ボルボと何が違うのか

今日は、予報では午後から晴れる予定だったんです。

それで、週末は高知・宿毛まで薪の配達に足を伸ばすので、モニュメントとして展示していた薪を回収してきました。
シート養生していたのですが、やはり側面などが濡れて、どうしても傷んでしまいます。
そういうわけで、規格外の薪をサービスで持っていきたいと思います。

回収が終わったところ、予報が外れて降り出してしまったので、早々に退散して、代車を修理に持っていくことにしました。
昨日ふそうさんに行ったときに面倒を見てくれるという話になったので。
仮ナンバーを借りて持っていったんですが、台車が 3m 長くなると、かなり運転が大変になりますね。
久しぶりに乗りましたが、引っ掛けそうになりました。
まあ、すぐに慣れるとは思いますが。

それで表題の話です。

いつかはスカニアに乗りたいのですが、S450 の写真を友人に送ったところ「ボルボと何が違うのか」と言われてしまったわけです。
確かに、興味がない人には、トラックは全部おなじに見えるんでしょうね。

それで、ベンツのアクトロスですが、ついにミラーレスになりましたね。
乗用車では少々遅れてレクサスがミラーレスになりましたが。

ボルボは元々左はミラーとカメラが併用だったんですが、個人的に気になるのは、山でミラーが枝やなんかに引っかかって傷んだら、いったいいくらかかるのか、ということです。

今日も雨だったわけですが、竹など雨に濡れると垂れ下がってきて、普通だと干渉しなくても、ヘッドはハイルーフなので、干渉してしまいます。

ただ、ミラーレスになると、ギヤやウインカーと連動して、写す範囲を調整してくれたり、将来的には、人やバイクなどを巻き込みそうになった場合に、ブレーキを掛けつつ、ミラーにも対象物が警告とともに表示されたり、というようなアシスト機能は比較的早くリリースされるじゃないかと思ったりもします。

左バック(右ハンドルの場合)は殆ど見えないので、台車の折れ角に応じして、見える範囲を調整してくれたり、後ろの軸を中心になるように表示してくれたり、夜などは赤外線でも撮影してくれたりすると、とても便利かなと思いました。

まあ、今の調子で仕事をしていたのでは、免許返納のほうが早く来そうですから、もう少し、薪屋さんも頑張っていきたいと思います。

神戸・六甲アイランドの高潮被害

神戸に来ています。

ちょっと寝てしまって、到着したら 14 時過ぎていました。

まず、トレーラヘッドのステアリングに違和感があるので、ディーラーさんに入庫しました。
予想通り、パワステオイルが減っていたので足してもらったんですが、ステアリングのロッドにも少々ガタがある、ということで異音がすることもあるので、しばらく様子を見て、異音に対しては改善がないようなら、車検時に交換しようと思います。
ただ、部品で 7 万くらいするようなので、悩みどころです。

今日はピカピカの新車が止まっていたんですが、いいですね。
来年にはマイナーチェンジがあり、DCT も投入されるようなので、気になります。
ただ、i-see, UD でいうところの FORETRACK だとか、アダプティブなクルコンについては、スキップとも聞いているので、どこまで本国に近くなるのかは気になります。
独立懸架については触れられていなかったので入ってこないようにも思いますし。

それで、台風による高潮の被害ですが、結構深刻だったようです。
いたるところにまだゴミが散乱している状況ですし、コンビニもネットプリントしようとしたら複合機が水没して使えない状態だったり、という具合です。
ヤマト運輸も水没してネコピット端末が壊れて、発送ができない(手書きだと発送できる)状態でした。

今日は、食品衛生法の届け出と、輸入申告の相談だけで終わりました。
明日、申告と、おそらく検査、欠品している荷物は発送して、明後日雨になるようなので、早めに愛媛にまで戻りたいと思います。

コンテナシャーシ走行不能

コンテナシャーシですが、スモールが点灯しなくなってしまいました。
最初は点いていたのですが。。。

理由がわからず、暗くなると、危ないので走行させることができません。

エンジンを掛け直したのですが、改善しないので、メインスイッチを切って、車両のコンピュータを再起動させると、点灯して、回線の切断やヒューズの溶断ではない、ということがわかりました。

コンピュータ上は故障アクティブということで、通電を遮断しているようです。

点灯した時の様子を見ると、薄暗いので、電力不足を疑い、サイドマーカーを間引きすると、無事に点灯しました。

これで、ようやく帰路につけそうです。

整備完了! — ようやく児島まで戻りました

前回神戸に通関に来た時の話ですが、検査になったため、整備の時間が取れなかったし、今回のラジエーターの件もあったので、ディーラーさんに整備で立ち寄りました。

定期的なパーツ交換のほか、気になるところをひと通り見てもらった感じです。

それで、たまたま営業さんがいたので、新型の話をしたんですが、結論から言うとも猛烈に微妙ですね。

とりあえず仕入れた情報としては、

  • 馬力が 440PS → 460PS で 20PS アップ
  • 衝突軽減ブレーキとレーンキープが追加
  • パーキングクーラー標準装備
  • 価格が 150 万ほどアップ。
  • DCT は、上位モデルにオプション。独立懸架の投入はなし。
  • i-see の投入はなし。

ということろが主な内容です。

それで、ベンツ(ふそう)でいうところの proximity control assist に相当する機能があるのかないのかってのは、どもうないっぽいんですよ。

proximity control assist は、相当楽、というか、これは絶対に欲しい機能です。
新型スカニアにはついてんのかな?
opti-cruise っていう名前なんですけどね。

昼ごはんは別所でした。
今回なんとかトレーラ枠をゲットです。
小型を止めるのはやめて欲しいですね、緑ナンバーなんだから、会社の看板とか気にしたらどうですか。

後はターンに行って、ハンドルスピンナーってのを買ったんですが、猛烈に微妙でした。
ガタがあるし、それ以前に、そもそも論として、どこにつけるのか、後でよく考えてみようと思います。

後少し、頑張って帰ります。

朝っぱらから山岡家の理由

今日は朝っぱらから山岡家、しかも、中盛りで 980 円です。
実にくどい。

実は山岡家はシャワーを貸してくれるんです。
全部の店じゃないと思うんですが。

山岡家は駐車場が広いのもあるんですが、昨日は浜松 TS までいって風呂に入ろうと思っていたのですが、疲れて寝てしまったため、髪を洗いたかったのです。

それはそうと、箱根についた時、そこから先はトレーラを駐めて休憩できるところがないので、箱根エコパーキングによったんですが、よく見なくても LLC がだだ漏れです。

確認すると、リザーバーの蓋がなくなっていて、溢れ出ていました。
写真はエンジンを掛けた後に撮りましたが、6L くらい溢れてしまいました。
蓋は探したんだけど、駐めてから落ちたわけではないようです。

今日もトラブって予定が狂いまくりです。

ついてない時はとことんついてないので、事故にならないように気をつけたいと思います。

自動車税の支払いで下手を打った

先月が支払い期限なのは重々わかっていたのですが、通知書が行方不明で、今日、神社の祭日で、朝から座っているのですが雨で暇なので、ダンボール箱に溜まっている書類をかき分けて納付書を探して、ようやく支払いをしたわけです。

今回は、ヤフーの支払いを利用しようと思っていたのですが、いくつか失敗したことがあります。

まず、支払期限の先月 31 日までがキャンペーン期間で、手数料 324 円の一部, 100 円が最低でもポイントで還元されたのですが、これが終わってしまっていました。

それと、相変わらず、ヤフーマネーが使えないということです。
本当に使えるシーンが少なくて不便です。
でも、T ポイントは、期間限定のものも含めて使えたのです。

昨日 5 のつく日だったので、ロハコで買い物をしたのですが、期間限定 T ポイントを消費したかったので、全部ポイントで買い物してしまいました。

ヤフーマネーで支払えば、T ポイントが更に付いたのに、勿体無いことをしました。

セコい話で済みません。

去年も書いたかと思いますが、税額ですが、ヘッドが 20,600 円、台車が積載 16t で 51,000 円です。

セコい話ついでにもう一つセコい話をすると、台車なんですが、もともとは 15,900kg の積載だったんですね。
登録の時にスタンション分軽くなったのでしょう、たった 100kg ですが積載が増えたのですが、この 100kg で 1t 分税金が変わり、4,000 円くらい高くなるんです。

今度の車検では、紛失していたスタンションは作ったわけですから、スタンションを付けた状態で構造変更をして、100kg 積載を減らして節税しようと思いますが、工具無しで着脱できるものは荷物扱いで、無理かもしれませんので、その時は潔く諦めようと思います。

でも、それ以前の問題として、これまたセコい話ですが、自動車税が高すぎるのも問題かなと思うのです。

トヨタの社長さんの話じゃないですが、自動車というものは所有する資産というよりも今後はモビリティというサービスにシフトしていくと思うんです。
そういう意味では、自動車税だの、重量税、という税金は、所有することに対しての税金なので、早急に改めたほうがいいと思うのです。
ロードプライシングであるとか受益に応じて、その分をより公平に負担する仕組みが必要ではないのかと思います。

話は戻って、スタンションといえば、山口県のとても勢いのある林業会社の Forest Fun Club (フォレストファンクラブ) さんが、ExTe のスタンションを導入したようです。
裏山。
今度見学させてもらえたらいいなと思います。

また出た日立シェイクだけど、近トラさんはちょっと高い件

久しぶりというほどではないんですが、またまた日立のシェイク付きコンテナ台車が出ました。

シェイクというのはチップを自分で荷降ろしする機能のあるコンテナです。

将来的に薪を卸しで販売する際、フレコンに積めたり、メッシュパレットに入れたりというのは手間がかかりますから、バラ積みで受け入れ可能なお客さんには、バラ積みで販売したいわけです。

まあ、そういう計画があるので、4m マストのヒンジドフォークが 6 月には入ってくる予定なのです。

乾燥済みの薪を一時保管場所からダイレクトにシェイクに積み込み、県森連のカンカンで計量して、お客さんのところで落として帰るわけです。

前にも書いたとおりシェイクは新品は 1,500 万するんですが、まあ、1/10 が適正価格でしょうから、150 万。
台車の方は新しいので、100 万はするわけで、都合 250 万くらいでお願いしたところですが、税込みだと約 280 万です。

以前のもの は外装は再塗装されていましたし、日立建機でゴム類をすべてメンテ済みでしたが、これはそのままなので、比較的早いタイミングで再塗装やシェイク自体の手入れが必要になるかもしれません。

近トラさんは、ノーメンテで転売するだけの業者さんで、以前、騙すつもりはなかったんでしょうが、結果としては、表示と違うものを掴まされたことがあるので、こういう特殊なものは、まともに検品すら出来てないと思わないといけない、危険な業者さんです。
それが超引っかかる部分で、まあ、現物確認して頂戴、ってことでそれをしないで買うほうが悪い、という世界でしょう。
まあ、ヤフオクと同じ。
その分、他の業者よりも安めであることは確かだと思います。

めったに出るものじゃないと思ってたんですけど、これくらいの頻度で出るのなら、焦って無理して買う必要はない気もしないでもないんですが、プチフォーでは、それで 2, 3 年落とせなかったことがあるのが悩みどころです。

積載量的には、以前計算したとおりなら、18t 積めますから、損料などを計算しても、1t あたり 10 円程度で関東まで運ぶことができるのではないかと思うのです。

一応シートとはいえ、屋根もあるわけですし、コンテナなので壁もあるので、行きは薪をばら積みして、帰りに神戸港によって荷物を積んで帰る、という使い方もできますし、バラ積みでなくて、フレコンに詰めたものをユニックで吊って下ろすというやり方もできるわけです。

このシェイクがパレットものの積み込み(奥に引く)ができればいいんですが、動画を見る限りそれは無理っぽかったので、港で積む時にどうするのか、ということはちょっと考える必要がありそうです。

はてさてどうしたものか。。。

TC28H8B2 については、連結検討は済んでいるので、確実に連結できるため、それは問題ないんですが。

直ってない!LLC 漏れてるんだけど黄色はどうなのかと思う件

今日は、本務神社の大祭の準備で組み立て式授与所をフォークリフトで運び出して、でも、掃除のおじさんがやってこないので、仕方がないので一旦切り上げて、原木運びをしました。

まあ、これは相変わらずなんですが、今日は、組み立てで Y くんに手伝いを頼んでいたので、薪製造機に屋根をかけるために、ハウスの骨も運びました。

それで、荷物を下ろして、お宮に戻って、授与所を組み立て、まあ、この時期キリがないといえばそうなのですが、クスノキの落葉とか、クリの花とか、桜の花とか、まあ、すごいことになっているので掃除したり、草刈りをしたり、そんな感じで夕方まで作業をして、平々凡々と一日が終わってしまいました。

家に帰ってヘッドを駐車すると、直したはずの LLC が漏れていることに気づきました。
というか、LLC って、黄色なんです。
なんか漏れた時、あまりいい色じゃないですよね。。。

リザーバータンクに関しては交換してあるのですが、見ての通り、ラジエータよりも上で漏れているので、リザーバータンクに接続してあるホース類も悪いのかもしれません。

ダダ漏れというほどでもないし、予備も持っているので、しばらくは足して、今度神戸に行く時に、見てもらおうと思います。

オイル交換費用がアホのようにかかる件

エンジンオイルの交換に 5 万近くかかりました。

まあ、相手を見て値段を決めてないと思いたいのですが、やましいはしてないと思うから、書きますけど、5 万ですよ、5 万。
5,000 円ではありません。

1kg 40 円だ、50 円だ、という薪を作り、販売しているわけで、そういう値段のものをはいそうですか、という風に払うのもなかなか厳しいところです。

トラックは部品が大きくて重くて、万一の時のリスクを考えると、自分でやるのもどうかと思うこともあるんですが、まあ、ちょっと許容範囲を超えている価格です。

ちなみにオイルですが、オクで買えば、20L の DH-2 のペール缶が大体 5,000 円ほどです。(送料込み)
ですから、1L 250 円ほどのものなんですね。

エレメントなんかも、GH11 用の場合は、

ということで、3,000 円弱です。
全部でフィルタは 3 つ使ってあり、そのうち 1 つはバイパスフィルタのはずです。
まあ、全部同じ値段だとしても、1 万円でお釣りがあるわけです。

ですから、自分でやれば、2 万円でお釣りがあり、工場に持ち込む手間も時間も要りません。

フィルタに関しては、適合がわからないので、外したものをもらってくればよかったんですが、一度 swedishtruckpartsshop.co.uk で適合を調べて取り寄せたほうがいいかもしれません。

一旦適合さえわかれば、国内で UD 用のものをアフターを買えばいいと思うわけです。

多分ですが、

で、前者が £11.95 x 2, 後者が £13.25 なので、合計で £37.15(約 5,575円)です。

送料が航空便で 1 万かかっても、まだ VOLVO 純正をディーラーさんの言い値で買うよりも安いです。

それとワンタッチのドレンです。

これがあれば、いちいちドレンボルトを緩めたり締めたりしなくて良くなるのですが、GH13 と D13 が同じエンジン なら、使えそうな気もするんですよね。

薪割り機に Drainzit を付ける前に、これを付けたほうが良さそうですが、問題は、廃油の量が 40L 近いわけで、それなりの受け皿を用意しないといけなさそうです。
トロ舟?
廃油にチェンソーダストを入れて捏ねて、ボイラーの燃料にするといいかもしれません。

あるいは 出張オイル交換 というサービスもあるようなので、こういうのを利用してみるのもいいかもしれません。

いずれいせよ、お大尽様のようによきにはからえ、なんてことをやっていたら潰れてしまうし、この前の ワイパーの件 もありますけど、自衛していかないと大変なことになります。

あ、MonotaRO ワイパー ですが、今のところ全く問題がありません。
皆さんも騙されたと思って、一度使ってみてください。
値段ほどの働きは確実にすると思います。

で、VOLVO はワイパーもブレードだけ交換できず、骨まで変えないといけないそうなんですが、次は純正を取り付けて、ついていたものはもらって帰って、それに MonotaRO のものがつくかやってみたいと思います。

通関, リザーバータンク交換, BOX 引き取り

今日は薪割り機の通関に神戸に行きました。

用事が 2 件あるので、と税関の人にいうと、なんと検査なしになりまして、非常に段取りよくことが運びました。

前回、リザーバータンクから LLC が漏れていることがわかって、注文してあったものが届いているということで、タンクも交換してもらいましたが、他に問題がないか、しばらく様子を見てみようと思います。

それと、1.5m3 BOX もでき上がったものを引き取りに行き、予定をすべて熟すことができました。

後は、無事故で帰るだけですが、ようやく四国に入りました。
ボチボチ頑張ろうと思います。