関東まで薪を運んで採算はとれますかと聞かれた件

ようやく許可が降りて配達をしてみたわけですが、事前に考えたことと、実際にやってみたことで幾つか食い違いが出てきていますが、今回、どうだったのか、ということについて整理してみたいと思います。

まず、事前には、32 カゴ積めると計算していたのですが、実際には、24 カゴしか積めませんでした。
今回、一つひっくり返してしまい、固縛の都合上、奇数にはできないので、22 カゴの積載です。

つまり、400kg x 22 = 8.8t、つまり、10t も運べていないということです。
恐ろしく輸送の効率が悪いので、ここは早急に見直しと対策を検討しなければなりません。

時間的には、行きに 2 日、配達に 1 日、戻ってくるのに 2 日かかりました。
配達は、小運搬のため、小型のユニック車をリースし、二人で作業(自分はトレーラを運転するので、ユニックの運転手が別途必要)しました。
積み込み作業にも 2 人で 4 時間、つまり 1 人役かかっています。
よって、7 人役もかかっています。
自分の人件費は当面は無視するとしても、掛かるもは掛かるので、遅かれ早かれ問題になるでしょう。

出発時の燃料残量が 50L, 戻った時が 160L, 給油した量が 625L なので、515L 使用しました。
走行距離は、1863km だったので、燃費は 3.62km/L で、どんぶり勘定ですが 94 円/L くらいなので、燃料代は 48,410 円といったところです。
まあ、AdBlue も消費しているので 50,000 円くらいでしょうか。

ユニックのリースと燃料で 25,000 円くらい。

橋の通行料(坂出北〜児島)が、行きは土日だったので 7,140 円、帰りが平日で 4,760 円 で、合計で 11,900 円です。

人件費(食費等)とトレーラ自体の損料を無視して、だいたい 8.7 万ですから、1t あたり 10,000 円、1kg あたり 10 円かかっていますね。

というわけで、まともに計算すると、20 円以上は軽くかかっていると思うのですが、まあ、基本的に趣味でやっていることなので、自分の人件費や、トレーラ自体の運転も趣味なので、そこのところでみみっちいことをいうのはやめようと思います。

手伝いの日当などは自分のことではないので支払いが必要ですから、そういう意味では、24 カゴ積載することで 1kg 10 円で関東まで運べるのではと思います。

あとは、積み込みやカゴ詰めの手間をどうするのか、あと、カゴ自体にコストがかかってしまう問題があります。

これについては、最終的にはバラ積みしかないと思っています。
この間買った大豆運搬車のような箱に、直接、薪を積み込み、配達先で直接下ろすわけです。

例えば、このようなシステムを使えば、海コンにてんこ盛りの薪を一度に運べ、ヘッド側には PTO やハイリフトカプラなどの特別な装備が不要で、ダンプアップしないので、横転のリスクも低くていいのではと思うわけです。

コンテナが通常の高さだとし、エンジン分で 2m 食っているとしても、10m x 2.35m x 2.35m = 約 55m3 積めますので、がさつに積んだ分、空隙率が 50% としても、22.5m3 x 0.8t = 18t 積載できるので、今の倍の輸送効率になり、単位重量あたりの運賃が半分くらいになるわけです。

海コンのシャーシも年式的に新しく 100 程度、40′ コンテナも 30 — 40 程度の価値があるため、100 程度が荷降ろし装置の価値、ということになるわけですが、PTO を後付するだけでも数十万掛かるので、お金があればすぐにでも導入したいところですが、連結長でいえば、15m を超えると思うので、この車で進入でき、かつ、押出排出して薪を受け入れられるお客さんがどれほどいるのか、という致命的な問題があるわけです。
なんで、導入できるとしても、関東に自分の薪配送拠点を構え、拠点間での移動、という運用になるのではと思います。
まあ、とらぬ狸のなんとやらですね。

目下最大の問題は、メッシュパレットを全部使ってしまったことです。
来月の再配達までに納品したメッシュパレットが空けばいいんですが、空かないなら買うか、何らかの対策を考えねばなりません。

まな板台車でアオリがないし、アオリがあっても流石にフレコンを 2 段積みってのは恐ろしいので、やはりメッシュで配達するしかないのですが。。。

そもそも論として、商品の値段は市場が決めるのですから、いくらかかっているのだからいくら、という値付けができるのなら、そんな楽なことはありません。
市場の決めた価格に見買うコストで生産し、納品し、結果を出していくしかありません。
まあ、誰かに強制されてやっていることではありません。
自分でやると決めてやっていることですから、ボチボチがんばります。

今のところの予定ですが、次回の薪の配達は 10/21(土)を予定しています。
この時までには、注文品の JØTUL F500 も入荷していると思うので、おまかせ便での配達も合わせて行いたいと思います。

それと、コンテナも持って帰ったので、乾燥庫をづくりにも挑戦していきたいと思います。

やはりツイてなかったようです

今朝はターンに寄りました。

というのも、夜走るとリアのタイヤの位置とかがわかりづらくて危ないんで、なんとかならないものかと思ったんですけど、サイドマーカーの裏につけて地面を照らす LED が売っていたので、試しに買ってみました。

よかったらキャンターにもつけたいので、12/24V 共用のちょっといいやつを買いました。

球の数が少なくて、向きが調整できないものは、980 円だったので、そっちでもよかったんですが、それは 24V 専用だったのです。

めずらしく明るいうちに香川に着いたので、香の香に行こうと思ったんですが、なんと、定休日でした。
なんかツイてないと思ってたんですが、やはり、ツイてなかったようです。

仕方ないとかいうと怒られそうですが、新しくできて駐車場の広い将八というところに行ってみました。

こんなことを言うと失礼かもしれませんけど、まあ、香川のうどん屋でまずいところのほうが珍しいと思うので、そういう意味では、不味くはありません。

ただ、写真の内容で 470 円はちょっと高い。

何店舗かあるので、そこそこなんだろうと思いますし、麺はいいし、ボリュームもいいんだけど、出汁が薄い。
この辺は好みの問題ですが、個人的には、香の香がいい。

まあ、そんなこんなで、微妙に思いつつも、おニャー様の餌がないので、急いで愛媛に戻りました。

まだコンテナは降ろしてないのですが、明日、祭典が終わったら、荷降ろししたいと思います。

亀山まで戻ってきました

今朝は朝 3 時くらいに出発して、7 時過ぎに箱根峠に到着、仮眠を取りました。
2 時間と思ったんですが、二度寝して、10 時過ぎに出発。

その時に、擬装したスパーグレートを発見しました。
ツーデフのヘッドですね。
その後ろに、ちょっと見えてますが、ダンプもいました。
荷台にはウエイトを積んでいました。
なんかパソコンで作業をしていたのでデータを取っていたようです。

二度寝のせいでもあるんですが、カーナビアプリをトラックというトラック用のを使い始めたんですが、このアプリ、予定時間がかなりきつめに出る傾向があります。

コンテナの引取に間に合わない雰囲気の表示になったので、朝も、昼も食べずに、ひたすら走って、四日市に 16 時過ぎについて、ようやく安心して、まぐろレストランです。
ちなみに 1,000 円の豪快丼。

コンテナはなんとか積み込んで、今しがた亀山 TS につきました。

明日、薪割り機の引取の予定でしたが、船が今日入港する、午前中はまだ接岸もしてない、とか言う始末で、どれだけ急いでも明日の夕方引き渡しということで、通関(というよりも検査)が無理なので、出直そうと思います。

福島のパレットの引取は、延期にしてもらったんですが、そんなことなら、そっちを引き取ればよかった。。。

まあ、ちょっとちょっとついてないので、気をつけたいと思います。

薪の配達に無事に関東に到着したというか何というか台風の被害

台風一過、気持ちのいい天気でしたね。
昼間で、明日の荷降ろしの準備などをして、4 時間ほど、昼寝をしました。

無事に到着したような、なんというか、微妙です。

昨日は、結局、朝 6 時に、瀬戸大橋の与島を朝 6 時に出発してから、今朝の朝の 5 時まで 23 時間ほどで 700km あまり走りました。

朝ごはんを 11 時に別所で食べて、晩御飯の前に亀山 TS でお風呂に入ったごはんを食べるつもりが、祝祭日は 14 — 17 時は食堂が休みで、30 分程で 17 時になったんですが、まぐろレストランに行くことにしたら、こっちは、防水のゲートが閉まってて行くことができない始末。

くそしばチャンネルで横綱ラーメンのことをいっていたので、行こうと決意するも、山岡家と違って明らかにトラックガン無視の駐車場に、一般のお客さんの車がいっぱいで、断念。
で、山岡家という気分にはならず。

仕方ないので名古屋 TS 行くかと思って、念のため調べてもらうと、休み。。。

そうこうしていると、大型対応すき家 7km 先的な看板を発見するも、この看板、前回も騙された(店はすでに存在しない)ことを思い出して、ショボーンと走っていると、長島で大型が停められる吉牛を発見、18 時に「昼飯」にありつけました。
当然、定期券を出して、80 円引きで食べたのはいうまでもありません。

クーポンを使う、そして、釣り銭が切りが良いように小銭を出して調整するキモいおっさんがここにいます。
つかさ、580 円の会計なら、1,080 円とか、1,130 円とか、最悪でも 1,100 円出すでしょ、普通?

晩御飯は、安定の宇津ノ谷峠上りのスマル亭。

台風に追いつかれた感を持ちながらも、ボチボチ走って箱根峠で仮眠を取ろうかと思ったんですが、寝ている間に雨がガンガン降って、箱根新道通行止めになると悲惨かなと思いまして。

こんな具合に。

というわけで、その先、休憩が取れなさそうだったんですが、我慢して、箱根新道を下りました。

猛烈な雨風出前が見えないし、乗用車が張り付いたりして、ヒヤヒヤもんでしたが、排気 3 段 MAX で、迷惑でしょうが、制限速度で亀になって下りました。

そう、リターダーついてないんですよ、VOLVO VEB とかいうのがついていて、エンブレで十分とかいって。
リターダーついているのに乗ったことないんで、あれがどれくらい効いているのかよくわからないんですけど。

その後、エッソ 茅ヶ崎海岸SSの前を通ると、軽油 90 円の表示を発見。
寄りました。

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

プリカ 89 円、カードだと 92 円で、スピードパスを車に積んだままだったので、取りに戻ろうとしたら、猛烈な雨風でずぶ濡れになりそうで、あきらめて 92 円で入れたんですが、車に乗り込もうとしたら、風でドアを持って行かれて、写真のとおりヒンジがぶっ壊れたわけですよ。

ちょっと安く油が入れられたんですが、修理代で大損ですね。

その後、東京ゲートブリッジを超えた若洲海浜公園あたりで仮眠を取ろうと思っていたんですが、東京ゲートブリッジが通行止めのためやむなく(以下自粛)。
というわけで、仮眠を取れず。。。結局、龍ケ崎まで走りました。

エア漏れ件のですが、とりあえず、ゴムの修理できちんと直っているっぽいです。

明日の薪の小運搬、明後日以降の引き取り、愛媛までの戻り、そして、22 日の祭典、頑張りたいと思います。

原木運搬の続きとエアがだだ漏れになった件

今朝は 8 時スタートで、台車は新ヤードに置きっぱなしだったので、取りに行ったんですが、抜け道が起伏が激しいので、燃料をケチりたくて平坦な道を走ったら渋滞にハマったので、時間も燃料もロスしてしまった残念な一日のスタートでした。
ヘッドだけなので、山を抜ければよかった。

とりあえず、昨日の続きで、2 台分運びました。

2 台目を積み終えたあたりで小雨が降り出して、濡れた丸太は滑って危ないんだよなぁなどと思いながらも、クロックスです。
ちなみに、クロックスの色にもこだわりがあって、ターコイズブルーというか、正式にはピーコックグリーンなんですが、自分の道具の色なんですよ。
まあ、めんどくさいときは、コベルコの色で塗っちゃいますけど。

あと、10t 程度積み残してしまったんですが、どうもコントロール側のエアが漏れているようで、ブレーキを踏むとシューシューいって圧力が下がってしまい、危ないのです。

帰りにふそうさんに持っていたんですが、やはりコントロール側がダダ漏れで、即入院です。
まあ、そろそろ漏れる気配は感じていたのですが、供給側でなくてよかったです。
ヘッド側の部品はすでに買って積んであったりするんで、必要なら交換しもらおうと思います。

ていうか、農協大豆號は供給側が微妙に漏れるんで、そっちの修理も必要といえば、必要ではあるんですが。

連休、お宮が終わったら即配達で上京しようと思っていたんですが台風が来ているみたいなんで、どうしたものか考えあぐねています。

エア漏れの修理の件も、当然ですが、直らないと危なくて走れません。

22 日は、お宮の修繕が終わったので、その奉告のための祭典が入っているので、それまでには戻らないといけません。
特大車になるので、絶対に高速には乗りたくありません、というよりも、無許可なので乗れませんので、そうなると、行きに 24 時間、帰りに 24 時間かかります。
流石に 24 時間連続で運転するわけには行きませんので、12 時間づつ走っても、4 日間はかかります。
納品は、トレーラー進入不可なので、4t ユニック車をレンタルして小運搬する予定ですが、丸 1 日かかると思いますし、ロールボックスパレットの引取は無理としても、樹脂の T11 パレットと、20′ 海コンは絶対に積んで帰らねばなりません。
となると、16 日の夜か、17 日の早朝に出発しないと、22 日に戻ってこられそうにありません。
その時はその時で、トレーラを置いて、飛行機で往復しようと思います。
事故を起こすよりはマシです。

このタイミングを外すと、秋祭りの準備などがあって、長く空けられないのです。

神戸に依頼されている薪割り機が届く予定もあるのですが、こっちはまだ A/N が届いていません。
明日くらいには届くと思うんですが、その通関などの準備も、出発前に済ませておきたいと思います。

まあ、ボチボチがんばります。

新しい薪ヤード

考えなしに停めた台車ですが、引っ張り出すのに 3 時間もかかってしまいました。
ボブキャットのフォークアタッチは壊れました。
結局のところ、また、お隣さんに助けてもらったのでした。
学習能力がないようです。

そんなこんなで、昼から、新しいヤードに原木を運びました。
無性にカップヌードルが食べたくなったんですが、BIG を買うあたり、痩せる気があるんだか、ないんだか、ついつい量の割に安いので、でかいのを買ってしまうんですよね。

2 往復くらいしたかったんですが、1 回で終了です。

明日はもうちょっと頑張ろうと思います。

やる気になると雨。。。

ウッドバッグを積んでみました。

8 個 x 2 列は流石に無理としても、7 個は行けると思ったんですが、6 個でした。
一つ 400kg だとすると、12 個だから、たったの 4.8t しかないんですよ。

なんてこったい。

メッシュパレットも積んでみました。

W 1,200mm x D 1,000mm なので、2 列積めると思ったんだけど、積めません。

仕方がないので、1,200 + 1,000 という積み方をしましたが、ものすごく丁寧に積んだら、1,200 の 2 列で行けるのか、それとも無理なのか、そこんところが気になります。
仮に積めたとしても、長い距離を走る過程で振動だとかで、荷崩れしたら大変です。
荷台はフラットで全く引っかかりがないので、滑って落ちたらクレーンもついていないので、修正することも出来ませんから、当面は、1,000 x 2 列でないと怖いかなと思いました。

そうすると、1,200 x n < 8,600 ということになり、7 枚 x 2 列 x 2 段 = 28 パレット積載、ということになります。

一つ 400kg, 風体 60kg なので、製品自体重さは 11.2t、都合 12.88t ということですね。

燃費が 3km/L として、走行距離を 2,100km とすると、軽油 700L 消費します。
1L 100 円(含む AdBlue 消費分)として、70,000 円。
経験則上、車の損耗を無視しても、エンジンオイル・タイヤ等のメンテナンス費用が燃料と同等かかかります。
瀬戸大橋の通行料は、平日の割引を受けたとしても、4,760 円かかりますから、まあ、丼でいえば、10,000 円。
よって、車両の損料と人件費を一切無視して、150,000 円程度の輸送コストがかかるので、1t あたり 13,400 円程度の運賃、ということになってしまいますね。
まあ、人件費と車両の損料は、帰りに必要な資材を調達して、極力空で走らないことで回収するしかありません。

一つだけ確かなことは、せっかくトレーラなので、単車と大して変わらない重量で走ったんでは意味が無いということです。
意味が無いというよりも、むしろ、タイヤの本数的にも、頭が 6 本、尻が 8 本で 14 本もあるし、その分、転がり抵抗もあり、4 軸 = 特大料金なので、極めて不経済です。

まあ、タイヤに関しては、まだもぎ取れるか定かではありませんが、農協アルミ箱號にバリ山のタイヤがついているので、あれを使い回せば、1 本 4 万と言われるコストを劇的に下げられるわけで、今後もバスなどのバリ山中古タイヤをオクで探して調達して、タイヤコスを絞り込めば、1t あたり 10,000 円くらいでは運行できるんじゃないかと思うのです。
どこまで絞っても 80,000 円はかかるわけですから、積載 11.2t なら、110,000 円でやるなら、メンテナンスコストを 30,000 円に抑える必要があります。

取らぬ狸の皮算用というやつでしょうが。

まずはやってみて、それから問題点を洗い出し、ひとつづつ対策をしていこうと思いますし、より近い場所で、うちの薪を販売してくれるパートナーを増やしていく必要がありそうです。

で、今日は昼から原木回収の続きをしようかと思ったのです。

ただ、戻ってきたら 14 時で、お腹がすいたので、北京飯店でご飯を食べて、山に戻ったら 15 時で、しんどいので 30 分昼寝をし、チェンソーオイルを補給して、さてやるかと思って山についたら、途端に本降りですよ。

メッシュパレットの薪も台切りしただけで積んだままですし、予報をちゃんと見て予定を立てないと駄目ですね。

明日も雨なら、原木を取りに行きたいと思うのですが、それには、メッシュパレットを降ろさないといけないし、それよりもなによりも、整地したばかりのところが広いからと停めたんですが、おそらく雨が降ったあとに入るとスタックして出られなくなる可能性が極めて高いので、無理はしないでおこうと思います。

エンジンシステムエラーの修理はしたものの薪の配達は延期

不調の原因はハーネスの被覆が傷んたことによる誤作動ということで、部品代だけでも 5 万くらいするとかなんとか。。。
高いけど仕方ないです。

これで、ボロ坊がボル坊に戻りました。多分。

厳密に言うと、時々発生するライトシステムのエラーの原因がついに特定されて、リバースに入れた時にバックのライトがついたりつかなかったりすることがある、ということが判明して、これはアセンブリ交換のみで 2 万コース、ということで、たちまち問題があるわけではないので、車検時に先延ばしです。
ブローバイのホースもヘタっているので、これも車検時に交換かなと。

あと、エアホースが少し劣化してきていると感じるので、予備のホースを買って、積んでおくことにしました。

今のところはそんな感じです。

特車の通行許可はおりたんですが、制限外積載のほうがまだです。

そういう事情で、ヘッド単体で行ったので、愛媛まで徹夜で戻ってきました。

とりあえず、そんなこんなで薪の配達は延期となりました。

今日は、ヤードの片付けをしました。

配達に行くつもりだったので、積んであったんですが、日程を調整することになるので、濡れないように薪入りのカゴをハウスに仕舞いました。

それと、今年の春割った薪ですが、新しく UV カットのシートを使ったカバーを掛けていたのですが、ことごとく破れてしまい、また、もう雑草が生い茂ってすごいことになっているので、一旦、整地を兼ねて草の処理をしました。

山に原木も取りに行かないといけないのですが、持って帰っても置くところがないので、そのための場所づくりも兼ねています。

明日も、ぼちぼち頑張ろうと思います。

入院なう

夜通し走って、今しがた到着です。

インジェクターが一つだめっぽい。
あと、油温センサもだめっぽい。

修理中。。。

果たしておいくら万円かかるんでしょうかね。

それはそうと、カッコイイのがいっぱいいますね。

踊り場が一つなくなっているのですが、カッコイイのを作りたい感じ。
あと、サイドマーカーもつけたい感じ。

それと、物入れの裏に、輪止めが収納できるようになっていますが、これはいい感じ。

あと、キャンピングカー屋さんだと思うのですが、ライトトレーラーのヒッチがついています。
5th wheel は引っ張らないのかな?
まあ、日本では、ピックアップ自体が流行らない感じですし、正直、見たことないです。

時間も掛かりそうなので、モザイクにでも買い物に行ってみようかなとか思うんですが、思いっきり作業服で来てしまった。。。
はてさてどうしたものか。