SAE 5 とか SAE 8 とか Class G とか — ネジの強度の表記

Brave(ブレイブ)社の薪割り機のナットで、Class G nut という表記があり、Class というので強度ではないのか、とも思ったのですが、セレートがなかったので、セレートなしのフランジナットを Class G というのかしら、などと思ったんですが、調べたら嘘だった、という話です。

フランジナットとは、ツバ付きのナットのことで、セレートとはツバに滑り止めの凹凸がついているものを指します。

ここ を読め、で終わってもいいんですが。。。

Grade/Class Strength
Grade A Nuts Strength exceeds Grade 2.
ASTM A325 Bolts meet ASTM A325 Type 1 standards for structural steel joints.
Grade B Nuts Strength is similar to Grade 5.
Grade B7 Threaded Stud & Rod Same as Grade 5. Use with Grade 2H and Grade C nuts.
Grade C Nuts Strength exceeds Grade 5. Use with heat-treated medium-strength steel fasteners like ASTM A325 structural bolts.
Grade G Nuts Strength is similar to Grade 8. Use with ASTM A325 structural bolts.
Grade 2 Low strength.
Grade 2H Nuts Strength is similar to Grade 5. Use with ASTM A325 structural bolts.
Grade 5 Medium strength.
Grade 8 High strength.
Metric Class 4 Similar to Grade 2.
Metric Class 8.8 Similar to Grade 5.
Metric Class 10.9 Similar to Grade 8.
Metric Class 12.9 The highest metric class for strength, it exceeds Grade 8.

とりあえず、Metric(ミリ規格)は無視すると、

Grade 2 < Grade A < Grade 2H = Grade 5 = Grade B = Grade B7 < Grade C < Grade 8 = Grade G

という感じでしょうか。

それで、Class G nut とセットのボルトを確認してみたんですが、このナットとセットで使うボルトは、Use with ASTM A325 structural bolts と書かれているんですが、パット見、Grade 5 にしか見えないのです。

ASTM A325 structural bolts ですが、ボルトの頭に A325 という刻印があるはずなのですが、見てのとおり見当たりません。

代わりに放射状に 3 本のラインの刻印がありますが、これは SAE Grade 5 であるという刻印のようです。

というわけで、日本国内では特に牽引できるわけでもないので、そこまで神経質になる必要はないのではないか、という結論に至りました。

ブレイブ(Brave)社製 20t 横型・往復式薪割り機のネジ不足問題

前回出荷したブレイブ(Brave)社製 20t 横型・往復式薪割り機ですが、ネジがかなり不足していて、大変ご迷惑をおかけしているところです。

海外製品ですから、ネジなんかが足りないというのは、日常茶飯事ではあるんですが、不足しているよりも不足していないほうがいいに決まっていますし、後から対応するのも手間で、予め確認して、不足がないようにしてお届けする体制を取れないものかと思っているわけです。

それで、不足するとクリティカルなものや、国内で調達が難しいインチネジについては、予備を持っておこうと思うわけで、それが赤丸のものです。

油圧フィッティング類も不足すると困るんですが、そちらはすでに在庫を持っていますし、牽引用のチェンなどは、国内では合法的に牽引できませんので、そもそも必要ない部品ですし、なくてもなんの問題もありませんので、在庫する意味はないかと思っています。
(必要だ、という方がいれば、後から取り寄せればいいかなと)

明後日、お客さんが引き取りに見えて、一緒に組み立てをするのですが、その際にネジが不足していると組み立たないので、チェックすることにしました。
チェックは、細かなネジの仕様の確認も兼ねているので、ここに記録をしておきたいと思います。

なぜ細かい仕様を確認しているかというと、マニュアルに部品番号がないので、おそらくショートパーツでなかったらゴメンね、という対応であろうと推測しているからなんですが。

名称 数量 仕様 使用箇所
1/4″ x 1-3/4″ BOLT 3 全ねじフランジ(セレート付)ボルト コントロールバルブ固定用
1/4″ NYLOC NUT 3 ナイロックナット コントロールバルブ固定用
5/16″ x 1-1/2″ BOLT 2 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト TIPブラケット(エンジン)固定
5/16″ FLANGE NUT 2 セレート付きフランジナット TIPブラケット(エンジン)固定
5/16″ x 2-3/4″ BLOT 1 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト ジャッキスタンドヒンジ部軸
5/16″ NYLOC NUT 1 ナイロックナット ジャッキスタンドヒンジ部軸
3/8″ x 1″ BOLT 3 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト コントロールバルブ用ブラケットをフレームに固定
3/8″ FLANGE NUT 3 セレート付きフランジナット コントロールバルブ用ブラケットをフレームに固定
3/8″ x 1-1/4″ BOLT 10 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト フレームと作動油タンク及び牽引用タン固定
3/8″ CLASS G NUT 10 セレートなしフランジナット フレームと作動油タンク及び牽引用タン固定
1/2″ x 3″ BOLT 2 全ねじフランジ(セレート付き)ボルト 牽引用タンにキャッチを固定
1/2″ CLASS G NUT 2 セレートなしフランジナット 牽引用タンにキャッチを固定

というわけで、CLASS G NUT というのは、セレートのないもののことをいうのではないかと思います。

いずれにせよ、組み立て前に、まずはボルトとナットを組んで、それぞれが規定の本数あるのか、確認をすることが大切で、今後の課題として、インチ規格のものは寸法が分数であったりして大きさがとてもわかりにくいため、発送前にこちらでボルトとナットを組んで、マーカで色を塗っておいたらどうか、と思うのです。
と同時に、組み立てマニュアルを簡易的に邦訳して、ネジについては、マーカで塗った色を併記することで、よりわかりやすくなるかなとも思います。

今日もどんど焼き

今日もどんど焼きでした。

まあ、まったくないわけではないのですが、燃えないもの、燃やせないものの持ち込みがずいぶんと減り、比較的スムースに行事が進みましたが、今年は例年の倍くらい集まったので、12:30 頃までかかってしまいました。

昼からは、15 日で月次祭で兼務神社の巡回ですが、1 社舗装工事中のためたどり着けなかったので、明日にしたいと思います。

それはそうと、お昼頃にブレイブ(Brave)社の薪割り機の取扱状況について問い合わせがありました。
現在、以下のモデルを取り扱ってます。

米国での価格が変更になるようで、近いうちに価格は変更するかもしれません。

なお、37t に関しては、今回は初入荷のため、組み立て等の工数などは不明です。
パーツの構成は、24t と 37t は同じ(30t も同じ)なので、組み立ての工数も「重たい」ということを除いては同じだと思われます。
37t は完成納品となります。(希望される方には、他の薪割り機と同じ、AS IS の輸入現状渡しも可能で、ノーサポートの代わりに 54,000 円値引きいたします。逆にいえば、その他の薪割り機も、54,000 円支払うと、組み立て完成保証となります。)

1 月末から 2 月頭にかけて、納品の旅に出る予定です。
一緒に組み立てて欲しいという方は、お問い合わせ ください。

B/L が届きました — ブレイブ(Brave)社製薪割り機の次回入荷予定

先月入荷予定だったものの、書類の不備で船積みができていなかった件です。
本日、B/L が届きました。
結局、10m3 強, 3t ほどのかなり微妙にな量になりました。

本船は BANGKOK BRIDGE / 77 で、KOBE ETA 1/8 となっています。
しかし、現時点ですでに未確定ですが、2019/01/10 07:00 に接岸する予定に遅延 しているわけです。

1/10 は 15:00 からお日待ちが、翌 1/11 は 13:00 から変電所の起工式があるので、その週には引き取れません。
連休明けの 15 日は 10:00 からどんど焼き、16 日は祭日で、17 日は午前中家祓いで午後からは新年会、20 日は新春大祭です。

というわけで、これまた微妙なスケジュールです。

15t 薪割り機の配達や 20t 薪割り機の組み立て引取の予定もありますが、ようやく正月 3 が日が終わり、まだ新年の行事が目白押しですが、少しづつ、お店の業務が始動しているので、スケジュールが確定次第、順次連絡を差し上げたいと思います。

それと、ブレイブ(Brave)社の薪割り機のパーツの取り寄せの件についてです。

ステッカーですが、取り寄せたのですが、どなたかの箱に入ったまま出荷してしまい、頼んでないものが入ってましたという連絡も今のところなくて、行方不明なんです。

それでまた、O さんからステッカーが欲しいと依頼をいただきましたので、ステッカーを取り寄せたいと思います。
希望のステッカーがあれば、パーツ番号でご連絡ください。
結構高いので、大きな物は $20 位すると思っておいていただければと思います。

パーツ番号については、お手元の取説にありますが、取説は ブレイブ社のサイト でも PDF で閲覧できます。

下の方に Find a part という歯車のアイコンがありますから、それをクリックすると、

製品をセレクタで絞り込んでいく画面になります。
写真は、20t の場合ですが、MODEL REVISION については、ステッカーなら適当で良いかと思います。
右側に、PDF ファイルのアイコンが表示されますので、クリックすると、マニュアルを閲覧することができます。

取り寄せは船便になりますので、2 ヶ月、場合によっては 3 ヶ月程度かかることもありますので、ご了承ください。

ふと思ったんですけど、Hearth & Home のステッカーも作ったら、誰か貼ってくださるでしょうかね?

落ち葉の絨毯 — 兼務神社のお正月準備

今年も残り僅かになり、お正月の準備に追われています。
今朝は兼務神社のお正月の準備でした。

15 日に清掃できていなかったので、すっかり落ち葉が敷き詰められて、絨毯状態です。
ブロワーで清掃しました。
まだ多少落葉せずに残っているので、お正月までにもう一度清掃が必要になると思いますが。
毎年、結構な量なんですが、山に吹き飛ばしただけです。
落ち葉も有効に活用できればいいんですが、ちょっともったいないですね。

午前中いっぱいで、あらかた終わったところで、高知方面から 薪割り機 を見にお客さんが来ていると電話があり、総代さんに任せて、急いで帰りました。
一度寄ってくださったそうで、でも場所がわからなくて、郵便屋さんに聞いて場所がわかったそうです。
まあ、ただの民家なので、普通はわからないと思います。。。

せっかく来ていただいたんですが、今は、在庫は、15t しかなくて、往復型の 20t はあるんですが、売約済みで、24t, 37t は一台もないのです。

うちの営業方針や、これまでの故障例, その時の対応方法などをあらかた説明させていただいて、在庫があるときに、現物を確認して、その場で組立てて引き取られる予定、ということになりました。

それはそうと、おとといついに原木の搬入の話が始まって、今朝、搬入したい、ということになってしまいました。
結論から言うと、来年に伸ばしてもらったんですが、出荷前の選別, 小割, ブラッシングが全く追いついていないため、置き場がないのです。
1 月中に 1 台、2 月中にもう 1 台くらい、あと 40t 程度はどうにかしないと、どうにもなりません。
今回は 40t あるかないか、というくらいで量が少ないので、年明け早々に頑張れば、なんとか空きスペースは確保できるんじゃないかと思います。

それと増えた台車の駐車場ですが、アテにしていたところが 2 箇所立て続けに NG になったので、いちいち山から引っぱらないといけないので、効率が悪くて困るので、これも早目になんとかしたいところです。

明日も明後日も、神社のお正月の準備です。
風邪を引きそうなんですが、ぼちぼち頑張って新年を迎えたいと思います。

天長節

国旗

今日は天長節です。

天皇陛下には、本日、85 歳のお誕生日をお迎えあそばされました。
心より慶祝を申し上げ、天皇陛下の御健康・御長寿、皇室と皇国の彌益々の隆昌を祈念申し上げます。

陛下のお言葉のビデオを拝聴し、いよいよ譲位も近づき、時代が変わろうとしていることを実感しました。

お言葉の中で皇后陛下に触れられる時、両陛下が相互に信頼し、支え合い、天皇としてのあり方について時代の流れの中で日々模索を続けてこられたことがひしひしと伝わってきました。

平成に入って、数多くの災害が発生し、多くの人が命を落としたり、困難な生活を送っていることにお心を砕き、また、先の大戦を経験された陛下の平和に対する強い思いを感じました。

特に、「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに心から安堵しています」というお言葉には、昨今の支那の人工島の建設や空母打撃群の運用開始、また、朝鮮の核や弾道ミサイル、従軍慰安婦や徴用工問題、つい最近のレーダー照射問題など、近隣諸国の挑発的な行為に対しても、戦争は回避せねばならないという強いメッセージであると感じました。

また、個人的には移民について、否定的に思っていたのですが、多くの日系の人々が移民先で現地の人達に迎えらたことに触れられ、日本で働く海外の人々に対して、どのように接するべきか述べられました。
安い労働力として、搾取するような事案が報道されていますが、今後益々進むグローバル化の中で、訪日、または在日の外国の方々も増えてくるわけで、日本人として、陛下のお言葉を肝に銘じたいと思います。

薪割り機の件ですが、先日 ブレイブ(Brave) 15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC を引き取ってくださった H さんからメールをいただきました。

試運転で数本割ってみましたが、中でも硬いウバメガシをすんなり真っ二つにしたのには驚きました。コレは強い!

ということで、気に入っていただけて、とても嬉しく思います。

それと、N さんにお送りした ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、ボルト・ナットが大量に不足している事案が発生しました。

たまに少々足りない(余分に入っていることはあまりありません)ことはあったので、予備部品を持っておこうと思っていた矢先でした。

厳密にはインチでないといけないということもないのですが、国内でインチネジを調達しようと思ったんですが、近くでは売っていなかったので、通販などでなんとかできないかと思案しています。
ミスミだと、1 本から送料がいらないという触れ込みなんですけど、サイトが非常に使いづらく、登録しただけで、一度も注文したことがありません。

PCLS2013GC はダンボール箱なので、開梱しても、再度蓋をするのは簡単なんですが、それ以外のモデルは木枠なので、一旦開けると、閉じるのが大変なため、検品をどうするのかは、今後の課題ですね。

うちの場合、このような初期不良については免責(メーカー対応)とさせていただいています。

初期不良が困る方に向けて、組み立て・動作確認をするサービスも考えてはいます。
ハイガー産業のチャイニーズ製品の場合で 5 万円なので、原価が倍以上するアメリカ製ですから、いくらうちが努力をすると行っても同じくらいの額をいただかないといけないでしょう。

今後は、パーツが不足したときにも対応ができるように、ある程度部品を準備していきたいと思います。

12 月も半分終わり

今日は、徳島から薪割り機の引き取りがありました。

まあ、このところ、段取りが非常によろしくて、工具箱やらインパクトドライバなんか一式はヘッドに積んだままで、お客さんに工具を持ってきていただいてなんとかしました。

せっせと組み立てたので、特に写真がありません。

購入を検討されている方は、どうやって組み立ててるの、ということに興味があるかもしれないし、どの薪割り機も基本的には同じような構造なので、時間が取れたら説明用の動画でも撮れたらいいんですが。

T さん、今日はありがとうございました。
おみやげまで頂いてしまいました。
薪割り機を末永くかわいがってやってください。

後は、普段通りお宮のことをして、やらかしている書類作りと、18 日入港予定の書類作りとをしました。

それで、お昼過ぎにディーラーさんから電話がありました。
塗装のほうが混んでいて、時間がかかるかもしれない、という内容です。

それと、この前も書いたんですが、やはり WiFi カメラだと距離の問題もあるのと、コンテナが鉄なので電波をかなり遮るようで、全く使い物にならなかったので、結線するしかないのかな、という思いがあります。

どうせならちゃんとしたものを買おうかなと思うわけです。

例えば、こんなの。

これっていくらするんでしょうかね。

ヤフーショッピングだと、トレーラ用だと 5 万円程度であるんですが、ユーザのレビューにクラリオンの 1/4 と書いてありますから、20 万くらいするんでしょうかね。

クラリオンはどうかは知りませんが、この商品の場合、カメラは 0.3MP ですし、それ以前に映像が RCA って、40 年前のファミコンと同じ伝送方式ってことですよ。

PoE で電源とデジタル信号で送るとか、もう少しやりようってものがあるようにも思うのですが、ドライブレコーダーだと、しょぼくて 2MP, 4K とかそれ以上の画質で WDR が当たり前の時代に、なんとかならないものかと思います。

クラリオンのカメラを見ても、そもそも画素数自体がシーラカンスかよ、よくそんなイメージセンサまだ作ってるよね、というらいの画素数です。

どんなもんなのかなと思ったら、クラリオンじゃないけど、ジェットイノウエの動画 がありました。

もうちょっと鮮明だといいんですが、ないよりは格段に良いですね。

安いものではないので、もうちょっと調べてみたいと思います。

それにしても、12 月も半分終わってしまいました。
今年も残りわずかです。
こんなペースで大丈夫なのか、ちょっと心配になってきたんですが、できることしかできないので、それなりになんとか新年が迎えられるように頑張りたいと思います。

またもややらかしました!段取り良すぎ。。。

予定では、神戸港 16 日入港だったので、そろそろ A/N が届くはずなのにと思っていたのと、今月の貨物をカットしないといけないので電話をしたのです。

いつ入港ですか、と聞くんですが、会話が成立しません。

前回カットの連絡をしたものの、なんと書類を送り忘れていて、船積みされず倉庫に保管されていたわけです。

というわけで、車検と修理が終わったら、通関・検査・引取をしてこようと思っていた荷物は、今年は届かないということが確定しました。
なんということでしょう~
匠もびっくりです。

次回も積荷は空気です。

ブレイブ(Brave)薪割り機をお待ちのお客様には、大変ご迷惑をおかけいたします。

カナダ便の方ですが、こちらは 18 日に松山入港予定とのことです。
でもまあ、予定は未定。
A/N が来るまでは、アテになりません。

今回入荷予定は、JØTUL F500 が 2 台、BPマジョリカブラウン、それと TrueNorth TN20 です。
TN20 は本国在庫切れのため、次回入荷未定ですので、導入を検討されている方は、早めに お問い合わせ ください。

まあ、凹んでいても仕方がないのですが、疲れがどっと出て、薪割り機の出荷がやっとって感じです。

この前検品をしてダンボールが大量に出たので、それも売りに行きました。
まあ、ダンボールですから、いくらにもなりませんが、縛って捨てるのも手間なので、バッカンに溜めておいて、一杯になるとカネシロにもっていくと、回転フォークで下ろしてくれるので、楽でいいのです。

バッカン一つ 8 万円の投資です。
年 10% とすると、8,000 円は稼いでくれないと困るんですけどね。
ダンボールじゃあ、せいぜい一回 400 円くらいのトイレットペーパーやなんかがもらえる程度ですから、持ち込みの手間を考えると全く割に合いません。

このところかなり寒くなってきたので、いい加減スタッドレスに履き替えにも行きました。
軽トラの方も早めに履き替えないとと思います。

鉄工所によって、頼んであった通気化粧板が仕上がっていたので、引き取ってその足でヤマト運輸で発送して、本日終了です。

家に帰ると、熾が少し残っているだけでしたが、この間買った秘密兵器を投入です。
CAPTAIN STAG の乾電池式送風機です。

あっという間に再点火、ラクラクです。
それ以上に、燻らず、送風することにより早く二次燃焼が可能な温度までストーブを暖められるのもメリットかと思います。

ただ、ショボい作りの割に意外と高く 700 円くらいします。

個人的には、3,000 円くらいしてもいいので、もう少しまともなものを作ってくれないかなと思いますね。
意外とファンの音が大きくうるさいのと、風量が調整できないこと、このあたりは改善して欲しいところです。

まあ、文句は言いましたが 700 円分くらいは仕事はしそうです。

薪の生産が追いついていません。。。今回は 19 袋で 7.6t なので 1/3 も積めてない件

今日は積み込みをしました。

見てのとおりで、都合 19 袋積み込みましたので、7.6t ということになります。
積載量は 23.2t なので 1/3 も積めてないってことになるわけですが、それなのに配達にいくには理由があって、ヘッドが車検なのです。

次回、神戸に 16 日に荷物が入る予定なのですが、22 日には星祭(冬至祭)があるため、準備を考えると 21 日には愛媛に戻りたいので、そうすると、20 日には通関をしたい、というところです。

整備と修理には一週間は必要ということなので、逆算すると 13 日までには預けておきたい、というわけです。

本当は 12 日着の予定だったんですが、雨の夜は走りたくないので、一日ずらしました。

13 日の朝着で走り、台切して、ヘッドのみで神戸に戻り入庫して、その後、大阪に炭窯の勉強にいく予定です。

それで、おまかせ便で薪割り機を 2 台ご注文いただいています。

16 日に神社が終わったら、最初の納品のため三重・亀山 TS に向かいたいと思います。
17 日か、18 日になる予定です。

次の納品は、北陸ですが、

ということでブログ記事にしてくださいました。
雪の問題があるので、トレーラやユニックでは行く気がしないので、4WD の軽ダンプで行こうと思います。

なお、北陸については、見学 OK ということですので、正式な時間等が決まりましたら、またアップいたしますので、お近くの方で興味がある方はぜひ薪割り機の組み立てを見に来ていただければと思います。

というわけで、軽トラでいって、帰りはトレーラに軽トラを積み込み、その後、通関・検査・引取をして帰る予定です。
軽トラごと大型 X 線検査は受けられるんでしょうかね?
一応、税関に確認したほうが良さそうです。

あと、まだスタッドレスに履き替えてないので、履き替えて、ウォッシャー液も濃度を上げて凍結しないようにしないといけません。

今日は、午後からは、役所周りをして、夕方からはお札を頒布したり、星祭(冬至祭)の案内状を郵送したりで、急ぎの仕事は一段落です。
後は、戻ったら、薪の配達と、台車の解体とが残っている感じです。
ボチボチ頑張りたいと思います。

検品作業はほぼ終わったものの

今日は、イマイチやる気が出ずに、午前中はなんとなく過ごしてしまい、午後から微妙に残っていた検品作業をしました。

残っていた作業、というのは、薪割り機の確認です。

頼まれていたブリーザキャップがどこかの箱に入っているはずなので、それを探し出さないといけなかったのですが、ダンボール箱が 2 列、2 段に隙間なく積まれていて、まずはそれをバラす必要があったのです。

ダンボール箱ですが、薪割り機が入っているので、一つ 200kg 近くあります。
なもんで、ちょっと手で持ち上げて、というわけには行かなかったので、後回しになっていました。
以前は、2 段に積むときも、204 を足に取り付けてくれていたので、フォークの爪をなんとか差し込む隙間はあったんですが、今回は全く隙間もないのです。

どうやってばらしたかというと、まあ、ピラミッドもそうしたといわれているコロになる丸棒をダンボールを少し傾けてできた隙間に突っ込んでいって、リフトで同じくらいの高さにパレットを持ち上げておき、それに載せたわけです。

ブリーザキャップは、適当に開けたら 1 発目に見つかってよかったですが、まあ、物は Northern Tools で売っている Nortrack のもの でした。

Northern Tools だと、$12.99 なんですが、ブレイブ社から取ると一つ $16 でした。
まあ、ブレイブ社から取れば、送料がかからない(薪割り機の空いたスペースに突っ込んでくるため)ので、まあ、わざわざ Northern Tools で買うことはありませんね。

サイズ的には、3/4″ NPT ということなんですが、組み立てて運ぶ時にブリーザキャップだと油が漏れるので、普通の 3/4″ NPT のプラグを買っておいて、それで蓋をして輸送したらいいんじゃないかと思いました。
3/4″ NPT のプラグは一つ 300 円くらいです。

それで、またもや問題が発生して、送ったといっている交換用のフレームが見当たらないのです。
交換用のフレーム、というのは、溶接不良で作動油が少々リークする不具合があったので、クレームしたところ、交換用のフレームが無償提供されることになって、今回納品されているはずなのです。
小さなものではないので、見落とすことはないと思うし、薪割り機のダンボールを開けて探すと、詰め直すのが難儀をするので、一度、どこに入れたのか聞いてみようと思います。

まあ、そんなこんなな状態です。

後は、お宮の周りの道路にはみ出している枝を少し片付けて、年末年始の神社の行事案内状の準備をして、本日終了です。

明日は、明後日に薪の配達に出発できるように準備を進めたいと思います。