おニャー様から誕生日プレゼント

何食わぬ顔で寝ているおニャー様ですが、日付的には今日なのですが、昨日の深夜 2 時頃、猛烈な運動会を開催して、飲みかけのビール瓶に盛大に猫キックを噛まして、倒れた瓶が運悪く MacBook Pro を直撃、キーボードがビール漬けになってしまいました。

すると画面がチカチカしはじめ、しばらくして電源が落ちてしまいました。

一晩乾かしてみたんですが、やはり同じ症状で、このまま粘ると、データまで死ぬと困るので、ばらして SSD を救出する作戦に切り替えました。

というわけで、おニャー様から誕生日プレゼントということで、新しく MacBook を買いました。
もちろん支払いはしてくれませんが。

MacBook Pro にしようかとも思ったんですが、Touch Bar 付きだと結構なお値段なんですよね。

もう、重い処理はほとんどしないので、少しでも小さくて軽いものがいいだろう、ということで、一番安いのにしました。
もう一つは、MacBook はファンレスなので、おニャー様の毛が内部に詰まる心配がないというのもあります。

ただ、標準の文字の大きさだと、ちょっと小さいので、一回り文字を大きくしているあたりがアラフィフです。

とりあえず、USB-C というポートが一つあるだけなんですが、iPhone がそのまま繋げないので、純正ケーブルを買ったら 3,000 円近く取られました。いくらなんでも高すぎる気が。。。

それにしても、今までの 3 年選手の MacBook Pro に比べると、圧倒的に軽くてすばらしいです。

あとは、電池の持ちの問題ですが、とりあず、ANKER PowerCore+ 26800 & PowerPort+ 1 を買ったどうかと思っています。

PowerCore+ 26800
超大容量プレミアムモバイルバッテリー

Qualcomm Quick Charge 2.0
Qualcomm製のQuick Charge 2.0技術によって 、PowerCore+の対応機器に対する充電の効率は75%アップしました。15分の充電で最大8時間の使用が可能です。

フルスピード充電技術
Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostによりQuick Chargeでない機器に対してもフルスピード充電が可能です(各ポート毎に最大2.4A)

超大容量
PowerCore+ 26800はQuick Charge 2.0 技術を備えた世界最大容量モバイルバッテリー。 iPhone 6を10回、Galaxy S6を7回以上、2015 MacBookを3回以上充電することができます。

こだわりの製品設計
PowerCore+ 26800は高級感のあるアルミニウムを外装に採用し、最高品質の部品・回路のみを用いて設計されています。上質なデザインをぜひ体験してください。

これがあれば、ちょっと出かけるときでもバッテリの残量を気にする必要が無くなりそうです。
ただ、ちょっとでかいのと、値段も高いのと、実際問題、AC/DC インバータ(車載)を持っていけば、事足りるんじゃないかと思うわけです。

で、AC/DC インバータですが、この前黄色帽子に行ったら、12/24V 兼用タイプが売ってなかったんですよね。
まあ、軽四やキャンターは 12V で、VOLVO の方も 12V はあるにはあるんですが、24V のほうが容量が大きいので、VOLVO では 24V で使いたいんです。

でないと、エンゲルの冷蔵庫は 12V 専用なので、冷蔵庫と、充電器を使うための AC/DC インバータが同時に使えなさそうな気がしないでもないんです。

まあ、USB-C の出力がある 12/24V にすれば、MacBook, iPhone, iPad 全部行けるんで、それのほうがいいような気もします。

ついでにいえば、家の太陽光の独立電源 12V のソケットを室内に作ってこれを使えば、停電しても、Mac の電源を心配する必要がなくなりますね。

まあ、買うのは、もう少し調べてからにしようと思います。

にゃーの猛攻で FAX 撃沈 — MFC-J5820DN を購入・設置

今まで使っていた FAX は、操作パネルが上を向いているため、にゃーが勝手に操作をして困っていましたが、液晶が壊れて見えなくなったこと、特売で買ったら無線 LAN 機能がついてなくて、事実上 FAX としてしか使ってなかったこと(プリンタとしては使ってなかった)、また、新しいモデルはクラウド(Dropbox など)にデータを保存することができることから、買い換えることにしました。

新しく買ったのは、MFC-J5820DN です。
一応 A3 も印刷できて、値段が安かったため、少々型が古いようですが、まあいいかなと思いまして。

操作パネルは垂直に仕舞っておけるので、これでにゃーのいたずらも一安心かなと思います。
設置した次の瞬間、早速にゃーが狼藉を働きにやってきましたが、(まだ)操作はできないようでした。

とりあず、今までは、A4 の FAX 複合機(電話・FAX 用)と、A3 の FAX 複合機(印刷用)と、2 台でかなりスペースを取っていたものを 1 台にまとめることができました。

A3 の複合機は、MFC-6490CN というモデルなんですが、これ、もう、何万枚印刷したかわからないくらい印刷しましたが、全く故障もせず、とても良くできた機械で、本当にご苦労様と言ってあげたいです。

今度のインクはチップ付きなので、ランニングコストが多少上昇しそうな気がします。

印刷自体は、AirPrint に対応しているので、インストールもすんなりできて、FAX もすんなり送信できるようになりました。

MFC-6490CN ほどとはいいませんが、そこそこ頑張って仕事をしてもらいたいなと思います。