ブレイブ薪割り機とカグツチ 2 号

ネコは今日も元気です。

出かけるときは、窓に整列してお見送りです。
窓のところに、ちょっと幅のある板を付けておいたのですが、ネコが乗るのに丁度のサイズで、いつも外の様子を伺っています。

大分ログ壁が汚れてきたので、一度清掃したいとは思うんですが、なかなか気分が乗らないまま、時間だけが過ぎてしまっています。

昼からですが、予定通り、ブレイブの薪割り機の組み立てをやりました。

消耗品として気になっているのがホースと、バルブなので、一応、写真を取って記録しておこうと思いますが、油圧ホースは、短いものが 2 本、金具の長さまで含んで約 70cm、長いものが 1 本、これは 130cm 程で、両端 1/2″ NPFM です。

バルブは Brand Hydraulic 社製、Painted Directional Control とありますが、PAO755T4JRSNOR1, 781825 という記号が記載されていますね。

久しぶりにやったので、段取りを忘れてしまっていたのですが、組み立てのポイントとしては、シリンダにエルボを付ける前に、牽引用のタン(tongue)を組み立てると、エルボが取り付けられないので、エルボを先に取り付けないといけないこと、同様に、コントロールバルブを先に固定すると、ホース類が接続できない、ということですね。

今回は、インチ工具が揃っているので、組み立てはかなり楽でした。

組み立てたらトロンメルの油圧源に使おうと思っていたのですが、1/2″ NPTM x 1/2″ NPTM の Hex Nipple が足りなくて、テストができませんでした。

あと、お店でも売り切れているんですが、AE-10 用のフィルターヘッド、これもないので、現状フィルタなしです。
フィルタは、長く使うためには欠かせないので、早目に取り付けたいと思います。

それと、両端の滑り止めですが、純正のままだと、突起が少なくて、滑りやすいので、滑り止めを追加したいと思います。

随分と前に届いていたまま、テストをしていなかったカグツチ 2 号ですが、これもようやく点火です。

すっかり焚き付け方を忘れていて、大量に木っ端を詰め込んだため、うまくいかずに往生したんですが、カグツチ 2 号を薪乾燥の熱源に使うためには、幾つかのクリアすべき問題がありそうです。

そこそこ乾いているものと思って突っ込んだ木っ端ですが、かなり生でして。。。
前の燃焼部と、後ろのヒートライザーとをつなぐ、バーントンネル部から漏水です。
当然、煙突からも、大量に木酢液が垂れます。

そこそこ乾いていると思った、という部分が肝要でして、実際には、明らかに生だ、と思っているものも、というかそいうものをメインに燃やしたいわけです。

薪を乾燥させるために、売り物にならない砕けたものや、トロンメルで木っ端として弾かれた小さな断片、チェンソーにより大量に発生するオガ粉、こういうものの他、工事等で発生した支障木や、剪定屑、古い家屋の廃材などを燃料にしたいと思っているからです。

廃材であれば、よく乾いているのでしょうが、それでも、そういうものをわざわざ屋根の下に保管する気はありません。
まして、売り物にならない木くずを乾燥させてまで焚く気も当然ありません。

木酢液の問題については、本家のブログにも幾つか書かれています。

煙突はもう少し伸ばしたほうがいいような気もしないでもないですね。

それともう一つの問題点は、カグツチ はロケットストーブであって、焼却炉ではないことです。
つまり、ゆっくり燃えるのです。

木くずは大量に発生するので、じゃんじゃん燃やしたいのですが、熱を回収し温水を作る目的もあるので、ただ単にじゃんじゃん燃えればいい、というわけでもないのです。

まあ、もう少し焚いてみて、色々考えていきたいと思います。

かぐつち 2 号が届きましたが… — 煙突の接続方法で悩む件

宇野さんから かぐつち 2 号 が届きましたが、まだ取り付けていません。

出典 http://kagututi.jp

理由は単純で、煙突が背面出しの上、径が φ120mm と、一般的な薪ストーブの φ150mm(6″)よりも細いため、どうやって取り付けるのか考えあぐねているからです。

すでに薪ストーブがあるため、比較検討のため、同じ環境で焚くため一時的に入れ替えたい、という特殊なニーズによるところもあるのですが。

たまたまうちは、ICC 社の Excel, ULTRABlack 煙突(ストレートの屋根抜き)なので、社務所のホンマのペラペラ煙突(壁出し)との比較もできる環境にあるので、どの程度の差があるのか(ないのか)という部分についても、経験してみたいと思っています。

径が φ120mm なのは、バーントンネルやヒートライザーが 100mm□ の角パイプであるわけで、断面積的には厚み分減るわけですが、ドンブリでいえば、概ね 100cm2 ですから、φ120mm の断面積 113cm2 ということで、φ100 だと 78.5cm2, φ150mm だと 176.7cm2 というようなことからそうなのかしら、と思ったりしていますが、ホームセンターを見ると、φ115mm というものもあったので、こちらだと 103.9cm2 で、これでもいいのかしらと思ったり思わなかったしていますが、きっと理由あってのことでしょう。

なので、150mm の二重煙突を使うと都合が悪くならないからしら、などという心配もないわけではないのです。

無論、引きが良すぎる場合、ダンパーで絞るというのはすぐに思いつくことではありますし、まあ、それで物理的な特性としては、排気が詰まるわけで、細い煙突とほぼ同じ状態(断熱してあるので、煙突内部での結露のリスクが下がるなどの違いはあるにせよ)になると思うので、まあ、案ずるより産むが易し、というやつかとは思いますが。

とりあえず、ULTRABlack には、エルボはあるのですが、6″ よりも細いものはないので、そのままではどうにも繋がりません。
この部分のアダプタについて、作るなり、取り寄せるなり、なんとか方法を考えてみたいと思います。

今後の課題としては、すでに設置してある人の入れ替えニーズもあるでしょうから、背面出しなのは、これはどうしようもないにしても、煙突の重さをストーブで受けられるような構造にすることや、煙突径の変換や向きを変えるアダプタの準備もあったほうが良いのではないかと思いました。

また、高性能ゆえの問題だとおは思いますが、排熱回収がキッチリされ、排気温度が低いため、煙突の状態によっては結露し、木酢液等が発生することがあるわけで、うちにある dripless flue extention 的な、煙突の付け根の接続部位で液垂れしない、また、その部位が腐食しないようにステンレスを用いるなどの工夫も必要ではないかと思います。

まあ、dripless flue extention があっても、うちの F118CB の煙突接続部位はサビ気味なので、サビ等の理由はそれだけではないのかもしれませんが。

いずれにせよ、煙突との接続部は交換式にしたほうが良さそうに思いました。

あと、まだ開梱していないので、荷物の構成がわかりませんが、横着をいえば、やはり重たいです。

特に 1 つ、かなり重たいものがありましたので、軽量化、もしくは、パーツを更に細かく組み立てられるようにして、一つの部品をどれだけ重たくても 20kg くらいまでに抑えらないか、ということについても検討してみたいと思います。

一度設置すれば、そうそう動かさないので、重くても問題ない、という考え方はよろしくないと思うんですよね。

たとえば、春から秋にかけて、ストーブなんてない方がいいでしょう?
もし、簡単にばらして、軽々運べれば、ストーブをシーズンオフに片付けることができます。
実際に、社務所のストーブは、シーズンオフには、室内煙突もろとも、片付けていますし。

DIY でメンテナンスをする、例えば、少し錆びたので再塗装したいと思った時に、軽々運べれば、屋外に持ち出し、ちゃんと下地から処理してやり直すこともできますし、手に負えない修理で鉄工所に持っていく、あるいは、送り返すにせよ、いずれにせよ、軽いに越したことはありません。

まあ、そうでないにしても、キャスター脚は用意したいです。
ケンズメタルワーク さんの特注だそうですが、こうやって楽に移動できるのはいいですよね。

1,980 円のコロコロ でいいんじゃないの、という声も聞こえてきそうですが。。。