18, 19 日に東京のあきる野市で開催されるようです。

うーん、なんとも微妙な時期です。
そう、ちょうど七五三のタイミングなんですよね。
毎年、数件あるだけで、基本的に予約なので、それ以外に受け付ければいいだけなんですが、中には息子たちが帰省をするのがその日なので、という方もいらっしゃるので、ギリギリまで予定を開けておきたいところではあったんですが。

11/16 が祭日なので、11/17 に前泊して行って、11/18 に見学というスケジュールかなと思いますが、行かれる方がいらっしゃったら、お声掛けください。

今年は薪割り関連でどのような展示・実演があるのか興味深いですが、今年も、ホンダウォークさんは出展者のリストにありますね。
その他は、和光商事株式会社さん、(公財)高知県産業振興センターさん、東日興産株式会社さん、ハリマ興産株式会社さん、このあたりの出展者が薪割り機を展示することになっています。

うちもこういうイベントで展示のショバ代を払って、人を 2 日間貼り付けられるほどの収益が薪割り機販売で得られるといいのでしょうが、いったいいくらかかるんでしょうね。
いくら良いものでも知ってもらえないと売れることはありませんし、かといって宣伝広告費をかけても、商品自体の性能や価値が上がるわけでもありませんし。

さて、今日は、今月いっぱいセールを行っている ブレイブ(Brave)15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC をご注文いただいたので、早速出荷してきたいと思います。

割引率はささやかですが、高額アイテムのため、金額としてはそれなりになっています。
割引きはあと少しで終了します。またセールをする可能性がないわけではないのですが、検討中の方は、お早めにオーダーをお願いいたします。

また、薪の注文を頂いているので、その積込みもしたいと思います。
配達は、明日か、明後日に行いたいと思います。

ブレイブ(Brave)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の予約の件

先週末から、ちょっと体調がよくありません。
最初は喉をやられたんですが、今は鼻の調子も悪く、仕事ができなくて困ります。
季節の変わり目ですから、皆さん、ご自愛ください。

さて、ブレイブ(Brave)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、facebook でいつも話をさせていただいている I さんから予約をいただきました。

来月ですが、10/20 — 10/21 の予定で、かわはら薪ストーブ本舗を訪問予定なのですが、その帰りに薪割り機を配達して帰ろうと思っています。
大型トレーラですが、I さんご自身も重トレに乗られる方ですから待ち合わせ場所の選定も問題ないですし、途中で落ち合ってユニックで引き取って頂く予定です。
早めにご予約いただくと、運賃がかからないように、輸送できるタイミングがありますので、ご相談いただければと思います。

次回の入荷についても、米国の倉庫から連絡があり、今回のカット(先週の金曜日)になんとか ブレイブ(Brave)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の追加の 2 台も入ってきて、都合 4 台入荷する見込みとなりました。
在庫の 1 台と合わせて、5 台ですが、うち 3 台が注文品なので、残りが 2 台となっています。

それと、Brave 15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC も一台オーダーいただきました。
このモデルは、在庫僅少となっていて、後発がリリースされていませんので、安価・小型のモデルでは、現在のところ、この機種だけとなっています。
VH1500 に比べると、縦横変形以外ほぼ同じコンポーネントを使っていますから基本性能はほぼ同じですが、価格は驚くほどの差があります。
縦にならなくて良い・自分で組立整備ができる方には、この値段ですと、他所ではチャイニーズの 12t, 13t しか買えませんから、とてもおすすめできるモデルです。

残念ながら、資金力が全く無いですし、利益は殆どありませんので、なかなか在庫を増やすことができませんが、多くの方にチョイスしていただき、ほんの少しづつお預かりしている利益で、補修用の部品のストックなどが緩やかにではありますが、充実しつつあります。

米国直輸入, 工場からの出荷状態で販売し、コストカットを図るというスタイルに賛同してくださって、チョイスしてくださったユーザの皆さんの支援あってのことで、ありがたく思います。

それはそうと、タンクの不良 の続報です。
流石にタンクまでの在庫することはできてません。

パーツ表が届いたので、確認していますが、38 番で間違いがなさそうです。
お客さんにシリアルを確認してからの発注になりますし、その前に、本当にタンクが不良かどうかは、確実にしないといけません。
タンクは折を見て、回収させていただき、補修用部品としてストックしようと思います。
また、ヘビーユーザ向けに増槽を開発しても面白いかなと思います。