Lodge 製品の品質について

Hearth & Home 暖炉家(だんろ) では、Lodge(ロッジ)の各種クッキングウェア を取り扱っています。Lodge(ロッジ)の鋳物製クッキングウエアについて、自分の中では常識なのですが、日本人的には非常識かも知れないので、品質について触れておきたいと思います。

その前に、Lodge(ロッジ)の製品 がどのように作られているのかをご覧ください。

長いよ!という方にはショートバージョンもあります。

とても基本的なことですが、Lodge(ロッジ)の製品 は、工芸品や芸術品のたぐいではなく、実用品です。
工場での生産過程を見ればわかりますが、ポンポン放り投げたり、あるいは、箱詰めも製品の自重でドンと机に落としています。
パレタイズも、一つ数キロあるものを単にダンボールに詰めただけで、それを積み上げている様子も見て取れます。
全く丁寧ではありませんから、当然、当方の米国倉庫に入荷した時点で箱はたいていズタボロです。
ですから、日本人の感覚からすると「不良品」と思えるようなものも、普通に良品として出荷されてきます。

箱まで含めて傷一つない、というような品物を求めるのなら、Lodge(ロッジ)の製品 はおすすめできません。

その上で、「これって不良なの?」って、気になるであろう点について触れておきたいと思います。
以下は不良品とは認められない事案です。

Lodge(ロッジ)の製品 には傷があります。
重量物のため、梱包作業等でかみ合わせ部分などに、潰れ(傷)が生じるていることがあります。
製造過程で角に欠け、あるいは、バリをグラインダで削った跡があります。
また、かみ合わせについて、鋳物のため精度が高くありませんので、個体差はあるものの、蓋のガタツキ等はほぼもれなく発生してます。

Lodge(ロッジ)の製品 は、今はシーズニング済みです。
ですが、鋳物の性質上、どうしてサビは発生します。軽微なサビは避けられません。
また、表面には無数の穴が空いていて、ちょっと大きいものも所々にありますが、鋳物の特性です。
そして、シーズニングですが、油が多く付きすぎてベタベタしている箇所や、それが剥がれて金属の素地が出ている部分もあります。

米国の製品ですから、品質管理はあくまでも米国の基準です。
そのため、国産品と同じ品質を求める方には、おすすめいたしません。
そういう「粗さ」も含めて米国製品, Lodge(ロッジ)の製品 の個性として受容できるなら、末永く愛用できる一生モノになることでしょう。

シングルバーナーでも使える Lodge の鋳物プレート LSRG3

なにか楽しいアイテムはないかなと思ってネットをさまよっていたら見つけてしまいました。

Lodge LSRG3 です。

シングルバーナーで使える、リバーシブルタイプの鉄板(?)です。
お肉を焼いたり、色々できそう。

グリルパンの L8SGP3 だとかも扱っているんですが、ちょっと重たいのです。
こっちは縁がないぶん軽そうな予感。
使ってみないことにはなんともいえませんが。

ただ、結構いいお値段してます。
魅力のある価格で販売できればなと思っています。
とはいえ、今月末の船に積むので、入荷するのは 9 月なので、ちょっと時期を逸した感は無きにしもあらずです。

おかげさまで Lodge の製品もかなりカートが取れるようになってきたので、少しづつこういうマイナーなアイテムも充実させていけたらなと思いますが、この前仕入れたパン焼き とかは、結構いいお値段に設定したのもあって、見事不良在庫になっております。

まあ、そういうものはそのうち STORES の方 でセール処分をすると思いますので、お楽しみにお待ち下さい。

今月のセールは今のところ 7/10 から行う予定です。
ボチボチ頑張りたいと思います。