4 號その後

今日は午前中は地鎮祭でした。
天候も良くて、日差しは心地よかったですが、まだ風は冷たかったです。
そのせいか、ちょっと体がしんどくなって、昼、戻ると疲れて横になっていたら、そのまま夕方まで寝てしまいました。

4 號その後ですが、とりあえず、元気にはなったんですが。。。

おむつをしても嫌がって 30 秒くらいで外してしまうし、カラーもしているとぶつかって危ないので外しました。
ケージに隔離すると寂しがってずっと鳴いて可愛そうで仕方ないし、出すと今度はべったりくっついてくるんですが、カテーテルでおしっこダダ漏れなのです。
というわけで、オッサンは服が湿っぽくて、ちょっとスメルなのでした。

食欲もあるし、だいたい大丈夫そなのですが、血尿が止まらなくて、抗生剤というものを食べてくれないので、病院に連れていきました。
エコー検査をしてくれたんですが、もう石は残ってないと思う、ということで、抗生剤は注射をしてもらいました。
今日は、いっしき動物病院 さんはお休みなので、いつもの 志摩どうぶつ病院 さんで見ていただきました。
志摩どうぶつ病院 さんは、午後は遅くまでやっているので通いやすいです。

本日の出費、5,200 円也。

5 日はこんなに元気だったのに。
早く回復してほしいです。

そろそろフロントラインをしてもらわないといけない季節になってきたんですが、ワクチンも時期が切れているということで、流石に今月はきついので、来月にしたいと思います。

4 號が病気です

4 號が病気です。

昨日、ゴホゴホいっていたんですが、今朝になってみると、何か戻したようで、変なものでも食べたのかな、と思っていたのですが、お昼近くになっても全く元気にならず、明らかに様子がおかしいので、病院に行きました。

いつもの 志摩どうぶつ病院 さんは休診日で、一番最初にお世話になった いっしき動物病院 さんに駆け込みました。

原因は尿路結石で、戻していたのは、尿毒症というものだそうで、おしっこができなくて辛かったようです。

結構身近な病気で、男の子は、女の子よりもかかりやすいとうことです。
調べたら、たくさん食べる若い子がかかりやすいということです。

最近、ものすごくぐんぐん食べている感があって、体重が 4.7kg もありました。

今は、ひとり、ケージに隔離して、おむつをして、ご飯も専用の石を溶かす成分が入ったものをあげています。

お医者代が 2 万以上かかったですが、カードが使えて助かりました。

おニャー様の療養食がとんでもなく高かったので、輸入したらどうかと思ったんですが、たかだか洗剤でこの調子だと、キャットフードだと、定温輸送も必要になるし、賞味期限の問題もあるしで、本当に主力の商品解いて一定量を一定期間で回すレベルでないと大やけどするな、などと思いながら帰りました。

4 號には、はやく元気になって、いっぱいいっぱい楽しく遊んでもらいたいです。

おむつを買ってきたんですが、嫌がって外してしまい、どうにもなりません。
久しぶり猛烈に手がかかり、赤ちゃんの頃を思い出しています。

家にいたから良かったようなものですが、もし倉庫に商品を納めに行っている途中だったらと思うとゾッとします。
一週間近く家を空けるし、シッターといっても、いい加減な掃除のおじさんなので、気づかない可能性が濃厚です。
兄弟だから、他の子も同じ病気になる確率は高いと思うので、定期的に健康具合を診てもらおうと思います。

今日は、雨だったので家で、洗剤の輸入の手続き の続きをしていたのですが、要するに MSDS を出して税番を確認してもらって、そうすると、薬事法に引っかからないかは、管轄が違うようで、

◆ 医薬品等輸入報告書(薬監証明)の申請先
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器の個人輸入に関しては、通関する税関を担当する地方厚生局薬事監視専門官にお尋ねください。

・ 近畿厚生局(名古屋税関、大阪税関、神戸税関、門司税関及び長崎税関)
電話 : 06-6942-4096
FAX : 06-6942-2472

ということで、近畿厚生局に問い合わせを行い、税関に対して回答をしていただいた、ということにります。

これで申告の準備は整ったので、天候次第ですが、月曜日は、4 號の通院があるので、それが終わり次第、神戸に出発したいと思います。

外気導入アダプタが本当の本当にショボすぎる件

本当に冗談はよし子さんですよ。

ショボいなんてもんじゃない。
ボロいなんてもんじゃないのです。

$80 もするんですけどね、びっくりするような粗雑な仕事で、MADE IN CANADA と書いてあるんですが、CHINA か KOREA の間違いだろう、というくらい酷い出来です。

というわけで、図面を引いているんですが。。。

ブルーのラインはガイドなんですが、何をやっているのかというとパッキンの選定です。

イチから作るのはアホらしいので、既存の JIS 10K, 5K フランジ用のパッキンをハサミで切って使おうという作戦です。

ゴムでも 150°C くらいまでは耐えるようで、意外とパッキンはシール対象と素材の組み合わせが厳密っぽくて、気体シールには、ゴムが良さげなんです。

まあ、ゴムならハサミで切れるでしょうし。

それもレーザで切れよといわれそうですけど、もともと純正品はベコベコの鉄板で、穴も開いているし、あれで間に合うなら、シールするというのは過剰かなと思ったりもするのです。

とりあえず、5K フランジ (JIS B2220) で、作図してみたんですが、さし込み 穴の径 do は 100mm 以上必要になるので、そうなると呼び径は 90mm になって、フランジを止めるボルト穴は φ19mm で、B.C. は 155mm となるのですが、外気導入アダプタ取り付けのためのビス穴とオーバラップしているわけで、うまく行きそうです。

でもまあ、ちゃんと作れば、おそらくパッキンは要らないと思うんですけどね。

あと、固定もセルフタッピングビスなんですが、普通テクスモードが有るインパクトってみんな持ってるもんなんでしょうか?
ちょっとでも締め過ぎたら、それほど厚みがあるわけでもないので、the end だと思うのです。

JØTUL の F118CB 用のリアヒートシールドダクト口もやはりタッピングビスで固定するようになっていたのですが、気持ち悪いのでタップして、普通にネジ止めしています。

まあ、極論すれば、カナイの不燃パイプ で十分で、気密については、RUTLAND の耐熱シリコン でも打っとけばいいんじゃないの、とも思うわけですが、一言でいえば、見えないところとはいえ、美しくない気がしないでもない。
テーパーになっていたりで、ダクトの接続だとかは、都合がよろしいと思いますけどね。

思うに、単なる値上げもアレですから、外気導入アダプタがそこそこの値段で作れるなら、強制プレゼントして、本来の性能が発揮できるようにお膳立てするのも Hearth & Home らしくていいのかなと思ったり思わなかったりするので、いくら位で作れるのか、検討してみたいと思います。

それはそうと、かなりどうでもいい話でしょうが。。。。

蹴上の高さがバラバラで登りづらくて仕方なかったニャングルジムですが、水平器を買ってきて、そこそこきちんとやりました。
突っ張りの脚立を外したらかなりグラグラするので、ジャッキアップしておいたんですが、早めに手すりを兼ねて、補強したほうが良さそうです。
何よりも、最初に障子を張り替えろという声も聞こえそうです。

ニャングルジムの設置

今日は朝から猛烈な雨でした。
午前中は、伐木安全祈願祭で出張祭典だったんですが、そのタイミングは小ぶりになって助かりました。
ただ、昼からまた降り出して、なにもできないので、かなりやっつけ仕事なんですが、ニャングルジムの設置をしました。
ただの仮設の階段だろうといわれたら、その通りなんですが。。。

水平器がどこにいったかわからないので、本当に適当です。
写真を取ったタイミングでは、自在ステップの間隔が 40cm くらいあるので、ちょっとニャーたちが下るのが怖いみたいでした。

ロフトの高さは 3m ちょっとあって、間口が芯・芯で 3m なので、階段の角度が 45° を超えているので、手すりがないとちょっと怖い感じです。
スパンが 4m ちょっとあるので、大事を取って、途中脚立で突っ張っています。
まあ、4000mm で両端支持の中央集中荷重 1kN で 2.4mm 厚で計算すると、80mm 弱撓むようですが、1 本ではなく、2 本ですから、まあ、そっと登れば座屈することはないと思います。
とはいえ、危ないので、手すりを兼ねて、2m と 3m とで、1m 間隔くらいで支持しておこうと思います。

水平器は買ってきましたし。

蹴上について、建築基準法とかの 20cm くらいにしたいわけですが、そうすると踏み板がオーバラップして歩きづらいかなと思うのですが、まあ、とりあえず、一旦それでやってみようとも思います。

結局階段を作る必要はあるのですが、場所はさておき、いきなり図面をひくにも、その辺の経験がないので、昇り降りしやすいかどうか、ということについて、単管で組んで、よく吟味してから、制作に取り掛かりたいと思います。

マキタの階段定規、どこに行ったんだろうか。。。

まあ、丸太小屋を建てて 6 年目にしてとりあえず、階段のようなものはできました。
そのうちに完成するのではないだろうかと思います。
ぼちぼち頑張ろうと思います。

ニャングルジム

今日はニャングルジムの材料の自在ステップを買いに行きました。
最近、2 號がロフトに登って降りられなくなることがたまにあるので、ロフトへの階段を作ろうと思ったわけです。
西村ジョイには売ってなくて、ダイキで買いましたが、屋外においてあるので、ホコリまみれなので、高圧洗浄しました。

せっかく高圧洗浄機を出したので、4t 車の荷台も汚れていたので、洗っておきました。

それで、洗ったものをウッドデッキにリフトで運んだんですが、途中で急に動きがおかしくなって何事かと思えば、例の嫌なニオイがするので、下回りを見てみると。。。
ダダ漏れです。

グレーチングを変に踏んで跳ね上げたものが引っかかったようです。
ここは、トラフである必要が全くないので、埋めてしまおうと思います。

明日は 5 の付く日なので、作動油を注文しようと思うのですが、32 番なんか、46 番なのか、あと、何リッターはいるのか、いま在庫が 32 番が 30L くらい、46 番は 20L くらいしかないので、確認してから取り寄せたいと思います。

ホースは待てないから、ホース屋を呼ぶしかないですね。
南無三。

ワイパーの値段

前々から疑問に思っていたワイパーの値段ですが、昨日も軽トラのワイパーがゴムだけ(ガラコ撥水)で 1,000 円オーバーだったんです。
どう考えても工場での原価ってのは 100 円どころか、10 円も行ってない思うんですがあまりに高い。
もったいないので、運転席と助手席が同じ長さだと、運転席を助手席に回して、運転席に新しいのを入れるとか、アホなことをしていたんです。

出典 MonotaRO

もしかしてと思って MonotaRO を見てみると。。。

なんですか、この安さは。

ちなみに、これ、骨込みなので、イエローハットだと 2,000 円くらいするわけです。

MonotaRO って特にずば抜けて安いわけではないんですよ。
ということはこれでもかなり儲けているはずなので、とどのつまり、イエローハットなんかがどんだけぼってるんだってことです。

昔ファミレスでバイトしていたことがあるんですが、あれくらいの面積の店舗の場合、四半世紀前でも、ほとんどが儲けの飲食でも日に 30 万の売上が必要でしたから、イエローハットでも 25 万/日くらいの粗利が必要だと思うのです。
これが一般的な物販だとすると、4 割だと、日に 62.5 万は売り上げないといけない。
これってコンビニ並みですが、コンビニは、従業員が非正規雇用で 24H 営業ですからね。
それで、セブンでようやくそれくらいの売上です。
つまり想像よりも遥かに高く売っているのかなと。

というわけで、オイル交換などの作業を伴うものは別として、こういう定期的に交換しなければならず、ポン付けできるものは、MonotaRO なり、ネットで買わないと大損しそうです。
まあ、イエローハットには、イエローハットの事情ってもんもあるんでしょうが。

今日は 15% off のクーポンコードがきていたので、グリスや何かを買っておこうと思っていたのですが、キャロルのワイパーも変えていないし、試しに買ってみようと思います。
骨ごと変えてもゴムだけよりも安いんですから。

今日もニャンズは元気です。

予報は寒いということなので、10 時まで、ゴロゴロすることに決めて、ニャンズを抱っこです。
寝るときもいつもこんな感じで、一緒なんですよ。

俺がダメなんではありません。

猫は人をダメにする生き物なのです!

さて、今日は、次の山に移るとしますか。
ぼちぼち頑張りたいと思います。

魔法の言葉♪

これはすごい豹変ぶり。
おこめちゃんはちゅ〜るが大好きなんですね。

うちの子もちゅ〜るは好きみたいなんですが、あげてないんですよ。
というのも、好きすぎるのか、勢い余って手をかまれてしまうし、猛烈に臭いんですよ、ちゅ〜る。

でも、久しぶりに上げたくなりました。

うちの子たちは相変わらずです。
汚部屋の「キャッペ」の上で団子になって温まっています。
写っている子は、左から 3 號 2 號 1 號で、1 ニャン足りませんが、4 號は抱っこ中です。

ところで、自分は一度もしゃーってされたことはないんですよ。
う〜〜〜〜ってネズミのおもちゃに興奮して唸っているのは見たことがあるんですが。
兄弟も仲良くしていて喧嘩は見ません。
茶トラはおとなしい種類なんでしょうかね。

まだおニャー様をお迎えしていない方は、ぜひ保健所等からお迎えしてあげてください。
自分は今の子達をお迎えするまで、猫はなつかないって言うし、何が嬉しいのかと思っていたんですが、一緒に暮らして、本当に生活が充実するので、おすすめいたします。

それはそうと、春に備えて、新アイテムをポチしてしまいました。

エアレス塗装機 GRACO Magnum X5 Airless Paint Sprayer です。

このブログを読んでくださる人にいちいちエアレスの説明は不要だと思いますが、簡単に書きますと、高圧の空気(圧縮空気)を使って塗料を噴射するエアスプレーに比べて、エアレスは、その名の通り空気を使わずに吹き付ける塗装方法で、原理としては、ポンプで塗料自体を高圧にしてホースでガンに送り噴射することになります。

エアに比べて、エアレスは、

  • 塗料の飛散が少ない
  • 塗料の厚塗りができる
  • 粘度の高い塗料が使える

というようなメリットが有り、外壁や、大きな構造物(の錆止めなどの粘っこいの)の塗装に向きます。

一方で、

  • 粒子が大きく仕上がりが荒い(車の塗装などには向かない)
  • 小物の塗装には向かない

というデメリットもあります。

価格的には、約 $300 なので、かなり安いのですが、X5 のひとつ下のグレード、257025 Project Painter Plus だとさらに安いので、最後まで悩みましたが、神社でも使うだろうから、X5 にしたというわけです。

前に書いた んですが、エアレスを日本国内で買うと、10 万円以上はするわけです。
もちろん、プロ用の機材になるので、GRACO でも ProX19 になると、$600 以上するわけですが、そもそも論として、DIYer 向けのエントリーモデル自体がない、つまり X5 のような、そこそこの価格で、そこそこのもの、そういう選択ができないのが日本の現実なんです。

性能の違いですが、表にすると以下のようになります。

257025 Project Painter Plus 262800 X5
価格 $229 $299
Recommended Annual Usage 50 gal 125 gal
Performance Rating .24 gal/min .27 gal/min
Maximum Hose Length 50 ft 75 ft
Sprayer Weight 10 lbs 13 lbs

最後まで気になったのが、Project Painter Plus は足の部分にガンホルダーがついていることで、これはこれでかなり便利だと思うのです。

重さに関しては、X5 でも 13 lbs ですので、重いといえば重いですが、コンプレッサーで吹くことを思えば、一式の重量としては、圧倒的に軽いわけです。むしろ、塗料のほうが重いので、ここにはそれほど拘る必要が無いのではと思います。

一応ホースも 75ft(23m)まではいける、ということなので、ユニックのかごに乗って作業をする場合も、多分間に合うと思うのです。
これが、Project Painter Plus だと 50ft(15m)になるので、ちょっときついかなと。
まあ、X5 に標準でどれだけの長さのものがついてくるのかはちょっと疑問なんですが。

一番の懸案は、塗装をする際にガンで吹くと塗料が飛散してしまうため、うちは田舎なのでまあいいといえばいいんですが、場合によっては困ると思うので、これも 前に書いた んですが、好川のエアレスガン用刷毛 を使いたいんです。
これがすんなり付くかどうか。
まあ、最近は無駄に管用のネジについても知識が増えてきたので、なんとかなだろうというか、現物合わせをしようということで見切り発車です。

こういうのをとらぬ狸の皮算用というのでしょうが、X5ガン刷毛 を使うことで、ログの CPR による洗浄、ペネトレイトによる保護、塗装仕上げの一連の作業で、相当の省力化、塗料等の節約による経済性の向上を期待していて、実際に試してみて、結構使えるようであれば、お店の扱い商品に追加し、ログハウスのメンテナンス関連も、今後扱い商品を充実させていきたいと思います。

亀山 TS 到着 — 雑貨と薪割り機納品の旅 初日

今日、というか、日付が変わっているのもう昨日ですが、薪割り機が追加で成約したので、積み込みをしようと思ったら、デミオのバッテリーがあっがたとかで、放置して軽トラでいなくなっているのですが、蓋をされた格好になっているので、どかさないことにはにっちもさっちも行かないのです。

前科があるので、ブースターをデミオには積んであるんですが、ヘッドを寄せてみたものの微妙に届きません。
台車には 5m のブースターケーブルを積んでるんですが車検ですし、軽トラにも積んであるんですが、軽トラ自体がないのでどうしようもありません。

仕方がないので、ヘッドをどかせて、パレットなんかを片付けて、ユニックもなんとか出して、ユニックはバッテリーの向きが逆なのと、12V なんだか、24V なんだかよくわからなくて気持ち悪いので、リフトで充電しました。

なんだかんだで 2 時間くらい損した感じです。

その後、山に行って、薪割り機を積み込んだのは良かったんですが、薪を積み込んだときに、ウッドバッグが微妙に傾いていたため、せっかく作った角トップの蓋にもたれかかって、かすかに歪んでしました。
角トップは 2 つ作ってあったので、入れ替えましたが、危ないところでした。

そんなこんなで、お昼過ぎに配達しますと行っておいて、待ち合わせ場所の瀬戸田 PA についたのは、16:30 頃でした。
今回は荷物がてんこ盛りで、本当は 2 袋配達だったんですが、1 袋だけしか積めませんでした。

出発したのが 14:30 くらいなので、亀山 TS には今しがた到着です。
ユニックなので、トレーラよりも足が速いので、11 — 12 時間くらいです。
トレーラだと、1, 2 時間余計に掛かる感じです。

明日は、できれば雑貨の納品まで済ませたいところですが、朝何時に起きられるか、ということが問題です。
今回はスケジュールがタイトなので、高速を使ってでも、納品は済ませたい気もするんですが、貧乏性なので。。。

明日も無事故で頑張りたいと思います。

出かける時のおニャー様たち。
7 日も家を空けるので、お世話はお願いしてあるけど、心配です。。。
元気で待っててほしいんですが、猫の寿命から逆算すると、人間だと、ひと月くらい会えない、ということになるんですよね。
なるべく家を空けないようにしたいし、一緒にいる時間を大切にしたいと思います。

とこにゃんが届きました

常滑からとこにゃんが届きました。

ステッカー x 2 は、それぞれ、キャンターと台車用です。
家内安全・商売繁盛・病気平癒に安産、学業成就、なんでも叶いそうですね。

送料無料にするために、ダンボールハウスもゲットです。
とこにゃん仕様。

おニャー様、早速爪とぎ開始です。
気に入ってくれたようでよかったですが、一応、ベッドも兼ねているの、寝てくれるとうれしいですね。
猫壱のものも、ベットを兼ねているんですが、今まで数度しか寝てくれているのを見たことがないという。。。

それはそうと、今日は急いで帰ったんですが、途中、疲れて仮眠してしまって、家についた頃には雨が降り始めてしまいました。
というわけで、ゴロゴロして終了です。
明日仕事をしようと思ったら、祝日でした。。。
まあ、年の瀬も迫ってきているので、御札のこととか、新年の準備とか、始めたいと思います。

キャッペ = キャット+カーペット — ギャッベではない

この子は 1 号です。
DCM ダイキで悩んで買った 498 円(税別)のカーペットです。
多分 MADE IN CHINA。

この子は 3 号です。
キャッペの上で寝てくれました。

ギャッベではない、キャッペです。
キャット+カーペット、略して、キャッペ。

いらない絨毯の切れ端でもいいんですが、オーバーロックミシン、要するにですね、「かがり縫い」をしてもらわないといけないのですが、この加工費が結構掛かるので、買った方が安いってわけです。

尤もほつれても困らないし、まあ、そういうものが置いてあっても、何ら支障がないといえばないんですが、奮発してみました。

それにしても、うちの子は可愛いなぁ。
皆さんもそう思いませんか?
間違いなく、世界一、いや、宇宙一の可愛さ。

午後から白(柴犬)ちゃんをおいぬえん(犬の美容室)に連れて行って、洗ってもらったんですが、預けた帰りに山にいって、コロ薪を持って帰りました。
ちょうど 500kg あるようです。
よく見ると、製品として出荷できそうな長いものが混ざってたりするんだけど、どういうことだろう。。。

その後、林業機械展+αで遠距離でかけるので冬タイヤに履き替えようとしたんです。
そうした所、今はアルミなのでアルコアの専用ナットを使っているんですが、鉄に戻す場合純正ナットが必要になるんですが、道具箱に入れてあったら蓋がちゃんとしまってなくて、ナットが前用 2 個、後ろ用が 2 個で、都合 4 x 2 x 2 = 16 個も不足しているんです。
タイヤマンには当然在庫がなくて、ふそうにまで行ったんですが、やはり在庫なし。
履き替えることができません。。。
大丈夫かな、雪とか。。。