薪割り機を発送しました

組み立てた薪割り機ですが、ようやく発送しました。
集荷を依頼しても、取りに来てくれるまで時間がかかることがあり、リフトが使えるようにしておかないといけないのは面倒なので、今回は持ち込みました。

午前中は、書類関係を作って、パスポートの写真を撮ってもらって、発送のための資材を西村ジョイに買いに行ったんですが、そうしたところ、波板用の細長いパレットが積んであって、聞いてみるともらえました。
まあ、流石に長過ぎたので切りましたが。

薪割り機はケタにガッチャで締め付けてあるので、ずれることはないと思いますが、まあ、ガッチャはワンウェイですね。
お客さんのところでも、梱包を解いたあとも使えるようにワッカタイプを選択しました。

1.6m x 1.1m x 1m くらいに膨れ上がっているので、元のサイズの 3 倍くらいあるんですが、運賃がいくら掛かるのかが心配でなりません。
とりあえず、運賃が 1 万円をオーバーしたら、精算してくださるようにはお願いしているんですが。。。
後払いなので、いくらかかるのか、その場ではわからないのがなんともです。

それと、薪製造機のオイルのリークですが、末期症状というか、かなり作動油が減ってしまって、足す必要が出てきたので、重い腰を上げてホース屋さんに行って、見てもらいました。

早速現場に来てくれて、相談に乗ってもらったんですが、ちょっと パスポートセンター に手続きにも行きたかったので、ホース屋さんに任せて、現場を開けたので、修理は来週に持ち越しです。

バンジョー ですが、ホース屋さんがモータのドレンのネジを調べてくれたところ 1/4″ PF が入ってそれなりだったのですが、今回は急ぐのでホース屋さんに修理をしてもらおうと思うのですが、薪製造機自体まだ 3 年ほどなので、このペースでいちいち修理屋さんを呼んだら、コストがかかって仕方ないので、ヤフオクなどでホースのみ交換できるように、AN 口金のバンジョーに交換しておき、ホース自体は、米国製の安い両端が NPT-M のものを NPT-F x JIC-F の変換継手で継いで使おうと思うのです。

それと、オイルクーラの件も急ぐので、ホースをお願いしたんですが、3/4″ の 20MPa くらいのホースを作ると、1m あたり 1 万円では間に合わないそうなんですよね。
アメリカで買えば、送料は別ですが、48″ の 3/4″ 両端 NPT で $21.95 なんですよ。
要するに 1/5 の値段ってことです。

ホース屋さんは親切なんだけど、毎回はとてもお願いできません。

それと、オイルクーラを挟み込もうと思ってばらして気がついたんですが、その部分は、O リングもなくて、また、シールテープもまいてなくて、先端が斜めになっていて、そこを突き合わせている感じの口金でした。
ホース屋さんはユニファイと読んでたんですが、これが JIC fittings だと思うんです。
ばらして油まみれだったので写真は取れていませんが。。。

ネジのサイズは見たままで 3/4″ だったので、仮に JIC だとして、そうすると dash size だと、12/16 なので、#12 ですから、$27.95 で、両端はメスのスイベルになるようです。

他のホースのこともあるので、一度バラして、口金がどうなっているのか確認しておいたほうが良い気もします。

ホースの在庫の都合があるので、JIC のものを持っておくのがいいのか、それとも NPT を基本として、JIC は変換するのがいいのか、ただ、油圧モータのケースドレン一つ取っても、かなりギリギリのスペースしかなくて、1/8″ のホースになっていて、しかも元でカシメてあるんですが、これを JIC にしたら口金がモータのケースに干渉しそうで、取り付かないんじゃないのかなとも思えるのです。

それほどバンバン裂けるものではないし、口金のことなんか知らなくても、使えさえすればいいんですが、FARMI の担当者が退職してから、およそまともに返事がないし、仮にまとも供給されたところで、いちいちフィンランドから取り寄せていたらお金がかかって仕方ないですから、ここらで腹をくくって、アメリカの量販店で売られている部品でさくりと修理できるように改造していく必要がありそうです。

パスポートですが、5/24 にはできることになりました。
パスポートの写真ですが、何も考えてなかったんですが、今日はツナギで、その写真を出したら、この写真でパスポートを作りますと。
そりゃそうだよね。

予定していた メッシュパレットのレンタルの打ち合わせ の件ですが、営業さんが要件が長引いたようで、こちらも役所に間に合わなくなるので、また後日ということになりましたが、まあ仕方ありません。

薪の配達の見積り依頼がありました

広島の方から薪の配達の見積り依頼がありました。
毎回、計算方法を書くのも面倒くさいので、ここに記録しておこうと思います。

今回の方は、住所がアバウトでしたので、ユニック車、往復 350km, しまなみ海道(今治北〜西瀬戸尾道)は高速を走行、平日、という条件です。

商品は、生薪として、一袋 10,800 円です。

ちなみに、一袋とは、φ 1.2m のウッドバッグに高さ 1.2m に手でそれなりに並べて充填したもので、重量は不明です。
自然のもののため、ばらつきがあります。

計算上は、クヌギ・ナラだけなら、乾燥後にも、0.6 x 0.6 x π x 1.2 x 0.7(隙間 30% 差引)x 0.8(比重)x 0.9(乾燥収縮)= 680kg 入っていることになります。

なお、10,800 円の生薪は、残り僅か(現在の在庫は残り 7 袋くらい, ただし割ってないものが多少あるのでもう少し生産できます)で、代金を払った人から先着です。
払った人から納品しますので、お早めにお問い合わせください。

10,800 円の生薪は、主にクヌギ・ナラですが、カシその他、広葉樹全般なので、ミックスです。
樹種については、混ざることがあります ので、神経質な人はご遠慮ください、というか、うちの薪はそもそも神経質な人には合いません。

なお、通常の生薪は 15,120 円です。

以下、返信したメール内容ですが、

4tユニックに積めるだけ(軽トラ換算で3〜4台分)配達の場合、

(1) しまなみ海道の通行料
(2) 運賃(10km あたり 540 円)
(3) 積み込み、積み下ろし費用(ユニック車、クレーン作業)

が必要になります。

(1) は概ね 3,200 円程度 x 2、(2) は 10km あたり 540 円なので、往復で約 350km 程度あるので、18,900 円程度、(3) は一袋あたり +1,080 円かかります。

たとえば、いま販売している未乾燥薪ですと、@10,800 円で、運賃別ですから、仮に 4 袋配達させていただくと、

商品 10,800 円 x 4
(1) 3,200 x 2 円
(2) 18,900 円
(3) 1,080 円 x 3

10,800 x 4 + 3,200 x 2 + 18,900 + 1,080 x 4 = 72,820 円となります。

乾燥後には概ね 1.6t 超、2t くらいはあるかと思いますから、仮に 1.6t しかなくても、1kg あたりの単価でしたら、税、運賃込みでも 46 円を切っており、競争力のある価格ではないかと思います。ただし、すぐには焚けません。

冬にすぐ焚ける薪を配達に行く場合、商品の単価が未選別品は 17,280 円、選別品は 21,600 円なので、それぞれ、

17,280 x 4 + 3,200 x 2 + 18,900 + 1,080 x 4 = 98,740 円 (@61.7円)
21,600 x 4 + 3,200 x 2 + 18,900 + 1,080 x 4 = 116,020 円 (@72.5円) となります。

未選別品は、ウッドバッグという乾燥用の袋に入ったままで、薪のクリーニングをおこなっていませんし、木くず(コロ薪等)を含んだままの状態でのお届けです。
選別品は、木くず等を取り除くき、薪をブラッシングしてゴミを取り除き、太すぎるものを小割りして、お届けします。(コロ薪等がなくなるので、未選別品よりも重量が減り、400kg 分となります)

以上のようにとても高額になります。

という感じです。

無論、トレーラーでの配達もできますが、流石に個人でトレーラー単位で買う人はいないかと思いますので。。。

乾燥薪の単価は、去年の価格で、今年の価格ではなく、仮の計算です。
仕入れが上がっているし、燃料費も上がっているので、値上げする可能性があります。

後、運賃ですが、日時指定すると、人件費等(場合によっては、宿泊しないといけないためその費用)も加算になります。
あくまでも、こちらの都合で、勝手に行って、勝手にユニックで下ろして帰る場合の運賃です。
というよりも、日時指定されても、対応できないと思うのです。

自分で言うのもなんですが、時間を決められるのが凄くストレスで、なもんで、地鎮祭とか、祭典は死ぬほど疲れるんですよね。。。
電車やバスの運転手さんとか、すごく時間にきっちりですが、そういう職に就くには、1 万回くらい倫理的・霊的に生まれ変わる必要がありそうです。

というわけで、超アバウトなオッサンが、ぬるぬるでやっておりますので、ぬるぬるっと見守ってやってください。

HEUNG-A TOKYO の予定ほど当てにならないものはないような気がする件

次の貨物の件です。

VSL: HEUNG-A TOKYO V. 0652S
ETD PUSAN : MAY 28
ETA MATSUYAMA : MAY 29

ってことなのですが、まず大体、もともとも日程は、今日松山着だったわけですから、そこからして当てにならず、釜山到着が明日であり、かつ、HEUNG-A TOKYO はウイークリーなので、28 – 7 = 21 なので、17 日入港の貨物の積み替えが 21 日に間に合いません、といっているわけですが、予定を見てみると、21 日(22 日松山)の便自体、運行がないようです。
そういう具合ですから、この 29 日というのも、かなり微妙かと思うわけですが、まあ、2 週続けて omit になることはないと仮定すれば、なんとか 5 月中に通関できればいいのかな、というところでしょうか。

いずれにせよ、このタイミングなので、6 月の第一週の上京は絶望的で、6 月の第 2 週、9, 10 を含む日程で上京できればなと思うところです。

上京するんだったら、プチフォー車庫の設置をしたい のですが、そうすると、ユニックで行く必要が出てきます。
生薪の配達もしたいんですが、雑貨を積んでいると、3 つくらいしか積めないのも辛いところです。

松山で荷物を引き取った後、これと生薪を積み込み、京都のお客さんに生薪を配達後、神戸まで戻って荷物を引き取って上京, 納品して、車庫の設置工事をして、帰りは名古屋まで空荷でもったいない気もしますが、パレットを積み込んで帰れば、空荷で走る量をかなり減らせそうです。

ユニックで行くなら、おまかせ便の運行はかなり柔軟にできると思うので、薪割り機の購入を検討してくださっている方は、早めににご相談ください。

パスポートの取得とメッシュパレットのレンタル

来月くらい、薪製造関連のとあるアイテムを買い出しに、アメリカに行かなければなりません。

パスポートを取るのは久しぶりすぎて、どうやって取るのか忘れているので調べてみました。

松山市の場合、パスポートセンター とかいうところで手続きをする必要があるようです。

場所はフジグランの別館のようです。

土日もやっているのはありがたいです。
まあ、役所が土日休むこと自体、サービス業としてどうかと思いますが。

とりあえず、

受け付け完了後、パスポートをお渡しできるまで、通常で7日、祝日があるとさらに日数がかかりますので、お早めにお手続きをお願いします。

について、赤色太字で強調してあったので、今度の金曜日は天気が悪そうなので、役所関連をまとめて処理したいと思います。

それと、航空券の予約も早くしておきたいところですが、先方がのんびりヨーロッパ旅行中で打ち合わせが出来ません。

とりあえず、6/18 の週は東京発・ニューヨーク行きのファーストクラス・ビジネスクラスは空席がないのです。
空席待ちをするにしてもしないにしても、パスポートよりも、こっちのほうが問題になりそうです。

プレミアムエコノミークラスは空席があるんですけどね。
まあ、田舎の芋太夫らしく、エコノミーですし詰めになるのも仕事と割り切れば悪いものではないのかもしれませんが。

金曜日は、リース屋さんと打ち合わせをすることになっています。

野菜の出荷、”レンタルパレット”の時代がきてる!?

facebook で上記の記事を見かけたわけですが、今、特定のお客さんにメッシュパレットで納品しています。
メッシュパレットのコストでとても悩んでいるわけです。

薪はとにかく単価が安く、それに対してメッシュパレットは高額です。
現状、無償で貸し出しているのですが、管理するだけでも大変で、空いたものを回収するにもコストがかかります。
通常、W 1,200 x D 1,000 x H 900 のタイプだと、国内メーカー品の場合、2 万を大きく超える価格ですし、チャイニーズ物でも、日本の業者経由だと、1 万円では買えません。

投資をしているわけですから、本来は、それなりにリターンは必要です。
品物自体の償却もありますし。

メッシュパレットで利益を得たいわけではないし、それよりもむしろ、メッシュパレットに投資をしたくない。
かかる費用を明確にして、お客さんサイドでそのコストが負担できないのなら、別の手段、ワンウェイのフレコンにするとか、そういう部分を煮詰めていく必要があると思うわけです。

ワンウェイのフレコンであれば、本当に一度で使い捨てても 1,500 円程度で済みますから。

日建リースさんの場合、松山で借りて、輸送、その後は、全国どこでも返すことができるようです。
レンタルの仕組、特に、出荷した後、出荷先がいつカゴを返すかどうかっていう部分までこちらでは責任を取れませんから、超過した分についてや、返却時の運賃などがどうなるのか、という部分が気になっています。

レンタルがうまく行けば、メッシュパレットのコストの問題や、数が足りない問題などは、すべて解決しそうです。

薪割り機の組み立て

今日は 15 日なので、月次祭です。
それと、家の解体に先立っての出張清祓を頼まれていて、午前中一般は、神主らしい日でした。

午後からは、昨日の続きと、薪割り機の組み立てです。

まあ、見ての通りですが、結局ほとんど組み立ててしまいました。
バラバラだと送るに送れないし、致し方ありません。
発送するので、オイル類は殆ど入っていませんが、抜ける範囲で、全部抜いてあります。
コトンロールバルブのレーバーは、折れるといけないので、上を外して送ったほうがいいでしょうね。

早速送りたかったんですが、ちょうどのパレットがないため、発送できませんでした。
組み立てて割増料金というわけではないので、パレットを作成したり、運賃も容積が倍くらいには増えるので、大幅なコストアップです。
組み立てての発送は、やはり無理がありすぎました。
多分、赤字だと思います。

お客さんに末永く薪割り機を愛用してもらいたい、そのためには、やはり組み立てを自分でやって仕組みを理解してもらう、このことはとても大切だと思うわけです。
その一方で、兼好法師の「先達はあらまほしき事なり」という話もありますし、一人でやると辛気臭いというのもあるわけです。
今後は、組み立て会のような機会をどんどん作って行きたいと思います。

ハウスの方ですが、まあ、見ての通り、ボチボチです。

明日は、お宮の祭日で、夕方は設備屋さんに洗濯機の給排水工事をお願いしないといけないのですが、発送作業はなんとかできないかなと思います。
無理かな。。。

生コン屋さんが休みだった件と検品作業

今日は地鎮祭だったりして、もともと作業は捗らないと思っていたんですが、それ以前に、生コン屋さんが休みでした。
なんとも。

とりあえず、1 段目は 6 個据えて、2 段目なんですが、水抜きパイプを細工しないといけないので、遅々として進みません。

記録を見てみると、4/23 に 0.25 を借りている のですが、もう 12 日で、あと 10 日で一月で、来週は前半は職人さんが別の現場で来てくれないし、後半は雨という具合ですから、2 ヶ月目に突入しそうです。

確か一日 12,000 円くらいだったと思うので、月極で、16.8 万, 保険料や税金で月 20 万くらいかかるのですが仕方ありません。
ほんと、さっさと買いたいです。

とりあえず、5 段積まないといけないのですが、まあ、頑張るしかないですね。

それと、神戸で引き取ってきたものの検品をしました。
で、本日のなんじゃこりゃー。

すごく糞でかい箱があって、開けてビックリ、ローププラーが 3 つはいっているだけでした。
4 つ注文してあり、1 つか見当たらなくて、その 1 つは裸に直接ラベルがはってあったんですが。
4 つをバンドルして送るというような芸はないのでしょうか。

船便は容積で運賃が決まるのですが、商品の容積の 10 倍以上になっています。
多分 160 サイズギリギリか、超過しているくらいなので、仮に 0.2m3 あったら、これだけで運賃が 8,000 円くらいかかっているんですよ。
当然、それに税金もかかります。
下手すりゃ航空便のほうが安いですよ、これじゃ。

まあ、この辺、たくさん売れるんなら、きちんとした仕入れルートを確立しますが、特に売れるようなものではないし、数も 4 つとか、とういうレベルですから、まともに梱包されているかどうかは、ほとんど博打みたいなものです。

4m3 以上あって、重量は 500kg 程しかないっていうんだから、今回の荷物は軽かったんですが、空気を運んだようなもんですね。次回は、もう少し、重たいものも輸入したいと思います。

それと、以前書いたブレイブの不具合の件ですが、対策用の部品も今回の船に積んでありました。

そういう予感がしたというわけではなくて、単に自分用に輸入していたものですが。

90° のエルボの Hose Barb, 日本語で言うとタケノコニップルで、写真のようなものですが、一部のロットは樹脂製で緩むと再度締めるのが難しいため、金属製のものを予備で持っておいたほうがいいのではと、手配していたものです。

残りが一つになってしまったので、念のために、もう少し手配したほうが良さそうです。

それと、薪製造機の話なんですが、これから暑くなるわけで、でも薪割りは頑張らないといけないわけで、人間もバテるんですが、機械も油温が上がってしまうので、対策をしないといけません。

施設の人がオイルクーラーをジャンクから拾ってきてくれたんですが、1/2″ だったんです。
薪製造機は 3/4″ なんですが、とりあえず、3/4″ を 1/2″ に変換して様子を見ようと思いますから、変換金物も買ったほうが良さげです。
これは急ぐから航空便かな。。。
来週、リターン周りの確認をしたいと思います。

明日は兼務神社の春祭りで相撲大会があります。
あいにく雨の予報で。。。
ボチボチ頑張ります。

擁壁工事再開

今回の神戸の荷物の引き取りは、一日で 880km ほど走ったようです。

瀬戸大橋の一区間を除いて、基本的に全ベタです。
それで 880km を走るわけですから、眠いのですよ。
眠くなったら即仮眠!

燃費は、8.2km/l だったようです。
微妙ですね。

寝たいところですが、擁壁工事を再開です。
水抜きパイプを接続しないといけないので、削って埋め込みます。
コンクリートから照り返して暑かったです。

削るのはしんどいので、明日はエンジンカッターを借りようと思いますが、地鎮祭があるのと、明後日は、春祭りで子供の相撲大会もあります。
それらもあるのでいまいち捗らなさそうです。

掘削した分、残土がてんこ盛りになって、ちょっと手狭なので、スケルトンで石を回収して、発生した土はガラを埋めてあったところの埋め戻しに持っていきました。

いよいよ寝たいところですが、今日はちょっと急ぎの案件で電話をしないといけないので、東海岸が朝になるまで、もうしばらく起きていないといけない感じです。
眠らないようにもうひと頑張りしたいと思います。

配達・通関完了

かなりきわどかったんですが、なんとか通関まで無事に済ませることが出来ました。

ちょっと寝不足で眠くて、Monster Energy を買ってみたんですが、気のせいか、眠くなくなっていい感じで作業を頑張ることが出来ました。
Red Bull はまだ買ったことがないんですけど、どうなんでしょうかね。
まあ、あまり頼るとよろしくなさげ。

それと、途中で、小型のパル付きの実物を初めて見ました。
結構便利そうです。
ハイジャッキはないようなので、これを使い、回送もするなら、日新のスーパーキャリア にする必要がありますね。

別所まで戻ってきたので、あとひと頑張りしたいと思います。

積み込み完了!配達と引取に出発!

ロールボックスパレットを積んであるため、3 袋しか積み込めませんでしたが、今回は、神戸に引き取りに行く前に、京都まで配達に足を伸ばしたいと思います。

クヌギ薪は 1 袋積んで、今回 2 袋、残り 7 袋なので、9 袋作ったようです。
まだ山にあるんですが、搬出が間に合ってない感じです。

それと、残りの 1 袋は、半乾燥品のサンプルです。

Hearth & Home 暖炉家 では、業者さん向けに写真のように薪製造機で加工した原木の卸売を行っています。

薪製造機で処理しただけのもののため、短いものや長いもの、細すぎるもの、太すぎるものが混じります。
木くずについては、大部分は取り除かれています。
各事業者さんで選別、小割、乾燥という作業を経て付加価値をつけて再販していただく商品です。
基本的には、大型トレーラ単位(最低 12 袋)での出荷となります。

原木のクオリティによりますが、今回出荷は最安の商品で、一袋 10,800 円(税込)です。
運賃、袋代は別途必要です。

興味をもたれましたら、お問い合わせ ください。

案の定遅延するコリア経由の荷物

ETA 5/17 の荷物ですが、5/17 に遅れましたって連絡があり、一瞬意味がわかりませんでしたが、釜山に入港するのが 5/17 ってことみたいです。
ということは、そこから 2 週間くらい平気でかかってくれちゃいそうですから、まあ、6 月くらいに思っておけば腹も立たないかなというところですね。

VSL: BEAR MOUNTAIN BRIDGE V. 70W
CUT OFF: MAY 11
ETD LAX: MAY 21
ETA KOBE: JUNE 5

ロスからの荷物の方は、6/5 ということなので、こっちのほうが早く引き取れそうな気がしないでもないです。

それはそうと、チャップスですが、今回初めて船便での輸入です。
なので、税番がわからなくて、結局、税関に尋ねた んですが、6210.40-200 ということになりました。

しかしまあ、当該チャップスは、ユニセックスで、フリーサイズなのですが、男子用としていいんでしょうか。
セクハラ罪という罪があるとかないとかごく一部で盛り上がっているようですが、#MeToo されそうで心配です。
そういや、女性用チャップスってあるんでしょうかね?

繊維製品は本当にややこしくて、編物と織物とで税番が違いますし、今回はポリエステルで PVC コーティングされているのですが、この PVC コーティングが目視できるか否かにより税番が異なります。
まあ、どちらも税率は同じで、WTO 9.1% なんですけど。

編物と織物の違い が一瞬わからなかったんですが、まあ、作り方は普通に生きていれば、皆知っているとは思うのですが、いざ聞かれると明確に即答するのは難しいんじゃないでしょうか。

これが織物。

そして、これが編物です。

それと、それ以前に、ズボンなのか、エプロンなのか、という問題もあります。

まあ、そういうわけで、今回はほぼほぼ 100% に近い確率で「物を見せてください」になるに 100 ペソかけたいと思います。

天気次第ですが、雨が止んだら、明日から、引き取りに向かいたいと思います。