見積もりが大変なのでなんとかしたい件

寒くなってきて、薪ストーブの見積もりがちらほら。

そういえば、自動見積り計算機を作ってみよう、なんてほざいたはいいけど、すっかり忘れていたことを今しがた思い出しましたが、早速壁にぶち当たりました。

為替レートってどうやって取得しようかしら、ということです。

ちょっと検索したら、Google の JSON API がヒットしたんですが、404 だったんです。

代わりに見つけたのがこれ。

yql を使う方法が回答されていました。

必要なのは、CADJPY なので、以下のように書き換えました。

答えは、XML で戻してくれて、

ってな具合なわけです。

というわけで、早速実装しましょう。

都度都度 yql に問い合わせが発生するので、結果をキャッシュするようにするなどは必要でしょうし、エラー処理も一切省いてますが、為替レートに基づいた見積もりを作れるようになるわけで、多少は正確になりそうです。

ていうか、xpath 式とか、久しぶりすぎてすっかり忘れてましたが、最近の若い人だったら、生まれてませんとか言われそうですね。

まあ、今日は眠いんで、ここまで。

GreaseMonkey で JSON の扱いに関する問題

GreaseMonkey (Firefox) の場合、[cci_JavaScript]object.toSource()[/cci] でオブジェクトをシリアライズでき、[cci_JavaScript]GM_setValue()[/cci], [cci_JavaScript]GM_getValue()[/cci] を使って永続しています。
これはこれで問題がなかったんですが、[cci_JavaScript]object.toSource()[/cci] をシリアライズではなく、JSON 形式と誤認して PHP と組み合わせた結果、色々と問題を起こしました。

楽しようと思って使った JSON でかなりハマったので、メモしておきます。
続きを読む

4-1 CakePHP 事始め

今、住所録ソフトとして、筆まめを使っています。とても良くできたソフトだと思うのですが、どうしても足りない足りない機能や、かゆいところに手が届かず不便な思いをしている部分があり、リハビリもかねて、CakePHP に挑戦して見ようと思います。

早速、紀伊国屋の跡地にできた、ジュンク堂にはじめて足を運び、CakePHP 1.2 ガイドブックを買ってきました。他にもCakePHP 関連が何冊かあり、また、他のフレームワークの書籍もあったんですが、目移りしてキリがないので、一番無難そうな当該書籍にしました。

というわけで、当該書籍のPART 4 からスタート、その備忘録です。

続きを読む