コンパクトで安価な実力派 — ブレイブ(Brave)15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC も残りわずか!

雑貨屋 Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、米国ブレイブ(Brave)社の薪割り機を直輸入していますが、その末っ子モデルが 15t 横型 薪割り機 PCLS1513GC です。

末っ子と言っても、15t の能力がありますし、特徴はなんといっても、サイクルタイム(薪を割り、次の薪が割れる状態になるまでの所要時間)が 8 秒と、作業スピードが早いことです。

同価格帯ですと、PLOW PH-GS13PRO GX がありますが、サイクルタイムは 12 秒と表示されていますから、1.5 倍時間がかかります。
ただし、シリンダのストローク(割れる最大の長さ)が異なります。

国内のブレイブ製品だと、VH1500 があります。
基本的な性能はほぼ同じですが、縦横に変形することができ、エンジンも信頼性の高い GX になりますが、価格が。。。

簡単にまとめますと、

PCLS1513GC PLOW PH-GS13PRO GX VH1500
価格 実売 199,980 円(税込) 定価 299,980 円(税別) 定価 438,000 円(税別)
能力 15t 13t 15t
最大破砕寸法 45cm 52cm 45cm
サイクルタイム 8秒 12秒 8秒
形状 横型 横型 縦横変形
原産国 米国 記載なし 米国

という具合です。

PCLS1513GC 以外の実売価格については、ネットで調べればすぐに分かることですが、両者 売り方が全く違う ようですし、うちはどちらもとも全く違う考えで展開しているので、サポートサービスまで含めて考える必要があります。

PCLS1513GC ですが、最近急に問い合わせやご注文をいただくようになりましたが、このモデルは継続して生産されておらず、後継の機種も現時点は明らかになっていませんので、在庫限り となる可能性が高いですから、コンパクトで安価なモデルをお探しの方にはラストチャンスです。

今回は、千葉県の方から、ご注文をいただきました。
たまたま、千葉県に薪の配達に行くのですが、組み立てて、近くなので道の駅で待ち合わせてお渡しすることとなりました。

早速組み立てをしようと思ったら、必要なサイズのソケットだけがない、という状態で、作動油のドラム缶を吊ろうと思ったら、ドラム缶リフターは忘れて取りに帰る羽目になるし、今ひとつ、ついてない日でした。

家に帰ってなんとか組み上げて、というほど組むところはないんですけど、15t は。
ジョーカップリングの緩みがないかも点検し、各部増し締めしておきました。

継続生産がない、ということはパーツなどの供給の問題がを気にする方がいらっしゃると思いますが、この点は、ブレイブ社がすることですから、当方が保証することはできません。

ただ、それは VH1500 であっても同じことですし、VH1500 とは、大部分の主要パーツが同じものと推定されますし、それ以前に、米国製の薪割り機は規格がある汎用品を組み合わせていますので、心配は少ない、というのが自分の考えです。

サポートに対しては、基本的には、うちはヤマト運輸や佐川急便と同じと思ってもらえばいいのですが、米国からの輸送を行っているだけ、というスタンスですから、保証をしません。
あくまでもメーカー、ブレイブ社の保証となります。
部品もある程度はストックはありますが、限定されています。

他店の半額ですから、問題があれば、2 台買ったらどうでしょうか? とお答えしております。
2 台とも動かないこともあるかもしれませんけど。

朝から内職

今日は文化の日です。
もともとは 明治節 といって、明治天皇様のお誕生日をお祝いする日でした。

今朝は昨日積んで帰ったメッシュパレットを下ろすところからはじめました。

それで、前々から気になっていたことがあって、それは Safe-T Fule やクレオソートリムーバ などが、容器の問題で運賃がかさんで勿体無い、ということなんです。

それと、もともと半分の容量のものが売られているのですが、それだと更に送料が勿体無いということで、2 pounds のものを扱っていました。

怪我の功名、というわけではないのですが、漏れてた少量が減っていると思われるので、なら、半分くらいの 400g ということで、小分けにして売ったほうが、運賃が節約になって安くできるのではないか、ということでダイソーで食品保存袋を買ってきて、内職をしたわけです。

失敗点としては、食品保存袋だとそのまま保存して使えるかと思ったんですが、ダイソーのものは、あまりに品質が悪くて、袋の開閉がスムーズに行きません。
かといって、Ziplock の本物は高いので、別の容器に移し替えるなら勿体無い、と思うわけです。
まあ、真空シーラーで密封すれば湿気なくていいようにも思うのですが、キリがありません。

価格については、1 pound のもの Amazon.co.jp だと 2,592 円 + 送料 864 円、2 pounds のものは、3,702 円になっているのですが、うちは 400g で、1,680 円 + 送料 300 円に設定してみよう思います。

一度に 30g 程が標準的な使用量なので、1 週間から 10 日おきのペースとすると、3 — 4 ヶ月になりますから、ほぼ 1 シーズンまかなえることになります。

十分準備ができたら、販売を開始したいと思います。

連日薪割り中!

今月の お店 のセールでは、たくさんの方にたくさんのご注文をいただきました。
ありがとうございます。

毎月、あれくらいのペースで売れたら、嬉しいのですが、反面、駆け込み需要の後の反動減のようなことにならないか、ちょっと心配だったりもします。

薪の注文もたくさん頂いて、連日、薪割りをしています。

薪製造機では、やはり割の大きいものが交じるので、割り直したり、今年は台風でシートが飛んだりで濡れたため、より丁寧なブラッシングが必要だったりと、なかなか生産のペースが上がりませんが、千里の道も一歩からということで、コツコツ作業をしています。

割り直しの作業は Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC で行っています。

この薪割り機の特徴として、サイクルタイムが 7 秒と、油圧式の 20t としてはかなり早いことがあります。

サイクルタイム、というのは、薪を割り、次の薪が割れる状態になるまでの所要時間のことですが、往復で割ることができるため、戻りの時間が無駄にならないので、単純に倍早い、ということになります。

Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、予約を頂いて、次回 11 月末頃に入荷する予定のものは、売約済みとなっていますが、12 月入荷分については、引き続き予約を受け付けています。
とても使いやすい薪割り機なので、ぜひ、お問い合わせください。
松山近郊の方は、今なら、ガンガン仕事をしていますので、薪割りの様子をご覧いただけます。

明日は朔なので、神社の仕事が終わり次第、薪割りを頑張りたいと思います。

今月いっぱい 10% off — Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC 出荷しました

今日は、Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC 出荷しました。

今月は、10% off クーポンセールが好評で、VH1724GC も最後の一台を出荷しました。
高額の商品ですから、差額は数万円にもなります。

現在、在庫があるのは 15t のみで、それ以外の機種は、予約となります。

大きな割引のセールですので、この機会にぜひ、薪ストーブ本体や、薪割り機などの高額アイテムについて、導入を計画している方は、月内にご決断いただければと思います。

出荷のあとは、ピザ薪を 5t ほど注文いただいたので、その準備です。

薪ストーブ用の 30cm の在庫がほんの少しだけ残っているのですが、割が大きいので割り直します。
割り直さなくてもよいし少々長くても良い、と言ってくださっているのですが、ピザ薪は初めてなので、試験的な意味合いもあって、少し細めに割り直しました。

結局、半日で 1t ほどしか割り直すことができませんでした。

短いことも相まって、かなり手間がかかることがわかったので、小割は単価を変更しないといけなさそうですが、主力商品とするなら、kindling machine などの小割専用機を導入して生産性を向上させつつ、品質を一定に保つ工夫をする必要がありそうです。

今はすべてのことが勉強だと思います。

35cm から 30cm を抜く作業を並行して行って、結局 35cm は 5 カゴ作りました。

当面の目標が 36 カゴ(袋)なので、なかなかですが、ボチボチ頑張らねばと思います。

それと、配達用にと買った鉄くず 24 万円号ですが、もしかしたら、本当に鉄くずかもしれません。

車検のために整備に出していて、ハブやブレーキ周りのオーバーホールを依頼しているですが、ブレーキシュー周りが腐食がひどい、交換が必要、ということで、かなりのコストがかかるのではということです。
見積もりは依頼したんですが、額によっては、登録を諦めて、そのまま鉄くずにするかもしれません。

まあ、目利きができないとこういうこともあるでしょう。

タイヤのサイズがちょっと変わっているので、すくなくともまな板には流用できません。
10t 配達したのでは運賃で赤になるので、長い台車は必要不可欠なのですが、次回の配達に間に合わない可能性が出てきました。

はてさて、どうしたものやら。。。

全ては見積り金額次第です。

薪割り機器の組み立て不良 — ジョーカップリング周りの緩みを点検してください

そろそろストーブを焚き始めている方も多いかと思います。
また、11 月を迎え、伐採を始め、薪の準備が始まる時期でもあります。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、米国 Brave(ブレイブ)社の薪割り機を直輸入で扱っています。
人的なリソースの都合もあり、現在は米国から輸入したまま、クレートに大きな破損があり、明らかに商品が損傷していることが分かる場合を除き、基本的には、部品の入り数の点検も省いてそのまま出荷し、その分コストに反映しています。
今までにはない商品の提供方法かと思います。

今日、電話で Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC について、お問い合わせを頂いたので、細かく原価の話をしたのですが、ついでなのでここにも書いておきます。

インターネットがこれだけ普及している時代ですから、検索するば簡単にわかることですので書いておきますが、PCLS2013GC については、北米で $1,500 程します。

$1 がいくらか、報道されているので、これも知ることは簡単で、今だと 112 円前後ですが、報道されているレートでドルを買うことはできませんし、タダで海外に送金できるわけでもありません。うちの場合では、3.5% くらいの経費がかかりますから、116 円前後、ということになります。
つまり、174,000 円がアメリカのうちの倉庫に入ったときの値段です。

輸出するには輸出許可が必要ですし、そういう書類の費用が意外と馬鹿になりません。
ちなみに、$75 かかり、Japan AFR Filling といって、日本側に通知する費用も $25 かかります。
通関については、自分でやっていますが、これを人に任せると 11,800 円(非課税)かかります。

そういう諸々で神戸港についた時点で 30,000 円/台くらいの運賃・経費がかかってしまいます。
この金額は、1 台だけ運んだ場合の費用ではありません。
書類代の $75 は 1 台でも 2 台でも変わらないので、うちの規模でまとめて運んだ場合、大体、ということです。

通関のときって、神戸に 8 時間かけていって、8 時間かけて通関作業をして、8 時間かけて帰っているんですけど、1 日働いているだけ、って思ってたんです。それで、この前も、薪屋さんの K さんに電話したときに話したんですが、普通の人って、一日 8 時間しか働きませんから、その計算でいえば、3 日分働いているわけですよ。日当 1 万でも 3 万はかかっているわけです、自分で自分に給料を払ったら。
だから、通関費用の 11,800 円だって、ただになっているわけでは厳密に言えばないわけです。
倉庫だって、すでにあるから一円もかかってないですが、土間を打ったり、フォークリフト用のラックをオクで落として、はるばる福井や愛知に取りに行ったり、そういう思い出がたくさんありますけど、本当にタダってわけじゃない。
でもまあ、支出がないのは事実なんですけど。
それでも、片道 300km, 高速は最短の坂出北〜児島までで平日割引で5,000 円程かかります。
タイヤやオイルも減るし、なので、1 台 10,000 円くらいは、やはり神戸から愛媛に移動するのかかってしまっています。

仮に都合 4 万であったとして、214,000 円かかっているわけで、消費税を入れると、自分の人件費を無視して、230,000 円ほどが原価、ということになります。
モールで販売すると、当然ですけど、手数料というものが発生して、Amazon.co.jp に至っては 2 割くらい抜かれます。
STORES.jp は、5%(6.5%) + 固定費ですが。
今だと 27 万の 10% off ですから、24.3 なんですけど、ここから 5% ぬいたら 23 万なんですけどね?

実際には、うちは、仕入れが $1,500 よりほんの少し安いので、赤にはなりません。

10% 割引分もあとから補填するということを STORS.jp が言っている(インセンティブがある)のですが、本当に 20 万とか、そういう高額商品も補填してくれるのかわかりませんので、問い合わせてみたら、補填するようなしないような、はっきりしないことをいっていましたが、まあ、補填されれば、10% 程度の粗利は確保されることになります。でもまあ、本当に補填されるかは未知数ですから。

一台売ってもいくらも残りませんから、いつも薪割り機の在庫がないのは、仕入れたものが嫁いで、それから 2 ヶ月近く経ってようやく STORES.jp が支払ってくれるので、持っている自己資金以上に薪割り機を仕入れられないためです。
もし、薪割り機を買ってくださる場合、この 2 ヶ月待たされるのが本当にきついので、極力振込支払いでお願いいたします。

それでネット(ヤフーショッピング)で、同じものが 25 万の送料込みで売ってたんですけど、といわれたんですが、検索したんですが見当たらないんですよ。よもや、ホンダウォークのよく似た別物と勘違いされているのかな。。。
まあ、高いとおっしゃられたので、どうぞそっちで買ってください、安いと思います、と返事をしておきました。
うちの努力が足りないのかもしれませんけど、これ以上、どうも努力するところがないのですよ、うち的には。

というわけで、えらくフリが長くて申し訳なかったんですが、初期不良だから今すぐ別の新品に交換しろ、と言われても、そういうサービスを提供できる原資をお預かりしておりませんので、対応はできません。
とはいえ、ロシアンルーレット状態というのも困る、という人向けに、組み立てて納品するサポートサービスを考えています。
詳細は煮詰めているのですが、ハイガー産業の 5 万円と同額で考えています。
まあ、決まったら、ブログで報告いたします。

それで、不良の件ですが、このところ、立て続けに不良が発生して、

  • オイルタンクからのリーク
  • ジョーカップリングの緩み 2 件

という具合です。

オイル漏れについては、購入いただいた Y さんの協力を頂いて、原因が溶接不良であろうと特定され、現在保証の適応の交渉をしているところですが、その結果がはっきりしたら、詳細について報告させて頂きます。

ジョーカップリングの緩みについて、1 件は現在、紛失していたイモネジを予備部品から外して送って様子を見ていただいていますが、もう一件は、キーを作り直しての対処となり、こちらも様子を見ていただいています。

この異音は、カップリングの締付け不良により発生していました。

カップリングとは、エンジンと油圧ポンプを接続する写真のような部品です。
ハブと呼ばれる爪のある部品がエンジンと油圧ポンプに向かい合って取り付けられており、その間にインサートと呼ばれる緩衝材が填っています。
ハブはエンジンやポンプの軸にキーで取り付けられていて、そのキーをイモネジで押さえてあります。

今回はこのイモネジの緩み(紛失)が立て続けに 2 件発生したわけです。

イモネジはアレンキー(六角棒スパナ)で締め付けます。

唯一のメカニカルな駆動部で、この部分の緩みやガタは、エンジンやポンプの寿命に直結します。
運転時に振動や異音を感じた場合は、直ちにエンジンを止めて、不具合の確認をしてください。

また、インサートは消耗品です。
ブレイブ社の薪割り機は高品質なラブジョイ社の部品を使用しています。
インサート一つとっても、チャイニーズの無名品(材質も良くない)は数ドルですが、メーカー品は数倍します。
樹脂部品ですから、ある程度の運転時間や、年数で、早め早めに交換してください。
少量ですが、純正部品を在庫していますので、お問い合わせください。

うちで薪割り機を買ってくださったお客様からお預かりした余剰金でこういう部品類を準備できています。
船便のため、一度部品を切らしますと、数ヶ月、入荷できません。
そのような理由から、在庫点数が少ない部品について、他店でお買い上げ方には、提供をお断りする場合がありますので、ご理解ください。

低価格・クリーンバーン鋼板製ストーブ TrueNorth TN20 を出荷しました

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) おすすめの、低価格ながら、排気もきれいで鋼板製のため極めて堅牢な使いやすい TrueNorth TN20 ですが、10% off クーポンを利用して購入していただきまして、本日出荷いたしました。

木枠梱包に軽微な痛みがあったので、念のために、シュリンクを解いて、ストーブの確認をして、再度梱包しました。

隣の市まで、発送のために持ち込むので、せっかくなので、たまっているダンボールをカネシロさんに持ち込み、ついでに、粗大ごみを南クリーンセンターに持っていくことにしました。

ストーブですが、はるばる北海道に嫁いでいきます。
しっかりと仕事をして欲しいと思いますが、TrueNorth TN20 は価格の割には、とても良いものだと思いますので、きっと満足していただけるものと思います。

10% off クーポンセール終了まであと少しです。
TrueNorth TN20 は、現在在庫があります。
安価で使いやすいストーブをお探しの方はお急ぎください!

10% off セールは今月末まで!薪割り機もセール中!

今月は全商品 10% off のセールを行っています。
高額商品も 10% off になります!

薪割り機ですが、Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC が人気があり、次回入荷分は売約済みとなりました。
とはいえ、実際に入金があるわけではなく、その間、次の仕入れができません。


Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC をご予約の皆様へ

米国倉庫のスタッフの退職に伴い、荷物の数が合わなくなっており、処理上の問題で、船積みがずれ込んでいます。
本日カットオフの予定です。(時差がありますので、来週月曜日以降にならないと、カットされたか確認が取れません)
当初より一月近く遅れ、大変ご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
現時点では、

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 064W
ETD LAX: NOV. 5
ETA KOBE: NOV. 20

という予定となっております。
貨物の通関などの心づもりに関しては、米国便再遅延 に書いておりますので、ご確認いただければと思います。


もうあまり日数がありませんが、次の次の便(11 月半ばカット → 12 月半ば神戸入港)の予約で、かつ、銀行振込にて前払い予約して頂ける場合、10% off に加えて、

をサービスいたします。

Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、20t の能力の割に非常にコンパクトで、作業の高さも程よく、また、ログテーブルも広いので作業がしやすいと感じています。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪ストーブ用の薪の生産をしていますが、その現場で実際に Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を使用しています。薪製造機で生産された薪はサイズが大きすぎることがあるので、主に小割作業を行っています。
サイクルタイムは 60cm のストロークがありながらわずか 7 秒と、このクラスの薪割り機では最速と思います。

縦で割る必要がない場合、価格はそこそこしますが、非常に完成度の高い一台となっており、おすすめいたします。

予算の厳しい方には、15t タイプ も在庫しております。

油圧コンポーネントは基本的に 15t, 20t, 24t すべて同じホンダ GC160 + 11GPM ポンプとなっていますので、能力が高くなると、シリンダが太くなる分、サイクルタイムが伸びることになります。

薪割り機選びでお悩み事があれば、お気軽にこのブログのコメント等でお知らせください。

太陽電池小屋の片づけと薪の配達と

今朝は、昨日の疲れが残っていた感もあって、8 時前までぐっすりと寝てしまして、9 時半から神社の境内地の土砂崩れの件で立会の予定がったので、急いで出荷の梱包を済ませ、お宮に行きました。
立会の方は、まあ、恙無く終わりました。

それで、昨日積んだままだったので、薪を下ろして、ついでなので、太陽電池小屋の片付けをすることにしました。

フリュームとか、パレットとか、当面用事がなさそうなものがたくさんあったので、一旦、第 1 ヤードに運んでおくことにしたんですが、積んだら昼を回ってしまったので、またまた降ろさず台を切って帰りました。

暑かったので、風呂に入ったりして、洗濯をしたり、野暮用をしていると、結構な時間になってしまい、お腹も空いたので、ご飯を食べに行きまして、それで、薪割り機のジョーカップリングのイモネジが欠落しているという不具合の連絡がお客さんからあったので、補修用に取ってある部品を送ったりしました。

それと、薪を注文いただいていたので、配達にも行きました。

クヌギ・ナラの注文を頂いていたのですが、積んでからミックスだと気づきました。
電話をかけたら、構わないです、ということだったんですが、重量で充填してあるので、当然容積が多いので落としそうなのでウッドバッグをシート代わり養生しました。

ただ、ダンプで落としてみると、思ったよりもないように感じました。
当然ですが、配達前にもロードセンサで重量を計測していますので、重量的には間違いはありません。

今年はまだあまり注文を頂いていないのですが、配達が自分ひとりだけなので、なるべく早くご注文いただければと思います。
今月ですと、10% off となっています。ネット注文は、手数料がかかるため 10% 割高ですが、今ですと、10% off で相殺になり、カード等で支払われると、ポイント分お得かと思います。

なお、今年から、運賃は別になりました。
距離と、車種により運賃は異なります。

それと、無人販売所を設置するべくコンテナを準備しています。
今は平日のみですが、曜日・時間に関係なく、薪の引取ができるようになる予定です。
今しばらくお待ち下さい。

お店の 10% off クーポンは今月いっぱいです。
この機会にぜひご利用ください。

米国便再遅延

米国からの貨物ですが、先週末カットの指示を出していたんですが、積込みが間に合わず、今週末のカットにずれ込みました。
本船も変更です。

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 064W
ETD LAX: NOV. 5
ETA KOBE: NOV. 20

予定通り入港しても、21 日に取れればいいんですが、22 日にずれ込む可能性もありますね。
23 日は祝日ですし、24, 25, 26 日と神社の祭典があるので、なんとか 22 日のラインは死守したいところです。

林業機械展が 18, 19 日 なのですが、16 日の神社のあと即出発すれば、17 日の 26 時くらいにつけるので、18 日に荷降ろしして、19 日に林業機械展にいって、BSK に車検に出して、翌 20 日の朝積み込み、そうすると 21 日の午後には神戸に着けるので、下に書きますがヘッドの修理をして、22 日に荷物を取って、それで 23 日に帰れば無駄がありません。

それはそうと、ヘッドの油漏れの件です。
丸栄さんで見てもらったところ、パワステの漏れもあるけど、キャブをチルトするための油圧ポンプ周りからのリークもある、ということです。

それと、キャブサスのエア漏れも気になるので、これも交換してもらうこととして、部品を頼みました。

パワステは走行機能に影響するので修理しますが、チルト用のポンプは、ホースだけで治らず、ポンプ自体も交換になった場合、丸栄さんの説明だと、ポンプの部品の仕様変更があり、交換したホースが無駄になるだけではなくて、チルト用のシリンダも新品にしないといけないという嘘みたいな状態のようなのです。

正直、キャブのチルトがうまく行かなくても走れないわけではないし、最悪でも、まあ、全部新品にする以上には悪くなりようがないのですから、どこでリークしているかも含めて、自分の目で確認してから判断しようと思います。

コンテナを積み込みました

今日はいよいよ愛媛に帰ります。

ヤフオクで買ったコンテナを積み込みました。
倉庫のおじさんが今日はいないので、セルフサービス状態で、リフトを借りて自分で積み込みです。
後 2 基残っているので、それはおいおい積んで帰りたいと思います。

倉庫で、商品登録の間違いがあったので、確認に行きました。
ついでに、シャープナーなど、4 点だけ、納品もしました。

この後、三重で薪割り機の配達があります。

オイル漏れの件ですが、明日、修理によりたいと思います。

無事に愛媛に戻るようにがんばります。