車検の準備

今日は予定通り、運輸支局に車検の打ち合わせに行ってきました。
結果、諸元表を持って行って、構造変更で車検を受けることになりました。
チップ用の台車の方はかなり面倒くさそうなので、後回しにしようと思います。

帰り際、エアストリームが止まっていました。
これから仕上げるんでしょうかね。
ちょっと短い感じです、いいですね、エアストリーム。
いつかは買えるようになるといいんですが。。。

それで、自動梱包機なんですが、どうも普通のではなくて、お中元なんかで使っていたもののようです。
そういうところから、拾ってきたので、まあそうなんでしょうが、紐がかなり細い感じです。

MonotaRO とかに売っているんでしょうか。。。

急ぐものでもないので、梱包機の型番を調べて、メーカに確認してからにしようと思います。
ダンボールで販売する用の薪を結束するのに使いたいんですが、強度的にどうなのか、ちょっと気になります。

あと、薪乾燥機の部品も届いていました。
なぜか、ナイフが何本も一緒に入っていたんですが。。。
パッキングリストにはなかったです、ナイフは。
おかげで開梱された跡があったんですが、開披検査になったんでしょうか。
まあ、なんにせよ届いたからいいんですが、ナイフは電工ナイフのようでした。

帰りに 1 本、山が少ないタイヤがあるので、遅かれ早かれダメになるので、車検を機会にタイヤを入れ替えました。
スーパーシングルにしたい気もしないでもないんですが、予算というものもあるので。

ほとんどの人にはどうでもいい情報でしょうが、トレーラヘッドのタイヤですが、1 本、5 万円弱です。
全部で 6 本ありますので、まとめて交換しないといけないようなことになると 30 万ほどかかります。
思ったよりも高いですか、それとも安いですか?

3 軸の台車だと、1 軸あたりダブルタイヤだと 4 本ありますから、12 本、60 万かかります。
自分のは 2 軸だけですが、それでも 8 本で 40 万程。

結構、タイヤ代、バカになりません。

スーパーシングルにすると、2 本が 1 本になるので、ランニングコストは下がるのですが、最初にホイルを買わないといけないのである程度距離を乗る人でないとペイしません。
なので、自分の場合ペイするのは難しそうですし、ボルボに適合するサイズをブリジストンはまだ作ってないそうですので、そのうちに、サイズが出て、価格等がこなれてきたタイミングで、考えたいと思います。

そんなこんなで、戻った後は、出荷のための検品と梱包作業をしたんですが、夕方まで雨が止まなかったので、今日は発送はできませんでした。

どうでもいい話ですが、うちの弟一家がテレビに出てました。
弟のところの長女、姪っ子が今年成人するので、成人式の取材でした。

それで、オイオイと思ったのは、お宮の手伝いをしている的に放送されてたんですけどね、確かに手伝いはしてくれているんですけど、年に数日なんですよ。
あの映像を見ると、しょっちゅう手伝ってくれているように見えるし、年に一度手伝うか、手伝わないか、という弟もバッチリ映ってました。
別にテレビに出たかったわけではないんですが、美味しいところを持っていかれたような気がする今日この頃です。

しかし、例の破れかけの提灯、さすがプロが撮って気を使って編集してくれていて、ボロいところは見事にカットされていました。ただまあ、植木の手入れが間に合ってないところはバッチリ写っていて、常日頃からちゃんとやっておかないといけないなと反省しております。

明日は、午前中はどんど焼きと月次祭です。
午後から、今日の続きで、発送作業を進めたいと思います。

認証トラクタ again

今日の午前中は天気が微妙な予報で、9 時くらいまで寝てしまいました。

久しぶにのんびりしたんですが、ルミナスのレンジ台 を組み立てて、カラーレーザープリンタを設置しました。
ちょっと事務部屋(というよりもかなり物置)もすっきりとした感じです。

そして、車検のことを思い出しました。
そう、トラクタの車検のタイミングなのです。

そういえば、配達に行くとか言っていなかったかとツッコミが入りそうですが、配達するものがないので、配達は延期しようと思うのですが、車検は延期できないのでした。

車検ですから、認証トラクタ の件が再燃するわけです。

で、結局よくわからないので、運輸局に電話したんですが、整備課ではなくて、検査の担当と話してということになったのですが、検査中はダメだから、昼休みか、終業後に話してほしいということになりました。

チップトレーラの件もあるんで、一旦行った方が良さそうです。

午後からは。。。品切れしている L9OG3 や、在庫が少なくなってしまっている L8SK3 の梱包と出荷をしようと思っていたのですが、実は風邪を引いたくさいのです。
なので、薬局に買い物に行って、そのままずっと寝ていました。
半分死んでいたら、5 号が七草がゆを作ってくれて、とりあえず、少々復活してブログを書いています。

明日には完全復活して、ちゃんと出荷作業をしないとと思うところではありますが、こればっかりは、具合次第なのでなんとも。
まあ、もともと頑張れない性格なので、気が向いたら、仕事をしようと思いますけど、記憶が確かなら、12 月からしっかりと休んだ記憶がないので、たまには何もしない期間、というものもあってもいいんじゃないかと思うのです。

9 日から庭師さんが神社の松の剪定に入ってくれることになっているのと、10 日はお日待ちがあるので、だらだら休めるのも明日までですが。

やることは一向に減っていないので、調子が悪い時でもできることをこなしていこうとは思います。

それと、これまた個人的な忘備録ですが。。。

薪乾燥機のブレーカーユニットにくっついている AX-11 についてです。
動作について問い合わせたところ回答がありました。

About getting the kiln running.

The blue wire is connected to x5 on the PLC
If the branch circuit breaker is tripped, then 24VDC power is sent to x5 and tell it that there is a problem.
To test:
– disconnect blue wire from Branch circuit breaker, so no error signal can go to PLC.
– Then test AMP rating on each phase when the main fan is running.

branch circuit breaker is tripped, ブレーカーが落ちた状態、つまり、小さな窓が緑色になっている場合、x5 (PLC) に 24VDC(マニュアルには、24VAC という記述があるけど、おそらく誤植)が送られ、異常を知らせる、ということのようです。

解決策(場当たり的)については、その下に書いてある通り、配線を外したら通電しなくなるので、正常と x5 を誤認識させることができますが、当然、ブレーカーが落ちても、そのことを x5 が知ることはできないわけです。

リミットスイッチを使用して、ブレーカーが落ちた時、その落ちたブレーカーのノブ(?)がリミットスイッチを入れるようにすれば、同じことはできますけど、そんな小細工をしなくても、交換用の部品が送られているそうなので、それを待つ方が良いと思います。

それで、ブレーカーユニットの破損の理由についてですが、特に明確な答えはなかったので、新しいユニットが届いたとしても、また壊れてしまうリスクが排除できません。
なので、test AMP rating on each phase when the main fan is running, 実際にどのくらい電流が流れるのか、調べてみる必要があります。

モータの仕様については、240V だけではなく、208V にも対応しているということで、15HP = 11kW なので、11kW / 0.2kV = 55A Max ということになりますから、60A で足りないことはないのかしら、と思うところではあります。

それで、もともとこのシステムは 60m3 程の薪を乾燥させる用にデザインされているんですが、敷地の都合的に 30m3 のサイズに縮小しているので、メインファンの能力が過大である訳です。
ファンブレードはピッチが可変なので、調整して負荷を合わせて下げてることも提案されました。

当然、一番電気を食うファンの負荷が下がれば時間当たりのランニングコストも低下します。
ただ、それで乾燥にかかる時間伸びれば、意味がありませんで、この部分はセンシティブな要素かなと思います。

X-TRACK

MAN の Hydro Drive, Daimler の HAD など、前輪を油圧で駆動する仕組みがあることは知っていたんですが、VOLVO や Scania は北欧なんで、雪で滑らないのか、と思うんですが、そういうシステムが用意されているのは聞いたことがなかったんです。

たまたまサジェストされた動画で知ったんですが、VOLVO の場合、X-TRACK というようです。

INCREASED DRIVE-AWAY TRACTION
Terberg X-Track provides increased drive-away traction and consists of a hydraulic wheel drive mounted on a standard Volvo front axle. The system provides front-wheel drive at speeds of up to 20 km/h. The system is designed for heavy-duty use and can be installed on new vehicles or retrofitted. The benefit of hydraulic wheel drive is enhanced grip on the road, while the cab remains easy to access.

後付けみたいです。

今度の新型からは、クローラーギヤや DCT も選べるみたいなんですが、現実的には 舗装をしたり、鉄板養生した方が安上がり ではないかと思いますが、どれくらいの費用でインストールできるものなのか、とても気になります。

というのも、借りている土場とか、未舗装なので、雨が降るとドロドロになって埋まってしまいます。
今日も雨で、年末までに明け渡さないといけないので、明日も運びたいと思っているんですが、ちょっと埋まらないか心配なのです。
一人だと、埋まるとどうにもならなくなるので。

今年も残すところ本当にあとわずかですが、なんとか年内に片付け終えたいと思います。

またまた高知の安全整備さんに行ってきました

今日は昼に部品が届くということだったので、昼過ぎに電話をしたら、「朝直しましたよ、丸栄さんには電話したんですけど」ということでしたが、野暮用がいろいろあって、結局引き取りは夕方になってしまいましたが、またまた高知まで行ってきました。
というか、朝直るなら、高知で一泊すればよかった感じですが、まあ後の祭りです。

で、一難去ってまた一難というか、今度は冷却水漏れがあるということで、リビルド品でも部品は 18 万はかかる、ということです。
VOLOVOLO って、バッチを付け替えたらと思っちゃいます。
まあ、今は冬なので、それほど熱くならないのではと思うのですが、早めになんとかしたいと思います。

なんだかんだで結構壊れて、結構修理しているように思うので、このまま 100 万キロ乗って、乗りつぶした方がいいかなと感じています。

帰りに前々から気になっていたレストラン高知に寄りました。
親子カツ丼を頼みました。
なかなか美味しかったですが、量は少なめ。

〒781-2154 高知県高岡郡日高村岩目地713<br />
 
レストラン高知
〒781-2154 高知県高岡郡日高村岩目地713

隣の草屋根の雑貨屋さんも気になっていたんですが、残念ながら営業時間外でした。

今日は疲れたのでさっさと寝たいと思います。

明日から乾燥機のテストを始めたいと思います。

朝、乾燥機の立ち上げをやって、安定するまでに原木の荷下ろしを済ませて、まな板を退かせてから、海コンシャーシを引き取ってきて、コンテナを積み込んで、コンテナに薪を積みたいと思います。
夕方、コンテナはお宮に持って帰りたいと思います。
それで原木をやりくりできるようになるのではと思うのです。
年内に原木は片付けしてまわないといけないのです。

ボチボチ頑張ります。

高知の安全整備さんに行ってきました

ヘッドのパワステオイルがダダ漏れの件、その後です。

結局、応急でどうにかなるような状態ではない、ということで神戸まで走るのは怖すぎるので、最寄りの高知の安全整備さんで修理してもらえることになりました。

見ての通り、配管のジョイント部分からダダ漏れですが、締めておいたので、補充して出発して、それでなんとかたどり着けましたが、部品は明日にならないと届かないので、代車で戻ってきました。
片道 3 時間ちょっと、丸っと 1 日かかってしまいました。

それはそうと、台車の点検方法のビデオがありました。
知っている人には、あまりに当たり前のことなんでしょうが、日常の点検に役立てたいと思います。

TrueNorth TN20 出荷

今日は神社でした。
お参りが比較的多くてちょっと疲れてしまい、戻ってストーブを点けたら、うとうと寝落ちしてしまいました。

表題の TrueNorth TN20 ですが、在庫の残り 1 台の嫁ぎ先が決まり、神社が終わった後、出荷に出かけてきました。

いつも通り、ガラスなどに破損がないことを確認後、ラップで軽く保護して、運送会社に持ち込みました。

その前に、乾燥機の組み立て具合を見に寄ったんですが、今日は電気工事をしたようでした。

ただ、キュービクルのメインスイッチ(ブレーカー)が落とされたまま、電気屋さんが帰ってしまったようですが、電源を入れて欲しいというのを伝えられなかったようです。

電源を入れて、システムが無事に立ち上がりました。

どの程度の騒音が発生するのか気になっていたので、メインファン等を手動で始動して見たんですが、思ったよりもうるさくはないと感じました。

それと、ヘッドの件ですが、結局、高知の工場に明日入庫することになりました。
ただ、即日修理というわけにはいかないので、預けて一旦帰ることになりそうです。
修理が終わらないことには、二進も三進もいかないのですが、神戸の引き取りも遅れに遅れているので、早々になんとかしたいところです。
まあ、なるようにしかならないとは思いますが。

明日、明後日は雨のようなので、溜まっている内職を片付けてしまいたいと思います。

もう 15 日なので

今日はもう 15 日ですね。
12 月も半分終わって、今年も残すところわずかとなりました。

15 日なので、神社の巡回ですが、今年は紅葉と落葉が少し遅い気がします。
ブロワーで清掃して回ったのですが、途中で油が切れてしまいました。。。

ブロワーといえば、マキタの 36V のブロワーを輸入しているんですが、実はまだ引き取りに行けていません。
というのもの、台車が車検だったのです。
これは、先週の土曜日に終わっています。

あと、ヘッドのパワステオイルがダダ漏れになっているのもあるんですが、高圧ホースから漏れていてどうにもならない(交換して修理するしかない)ということで、それまでは足しながら走ってということです。
愛媛にはボルボトラックのディーラー、整備工場はないので、最寄りの高知か、香川まで部品を手配しておいてもらい、日帰りで修理に行こうと思います。
土曜日に台車の車検の完了と一緒に連絡があったので、神戸のディーラーさんに連絡したんですが、休みっぽくて、明日、月曜日に連絡をして、火曜日以降に修理に出かけようと思います。

修理が終わったら、配達と通関・引き取りに出かけたいと思います。

原木の引き取りも年内に済ませないといけませんし、乾燥機の試運転ももう直ぐ始まるし、死なない程度に頑張ります。

キャプテンスタッグの電池フイゴがボロすぎて泣けてくる件

前々から調子が悪かったのですが、キャプテンスタッグの電池フイゴがついに回らなくなって、というか、全く回らないわけではなくて、回らない確率が使用に耐えないほど高くなったというかなんというか、使い物にならないので新しいのを買ってきました。

新品のはずなんですが。。。
なんと、最初からガラガラ異音がしていて、壊れるまで秒読みか、というような状態です。
高いものではないんですが、一応 700 円ほど(税別)していますし、100 均なら 100 円か、せいぜい 150 円くらいの商品ではないのかと思うようなクオリティです。

あまりにもボロいので、facebook で他にいいものがないのか尋ねてみたところ、横着せずに竹でやれという、あまりに当たり前のツッコミが入るわけですが、まあ、無精者なので、ちょっとでも楽をしたいわけで、キャプテンスタッグの良いところは、アッシュリップの上に置くとちょうどいい高さで風が送れて、しばらく送風すると火が回って、早めにストーブのドアを閉じて絞っても大丈夫になるって部分なんですが、マキタの 18V のブロワーで最高に絞ってやればそれなりに使えるという話もあるので、竹よりはマシな気がするのでとりあえず試してみようとは思います。
ただまあ、自立して手放しというわけにはいかないのが残念なところ。

他には、デキる男向けの商品も紹介していただきました。

単三電池 4 個だそうですが、2 年支えているということで、電池の持ちも良いようです。
ただ、鉄パイプ部分がちょっと短い、というのが難点とか。
自分的には、この形状だとそのままでは手で持って風を送り続けなければいけなくなりそうなので、なんか適当なレンガか何かで台を作ってその上に据えないといけないかなと思います。

今日の作業ですが、午前中は LODGE 製品の出荷作業をやりました。
その後、乾燥機の組み立てにちょっとだけ顔を出して、ヘッドのパワステオイルがダダ漏れの件の応急修理に工場まで持って行って、夕方はお札の配達をして終了です。
まあ、あまり仕事は片付きませんが、コツコツやっていくしかないですね。

年末もどんどん近づいてきて、お正月の準備だとか、まだほとんど手付かずなので、先が思いやられます。
毎年なんとかなっているので、今年もなんとかなるでしょう。
忙しすぎて抜き差しならないぬ状態といえば、そうかもしれないので、問い合わせをしたのに、連絡をしたのに、無視されているという方は、たいてい忘れていますので、催促をお願いいたいます。

明日は、カナダ便の A/N が届いていたので、そっちの処理をしつつ、乾燥機の方も進めていきたいと思います。

パワステオイルがダダ漏れになった件

今朝は寒かったようです。
コンテナのシートに溜まった雨水が凍っていました。

原木を運ぼうと思って山に向かっていると、やたらステアリングが調子が悪いので確認すると、パワステオイルがダダ漏れになっていました。

以前から少し漏れる症状があったので、もうすぐ車検なので、その時に預けて、修理してもらう予定だったんですが。。。

ポンプから漏れているかもということでしたが、ジョイント部分から漏れているようです。

日曜で工場がやっていないので、仕方ないので街にオイルを買いに行って足して凌ぎました。

そんなこんなで、午前中はまるっと潰れてしまいました。

ほぼ山についていたので、とりあえず、積むだけ積んで帰りました。
どんぶり勘定ですが、10t くらいかなと思います。

前回とで 20t くらいは持って帰ったので、乾燥機のテストには十分かなと思いますが、置き場は年内しか訶梨帝なので、早めに片付けたいと思います。

予定通り道の駅賤母に到着

なんとか到着しました。
駐車場が広くて、楽に止められて良かったです。

それはそうと、ブレーキシステムの点検表示が出たので、途中、ディーラーさんに入庫しました。
左リアのブレーキパット残量センサー不良ということで、部品代は 2 万くらいかかるということなんですが、今やるとタイヤ脱着などが必要になるので、やるとしても車検の時でいいかなという話になりました。

それで、見てもらってる間暇なので、新型が停まっていたので観察してみました。
ドアミラーはやっぱり微妙ですね。
シュッとしているとは思うんですが、見辛そう。
慣れたらそうでもないということなんですが、かなり左を向かないといけないので、面倒くさいです。

普通のはこんな感じ。

あと、エリマキトカゲも微妙。
サイドも、微妙。

スカニアなんかは、デフォルトでどっちもついてくるんですが、箱を引っ張るならいいんだけど、まな板には、無骨なくらいでちょうどいいかなと思います。

新型が買えるように、頑張って仕事をして、お金を貯めないといけませんね。
でも一体いつのことやら。。。

今日は疲れたのさっさと寝ようと思います。
この時間だとあと 4 時間くらいで着くみたいですが、明日はゆっくりスタートしたいと思いますので、暗くなる前にはたどり着けたらなぁというところです。
ボチボチ頑張ります。