薪の乾燥用コンテナはやっぱり 20 フィートにしようかなと思う件

薪の乾燥用のコンテナの件ですが、以前に、12 フィートコンテナにしようかと思う、ということを書きました。

なぜかというと、20 フィートだと、自分で下ろせないだろうけど、借地のため、いつ叩き出されるかわかりませんから、なるべくそう部分にコストをかけず、自力でなんでもできる状態を保ちたいというのが最大の理由です。

ただ、爆安品は除いて、10 フィートも、12 フィートも、20 フィートも、ほとんど値段は変わらず、20 万円前後です。

たとえば、ヤフオクでよく出品されている oucontainer さんの場合、中古12フィートJR保冷コンテナ 169,560 円、頑丈な10フィートコンテナ 189,000 円、便利な12フィートコンテナ両開き 199,800 円、中古20フィートコンテナ現状 226,800 円、20フィート中古コンテナグレー塗装 264,600 円という状態です。

40 フィートにすれば、容積あたり考えればさらに安いんですが、現状、自力では運べないのと、道が狭くて台車を買っても薪ヤードには到達できません。
もちろん、拡幅工事は地元と地権者さんと了解を貰い、役所にも告げてあるので、私道を整備すればよいんですが、そこまでやっても、やはり借地ですし、便利になったから返して、ということもないとも言い切れない(でも多分 99% はない)、手間も費用も膨大なので、なら 20 フィートが最も経済的ということになるわけです。

で、20 フィートの下ろし方ですが、youtube でみたんですが、こういう感じでどうかと思うのです。

動画は 40 フィートですが、これは自重が 4t あります。
20 フィートは 2.4t です。
なので、約 6 掛けの重さ、というこですね。

使っているリフトは、2.5t なので、6 掛けだと、1.5t ですから、計算上は、うちのリフトでも、下ろすことができそうです。

というわけで、粗方の絵は描けたんですが、最大の壁が立ちはだかりました。
それは、またしても書類の問題、制限外積載許可申請です。

制限外積載許可とは、読んで字の如くですが、一番わかりやすい例でいえば、長い電柱などを運んでいるトラックが赤い布を付けて走っている、あれです。

たとえば電柱や屋根材、珍しいところでは電車などの不可分でかつそれだけで12メートルを超えてしまうようなものを運ぶ場合に必要となる許可です。

例えば電柱だと、それだけで15メートルを超えてしまうものもありますが、積載しようという場合は制限外積載許可が必要になります。

特殊車両通行許可ですと、申請の際に車両の長さや幅を申告しますが、例えば長さであればその10%を超えるものは特車の許可とは別に制限外積載許可が必要になります。

出典 制限外積載許可とは?|特殊車両通行許可だけではダメな場合

で、どうでもいいことですが、あの赤い布、実は、無地でなければいけないとは明文化されていない ようです。
なんと、焼きそばの強者も。w

個人的な解釈では、0.3m 四方、つまり、赤い布の面積は、0.09m2 以上、ということになるわけですから、文字や絵柄で赤くない部分のを差っ引いて各辺が 0.3m 以上、かつ、面積が 0.09m2 であればよい、ということになるのではと思います。

というわけで、この間まで使っていた、赤いタオル、もしかしたら、幅が 0.3m 以上、なかったような気がしてきました。。。違反していたのかも。。。。以後、気をつけます。

ちょっと話がズレましたけど、どういうことかというと、コンテナのサイズですが、これは国際規格のものなので、きっちり決まってまして、長さ(外寸法)が 19’-10”1/2(6,058mm)、幅(外寸法)が 8’(2,438mm)、高さ(外寸法)が 8’-06”(2,591mm)です。

うちの台車は、通称「まな板」と呼ばれるタイプなのですが、鉄板とかの重量物であるとか、長尺のもの(鉄骨とか、屋根材とか、そして丸太なんかも)を運ぶため、平らな荷台になっているのですが、床板がある分、荷台が高くなっていて、約 1.5m くらいはあると思うのです。

そうすると、2,591mm と荷台の高さ 1,500mm 合わせると、4,091mm になって、道路法(車両制限令)で定めらた 3.8m を超えて、高さ指定道路の 4.1m を超えないということになるわけです。

高さ指定道路 といって、高さ制限が緩和されている道路もあるのですが、そこだけを走るのなら、制限外積載許可が必要かどうか、ちょっとよくわかってませんが、事実上そんなことは土台無理な話です。

で、これまた話が長くなったんですが、とどのつまり、許可申請をしないといけないんですが、そういうわけで、警察署に行ってきたわけですよ。

そうすると、こういわれたんですよ。

受付窓口は出発地を管轄する警察署ですから、うちでは受け付けられません。

えええええええ。ということは、弥富だから、愛知県警ですか?

愛知県警に電話しましたよ。

郵送では受け付けてないんですよ、窓口に来てください。即日交付ではありません。

おいおい、2 回行かなきゃならないじゃないか!

管轄は蟹江警察署だということなんですが、通行許可を取っている 23 号からもガッツリ離れています。

とりあえず、作戦その 1 としては、往路で長島のあたりの道の駅か名古屋 TS で台切して、ヘッドのみ(自由走行可)で警察署にいき申請を出し、帰りにはコンテナヤードで台切をして、許可書を取りに行くというパターン。

作戦その 2 としては、コンテナを載せて繰り返し走行する可能性もあるので、その条件であれば、出発地は松山になるので、西署で申請ができるのでそうするパターン。

うーん。。。
無事に許可はいただけるんでしょうか。。。

まあ、がんばります。

夜の左バックが暗くて何も見えないので困った件

先週の木曜日に原木を取りに行ったんですが、午後から行った上に、帰り道、疲れが溜まっていて眠かったので、途中ちょっと昼寝したらなんと 2 時間もがっつり昼寝をしてしまい、スタンドで給油している時点で 19:30 過ぎ、ヤードに戻ってきたら、もう完全に真っ暗でした。

で、スタンドですが、藤田商店(エッソ 松山久万ノ台SS)なんですけど、初めてトレーラで行ったんですが、乗用車とは違って狭い!んですよ。
ちなみに給油口は左なんですが、右につけると 2 台分潰すので、右から踊り場を超えて給油しましたが、なんとか届きました。
以前、スピードパスを作っていたんですが、持っているクレジットカードでも作れることがわかり、作り直して貰いました。
で、せっかくわざわざ行ったのに、89 円がいきなり 94 円に値上がってて、入れてから気づいてなんともでした。。。

スタンドのおじさんと話したんですが、このあたりの地域は、軽油が安いのです。
なんでかなと思ったら、市場があるんで、競争がある、ということでした。

今のところ、松山近辺での最安値は、56 号のエミフルの少し手前のセルフで 88 円くらいなんですが、その少し手前のナヴィが 92 円で、土日は 2 円引き、200L 入れると、2L のお茶とか、ティッシュをくれるので、金額で言うと 0.5 円 off 位、そうするとフルサービスで 89.5 円だから、そっちのがお得かなというところです。

ちなみに、満タンは 480L なんで、普通のスタンドで給油したら時間がかかって仕方ないのですが、通り道にはトラック用のスタンドがないので仕方がありません。
アドブルーが入れられるスタンドも見たことがないし。
多分、11 号の宇佐美くらいだと思います。

えらい脱線しましたけど、まあ、とにかく、真っ暗でよく見えない、それ以前に左バックなんで見えくい上、未舗装の凸凹のゆるい坂道のため、引っかかったりしてまともにバックしないし、ただまあ、ぶつけるようなものはないし、ぶつけてもどうせ薪だし、台車もボロ出し、そういう意味では楽ではあるんですが、東京に行くなら夜も乗るわけで、その時、左後輪位置が見えないのはしんどいわけです。

キャンターの場合、車幅灯(サイドマーカー)が明るいこと、取り付け位置がトレーラよりも低いこともあり、道路の状況がよく分かるんですが、まあ、ヤフオクの安物 LED は、激光との謳い文句でもとっても暗かったわけで、まあ、あれはマーカーであって、照明ではないんだということで、どうしようかと思っていたわけです。

そうすると世の中には、路肩灯 というものがあることを思い出したわけです。

でもまあ、これ、どのくらい明るいのかちょっと微妙だし、サイドマーカーの配線を分岐して電源を取りたいので LED にしかったんですよね。

というわけで、ヤフオクでワークライトを買ってみました。

この手のアホのように画像を貼ってあり、ごちゃごちゃしている表示を行うサイトを作る業者から買うと気に注意することは、

  • 支払い方法が代引きのみになっていないか
  • 商品価格を安く見せかけるため、こういう小さな商品でも 1,000 円以上の送料を設定していないか

ってことです。

今回は、T ポイントの有効期限が切れそうだったため消費したかったのと、不足分はヤフーマネーで支払いたかったため、かんたん決済に対応している必要がありました。

また、この出品は送料無料ですから、とてもお得と思いました。
他の業者だと、送料だけで 1,500 円とかがありますので。

とりあえず、路肩灯として使えなくても 12/24V 兼用なので、ヘッドの作業灯を LED 化してもいいし、台車のバックライトとして使ってもいいし、リフトやユンボの作業等として使ってもいいと思います。

これで明るすぎて周りの交通に迷惑になりそうなら、JET イノウエの を買ってみようと思います。

トレーラは免許を取って即乗れないものなのか?

けん引免許を取ってすぐに大型トレーラの運転ができるのか?

くそしばさんは「できない」と断言してるんですけど、自分の立場は。。。

自分は、大型も、基本的に乗ってないので、中型から一気にトレーラなわけですが。

たしかに、超下手ですし、いつまでたっても、グニャグニャなんで、まあ、そういう意味では、職業ドライバーとして、金はもらえないとは思うんですが。

運送会社だと、隣に 1, 2 ヶ月おじさんが乗って指導してくれるということで、逆にいえば、それくらいしないと、うまくはならないということだと思うのですが、自分の周りで、けん引を持っているのは、うちの弟だけだし、あっちは、単に船を引っ張ってるだけだから、こっちのが遥かに大きいので、教えてもらうことなど何もなさそうだし。

いずれにせよ、手探りなので、本当に慎重に運転して、事故を起こしたり、巻き込まれたりすることがないようには、ものすごく注意しないといけない、ということだけはよくわかりました。

そうそう、最近、すごい便利なことに気づいたんですよ。

基本的に、薪ヤードも、森林組合の積み込みも、途中のコンビニも、全部、左バックなんです。
で、左バックって、台車の左側が見えないもんだと思っていたんです。
なもんで、感でやっていたんですが。。。

なんと、ボル坊には電動格納ミラーという文明の利器があるのです。
そんなの普通って?
で、格納は途中で止められることに気づきました。
途中で格納を止めると、左バックで折っている時、無論、障害物がない場合はですが、台車の左側が見えるんですよ。
そのことに気づいたら、すごく楽になりました。

アラウンドビューモニターはどうしたのとか、突っ込まなように。
まだ、マーカランプも、尾灯以外つけてないんです。
車幅灯もつけないと、暗くなると肩が見にくいし、さっさと作業をしたいんですが、まあ、とにかく、薪割りが最優先です。

台車置き場の整地

今日は、15 時を回ってからのスタートでした。

台車の補助脚が埋まる件ですが、とにかく台車をどかさないことにはどうにもならないので、一旦どかして、整地しました。
整地しただけで、雨が降るとどうなるかはわかりませんが、何回も踏んでいれば、そのうち締まるでしょう。
また埋まると嫌なので、バタ角を噛ましておきました。

薪割りですが、とりあえず 3 つだけやりました。
このペースではかなりまずいんですが、まあ、コツコツとやるしかありません。

最近、ちょっと悩んでいることがあって、原木を供給するペースが遅いってことなんですが、ログデッキを買おうかなと思うんです。

油圧ローラー x 2 があればいいんですけど、結構高くて、+25 万(合計 50 万)くらいします。
油圧ローラーなしのモデルだと、25 万くらいなんです。

ログリフトは付けてあるし、グラップルで乗せればいいので、絶対必要、というわけではないんですけど。

というわけで、ある程度薪が売れてくれたら、考えたらいいかなというところです。

明日は、いい加減薪割り機を組み立てて、トロンメルの油圧源に使えるか、試してみたいと思います。

忘れていた椎茸とたけのこリーマー

facebook で椎茸の話題があり、思い出しましたが、今日見てみると、でているんだけど、すっかり収穫時期を逸して、巨大化していて、見るからに不味そうです。。。
まあ、干し椎茸にして、出汁くらいには、なるでしょうか。。。
で、なんだかんだで収穫するのは忘れてしまいました。。
明日は忘れないようにしないと。

今日は、一日、週末の春祭りの準備とお宮の片付けをしたんですが、少し空いた時間ができたので、ヤードの見回りに行きました。
その時にふと気づくと、ウインカーのレンズの内部が結構結露していて、水が入っているようです。
パッキンは汚れが付着してかなり固くなっていたのですが、お湯で洗ってきれいにはしたんですが、どうもダメなようです。
仕方がないので、新しく買おうと思います。

それと、マーカの取り付けの配線穴が小さい問題ですが、たけのこリーマー(DCM ブランド品)を買ってきたのですが、熱を持つので注意して使っても、4 つくらい 8mm → 12mm に t = 2mm くらいの鉄板を拡げただけで、もう切れなくなりました。
MADE IN CHINA だから、危険かなと思ったんですが。。。
驚くほど切れないのに、3,000 円以上したような記憶があります。
タッピングスプレーを使ったほうが良かったかもしれませんが、後の何とやらですね。

埋まりました。。。

今日も頑張って原木を運びました。

途中までは順調だったんですが。。。原木の置き場が段々なくなってきて、敷地の隅っこにトレーラを左バックで寄せていたら、一番低い部分なので、雨が溜まって地盤が悪くて、タイヤが埋まって大きく傾いてしまいました。

なんとかしようとすると余計に状況が悪くなり、仕方ないので中途半端な位置で原木を下ろす羽目になり、2 時間もかけてしまいました。

とりあえず、荷を下ろしたらすんなり出られたんで、地盤に対してトレーラは重すぎる、ってことでしょう。

一本重たい原木があって、いつもならえいやで無理やり下ろすんですが、今日は、どうも無理をするのはよろしくない雰囲気だったので、半分に切って下ろしました。
わざわざこの間買った充電式で、当然バーが届かないので、両側から。

使ってみての感想ですが、うーん、って感じですね。
切れないわけではないのですが、今3つスッキリしません。
多分、チェンのスピードが遅いのだと思います。多分。
それと、ちょっと負荷がかかると、すぐに安全装置だと思いますが、止まってしまい、かなりかったるいです。

ただまあ、手軽さはピカイチですね。

バッテリーの持ちについてですが、一本切ったら、ランプで見ると 3/4 でした。。。
本当にそうなら、やはり予備として、2, 3 本は持ってないと、ちょっと仕事にはならないかと思いました。

原木の入荷

今日はいい天気で、昼ころは暑かったくらいでした。

昨日は雨で台車の修理ができなかったのですが、今日は花見をするとかなんとかで、午後は臨時休業、昼前 11 時くらいまでということだったので、朝早起きして、とりあえず、灯火類をしっかり点検して、連結、なんだかんだで小一時間かかって、出発した時点で 7 時を大きく回ってしまいました。
土曜日、ということもあり、大した渋滞もなく、9 時くらいには材木市場に着くことができました。

鉄くず 27 号ですが、塗装したら、見違えるようにきれいになりました。
まあ、近づいてよく見たらボロいままですが。
きれいになってからは初仕事です。

たまたまパレット屋さんが、松の原木を引き取りに来ていて、色々トラックの話とかをしたんですが、どこもまあ、それなりに苦労をしているようでした。

とりあえず、今日の入荷は 18t でした。
消費税を入れると 20 万ほどになるのですが、ここから製品は 10t 程度しか生産できないものと推定されます。
なので、原木だけで見て、原価は 20 円/kg ということになります。
かなり厳しい数字ですが、良い薪をリーズナブルな価格で販売できるように、合理的な生産に努めていきたいと思います。

それと、原木が入荷している間のみ、原木、といっても、薪製造機で玉切り、薪割りまで済んでいる状態のものの販売を行っています。
軽トラ 1 台分、約 400kg(割たてだともう少し重たいかも)単位での販売となり、価格は 10,000 円(税込)です。
乾燥させるスペース・時間のある方は、ぜひご利用ください。

トレーラの修理

塗装のために色々外してあったものを元に戻しました。

リアのレンズ類ですが、東急用を買ったんですが、微妙に大きかったので、とりあえず、もともとのもので戻しました。
反射板やなんかもくすんでいるんですが、結構いいお値段なので、薪がたくさん売れたら、新しくしたいなぁと思います。

サイドのウインカーですが、レンズが新しくなると、見違えるようにきれいに見えるようになりました。

泥除けも新しく作ったステンレスで組み立てました。

サイドマーカーはまだ一つしか付けていませんし、リフレクタも付けないといけませんが、あらかた走れる状態に戻ったかなと思います。

明日には、完成させたいと思います。

不法投棄ですか?

金曜日に西署から電話がかかってきたんです。

不法投棄ですか?

トレーラですが、塗装のため、ナンバーを外しているので、鉄くずを捨てていると勘違いされてしまいました!
たしかにボロいけどねぇ。。。

というわけで、さっさと修理を完了したいところです。

リアのレンズ類ですが、東急用を取り寄せたら、ユソーキには合いませんでした。
加工が必要になるので、すぐには取り付かないため、今までのものとりあえず修理して使おうと思います。

端子がすっかりだめになっているので、防水端子 で加工し直しました。

ギボシやスリーブ類は、結局のところ、カーオーディオショップ Kikuchi さんで買ったんですが、Amazon FBA を使っているようで、Amazon から届きました。
なんか、Amazon から届くと、すごく損した気分になるのはどうしてでしょうかね。

それはそうと、コードストリッパーを買ったんですけど、フジ矢 PP707A-200 を、ヨドバシで。

早速使ってみました。

まあ、写真のとおり、ストッパーに当たるまでコードを差し込み、グリップを締めると、コードをクランプして、次の瞬間には、規定の長さ剥いてくれる、という便利さです。

なくてもいいっちゃいいけど、ねぇ。。。って感じのアイテムですね、これは。
DIYer 的には、いくらもしないので、持っておきたい感じです。
おすすめ。

何がいいって、メカっぽい動きがいいんです。
だから?
そんだけです。

明日はさっさと取り付けて、山から原木もでてきている頃合いなので、取りに行きたいと思います。

愛媛に戻りました

19 日出発して、都合 6 日間、距離は 3,000km 位走った感じですが、無事に愛媛に戻ってきました。
薪の納品、パレットとフォークリフトの引き取りでした。

途中 44,444km のゾロ目に遭遇。
納車は 3 年前ですから、年間 15,000km ほどしか走ってないようです。
そろそろフロントタイヤが坊主の感じ。

行きは閉まっていたので、帰りにターンに寄ることができました。

本来は、サイドマーカーランプのステーを買いに行ったんですが、種類がありすぎたのと、中央の配線ですが、チャイニーズが雑に防水してあるので大きく配線穴が空いていないと都合が悪いのですが、サイズを図ってくるのを忘れたので、結局買いませんでした。
まあ、単純なものなので、作ってもいいかなと思いました。

代わりに買ったのは、台車の左右の側面ウインカーのレンズです。
もともとはオレンジ色のものなんですが、何故か左右でデザインが違う上に、一つはかなりくすんでいて、もう一つは塗料がついて汚れています。

本体もかれこれなんで、同じものは MonotaRO で 1,290円(税別) とお安いので、まるごと交換しようかと思ったのですが、まあ、それも芸がないから、小糸の LED にしようかと思ったんですが、ハイフラになると嫌だし、何よりも高いし、どうしようかなと思っていたら、クリアのレンズにしている人がいて、ターンで探したら売ってました。

2,500 円程したので、微妙っちゃあ微妙ですが。

明日はリフトなど荷物を下ろして、トレーラの修理をしたいと思います。