ブレイブ薪割り機とカグツチ 2 号

ネコは今日も元気です。

出かけるときは、窓に整列してお見送りです。
窓のところに、ちょっと幅のある板を付けておいたのですが、ネコが乗るのに丁度のサイズで、いつも外の様子を伺っています。

大分ログ壁が汚れてきたので、一度清掃したいとは思うんですが、なかなか気分が乗らないまま、時間だけが過ぎてしまっています。

昼からですが、予定通り、ブレイブの薪割り機の組み立てをやりました。

消耗品として気になっているのがホースと、バルブなので、一応、写真を取って記録しておこうと思いますが、油圧ホースは、短いものが 2 本、金具の長さまで含んで約 70cm、長いものが 1 本、これは 130cm 程で、両端 1/2″ NPFM です。

バルブは Brand Hydraulic 社製、Painted Directional Control とありますが、PAO755T4JRSNOR1, 781825 という記号が記載されていますね。

久しぶりにやったので、段取りを忘れてしまっていたのですが、組み立てのポイントとしては、シリンダにエルボを付ける前に、牽引用のタン(tongue)を組み立てると、エルボが取り付けられないので、エルボを先に取り付けないといけないこと、同様に、コントロールバルブを先に固定すると、ホース類が接続できない、ということですね。

今回は、インチ工具が揃っているので、組み立てはかなり楽でした。

組み立てたらトロンメルの油圧源に使おうと思っていたのですが、1/2″ NPTM x 1/2″ NPTM の Hex Nipple が足りなくて、テストができませんでした。

あと、お店でも売り切れているんですが、AE-10 用のフィルターヘッド、これもないので、現状フィルタなしです。
フィルタは、長く使うためには欠かせないので、早目に取り付けたいと思います。

それと、両端の滑り止めですが、純正のままだと、突起が少なくて、滑りやすいので、滑り止めを追加したいと思います。

随分と前に届いていたまま、テストをしていなかったカグツチ 2 号ですが、これもようやく点火です。

すっかり焚き付け方を忘れていて、大量に木っ端を詰め込んだため、うまくいかずに往生したんですが、カグツチ 2 号を薪乾燥の熱源に使うためには、幾つかのクリアすべき問題がありそうです。

そこそこ乾いているものと思って突っ込んだ木っ端ですが、かなり生でして。。。
前の燃焼部と、後ろのヒートライザーとをつなぐ、バーントンネル部から漏水です。
当然、煙突からも、大量に木酢液が垂れます。

そこそこ乾いていると思った、という部分が肝要でして、実際には、明らかに生だ、と思っているものも、というかそいうものをメインに燃やしたいわけです。

薪を乾燥させるために、売り物にならない砕けたものや、トロンメルで木っ端として弾かれた小さな断片、チェンソーにより大量に発生するオガ粉、こういうものの他、工事等で発生した支障木や、剪定屑、古い家屋の廃材などを燃料にしたいと思っているからです。

廃材であれば、よく乾いているのでしょうが、それでも、そういうものをわざわざ屋根の下に保管する気はありません。
まして、売り物にならない木くずを乾燥させてまで焚く気も当然ありません。

木酢液の問題については、本家のブログにも幾つか書かれています。

煙突はもう少し伸ばしたほうがいいような気もしないでもないですね。

それともう一つの問題点は、カグツチ はロケットストーブであって、焼却炉ではないことです。
つまり、ゆっくり燃えるのです。

木くずは大量に発生するので、じゃんじゃん燃やしたいのですが、熱を回収し温水を作る目的もあるので、ただ単にじゃんじゃん燃えればいい、というわけでもないのです。

まあ、もう少し焚いてみて、色々考えていきたいと思います。

キャブの不調、再発

今日は午前中はお宮で、午後から、少し薪割りをしました。

エンジンの調子が気になるので、様子を見ながら使っていたのですが、2 袋目を半分くらい割ったところで、ガソリンを吹くようになりました。

結構な勢いで漏れていて、燃料コックを閉じて止めましたが、ざっとキャブを分解洗浄してもらったくらいではダメなようです。

壊すといけないので、確実に直してもらおうと思います。

ウッドバッグはもう全部使ってしまったため、薪割りをしても詰めるものがありません。
一応 ETA は 5/16 ということになっているので、あとひと月程したら、入荷するとは思うのですが。。。

それと、あたらしいアッグ的薪割り機ですが、まだ出荷されていないことがわかりました。
今度依頼をした I 社は不手際が多いのか、現地での連絡がスムーズに行えていないようです。
今回、結構太いものも入ってきているので、ないと困るんですけどね。。。

チェンが外れた件ですが、リンクの傷は削って、とりあえず、滑らかに回るようにはしてみたんですが、こちらもちょっと様子を見てみようと思います。

SpeeCo の薪割り機用コントロールバルブについて

コントロールバルブが壊れた T さんから問い合わせがありましたので、うちのお店で扱っている SpeeCo の薪割り機用コントロールバルブ について、スペックなど、用語を含めて説明しておこうと思います。

お店の商品説明をそのまま貼り付けますと、次のようなものです:

SPEECO(スピーコ)社製の薪割り機専用コントロールバルブです。

20GPM/3400PSI まで対応。
デテント機能があります。

安価ですが、MADE IN CHINA です。有名メーカの商品ですので、品質は安定していますが、MADE IN CHINA は MADE IN CHINAです。

1 SPOOL 20 GPM LOG SPLITTER VALVE
New, SPEECO S390410C0 hydraulic control valve for operating double acting cylinders. Common valve used on log splitters where the valve is mounted to the cylinder port. Pressure-release operated detent on return stroke with spool in, spring center on extend with spool out. Work Port B (retract port) closest to handle and work port A (extend port) farthest from handle.

SPECIFICATIONS
Open Center
Spools One
Flow 20 GPM max.
Pressure 3400 PSI max.
Relief Valve Adj. set at 3100 PSI
In/Out Ports 3/4″ NPT
Work Ports 1/2″ NPT
Mount Port Mount
Size 9-5/8 “x 3-3/4″ x 2-3/4”
Shpg. 11 lbs.

Spool Details:
Spool 1 Double acting cylinder, spring center extend/auto detent retract

単位など、アメリカは未だにヤード・ポンド法を使っている関係で、日本やヨーロッパとは単位が違います。
速度も km/h ではなく mph なのと同じです。

まず、20GPM の GPM ですが、Gallons Per Minute、つまり、1 分間に何ガロンかという、流量の単位です。
次に、3400PSI の PSI ですが、Pounds per Square Inch、つまり 1 平方インチに何ポンドかという、圧力の単位です。

我が国では、一般的に 50L/min とか、20MPa とか、そういう表記をするんですが、ごめんなさい、自分は、GPM や PSI のほうがわかりやすいので、わからない人は、単位を換算してください。

換算するには、Google で 20 gallons in liters と検索すれば答えてくれます。

米国製の薪割り機の場合、概ね、5HP くらい(160cc くらい)のエンジンを搭載したモデルですと、ツーステージで 11GPM/2500PSI くらいのスペックになっています。6HP (180cc)で、13GPM、20GPM ですと、10HP くらいのエンジンを搭載しています。

よって、20GPM, 3400PSI というスペックですと、10HP くらいまでのエンジンを搭載した薪割り機で使用できるということになります。

圧力についていえば、米国製薪割り機のシリンダは、2500PSI、もしくは 3000PSI までというものとなっています。

次に、In/Out Ports 3/4″ NPT という表記についてです。
これは、In/Out ポート、つまり、エンジンに直結されている油圧ポンプから作動油が送り込まれる In ポートと、作動油タンクに戻る Out ポート、写真でいえば、六角のボルトの脇の大きな方のネジが切っている穴、これがポートですが、このサイズが 3/4″ であり、ネジの種類が NPT ですよ、ということになります。

3/4″ というのは、4 分の 3 インチ、と読みますが、つまり、0.75 インチです。
日本では、六分といったりもしますが。

Work Ports 1/2″ NPT ですが、これは先と同じで、シリンダに行ったり戻ったりするポートが 1/2″ の NPT ですよ、という意味です。

アメリカでは、NPT の他に SAE ネジもあります。
管用(くだよう)ねじについては、過去に記事にまとめてありますので、そちらを参照してください。

Mount Port Mount については、このバルブ自体は、油圧シリンダのポートにマウントしてくださいね、という意味です。

T さんから頂いた写真を勝手にこちらにアップする訳にはいきませんが、写真で判断する限り、

  • ポートマウントである
  • 油圧ホースは 3/4″ と 1/2″ が写っているので、同じクラスと推定される
  • ポート類は、ゴムシーリングがない形態なので、ほぼ間違いなく NPT(か、NPT でなくても PT)

ということで、90% 位の確率でポン付けできると思います。
ただ、ポートのレイアウトについては、同じかどうかはわかりませんが。

エンジンオイル交換の便利グッズ Drainzit をようやく取り付けるの巻

出典 http://www.drainzit.com

出典 http://www.drainzit.com

購入した といっていた Drainzit ですが、結局のところ、GX160 用であって、GC160 用ではなく、とりつかなかったんです。

そうこうしているうちに Brave の DUAL 薪割り機は、うちで使っているものでいいので譲って欲しいということで、K さんのところに嫁いでしまっていて、その後、自分用を取り寄せていて、売れたら売る状態で在庫していたわけですが、引き合いがないので、組み立てることにして、ようやく GC160 用ということで確認が取れている HON1012 12mm (GX240, GX270, GX340, GX390, GC160 用) を取り付けてみたわけです。

まあ、問題なくとりつきましたけど。

GX160 は 10mm だけど、GC160 は 12mm ということだったわけです。

ちなみに、前回薪製造機のオイル交換をした時に、HON1012 が取り付けられないか試してみたのですが、残念ながら小さすぎました。
HON1414 を取り寄せてみたのですが、オイルを交換したばかりですので、次回の交換時に取り付けられるか試してみたいと思います。

うまく行けば、いちいちオイルエキストラクタを使わなくてもいいので、楽です。

というわけで、Brave DUAL のエンジンの件は解決したんですが、作動油のフィルタ等も組み込みたいのですが、愛媛に在庫がない状態です。

あと、共同購入分で 6 台、そして、今度組み立てる 1 台で都合 7 台あるわけで、今のところ、油圧ホース関連で不具合はでていませんが、消耗品でもあり、遅かれ早かれ漏れたり割けたりするものが出てくる可能性もあります。

まあ、通常、5 年程度ではどうということはなく、経年劣化のみなら 10 年 20 年経っての話ですが、引っ掛けたり、ぶつけたり、ということもあるし、それとは別に、極力ホースは在庫をしておいて、万一の時に、高いホース屋さんを呼ばなくても済むように、備えておきたい、という思いがあります。

というわけで長さを計ってみました。

長いものが 1 本(約 130cm = 52″)と、短いものが 2 本(69cm = 27″)です。
半端な長さですが、ホースの長さは、どこからどこまでを測るのか、それが問題ですね。
太陽電池小屋に短いホースの使ってないものがあるので、それを計り、それをもともと何インチということで買ってあったのかで、どこからどこまでの長さなのか確認して、フィルタ類などとともに取り寄せようと思います。

アッグ的薪割り機 DKS-180 その後 — 梱包の荷姿と着金の連絡がありました

すっかり見落としていたのですが、3/3 に梱包の状態の写真がメールに届いていました。

かなりコンパクトに纏めているのが、ドイツ人って感じですね。
イギリス人は、でかいパレットにぽんと載せていたのですが。。。

要らないといった、MS 03 もしっかり載っています。

で、今日、というか日付が変わっているので昨日ですが、国際送金した代金を受け取ったと連絡がありました。
送金したのは、3/2 なので、6 日で確認が取れたということで、早かったと感じました。

肝心のブッキング等の段取り連絡がなくて、昨日、というか、一昨日、急がせます、というような電話連絡があったのですが、ウッドバッグの件の見積もりもまだなので、明日、というか、今日ですが、起きたら、連絡を取ってみようと思います。

トレーラ全塗装 — 困った天気で作業は全くはかどらず、でもとりあえず錆止めだけは塗った件

今日は天気が安定しませんでした。
そして何よりも寒い。

塗ったら雨が降って、的なことを繰り返して、作業が全くはかどりませんでした。

午前中、一度目を塗った後、乾くまでに、ジャンク薪の見本の配達+食事+お見舞などに出掛けました。
今回のジャンク薪は、クスノキで、キンクラで小割りして、ニオイがよく出る状態のものを持っていきました。

帰って、続きをしようと思ったら、しばらくして、雪が降り出す始末。
明るくなって、さあやるぞ、と思うとまた降り出して、どうしょうもないので、15 時で退散しました。

外の仕事はできないので、仕方ないので、キンクラで焚き付け作りをするも、かったるくなって 2 カゴで終了です。

その後、在庫してある Brave の点検をしました。

売れたら、在庫分を販売して、自分の分をまた取り寄せようと思っていたのですが、特に問い合わせもないし、また、薪の生産を始めないといけないので、自分用に組み立てようと思うのですが、トロンメルの油圧源として、Bobcat は流量が多すぎたので、Brave を使えないか、試してみる予定です。

その際に、接続をどうするのか、という問題があるので、その確認です。

前回のロットと異なり、今回のものは、Hose Berb が金属製になっていました。
樹脂だと、一旦締めると 2 度目がしんどい感じだったのですが、まあ、緩めようなことはないとは思うんですけど、何かにつけて、金属製のほうが安心かなとは思いますので、改良、といっていいのではないかと思います。

その後、もう一回、お見舞いに行って、猫のエサを買いに行って、犬の散歩に行ったら暗くなりました。

明日は、ちゃんと晴れてくれるといいんですけどね。

結局買ったのはドイツ製薪割り機 DKS-180

このところずっとうだうだいっていたアッグ的薪割り機についてです。
結局買ったのはドイツ製薪割り機 DKS-180 で、最終的な値段は、

Die Versandkosten nach Hamburg Hafen liegen voraussichtlich bei 53,47€ + 1133,61€ für den Spaltkegel =
1187,08€.

ということで、€1187.08 となりました。

昨日は雨ということで、送金に行ってきたんですが、例によって例のごとく、やれマイナーンバーがどうたらこうたら、などというやり取りで 2 時間程度時間がかかってしまいました。
為替は 121 円ちょっとで、日本円での金額は 144,384円、送金の手数料は 2,500 円でした。

今回は、受取人の住所に Straße という語(ドイツ語で street, 通り)があって、Google Maps で確認すると、いかにもヨーロッパ的な家でしたが、要するに ß は使っていいのかどうなのか、とか、まあ ss と綴ればいいだけなんですが、みんながみんなドイツ語がわかるわけじゃないだろうし、実際問題、英語圏以外、北欧にしても φ みたいな変なアルファベット(という程度の知識)があったりするわけで、郵便局の中の人も大変だなぁなどと思ったりしました。
大きな局には、ある程度の相手国ごとに担当者がいたりするんでしょうかね?

マイナンバーの件ですが、通帳自体から送金して、そちらにマイナンバー登録をしてもらいました。
またすぐにウッドバッグの支払いでオーストリアに送金しないといけないので、その時も、通帳からの送金であれば、いちいちマイナンバーの確認はしなくて良い、ということです。

今回、K さんにも声をかけていたのですが、残念ながら、在庫が 1 台しかないということと、自分自身としても、新しい取引先なので、そこの信頼性も含めて、品質が明らかでないこと、K さんも急な話であったことから、共同で、ということは見送りになりました。

ブラケットについて、MS 03 はいらないといっておいたのですが、通じているかどうかわかりませんが、どの道、付いてきても使えないので、これは、ぶっ壊れたものから移植したいと思います。

欧州のバックホーのブラッケットの規格ですが、調べているのですが、まだ詳細はわかっていません。
既製品が使えれば、最も安上がりです。

建機ワールド さんにこの間行ってきたんですが(牛久の家から自転車で聞ける距離なので)、その時にボスアダプターというのかとか、ピンとかかの値段を聞いてあるので、各メーカーのピンに対応してブラケットは製作できると思うので、最悪はそうしようと思います。

銀行への送金は手間がかかる上に、相手が受け取れるまでに結構時間がかかってしまう上、保険がないので、使いたくないのですが、まあ、相手が銀行で、というので仕方ありません。
eBay では高い評価で、悪い評価は 1 件もないので、大丈夫だろうと思いますが、詐欺に合わないことを祈りたいと思います。

出荷に二週間程度かかるとすると、3 月の第 3 週あたりにバンニング、4 月に入るかどうか、というタイミングで運び始めるとして、そこから 1.5〜2 ヶ月かかるので、早くても 5 月の連休明け、遅いと、梅雨入り直前、という状態かもしれません。

ウッドバッグについても同じことなので、急がないといけませんね。
共同輸入を申し込んでくださっている方には、送金の金額が確定し次第、連絡を差し上げたいと思っていますが、現時点での見積もりとしては、ウッドバッグの価格 €14.40 → €14.00 x 300、運賃(港まで) €757.00、都合、€4,957.00 となっています。

よって、どんぶり勘定ですが、約 60 万なので、現時点で 1 枚 2,000 円くらい、ということです。
これに、国際部分の送料、通関などの経費、各種税(ウッドバッグは前回は関税がかかりました)、ということになるわけです。
1 枚 3,000 円よりは安くなればと思っています。

アッグ的薪割り機 — そろそろ結論を出さないといけない件

LASCO Roli の件ですが、第三国を経由して購入する場合の見積もりがでました。
本国からは応答はありません。

本体と経費で約 €3,500 なので、今のレートだと、42 万円弱、といったところでしょうか。
日本までは混載で出せるので、ここは多分、2 万円くらいで通関費用などはまとめられるためかかりません。
消費税などを入れて 50 万円足りるかな、という程度でしょうか。

ただ、心配になる情報として、LASCO 社の態度が横柄なので、事後のサポートなどに注意を要する可能性があるので、慎重に検討して欲しいという連絡がありました。

これで一応価格が出揃った感じで、DKS-180 だと、品物が 15 万、送料が MAX 10 万くらいと思っているので、要するに倍半分です。

一応、月曜日にフレートの再確認をして、決定しないと、ウッドバッグの手配も止まっているので、これ以上伸ばすと生産に支障をきたしかねません。

サーナス さんの定価は 120 万(税別)なので、75% off と考えると、それからいえば安いといえば安いのですが、まあ、120 万で買う、切り株にぶつかるウサギみたいな不注意な人がいたらいいねというような値段なので、そこを基準にして考えていけないと思うんですよね。

週明けにも決定したいと思いますが、多分、DKS-180 にすると思います。

DKS-180 の油圧モータのネジは、BSPT だそうです。
BSPT → NPT は変換はいらないんだっけ?
DKS-180 を買うなら、一応、変換コネクタと油圧ホースは、アメリカから取り寄せておいたほうが良さそうです。

出典 https://www.landwirt.com

DKS-180 は安いので、2 台以上買おうかと思ったのですが、在庫は 1 台のみで、かつ、夏まで次の入荷はないということなので、とりあえず単体にするのか、それとも、一つ上の DKS-400 も一緒に買ってみるのか、まあ、DKS-400 までの性能は必要ないと思うのですが、壊れた時に予備がないというのも困るし、悩むところです。

あ、そうそう、この前書いたブラケットの件ですが、MS 01(もしかしたら MS 03 かも)は、写真のような形状のブラケットです。
各寸法やなんかは調査中ですが、もし将来的に .25 クラスを買うことがあれば、MS 03 仕様にしていきたいと思います。
お金に余裕があれば、Oil Quick かなー。

結局のところ、薪割り機のトン数表示と同じで、どれくらいのトルクがあれば、どれくらいのものが割れるのか、ということについていえば、正直にいえば、自分もよくわかってないですよね。

トルクを太くすれば、当然、回転数が落ちてレギュラーな仕事の効率が落ちる、ただ、噛み込むというイレギュラーの自体が発生したら、劇的に効率が落ちるので、要はそのバランスなのかなと思うのです。

そういう意味では、DKS-400 を使ってみたいという思いもないわけではないんですが。。。

ちなみに、ぶっ壊れたアッグのスペックとしては、250cc/rev のモータ直結で、通常トルクは 710N・m (peak 1,021N・m)なので、DKS-180 は、1,885N・m なので今までのものより低速・高トルクになっていて、噛み込みに関しては相当改善されているのではと思います。

アッグ的薪割り機 DKS-180 の原産国判明

現在、3 候補のうちの最安の製品について、生産国が明記していなかったので問い合わせをしたところ、返信がありました。

Hallo

vielen Dank für Ihr Interesse an unseren Artikeln,
unsere Ware ist Made in Germany.

Bei weiteren Fragen stehen wir Ihnen gerne zur Verfügung.

Mit freundlichen Grüßen

微妙に、英語がちゃんぽんで返事が来ましたけどね、こっちも英語とドイツ語がちゃんぽんなんで文句はいえません。
ドイツ語自体、高校生〜大学生の頃は英語と同じくらい話せたんですが、社会人になってから全く使う機会がないので、今では忘却の彼方ですが、また、勉強したくなりました。

というわけで、話は逸れましたが、ドイツ製、ってことで、一安心。

あとは、出荷について、こちらから pick にいくか、CFS に直接送ってもらうか、まあそのへんの話と、ブラケットが MS03 しかない的なことを書いてあるんで、そんなもんは要りませんので、その分値引いてください、ってことくらいでしょうかね。

油圧モータのネジが何かも聞いておく必要もあります。
写真で見る限り、ゴムが見えないので、1/2″ BSPT あたりかなとは思っているんですが。。。

それとは別に、一応、LASCO Roli も第三国で見積もりを取っているところなので、来週くらいには、どうするか決めたいと思います。

シャア少佐も驚きを禁じえません!通常の 5 倍、でました!

LASCO Roli の件の続きです。

今日、日本の代理店である サーナス社 にコンタクトを取りました。

結論からいえば、本体のみの税別定価として 120 万、という案内でした。

はい?(杉下右京風に)

LASCO Roli は ebay.de で EUR 1.949,58(税別)で売られている のですよ。

120 万は、今のレートだと EUR 9,928 ですので、割り算をしますと、5.1 倍ということになります。

もちろん、120 万は定価であったり、為替の手数料、日本への運賃なども考慮してはいませんが、いくらなんでも 5 倍とは驚きました。

シャア少佐のザクでさえ通常の 3 倍ですので、地団駄踏んで驚いていることでしょう。

営業の担当の方も丁寧に対応はしてくださいましたが、価格的に折り合うことは不可能です、とまあ、そういう話になりました。

一応、本国の方に、いくらなんでも 10,000 ユーロは払えませんので、そっちの普通の値段(要するに 2,000 ユーロを切る値段)で売ってください、というメールはしておきましたが。

はてさて、どうなることやら。。。