Amazon.co.jp の闇

毎日暑くて、溶けてしまいそうです。

今日、というよりも日付が変わったので昨日ですが、月末にある夏越(輪越)祭の件で、「ひな(人)形」を今晩配りたいのでもってきてもらえませんか」という電話がかかってきて、15 日に神社のことをする予定だったのですが、急遽前倒しして、ボチボチ配達をしました。

氏子区域をぐるぐる回ったんですが、道路に関しては徐々に通れるように片付いてきました。

それで、神社の土砂の片付けの件ですが、役所から連絡がないので問い合わせたところ、

  • 埋立処分場で受け入れている
  • 土、石については可能なら分けて欲しい
  • 土・石とそれ以外は分けて欲しい(倒木等)
  • 土・日も臨時に受け入れを行っている

ということでした。

崩れた箇所は道路沿いで、道路の方でなんとかできるかどうか、といことについては現場を見ないとなんとも言えない、ということですが、見に来られるかというと、すぐには無理だということはわかっているので、おいおいということになりました。

あと、隣の土建屋さんが今造成をしていて、そこが受けて入れてくれるだろうと村の人がいっていたので、埋立処分場よりもほんの少し近いので、土砂の搬出は相談してみようと思います。

肝心の搬出については、どこも手一杯のようで、電話できる時に連絡をください、ということで終わっています。

庭や境内に草が増えてきたので、配達が終わったら、夕方除草剤を散布しようと思ったんですが、疲れておニャー様と一緒に寝てしまいました。

というか、一緒に寝たら狭いし暑いしなんですが、くっついてくるので、汗でベタベタになるし、そのベタベタに毛が絡まるので、起きるとお風呂に入らないと気持ち悪くてしかないのです。
まあ、それでも、前と違って専用の掃除ロボのミニマルをゲットしたので、一日 4 回掃除をして、毛だらけ問題に関しては、半分くらい解決した気がします。

さて、本題です。

Amazon.co.jp って、トラブルになる確率が他のチャンネルと比べて高いと思っていたんですが、なるほどと腑に落ちました。

Amazon.co.jp は手数料が高く、うちは小口出品者なので、大体 2 割くらい手数料がかかってしまいます。

それでいて、まともにレビューを始め各種サービスが機能していないので、誠実にビジネスができるようなプラットフォームではないと感じていました。

送料についても、小口出品者は個別に設定できず、例えば X27 であれば、600 円ほどの送料を一方的に設定しますが、常識で考えて、X27 が 600 円で送れますかというと、土台ムリなわけですよ。

かなり安く売っていると思う ダンボールワン さんで、1,000m x 100mm x 100mm の A 型, 5mm A/F で 1,000 枚作っても 1 枚あたり、箱代だけで 183 円かかるんです。

それで、北海道まで 500 円でそのサイズの箱が送れるのかというと、全く不可能だと思うのですよ。

一体どういう計算になっているでしょうかね。

良いとか悪いとか、そういう次元の問題ではくて、根本的に文化・価値観が日本は異なるのだと思いました。

この時期お店は閑古鳥 — 今月の仕入れは 60 ケースでたったの 2.137 CBM, 676 KGS

もう梅雨は明けたんでしょうか?
豪雨の後は、連日猛烈な暑さです。

昨日は 南クリーンセンター にごみの搬入をしました。

そこで確認したところ、

  • 家電 4 品目 以外の、埋め立て系以外のゴミは南クリーンセンターで受け付ける。罹災証明は不要。ただし、罹災状況確認のため、写真撮影などの手続きが必要。
  • 家電 4 品目 については、罹災証明が必要。
  • 埋め立て系は 横谷埋め立てセンター で受け付ける。

ということで、大部分のゴミは、南クリーンセンターとなるようです。

ちなみに、昨日の時点では、ほとんど搬入はないようですので、受け入れ時に混雑して大変、というような状況ではありませんでした。
日曜、祝日、正月以外、と土曜日もやっているそうです。

その後も、市に土砂崩れにより発生したゴミの処分について問い合わせをした件ですが、回答は全くありません。

それはそうと、雨の後の照りつける日差しで雑草が猛烈に繁茂し始めました。
今月末には夏越(輪越)祭があるので、境内の除草を含めた清掃をそろそろ始めないといけません。
これがなかなか大変。。。

ふと思い出したのが、草刈りロボット Tertill のことです。
そろそろ発送されていないといけない時期なんですが、最近とんと話を聞きません。
コケたか?

一方で Husqvarna の芝刈りロボット は、野立て太陽光発電所など活用されているようで、ある程度の面積があるケースでも、現実の業務に使えるクオリティのようです。

少子高齢化で、神社の草刈りを総代さんや氏子さんがこなせなくなってきているので、こういう重労働を軽減するため、そろそろ真面目に導入を検討したほうがいいようにも思います。

それが、神社のあり方としてどうかという思いもありますが、それ以前の問題として、草刈り等の作業は、刈払機を使用したり、動噴を使用したりするわけで、サラリーマンだったような人たちは、作業経験がないだけでなく、それら道具すら持っていないという根本的な問題があり、一部の人に負担がかかる傾向にあることは、由々しき問題だと思います。
実際に、神社の除草作業で、刈払機の刃が隣の人に当たっての死亡事故などもあり、スキルの低い人が作業に当たることは危険だと思います。

ただ、ロボット掃除機にも言えることですが、これらの機械には動作しやすい、効率よく作業できる環境というものがあるので、除草前にそういう部分の整備も合せてしていかないといけないのはハードルが高いですよね。
もちろん、最大のハードルは、ロボットのイニシャルコストでしょうが。

昨日の薪割りは、結局、2t ダンプ 2.5 台でした。

また新しくカブトムシの餌が 1 袋できたのですが、大体 25 ダンプ少々山盛り 5 — 6 台で一袋くらいできる感じです。
これとは別に、皮だとか、もう少し粗いチップ状のゴミとかも発生しています。
なんとか活用する方法はないのかなと思い、とりあえず、乾燥機の燃料にしようと思って溜めているんですが、置き場に困り始めました。
なんとも。。。

しかし、こう暑いと、薪ストーブ関連の雑貨は全く売れません。
お店は閑古鳥が鳴いております。
ですから、在庫の補給も必要ないので、今月は、たったの 60 ケース、2.137 CBM で 676 KGS ほどの仕入れです。

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 061W
ETD LAX: JULY 23
ETA KOBE: AUG. 7

60 PIECES
676 KGS TOTAL
2.137 CBM

海コンシャーシというか、鉄くずというか を買ったわけですが、コンテナがないと荷物を運ぶ事はできないわけですので、次回神戸に行く時には、まずはコンテナを買って、そのコンテナに荷物を入れて持って帰ろうと思ったんですが、荷物があまりに少なすぎて、どうしたもんか、悩ましいところです。

というのも、積載が仮に 24t 取れたとすると、年間 10 万以上の維持費がかかります。
つまり、月 1 万程度は、置いておくだけでかかるってことになります。

自賠責は登録時に次の車検まで必要になりますから、一月以上放置すると、新たに加入し直す必要が出てくるのですが、5,000 円ほどですから、実際に必要になるまで登録しないほうがお得ではあるわけです。

でも、もう一つの問題として、通行許可の申請がそれではできないという。。。

コンテナも普通のにするのか、それとも、天井のないオープントップにするのか、という問題もあります。
オープントップはあまり流通していないようで、価格も高いし、幌の着脱がかなり面倒臭そうだし、幌自体、寿命が短そうにも思うんです。

調べたところ、相賢 さんに在庫がありましたが、464,400 円(税込)で、相場は、税抜 40 万程度だそうなので、普通のコンテナに比べて著しく割高なようです。

元々建設機械など、箱の高さが足りないものの輸送に用いるもので、頻繁に幌を着脱するような前提ではないそうで、そう考えると、シェイクがすごく安く感じます。

幌が破れて交換となれば、相当掛かりそうです。
まあ、その時はその時でしょうけど。

台車の方ですが、連結検討書が届きました。
費用は、32,400 円でした。

JØTUL(ヨツール)F 500 の問い合わせがあったので

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、薪ストーブの輸入を代行しています。
薪ストーブはカナダから輸入していますが、米ドルに比べてカナダドルが相対的に安いためです。

基本的にストーブの本体価格が高額なモデルほど国内の販売価格との差額が大きくなります。
理由は単純で、カナダ本国で 10 万円の TrueNorth TN20 であっても、30 万円の F 500 も Majolica Brown Enamel も、運賃等はほぼ変わらないためです。

JØTUL(ヨツール) F 500 の場合で、ドンブリでいえば、定価の 30% 以上の値引きとなる見込みです。
以下の価格は、カナダドル建てです。

モデル 価格 在庫
Matte Black 2,610 3
Blue Black 2,970 3
Majolica Brown Enamel 3,150 4
Clean face — Matte Black 2,610 1
Clean face — Brown Enamel 3,150 3

別途、カナダ国内の梱包輸送費用が $70 程度かかります。

また、日本の港までの運賃が 1m3 あたり、4 — 5 万円かかり、F 500 の場合、容積は 0.7 — 0.8m3 程度を見込んでいます。(前回実績 0.65m3
この他に通関と検査の手間賃 5,000 円程度、日本国内の輸送費用がかかります。
※ 上記運賃等は、当方の雑貨と混載した場合の一例

前回、F 500 SE(格子のないタイプ) の Majolica Brown Enamel とエコファン 812 を代行したケース での総額は、416,159 円でした。同じ、愛媛県内への納品のため、日本国内の輸送費用はかかっていません。

Majolica Brown Enamel は日本では発売されていない色味ですが、アイボリーエナメルの場合、680,400 円(税込)ですので、エコファンがついても、定価の 61% となりました。

F 500 SE の Majolica Brown Enamel もですが、過去には F 400 のガスストーブ(もちろんエナメル) や、F 45 のようなハイブリッド(鋼板と鋳物との良い点を組み合わせた日本未発売の最新モデル)など、個性的なストーブを、本場の価格でお届けしています。

F 45 については、在庫があります。

薪ストーブの導入や入れ替えを検討されている方は、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) の代行サービスをぜひご検討ください。

角トップを納品

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) では、低価格でありながら、高品質な 角トップ を製造・直販しています。

今回は最もベーシックなタイプの納品です。
お客さんの H さんより、写真が届きました。

見てのとおり、極めてシンプルで、質実剛健に仕上げております。

角トップのベース部分は、定期的なメンテンスを要するシリコン等によるコーキングが不要となる設計を行っていて、とても信頼性の高いものとなっています。(煙道囲いとの取り合い部は、仕上げ状態により、コーキングを要する場合があります)

無塗装なので、黒が良ければ、自分で MonotaRO の耐熱塗料 でも塗ってください。
一度塗りなら 2m2 塗れて、一本 636 円(税込み)です。

塗装は焼き付けようと何をしようと、遅かれ早かれハゲますし、そもそも論として、うちは DIYer さん向けですから、塗装したきゃそれくらい自分でやってください、というスタンスです。
バリ等も多少残りますので、細かな仕上げは、(気になるなら)別途必要です。

EXCEL 煙突との接続は確認済みですが、他社製の煙突でも、現物を送っていただければ、接続を確認して製作いたします。
基本 6″ ですが、それ以外のサイズにも対応できます。

薪ストーブの設置で、角トップでの施工をお考えなら、是非、Hearth & Home 暖炉家(だんろや) の角トップもご検討ください。

JR コンテナはどこで買えるのかという疑問

わかってしまうとどうしてこんなことを悩んでいたのだろう、というような単純な話です。

あまりにバカバカしいので答えを書きますと、JR 貨物で買える、ということになります。
当たり前ですね。

販売されているのは、19D と 19G で、価格は 140,000 円(税別, 税込みだと 151,200 円)です。

19D タイプは両側面に扉があります。

19G タイプは、片側面, 片妻面に扉あります。(L 字型に開く)

どちらも、外寸は、高さ 2,500mm x 妻面 2,450mm x 側面 3,715mm で、内寸は微妙に違いますが、容積が少ない方の 19D で 高さ 2,252mm x 妻面 2,275mm x 側面 3,647mm です。

うちで使っている 台車屋 五常 さんの カゴ台車 ですが、サイズが W 1,100 x D 800 x H 1,700mm なので、横に 2 台、長手方向に 4 台, 都合 8 台積めることになります。
積載は 500kg で自重が 45kg ありますので、545kg x 8 = 4,360kg ですから、満載しても、コンテナの最大積載量 5t を超えることはなさそうです。

ちなみに引取場所ですが、

〒732-0801 広島県広島市南区東駅町1−3

 
〒732-0801 広島県広島市南区東駅町1−3

となっていて、トレーラで引き取りに行けば、積み込みまでやってもらえるそうです。

コンテナはヤフオクとかでも売っているのですが、値段に幅があります。

安くても、状態の良いもので 14 万は見たことはなく、相場としては、20 万弱、といったところです。
こんな事を言うとアレですが、松山に買って帰って、物入れとして使いつつ、ヤフオクに出品しておけば、商売になりそうです。

もっといえば、手元に在庫がない状態で売りに出しておいて、問い合わせがあってから仕入れてもいいのでしょうが、個人出品者は手元にないものの販売は禁じられていたと思うので、最低 1 個は在庫を持っていないといけない、ということになります。

暇な時(そんな時間が取れるのかはちょっと謎)に、折角エアレス塗装機も買ったことだし、ペンキくらい塗って 199,800 円くらいで薪割り機などの倉庫として売り出せば、それなりに売れそうにも思えるんですけどね。
プラウの 10ft コンテナだと 100 万近くする んだから 1/10 です。

いやはや、常に商売のことを考えてしまうのは、しがない雑貨屋オヤジの性というものでしょうか。

茨城には薪ストーブや薪割り機といった大型商品をストックしていきたいのですが、お店土地は前面道路が狭く、許可なく通行できるのは 4t まで(一応トレーラは通行許可は取っていますが、事実上、誘導員なしではムリ)なので、4t で運べる JR コンテナはちょうどいいサイズかなと思うので、ある程度品物が売れて、多少利益が残れば、JR コンテナを買い足していきたいと思います。

今のところ無事です — 箱根エコパーキングまで戻りました

今日は、コンテナの引き取りです。
引き取りは、本当は昨日の予定ですが、15 時までには間に合わず、一日ずれ込みました。

今日は本来はゆっくりする予定だったのですが、行きは大阪の地震で名古屋での積み込みができておらず、ラジエーター故障のためデーィーラーに整備に寄らないといけませんので、とんぼ返りです。

ボックスですが、値段が値段ですから、アレなんですけど、予定通り雨漏りしていますね。
雨だから、雨漏りの確認ができたと前向いに考えたいと思います。

ちなみに内装は写真と違ってベニヤがむき出しです。
当然腐っているんですが、面倒くさいから張り替えるかどうかは悩み中です。

結構サイズが気に入ったので、もっと買おうと思ったら、もう残ってませんでした。
小さいものはまだ残っていたので、薪ヤード用に、ちょっとした道具を片付けられるようにまた買ってみようと思います。

2つあるので、一つは床を補強してプチフォーの車庫に茨城に持っていくとして、もう一つは、ラッシング用のレールがあったので、4t に乗るようなら、神戸に通関に行く時、ボックスを積んでいけば、雨漏りをちゃんと修理すれば、雨に濡れる心配がなくなるので、天気に関係なく、引き取れるようになりますし、鍵もかかるんで、泥棒の心配もありませんし。
まあ、4t に乗らないならトレーラで行きばいいですね。
トレーラでないと乗らないほど、たくさんの品物を多くの人にお届けできるようにがんばります。

帰ったら、屋根の修理とこれ以上腐らないように塗装はしておきたいです。

高さですが、255cm と聞いていたのですが、思ったよりも高く感じて、コンテナ積載の許可は取ってあるんですが、ガードにぶつけてからでは遅いので、レーザーで高さを測りましたら、そんなもんでした。
150 + 255 = 405 なので、9’6″ よりは低いので、問題ないですね。

というわけで、とりあえず、また箱根エコパーキングまで戻りました。
ちょっと休憩して、もう少し進んでおきたいと思います。

朝っぱらから山岡家の理由

今日は朝っぱらから山岡家、しかも、中盛りで 980 円です。
実にくどい。

実は山岡家はシャワーを貸してくれるんです。
全部の店じゃないと思うんですが。

山岡家は駐車場が広いのもあるんですが、昨日は浜松 TS までいって風呂に入ろうと思っていたのですが、疲れて寝てしまったため、髪を洗いたかったのです。

それはそうと、箱根についた時、そこから先はトレーラを駐めて休憩できるところがないので、箱根エコパーキングによったんですが、よく見なくても LLC がだだ漏れです。

確認すると、リザーバーの蓋がなくなっていて、溢れ出ていました。
写真はエンジンを掛けた後に撮りましたが、6L くらい溢れてしまいました。
蓋は探したんだけど、駐めてから落ちたわけではないようです。

今日もトラブって予定が狂いまくりです。

ついてない時はとことんついてないので、事故にならないように気をつけたいと思います。

大阪の地震

道の駅潮見坂に到着しています。

今日は、朝早くというか、昨日の夜というかに出発して、おさふねサービスエリアで仮眠して、調子よく走っていたら、加古川の医療センターあたりを走っていたんですが、緊急地震速報を受信したわけです。

高速が通行止めということで、山陽道や中国道を降ろされた車が雪崩れ込む事はわかっていたんですが、トレーラーは特殊車両なので、どのみちでも勝手に走ることができません。
通行許可といって、予め通行するルートを申告して、許可を得たルートを走る、ということになるわけです。
迂回できないので、仕方ありません。

名塩のあたりは本当にひどい渋滞でした。
高速はガラガラ。
モノレールも走ってません。
橋脚などはクラックが入っていて、チェックされていたんですが、走って大丈夫化とか、補修の方法とか、検討するんでしょう。

近畿の方、ご無事でしょうか?

なんだかんで、大阪を抜け亀山 TS についたら 15 時を過ぎてしまいました。
途中でパレットを積み込みたかったんですが、15 時で帰るけど、18 時までは誰かいるので、ということでしたが、あまりに疲れて、居眠り運転するといけないので、積み込みは帰りにして、17 時まで仮眠しました。

面倒くさいから豚汁定食あたりでいいかと思ったんですが、気を取り直して、毎度おなじみのまぐろレストランです。
今日はトロは売り切れでしたので、豪快丼 1,000 円です。
微妙にリニューアルされて、全席禁煙になってて、時代を感じました。

ちなみに、荷物。
ほぼ、空気。

ボチボチ頑張ろうと思います。

はい作業主任者で習ったことが多少役に立った感じ

倉庫に納品に行こうと思うのですが、天気が微妙なので、ロールボックスパレットではなくて、普通のパレットに荷物をまとめました。

はい作業主任者の講習 で習ったことなんですが、ダンボール箱の積み方にはいろいろあります。

出典 頭の体操

クイズの答えは 1 です。
説明は、こちら

まあ、NO-SPILL ガソリン缶は、もう、空気を運んでいるようなものでして、写真のパレットでは、下の方に重量物を積んで、その上に、軽いもの、ガソリン缶を積んでいます。

だいたい、一つのパレットは、300kg くらいしか重さがありません。
3 パレットでも 1t あるかないかです。

途中で樹脂パレットの引取があるので、3 パレットでやめておこうと思います。

前回、X25 を抜き取られ、というか、なんで X25 を一箱だけなのか、全く意味がわからないんですが、今回は、中身がわからないように黒のラップを巻いておきました。

天気が悪いようなので、ブルーシートで養生してあります。

ボチボチ頑張ろうと思います。

片付いてきているような気がする件

今日は 15 日なので、午前中は兼務神社の巡回日です。

途中で氏子さんに会って、原木が溜まっているから早く引き上げに来てよといわれてしまいました。
迷惑をかける訳にはいかないのですが、来週は上京しようと思っているので、再来週あたりに片付けようと思います。

それと、H さんに 角トップ を頼まれている件で鉄工所に打ち合わせに行ってきました。
あとは組み立てるだけ、というところまで出来上がっていたんですが、前回、組み立て不良があったため、今回は確認してから出荷したいのですが、生憎、来週にずれ込むため不在で現物確認ができないため、写真で確認するか、納期的に問題がないなら、戻ってから現物確認して、再来週あたりに出荷できればと思います。

だいぶスッキリした気がしませんか?
気のせい?

今日はこんだけ。

なんせスタートが 16 時を回ってる時点でアレなんですけど、日が落ちかけると、防音ではないので、強制終了です。
というわけで約 2 時間ですが、恐ろしく捗ってないのは、微妙なものばかり割ったのと、チェンが切れなくなって、まとめて目立てしてたってのはあります。

どの道まともな薪になるものが少ないので、そういう意味では、素直なものからどんどん割って、どんどん片付けたほうが、効率はよいのはわかっているんですが、なんというか、じゃまになって、汚らしいものをあまり溜め込みたくないってのはあるんです。

ほとんど片付けかけた時に、オイラーのホースが外れて、修理しないとなんですが、部品がないので、ヤガラになっているものをきれいにはい積みして、多少掃除して終了です。

第 1 ヤードに運んだものも運んだだけで止まっている状態のものが多くて、シート養生できていません。
日曜日にヤードを整地して、養生していこうと思います。

明日は神社の祭日なのですが、夕方、整地のためにユンボを回送しようと思います。

雑貨のパレタイズもしないとなのですが。。。ボチボチがんばります。