ちょっと寒くなってきたので薪の配達

今日は神社の祭日です。

本来は、大祭なのですが、時代でしょうか、行事は第 3 日曜日に変更になっています。
なので、7 年中 6 年は、祭日が 1 日増えるということになります。

それなりにお参りが多くて、いつもよりも切り上げる時間が遅くなりましたが、なんとかギリギリにまきの積み込みをすることができました。

このところちょっと寒くなってきたので、薪の配達を依頼いただいたので、2 件配達に出かけました。
どちらのお客さんも道幅がギリギリなんですが、なんとかユニックで配達できるのです。
とりあえず、予約分については、これで配達が全て完了です。

帰った後は、重い腰を上げて、大型商品を2 パレット程納品しました。
通常商品も納品したかったんですが、21 時までに納品しないといけなかったので時間切れなのと、いまひとつ頑張れない性分なので。
まあ、それでも、注文いただいている商品については納品したので、一安心です。

明日は、家祓い、明々後日は大祭なので、明後日はその準備があります。
大祭が終わったら、一旦倉庫はしっかりと片付けて、スペースを確保して、作業効率がアップするように工夫したいと思います。

微妙な新入荷 — L8GP3 と L8IC3

今日はどんど焼きでした。
そして、月次祭でした。

午前中、結構寒くて、火を焚くと近づくと熱いんですが、少し離れると寒い感じで、結構体力を消耗したからか、昼からちょっとだるくなって、出荷くらいはする予定が、ダウンしてしまいました。

最近、6 様がグルメというか、朝、牛乳を温めてあげてたら、それが当たり前になって、朝すごく早い時間に起こすんですよ。
おかげで寝不足なのもあります。

それで、出荷準備中の新入荷のアイテムですが、L8GP3 と L8IC3 の実物を初めて見た感じです。

L8GP3 は丸いグリルパンです。
L8SGP3 が四角い方なんですが、L8SGP3 の方が使い勝手が良さそうに感じますね。
L8SGP3 を使っているからかもしれませんけど。

L8IC3 は L8DO3 や L8DOL3 の蓋の部分の単品です。

なんだかんだで、結構 LODGE の製品の品揃えが充実してきた感じです。
ただ、人気があるアイテムとそうでないアイテムとの差がすごくあるのですが、新入荷のアイテムがどれくらいの人気なのか、まあ、少しは売れてくれるといいんですが。

車検の準備

今日は予定通り、運輸支局に車検の打ち合わせに行ってきました。
結果、諸元表を持って行って、構造変更で車検を受けることになりました。
チップ用の台車の方はかなり面倒くさそうなので、後回しにしようと思います。

帰り際、エアストリームが止まっていました。
これから仕上げるんでしょうかね。
ちょっと短い感じです、いいですね、エアストリーム。
いつかは買えるようになるといいんですが。。。

それで、自動梱包機なんですが、どうも普通のではなくて、お中元なんかで使っていたもののようです。
そういうところから、拾ってきたので、まあそうなんでしょうが、紐がかなり細い感じです。

MonotaRO とかに売っているんでしょうか。。。

急ぐものでもないので、梱包機の型番を調べて、メーカに確認してからにしようと思います。
ダンボールで販売する用の薪を結束するのに使いたいんですが、強度的にどうなのか、ちょっと気になります。

あと、薪乾燥機の部品も届いていました。
なぜか、ナイフが何本も一緒に入っていたんですが。。。
パッキングリストにはなかったです、ナイフは。
おかげで開梱された跡があったんですが、開披検査になったんでしょうか。
まあ、なんにせよ届いたからいいんですが、ナイフは電工ナイフのようでした。

帰りに 1 本、山が少ないタイヤがあるので、遅かれ早かれダメになるので、車検を機会にタイヤを入れ替えました。
スーパーシングルにしたい気もしないでもないんですが、予算というものもあるので。

ほとんどの人にはどうでもいい情報でしょうが、トレーラヘッドのタイヤですが、1 本、5 万円弱です。
全部で 6 本ありますので、まとめて交換しないといけないようなことになると 30 万ほどかかります。
思ったよりも高いですか、それとも安いですか?

3 軸の台車だと、1 軸あたりダブルタイヤだと 4 本ありますから、12 本、60 万かかります。
自分のは 2 軸だけですが、それでも 8 本で 40 万程。

結構、タイヤ代、バカになりません。

スーパーシングルにすると、2 本が 1 本になるので、ランニングコストは下がるのですが、最初にホイルを買わないといけないのである程度距離を乗る人でないとペイしません。
なので、自分の場合ペイするのは難しそうですし、ボルボに適合するサイズをブリジストンはまだ作ってないそうですので、そのうちに、サイズが出て、価格等がこなれてきたタイミングで、考えたいと思います。

そんなこんなで、戻った後は、出荷のための検品と梱包作業をしたんですが、夕方まで雨が止まなかったので、今日は発送はできませんでした。

どうでもいい話ですが、うちの弟一家がテレビに出てました。
弟のところの長女、姪っ子が今年成人するので、成人式の取材でした。

それで、オイオイと思ったのは、お宮の手伝いをしている的に放送されてたんですけどね、確かに手伝いはしてくれているんですけど、年に数日なんですよ。
あの映像を見ると、しょっちゅう手伝ってくれているように見えるし、年に一度手伝うか、手伝わないか、という弟もバッチリ映ってました。
別にテレビに出たかったわけではないんですが、美味しいところを持っていかれたような気がする今日この頃です。

しかし、例の破れかけの提灯、さすがプロが撮って気を使って編集してくれていて、ボロいところは見事にカットされていました。ただまあ、植木の手入れが間に合ってないところはバッチリ写っていて、常日頃からちゃんとやっておかないといけないなと反省しております。

明日は、午前中はどんど焼きと月次祭です。
午後から、今日の続きで、発送作業を進めたいと思います。

ナラ丸太の椅子を唐揚げ屋さんのオープンお祝いで届けました

今日は丸太の椅子を作りました。

まずは材料を玉切りするわけですが、ガタガタするし、切れないし、曲がるし、変だなと思ったら。。。
かなり太い番線が巻き込まれていて、刃がボロボロになりました。
まあ、なんとか無理やりぶったぎりましたが。

仕方がないので、目立てしましたけど、310 も年季が入って、砥石もかなり変形しているんですけど、切れ味の違いはさっぱりわからないので、砥石を整形するとその分すり減るので勿体無いので、たまにひっくり返す程度です。
なんだかんだで、コマのサイズがきっちり揃うのがいいんですよ、これ。

ただ、これがお陀仏になって、次買うなら、420 の方がいいとは思いますが。

それで、皮むきです。

ドローナイフが行方不明で見当たらなかったので、仕方がないので、泥が付いている皮はブラシで磨いてから X7 でちまちま削って、あとは、丸太はつり機 で一気にやります。

丸太はつり機 を使うのは、5 年ぶりくらいでしょうか。

そんなこんなで、明日プレオープンなんですが、なんとかお届けしました。
間に合ってよかったです。

駄目元で買ってみた薪割りドリルが届かない件 — 出荷元は当然アル国

まあ、想定通りというかなんというか。

去年の 11 月に薪割りドリルを注文してみました。

個人的にはあまり使い物にはならないかなと思うんですが、間違ってそこそこ使えてしまったら、面白いかなというのと、薪割り機に噛み込んだりした時、叩いて外すのは危ないので、いっぱい打ち込んでみたら、意外と行けたりしないかと思ったからです。

で、モノが一部届いたんですが、想定通りアル国からでした。
そして、その後、待てど暮らせど、一向に注文数が揃う気配がないのです。

Amazon にクレームを入れようとしたら、1/7 まで待ってみて、的なことを言われて、期日も過ぎたので、文句の一つも言ってやろうと思うわけですが、こういう事故率とか、数字で持っているわけで、ユーザに示したらどうかと思うんですよ。
そうすると、それを踏まえてオーダーするかどうか、考えることができますから。
クレームを入れるのも手間なのです。

同じ理由で、お店からすると、お客のクレーム率も明示してもらいたいなと思うところです。
Amazon はもともと薄利多売のハイリスク・ローリターンのチャネルですから、そういうケースを極力未然に防ぐ必要があります。
まあ、できることといえば、代引き・コンビニ決済を受け付けない、これくらいですけど。

とりあえずどういう回答になるかはわかりませんけど、文句を送信するだけは送信してみました。

認証トラクタ again

今日の午前中は天気が微妙な予報で、9 時くらいまで寝てしまいました。

久しぶにのんびりしたんですが、ルミナスのレンジ台 を組み立てて、カラーレーザープリンタを設置しました。
ちょっと事務部屋(というよりもかなり物置)もすっきりとした感じです。

そして、車検のことを思い出しました。
そう、トラクタの車検のタイミングなのです。

そういえば、配達に行くとか言っていなかったかとツッコミが入りそうですが、配達するものがないので、配達は延期しようと思うのですが、車検は延期できないのでした。

車検ですから、認証トラクタ の件が再燃するわけです。

で、結局よくわからないので、運輸局に電話したんですが、整備課ではなくて、検査の担当と話してということになったのですが、検査中はダメだから、昼休みか、終業後に話してほしいということになりました。

チップトレーラの件もあるんで、一旦行った方が良さそうです。

午後からは。。。品切れしている L9OG3 や、在庫が少なくなってしまっている L8SK3 の梱包と出荷をしようと思っていたのですが、実は風邪を引いたくさいのです。
なので、薬局に買い物に行って、そのままずっと寝ていました。
半分死んでいたら、5 号が七草がゆを作ってくれて、とりあえず、少々復活してブログを書いています。

明日には完全復活して、ちゃんと出荷作業をしないとと思うところではありますが、こればっかりは、具合次第なのでなんとも。
まあ、もともと頑張れない性格なので、気が向いたら、仕事をしようと思いますけど、記憶が確かなら、12 月からしっかりと休んだ記憶がないので、たまには何もしない期間、というものもあってもいいんじゃないかと思うのです。

9 日から庭師さんが神社の松の剪定に入ってくれることになっているのと、10 日はお日待ちがあるので、だらだら休めるのも明日までですが。

やることは一向に減っていないので、調子が悪い時でもできることをこなしていこうとは思います。

それと、これまた個人的な忘備録ですが。。。

薪乾燥機のブレーカーユニットにくっついている AX-11 についてです。
動作について問い合わせたところ回答がありました。

About getting the kiln running.

The blue wire is connected to x5 on the PLC
If the branch circuit breaker is tripped, then 24VDC power is sent to x5 and tell it that there is a problem.
To test:
– disconnect blue wire from Branch circuit breaker, so no error signal can go to PLC.
– Then test AMP rating on each phase when the main fan is running.

branch circuit breaker is tripped, ブレーカーが落ちた状態、つまり、小さな窓が緑色になっている場合、x5 (PLC) に 24VDC(マニュアルには、24VAC という記述があるけど、おそらく誤植)が送られ、異常を知らせる、ということのようです。

解決策(場当たり的)については、その下に書いてある通り、配線を外したら通電しなくなるので、正常と x5 を誤認識させることができますが、当然、ブレーカーが落ちても、そのことを x5 が知ることはできないわけです。

リミットスイッチを使用して、ブレーカーが落ちた時、その落ちたブレーカーのノブ(?)がリミットスイッチを入れるようにすれば、同じことはできますけど、そんな小細工をしなくても、交換用の部品が送られているそうなので、それを待つ方が良いと思います。

それで、ブレーカーユニットの破損の理由についてですが、特に明確な答えはなかったので、新しいユニットが届いたとしても、また壊れてしまうリスクが排除できません。
なので、test AMP rating on each phase when the main fan is running, 実際にどのくらい電流が流れるのか、調べてみる必要があります。

モータの仕様については、240V だけではなく、208V にも対応しているということで、15HP = 11kW なので、11kW / 0.2kV = 55A Max ということになりますから、60A で足りないことはないのかしら、と思うところではあります。

それで、もともとこのシステムは 60m3 程の薪を乾燥させる用にデザインされているんですが、敷地の都合的に 30m3 のサイズに縮小しているので、メインファンの能力が過大である訳です。
ファンブレードはピッチが可変なので、調整して負荷を合わせて下げてることも提案されました。

当然、一番電気を食うファンの負荷が下がれば時間当たりのランニングコストも低下します。
ただ、それで乾燥にかかる時間伸びれば、意味がありませんで、この部分はセンシティブな要素かなと思います。

FISKARS X7 ようやく納品

長らく品切れをしていた FISKARS X7 をようやく納品しました。

いわゆるハチェットと呼ばれる手斧ですが、これ薪活には本当に便利だと思います。
キャンプ用にもとても良いサイズ感だと思います。

シース(カバー)が付属するので安全に持ち運ぶことができ、シャフトが中空の樹脂のため、とても軽量で、かつ、極めて堅牢です。刃もとても鋭利で、切れすぎて怖いくらい、実際自分はあまりに切れすぎて楽しすぎて夢中でやっていて思わず怪我をしましたが、とにかくよく切れます。

非常にオススメできる逸品です。

それと、お願いというか、ご案内です。

Hearth & Home で販売している FISKARS 製品には、保証があります。
しかし、多くの他店では、保証はないか、あっても初期不良のみと言った状態です。

X シリーズでも、斧自体は堅牢ですが、シースはそれほど丈夫ではありません。
IsoCore シリーズは、X シリーズに比べて構造が複雑なため、格段に不良の発生率が高い です。

1 万円もする斧を買って、一年で痛んだとして、保証がなければ、それでお終いです。
Hearth & Home で買っていただきますと、メーカーが不良であると認めた場合に限りますが、新品交換を無償いたします。(現在は、国際送料として 2,000 円のご負担が必要)

※ 本国でのセンドバック保証ですので、本来は、不良品の返品(送料はお客様負担)が必要です。しかし、折れた斧を回収しても仕方ないので、今までのところは、写真での対応となっています。将来、メーカーの対応がどう変化するかはわかりません。

田舎の一個人の努力では、すべてのユーザーさんにこのような事実を告知することはできません。
もし、斧をお探しの方がいらっしゃいましたら、最終的に判断されるのはその方でしょうが、保証の違いや、価格の違いについて、特に、Hearth & Home では折れても無償で交換していることを、お知らせしてください。

一度は折れてしまっても、不良品ならば、新品になるのですから、買って残念な思いをすることはないはずです。
わけのわからないコピー品が半額でも、長い目で見れば FISKARS のコストパフォーマンスの方が間違いなく優れていると思います。

なんとか新年です

世間の人たちとは、多分正月というものについての感覚が全く違うんじゃないかと思います。
とにかく忙しいというイメージです。

去年の 12 月は、薪乾燥機の組み立て作業や、原木の回収など、やることがたまりにたまって、それでもなんとか、仕事を持ち越さずに済みました。

元旦は、当然ですが、神社なのです。
弟たちが手伝ってくれるので、なんとかなっています。
まあ、手伝うと言っても、準備等は一切しないで元旦いてくれるだけですけど。

そんなこんなで慌ただしい一年が始まりました。

一年の計は元旦にありというので、今年の抱負について考えてみました。

それで、去年の年始を振り返るとこんなことをいっていました

一年の計は元旦にあり、というのですが、あまりにバタバタしていて、ゆっくりする時間もなかったため、具体的な目標を考えることもできませんでしたが、今年は、神社について、まずは災害の復旧と防災対策を進めていきたいと思います。
雑貨屋さんについては、薪ストーブと薪だと、どうしても冬に偏るため、薪割り機や、ダッチオーブンなど、新しく始めた商品をより充実させていき、今後は、シナジーの期待できるアウトドア用品などについても、取扱を広げていきたいと思っています。
ただ、セレクトショップという性質上、売れれば何でも売る、ということにはならないので、商品に対する知識や経験が必要なため、ゆっくりとしか増やしていけないとは思いますが。
薪屋さんについても、今年こそは、乾燥機を可動させて、衛生的な薪を生産して、ピザ屋さんや石窯パン屋さんのような、年間を通して薪の需要があるところにアプローチしていきたいなと思います。

まず、薪割り機については、これは鳴かず飛ばず、です。

ダッチオーブン、というよりも Lodge 製品 については、本店での売り上げはサッパリですが、全体では安定して買っていただけるようになりました。

薪の方は、乾燥機は稼動しましたが、安定して運転するには今しばらくノウハウの獲得が必要になりそうです。
その上で、乾燥の品質, ひいては薪の品質を高めていくには、さらに時間がかかりそうです。

なので、今年は、

  • 薪乾燥機の安定稼動と安定生産
  • アウトドア関連など、薪, 焚き火に関連の高い商品の充実

を頑張りたいと思います。

それと、薪割り機については、電動化を進めたいと思います。
先月送った貨物の中に、電動化のための試作に必要な部材が入っていて、今月中に届くんじゃないかと思うのです。

この辺りのパーツ なんですが、結局、適当に取り寄せて現物あわせでどうにかしよう、という計画です。

モータに関しては、JIS モータで向こうのポンプを駆動するため、ちょっとした細工は必要になるんじゃないかと思っています。

そういうのに必要になるので、フライスとか、旋盤とか、最近ちょっと欲しいんです。

まあ、薪割り機がもうすこし安定して、せめて月に 1 台くらいはコンスタントに売れるようにならないと、土台無理なので、それまでは、加工に出そうと思います。

ようやく正月が来そう

タイムリミットの大晦日です。

原木置き場ですが、なんとか撤収しましたが、枝を集めて、重機を回収して戻ったらもう真っ暗でした。
ここは長く借りて、本当に迷惑をかけてしまったのですが、今度は約束を違えずにすみました。
本当にホッとしました。

その後、薪の配達です。
これも年内ということで、暗くなってからですが、出動です。
ざっと積んだたら結構てんこ盛りでした。
これもなんとか間に合いました。

その後、お宮に戻って、総代さんがしめ縄を新調してくださっているので、紙垂をつけていきます。
提灯をなんとかするのは間に合わなかったんですが。。。
全部終わったら、20 時を回っていました。

みなさま、よいお年をお迎えください。

お正月の準備と原木の片付けが佳境

いよいよ今年も残りわずかとなり、お正月の準備をしないといけません。

今朝は兼務社の一つの準備があるのですが、朝、モップのバケツのを見ると、氷が張っていました。
初氷ではないかと思います。

今年は比較的暖かいように感じていて、実際のところ、薪の売れ行きも今ひとつなんですが、これから本格的に寒くなるんでしょうかね。
お正月 3 が日くらいは、天気が良いといいのですが。

掃除が一通り終わったら、昨日、積みっぱなしで帰っていたので、荷下ろしをしました。

結構、山においていた時間が長いので、皮が痛んでいて、積み下ろしでかなり剥げてゴミが出ます。
焼け石に水なんでしょうが、それらをどこにでも捨てると、土がどんどんふかふかになっていってしまうので、早速スコップで集めてみました。
チップビンに放り込もうかとも思ったんですが、水分が多いし、皮ばかりなので、他のチップと撹拌してからの方がいいと思うのですが、他のチップはシート養生してあるので、面倒なので、まあ、そのうちやろうと思います。

なんだかんだで山に着いたら 12 時で、1 回では無理だなと思っていたんですが、やはりギリギリ無理でした。
まあ、どの道、ユンボとボブキャットを持って帰らないといけないので、1 回では無理なんですが。
あとの残りは、トレーラに 1/2 ないくらいですが、ものすごく曲がっているような曲者を撥ねてあるのが残っているので、意外とかさばるんじゃないかと思います。

短いものとか、落ちないように組み合わせて積んだので、時間がかかって、戻ったら 17 自前だったんですが、頑張って荷下ろしを終えるところまでやりたいところでしたが、暗い中無理してやったら、リアのマーカーを爪でつついて潰してしまいました。
MonotaRO の安物 ですが、それでも 1,000 円ほどはするんでもったいないことです。

明日、明後日も、当然、お宮の準備がありますが、明日は雨だし、雑貨が溢れかえっているので、初詣の人からよく見えるので、倉庫の片付けをしないとみっともないので、出荷と片付けを頑張ろうと思います。
明後日は、午後から残りの原木の片付けを済ませたいと思います。
今年の仕事は今年のうちになんとか終わりそうです。