認定トラクタとは

なんとか愛媛にたどりついています。
積み荷は空気でした。

今治のあたりを走っている時、196 号線ですが、50km/h の下りでボーッとしていたら 80km/h くらい速度が乗っていて、排気で減速をしつつ、2 車線になったので第一車線に寄って 60 — 65km/h に落としきって、どれほども立たない間に景気よく右側を走っていった車がいたんですが、見事ご用なりました。

危ない危ない。

まあ、統計的にいって検挙される可能性は限りなく低い速度ですが、ゼロではありません から、右の車両がいなかったら、お高い青い紙をもらう羽目になったかもしれません。

それはそうと、なんで速度が 60 — 65km/h なのよ、と思うかもしれませんが、自動で走っているときに、5km/h のマージンを与えているので、60km/h だと、55 — 65km/h で走るのです。
だから、何キロだったのかはわからないんですね。

ドライブレコーダーの線を引っこ抜いておいたので、あとで何キロだったのか、確認してみようと思います。

お日待ちも無事にこなせてホット一息です。

さて、海コンシャーシの新規ルートの許可申請ですが、フル積載すると、軸重が 10t を超えるのでダメよと戻ってきました。
車検証には、第五輪荷重は 11.5t になっているんですけど、よく考えると、「軸重」なんですね。

認証トラクタとは

橋梁照査要領に適合するように製造された海上コンテナ用トレーラを牽引する海上コンテナのフル積載への対応を設計段階で考慮して製造された2軸トラクタで、その駆動軸重が11.5トン以下であって、道路運送車両の保安基準第55条の規定により軸重の基準の緩和の適用を受けた車両を指します。

認証トラクタの判別条件1

検証情報の備考欄に次の記載があるか否かが判別基準となります。
・緩和事項コード 005(軸重)及び制限事項コード 067(基準緩和による運行は、国際海上コンテナを輸送するトレーラをけん引する場合に限る)の両方が記載されている。

認証トラクタの判別条件2

・その他検査事項 630(保安基準第4条の2の告示で定めるものに適合)と記載されている。

上記1及び2のいずれかの記載があるものがいわゆる認証トラクタということになります。

車検から引き取ってきたばかりなのに、運輸局に行くことになりそうです。

とりあえず、005, 067 だけ書いてもらうべきか、まな板も緩和を受ける可能性がないとは言えないので、630 も書いてもらうのがいいのか、まあ、時間が取れたら確認して考えようと思います。

車検引取

車検が終わったので、神戸に引き取りに行っていました。

途中、左折の時、初めて通る狭い交差点があって、右に振れないし、右折レーンに車が止まっていて、ギリギリのギリギリだったんですけど、行けたと思ったんですが、こなかで止まったときに、出発前に点検した際に、左の後ろを擦ったあとがありました。。。
当たってはないんでしょうけど、縁石がか何か映らないところが出っ張っていたんですかね。

慎重に運転したいと思います。

味で勝負!?

和歌山に向かっています。
途中雨が降り出して嫌な感じでしたが、なんとか与島に到着です。

16 時ですが、お昼は「味で勝負」の豚太郎です。
味で勝負、、、というか、値段で勝負だと思うんですけど、店によって、味が微妙に違う気がします。

台車の長さにもだいぶ慣れてきて、これくらい広さがあると一発で停められるようになりました。
一応大型枠に下がれるだけ下がっているんですが、ヘッド分まるっと飛び出して大迷惑ですが、まあ、客は自分だけだったんで、いいでしょう、多分。

それはそうと、WiFi バックカメラですが、残念ながら、コンテナの後で USB アダプタを使って 12V に昇圧して使ってみたんですが、ヘッドまで届かないという次元ではなくて、6m くらい離れるとアウトでした。
見通しで 10m くらいかなと思います。
ワイヤードでないと無理だと感じました。

まあ、乗りかかった船なので、往生際悪く、WiFi のアンテナの方を同軸ケーブルで延長してみたら、と思っていますが、まな板で使おうと思います。

コンテナシャーシは、コンテナの方にサラウンドビューシステムをインストールして、画像を WiFi で飛ばすアダプタをコンテナ前部につけたらどうかと思います。

やることが溜まってにっちもさっちもいかないので、そのうちにやりたいと思います。

ノーパンタイヤはむちゃくちゃ重かった件

昨日は暖かいを通り越して暑かったんですが、今日もポカポカ陽気でした。
そういうわけで薪が全く売れません。
なんとも。

それはそうと、フォークリフトのパンクの件です。
先月の 16 日に違和感があって、ビスを踏んでパンクしていることに気づいたわけですが、流石にリフトが使えないままも困るので、悩んだ挙げ句、ヤフオクでリム付き 2 本で 15,000 円というものを落札していたわけです。
白ゴムと悩んだんですが、安さを優先しました。

それで、当初ヤマトで発送すると書いてあったんですが、なんでか西濃で送りました、と連絡があったんですが、なんでかなと思ったら。。。むっちゃ重い!
ゴムの塊だから、まあ、今後はパンクすることはないでしょう。
明日、交換してもらいます。

それと、今日は 5 のつく日なので、マーカーの件ですが、結局 東京マッハ 7 さんで、激光 JB LEDクリスタルハイパワーマーカーホワイト を買いました。

黄色とか、橙色と悩んだんですが、イカ釣り漁船としては、白かなと。

サイドバンパーを作り直すつもりなんですが、この時に、車検に落ちないように、マーカの位置には気をつけたいと思います。
実際のところ、LED バーでかなりの光量があるので、車軸の位置や、路肩の状況は十分に確認できると思うので、マーカはもはや飾りなんで、別に安物でも良かったんですが、しょっちゅう球切れしたりは面倒くさいので、きちんと防水を歌ってあるものにしました。

それで、東京マッハ 7 さんは 10,000 円以上で送料無料なんですが、15,000 円以上で 5% 分ポイントが付くクーポンを貰ったんです。
コンテナシャーシには 6 個必要なんですが、それだと、微妙に 15,000 円に届かないのです。

なんかないかなと思ったら、中間サイドランプスモークレンズ 小糸型 高さ50mm用 を見つけて、まな板はクリアなんですが、あれをスモークにして、コンテナはクリアにしてみようかなとか思って、買ってしまいました。

でも、サイドマーカーはクリアなんですけどね。。。

まあ、この辺、実際に付けてみないとなんともいえませんけど、それ以前に、早くヘッドを板金に出せといわれそうです。

アルミも磨いてないし。。。

というわけで、新兵器をオクで落としました。Makita マキタ 18V マルチツール 本体のみ XMT03Z [並行輸入品] です。
17,450 円 + 送料 800 円 = 18,250 円という微妙な値段です。

米尼だと、最安で約 $100 + $7(税)なのですが、自分で輸入したら $1 = 150 くらい(消費税含む)です。
そうすると、16,050 円になるわけです。

オークションだと、使いみちのないヤフーマネーで支払えるのと、10% 当たっているので、すぐ届く分だけお得かな、ということで落としてみたわけです。

マルチツール自体、Fine の特許が切れた後に BOSCH が発売した初期の製品を持っているのですが、電源が必要なのと、先端アタッチメントの交換にアレンキーが必要なタイプなので、使い勝手が悪いのです。

特に、海コンシャーシの塗装作業をするつもりなので、その時は、電源がありませんから、バッテリーだと重宝するかなと思ったわけです。

アルミを磨く場合、マルチルーツのサンディングパットに フェルトのバフ を取り付けて、ピカールでもで磨けば、ボルト周りなどもきれいに磨けるんじゃないだろうか、と思うわけです。

まあ、やってみてのお楽しみではありますが、多分誰かが試してそうだから、みんカラでもで調べてからにしたほうが良かったんでしょうが、まあ要するに、バッテリーのマルチツールが欲しかった、というわけです。

それにしても、やるべき仕事が貯まる一方なのに、余計なものを買うので、余計な作業を思いついて、全く時間が足りません。
まあ、なんだかんだで、忙しいながらも、楽しく過ごせているので、良しとしたいと思います。

明日は、神社なので、薪割り機の出荷等は金曜日以降に行いたいと思います。

今月 6 回目のパンクです

今日はのんびりです。

昨日持って帰った木くずを下ろして、代わりに木くず。。。というか、まあ、ちょっとあれな状態の木っ端と、薪を積み込んで移動しましたが、到着したら、薪ネットがグズグズになっていたのが裂けていますが、もしかしたら、ちょっと落としたかもしれません。
まあ、もう薪ネットはないんですが、アオリがないので、気をつけないといけません。

木くずを持っていって、代わりに原木をもらってきました。
結構溜まっているので、早く回収して、早く割らないとなんですが、置き場がないので、とにかく出荷してスペースを作らないとどうにもなりません。

コンテナ台車ですが、リーフが折れているということで、アッセンしかないということで、まるっと交換することになりました。
しかし、リーフが折れるなんて初めてです。

それと、MonotaRO のマーカーの件ですが、まな板の左後ろのオクで落としたチャイニーズマーカーが接触が微妙になっていて、ついたりつかなかったりなので、交換してみました。
ついでに、タイヤハウスのところは激光を入れてみたんですが、写真でも全く明るさが違うのはわかると思います。
特に、地面を見れてば、明るさの差は一目瞭然かと思います。
ただ、ミラー越しに見ると、左バックの際に、もう少し明るいほうがいいかなとは思います。

依頼を受けていた角トップですが、なんとか月内に仕上がりました。
オプションだったアイボルトですが、今後は標準にしようと思います。

それはそうと、鉄工所についたら、やたらシューシューいうのですが、サイドウォールが傷んでエアが漏れています。
もちろん、サイドを擦ったりしていません。
まあ、5 年間タイヤを交換していないので、古いっちゃあ古いんですが、走っている時でなくてよかったです。

なんだかんだで、今月、パンクは 6 回目です。

  • ヘッドの右前が石を噛んでワイヤーが出てバースト寸前
  • まな板の 2 軸目右外側タイヤが釘を踏んでパンク
  • ボブキャットが釘を踏んでパンク
  • フォークリフトがネジを踏んでパンク
  • コンテナシャーシ 2 軸目右側外タイヤがエア漏れ
  • 軽四右側後ろがサイドウォール損傷

フォークリフトですが、結局、ヤフオクで黒のノーパンを 2 本 15,000 円で落としました。

明日は朔なのですが、兼務神社の新穀感謝祭もあります。

コンテナシャーシも修理が終わってくるはずなので、引き取ってこようと思いますし、月曜日から天気が崩れるということで、オープントップを開けたままになっているので、シートを掛けておきたいのです。
週明け早々に薪割り機等を引き取りに行きたいので、商品を濡らしたくありませんから。
ただ、一人でシートを掛けられるかは未知数で、無理だったら、天気が回復したタイミングで通関・引き取りにでかけたいと思います。

無事に愛媛に戻ったもののパンクしまくりの件

結局、与島でぐっすりと寝てしまいまして、愛媛に戻ってきたら昼でした。

荷降ろししていると、ちょっと空気が入ってないタイヤを発見。
後ろ(台車)はチューブタイヤです。

フロントですが、ワイヤーが見えている ので、これは完全死亡確定なので、交換しないといけないのですが、都合 2 本、タイヤが駄目になったことになります。

コンテナを下ろして、代わりに薪を積み込みました。

何という部品か知りませんが、空気を送るために繋ぐ部分、あれのゴムが傷んで、エア漏れすることがあるので、ふそうさんに交換に行きました。
台車のブレーキも球切れなので、これも交換。

チューブはダメになっているので、交換です。
タイヤは大丈夫でした。

右フロントは交換して、そうすると、左右で銘柄が違うので、駆動輪を外して、組み直してもらいました。

なんか出費が続きます。

交換が終わったら、もう、真っ暗になっているので、荷降ろしは明日にして、台を切って帰りました。

薪作業は来週から再開するとして、明日は、たまっている雑貨の仕事をボチボチしたいと思います。
がんばります。

美味しいラーメン見つけた♪

なんと朝食は山岡家です。
なんのひねりもなく、ただの塩ラーメンです。
朝食にはさっぱりした塩ラーメンがいいですね!!!

お風呂を借りてさっぱりして出発しようと思ったら、タイヤに石がはまってます。
外してみると。。。ワイヤーが見えてます。
これはやばいので、帰ったら、交換ですね、これ。。。

宇津ノ谷峠の道の駅ですが、スマル亭の後は入ってませんでした。

固縛の確認をしたら、楽縛 が切れて、角あてが落ちそうになっていました。

カゴがゆがんでいるのもあるんですが、ずれなく綺麗には積めないので、カゴは一つづつ角あてをして固縛したほうが良さそうです。
それと、万一ロープが切れると角あてが落ちるので、対策を考えないといけませんね。
「コ」の字型というよりも、「し」というか、「J」というかに曲げたものを挟み込んだ方がいいようにも思います。

それと、ブレーキランプを踏むと北斗七星が輝くスクラップ屋さんの台車。
なかなかおしゃれなデコです。

狭い交差点の右折レーンの海コン屋さんは、ミラーを畳んでくれています。
アホのローリーはミラーを畳んでくれないので、こっちが隣のレーンにはみ出さないとミラーが当たるっての。
こういうちょっとした気配りがありがたいんですね。

ようやく、箱根のエコパーキングです。
これから都内を抜けないといけないんですが、あと少し、無事故でがんばります。
箱根の下り、死なないように VEB+ でノロノロ降りたいと思います。

自動車税の支払いで下手を打った

先月が支払い期限なのは重々わかっていたのですが、通知書が行方不明で、今日、神社の祭日で、朝から座っているのですが雨で暇なので、ダンボール箱に溜まっている書類をかき分けて納付書を探して、ようやく支払いをしたわけです。

今回は、ヤフーの支払いを利用しようと思っていたのですが、いくつか失敗したことがあります。

まず、支払期限の先月 31 日までがキャンペーン期間で、手数料 324 円の一部, 100 円が最低でもポイントで還元されたのですが、これが終わってしまっていました。

それと、相変わらず、ヤフーマネーが使えないということです。
本当に使えるシーンが少なくて不便です。
でも、T ポイントは、期間限定のものも含めて使えたのです。

昨日 5 のつく日だったので、ロハコで買い物をしたのですが、期間限定 T ポイントを消費したかったので、全部ポイントで買い物してしまいました。

ヤフーマネーで支払えば、T ポイントが更に付いたのに、勿体無いことをしました。

セコい話で済みません。

去年も書いたかと思いますが、税額ですが、ヘッドが 20,600 円、台車が積載 16t で 51,000 円です。

セコい話ついでにもう一つセコい話をすると、台車なんですが、もともとは 15,900kg の積載だったんですね。
登録の時にスタンション分軽くなったのでしょう、たった 100kg ですが積載が増えたのですが、この 100kg で 1t 分税金が変わり、4,000 円くらい高くなるんです。

今度の車検では、紛失していたスタンションは作ったわけですから、スタンションを付けた状態で構造変更をして、100kg 積載を減らして節税しようと思いますが、工具無しで着脱できるものは荷物扱いで、無理かもしれませんので、その時は潔く諦めようと思います。

でも、それ以前の問題として、これまたセコい話ですが、自動車税が高すぎるのも問題かなと思うのです。

トヨタの社長さんの話じゃないですが、自動車というものは所有する資産というよりも今後はモビリティというサービスにシフトしていくと思うんです。
そういう意味では、自動車税だの、重量税、という税金は、所有することに対しての税金なので、早急に改めたほうがいいと思うのです。
ロードプライシングであるとか受益に応じて、その分をより公平に負担する仕組みが必要ではないのかと思います。

話は戻って、スタンションといえば、山口県のとても勢いのある林業会社の Forest Fun Club (フォレストファンクラブ) さんが、ExTe のスタンションを導入したようです。
裏山。
今度見学させてもらえたらいいなと思います。

トレーラのリアバンパーが小汚い — ウレタンチューニングを思い出した件

この間のトレーラを後ろから見た時の写真なんですが、リアバンパーが茶色く汚れています。

この汚れ、何なんだろうとずっと思っていたのですが、どうやら、バンパーに空気抜きためか、小さな穴があり、中に水が入るのかわかりませんが、錆びた水がそこから噴出するようで、それで知らない間にこういうふうに小汚くなるようなのです。

リアのバンパーについては、保安上の重要な部品なので、勝手にガスで溶断して、錆びないステンレスやアルミなどの別の素材に交換してはいけないようなので、骨組みはそのままで上からアルミかステンレスの縞板でもで、滑り止めを兼ねて化粧しようかとも思ったんですが、運転手が俺ですからね、左バックは全く見えないし、夜なんか特にヤードで原木だとにガンガンぶつける可能性が極めて高い、というか、面倒くさいから、降りていちいち確認したくないし、ぶつかればわかるからそのほうが楽だし、そういう雑な使い方をしたいから、単車ではなくて、台車が使い捨てられる首振りにしたわけで、金をかけても仕方ないわけです。

そこでふとウレタンチューニングを思い出しました。

理屈としては、水や空気がバンパーの角パイプ内に存在するので錆びるわけですから、穴をリーマーでウレタンのホースが入る程度にまで拡げてウレタンを充填してやれば、ウレタン代の 1,000 円くらいで問題が解決するのではないか、と思うのです。

どうでしょう、この思いつき。

まあ、穴が少々大きくなるのが不細工だとは思うんですが、実際のところ、そこから水がはいることもないし、バンパーなので直射日光がガンガンにあたることもないだろうし、ウレタンがそれでガンガンに劣化してなくなる前に、台車のほうが腐ると思うし、見た目のがきになるといえば気になるので、穴は溶接で塞いで、目立たない内側に別の穴を開けて注入し、そこにはプラスチックのメクラ蓋でもを押し込んでおけば、いいんじゃないかと思うのです。

問題としては、事前に内側のサビをどうにかした方がいいのかということで、とはいえ、内側なので、サビの転換剤(溶液)を流し込んでどうにかするくらいしか思いつかないのですが、正直、安いものではないので、お金のムダの気がするんですよね。
錆びてたちまち穴が空くような薄いものではありませんし、ウレタンで密封するので、サビが進行するための酸素も滞るはずです。

後、サビといえば、シャーシそのものを守りたいし、そちらの手入れをしたほうが良さそうです。

鉄ネダは一部腐食が酷いものがあったんで、これは床板を張り替えるタイミングでやり変えたいと思いますが、それまでにメインのフレームについては、防錆塗装をしたらどうかと思うのです。

車両の大きさからしても、完全にサビを落とす、ということは不可能だし、シャーシブラックにはサビの進行を止めるような能力はないので、こういう防錆を謳った塗装をした方がいいんじゃないかと思います。

ただ、動画で紹介されている商品は、黒がないそうなのです。

たしかに、白とグレーしかありません。
油性で、二度塗りが必要です。
税込 5,173 円で、8m2 塗れることになっています。
ロスやシンナー等を無視して、平米 650 円といったところです。

こちらは黒がありますし、水性、更にエアレス塗装機も使えるので、楽でいいかなと思うわけです。
1m2 あたり、99g なので、1kg だと 10m2 ですから、平米 600 円くらいかかります。

他に何かないかと MonotaRO を散策するわけですが、

を見つけるも、男前ブランドのくせして、鬼のように高いし、シルバーのみ。
施工面積も約 2.4~3.2m2 なので、1,000 円以上、ということになります。

錆プロテクター に対してアドバンテージがあるとすれば、水性であること、あと、油性の上塗りができることくらいでしょうか?

ところで、ローバルのように電気的に防錆性能を発揮するものはどうなのかなと思うのです。
MonotaRO ブランドのスプレーですが、これかなり優秀で、なんせスプレーなのでさっと吹いて、準備も片付けも要りません。
一本 863 円で、1.9m2 塗れるのですから、460 円弱とコストパフォマンスも良好です。
まあ、色が当然ですが、亜鉛の色になりますが。
この場合の問題点は、サビを防止するためには、塗膜がある箇所は塗膜を落とし、素地に亜鉛が密着している状態を作り出さないと効果が得られないということでしょうか。

手間を考えると、サビキラーカラー かなと思います。

バックのランプも暗いので、バンパーを修理する時に LED に付け替えたいと思います。
いい加減、ナッターを買おうと思うんです。
でも、左右で二つも取り付ければいいんで、ちょっとナッターでいいかな。

でも、M6 までしかないんですよね、これ。

工具を買わないで、普通の工具で工夫してやる強者のもいるようです。
まあ、失敗してから、専用工具を買ったらいいので、これはこれでありかもしれませんね。

角トップの天蓋ですが、今は、タップしているのですが、相手が薄いので、ナッターできちんとした方がいいのではと思っています。
また、ベースプレートはいちいちナットを溶接しているので、これもナッターを使えば、工数が削減できます。
それくらい使う予定があるなら買えよと言われそうですが。。。

まあ、バンパーについては、たったふたつだから、ナットなり、ブラケットなりを溶接したほうが早いといえばそりゃそうなんですが、後学のためにナッターを使ってみたいのです。ただそれだけ。

やっぱり薪製造機のエンジンの調子が悪い件

薪製造機のエンジンの調子が悪い件ですが、とりあえず、インラインの燃料フィルタを買って取り付けました。
ホースを買い忘れてしまい、もともとついているコックと入れ替えました。
帰りにホースは買いましたが。

それで、どうもキャブの調子が本格的に悪いようです。
ASSY で交換しようと思いますが、驚いたことに、MonotaRO で売っているじゃありませんか。

ereplacementparts.com で確認した型番 と、キャブ本体の刻印と、ともに一致しているので、間違いないと思いますが、返品不可なのでちょっとリスキー。

それはそうと、エアクリーナーのボックスですが、12mm くらいの内径のホースっぽいものがとりつきそうな突起があり、記憶が確かなら、OHC と書いてあるところの穴に突っ込んであったようななかったような、なんかちょと気になるんですよ。
クリーナーボックスがぶっ壊れた時に紛失したのかもしれませんが。

今日はこれから神戸にいかないとなので、戻ったら、また調べたいと思います。

それと、荷物を積む必要があるので、台車の木くずを掃除をしたんですが、面倒で仕方ありません。

スタンションの穴に詰まっているのを手で引っ張り出したので、皮がすり減って痛いし、これもなんか対策を考えないとなぁと思います。

荷台に簡単に乗ることがえきれば、ボブキャットのバケットで掬ったら楽そうですが、微妙に床板が傷んでいて、ところどころ引っかかるので、削るなりして修理しないとだし、いたんで張り替えるのも面倒なので、たまには防腐剤も塗ったほうが良さそうです。

エアレス塗装機が来たら、塗ってみたいと思います。