薪を移動

薪を移動したところで値打ちが出るものでもないのですが、置き場がなくなってきたので、仕方なく薪を移動しました。
お宮駐車場に太陽電池小屋に入りきらないものがあったので、午前中、まずはそれを積み込み、ボブキャットを移動して、第 1 ヤードに移動しました。

それで、ついでというか、傷んだスレートを 5 枚ほど、埋立処分場に運びました。
トレーラで。。。
そしたら、天井が低すぎる+カンカンが小さすぎて、市の軽トラに積み換える羽目に。
本当は昼休みだったみたいですが、親切に、対応してくださいました。
なんだかんだで処分料は 1,860 円でした。

そういうことで、お昼が遅れてしまったんですが、トレーラなので寄れるところは限られているので、今日も票月かなー、と思ったんですが、思い立って マテラの森 にしました。

豚丼 大盛り 800 円。
30 分近く待たされました。。。
特盛でもよかったかも。

〒791-0244 愛媛県松山市水泥町1263-1

〒791-0244 愛媛県松山市水泥町1263番1
 
お昼から、というか着いた時点で 15 時手前でしたが、工場の入り口に大量に薪の袋がたまってしまって、二進も三進もいかないレベルになってきたので、12 袋ほど、これも第 1 ヤードに移動しました。

そんなこんなで一日終わってしまい、よく考えると、写真は撮っていませんでした。
明日も運ぼうと思いますが、今回の工夫として、パレットを 2 枚重ねにして、地面と接する部分は樹脂を使うことにしました。
これでパレットが腐って、釘のある板が脱落、パンクの原因になることを軽減できるのではと思います。

あと、防錆塗装を済ませたハウスの延長の脚も運んでおいたので、ハウスも早めに完成させたいところです。

第 1 ヤードも、せっかく買ったのに、結局骨のまま転がしている状態で、何のご利益もない状態です。
凝ったことをするよりも、さっさと屋根をかけてしまえば、一時保管の薪を雨などから守ることができるのではと思うのです。
これも早いうちに何とかしないとと思うんですが。。。

ボチボチ頑張ろうと思います。

それと、次回の神戸の予定です。
ようやく B/L が届いたんですが、今回は 2 パレットしかありません。
入港は 8/28 だそうです。

1 x 48 x 40 x 88
1 x 48 x 40 x 90

ということなので、4t ユニックに積めるといえば積めます。
ただ、平ボディなので、88″ = 223.52cm, 90″ = 228.6cm の高さに積み上げられたものは、流石にそのままでは危なくて、ただ、バラすとかなりかさばりそうなので、屋根も壁もあるコンテナで行こうかなと思ったり思わなかったりです。
しかし、高く積むと崩れて品物が痛むので、やめてほしいといっているんですけどね。。。

8/30, 31 は兼務神社の例祭があるんですが、今年から祭典のみ、という話もあって、もうそろそろ段取りを決めないといけません。
29 日の朝までに確実に搬入されるのなら、29 日に通関して、30 日の早朝には帰ってこられるんですが、ここで引き取っておかないと、後で困りそうかなと思うのです。

というのもの、薪乾燥機のコンテナ 2 本ですが、一週間ほどずれ込んで、9/1 松山入港の予定となっています。
そうすると、おそらく翌 9/2 か 9/3 には通関となると思うので、こちらの引き取りをしないといけないので、神戸に行く時間が取れなくなってしまいます。

原木の引き取りもしないといけないし、やることが溜まる一方です。
まあ、千里の道も一歩からというので、ボチボチやってりゃ、そのうちなんとかなるでしょう。

続 提灯の件

ボロボロの提灯を採寸しました。

上下の黒い丸いパイプ上の部分は外径19センチくらい、高さ5センチ。
本体自体は34センチ、全体の高さは69センチ。
蛇腹部分は大体1センチ強のピッチのようです。

思うにφ20ミリくらいのボールエンドミルで削ればよく似た形状になるのではと思います。
あるいは、12mm のコンパネで、提灯を輪切りにした時の断面の形状に切り出して貼り合わせてもいいんじゃないかと思います。

まあ、いろいろやってみようと思います。

痛んでいる手水舎もリフレッシュ工事をするつもりです。
こっちの件も、おいおい進めていきたいと思っています。

それはそうと、のぼりの石が折れました。
数年前にも折れて、新調したんですが。

昼からは、港に行ったんですが、せっかくなので つけめん真中 に行ってきました。

今までつけ麺しか頼んだことがないので、普通のラーメンも頼んでみようかと思ったんですが、つけ麺の並は 200g, 普通のラーメンは 120g で無料の大盛りにアップグレードしても 200g ということで、これは足りないだろうな、ということで、またまたただのつけ麺にしました。

いつもは 500g にするんですが、帰りに岩盤浴に行こうと決めていたので、300g にしました。

ここ、かなりクセが強いのですが、好きな人は好きだと思います。
ただし、太麺で茹でるのに時間がかかるので結構待たされます。
時間がないときはちょっとやめたほうがいいかも。

あとは普通に打ち合わせをして終了。
松山へは釜山を経由するようですが、釜山 ETA は 21 日, 接続が 26 日とのことだったんですが、松山 ETA 確認したら 9 月にずれ込みそうです。

8/30, 31 は兼務神社の例祭、9/1 は月次祭があるので、まあ、それが済んでからの方が動きやすい気はします。

それまでに溜まっている薪を移動して、荷物を仮置きするスペースを作らないといけないですし、原木の引き取りもまだ手付かずなので、どうしたものかと思案中です。

ボチボチ頑張ろうと思います。

カネシロさんの事務所が CLT だった件

いつも紙を捨てに行っている カネシロ さんですけど、事務所が CLT だと気付きました。

CLT というのは、Cross Laminated Timber, 要するに集成材と異なり、ラミナを直行させて積層したパネルで、オーストリアで開発されたんですが、より広く、より大きな空間を取れる工法ってことでちょっと気になっています。

ただ、これ、国内だと 1m3 あたり 15 万くらい材料がしてしまうそうなんですが、ヨーロッパでは半額以下なんでだそうす。
なので、国際的な競争もあることだし、国産材が普及するのか、それともコケるのか、その辺はまだ未知数のようです。

まあ、詳しくはそれ用のサイトがあるので、ご覧ください。

当のカネシロさんの事務所に話を戻すと、そこまでまざまざと気にして見ていたわけではないんですけど、こんな資料が落ちてました。

梁の出てない広い空間というのは開放感があっていいですね。

ただ、外壁を CLT 表しにするのは、少々厳しそう、と感じました。
ストリービューで見る限り、すでに汚れてしまっています。
いっそのことバーナーで炙って焼き CLT 表しとか。。。

意外と身近なとこにも CLT ってあったのね、って思いました。

それはそうと、ミニですが、こんな感じになりました。

ミラーカバーの交換で、キャンペーン期間だったようで、3 割引で工賃込み 9,000 円ちょっとです。

雑貨の仕事ですが、昨日は、3 パレット, 540kg 分、大型商品を出荷して、だいぶ減った感じですが、まだ、細々と残っているので、おいおい片付けていきたいと思います。

前回納品したものは、在庫反映されて、早速販売が開始されて、売り上げが戻ってきたので、ホッと一息つけました。
なんせ、マイナス残高(倉庫費用や、FBA マルチチャンネルの料金などが売り上げを上回る状態)だったので。

で、昨日書き忘れた残念案件です。

Amazon.com で、安かったので、試しに買ってみた “LODGE” の L8DOL3 です。

そもそも箱のデザイン自体も全く違うし、え、MADE IN CHINA?
普通、FBA に納品された時点で、120% 偽物だとわかるでしょ、って感じですが。。。
やられました。

まあ、海千山千のネット通販ですから、安い仕入先探しも一筋縄ではいかないものです。

そうそう、Amazon の悪い評価、Amazon に申請したら、Amazon FBA に対するクレームということで削除となりました。
しかしまあ、気づかない間に発生した機会のロス、というにもバカにならない気はします。

今日も暑くなりそうですが、ボチボチ頑張って片付けたいと思います。

本船が決まりました — 薪ストーブは 9/19 入港予定

この間書いた薪ストーブの入荷の件 の続きです。
本船スケジュールがある程度決まりました。

VSL: OOCL SAN FRANCISCO V. 142W
ETD VANCOUVER: 8/22
ETA BUSAN: 9/9
ETA MATSUYAMA: 9/19頃
4 CRATES

とりあえず、9/9 はある程度間違いないにして、接続の 9/19 については、微妙な感じで、最悪 +7 ということもあり得ます。
そうすると、9/26 なので、増税前ギリギリといったところです。
万一、もう +7 になると、万円単位で変わってきますので、なんとか 9 月中には処理したいところ。

そういう意味では、アメリカからは今月末にカットして、もう一回運びたいところですが、夏で品物がほとんど動かない(というよりも在庫がなくて、今処理中)なので、2% の税金を節約するために、需給について推定で仕入れるのは危険すぎるかなとも思います。

実際のところ、USDJPY については、今だいたい 106 円ちょっとをウロウロしているわけですが、少し前まで 110 円とかだったので、必要なタイミングで必要なものを調達するほうが良いように思うのです。
106 円に対しての 2% というのは、2.12 円ですから、為替でそれくらいは簡単に変わってしまいます。

そして、理想を言えば、極力在庫を持たず、そして在庫を切らさず、なんですが、Amazon での売れ行きが全く読めないので、頻繁に在庫切れが起こってしまっています。

このところは例のクレームで評価が悪くなっているので売れていないのか、それとも扱っている商品自体の売行きの問題なのか、急減速中です。
ざっと見たところ、大抵の商品でカートをそこそこ取れているのですけど。

不思議なのは、IsoCore でカートがほとんど取れないのです。
一応、当然のこととして最安値ではあるんですが、20% も取れません。

一番安くて、折れても期間を定めず交換する保証もあり、パレット(カートン)単位で仕入れますから商品自体も最もダメージが少ない、価格・商品・アフター共にほぼ日本で最高のサービスを提供しているという自負はあるんですけど、他のお店にどんな魅力があって、5 人に 4 人が他所で買うのか、そういう足りない部分を補っていかないととは思います。

ただ、在庫がそれほどないので、これ以上価格を下げて提供しては、Amazon はお店の仕組みに問題が多いので結果事故も多く、一部のクレーマー対策のために、かなりの経費がかかる上、Amazon の手数料自体が平均すると 3 割ほどかかるので、10,000 円の商品なら 7,000 円しか実入りがない、ということになりますから、そういう方向は避けたいところです。

3 割というのは、どんぶりですが、例えば、月の売り上げが 100 万円ある場合に、最終的に Amazon からは 70 万しか入らない、という意味です。個別の FBA 手数料だけを見れば、2 割ちょっとくらいですけどね。

つまり、10,000 円で売られている斧があれば、7,000 円しか収入がないことになりますが、200 円ほどかけて梱包して、200 円(1kg あたり 50 円ちょっとかかります)ほどかけて Amazon に納品しますから、残りが 6,600 円、仕入れにも課税されますから、6,000 円以下の原価でないといけません。

さらに事故の対策費用、その他の基本的な経費、例えば、PL 保険などのお店としてやっていく上ので最低限の経費、というものもありますし、多少は仕事をしているのですから、マクドのお姉さんの半分くらいは給料出てもいいじゃないかとも思ったりもするわけです。

つまり、Amazon で販売したら、$1 = 200 円くらいになってしまう、ということになります。

FBA の経費の値上げもありましたし、消費税の増税もある、一方で STORES.jp の決済費用の値下げ(ただし、月々の基本料金は値上げ)など、環境が大きく変化しつつあるので、臨機応変に対処していかないといけないなと思っています。

はてさて、今日も、夏越祭の後片付けの続きと、送金、それに、ミニが修理できたようなので引き取りに行ってこようと思います。
時間に余裕があれば、税関にも出向いて、月末の打ち合わせをしたいんですけどね。

それにしても、通帳が行方不明で、困っています。
国際送金ですが、最近はとても厳しく、マイナンバーだの、通帳からの送金でないとダメだの、面倒くさくて仕方ありません。
Paypal でサクッと送金したいところなんですが。。。
朝からずっと探しているけど、未だ見つからず。
今日は金曜日なので、週を跨ぎたくないんですけどね。
なんとか頑張りたいと思います。

遥拝所の案が壊れました。。。
がっつり腐ってる感じですね。
防腐剤を塗りなおすのを忘れていました。
こうなっては新調やむなし。
出費続きです。

今月の貨物 — 遅れに遅れていた薪ストーブがようやく出荷されます

今月の貨物、というか、本来は先月末の貨物なんですが。。。
アメリカ行きがズレたあたりから、すべてのことがズレ始めています。

まず、アメリカからの荷物ですが、今月は乾燥機のコンテナが 2 本、これはチャールストン → 松山ですが、釜山での接続があるので、予定は未定といったところ。一応、月内見込み。
それと、ロス → 神戸ですが、ようやく案内がありました。

VSL: HENRY HUDSON BRIDGE V. 068W
ETD LAX: 8/12
ETA KOBE: 8/28

タイミング的に、もろ松山と被ります。
搬入が 8/29 だとすると、その日に通関・検査、引き取りを済ませないと 8/31 には神事があるので、よろしくありません。
荷物の量も少ないので、万一、フリータイムを過ぎても影響も少ないので、人事の仕事を最優先でリスクを避けたいところです。

ただまあ、個人的に気になっているアイテムがいくつか入ってきますので、wktk しているのも事実。

一つは、猫様のマット。

トイレの前に結構砂が落ちるのですが、これを回収できるという触れ込みなのです。

ハニカム状のスノコになっていて、猫様の足についた砂が隙間にはまって回収されるとかなんとか。
まあ、そんな簡単には、問題が解決するとは思いませんけど。。。

ただまあ、回転清掃機能付き猫トイレ とか、能書き通り楽になるものもあるので、試してみないことにはなんとも言えません。

それから、鉄帯の梱包機。

これは、締め付け、シール、カットが 1 台でできるタイプです。
A333 という型番で、いくつかのブランドで売られているのですが、安そうなところから買ってみました。

評価ではそれなりには使えそうなんですが、理想を言えば、ちゃんとしたメーカーのものにしたいところですが、価格が 3 倍ほどします。
日本で買ったら、バカみたいな値段しているので、まともに使えたら、これも細々と受注発注くらいで扱ってもいいかもしれません。

重量物、薪割り機だとか、ボブキャットのアタッチメントだとか、出荷時によりしっかりと梱包できればと思っています。

最後はオオカミのスキレット。

うちのお宮はオオカミをおまつりしているのですが、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) の繁盛と、扱っている商品がお客さんに気に入っていただけ、末長く愛用いただけるように、このオオカミのスキレットを奉納しようと思っています。

ロッジは、ある程度の量を作ると、オリジナルのものも作ってもらえるようなんですよね。
いつの日か、神社オリジナルのオオカミさんスキレットを作れるくらい、お店が繁盛して、神社もお参りが増えるといいんですが。。。

薪ストーブですが、今回は、すべて予約みの商品のみです。

うちでは初めての取り扱いですが、JØTUL(ヨツール) F 370 と、F 400 SE の BP が 2 台です。

こちらは、ブッキングを入れた段階で、数日内に搬入されるので、本船はこれから決まるのですが、今までの経験からすると 1.5 ヶ月くらいはみておいたほうがいいので、9 月半ば、下手をすると 9 月ギリギリくらいになるかもしれません。
消費税の増税があるので、9 月末は死守したいところです。
とはいえできることは何もないので、あとは運任せですが。

このところ夏バテ気味なので、あまり無理をしないように、ボチボチで頑張りたいと思います。

エリマキ付きの新型

今日は神戸に来ています。
相変わらず寝坊して 10 時前に到着です。

検査だったんですが、前回も検査、しかも開披だったので、今回は書類審査に変更になりました。
午前中、スタートが遅かったので、引き取りが間に合わず、午後イチの予定が、なんだかんだで 2 時まで待たされました。

積み込みの時に、「エグいね」と言われたんですが、あまりに暑くてエグかったです。

通関、引き取りが終わって、前回、入庫できなかったので、整備に来ています。
今回はオイル交換と、エアドライヤー交換、ATF 補充、くらいかな。

それで、えらく派手な鹿な新車がいました。
エリマキが付いています。

気になった点としては、

  • アドブルータンクの位置が随分と高いので、給水が面倒くさそう
  • バッテリー位置が変更
  • エアタンクの形状が変更
  • エアホースの黄色の位置が一番右になっている

というような違いがありますね。

もしかしたら、前期モデルもそうなのかもしれませんけど、あくまでも、自分の車と比べての話です。

この間、シャーシを落としたんですが、その時に、キングピンが当たったんだと思うんですが、バッテリーカバーが軽く壊れたんですが、この型だと、壊れなかったように思います。

あと、ホースも絡まなくていいかなと。

まあ、エリマキについては、見た目がよくなるくらいで、自分の場合は、あまりご利益はなさそう。

いつかは、新型に乗り換えられるように、それなりに頑張ろうという気持ちになりました。
いつまでモチベーションを保っていられるかは謎ですが。
熱中症にならない程度に頑張ります。

今月の入荷

今月の入荷、というか、船自体は、17 日に入港しているので、半月近く引き取れずにいますが、ようやく米国行き(乾燥機のバン詰)や、夏越祭といったずらせない仕事が終わって、今日は朔日なので、神社の巡回(兼 昨日の片付け)を済ませたら、神戸に行こうと思っています。

このあたり で書いた通り、今回、特に目新しいものは入ってこないんですが、まあ、多分使い物にならない ミニチュアコーンスプリッタ が万が一使えたらな、ということがちょっとした楽しみだったりします。

それで今回の問題なんですが、高く積み上げないよう指示したのもあるのですが、7 パレットで、7m3 超の容積があります。
しかし、インボイスの金額は、$11,000 程なのです。
倉庫費用がいくらかかるのかは、まだ知りませんけど、おそらく 1m3 あたり、都合 5 万円近くかかってしまったと思うわけです。
そうすると、現地の価格に消費税等を加味すると、140 万程度なので、1m3 あたりの商品価値は 20 万ほどですから、5/20 = 25% も運賃がかかってしまったことになります。

荷姿などをよく検討する必要があるかと思います。

原因として、Lodge の製品 は、重いし、割れるし、それなりに空洞ですが、米国での価格は日本に比べると相当安いため、運賃の占める割合が上昇しているのではと思っています。

それはそうと、今まで全く知らなかったんですが、WTO って本当にまともに機能していないんですね。

トランプ大統領は、発言に毒があったりしますが、今回の WTO の件でほとほと呆れているのが、特定の国が未だ発展途上国のふりをして、関税を回避してみたり、そういうことが自己申告であったことです。
そういう馬鹿げたことは是正されるべきだと思います。

とりあえず、今日も暑そうですが、ボチボチ頑張りたいと思います。

任務完了!

今日はいよいよコンテナの搬出です。
まずはコンテナに封印をします。

その後、シャーシを取りにトラクタがやってきて、書類に署名してもらって完了です。

万事上手くいって、あとは帰るだけ。
今日はシカゴまで帰ります。
今回は、とんぼ返りで、観光は一切なしなのがちょっともったいないんですが、まあ、お宮があるので仕方ありません。

なんとか無事に日本にたどり着きたいと思います。

コンテナへの積み込み作業

コンテナへの積み込みですが、無事に終わりました。

1 本目。

2 本目。

気温が 35°C ととても暑かったので、もの凄く疲れました。
とりあえず一安心です。

明日は、輸出入のための書類の確認、打ち合わせをして、コンテナにシールして、正午ごろ、帰路につきたいと思います。

それはそうと、トラックが気になりました。
結構違います。

タイヤですけど、結構細いんです。
それに、ホイールも 5 穴に見えます。

ランディングギアも全然違う。
JOST 製ですし、基本的な仕組みは同じなんだけど、フレームへの固定方法がごついプレートというか、ブラケットになっています。

あと、ケーブルも違います。
特に電気系統が違うようで、1 本だけですが、ABS もこの 1 本で内蔵しているようで、日本のように別のケーブルになっていませんでした。

なんだかんだで疲れて、宿に着いたら速攻寝てしまって、今頃目がさめたので、ブログを更新しています。
というわけで、また寝たいと思います。

消費税増税前の注文リミット

薪ストーブ本体や、煙突などの高額な輸入商品について、今月末の船積みを予定しているコンテナへの積み込みができることが、消費税増税前の注文リミットとなります。

在庫がない商品について導入を検討されている方は、当方が米国出張に日本を離れる前までに、お問い合わせの上、在庫の確認が済み、約定(支払いではない)したものに限り、消費税を 8% で納入できる 可能性が高くなります
代行案件については、そもそも 納期自体を確約していません ので、船の遅延等で納期がずれ込むと、必然的に消費税が 10% になります。

もうかなり無理なスケジュールなので、早めに お問い合わせ ください。
くどいですが、 納期自体を確約していません が、今ならまだ間に合うかも知れません。

流石に 8, 9 月と 2 ヶ月あるので多分大丈夫だとは思っていますが。
混載になるので、1 点ごとに輸入するわけではないので、すべての商品が揃ってからの輸送開始となり、釜山での積替えがあるため、万一を考えると、微妙なのです。

0004859_jotul-f-400-castine-cast-iron-wood-stoveなお、現在国内に在庫があるものは、次のストーブになります。

国内に在庫があるものに関しては、即納可能ですし、9 月中は 8% で納品することができます。
まあ、もともと税込表示なんですけど。

JØTUL F 500 マジョリカブラウン(格子あり) にもなると、商品の価格がかなり高額なので、たとえ 2% でも、小一万かわりますから、馬鹿になりません。

マジョリカブラウンというのは、写真のような色合いで(写真は F 400 です)、とても落ち着いた上品な色だと思います。
日本では定番色ではないようで、店舗限定の扱いのようです。
琺瑯仕上げのため、少々値が張りますが、国内品と比べるととてもリーズナブルな価格になっていると思います。
同じ予算なら、1 クラスか、2 クラスくらい上のモデルが導入できると思います。

取り寄せ(代行)の場合、他にも、ブルーブラックエナメル(BBE)や、アイボリーなどが選べます。
ブルーブラックは、マジョリカブラウンやアイボリーよりも安く、ブラックペイント(BP, 黒の塗装)よりも多少高い程度です。

と、ここまで書いておいてアレなんですが、とりあえず、開けてみないとわかりませんが、電子決済サービス推進と増税対策として、1% 程度、決済手数料の減免が得られるような雰囲気なので、当面は影響を最低限に抑えられるのではないかとは思っています。
とはいえ、一時的なものに過ぎないので、今度のシーズンに間に合わせたいのであれば、やはり早めに動いたほうがいいのは確かだと思います。

それと、今月は、薪割り機のセール も行っているのですが、薪割り機 の配達に合わせて、急がない人には、配達サービスも行う予定です。
配達については、お気軽に お問い合わせ ください。