JØTUL(ヨツール) F 100 の価格について

JØTUL(ヨツール) F 100 はいくらですかと訊かれたのですが、メールがエラーになるため、こちらに書いておきたいと思います。

本体の価格としては、今の為替レートだと、125,000 円くらいです。

これを港まで出荷する際の運賃が $50 程度、今のレートだと 6,000 円くらいです。

日本までの運賃が 1m3 あたり 4 万程度、これは小型のストーブなので、0.75m3 には収まると思いますが、約 3 万程度です。
それと、通関などの経費がかかります。

そして、お客さままでの、日本国内の配送料です。
F 100 は、重量が 90kg ですので、ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財便 で割増なしで送れますね。
発表されている三辺の合計は、1,541mm なので、滋賀県までですと、A ランクで 3,000 円となります。(保険料別途必要と思います)

なので、通関経費を無視して、単純に足すと、164,000 円、これに、当方の代行手数料が 10% 加算され、消費税の 8% と合わせると、ドンブリ見積もりで 194,832 円といったところです。

通関は、当方が行いますので、よほどの為替変動や容積が想像と異なる、ということがなければ、20 万以内だと思います。

このストーブの国内定価は、240,000 円(税別)ですので、割引額としては、25% off という程度です。

100 万円のストーブでも、24 万円のストーブでも、運賃はほとんど変わらなたいため、本体自体が安いと、あまり安くはなりません。

現在、在庫があります。
しかし、もう、船積みの準備を始めていますので、すぐに結論が出ないなら、納期は 2〜3 ヶ月かかります。
今決められれば、納期は約 1 ヶ月です。

北米では、クリンフェイス(格子がないモデル)がデフォルトのようで、国内は格子があるので、デザインが異なります。
在庫がどちらかは未確認です。

F 100 は定番商品ではありません。
よって、商品の金額、125,000 円の半金、60,000 円を申込時にお支払いいただきます。

これ以上の詳しい内容(代行につき、各種細かな取り決めがあります)は、再度お問い合わせを頂いたときに説明いたします。

駐車場の片付け

製材してもらったら梁ですが、正月前から駐車場に置きっぱなしだったものを、太陽電池小屋に仕舞いました。

雑貨のお店の材料です。
まあ、こういうペースですよ。
いつになったら完成するのやら。。。

見ての通り、擁壁と建物の隙間なので、上からユニックで下ろして、1 本づつユンボで吊ってしまいましたので、手間がかかりました。

後から気づきましたが、ハンドパレットトラックを使えば、まとめて奥に押し込めたと思います。

軒には樋がないので、泥が跳ねるといけないので、ちょっと養生はしてやる必要があると思いますが、しっかり乾燥させたいと思います。

それと、これも正月前から放置されていた、法面の崩落ですが、植生土嚢で復旧です。

水が超えないように、ガードレール下に土嚢が積んであるんで、ここがもう一度洗われて崩れるということは当面ないと思うのですが、だからといって、水が消えてなくなるわけではないので、次はどこが崩れるのか、ということが問題です。

実際、ここも、一昨年の夏に崩れた箇所が修理 され、この時は役所に、アスカーブで保護してほしい旨伝えて、まあ、その通りになったわけですが、その水が今回崩れた箇所にまできたわけです。
途中で集水マスがあるのですが、機能していないので、仕方ありません。
役所には、マスの掃除や、道路横断の水路(ヒューム管)のメンテナンス等はお願いしているんですが、追いついてない感じです。

そういう具合だから、後手後手の対症療法になってしまうんですが、最近はゲリラ豪雨など、激しい天気が多いので、少しづつ対策をしていきたいと思います。

雨のためどんど焼きは延期になりました

お正月の間ずっと天気が良かったのですが、急に天気が崩れてきました。
今朝は結構強く降りましたが、コロ薪のお客さんが引き取りに来られました。
とりあえず、急ぎの薪仕事は、これで一段落です。

お昼からどんど焼きの予定だったのですが、10 時過ぎに中止が決定です。
まあ、あれだけ盛大に降っては水浸しで、せっかくの行事ですが、仕方がありません。
とはいえ、お札のお焚きあげ自体はしなければなりませんが。

お腹がいたいのは相変わらずで、何も食べてない状態だったんで、少々しんどいのですが、夕方にはウインダーインゼリーを食べて、その時に何故かピザまんを買ってきてくれたのを食べてしまって、あまりにくどくて気分が悪くなり、元の木阿弥です。
明日は平日で、事務仕事が溜まっているのである程度回復してこなしたいと思いますし、雑貨の出荷もしないといけないので、ボチボチ、頑張ってなんとかしようと思います。

それと、神戸港に 1/14 に入港予定で、申告書なんかの準備はあらかたできているんですが、よく考えると、まだ B/L すらきてないので、容積もわからないわけです。

ヘッドと台車の車検があるのですが、前回、ヘッドの整備の時間が取れなかったので、整備もしたいし、でも、1/15 はどんど焼き, 1/16 は祭日, それと確か 1/18 あたりが家祓いで、1/21 が大祭なので、準備の都合上抜けられないので、1/22 以降の引取になるかと思うんですが、そうすると、車検が切れてしまうんで、整備はまた先送りになりそうです。

これも残りの日数がなくなってきているので、早めになんとかしたいと思います。

まあ、とにかく元気にならないといけないですね。
F さん、ゆずドリンクありがとうございました。
何も飲み食いしていなかったのですがさっぱりしていて体調が少し回復できました。

安全グローブをどうしようか悩む件

お店の話です。

今まで扱っていた Husqvarna のものが廃盤になり、在庫もなくなったので、安全グローブの取扱をどうしようか、考えています。

出典 Amazon.com

Husqvarna のお手頃なものというと、Husqvarna 579380209 Functional Saw Protection Gloves, Medium あたりになるんですが、これ $30 近くするのです。

ですが、ほぼ同等と思われるものが、ミナト電機さんあたりでも、3,780 円とかで売られている ので、当然ですが、ミナト電機さんよりも並行品で高いとかそんな状況はありえませんし、逆にいえば、米国並みの価格で販売されているということですから、そういう商品を並行で扱う意味自体がありません。

それに、Husqvarna 579380209 Functional Saw Protection Gloves, Midium は Class 0 なのです。

であれば、できれば 3,000 円を切る値段で販売したいわけです。

出典 Amazon.com

そうこうしていると、Oregon Chainsaw Glove – Size 9 (Medium) 91305M だと、$20 を切る値段だとわかりました。
まあ、このグローブも Class 0 ですが、値段が値段ですから。

これくらいの値段なら、消耗品でも買いやすいのではないかと思うのです。

国内では、有名ショップ ニッチ・リッチ・キャッチ さんが扱っているようですが、3,579 円 で、ミナト電機さんで 3,680 円 のようです。

3,000 円を切れば十分対抗できます。

それに、10,000 以上のグローブで一番売れるそうですしね。

とりあえず、仕入れて、自分で使って試して、その上で判断しようと思います。

それと、やはり本格的な保護が必要だ、そのためには少々高くてもいい、という人もいるかと思うんですが、今のところ、Class 1 はあっても、Class 2 のものは殆ど見かけず、唯一見かけたのが、この前の林業機械展でダイニーマを出店していた 山陽商事 さんが扱っているもののみなんです。

というか、山陽商事 さんのこと、記事にしてなかったみたいです。
今更ですが、一応。

ダイニーマというのは、非常に強い繊維ロープで、ワイヤロープの代わりにウインチなどで使えるものとなります。
山陽商事 さんでは、10mm のもので 1m あたり約 1,000 円、12mm なら約 1,500 円程度とのことでした。
国産品だそうです。

で、グローブですが、

という商品になります。

ブログ執筆時の価格は、4,860 円(税込)+送料は愛媛県は 700 円、という表示です。

それはそうと、「緑の雇用 資材費対象」ってのが気になりますね。
これを買うのに、補助金が出るってことですかね。

オーストリアの仕入先もわかったんですが、このグローブが飛ぶように売れるとも思えませんし、ウッドバッグもまだ十分在庫があるので、当面、オーストリアからものを入れる予定もありませんし、今回は見送ろうと思います。

製材アタッチメントが 6 つも売れました

この前 12 個仕入れて大丈夫かと書いた 製材アタッチメント ですが、なんと 6 つも売れました。
残りは 5 個なんですが。。。ひとつ、不良品(部品が足りない)でした。

それでふと思ったことというのが、みんな結構製材したいんじゃないの、ということです。
ただ、本格的な製材機はとてもお高いわけで、そこまで頻繁に製材ばかりやるわけではないとも思うのですが、TMW-56 は太鼓に挽いたり、柱くらいまではいいんですが、板はちょっと構造上、効率が悪いんですよ。

で、自分は持っているんですが、TMW-56 で最初の平面を出したら、次からは、板が取りやすいアタッチメントを使ってスライスしていくほうがいいんじゃないかと。

出典 Amazon.com

自分は、当時は 丸太の製材ドットコム さんでお世話になりましたが、スモールログミル を購入しました。

このアタッチメントの値段は、税込み・送料別で、32,900円 なんですが、これ、北米では、$150 ほどで販売されているのです。

うちで輸入した場合、運賃と消費税などの輸入にかかる費用を一切合切入れても、$1 = 150〜160 円くらいなので、25,000 円くらいが港での原価となります。
倉庫費用や販売経費(ショッピングモールの経費やカード手数料)などがかかりますが、2 万円台で送料込が十分可能です。

月に 1 個くらいは売れる商品になってくれるといいんですが。。。
商品そのものは、自分が使っていて、内容を把握しているので、問題ないのですが、需要がどの程度あるのか、全くわかりません。

ちなみに何に使うと便利なのか、というと、自分の場合はですが、シルログの加工に使いました。

動画でわかるようにこのアタッチメントの最大の問題は、最初の平面を出すのが面倒くさいということです。
ですが、TMW-56 を使えば、1 本の定規で、最初の平面を出すことができます。

両者を使い分ければ、小径木、つまり 18 — 20′ くらいのバー, 50cc 程度のチェンソーで製材する範囲であれば、かなりのことがこなせるようになると思うのです。

製材する手間を考えれば、アタッチメントにあまり大きなお金を入れるのは得策とは思えません。
また、あくまでもチェンソーでのラフな製材ですから、山で済ませれば、持って買えるのも楽ですし、ゴミの始末も楽ですが、アタッチメントがあまりに大きく重くなると、本末転倒かなと思うのです。
ちょっとしたツールなら、伐採時に持っていけば、素性の良いものは薪にせずにちょっと製材してみるのもよいのではないかと思います。

ここまで来るとアタッチメントというレベルではありませんが、チェンソー製材機にも、はしごを使ったレールに沿って製材できる結構本格的なものもあるんですが、お値段が。。。
すごく欲しいんですが、チェンソーも今使ってるものよりもツーランク上のものを必要としますし、とても手が出ません。

Amazon.com では #1 Best Sellerin Power Milling Machines ってことになっていて、そのジャンルでは売れ筋ですし、167 customer reviews | 90 answered questions、とうことで、それなりのレビュー件数などがありますから、一定の需要があることは確かです。
ただ、それはあくまでも北米での話であって、日本の話しではありません。
もっと、売れ筋の上品を日本に持ってきて販売しても、全く売れずに 3 年くらい在庫した、というものもあります。
とても難しいです。

それと、輸入のことですが、少しでも安くあげたい、という人は、Amazon.com なら日本に直接出荷してくれる商品もあるうえ、個人輸入の場合、税率も安くなる(あるいは無税)ことがあるので、ぜひ、個人輸入にも挑戦してみてください。

輸入販売しているのになんでそんなことを言うのかというと、とても単純な話で、何度かやれば荷物が届かなかったり、届いても壊れていたり、パチモノだったり、手間を考えると、うちのお店の値段がそれほど高くないと気づいていただけ、選択肢として考慮していただける、と思うからです。

また、Amazon.com が直送してくれない、という場合は、トレンドターゲット さんをおすすめしています。ドア・ツー・ドアで届きますし、なによりも、日本にも事務所がありますし、米国事務所も日本語 OK ですから、英語が不確実でも、安心です。

とりあえず、たくさん売れる必要はないのですが、通年で売れ、薪ストーブやログハウスとシナジーがある商品で、もう少し需要のある商品を扱っていかないと、貨物の量が増やせません。
新規の商品開発が急務で、こういう、エンジン等のないアタッチメントや手道具類は、故障などの不具合の確率が低いので、これからも、積極的に商品を探していきたいと思います。

道板キット — 需要はあるんだろうけど微妙な値段

Amazon.com で見かけたんですが、まあ、見たままの商品です。
2×8 を使って簡単に道板が作れますよ、っていうもの。
薪割り機あたりを軽トラで運ぶ際には、必需品といっていい道板が安く作れる(かも知れない)アイテムです。

一般的な話ですが、道板は荷台の高さの 3 倍くらい必要、とされています。
軽トラの場合、だいたい 650mm 前後ですから、単純計算なら 2,000mm くらいあると良い、ということになります。
つまり、荷台の長手方向の内寸いっぱいいっぱい、ということになるわけですね。

上述のキットを使う場合、上下にベロがつくので 6′, 大体 1,800mm 程度の長さで売られているものを 2 本買ってくれば、道板が作れることになります。

問題は値段です。

アルミ製の完成品ですが、ヤフオクでは 1 万円弱、8,000 円くらいで売られていて、送料が 3,000 円程度なので、2 本で 1 万円強、ということになります。

それに対して、キットが $24 ですから米国内で約 3,000 円です。
日本に持ってきたら 5,000 円くらいになります。
国内の送料を入れると半額くらいかかってしまうんですよね。
それに組み立ての手間と 2×8 の材料費は別途掛かるわけですし、木のままだと滑ったり、腐ったりするという問題もある割に劇的に安くはなりません。

1 万円程度のアルミ製の完成品は、折りたたみ式になっているものもありますから、コンパクトに仕舞えます。

木製の場合、どの程度の強度があるのか、という問題ですが、【WOODPRO杉足場板専門店】 Q&A に、Q6 杉足場板はどのくらいの荷重に耐えられるのでしょうか? という質問と回答がありますが、足場板(幅 200mm, 厚み 35mm)の場合、スパン 1,800mm の中央集中荷重で 95kg/本 ということになっています。
セットの場合、190kg/組 まではいける、ということになりますね。

中型くらいの薪割り機を載せる場合、木製の場合、2 本の道板に 3×6 判のコンパネをボルト等で接合すれば、かなり広い面が使えるようになるので、三輪車状態のものでも安全に積み下ろしできる、というメリットがあるかなと思います。
アルミ製のものだと、3 本くらい必要になるので、コスト面でかなり有利です。
すべり止めなども自走するわけではないので、特に不要ですし。

中央に突っ張り棒的なサポート機能を追加すれば、スパンは 900mm になりますから、この場合 191kg/本、となりますので軽トラの積載物であれば、過積載しないなら問題なく乗せることができるわけです。

中にはそういう幅広のものを作れるキットもあるんですが、お値段もなかなかしちゃってますので、こういうキットを使うなら、工夫をして安く上げないと旨味がなくなるかな、というのが個人的な思いです。

あとは、材質がアルミで、かつ、荷台側だけでなくて、地面側もセットになっているため値段がそこそこしてしまっているわけですが、スチールの製品もあって、安価なんです。
ただ、送料が別途で、アルミのものよりもかえって高くつくので、国内で杉足場板の規格に合わせて生産したほうがいいんじゃないかと思ったりもします。

というわけで、この手の道板キット、お店の新規取扱商品に加えるかどうか、悩むところです。

薪割り機他、無事に引き取りました

毎度のことですが、今回も検査です。
とはいえ、X 線だけで開放されました。

薪割り機他、品切れしている ティンバージャッキ や、牽引用トングローププラー などが入荷しました。

検品して、順次出荷できるように準備していきたいと思います。

一種の病気なのか

これは帰りではありません。
そうなんです。もう夕方なのに、まだ兵庫県に入ったばかりなのです。

安定のカキフライ定食です。
何の芸もないんですが、いつも同じものばかり食べてます。
一種の病気なんでしょうか?

そういえば、内村航平だって、偏食じゃないですか。
天才は偏食なんですよ、きっと。

昨日、申告書を作っていて出発が遅れたわけで、それで渋滞にハマって眠くなって仮眠のつもりが熟睡してやる気がなくなりこうなったわけで、なんか、今になって思ったんですが、申告書を作らず出発すればよかったわけです。

どの道整備している間は暇なんだから、その時に申告書類を作って、コンビニで印刷すれば、その暇な時間を有効に使えたわけですよ、はい。

それ以前に、いつでもできた申告書を出発前に作るってのがだいたい段取りが悪すぎるわけで、クレーンを組み立てる暇があれば、そっちを先にやれよって、話です。

まあ、いつものことですが。

というわけで、整備は諦めて、明日、通関の方だけは、がんばります。

薪の在庫補充!

このところの寒さで薪をいくらか注文いただいて、在庫が少なくなってきたので、補充することにしました。
たくさんあるようでも、写真の量で 6t もないんです。
ただ、2t ほど 1 年乾燥のものが混じっています。(もちろん、袋は分けてあって、2 年乾燥品とは区別しています)
これでしばらくは在庫が切れることはないと思います。

で、すごく変なトラックを見かけて思わず写真を取ってしまいました。
恐ろしく短くて、トレーラヘッドくらいの短さです。
どんなトラックになるんでしょうか。。。

今日、乗る前に点検した時に、タイヤの空気が少し減っている気がしたので、帰りにタイヤマンによって、空気の調整と、ボルトの増し締めをしてもらいました。

またこんな事故がったようです。
気をつけたいですね。

帰って早速点火!
臭くて割れなくて、そのわりに軽いクスノキですが、ばりばりになっているので、ものすごくよく乾いていて、ちょっとバーナーで炙ると、あっという間に燃え上がります。
着火剤いらずで、立ち上げにはもってこいの気がしてきました。

今日も頑張ったんで、おニャー様とくつろぎます。

それはそうと、お店の方で質問があったことなんですが、薪をついでに運んでくれないですか、という件です。
おまかせ便、という名前のサービスなのですが、2 ヶ月に 1 度程度、重松が上京するタイミングに合わせて、「ついで」に荷物を無料で届けするサービスです。

今は基本的にトレーラでの輸送に切り替わっているので、駐車できるスペースなども限られてくるし、許可を得ていないルートを走行することはできませんから、SA や PA など広いところで待ち合わせをして受け渡す、というやり方に変更になっています。

その待ち合わせ場所の一覧を作ってみました。

おまかせ便の場合、配達の日付も時間も一切指定できません。
時間は、極論すれば、午前 3 時のこともありえます。
また、道路事情により、打ち合わせの時間に到着できない場合もありえます。
平ボディ車なので、雨が降ると、養生はしますが、荷物は濡れる可能性があります。

かなり融通がきかないサービスではありますが、大型商品の配送料金は馬鹿になりませんので、手間をかけても安くしたい、という方は是非ご利用ください。

原則、瀬戸大橋経由ですが、高速道路(特大車になります)の通行料差額を負担頂ける場合、しまなみ海道経由での配達も可能です。

今月は、明後日の予定なんで、もう日がありませんが、良かった利用してください。

また、今回は神戸港に薪割り機等を通関に行きます。

薪割り機は、予約いただいているお客さんと組み立てをしようと思っています。
組み立てに自身がない方も、愛媛県松山市まで来ていただける方は、一緒に組み立てをして、使い方の説明も行います。
送料が要りませんので、エンジンオイルや作動油をサービスいたします。

作業の日程が決まりましたら、告知いたします。

薪割り機の購入を検討されている方は、薪割り機の仕組み、とくに、重要な部品について細かく現物を見ながら説明をしますから、買ってから、「こんなはずじゃあなかった」ということを避けられると思います。

寒いので、カグツチを焚きながら、作業をしたいと思います。

是非、遊びがてら、愛媛にお越しください。

クリスマスセール 第 2 段をはじめました

セールをやっているんですが、好評なのか、それとも閑古鳥なのか、微妙な感じの 雑貨屋 Hearth & Home 暖炉家 です。

もともと結構頑張っている値段設定なので、セールだからといって 3 割 4 割当たり前、という風にはいかないのですが。。。とりあえず、それなりに品揃えしてみました。

個人商店なので、あっという間に品切れしてしまうものもあるんですが。

それと、別に目玉でもなんでもないんですが、薪用のラックですが、倉庫の都合で 160 サイズを超えるものの発送ができなくなり、配達 or 引取のみということで、半額処分をやっております。

これは正真正銘の処分なので、ガッツリ 50% off で、当然、赤字ですが、置いておいても値打ちが出るわけでもないので。。。。

2×4 の木材が 2 本あれば、あっという間に完成です。
結構数があるので、薪のお客さん、是非、買ってやってください。

今日は、M さんに注文いただいたコロ薪の仕分けをしたんですが、もともと 500kg くらいあったんですが、細かすぎるものを弾いたり、ちょっと汚すぎるものを弾いたり、本来は、AS IS でそういうことはしないんですが、まあ、サービスということで、そうすると、330kg くらいしか取れませんで、残りは自家用です。

で、今日は出張祭典があったので、それが終わった後、仕分けを掃除のおじさんとやったわけなんですが、BETTA BURN というオーストラリアの薪屋さんの話をしたわけです。

トロンメルで篩うわけですが、ここ 100% 売るということで、うちなら捨ててる細かな木くず、今回も商品ではないと判断して捨てる(というか自分で使うわけですが。。。)木っ端、これもちゃんと売るんですね。
12kg 入りの頭陀袋を作っているようなんです。

お客さんからえーっていわれそうですが、今は焚付はサービスにしているんですが、ちゃんと商品として成り立つんなら、いくらかは頂きたいと思いました。

結構、仕分けるのに、手間かかってますからね。

ただまあ、100 円とかで売ったら、頭陀袋のほうが高いので、だったらハナからノークレームで、みかんカゴに詰めて持っていくほうが楽っちゃあ楽なんですが。