次回神戸の入港案内 A/N

次回の神戸港への入港案内, Arrival Notice が送付されてきました。

今回は特に変わったアイテムの入荷はありませんが、前回同様にダッチオーブン類が入荷します。

ダッチオーブンですが、サイト上でもきちんと告知していないので、実は 1 点も売れていません。
値段を見ていただければわかるんですが、ヨドバシなどの既存のチャネルよりは、かなりリーズナブルに設定しているつもりなのですが、FISKARS 同様に、うちで扱っている、そして、品揃えしている、ということが認知されるまでには数年かかると思うのです。

STORES.jp は基本的に売れません。
一番難しい集客を自分でしないといけないのです。
その分、他のモールに比べて固定費用が安いので、お客さんにリーズナブルな価格で提供できると考えています。
SNS との連携機能が発表されていたんですが、今後、導入して、より多くの方にダッチオーブンを楽しんでもらえたらと思います。

まあ、変わっているというほどではありませんが、薪割り機を牽引する目的で、レシーバ部分の輸入を頼まれています が、それが入ってくるので、なんちゃって自走式がうまくいくのかどうか、ということがとても楽しみです。

それと、予約を頂いているブレイブ薪割り機ですが、次の次の神戸港への貨物は明日カットの予定で、今の所スケジュール通りです。

おかげさまで、小さなお店ですが、毎月、アメリカから一定量の貨物を輸送できるようになりました。
今後、FCL、つまり、コンテナ単位での運用ができるように努力し、物流コスト削減を実現して、より多くの方に利用していただける店作りを目指したいと思います。

次回のカナダ便についてです。
依頼を受けている薪ストーブ本体や、煙突等について、今月末のカットの予定で進めています。
カナダ便については、神戸港ではなく、松山港となるため、一旦朝鮮の釜山にて積み替えが発生し、アメリカからの倍くらいの時間を要します。
現時点で、ブッキングで来ていないので、納期としては、11 月初旬を見込んでいます。
本船情報等確定しましたら、随時報告いたします。

久しぶりのジョイフル本田とハスクバーナの芝刈り機

今日は納品と配達でした。

帰りに久しぶりにジョイフル本田に寄りました。

除草剤を買ったんですが、せっかくなのでチェンソーコーナーに行ったんですが、ハスクバーナの芝刈り機を売り出していて、値段が 198,000 円(税込)だったのです。
よく見たのですが、確かに 198,000 円ですが、新しく売り出された小型のモデルでした。
それにしても、去年までの半額以下ですから、驚きです。

あくまでも芝刈り機なので、どの程度の傾斜まで対応しているのか、ということは気になります。
あとは、凹凸だとか、障害物があった場合にどうなるのかなど、神社のなだらかな斜面で使えるのか、平たくいえば、実用になるかはかなり興味深いです。

それと、少し前に 玉切り用の馬の組み立てにピンを使っている記事 を読み、うまいこと考えたもんだと思ったんですが、ジョイフル本田に売っていました。(今回は、買いませんでしたが)
マルアタマロットピンという名称でした。
10 x 85 なので、204 で作るにはちょうどいいくらいかなと思いました。

閉店間際だったんので、あまり見て回る時間がなかったのが少し心残りです。

久しぶりのユーユー・カイカンは相変わらずの昭和

雑貨の納品と、薪割り機の納品で関東に来ています。

昨日は中間地点の三重県で仮眠を取りましたが、今回は 4t 車なので、久しぶりに ユーユー・カイカン にいってみました。
会員になった のですが、オールナイト営業は金曜日のみ、大型は駐められないので、元は取れなかった感じで、今回は一般としての利用です。

まあ、相変わらずの昭和の真っ只中で、シルバーサロン状態ですが、トラックステーションの半額で、大きなお風呂と仮眠室でくつろげるのでいいです。
個室ではありませんけど。

今回は、カキフライ定食を食べて、夕方まで仮眠しようと思ったのですが、電話が何度もかかってきて、まともに寝られませんでした。

途中の大阪は道路にトタンなど台風のゴミがまだ落ちていて、一部屋根はシートが掛かっている状態でした。
ただ、通行止めなどの影響はなかったです。
それはそうと、変な色の新幹線を見ました。
九州新幹線だと教えられたんですが、北陸にも、北海道にも新幹線ができたわけですが、四国もなんとかしてもらいたいなと思う反面、絶対に採算は取れないだろうなとも思いました。

今日も、事故を起こさないよう、ボチボチがんばります。

続く災害 … 近畿の台風に続き北海道の地震

近畿の台風の被害ですが、神社関連の facebook グループで見ると、木々が倒れたり、大変なことになっています。
関空が水没したり、六甲では、中古車やコンテナが燃えるといった被害が出ているようです。

北海道も停電が続いているようで、お見舞い申し上げます。
被害に合われた方々の生活が早い時期に復旧するようにお祈り申し上げます。

愛媛の 7 月の豪雨災害ですが、うちはまだ全く手付かずです。
少し涼しくもなってきて、秋祭りまでには多少の片付けをしなければというふうにも思いますが、どこから手を付けてよいか、というような状況です。

今月の予定としては、

VSL: BANGKOK BRIDGE V. 074W
ETD LAX: SEPT. 10
ETA KOBE: SEPT. 25

という感じなんですが、肝心の神戸の港の方が大丈夫なのか、とても気になります。
10 月に入るとすぐに秋祭りなので、準備などもありますから、ギリギリのタイミングなのです。

こればかりは気をもんでも、なるようにしかなりません。

しかし、こういうのを見ると、貨物の扱い量も増えてきたので、今後は保険をかけていったほうがいいようにも思いました。

ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の卸売

盛岡のお客さんですが、昨日も書いた とおり、あまりに遠すぎるので、発送と相成りました。

大型の商品は、昨今の物流量の増加で、個人宛をやりたがらない会社がほとんどで、運賃も高止まりしているため、なかなか販売が難しいと感じています。

薪割り機の販売方法について、薪山崎 さんのエントリーがとても興味深いんですが、

それは、ブレイブ正規代理店の 五十嵐商店 さんと、PLOW という名称で主に OEM を販売している ホンダウォーク さんとの違いです。

扱っている製品の質も違えば、代理店の基準(質や方向性)も全く違うわけですが、直販をしつつも、ディーラー制度を取っているという部分は共通していますね。

その他には、ハイガー産業 のように、チャイニーズ商品を直販で販売する商社(メーカーと主張していますが)も出てきましたし。

ちょっと卸売を考えていますかと訊かれたんですが、ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、いまお店で 239,800 円(税込)で販売しているんですが、これ、原価が 20 万(税抜)ほどしています。
北米での価格が約 $1,500 です。(ネットで調べればすぐに分かります)$1 = 111 円としても、為替手数料がかかるので、大体 17 万強になります。
これをアメリカから日本に持ってくるのに 3 万ほど掛かります。
自分の人件費や立て替えている資金の金利は一切計算していません。
20 万には消費税がかかりますから、21.6 万円。
モールで販売経費が 8% 程かかりますから、入金されるのは、22 万円です。
つまり、1 台の利益は、どんぶり勘定で 4,000 円ということになります。

実際には、空気を運ぶよりはマシですし、これ単体ではないので、運賃が 3 万よりも多少安いこと、また発送のときの送料を支払う送料よりも赤字にならないように少し高めに設定させていただいていてなんとか回っている感じです。

とても卸して、卸先にメリットがある状態ではないのです。

うちの商品について、利益が出るような値付けをしていないものが多いので、卸売りをしても、モールの手数料分を値引く程度しかできない感じです。

今日はお宮なんですが、お宮が終わったら、ちょっと疲れているので、仮眠を取ってから、栃木に向かいます。
ボチボチ頑張りたいと思います。

上京の準備完了

明日から、雑貨の納品、薪割り機の配達、メッシュパレットの回収で上京するので、雑貨をパレットにまとめて積み込みました。
まあ、見たままです。

この黄色いパレットは、2 枚ピッタリと並ぶので、とても使いやすいです。
委託倉庫に納品する際には、今まではロールボックスを使っていちいち手降ろししていたのですが、時間がもったいないので、パレットごと置いて帰ることにしました。

盛岡までの配達 ですが、栃木らかでも 500km 近くあり、移動に 11 時間もかかって、時間的に無理がありすぎるので今回は断念しました。

メッシュパレットですが、もう空いているものがあまりないのですが、トレーラーで走るにしても、少しでも多く積まないと、採算が取れないので、空いているものを先に回収しないといけませんが、前回、回収しきれなかったため、今回回収せねばなりません。
メッシュはイニシャルが掛かりすぎる上に、回収の問題もあるので、今後は、1 段目をメッシュにして 2 段目をフレコンにするなどの工夫をしていきたいと思います。

Timber Tuff TMW-57 Beam Cutter

まあ、見たままの商品です。
ヤフオクでボッタクリを見かけたので、急遽輸入して安価で提供することにしました。
10 台のみ試験的に取り寄せて見ようと思います。

TMW-56 よりもベースの幅が狭いので、写真のように小径木を小型のチェンソーで簡易的に平面を出すのに適します。
幅が狭いので、少しでも正確に曳けるように水平器がついています。

ガイド用の木材をビスでもでもんで、太鼓挽きがで簡単にできますから、杉や檜の丸太が手に入ったらこのツールを使って簡易製材して、薪棚なんかをサクッと作れると思います。

これ、米国での原価はうちの場合で $20 ほどです。

小さなもので手間がかかると思いますが、輸入して倉庫に納品するまでのコストは経験的に、$1 = 160 — 180 円ですから、仮に 180 円でも 3,600 円です。

オークションの手数料が 10% 程度かかりますし、輸送途中での破損等のリスクもありますから、3,980 円スタートで、希望落札 4,980 円くらいの出品かなと思っています。

まだロスの倉庫にありますから、売り出せるのは 2 ヶ月後ですが、こういう変わったものはなかなか日本では手に入りづらいと思いますので、少しでもコストを下げて提供できるように、努力をしていきたいと思います。

配達か配送か — Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC

Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、今月の 送料無料クーポン をご利用いただき、ご注文いただきました。

coupon1808

送料無料クーポンは今月いっぱいです。

それで、栃木県と岩手県なのですが、栃木県は茨城県のお隣なのでいいのですが、問題は岩手県です。
なんと、茨城県(つくば)からですと、片道で 500km もありました。
寄り道せずに 3,000km ほどあるのですが、実際には、寝ないといけませんので、3,500km くらい走ることになりそうです。

お客さんの都合によるのですが、極力配達したいとは思っています。
その場合の予定としては、9/6 の神社が終わってからのスタートで、9/8 雑貨納品、9/9 薪割り機栃木納品、9/10 薪割り機岩手納品、9/11 かわはら薪ストーブ本舗訪問、位のスケジュールで考えています。

これだと、走行距離に対して貨物の量が少なすぎるため、薪割り機については、あと 1 台か、2 台か、同時に配達できれば、効率がいいんですけどね。

というわけで、Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC は残り 1 台在庫がありますし、薪ストーブ TrueNorth TN20 も在庫があり、クレジットカードのご利用で送料無料となりますので、一つよろしくお願いいたします。

なお、配達を希望される場合、上記スケジュールで、上記の走行ルート近傍での対応となると思われます。

大型商品も送料無料! — 処分品の薪ラックを一つよろしくおねがいします

今月は、クレジットカード決済で送料無料のキャンペーン を行っています。
高額な送料が問題になる薪ストーブや薪割り機の他に、大型の商品である 薪ラック送料が無料 です。

品物の内容は見てのとおりで、2×4 を 2 本用意して、ラックを差し込むだけで任意の幅の薪棚が出来上がりです。
足は付いていませんので、地べたに設置する場合には、別途ブロック等で持ち上げてやる必要があります。

出典 2×4 束石

2×4 材は、規格材なのでいろいろと便利なことがあり、例えば 2×4 束石というものを使えば、ちょうどサイズの溝が切ってあるので、非常に楽にラックを据え付けることができます。
問題があるとすれば、値段が高いことでしょうかね。。。
型枠さえ作ってしまえば、あとは材料費はタダみたいなものではありますけどね。

あるいはシンプソン金物なども米国に比べたら結構割高ですが、ただまあ、ただの金物ですから高いといってもしれていますから、これらも合わせて利用すると、楽+簡単に、薪棚ができると思います。

外箱に痛みが発生しているため 40% 割引価格となっています。
大型商品のため宅急便では出せないので、ヤマト便となります。
ですが、送料はカード決済で無料 になりますので、これからの冬を前に、薪の保管スペースに不安がある方は、一つよろしくおねがいします。

食品衛生法対策 — ダッチオーブンを安価に販売するための試金石!

お盆期間中ですが、役所も港もやっているということで、8/7 に入港している貨物を通関し、引き取らなければなりません。

業者によってケースバイケースなのでしょうが、一般的には、「フリータイム」といって、貨物が到着した後、一定の期間はコンテナヤード(CY)や特定の倉庫(CFS)に保管してもらうことができます。
なので、フリータイムの期間内に引き取る必要がある、ということです。

もしフリータイムの期間内にコンテナや貨物を引き取ることができず、引き続き留置することになれば、「デマレージ(Demurrage)」という「超過保管料」を支払わなければなりません。

当たり前ですが、販売する目的を持って輸入してるわけですから、販売の用に供する事ができない状態で費用をかけて保管することには、デメリットしかありませんので、どの輸入者も、速やかに通関し、速やかに自社の倉庫等に引き上げ、検品等を経て Amazon FBA などの物流施設に移送するわけです。

輸入の流れについては、少し前にも書いた のですが、今回は、食品衛生法に基づく輸入手続 が必要になり、自分ですべてを行うはじめてのケースとなるわけです。

今までに対して、1 — 4 のステップが追加になるわけです。

このうち、すでに 1 については、準備が整っていて、書類については、神戸検疫所では「食品等の輸入相談」という制度があり、事前に内容をチェックしていただいて、あとは提出するだけ、ということを事前に確認しています。

今回は検査が不要ということですが、書類審査の時間を要するので、明日の朝、一番に手続きをしないと、その後の通関(申告)で、検査の内容によっては、明日中の処理ができない可能性があるので、一泊することになれば、それだけコストが嵩んでしまいますので、段取り良く進めたいと思います。

もし、明日の 食品衛生法に基づく輸入手続 について、今後も自力で継続して行うことができるという自信が得られれば、ダッチオーブンは国内外で価格差があり、かつ重量物でもあるので、うちのように自分で倉庫を持ち、自分で通関し、自分で輸送も行うことができれば、少量・多品目なキッチンウェアなども、よりリーズナブルな価格で提供することができるようになると思います。
また、キャンパーなど薪ストーバーよりも人口が多く(需要が旺盛)、かつ、冬以外の通年の需要も見込めることから、貨物の輸送量の確保と、通年の売上の確保が見込める商材になるのではと思っています。

手続きについて、しっかりと勉強してこようと思います。

それと今回、少し毛色の違うアイテムを仕入れてみました。

ボブキャット用のフォークアタッチメントです。

これ、日本国内で買うとすごく高いんですよ。

ヤフオクなんかでも、爪が鍛造ではない、角パイプを溶接したように見える品質で、爪の幅も調整できないような簡易的なものでも、15 万くらいで売られていてびっくりしました。

もちろん、メーカーで買うと腰を抜かすほど高く、それ以前に社外品自体、売られているのを見たことがないのです。

多分、めったに売れないと思うのですが、自分が使ってとても便利に思うし、不整地のフォークリフト、というニーズはそれなりにあると思いますから、長期在庫覚悟で仕入れてみて、新しい仕事のスタイルとして、北海道や宮崎などの畜産が盛んなところで、ボブキャットをリフトとして使っていけるんだよ、ということを提案していこうと思います。

畜産向け、ということであれば、干し草を突き刺して運ぶ用のアタッチメントとしても使えるタイプもありますし。
ただ、自分は畜産の経験がないので、品物の良し悪し等もわかりませんので、そういうお客さんからいろいろ教えていただいて、取り扱うかどうかは考えていかないといけないかなと思っています。

見てのとおり、それなりに容積を食っていて重たいので、あまり安くはできないのですが、すくなくともヤフオクの固定爪のものよりは安くできると思いますので、認知されて、それなりに引き合いがある商品になってくれれば、と思っています。

はてさて、FISKARS の斧も認知されるまでに 3 年くらいかかりましたし、この商品は何年不良在庫になるのでしょうか。。。

ボチボチがんばります。