予定通り道の駅賤母に到着

なんとか到着しました。
駐車場が広くて、楽に止められて良かったです。

それはそうと、ブレーキシステムの点検表示が出たので、途中、ディーラーさんに入庫しました。
左リアのブレーキパット残量センサー不良ということで、部品代は 2 万くらいかかるということなんですが、今やるとタイヤ脱着などが必要になるので、やるとしても車検の時でいいかなという話になりました。

それで、見てもらってる間暇なので、新型が停まっていたので観察してみました。
ドアミラーはやっぱり微妙ですね。
シュッとしているとは思うんですが、見辛そう。
慣れたらそうでもないということなんですが、かなり左を向かないといけないので、面倒くさいです。

普通のはこんな感じ。

あと、エリマキトカゲも微妙。
サイドも、微妙。

スカニアなんかは、デフォルトでどっちもついてくるんですが、箱を引っ張るならいいんだけど、まな板には、無骨なくらいでちょうどいいかなと思います。

新型が買えるように、頑張って仕事をして、お金を貯めないといけませんね。
でも一体いつのことやら。。。

今日は疲れたのさっさと寝ようと思います。
この時間だとあと 4 時間くらいで着くみたいですが、明日はゆっくりスタートしたいと思いますので、暗くなる前にはたどり着けたらなぁというところです。
ボチボチ頑張ります。

新型スーパーグレート

新型のスーパーグレートで国内初のレベル 2 自動運転に対応したとかしないとか。

1/10 の値段のホンダ N-VAN でも、ほぼ同じ程度の機能はあるようですし、ようやくという気もしないでもないんですが、実際に使えるのは相当限られたシーンになるのではないかと思うんですが、それでも楽にはなるんだろうな、というところです。

MINI にもアダプティブのクルーズコントロール(ACC)機能はあるんですが、これがまたほとんど使い物になりません。
山などでは先行車を見失って、ACC のセットの速度よりも低い速度で走行していたら、ぐんぐん加速して、そうすると車間が詰まりますから、先行車を見つけるんですが、今度は車間を取るために急減速、のようなことになります。

スーパーグレートの Proximity Control Assist がどの程度のものなのか、元々ダイムラーの技術だと思うのですが、乗ったことがないので、とても気になっています。

この機能ですが、渋滞している時とかにものすごく楽かなと思うのと、後は、ある程度の交通量がある時、例えば、今の CC だと、65km/h で走行しているとして、先行しているトラックがきっちり 60km/h だったとすると、この 5km/h というのは、減速して相手の速度を推測して、その速度でセットし直さないといけないし、走りたい速度よりも低いので、追い越し(可能ならば)という選択肢を取りに行くわけですが、2 車線あると、右の一般の車両は 75km/h とか、場合によってはもっと速く流れているので、とうせんぼ状態なるわけです。
特に、高速で 100km/h とか、最近は 110km/h などより速度差がある区間もあるので、お互いがストレスになります。

ただ、問題として、こういう自動運転とまではいかないにしても、安全機能はこのところ急激に進化をしているので、とても高価で長い間使うトラックは、そうそう買い替えできるものでもないし、導入のタイミングがとても難しいと思います。

うちのトラックの場合、新型に買い換えるとすると、2,000 万くらいだそうで、それで何が変わるかというと、トラック(トレーラヘッド)の基本的・根源的なことは何一つ変わりません。

ACC がつくとか、DCT が選べるようになるとか、アドブルーの消費量が今の倍になって代わりに排気ガスが多少綺麗になるとか、ステアリングの制御が精密になるとか、まあ、それがないと仕事にならない、というようなことは何一つありませんから、それに 2,000 万もかけるのか、という話です。
自分が乗っててそうなんですから、経営者からすれば、2,000 万投資して、じゃあ、4,000 万稼いでくれるほどの機能差があるの、ってことになると思うわけです。
そんな具合なので、自分は今の新型がある程度売れ始めて、下取りで程度の良い一つ前の型が出回り始めたら、それに乗り換えようかなと思っています。

それと、側方衝突警報装置についても、義務化になりましたね。

国土交通省は、大型貨物自動車が左折時、自転車と衝突するおそれがある場合に運転者に警報する「側方衝突警報装置」の国際基準を導入して装備を義務付けると発表した。

国土交通省自動車局では、自動車の安全基準について、国際的な整合を図りながら順次、拡充・強化を進めている。今回「側方衝突警報装置に係る協定規則(第151号)」などが国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)で採択されたことを踏まえ、日本も基準を導入する。

車両総重量8トンを超える貨物自動車に、協定規則第151号に規定された技術的要件への適合を義務付ける。

適用時期は、新型車が2022年5月からで、継続生産車が2024年5月からとする。

これに関しては、一度接触をしている身としては、もっと早くに義務化した方が良かったのではないか、という感があります。

でもまあ、なんといったらいいのか、うまく言えませんけど、自転車や原付の方もどうにかしたほうがいいんじゃないかとも思います。
事故というのは、自爆なら別ですが、通常は相手があってのことです。

今でも自転車の逆走、それも幹線道路で、車道を逆走してみたり、バイクが車線を縫うように走ってみたり、横をすりぬけたりと、危険な運転を見ない日はほとんどない状態です。

ミラーが壊れているみたい

昨日も、今日も、ぼちぼち検品したり、梱包したり、片付けをしたりでした。

もう 9 月に入って、多少は涼しくなるのかなと思ったんですが、ガレージというか、倉庫というか、屋根の下でも 30°C オーバーで、ちょっと動いたら汗びっしょりです。
一応 スポットクーラー があるので、多少は楽なんですけどね。
それと、天井もあるし、屋根には太陽電池も載っているしで、普通よりは断熱も良いはずなんです。

今回入荷分のものは、とりあえず、あらかた捌き終わって、検品しつつ梱包して、ラベルを用意したりで、1/2 くらいは処理できた感じですが、8 月は閑古鳥がないていたお店も、ストーブ本体や薪などのお問い合わせをいただくようにもなり、雑貨類も斧が急に売れ始めました。
なんだかんだで秋の気配を感じ始めた人が多い、ということなんでしょうかね。

とりあえず、STORES.jp 店 の薪のセールですが、8 月末までだったのを 9 月末まで延長しておきました。
直販とは価格が異なり、STORES.jp 店 の方が安いこともありますし、高いこともあります。
STORES.jp 店 はあまり細かなことができないので。。。

なお、今現在は、乾燥機の運転が始まっていないため、熱処理品を用意することはできません。
乾燥機は 11 月頃に運転を開始したいと思っていますが、予定は未定のため、9 月末までのセールでは、「熱処理品でないといけない」、という方の予約は受けられませんので、ご理解ください。

それはそうと、ミラーの件です。

多分山にブロワーを忘れてきたんだろうと思うんですが、それを取りに上がった 5 号がミラーが破損してるのを発見しました。

このミラーは、左のドアの下を確認するためのものです。
トラック(中型以上)の助手席側の足元がガラスになっているかと思いますが、左折時に巻き込まないように確認するための窓です。
うちのトラックには、この安全窓がないので、ミラーで確認します。
とはいえ、ほとんど見えないんですけどね。

こういう事故が多いので、一つ前の方でカメラがついて、最新型はセンサーが付きました。

安全に関わるので、状況を確認して、必要な部品を取り寄せて修理しておきたいと思います。

与島まで戻りました

今日は、通関、引き取りを済ませて、与島まで戻ってきました。
晩御飯はまたまたカップラーメンです。

エンジンの警告灯が点くので、ディーラーさんに電話をしたら、入庫できるということなので、点検整備によりました。
そしたら、下取りで入った綺麗なヘッドがあって、見せてもらいました。
ちょっと話を聞いて、この車は予算的に厳しいんですが、定期的に程度の良いものに乗り換えるのがいいんじゃないかなと感じました。
というわけで、ヘッド代を貯めないとなので、少し節約をしていこうと思い、早速いつものこなか(トンカツ)を我慢してみたわけです。
まあ、誤差みたいなもんですが、何事も心がけ次第。
とりあえず、予算を伝えて、440PS のラグジュアリー車(電動シート)が出たら連絡をもらうことにしました。
うちは荷物が軽いので、540PS は燃費が悪くなるだけだと思うので、要らないかなと思います。

香川のパレットですが、積むスペースがなくて、積めても 30 枚くらいなので、今回はそのまま帰ることにします。

明日は、荷下ろし、後、急ぎの商品の納品まではなんとか済ませたいと思います。
後、松山港についているコンテナ 2 本も進めていこうと思います。

荷下ろし・積み込み完了

今日は天気が良くて、コンテナの中は暑くて大変でしたが、荷下ろしと積み込みは終わらせました。

パレットだけで半分以上埋まってしまって、明日、雑貨を積み込んだら、残りのパレットを積むスペースはそれほどなさそうです。
どの道一度では積みきれないし、1 万でパレットを配達してくれるということになったので、来月まで一月以上保管して貰うのも悪いので、好意に甘えてお願いすることにしました。

それはそうと、左折時に左のリアがパイロンに引っかかるので、降りてパイロンを退かせて曲がったんですが、建て直すときってどうするんだろうと思いました。
ここはヤード内なので、バックすることもできるんだけど、コンテナシャーシにはバックカメラはないので、これが実際の交差点なら降りて後方を確認しないと後ろは全くみえないのでバックすることは難しいと思うんです。
カメラは早めにつけたいと思います。

積み込みが終わった後、いろいろ薪のことあれこれ話したんですが、そのことは戻ったら、おいおい別の記事で整理していきたいと思います。

明日は通関、検査、引き取りです。
食品衛生法の申告でミスがあったんで、長引きそうです。
まあ、なんとかなるように頑張ります。

与島到着

与島に到着しました。
まあ、だいたい 4 時間というところです。
今日は、途中で工事の渋滞があったので、少し押した感じですが。

この時間だと、売店も食堂も閉まっているので、カップヌードルと悩んで、シーフードにしました。

少し仮眠を取ったら、出発したいと思います。
ぼちぼち頑張ります。

エリマキ付きの新型

今日は神戸に来ています。
相変わらず寝坊して 10 時前に到着です。

検査だったんですが、前回も検査、しかも開披だったので、今回は書類審査に変更になりました。
午前中、スタートが遅かったので、引き取りが間に合わず、午後イチの予定が、なんだかんだで 2 時まで待たされました。

積み込みの時に、「エグいね」と言われたんですが、あまりに暑くてエグかったです。

通関、引き取りが終わって、前回、入庫できなかったので、整備に来ています。
今回はオイル交換と、エアドライヤー交換、ATF 補充、くらいかな。

それで、えらく派手な鹿な新車がいました。
エリマキが付いています。

気になった点としては、

  • アドブルータンクの位置が随分と高いので、給水が面倒くさそう
  • バッテリー位置が変更
  • エアタンクの形状が変更
  • エアホースの黄色の位置が一番右になっている

というような違いがありますね。

もしかしたら、前期モデルもそうなのかもしれませんけど、あくまでも、自分の車と比べての話です。

この間、シャーシを落としたんですが、その時に、キングピンが当たったんだと思うんですが、バッテリーカバーが軽く壊れたんですが、この型だと、壊れなかったように思います。

あと、ホースも絡まなくていいかなと。

まあ、エリマキについては、見た目がよくなるくらいで、自分の場合は、あまりご利益はなさそう。

いつかは、新型に乗り換えられるように、それなりに頑張ろうという気持ちになりました。
いつまでモチベーションを保っていられるかは謎ですが。
熱中症にならない程度に頑張ります。

Strapack AS-323

毎度のヤフオクです。

おすすめ商品に Strapack AS-323 が表示されました。
徳島で 18 万と 20 万とで売りに出されているんですよ。
パット見とてもきれい。

無在庫転売厨や、古風なところではメーカ直送(単にメーカーにオーダーを入れるだけで中抜きする連中)であるとかでないなら、いわゆるセドラーでさえ、自分で在庫を仕入れて、梱包するなりして、商品化する仕事くらいはしなければいけないわけです。
うちの場合、悪くいえば転売厨ですが、良くいえば小さいながら輸入商社、流通業そのものです。

10% くらい利益を預からせていただきたいところなのですが、一つの商品が仮に 10,000 円だとしても、1,000 円の粗利が残るといいねというレベルで、トラックの維持費だけでも 30 万円くらいはかかるわけですから、将来的にはペイするには 300 ケースは月間梱包しないといけません。
実際には 1,000 円とか、そういう低価格のアイテムもあるわけで、平均すると単価はせいぜい 4,000 – 5,000 円くらいです。

まあ、平たくいうと、維持費は取れていませんから、そんなに梱包していないので、人力でなんとかなっているわけですが。。。
そのうちなんとかしないといけないと思っている部分なんです。

それで、AS-323 がどんな機械かが気になったので youtube を見てみたんですが。。。

なんということでしょう~♪
いろんな梱包マシーンたちが紹介されています。

全自動の梱包機の威力を思い知りました。
まあ、かなりの値段するのと、半自動でもそれほど困っているわけではないので、これはまあいいとしてですよ。

T-55, やばくないですか?

農家のように、同じ大きさのケースばかりを大量に作る場合にはいいのかもしれませんけど、雑貨の場合、多いものでも数十個、AmazonFBA の場合、保管料が発生する(発生しないこともある)ので、売れる文+αで少量づつ、多品目を納品=梱包しないといけませんから、T-55 のようにカートンのサイズに自動で調整して封緘してくれるのはとても楽でよろしいですし、何よりもコンパクトなのがいい。

あとは、小物の梱包用にシュリンカー(シュリンク梱包機)も欲しいんですよ。。。
8,000 円で出てて悩んでます。

まあ、そんなこんなで、萌え萌えしつつ、通関等の書類を作り終えてチェックも終わりました。
夕方には神戸に向かいたいと思います。
せっかく片付きかけた倉庫も、また商品で溢れかえってしまいます。。。
死なない程度に頑張りたいと思います。

それはそうと、その 1。
今お店では Paypal 支払いで 500 円 off というセールをしています。
2,500 円以上のお買い物で、お一人様 1 回、500 円割引となります!

paypal1906

上記コードを入力してください。
クーポンの利用可能期間は、2019/06/10 〜2019/06/24 となっています。

たとえば。。。昨日処分すると言っていた ESPEGARD 薪ネット は割引後は 2,000 円(税・送料込)となります。

大人気のスキレット LODGE L8SK3 や、スクエアグリルパン L8SGP3 は 10% off に加えて 500 円 off で、3,100 円(税・送料込)となります。

ヨドバシ価格は、¥4,750 475ポイント(10%還元) と、¥6,480 648ポイント(10%還元)ですから、ウチとは全く勝負になりません。
米国直輸入で圧倒的な安さを実現しています。
Hearth & Home 暖炉家(だんろや)LOGDE のクッキングウエア、一つよろしくおねがいします。

それはそうと、それ 2。
ETC マイレージ というものを知りました。

特大車の場合、瀬戸大橋の最低の区間、坂出北〜児島でも 4,760 円もするんです。平日割引でです。
距離にすると、たったの 15.9km なんですが、いくらケチでも海の上を走ることはできませんので、ここだけは仕方ありません。
往復になると、4,760 x 2 = 9,520 円ですから、毎回 1,000 円くらいの節約になるようです。
年間で 1 万円ほどでしょうか。

早速登録しようと思ったんですが、ETC 車載器の番号がわからないのです。
パット見たところ、機械には表示されてないので、固定されている面に記載されているんだろうと思うんですが、がっちりくっついていて確認できません。
音声で確認する機能があるものもあるということなんで、あとでいろいろボタンを押してみたいと思います。

知らないと損をすることがいっぱいあるようです。

コンテナ回送 — 桜が咲き始めていました

平日は駐車場に車があるので(元々駐車場の一角を借りています)、トレーラの取り回しに難儀をするので、土曜日なので回送しました。
道路が代わりに混んじゃってましたが。
山を通りたいけど、許可をとっているルートではないので、渋滞しようと、決められたコースを走るしかありません。

本当は朝からやるつもりだったんですが、予報が外れて大雨で、昼からになりました。
除草作業もできず。

お宮に戻ると、参道や駐車場の桜が咲いていました。
普通にソメイヨシノです。
お宮の春の大祭ですが、4 月の第 3 日曜日ですので、それまでは持ちそうにありません。
なので、開花時期の遅い 一才桜(旭山)を植えた んですが、矮小種というのらしいですが、大きくならない代わりにとても成長が遅いのです。
自分が生きている間には、どうにもなりそうにありません。

とりあえず、第 2 ヤードの材料が少なくなっているので、第 1 ヤードから回送しようと思います。
ただ、まな板だと、積める量が 6t 位と少ないので、コンテナに積み替えてまとめて運ぼうと思います。

夕方には、ユニック車の車検ができていたので引き取りに行って、今日は終了です。

明日は午前中は地鎮祭の予定です。
午後からは ミニ を納車してもらおうと思います。

ようやく許可になりました

いきなりですが、二日間だけ、Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を 10% off としました。

シーズンも終わり、薪棚が空いて、補充するシーズンかと思います。
本体値上がり前に思い切って仕入れたので、少し在庫を減らしておきたいと思います。

とはいえ、元の値段が上がっています。
理由は単純明快で、運賃の値上げがあったからなんですが。
本体自体も値上がりしているので、今後値下げすることがなかなか難しくなってくると思いますが、なんとか 30 万は切る値段を堅持したいと思ってはいます。

さて、いよいよ今年度も残りわずかとなったわけですが、車検が 3/30 までというアレな状態で、アメリカ行っていない間にやってもらっていればよかったんですが、すっかり忘れていて、バタバタしています。

その上、軽トラックですが、庭石に当ててパンクした時に、結構強く当たったようで、足回りの修理・調整が必要になって、トラックが 2 台とも使えないのです。

工場の引っ越しもまだ終わってないので、薪仕事の方は、強制休業状態です。

そんなわけで、許可関連の書類のことをやりました。

かわはら薪ストーブ本舗 さんが、新しく北軽井沢にお店をオープンするので、そちらまでどうやって行こうかなと。

とりあえず、六甲アイランドをスタートするとして(六甲まではすでに許可があるため)、43 号線に乗って西宮本町で左折、171 号線で府道 2 号(モノレールの下)を走り、府道 19 号を走って、1 号線に乗ります。
そうすると、大阪トラックステーション(ゆにろーず)の前を通過するので、休憩ができるかもしれません。
大抵は混んでいて、トレーラはとても停められないと思うんですけど。。。
1 号をひた走り、そのまま 8 号に乗れば、グリーンリボンさんの前も走れるんですが、このルートは渋滞するリスクが非常に高いので、却下。
307 号を走ろうと思います。
そうすると、いつもの関東方面行きの時間で走ると、彦根トラックステーションには午前 3 時頃到着できると思うんです。

トラックステーション というのは、主にトラック向けの食事や入浴、所によっては宿泊のサービスを提供している施設です。
利用者が減っているのか、どんどん閉鎖されているんですが、運賃をもらえて高速を走れる業者さんはいいんだろうけど、全ベタで走る自分みたいなのにはなくなるととても困る施設なんですけどね。

二日目は、彦根トラックステーションを出発して、21 号に乗り、19 号に乗り、20 号(新道)に乗り、142 号・新和田トンネル(有料)をとおり、佐久南で乗り、佐久北で降りて 141 号から 18 号、後は、146 号を走るしかないので、それで到着です。
新和田トンネルは、中型でも 720 円、特大車はなんと 1,700円 もするんですよ。
30 分程度なら迂回してもペイするんだけど、旧道はとても大型トレーラは走れないので、仕方ありません。
いつもは茅野から女神湖を経由するんですが、流石にフルサイズのトレーラで大門街道を走るのはどうかと思うのです。

まあ、まずは納品する製品を作りたいと思います。