申告書類作り

昨日は天気が微妙だったので、申告書類作りでした。

今回は搬入が 1/24 の見込みで、フリータイムは 1/30 までの見込みです。
前回、搬出が遅れて保管料が恐ろしいほど高かったので、極力フリータイムのうちに対応したいと思います。

フリータイム、というのは、輸入した貨物は、CY と呼ばれるコンテナを保管するヤードでコンテナのままや、CFS と呼ばれる倉庫でコンテナから取り出しバラで保管されています。
保管を開始して、一定の期間、大体一週間くらい(土日、祝日など休みの日もカウントしたりする)は、保管料が無料で、その期間を指します。

今回 CFS は摩耶埠頭だったので、従来通り六甲出張所の管轄で、駐車場問題がないし、検疫所も税関の中に入っているので、楽で良かったですが、次回は貨物が少ないので、松山港あてにしてみようと思っています。

今のところの予定としては、今日、午後車検の予約が取れたので、構造変更に行きたいと思います。
まあ、車検が取れたらですが、仮ナンバーは今日までしか借りていないので、落ちたらちょと手間ですから、落ちないように(どうやって?)頑張りたいと思います。
あとは、薪の配達の積込みです。

今度、新しく入ってくる商品としては、L8SKL, L10SKL があります。

LODGE のキャストアイアンクッキングウェア もかなり品揃えが充実してきました。

しかし、メーカは、本当に商品の魅力をうまく写真で伝えていますね。

STORES.jp の方では、残念ながら滅多に売れないのですが、Amazon の方ではよく買っていただいていて、売り上げての点数的には、FISKARS 製品よりも売れていると思います。
お店から見ると、単価が安いこと、重くて嵩張り、しかも割れることなどのデメリットはありますが、年間を通じて人気がある商品なので、今までのように夏場全く売り物がなくて閑古鳥が鳴いている、という事態は回避できるので、扱って良かったと思いますし、愛媛ではあまり感じないのですが、ソロキャンプなど、焚き火人気がじわじわ来ているということで、そういう層にもダッチオーブンはアピールできるのではないかと思っています。
焚き火が入り口で、薪ストーブの魅力も知ってもらえ、仲間が増えるといいかなと。

そういう意味では、ファイヤーサイドさんのように時代を先取りした「火日常」というコンセプトとか流石としか言いようがないですね。
才能・センスというのは、後天的にはどうにもならない部分もあるでしょうが、まあ、無い物ねだりをしても仕方ありませんし、ポールさんの爪の垢でも煎じて飲んで、単なるパクリではなくて、良い意味での二匹目のドジョウで薪炭エネルギーの再普及に取り組んでいきたいなと思います。

それはそうと、昨日の晩、T さんから久しぶりに電話をもらって Oregon 410-120 は輸入しないの、と尋ねられたので、そのことを書いておこうと思います。

まず、これは断っておかないといけないことですけど、ハッキリ言ってですね、目立ては宗教なので、それぞれに好きなやり方だのがあり、当然、目指すところとも違うし、そういうのはそれぞれの美意識となって現れていると思うのですよ。

車なら、フェラーリが美しいと思う人もいれば、トラックが美しいと思う人もいるし、ジムニーに魅了される人もいるわけです。もしかしたら、プリウスに萌える人ってのもいるのかもしれません。

なので、Oregon の目立て機の講釈は、あくまでも重松的な感覚に基づくものですから、「何をいっているんだこのタコ」と思った方はそっとスルーしてやってください。

で、現状はというと 310 を使っています。
なのに、何で 310 ではなくて、410 なの、520 (またはその上級)でなくて、という部分をはっきりさせないといけません。

310 は何がダメなのか、という部分についてですが、主にダメな部分は 2 つあります。

前者は、リンク先の記事に事細かく書いていますが、簡単いうと、本来調整できる必要がある部分が調整できない、ということです。
ただ、現実問題、計算上の数値から見れば、違いはごくわずかなので、気にならないなら気にしなくて良いレベルであるのも確かです。わからないのなら、無理に感じ取ろうとする必要はないと思うんですよ。
変な話ですが、海原雄山じゃないけど、違いがわかりすぎて、その違いが分かることで食えればいいですけど、そこまで極めるんですか、という話です。なまじ中途半端に違いがわかったら、普通の人が美味しいと思って食べているものがマズくて食えなくなって、だからと言って、本当に良いものを買う財力も、それを調理する能力もないなら、それは不幸ってもんでしょう。
究極的に言えば、切れ味だのを追求するなら、既成の目立て機というようなアホな話はない(と思う)ので、まあ手でシコシコやって、またつまらぬものを切ってしまった的な極致を目指すわけですから、310 で良いかどうかは、結局のところ、お財布との相談、ということになるかなと思います。

財布との相談という部分ですが、310 のもう一つの問題点として、砥石が専用品、というのがあります。
そして、日本には正規ルートでは 310 も 410 も入ってきていませんが、410 は 520 などと砥石が共通なので、正規ルートの消耗品を流用できるわけですが、310 はそれができません。
とはいえ、自分が 310 を買ったのが 3 年近く前で、まだ予備の砥石を使っていませんから、気にするほどでないといえばそうなのかもしれません。

310 のメリットとしては、

  • とにかく安い
  • 非常に原始的で単純で使いやすい

という点があります。

安い、という部分ですが、個人輸入する場合、免税の範囲内に収まる価格帯で、大体 1 万円程度で、送料までまかなえるでしょう。

また、調整できる箇所が少ないので、その分単純です。
その割に、それなりにきっちり目立てできますので、そこそこ切れます。
目立てに 1 本 1,000 円くらい支払っているのなら、あっという間に元が取れるでしょう。

410 がいい、というのは、310 の倍ほどするんですが、目立てする本数が多くなると、当然、砥石も消耗しますから、その問題は遅かれ早かれ発生します。

また、410 以上のモデルの場合、ダイヤモンドや CBN の砥石があります。

例えば、Duro を研ぎたい、というような場合には、310 はダイヤモンド砥石がないので無理なのですが、410 ならダイヤモンド砥石を買えば可能です。

それと、目立てをしていくと結構、砥石が歪な形にすり減り、砥石自体を整形する必要が出てきます。
自分はケチなので、単に裏返して、砥石を削って整形しませんから、それが長持ちしている理由なのかもしれませんが、310 の砥石は 410 のものに比べると格段に小さいので、円周の長さも格段に短い=寿命が短いわけです。
砥石の整形にはドレッサーというものを使います。(一つは付属します)

以上から、ある程度の知識や経験があり、使用頻度が高い場合、また、それほどこだわりはないけど、業務で使いたい、という場合には 410 にしておいた方が良いんじゃないか、と 思って います。
思って とは切れが悪いのは、机上の空論だから、ですが。

T さんには、一緒に輸入してくれないかといわれたのですが、現状 310 が壊れていないし、いますぐ 410 を買うか、というと 410 は 310 と違い税金がかかるので、2 万円代前半になるから、ちょっと悩ましいんですよね。。。

というわけで、単に米尼で代理で買って、というのであれば、使い勝手等を教えてくれることと交換条件で、興味がある方がいらっしゃったら無料で対応します。
ただし、あくまでも、「注文を代理で入れるだけ」で、使い方を教えてとか、荷物が届かないとか、壊れてて動かないとか、サポートは放置プレイはしないつもりですが、義務としては負いませんで、そこんところはよろしくお願いします。

現在の Amazon.com での価格等は、以下のリンク(アフィリエイトです)で確認してください。

A/N が届きました — 22 日入港・搬入

ようやく A/N が届きました。
今回は 3 パレット、6m3 強です。

車検が切れてしまっているため、まずはそれからですが、昨日、今治に配達に行く際に仮ナンバーは借りてきてあるので、今週中になんとかしたいと思います。
仮ナンバーですが、今まで 700 円だったと思ったんですが、750 円手数料が必要でした。

それと、今日は地鎮祭でした。
朝、石屋さんから電話があって、天皇陛下の即位記念の碑ができてきたので作業をしているというので、準備がてら兼務神社に見てきました。
予報では雨だったんですが、なんとか昼過ぎまでは降らなかったので、地鎮祭は大丈夫でした。

ただ、しばらくは雨が続くことになりそうです。
外の仕事には支障が出そうです。

話は戻って、前々回は、本関で難儀をしたのですが、今回は前回同様、摩耶埠頭でした。
書類を整えて通関と引き取りの準備をしたいと思いますが、カラーレーザープリンタを買ったので、見やすく綺麗な書類ができると思います。

インボイスの作成などはほぼ半自動化してあるんですが、HS CODE などを調べる部分がまだ手作業なので、追々自動化していきたいところではありますが、先送りし続けているので、そろそろなんとかしないととは思います。

ようやく雑貨を一部納品

今日は 3 パレットの出荷です。

薪乾燥機の組み立てや、トラックの故障などで、予定がずれにずれた上に、原木の回収もあって、もう 30 日だというのに、まだまだ倉庫には荷物が山積みなのです。

お正月の準備の合間を縫って、品切れしている大型商品を出荷しました。
合間を見つけて、他の商品の納品も進めたいと思いますが、さすがに年始にはそんな時間は取れなさそうです。

予約分で、納期が今月末のものは、FBA では間に合わないので、宅配便で出荷しましたので、とりあえずホッと一安心です。

それはそうと、去年買って使っていなかった暖房服 を使って見ました。

ただ、USB ケーブルが短くて、マキタの空調服用のバッテリーホルダーの USB ポートにつなぐとギリギリすぎるのです。
とりあえず、100 均でリールタイプの USB ケーブルを買ってきたので、明日、山で使ってみようと思います。
暖かさ的には、まあ、USB の電力ですから、大したことはないんですけど。

明日もお正月の準備と、最後に残った枝の片付けと、重機の回収に山に行きたいと思います。

雑貨の出荷と原木の運搬と

引き取ってきた雑貨類を早速荷下ろしして、納期を過ぎてしまっているものだけ取り急ぎ探し出して出荷しました。

午後からは原木の運搬をしました。

最初は半分くらいに切っていたのですが、時間がかかるので、運ぶことを優先したいと思って、4m のまま積むことにしたのですが、少し半分のものがまだ残っているので、まずそれを片付けることにしました。
ほぼほぼ片付きました。

枝的ないらないものもあるんですが、それも片付けないといけないし、4m のものは見た感じ、3 回くらいは残っていそうなので、あと 2 日はかかりそうです。
年内ギリギリまでかかりそうな感じ。

これまでは中で回っていたんですが、雨が降った後はぬかるんでいるところがあるので、今回からバックで入ることにしたんですが、3 回も切り返しました。
いつまでたっても上達しないのですが、出るときは一発なので、後ろのタイヤの通る位置をイメージしようと思って写真を撮りました。

山から降りたら 18 時を回って、真っ暗な上に雨が強く降っていたので、荷下ろしせずに退散です。

山まで 1 時間ちょっと、積み込みに 2 時間近くかかるし、山から降りるのに 1 時間、おそらく荷下ろしも 1 時間ほどで、ヤードから家まで 1 時間といったところなので、1 日 2 回だと 12 時間かかる計算です。
なので、朝は 5 時前に出て、山には 7 時くらいに着くようにしないと、2 回目を下ろすことができなくなる感じですね。

今年の原木は今年のうちに片付けたいと思います。

それと乾燥機の件です。

メインファンのブレーカーがおかしくなったようなんですが、時間が全くなくて、何がどうおかしいのかとか、エラーがどうなっているのかとか、全く確認できていません。
すんなりはいかなようです。
明日、人事が終わった後、確認に出向きたいと思います。

ようやく通関・引き取り

12 月分(というか、輸出は 11 月分)のアメリカからの貨物の通関、引き取りをようやく終えることができました。

12/2 に届いていたので、相当の期間、放置状態になってしまい、ご予約いただいていた方の納期が遅れてしまい、お詫びします。

まあ、代わり映えはしませんが、こなかでトンカツです。
ヒレカツ 120g, ちょうどいい感じですが、80g くらいにした方が健康には良いのかもしれません。
かなり贅沢をしてしまいました。

今回は、検査はなかったんで、すんなり行きました。
日付もまたがず愛媛に帰れそうです。

明日は、とりあえず荷下ろしをして、ご予約いただいているもののうち、納期を守れていない firemizer(ファイヤーマイザー ) を急いで出荷したいと思います。

今月まで乾燥機の組み立てがずれ込んだため、やることがどんどんずれて、あと 4 台くらい、原木が山にあります。
1 日 2 回づつ、徹夜してでも運ばないと年内に片付きそうにないですが、暗いと危ないので、悩ましいところです。

ボチボチでは間に合わなさそうなので、それなりに頑張りたいと思います。

神戸+和歌山

かなりどうでもいい話でしょうが、今日は天皇誕生日だと思っていたんですが、平日でした。
今年は祝日としての天皇誕生日はなかったようです。

で、神戸を経由して和歌山に来ています。

長距離ドライブの間、いろいろ変わったトラックを見るのが楽しみなんですが、ここまで低いのは初めて見たかもしれません。
もう一つ、ベンツのマークみたいなトラックを見て、弁 2 という駄洒落を思いついて、思わず写真を撮りました。

今回、貨物自体は 2 日に搬入されていて、3 日から引き取り可能だったんですが、薪乾燥機の組み立てや、トレーラヘッドの故障が重なって今頃までずれ込みました。

フリータイムが 10 日までだったんですが、CFS の保管料が鬼のように高くてびっくりで、700 円ですというので、一期 1 週間なのか、10 日なのか、それでだと思い込んでいたら、なんと 1 日だったんです。
もう、イガグリカチグリボッタクリ!大門未知子の手術代は大げさですが、思わず聞き直してしまいました。
まあ、確認しなかったこっちが悪いんですが、次回から気をつけたいと思います。

和歌山で荷下ろしの後、薪の話で盛り上がったんですが、その時にちょっと飲んでいるし、もう、眠いのでさっさと寝たいと思います。
話した内容は、覚えているうちに記事にしたいとは思いますが、起きたら忘れているかもしれません。。。

星祭

神社では、星祭でした。

星祭は、冬至祭ともいいますが、その名の通り、その名の通り、冬至の星が出る夕刻に行われるお祭りです。
うちの場合、大麻の頒布も兼ねています。

かぼちゃ、柚子の吸い物、煮干しと人参の炊き込みご飯で直会を行いますが、昨日は混んでいた畳なんかは、その場所を作るためなのでした。

年内の大きな行事はこれで終了です。
あとは、26 日の祭日と、お正月の準備です。

今日はこれから、トラックの不調で延期していた薪の配達と、神戸への雑貨類の引き取りに出かけます。

それなりに頑張ります。

チップの投入

今日は午前中は、通関・引き取りでした。
区分は 2 で検査はありませんでしたので、スムーズに運びました。
品切れしていた X7 も、検品の後に出荷していきたいと思います。

その後は、軽トラの車検が 14 日までなので、軽自動車協会に車検に行きました。
ナンバー灯は修理済みで、無事に車検に合格してホッと一安心です。

午後からチップの投入をしたんですが、最初、ボブキャットでやろうとしたら、やはり高さが足りなくて、パレットに乗ってみたり、結構アクロバチックなことになったんですが、不安定なので時間もかかるし、結局、写真の通り、フォークリフトを使ってやることにしました。

chip bin の内部ですが、フィンのようなものがあって、これが油圧で前に引っ張られて、その時に引っかかったチップが少しずつ供給される仕組みです。

結局、真っ暗になるくらいまでやって大体入った感じです。

ヒンジの問題として、バックレストは稼働しないので、前にしゃくり上げて持ち上げた状態だと、バッカンの四角いママだと干渉して噛み込んでヒンジが上がらなくなるか、それか押し出されて前に出てしまいます。

スコップ の写真を見てみると、上の方が三角形にえぐり取られていて、バックレストに干渉しない工夫がなされているのがわかります。

結構な頻度で投入することになるのなら、遅かれ早かれ、用意しないといけないかなと思いました。

チップが届きました

今日は午前中は書類仕事をしようと思っていたのですが。。。
普通に作業してしまいました。

乾燥試験用の薪ですが、少しづつできています。

ただ、メッシュパレットが足りません。
以前メッシュに入れて納品していた分を取りに行けばいいんでしょうけど、空になったメッシュパレットだけを取りに行ったのでは、手間と燃料代がとても出ません。
足りない分をどうするか、考えないといけません。
とりあえず、買わなくても、乾燥機 2 セット分以上、持ってはいるんですけど。
はてさて困った。

それと、チップですが、いけそうなので 10t 深ダンプで運んでもらいました。
30m3 くらいあるかなと。
これでどれくらいの時間連続自動運転できるのか気になります。
それで大体乾燥機のランニングコストがはっきりするかなと思います。

これだけの量を chip bin に入れるのを、人力でやっていたら大変なので、山にボブキャットを取りに行ったんですが、ダンプできる高さは 2.1m で chip bin は 2.5m くらいの高さがあるので、何らかの踏み台を用意してやる必要がありそうです。

将来的には、ハイマストのヒンジ付きのリフトにスコップを作って、それで投入するのがスマートかなとは思うのですが。

まあ、そんこんなで、合間を縫って薪の配達を 2 件こなして、本日終了です。

それで、書類ですが、まあ、暗くてもできるので家に帰ってからやったんですが。。。
人力でゴリゴリやろうと思っていたんですが、性分的に無理でした。

この前、美しくないけど、とりあえず、System Events を使ってやるか、って言ってた通り、ゴリゴリ、無理無理 Safari で PDF に変換しました。

たったこれだけ書くのに 3 時間もかかってます。
耄碌。

参考にしたのはこちら。

それで、まあ、動かないよ、という相談なので、当然動きません。
一部動かないし、安定しない。
それが 3 時間かかった理由なんですが。

完全忘備録ですけど。。。

  1. script stops at getting file path

まず、保存先を設定する方法として、元々は set value of text field 1 to POSIX path of SaveFolder としてあったんですが、text field 1 がないと言われます。
なので、パスを入力する方法に変更しました。
keystroke でフルパスだけをタイプすると、その後 return を key code でタイプしても、ファイル名がうまく反映されません。
なぜか keystroke "g" using {command down, shift down} をかますと上手くいきました。

  1. I have delay of 0.02 for keystroke “R” using {command down, shift down}, but this may not be sufficient with multiple pages. How to improve this?

これについては、ファイルの読み込みが完了することを確認することで改善しました。

これで、まず invoice を一括ダウンロード(HTML)して、それを HTML から PDF に変換、変換された複数の PDF に連番を振りつつ 1 つに纏める、という不毛な作業が完全に自動でできるようになりました。
HTML の部分に CSS を追加して、必要のない項目(例えば、サイトのロゴとか、配達住所)を非表示にしているので、かなり見やすく、またコンパクトにまとまったのも良かったです。

薪乾燥機 組み立て 2 日目

乾燥機の組み立て 2 日目です。

朝からラフターを手配し、まず最初に chip bin の据え付けを行いました。
基礎のサイズが違っていたり、cross feeder との嵌合部分が、バン出しの際にフォークリフトの爪で持ち上げて歪んでいて、ガスで炙ってから修理したりと、思ったよりも手間取りましたが、それなりに据えることができました。

午前中には、firebox と heat exchanger との接合も終わり、なかなか順調の気がします。

夕方までにはあらかたのメインのフレームも組み上がりました。
タッピングビスでもんて固定していくんですが、ステンレスなので、鬼硬くてものすごく大変です。
ちょっと筋肉痛になるかも。
フォークリフトの高所作業カゴがなかなか役立っています。

明日は、他のスタッフさんに任せて、乾燥試験で使う薪がないので、原木を取りに行きます。

それはそうと、迷惑メールに振り分けられていて気づくのが遅れたんですが、次の神戸便の A/N が届いていて、12/3 に入港、12/4 に搬入済みでした。
フリータイムが 9 日までとか、計算が合わない気がするんですが、車検が終わってないので、その日程は難しそうです。
まだ書類が何も手付かずなので、これもボチボチ進めていこうと思います。