薪の配達完了

薪の配達は無事に完了しました。
予定よりも 1 日押しています。

当初は、

  • 21 日 午前までに積み込み、午後 3 時頃出発(コンテナトレーラ)、翌日早朝和歌山到着
  • 22 日 荷降ろし、午後神戸へ 夕刻までに CFS にて貨物確認後、食品衛生法届け出
  • 23 日 通関、積み込み、(検査)、愛媛に向けて出発
  • 24 日 正午頃、愛媛着
  • 25 日 荷降ろし

という予定だったんですが、出発の午後 3 時が午後 8 時と 5 時間押した上に、サインをせがまれたりで、この調子だと、25 日の正午ごろ愛媛着の見込みです。

しんどいだろうと思うんですが、夕方、修理して引き取ってある子供神輿の組み立てと、夜には新年会があるんですが、まあ、なんとか頑張りたいと思います。

それで、今回の気づいた事項です。

まず、シートですが、前日、中が蒸れて結露していると、寒い時期は凍結して、シートが固くなるし、重たくなる、という問題がありました。

昔のことを思い出したのですが、こういうシートは劣化してくると低温時に硬いときに曲げたりすると裂けるということを経験しているので、コンテナ内部を換気して湿気を排出しておいたり、シートをめくる前に、小型のカセットガスのストーブ等で加温するくらいの一手間をかけたらどうかと思いました。
一番いいのは、昼間暖かい時間にすることでしょうが。

それと、そもそもの話なんですが、ユニックでいちいち吊らなくても、2 段重ねたままフォークリフトで取り出せればよい、という話でもあるかなと思うのです。

配達の際に 2 段積んで、もちろん、固縛はしっかりしたそうなんですが、それで崩れることはなかった、鉄帯でもでしっかりと締めておけば、荷降ろしの手間を半減でき、かつ、シートをめくる必要がなくなるのではないか、と思うのです。
帰ったら、実験してみたいと思います。

荷降ろしは 12 時半前に終わって、神戸についたら 15 時半といったところでした。

検疫所で書類を受け取り、税関に申告に行ったんですが、検疫所からもらった書類に不備があった上、税関に提出する書類にも不備があり、検疫所の書類は修正してもらいに出向く羽目になり、申告自体、時間的に無理になったので、明日の朝一で申告をしたいと思います。

貨物の量的には、10m3 以上あるので、開披検査だけは勘弁してもらいたいところですが、前回は大型 X 線, 前々回は書類審査のみ、という具合なので、そろそろ開披にあたる予感がする今日このごろです。

最近ツイている(憑いている?)ので、この予感が当たりそうで怖いんですが。。。

明日もボチボチ頑張って、帰りはコナカでとんかつにしようと思います。

なんとか到着したものの真っ暗です

薪の配達ですが、なんとか到着しました。

無事にと言いたいところですが、人気者過ぎて白いバイク野郎にサインをせがまれて青い紙と振込用紙をもらってしまいました。
信号赤でしたよ、気づいてますか、と言われたんだけど、気づいたら止まってるし、そもそも論として、確認してサインしてと言われたんですけど、何をどう確認するんだか。
まあ、おまわりさんがそういうんだからそうなんだと思います。
後でドラレコをみてみようと思って、メモリカードを差し替えておきました。

今日はやたら捕まってる人がいたんですが、なんかあったんでしょうかね。

12,000 円もお国に寄付しないといけないようですが、事故よりはマシ、というふうに前向きに考えたいと思います。
記憶が確かなら捕まるのは四半世紀ぶりくらいです。

自分でいうのもなんだけど、安全運転だなー、なんて思ってて、これです。

どの道、荷降ろしできる時間には到着できなさそうだったので、先に六甲に寄って、検疫所と税関に書類を出しておきました。

それはそうと、今日は別所に停めることができました。
サービスランチ 750 円+たまご 60 円。

上りはちょっと駐車場が広めなので停められる確率が高い気がします。

それと、下りですが、トレーラー枠と思っていたところが、実はトレーラー枠でないことが判明。。。
もうちょっと、停められるところ整備してほしいと思いました。

明日もボチボチがんばります。

薪の配達と食品衛生法届け出・通関・検査後の引取の段取り等

今日は家祓いでした。

昼からは新年会があって、飲めるようにわざわざ迎えに来てくださっているので、ありがたく飲ませていただいたわけですが、もともと飲めない体質なので、ヘロヘロ気味で、午後は仕事にはなりませんでした。
たまにはそういう日もあってもいいと思いたいところですが、大祭準備が滞っているので頑張りたいと思います。

20 日大祭後のアバウト過ぎる予定として、次のように書いたわけですが、

  • 21 日 午前までに積み込み、午後 3 時頃出発(コンテナトレーラ)、翌日早朝和歌山到着
  • 22 日 荷降ろし、午後神戸へ 夕刻までに CFS にて貨物確認後、食品衛生法届け出
  • 23 日 通関、積み込み、(検査)、愛媛に向けて出発
  • 24 日 正午頃、愛媛着
  • 25 日 荷降ろし
  • 26 日 神社祭日
  • 27 日 検品・梱包
  • 28 — 29 日 千葉県納品へ(4t ユニック)
  • 30 日 千葉県納品
  • 31 日 富山県納品
  • 1 日 三重県納品
  • 2 日 山口県納品
  • 3 日 愛媛着

週明けそうそうなので、検疫所に提出する書類作りや、税関に提出書類づくりを予め済ませておいて、22 日に提出したいところです。

それで、明日は金曜日なので、やることが目白押しです。

大祭の寄付金のお願いをして回らないといけないのですが、午前中、ブレイブ(Brave) 20t 往復式 の引き取り(組み立て含む)があります。
説明しながらなので、大体 2 時間程度かかります。

それと、21 日の積み込みに備えるのもありますが、お宮駐車場の台車がおまつりのときには邪魔なので、これも移動しておきたいと思います。

今回ですが、貨物の量が 10m3 超と少し多めなのですが、LCL なのでばら積みしてあるので、積込みだけで 1 時間くらい掛かりそうな気がしないでもありません。

長らくおまたせしている ブレイブ(Brave)社の 20t がまとめて入荷する他、24t も 2 台、前から引き合いが強かった(個人的にはオーバースペックとも思っていますが)37t も 2 台入荷します。

今月末から来月頭にかけて配達して回りたいと思います。

それはそうと、認定トラクタ の件です。

結論を書くと、この件、もともと運輸局と話をしていて、車検はいつも自分でやっていたので、「次の車検でやりましょう」ということにしていたのをすっかり忘れて、板金等で長く預けているうちに年末になってしまい、ディーラーさんに全部おまかせして普通に車検をとってしまったので、構造変更になるので、車検が飛ぶから来年ね、ということです。

薪を積んだのでは、おそらく 23t 積むことはないと思うんですよ。
前後に 10 袋、左右に 2 袋、つまり 20 袋で @400kg なので、1 段で 8t しかありません。
つまり、2 段積んでも 16t で、3 段は物理的に無理なのです。

9’6″ のコンテナは、スタートが CY でないと許可が降りないそうですし、オープントップなので、天井を外して、制限外積載の許可が出れば、3 段積めるとは思いますが、そこまで無理をすることもないかなとも思うのです。

次の車検では忘れないように構造変更したいと思います。

認定トラクタとは

なんとか愛媛にたどりついています。
積み荷は空気でした。

今治のあたりを走っている時、196 号線ですが、50km/h の下りでボーッとしていたら 80km/h くらい速度が乗っていて、排気で減速をしつつ、2 車線になったので第一車線に寄って 60 — 65km/h に落としきって、どれほども立たない間に景気よく右側を走っていった車がいたんですが、見事ご用なりました。

危ない危ない。

まあ、統計的にいって検挙される可能性は限りなく低い速度ですが、ゼロではありません から、右の車両がいなかったら、お高い青い紙をもらう羽目になったかもしれません。

それはそうと、なんで速度が 60 — 65km/h なのよ、と思うかもしれませんが、自動で走っているときに、5km/h のマージンを与えているので、60km/h だと、55 — 65km/h で走るのです。
だから、何キロだったのかはわからないんですね。

ドライブレコーダーの線を引っこ抜いておいたので、あとで何キロだったのか、確認してみようと思います。

お日待ちも無事にこなせてホット一息です。

さて、海コンシャーシの新規ルートの許可申請ですが、フル積載すると、軸重が 10t を超えるのでダメよと戻ってきました。
車検証には、第五輪荷重は 11.5t になっているんですけど、よく考えると、「軸重」なんですね。

認証トラクタとは

橋梁照査要領に適合するように製造された海上コンテナ用トレーラを牽引する海上コンテナのフル積載への対応を設計段階で考慮して製造された2軸トラクタで、その駆動軸重が11.5トン以下であって、道路運送車両の保安基準第55条の規定により軸重の基準の緩和の適用を受けた車両を指します。

認証トラクタの判別条件1

検証情報の備考欄に次の記載があるか否かが判別基準となります。
・緩和事項コード 005(軸重)及び制限事項コード 067(基準緩和による運行は、国際海上コンテナを輸送するトレーラをけん引する場合に限る)の両方が記載されている。

認証トラクタの判別条件2

・その他検査事項 630(保安基準第4条の2の告示で定めるものに適合)と記載されている。

上記1及び2のいずれかの記載があるものがいわゆる認証トラクタということになります。

車検から引き取ってきたばかりなのに、運輸局に行くことになりそうです。

とりあえず、005, 067 だけ書いてもらうべきか、まな板も緩和を受ける可能性がないとは言えないので、630 も書いてもらうのがいいのか、まあ、時間が取れたら確認して考えようと思います。

車検引取

車検が終わったので、神戸に引き取りに行っていました。

途中、左折の時、初めて通る狭い交差点があって、右に振れないし、右折レーンに車が止まっていて、ギリギリのギリギリだったんですけど、行けたと思ったんですが、こなかで止まったときに、出発前に点検した際に、左の後ろを擦ったあとがありました。。。
当たってはないんでしょうけど、縁石がか何か映らないところが出っ張っていたんですかね。

慎重に運転したいと思います。

原木の入荷

去年末に連絡があって、40t ほど出るんだけど、ということだった原木が配達されてきました。
クヌギ・コナラがメインかと思ったんですが、かなりごちゃまぜでした。
選別するのも大変なので、ミックスとしてしか出荷できなさそうです。

ミックスの場合の最大の問題は、うちは容積ではなく、容積と重量を保証しているのですが、クヌギ・コナラを前提としているため、重量が規定になるようにすると容積がばらつき、容積が規定になるようにすると重量がばらつく、ということです。
なので、容積売りするしかないかなと思います。

まだ、原木が少し残っているのと、山にも残っているし、年末に伐採したものもあるので、そろそろ割り始めたいところですが、それ以前に、出荷がまともにできていません。

昨日は 6 袋, 400kg 入なので、2.4t 程、選別・小割・ブラッシングができたんですが、なんとか 1, 2 月で粗方出荷できたらなと思うところです。

とりあえず、ヒンジでは選別するのが大変なので、ユンボを回送して、片付けたいと思います。

ヘッドの車検と修理の件ですが、とりあえず、ある程度のところまで仕上がって、今日から引き取れるようになっているので、薪割り機の配達は諦めて、夜行の高速バスで引き取りに行こうと思います。

A/N も届いて、11 日から引き取り可能、ということなんですが、お宮の仕事の都合でどうにもならないため、せっかく神戸にいくつでに食品衛生法の届け出と、申告前にパッキングリストを提出して、税番などを確認してもらって、次回、通関がすんなり行くように段取りしておこうかなと思います。

薪の生産が追いついていない件

薪の生産ですが、選別、小割、そして最後の工程のブラッシングで時間がかかっていて、生産スピードが今ひとつ上がっていない状態が続いています。

このところ天候が不安定で、せっかくブラッシングして通気バッグに詰めた薪ですが、雨に濡れてしまうことが多かったので、この間見つけた 大型のポリ袋 で養生しています。
耐候性や耐摩耗性については未知数ですが、厚みとしては 0.05mm あり、今までの農ポリで作った袋と同等でありながら、価格が 200 円しないので、気軽に利用できるので、とても楽になりました。
以前は、袋に加工するのはかなり大変 でしたので。

新しい工場も建方も終わり、だいぶ外観が見えてきました。
完成すると屋根があり、土間もコンクリートになるので、生産性が格段に向上するのではと期待しています。
木くずなんかも清掃しやすくなると思いますし。

秋祭りの時に傷んでいた神輿の床机を頼んでいたのも、新しく出来上がってきたので、持って帰ります。
今年のことが今年のうちになんとか片付いていきますが、薪は年をまたぎますね。

それはそうと、自家用に薪ネットで乾燥させていたものですが、半分放置状態なんですが、コロ薪が大量に発生しているし、これらの置き場がなくて困っています。
もともと薪の乾燥に薪ボイラーを使う予定だったのですが、チップになったために不要になったのです。
これらを販売するか、ちょっと悩んでいます。

実は、昨日、試乗にいってきました。

ジムニーがかれこれで、次の乗用車をなんとかしないといけません。
新型にしようかと思ったんですが、軽にしてはあまりに高い。
軽じゃなくて、ジムニーだといわれそうですが。

大きな車は好きでないし、ディーゼルもあるので、MINI にしようかと思っています。
まあ、MINI も驚くほど高いんですが。。。

ガソリン車には DCT が追加になって、乗ってみたんですが、スムーズで変速を感じません。
シフト操作が電子式でとても軽いのが印象的です。

ディーゼルの 2L に乗ったんですが、こちらは、まあトルコンなのもあるし、エンジン自体がガラガラと存在感を発揮していました。
ガソリンに比べてトルクが厚いのがはっきりと分かります。
ただ、ガソリンと比べると、どうしても騒音や振動、また、シフトレバーなんかも物理的にガチャガチャやるので、DCT を知っていると、垢抜けない感じはします。
ランニングコストが全く違うので、ディーゼルなら、たくさん乗るんじゃなかと思うのです。

MINI については、今週の金曜日までに決めてくれ、という話になったんですが、新車にするなら、好きな色で欲しいオプションを付けたいわけで、在庫の中から選ぶってのはどうか、という気持ちもあるんですよね。
正直、多少のサービスがあっても、もともとが高いのですから、気に入って買う車であって、経済的に妥協して乗る車ではありませんから。

そんなわけで、VOLVO の XC40 も気になっています。
ただ、ちょっと車幅が気になるのと、ガソリンしかないので、ランニングコストも掛かりそう。
あと、MINI は飽きが来ない気がするんですが、こっちは 5 年経つと陳腐化しそうです。

乗用車なんて、車検の時に動かすために、まずバッテリーを充電するところから初めて、洗車しないと真っ白出前が見えない、ってな状態だったので、そこはあまり気にしなくていいような気もしないでもないのですが。

まあ、そんなことを思いつつも、今日ディーラーさんから電話があって、車検時に交換をおすすめされた部品で、リア足回りはあらかた交換したほうが良いようなのですが、その部分だけで 50 万くらいは掛かりそうということでした。
走行性能や安全に関わることなので、しっかりと全部交換して整備してくださいとお願いしましたが、今回は掛かりそうです。
そういうこともあって、車検に時間がかかることになり、今週中には仕上がってこないことが確定しました。
22 日は星祭があり、それ以降は、お正月の準備のため、身動きがとれないので、年が明けてからの引取の予定となってしまいました。

20t の薪割り機も、書類の不手際で積み込みがスキップされていて、1 月の半ば〜後半、今積み込みの準備をしているのですが、本船が確定してスケジュールが見えないとなんともいえないのですが、1/20 に神社の大祭があるので、いずれにしてもそれが済んでからの話になりそうです。

もう一台 15t については在庫があるので、単体での納品は時間的にロスが大きすぎるので、車検が終わって引き取りのタイミングか、それまでにはそうさせていただくか、どちらかで検討しないといけないくなりました。

カナダ便については、今日 D/O を受け取り、明日デバンということで、明後日、通関・検査・引取の予定です。

今月 6 回目のパンクです

今日はのんびりです。

昨日持って帰った木くずを下ろして、代わりに木くず。。。というか、まあ、ちょっとあれな状態の木っ端と、薪を積み込んで移動しましたが、到着したら、薪ネットがグズグズになっていたのが裂けていますが、もしかしたら、ちょっと落としたかもしれません。
まあ、もう薪ネットはないんですが、アオリがないので、気をつけないといけません。

木くずを持っていって、代わりに原木をもらってきました。
結構溜まっているので、早く回収して、早く割らないとなんですが、置き場がないので、とにかく出荷してスペースを作らないとどうにもなりません。

コンテナ台車ですが、リーフが折れているということで、アッセンしかないということで、まるっと交換することになりました。
しかし、リーフが折れるなんて初めてです。

それと、MonotaRO のマーカーの件ですが、まな板の左後ろのオクで落としたチャイニーズマーカーが接触が微妙になっていて、ついたりつかなかったりなので、交換してみました。
ついでに、タイヤハウスのところは激光を入れてみたんですが、写真でも全く明るさが違うのはわかると思います。
特に、地面を見れてば、明るさの差は一目瞭然かと思います。
ただ、ミラー越しに見ると、左バックの際に、もう少し明るいほうがいいかなとは思います。

依頼を受けていた角トップですが、なんとか月内に仕上がりました。
オプションだったアイボルトですが、今後は標準にしようと思います。

それはそうと、鉄工所についたら、やたらシューシューいうのですが、サイドウォールが傷んでエアが漏れています。
もちろん、サイドを擦ったりしていません。
まあ、5 年間タイヤを交換していないので、古いっちゃあ古いんですが、走っている時でなくてよかったです。

なんだかんだで、今月、パンクは 6 回目です。

  • ヘッドの右前が石を噛んでワイヤーが出てバースト寸前
  • まな板の 2 軸目右外側タイヤが釘を踏んでパンク
  • ボブキャットが釘を踏んでパンク
  • フォークリフトがネジを踏んでパンク
  • コンテナシャーシ 2 軸目右側外タイヤがエア漏れ
  • 軽四右側後ろがサイドウォール損傷

フォークリフトですが、結局、ヤフオクで黒のノーパンを 2 本 15,000 円で落としました。

明日は朔なのですが、兼務神社の新穀感謝祭もあります。

コンテナシャーシも修理が終わってくるはずなので、引き取ってこようと思いますし、月曜日から天気が崩れるということで、オープントップを開けたままになっているので、シートを掛けておきたいのです。
週明け早々に薪割り機等を引き取りに行きたいので、商品を濡らしたくありませんから。
ただ、一人でシートを掛けられるかは未知数で、無理だったら、天気が回復したタイミングで通関・引き取りにでかけたいと思います。

ボチボチ上京しています

出発が遅れた上に、途中で眠くて、寝てしまったので、お昼にようやうかいやにつくような状態です。

相変わらず、カキフライを頼みました。

気のせいか、コンテナが高く見えるので、高さを調べました。
123cm なので、コンテナ自体は 8’6″ なので約 260cm, 合計で 383cm なので、3cm 高いですね。
エアサスを上げすぎているようです。

途中で、薪ストーブの配達もあります。
頑張って、千葉までたどり着きたいと思います。

今度は田んぼに落ちた件

無事に愛媛にたどり着きました、という写真です。
台を切ってさあ帰ろうかと思ったら、バザーのことを忘れていたのです。

邪魔になるので、引っ張って帰ることにしたんですが、田んぼの中の一本道、なぜか車が突っ込んでくるじゃないですか。。。
え、俺にバックしろと。。。

確か後ろにテントのホネがあったよなぁ、頭振って伸ばさないと見えない左後ろで踏む頃合いだな。。。、ボトンであります。

引っ張ろうにも重機がないので、レッカー屋さんのお世話なりました。

いや、これは完全に自分の凡ミスです。
先日、ゴールデン免許返納の左コーナー接触事故を起こし、気をつけていたたつもりでこれです。
免許自体を返納して、心配だから、もう大型には乗らないで欲しいといわれたりもしたんですが、運転手さんを雇えるほどの荷物はまだないんです。
ここ何十年も、接触だの、こういうしょぼいのも含めて事故を起こしたことはなかったんです。
記憶にあるのは、15 年くらい前に追突されたこと、その前は、接触で、20 年くらい前に大型トラックが右に車線変更してきてロードスターが中央分離帯とタイヤの間に挟まれた(クラクションは鳴らしたものの。。。)というような感じです。しかしまあ、立て続けというかなんというか。

このところの出来事を時系列的に遡ると

  • 田んぼに落ちる
  • コンテナの積み込みで一日待たされる(けど、積んでもらえただけ良かった)
  • 左コーナー接触
  • iPhone 全損
  • MacBook 故障
  • 台車の修理代 150 万
  • パワステオイル漏れ, キャブサスエア漏れ, キャブチルト機構オイル漏れ
  • パンク 2 本

他にもなんかあったような。。。

まあ、横着せずにテントの骨を片付けろということですよ。
結局片付けないと出られないので片付けましたが。

しかし、ここまで続くと、不気味です。

お隣のお宮の息子さんが、自分の一つ上なんですが、先日亡くなりました。
T さんも亡くなりました。
自分の場合は、そこまでではないですが、本当に、人生何があるかわかったもんじゃないです。

スケジュールが恐ろしくタイトになってきているので、トラブっている場合じゃないので、こういう時こそ落ち着いて、きちきちこなしていかないとと思うところです。

それで、カナダ便の話ですが、今日連絡があり、松山 13 日の予定です。

13 日入港、14 日に通関できるのかどうか、というところですが、15 日までには通関・引取を済ませたいところです。
そうすれば、16 日の上京に合わせて、倉庫に納品をすることができますし、それまでに発送もできると、段取りとしては最高によろしいんですが。
現状、まだ A/N が来ていない状態なので、もう少し確定した段階で、関係の方々にはお知らせをしたいと思います。

状況の準備といえば、配達用の薪のパッキングの進捗率もいまいちですし、月曜日には引き取りがあるので、2 つ減りますし、今のところ、進捗率 50% というところですので、なんとかしないといけません。
それ以前に、初めてオープントップに積み込むのですが、これもすんなり行くのかどうか。

今回は、薪割り機の納品もあるので、忘れずに積み込まないといけません。
オイルフィルターの注文を頂いたので、取り付けをしないないです。
エンジンオイルを切らしているので、これは買ってきたんですが、夜やろうかと思ったんですが、ヘロヘロなので、怪我をしそうなのでやめておこうと思います。

それと F400 の問い合わせがあったので、それも積むようなら通関ができれば積めますが、そうでないなら、配送になりますからかなりの金額、運賃を支出することになり、もったいないです。
それでも、18 日の配達はずらせないので、そのスケジュールでどうにかしたいところです。

まあ、いつ通関できるか、です。

やることがたまりすぎて気が狂いそうですが、

  • 水路鉄板養生
  • 11/10 バザーの駐車場確保のため、メッシュパレット薪・ピザ薪一旦引き取り
  • 30cm 薪 400kg 配達(連絡まだ)
  • 11/12 800kg 薪引取
  • 11/14 コンテナおろし
  • 通関書類づくり
  • カナダ便通関、予約品発送、雑貨は納品のため検品してロールボックス詰め
  • 11/15 月次祭, 車庫証明引取, 登録
  • 雑貨類 コンテナ積み込み
  • 薪割り機組み立て・試運転 コンテナ積み込み
  • メッシュパレット入薪 24カゴ, 通気フレコンピザ薪 5t 積み込み
  • 11/16 祭日, 15:00 出発, 28:00 亀山着 仮眠
  • 11/17 9:00 亀山発 23:00 ヤード着, 仮眠
  • 11/18 9:00 F45 引取
  • 11/18 10:00 薪割り機 引取
  • メッシュパレット入薪 配達
  • 11/19 林業機械展、その後、エリーゼ車検
  • 11/20 ピザ薪 配達, 雑貨納品
  • 11/21 ヘッド修理
  • 11/22 神戸港 通関・検査・引取
  • 11/23 新穀感謝祭準備
  • 11/24 新穀感謝祭 その 1
  • 11/25 新穀感謝祭 その 2
  • 11/26 祭日

無理すぎる気がしてきました。。。

それと、24t 分、道が凍る前に配達に行きたいし。。。
今日カットした薪割り機類が 12 月半ばに神戸に届くと思うので、行きは薪を積んでいき、帰りに通関して帰る日程が良さげです。
ボチボチでは追いつかないので、気合を入れて取り掛からないとです。

さて、留守にしていたので、雑貨の出荷をして、おニャー様のお世話をして、今日はヘロヘロなのでさっさと寝たいと思います。