ユニック車で小運搬して配達完了!

薪の配達ですが、トレーラでは進入できないので、ユニック車で小運搬をし、4 時間ほどで配達完了です。
片道に 2 時間ちょっとかかるのですが、なんとか 1 日で終えることができました。

これくらいの小さなユニックのほうが小回りがきくかと思ったんですが、エルフ、意外とステアリングが切れません。
あと、思った以上に馬力がない。
微妙に乗りづらかったです。
クレーンはタダノだったので、ラジコンの使い方は同じなので、楽でよかったです。

明日から帰らないとなんで、ボチボチがんばります。

薪の配達に無事に関東に到着したというか何というか台風の被害

台風一過、気持ちのいい天気でしたね。
昼間で、明日の荷降ろしの準備などをして、4 時間ほど、昼寝をしました。

無事に到着したような、なんというか、微妙です。

昨日は、結局、朝 6 時に、瀬戸大橋の与島を朝 6 時に出発してから、今朝の朝の 5 時まで 23 時間ほどで 700km あまり走りました。

朝ごはんを 11 時に別所で食べて、晩御飯の前に亀山 TS でお風呂に入ったごはんを食べるつもりが、祝祭日は 14 — 17 時は食堂が休みで、30 分程で 17 時になったんですが、まぐろレストランに行くことにしたら、こっちは、防水のゲートが閉まってて行くことができない始末。

くそしばチャンネルで横綱ラーメンのことをいっていたので、行こうと決意するも、山岡家と違って明らかにトラックガン無視の駐車場に、一般のお客さんの車がいっぱいで、断念。
で、山岡家という気分にはならず。

仕方ないので名古屋 TS 行くかと思って、念のため調べてもらうと、休み。。。

そうこうしていると、大型対応すき家 7km 先的な看板を発見するも、この看板、前回も騙された(店はすでに存在しない)ことを思い出して、ショボーンと走っていると、長島で大型が停められる吉牛を発見、18 時に「昼飯」にありつけました。
当然、定期券を出して、80 円引きで食べたのはいうまでもありません。

クーポンを使う、そして、釣り銭が切りが良いように小銭を出して調整するキモいおっさんがここにいます。
つかさ、580 円の会計なら、1,080 円とか、1,130 円とか、最悪でも 1,100 円出すでしょ、普通?

晩御飯は、安定の宇津ノ谷峠上りのスマル亭。

台風に追いつかれた感を持ちながらも、ボチボチ走って箱根峠で仮眠を取ろうかと思ったんですが、寝ている間に雨がガンガン降って、箱根新道通行止めになると悲惨かなと思いまして。

こんな具合に。

というわけで、その先、休憩が取れなさそうだったんですが、我慢して、箱根新道を下りました。

猛烈な雨風出前が見えないし、乗用車が張り付いたりして、ヒヤヒヤもんでしたが、排気 3 段 MAX で、迷惑でしょうが、制限速度で亀になって下りました。

そう、リターダーついてないんですよ、VOLVO VEB とかいうのがついていて、エンブレで十分とかいって。
リターダーついているのに乗ったことないんで、あれがどれくらい効いているのかよくわからないんですけど。

その後、エッソ 茅ヶ崎海岸SSの前を通ると、軽油 90 円の表示を発見。
寄りました。

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

〒253-0064 神奈川県茅ヶ崎市柳島 茅ケ崎市柳島1792

プリカ 89 円、カードだと 92 円で、スピードパスを車に積んだままだったので、取りに戻ろうとしたら、猛烈な雨風でずぶ濡れになりそうで、あきらめて 92 円で入れたんですが、車に乗り込もうとしたら、風でドアを持って行かれて、写真のとおりヒンジがぶっ壊れたわけですよ。

ちょっと安く油が入れられたんですが、修理代で大損ですね。

その後、東京ゲートブリッジを超えた若洲海浜公園あたりで仮眠を取ろうと思っていたんですが、東京ゲートブリッジが通行止めのためやむなく(以下自粛)。
というわけで、仮眠を取れず。。。結局、龍ケ崎まで走りました。

エア漏れ件のですが、とりあえず、ゴムの修理できちんと直っているっぽいです。

明日の薪の小運搬、明後日以降の引き取り、愛媛までの戻り、そして、22 日の祭典、頑張りたいと思います。

ドコモをお使いの方へ 500 円引きクーポン配布中です

STORES.jp でドコモケータイ支払いをご利用の場合、 ¥2,500以上の購入時に、「docomo1708」というクーポンコードを入力頂きますと 500 円割引となります。
9 月末日まで有効です。

ぜひご利用ください。

また、ヤフーオークションで、薪ストーブ用品の 1 円オークションを開催中です。

現在は、ロッジ コンボクッカーですが、色々なアイテムを出品していきます。

ヤフオクの会員の方は、是非ご参加ください。

True North TN20 のスペック

tn20_legTrue North TN20 のスペックについて、具体的に言うと、壁との離隔距離について問い合わせがあったので、こちらにも書いておこうと思います。

まず、基本的なこととして、うちで取り扱う場合、現状有姿となります。

無論、TN20 を注文して、F400 が届いた、というのは TN20 ではないので、当然クレーム対象ですが、型番が TN20 であれば、こういう離隔距離などについて、重松の説明と食い違っていたとしても、実際にどうであるか、ということが優先されます、ということなので、ご理解ください。

理由は単純で、そういう部分をフォローするためには費用がかかるから、また、人的なリソースの制約でフォローすることができないためです。

よって、メーカーのカタログ、マニュアル等の原典を当たって、必ず自分自身の責任で判断してください。

それと、海外製品の場合、モデルチェンジ等が知らないあいだにあって、型番が違っている同等製品を「断りなく」、同一製品として出荷してくることがあります。

例えば、TN19 が TN20 にモデルチェンジしたときも、物がついてから TN20 とわかった状態です。

FISKARS の斧なども、デザインが変わっても、新旧商品がちゃんぽんで届いたりしました。

ですから、そういうモデルチェンジについても、保証することができませんので、代行案件の場合、現物の先渡し用在庫がないモデルに関しては、現物確認はできませんので、ご理解ください。

さて、フリが長かったですが、離隔距離についてです。

True North はカナダの Pacific Energy の製品のため、北米、主にカナダとアメリカ向けに販売されている製品となりますが、安全に対しての基準が両国で異なります。

日本に基準らしい基準があるか、それが現実に即しているか、という部分に関しては、いろいろな見解があるのが実際のところだと思いますが、その件については、ここでは議論しないこととしますし、うちは工事はしませんし、その技術的なアドバイスもしませんので、そういう部分に関しては、別途有償のサポートサービスを購入するか、自身の判断で行ってください。

海外の基準は、あくまでも海外の基準です。

離隔距離については、取扱説明書 PDF の 12 ページに記載があります。

また、床の保護について 13 ページに記載があります。

これらの数字は、あくまでも最低限であって、この数字を守ったからといって、快適に使えるということにはなりません。
特に炉台については、前面に余裕がある法が使い勝手も良く、またサイドには、ある程度のツール類などを置くスペースもある方が望ましいですから、それぞれの事情に合わせたプランニングが必要なことはいうまでもありません。

ちなみに、基本的にアメリカよりもカナダのほうが厳しい基準となっています。

煙突でもそうなのですが、カナダの基準はかなり厳しいので、うちではカナダ ICC 社製の Excel, ULTRABlack 煙突を取り扱っています。

ICC 社製煙突も薪ストーブと一緒に手配可能ですし、現場状況によりパーツが不足することがありますが、ストレートの煙突や各種部材は一定数国内に在庫を保持しておりますので、万一、不足した場合にも、迅速に対応できる可能性があります。
また、万一に備えて、余分にパーツを輸入する必要もありません。

ストーブと同時に手配することもできますので、お問い合わせ ください。

原木運搬の続きとエアがだだ漏れになった件

今朝は 8 時スタートで、台車は新ヤードに置きっぱなしだったので、取りに行ったんですが、抜け道が起伏が激しいので、燃料をケチりたくて平坦な道を走ったら渋滞にハマったので、時間も燃料もロスしてしまった残念な一日のスタートでした。
ヘッドだけなので、山を抜ければよかった。

とりあえず、昨日の続きで、2 台分運びました。

2 台目を積み終えたあたりで小雨が降り出して、濡れた丸太は滑って危ないんだよなぁなどと思いながらも、クロックスです。
ちなみに、クロックスの色にもこだわりがあって、ターコイズブルーというか、正式にはピーコックグリーンなんですが、自分の道具の色なんですよ。
まあ、めんどくさいときは、コベルコの色で塗っちゃいますけど。

あと、10t 程度積み残してしまったんですが、どうもコントロール側のエアが漏れているようで、ブレーキを踏むとシューシューいって圧力が下がってしまい、危ないのです。

帰りにふそうさんに持っていたんですが、やはりコントロール側がダダ漏れで、即入院です。
まあ、そろそろ漏れる気配は感じていたのですが、供給側でなくてよかったです。
ヘッド側の部品はすでに買って積んであったりするんで、必要なら交換しもらおうと思います。

ていうか、農協大豆號は供給側が微妙に漏れるんで、そっちの修理も必要といえば、必要ではあるんですが。

連休、お宮が終わったら即配達で上京しようと思っていたんですが台風が来ているみたいなんで、どうしたものか考えあぐねています。

エア漏れの修理の件も、当然ですが、直らないと危なくて走れません。

22 日は、お宮の修繕が終わったので、その奉告のための祭典が入っているので、それまでには戻らないといけません。
特大車になるので、絶対に高速には乗りたくありません、というよりも、無許可なので乗れませんので、そうなると、行きに 24 時間、帰りに 24 時間かかります。
流石に 24 時間連続で運転するわけには行きませんので、12 時間づつ走っても、4 日間はかかります。
納品は、トレーラー進入不可なので、4t ユニック車をレンタルして小運搬する予定ですが、丸 1 日かかると思いますし、ロールボックスパレットの引取は無理としても、樹脂の T11 パレットと、20′ 海コンは絶対に積んで帰らねばなりません。
となると、16 日の夜か、17 日の早朝に出発しないと、22 日に戻ってこられそうにありません。
その時はその時で、トレーラを置いて、飛行機で往復しようと思います。
事故を起こすよりはマシです。

このタイミングを外すと、秋祭りの準備などがあって、長く空けられないのです。

神戸に依頼されている薪割り機が届く予定もあるのですが、こっちはまだ A/N が届いていません。
明日くらいには届くと思うんですが、その通関などの準備も、出発前に済ませておきたいと思います。

まあ、ボチボチがんばります。

新しい薪ヤード

考えなしに停めた台車ですが、引っ張り出すのに 3 時間もかかってしまいました。
ボブキャットのフォークアタッチは壊れました。
結局のところ、また、お隣さんに助けてもらったのでした。
学習能力がないようです。

そんなこんなで、昼から、新しいヤードに原木を運びました。
無性にカップヌードルが食べたくなったんですが、BIG を買うあたり、痩せる気があるんだか、ないんだか、ついつい量の割に安いので、でかいのを買ってしまうんですよね。

2 往復くらいしたかったんですが、1 回で終了です。

明日はもうちょっと頑張ろうと思います。

欲しすぎる台車が出品!先立つものはないので指をくわえて見てるだけという悲しい現実

ニワトリとタマゴのような話です。

まだ、重トレで運ばないといけないような重機は持っていません。
というか、重トレを持っていないので、そういう重機を買うことを思いつかない、というべきでしょう。

そういう意味では、重トレを買わないと始まらないわけですよ。

ただまあ、個人が重トレを買うのか、それもステア台車を、ってことなんですが、ヤードが狭いので、ステアリング機能がないと曲がっていけません。

それと、もう年なので、ヘッドよりも幅がある台車を運転するのは辛いし、.7 を山で使うことがあるのか、というと実際問題大きすぎるわけで、.25 だと取り回しはいいけど、今からだと .4 くらいがちょうどいいと思うわけです。
アタッチメントなどを含めると、14t くらいになると思うので、この台車はまさにおあつらえ向きといえるんですよね。

値段も、160 万と安いのです。
でも、その 160 万がない。。。

まあ、160 万がないわけですから、グラップルソー付きの .4 は、中古なんて出てこないので新車で買うしかないんでしょうが、これはゼロが一つ増えるレベルなので、当然、そんなお金もないわけです。

というわけで、当然見送り。。。

そんなこんなで、薪の生産に必要なパレットをシコシコ落札して、お茶を濁しているのでありました。

というのも、トマトハウス乾燥そのものについては、非常に良好なのですが、地面からの湿気の影響は大きく、下のほうが痛んでいて、歩留まりが上がりません。

K さんに相談したところ、パレットを 2 枚にするだけで劇的に完全しますよ、とアドバイスをもらいました。

木パレットはすぐに痛むし、腐ってばらばらになると釘が残ってパンクするといけないので、今後は極力樹脂に切り替えていこうと思っています。

1 枚 800 円、三甲製(日本製)で、ちょっと弱いんですが、半年に一度程度しか動かさないので、それほど丈夫である必要もなく、軽くて安いほうがいいかなと思って、チョイスしてみました。

雨で強制休業と薪ストーブの輸入の進捗

段取りが悪いというかなんというか、こういう天気は、山での作業はできないけど、運転は問題ないので、原木を取りに行くにはちょうどいい日和なんですけど、昨日、考えなしに台車を整地したばかりのスペースに止めたため、スタックするといけないので、今日は何もできそうにありません。

まあ、秋祭りの神輿の運行許可の書類を作ったり、この間借りた仮ナンバーを返したり、通行許可の書類を取りに行ったりと、そういう雑務的なことを処理しようと思いますが。

それはそうと、薪ストーブ、JØTUL F500 SE のマジョリカブラウンの輸入依頼を受けた件 ですが、本日、と言うか現地日付で言えば昨日ですが、ようやく出荷されました。

今回は在庫が切れている JØTUL F400TrueNorth TN20 x 2 も合わせて輸入します。

通常は、横浜港に荷揚げするのですが、今回、F500 の依頼は同じ愛媛県の方からだったので、松山港です。

タイミング的にもう少し早ければ、薪割り機が神戸港なので、一緒に神戸港にとりに行けたのですが、バタバタしすぎてタイミングを上手く合わせられませんでした。

あとシアトルの倉庫にも若干荷物があって、これも在庫が切れているメルメットなどがあるのですが、タイミングが合わなかっため松山港です。

それはそうと、通関の話です。

別に神戸や横浜がどうのこうのというわけではないのですが、ああいう貨物の取扱が多い港というのは、トラックの台数も多くて、倉庫の前に列をなして何時間も荷物を待つわけですが、それぞれの倉庫にそれぞれの流儀があって、一見さんには結構辛いものがあるんですよ。

まあ、薪割り機については、神戸なんですが、前にも書いたとおり、フォワーダを変更したので、ポートアイランドから六甲アイランドに倉庫が変わるわけで、そうすると、また倉庫が決めてる俺ルールも変わるわけです。
ここのところはどうしようもないにしても、通関だの検査だのも、また変わる可能性があるわけで。

なもんで、松山まで保税陸送を自分でできないものか、という風に思いついたわけです。

薪製造機の輸入をした際には、これも倉庫は T 商会だったんですが、T 商会から大型 X 線検査場までは、税関の職員さんが先導して移動しました。

ところが前回のレントゲン車の検査(場所は大型 X 線検査場)に移動したときは、一人で勝手に移動したわけです。

ここで思ったんですが、朝鮮あたりから金塊の密輸なんてことが話題になっていますけど、もし輸入した貨物の中にそういうものを仕込んでいたとしたら、X 線検査の前に自分で運んでいるわけだから、抜き取ることが簡単にできますよね?

仮にですが、自分で運ばないにしても、運送屋さんのドイラバーを買収しておけば、抜き取ることなんて簡単にできそうです。

なので、あの検査のやり方に意味があるのか、っていうと相当疑わしいと思うのですが、それでも実際に摘発されているのだから、怪しいやつは相当怪しくて、税関も無闇矢鱈に無駄弾を売っているわけではないのかなと思ったりしたわけですが、ほぼほぼ毎回検査の自分の立場ってのはどうなのかというと、微妙に思ったりしたわけです。

で、結論として、個人で保税陸送はできますよ、ということだったわけで、それが可能になれば、検査で荷物を開けますよ、というようなことになった場合、翌日にやるとか言い出しても、松山なら被害が少なくて済むから、そうした方がいいのでは、と思うわけです。

ところで、松山の税関は、神戸の子分みたいな感じなんですが、松山港で支払った地方消費税は、松山のために使われるのでしょうか?神戸に吸い上げられていると嫌だなと思うんですが。

【お知らせ】松山港利用促進インセンティブ事業
http://www.matsuyama-port.com/incentive/index.html

こんな案内もあったんですが、たしかに松山港は暇そうです。
利用する側としては、待ち時間の短縮などのメリットが大きいんですが、どうしてもフレートが高いので、こういう補助はありがたいところですが、まあ、焼け石に水。

結局のところ、今の契約倉庫は、大型商品等が扱えないのと、保管料もばかにならないので、薪ストーブとか、薪割り機とか、そういうものは松山で扱って行こうと思います。

やる気になると雨。。。

ウッドバッグを積んでみました。

8 個 x 2 列は流石に無理としても、7 個は行けると思ったんですが、6 個でした。
一つ 400kg だとすると、12 個だから、たったの 4.8t しかないんですよ。

なんてこったい。

メッシュパレットも積んでみました。

W 1,200mm x D 1,000mm なので、2 列積めると思ったんだけど、積めません。

仕方がないので、1,200 + 1,000 という積み方をしましたが、ものすごく丁寧に積んだら、1,200 の 2 列で行けるのか、それとも無理なのか、そこんところが気になります。
仮に積めたとしても、長い距離を走る過程で振動だとかで、荷崩れしたら大変です。
荷台はフラットで全く引っかかりがないので、滑って落ちたらクレーンもついていないので、修正することも出来ませんから、当面は、1,000 x 2 列でないと怖いかなと思いました。

そうすると、1,200 x n < 8,600 ということになり、7 枚 x 2 列 x 2 段 = 28 パレット積載、ということになります。

一つ 400kg, 風体 60kg なので、製品自体重さは 11.2t、都合 12.88t ということですね。

燃費が 3km/L として、走行距離を 2,100km とすると、軽油 700L 消費します。
1L 100 円(含む AdBlue 消費分)として、70,000 円。
経験則上、車の損耗を無視しても、エンジンオイル・タイヤ等のメンテナンス費用が燃料と同等かかかります。
瀬戸大橋の通行料は、平日の割引を受けたとしても、4,760 円かかりますから、まあ、丼でいえば、10,000 円。
よって、車両の損料と人件費を一切無視して、150,000 円程度の輸送コストがかかるので、1t あたり 13,400 円程度の運賃、ということになってしまいますね。
まあ、人件費と車両の損料は、帰りに必要な資材を調達して、極力空で走らないことで回収するしかありません。

一つだけ確かなことは、せっかくトレーラなので、単車と大して変わらない重量で走ったんでは意味が無いということです。
意味が無いというよりも、むしろ、タイヤの本数的にも、頭が 6 本、尻が 8 本で 14 本もあるし、その分、転がり抵抗もあり、4 軸 = 特大料金なので、極めて不経済です。

まあ、タイヤに関しては、まだもぎ取れるか定かではありませんが、農協アルミ箱號にバリ山のタイヤがついているので、あれを使い回せば、1 本 4 万と言われるコストを劇的に下げられるわけで、今後もバスなどのバリ山中古タイヤをオクで探して調達して、タイヤコスを絞り込めば、1t あたり 10,000 円くらいでは運行できるんじゃないかと思うのです。
どこまで絞っても 80,000 円はかかるわけですから、積載 11.2t なら、110,000 円でやるなら、メンテナンスコストを 30,000 円に抑える必要があります。

取らぬ狸の皮算用というやつでしょうが。

まずはやってみて、それから問題点を洗い出し、ひとつづつ対策をしていこうと思いますし、より近い場所で、うちの薪を販売してくれるパートナーを増やしていく必要がありそうです。

で、今日は昼から原木回収の続きをしようかと思ったのです。

ただ、戻ってきたら 14 時で、お腹がすいたので、北京飯店でご飯を食べて、山に戻ったら 15 時で、しんどいので 30 分昼寝をし、チェンソーオイルを補給して、さてやるかと思って山についたら、途端に本降りですよ。

メッシュパレットの薪も台切りしただけで積んだままですし、予報をちゃんと見て予定を立てないと駄目ですね。

明日も雨なら、原木を取りに行きたいと思うのですが、それには、メッシュパレットを降ろさないといけないし、それよりもなによりも、整地したばかりのところが広いからと停めたんですが、おそらく雨が降ったあとに入るとスタックして出られなくなる可能性が極めて高いので、無理はしないでおこうと思います。