忙しすぎて死にそうな件と薪割り機の代金精算

死にそうだとか言いつつ、ブログは書くわけですよ。
その間に寝て休め、とか言われそうです。

今日は朔なので、神社の巡回がありますし、本務神社は秋祭りの準備を総代さんがすると言っていたので、顔を出さないといけません。お神輿を出して磨いたりです。

薪の配達で倉庫(車庫)の奥から乾燥薪を取り出したので、それ以外のパレットなんかや、引き取ってきた薪割り機などが中途半端に置いてあるので、それも整頓しないといけないし、その前に、薪割り機を出荷しないといけません。

で、昨日の夜はその精算をしました。

薪割り機本体価格は、最終的に米国での仕入れ価格が $1661, 複数回に分けて支払ったのですが総額からレートを逆算すると約 113 円でしたので、187,705 円で、国際送料は全部で 21,069 円です。

代行費用は、10% お願いしているので、20,877 円で、消費税が 18,372 円です。
送料は海外で発生している費用なのですが、通関時に申告して商品の代金の一部とみなされるため、課税されます。
あと、税関で計算される消費税は、100 円単位だったり、国税と地方税に分けて計算されたりして、単に 8% ではないのですが、面倒くさいのでうちは 8% で精算させていただいてます。

それと、オイルも頼まれていたのですが、これが 20L 缶が 4,350 円で 2 本で 8,700 円でした。

今回は通関や検査、そして、愛媛までの引取などの経費(トラックの燃料代や高速代)との一部として、各 10,000 円, 都合 20,000 円を実費の按分ということでお願いしました。
今までの経験上、LCL で検査になって 1m3 あたり、だいたい 4 万以上はかかっているので、その範囲内かなとは思いますが。

その結果、最終的に 276,723 円、ということになりました。

さて、この薪割り機、店で 349,800 円で売っているわけですが。。。高くないか、という方、お店の値段は、組み立てと配達、それと保証がついているんですよ。

それにカードで支払われたりすることもあるのですが、その場合、モールの手数料(平均すると 10%)くらいがかかりますので、仮に 10% だとすると、実入りは 314,820 円なんです。

314,820 – 276,723 = 38,097 円、ということになります。

組み立てるだけでも半日仕事です。
作動油は金額に入っていますが、当然ですが、エンジンオイルも必要です。
保証があるので、その原資も必要ですしね。
それに、オプションのカバー、これ 1 万くらいするんですが、サービス品ですし。。。

現状残り 1 台、すでに問い合わせは頂いているのですが、買うという返事はまだ頂いていないので、先着となります。

在庫して値打ちが出るものでもないので、薪割り機を検討されている方、ブレイブの新型をよろしくお願いします。

なお、四国以外への配達は、おまかせ便のみとなります。

おまかせ便の場合、配達の日付も時間も一切指定できません。
時間は、極論すれば、午前 3 時のこともありえます。
また、道路事情により、打ち合わせの時間に到着できない場合もありえます。
平ボディ車なので、雨が降ると、養生はしますが、荷物は濡れる可能性があります。

かなり融通がきかないサービスではありますが、大型商品の配送料金は馬鹿になりませんので、手間をかけても安くしたい、という方は是非ご利用ください。

薪の配達をしました

今日は薪の配達で宿毛まで行ってきました。

2 カゴの注文だったのですが、どれくらい量が必要かわからない、追加で注文は可能ですかということだったので、4 カゴ積んでいったのですが、ありがたいことに、4 カゴ全部買ってくださいました。

薪ですが、今回は、予めカゴに詰めてあるものを届けました。

2 カゴで約 1t, 厳密に目盛りを見ると 980kg くらいでしょうか?
もちろん、鉄カゴの重さも含まれていますが、カゴ自体は、60 — 70kg 程度です。
仮に 70kg でも、2 つで 140kg なので、980 – 140 = 840kg ということで、一つ 400kg 以上はある、ということです。

ただ、重ければいいのかというと、湿った薪なら重いわけです。

容積と、重量、両方を確認して、出荷しています。
また、両方を確認するからこそ、全体としてよく乾燥して仕上がっていることを担保できるのです。

よく燃えて、暖かい冬を過ごしていただければと思います。

それと、去年は、雨ざらし薪も作ってみました。

雨ざらし薪は管理が難しく、少々菌が入ったりカビたりしてしまいましたし、どうしても、色が黒ずんだりと見た目が良くないのですが、乾燥はバッチリです。

当然、目方を計りますので、アクが抜けた分、軽くて損なんてことはありません。

どうしても手間がかかるので、雨ざらし薪を作るのはやめようと思いますので、今年と売れ残ったら売れるまでの限定販売となる予定です。

雨ざらし薪も、よろしくお願いします。

薪割り機の引取完了!

雨も上がって、荷物が濡れる心配もありません。
六甲アイランドに行ってきました。

朝? 0 時に出発して、今しがた戻ってきたので、丸一日かかった感じですが、前日から起きているので、かれこれ 40 時間、ちゃんと寝てない感じです。途中 1 時間仮眠は取ったんですけど、もう歳なので、しんどい感じ。

今回は、例によって例のごとく検査ですが、丁寧に、荷物もあけて検査でした。
中まで調べたのは初めてのケースかも。

とても丁寧な人で、事前の電話の時点で、見せてもらっていいいですか、という話になっていたので、道具を持って行ってたんですけど、開けたのを閉じるためのテープだけ、忘れてしまいました。
テープは貸してもらえたんですが。

なんだかんだで、2 ヶ月近くかかってしまいましたが、ようやく引き取ることができました。
発送するだけなんですが、木枠を開けると後で難儀をしそうなので、後は軽く検品して、開けるのはやめておこうと思います。

明日は配達なので、さっさと寝て早起きしたい(起きられるのか!?)と思います。

薪の注文をいただきました

薪を 2 カゴ、初めてのお客さんから注文をいただきました。

明日は神戸に行くのですが、高知県宿毛市からの注文なので、残念ながら、途中で配達、というわけにはいきません。
今のところ、神戸に行く途中の配達もないので、結構空で走ることになってしまいました。
なかなかうまく段取りが組めません。

まあ、トラックの運転自体は嫌いじゃないんですけど。

秋祭りのシーズンに入るので、土日は行事で埋まっていて、9/30 を外すと、一月近く先まで空きがないので、急ではありますが、明後日配達に行ってきたいと思います。

朝早く出れば、どこか観光できるのかな?
約 160km, 4 時間ほど掛かるようです。
今から、お客さんにお届けするのが楽しみです。

まだまだ在庫は潤沢にありますが、配達のスケジュールがタイトなので、できるだけ早めにご注文いただけると、空で走ることを減らせて助かります。
正直、驚くほど安くはないと思いますが、相場くらい、運賃込みですから、まあまあ良心的な価格でやっていると思うので、お近くの方はよろしくお願いします。
(去年に比べて、原木の価格が上がったので、その分、価格に転嫁させていただいております。)

それと、明日の件ですが、神戸税関に FAX で書類を送ろうと思うんですが、どういうわけか何度やっても送れないんですよ。
PC FAX とやらの使い方がよくわかっていないのですが、何らかのエラーなのだと思うのに、スプールしたあと、ジョブの処理状況の確認方法がわからないのです。

まあ、今時 FAX というところも少ない気はするんですが、貿易関係だと、未だに紙の書類を持っていったりしないといけません。前回、D/O の書類を印刷し忘れて、コンビニで印刷したりしたんですが、まあ、なんともな世界です。

今回は六甲アイランドで、初めての倉庫になるので、また、プロのドライバーさんに怒られたり、守衛のおじさんに怒られたりするんだろうなぁ、などと今から胃が痛いのですが、なんとか乗り切りたいと思います。

I さん、あと少し、お待ち下さい。

雨のため書類仕事いろいろ — 薪割り機の引取

今日、朝から降るかなと思っていたんですが、11 時くらいまで怪しいままで降らず、降らないなら仕事をしようと思って山に出かける準備をすると、途端に降り出しました。
まあ、世の中、そんなものでしょう。

というわけで、外の仕事はできないので、溜まっている書類仕事を少しづつでも処理しないといけないので、渋々やりました。
秋祭りが近づいているので、準備もあるし、やることは山積する一方です。
雨なら家でゴロゴロしてたいところなんですが。。。

とりあえず、現在進行中の輸入ですが、全部で 3 件あって、

  • 薪割り機(ロス → 神戸)
  • 薪ストーブ(バンクーバー → 松山)
  • その他の小物(シアトル → 松山)

という状況です。

薪割り機については、すでに書いたとおり、船の遅れの影響で引き取りのタイミングを逸したため、現在六甲アイランドで保管されているのですが、輸入貨物は届いてからしばらくはフリータイムといって、保管料がかからない期間があります。
これも、早々に切れますので、今日・明日で引き取ろうと思っていたのですが、雨ということで、平ボデーですから濡れてしまうので、延期しているわけです。
明日まで雨の予報なので、明日、税関とすり合わせをして、あさっての朝着く予定を組んで、出発したいと思います。

薪ストーブについては、まだ B/L が届いているだけの段階で、現時点では、来月の初旬に入港の予定となっていますが、当然、秋祭りが終わらないと身動きがとれないので、今の時点でできることは何もない、といったところです。

小物類については、積み込んだだけで、ちょっと書類に不備がって作り直しをしているところです。

まあ、そういうわけで、明日の夕方くらいに神戸に出発しようと思うんですが、こういう時に限って、薪の注文が入ってないんですよね。
入っていれば、行きも荷物を積んで走ることができるんですが。。。

今回は、薪割り機は 2 機種、3 台入荷します。

そのうちの 1 機種は、新型の縦横兼用タイプ VH1724GC になるんですが、初めての取扱になるので、梱包の状態、サイズなどが全く不明なんです。

VH1724GC は 2 台入荷予定で、1 台は代行依頼を受けたもので、もう一台は、通常の在庫品(問い合わせを受けているので売れるかもしれません)ですが、どうやって配送するのか、という部分について、ものがない状態なので、運送会社との打ち合わせ自体ができないのです。

最近は重量物の発送自体が厳しくなってるのですが、なんとか負担の少ない形で発送できればと思います。

亀山まで戻ってきました

今朝は朝 3 時くらいに出発して、7 時過ぎに箱根峠に到着、仮眠を取りました。
2 時間と思ったんですが、二度寝して、10 時過ぎに出発。

その時に、擬装したスパーグレートを発見しました。
ツーデフのヘッドですね。
その後ろに、ちょっと見えてますが、ダンプもいました。
荷台にはウエイトを積んでいました。
なんかパソコンで作業をしていたのでデータを取っていたようです。

二度寝のせいでもあるんですが、カーナビアプリをトラックというトラック用のを使い始めたんですが、このアプリ、予定時間がかなりきつめに出る傾向があります。

コンテナの引取に間に合わない雰囲気の表示になったので、朝も、昼も食べずに、ひたすら走って、四日市に 16 時過ぎについて、ようやく安心して、まぐろレストランです。
ちなみに 1,000 円の豪快丼。

コンテナはなんとか積み込んで、今しがた亀山 TS につきました。

明日、薪割り機の引取の予定でしたが、船が今日入港する、午前中はまだ接岸もしてない、とか言う始末で、どれだけ急いでも明日の夕方引き渡しということで、通関(というよりも検査)が無理なので、出直そうと思います。

福島のパレットの引取は、延期にしてもらったんですが、そんなことなら、そっちを引き取ればよかった。。。

まあ、ちょっとちょっとついてないので、気をつけたいと思います。

1 円売り切り出品と通関の準備と台風が直撃っぽい件

昨日書いた 1 円オークションですが、新しく FISKARS X27 薪割り斧 を出品しています。

まあ、即決でも、普通にそこそこの値段なので、大抵はお得に落とせるのではと思います。

LCC3 コンボクッカー も再度出品しています。
これからのシーズンに活躍が期待できる人気の定番アイテムで、新品でわけありでないものでしたら、おそらく日本一安いと思います。大体 5,000 — 6,000 円くらいで落とされています。

1 円オークションで売ると、世間の相場観、というのがわかって面白いですね。
まあ、出品する側としては、需要が少ないものは本当に 1 円で落とされるリスクが有るわけですから、人気があり、需要も旺盛な定番中の定番アイテムか、あるいは、ガラクタでないとなかなか怖いものがありますが。
毎年、シーズンに入ると、急速に売れ始めるので、シーズン前の今だけのお遊びですね。

それと、I さんに頼まれている薪割り機の件ですが、昨日、ついに A/N が届きました。
まあ、ここまでは予定通り。

今回は六甲アイランドなので、担当の税関も変わります。
松山まで保税陸送しようかと思ったんですが、担保の供託が必要、ということでかったるすぎるので、六甲アイランドでがんばります。

とりあえず、税関には電話をして、packing list だの invoice だの、荷姿だのは FAX しておきました。

今回の荷物は、ブレイブの新型の縦横兼用タイプが 2 台、横型往復タイプが 1 台、それと、修理用の部品類です。

ブレイブ社の梱包はコンパクトなので、容積はわずか 2.86m3 で、輸入の経費が節約できます。
とはいえ、海上運賃なんて m3 あたり、主要な航路では $100 とか、$120 とかなんですよ。
松山港でも、$200 もはしません。
まあ、loding などのコストも、m3 あたりいくら、という感じでかかってくるので、やはりコンパクトであるに越したことはありませんが。

ETA 9/19 なのですが、デバンがいつになるのか、祭典が 22 日にあるので、前日の 21 日に通関できるなら、配達の帰りに通関して持って帰りたいところです。

問題は、エア漏れの修理が昨日終わっていない件と、台風が直撃っぽく、状況の日程とまんま重なって、台風と同時に東京方面に向かうことになるんで、危なすぎるんじゃないのか、という問題です。

ただ、このタイミングを逃すと、秋祭りの準備などがあって、神戸までは行けても、関東まで行く時間をとることができなくなって、パレットやコンテナなどの引取に支障が出てしまいます。

台風の影響が少ないことを祈るばかりです。

ドコモをお使いの方へ 500 円引きクーポン配布中です

STORES.jp でドコモケータイ支払いをご利用の場合、 ¥2,500以上の購入時に、「docomo1708」というクーポンコードを入力頂きますと 500 円割引となります。
9 月末日まで有効です。

ぜひご利用ください。

また、ヤフーオークションで、薪ストーブ用品の 1 円オークションを開催中です。

現在は、ロッジ コンボクッカーですが、色々なアイテムを出品していきます。

ヤフオクの会員の方は、是非ご参加ください。

True North TN20 のスペック

tn20_legTrue North TN20 のスペックについて、具体的に言うと、壁との離隔距離について問い合わせがあったので、こちらにも書いておこうと思います。

まず、基本的なこととして、うちで取り扱う場合、現状有姿となります。

無論、TN20 を注文して、F400 が届いた、というのは TN20 ではないので、当然クレーム対象ですが、型番が TN20 であれば、こういう離隔距離などについて、重松の説明と食い違っていたとしても、実際にどうであるか、ということが優先されます、ということなので、ご理解ください。

理由は単純で、そういう部分をフォローするためには費用がかかるから、また、人的なリソースの制約でフォローすることができないためです。

よって、メーカーのカタログ、マニュアル等の原典を当たって、必ず自分自身の責任で判断してください。

それと、海外製品の場合、モデルチェンジ等が知らないあいだにあって、型番が違っている同等製品を「断りなく」、同一製品として出荷してくることがあります。

例えば、TN19 が TN20 にモデルチェンジしたときも、物がついてから TN20 とわかった状態です。

FISKARS の斧なども、デザインが変わっても、新旧商品がちゃんぽんで届いたりしました。

ですから、そういうモデルチェンジについても、保証することができませんので、代行案件の場合、現物の先渡し用在庫がないモデルに関しては、現物確認はできませんので、ご理解ください。

さて、フリが長かったですが、離隔距離についてです。

True North はカナダの Pacific Energy の製品のため、北米、主にカナダとアメリカ向けに販売されている製品となりますが、安全に対しての基準が両国で異なります。

日本に基準らしい基準があるか、それが現実に即しているか、という部分に関しては、いろいろな見解があるのが実際のところだと思いますが、その件については、ここでは議論しないこととしますし、うちは工事はしませんし、その技術的なアドバイスもしませんので、そういう部分に関しては、別途有償のサポートサービスを購入するか、自身の判断で行ってください。

海外の基準は、あくまでも海外の基準です。

離隔距離については、取扱説明書 PDF の 12 ページに記載があります。

また、床の保護について 13 ページに記載があります。

これらの数字は、あくまでも最低限であって、この数字を守ったからといって、快適に使えるということにはなりません。
特に炉台については、前面に余裕がある法が使い勝手も良く、またサイドには、ある程度のツール類などを置くスペースもある方が望ましいですから、それぞれの事情に合わせたプランニングが必要なことはいうまでもありません。

ちなみに、基本的にアメリカよりもカナダのほうが厳しい基準となっています。

煙突でもそうなのですが、カナダの基準はかなり厳しいので、うちではカナダ ICC 社製の Excel, ULTRABlack 煙突を取り扱っています。

ICC 社製煙突も薪ストーブと一緒に手配可能ですし、現場状況によりパーツが不足することがありますが、ストレートの煙突や各種部材は一定数国内に在庫を保持しておりますので、万一、不足した場合にも、迅速に対応できる可能性があります。
また、万一に備えて、余分にパーツを輸入する必要もありません。

ストーブと同時に手配することもできますので、お問い合わせ ください。

原木運搬の続きとエアがだだ漏れになった件

今朝は 8 時スタートで、台車は新ヤードに置きっぱなしだったので、取りに行ったんですが、抜け道が起伏が激しいので、燃料をケチりたくて平坦な道を走ったら渋滞にハマったので、時間も燃料もロスしてしまった残念な一日のスタートでした。
ヘッドだけなので、山を抜ければよかった。

とりあえず、昨日の続きで、2 台分運びました。

2 台目を積み終えたあたりで小雨が降り出して、濡れた丸太は滑って危ないんだよなぁなどと思いながらも、クロックスです。
ちなみに、クロックスの色にもこだわりがあって、ターコイズブルーというか、正式にはピーコックグリーンなんですが、自分の道具の色なんですよ。
まあ、めんどくさいときは、コベルコの色で塗っちゃいますけど。

あと、10t 程度積み残してしまったんですが、どうもコントロール側のエアが漏れているようで、ブレーキを踏むとシューシューいって圧力が下がってしまい、危ないのです。

帰りにふそうさんに持っていたんですが、やはりコントロール側がダダ漏れで、即入院です。
まあ、そろそろ漏れる気配は感じていたのですが、供給側でなくてよかったです。
ヘッド側の部品はすでに買って積んであったりするんで、必要なら交換しもらおうと思います。

ていうか、農協大豆號は供給側が微妙に漏れるんで、そっちの修理も必要といえば、必要ではあるんですが。

連休、お宮が終わったら即配達で上京しようと思っていたんですが台風が来ているみたいなんで、どうしたものか考えあぐねています。

エア漏れの修理の件も、当然ですが、直らないと危なくて走れません。

22 日は、お宮の修繕が終わったので、その奉告のための祭典が入っているので、それまでには戻らないといけません。
特大車になるので、絶対に高速には乗りたくありません、というよりも、無許可なので乗れませんので、そうなると、行きに 24 時間、帰りに 24 時間かかります。
流石に 24 時間連続で運転するわけには行きませんので、12 時間づつ走っても、4 日間はかかります。
納品は、トレーラー進入不可なので、4t ユニック車をレンタルして小運搬する予定ですが、丸 1 日かかると思いますし、ロールボックスパレットの引取は無理としても、樹脂の T11 パレットと、20′ 海コンは絶対に積んで帰らねばなりません。
となると、16 日の夜か、17 日の早朝に出発しないと、22 日に戻ってこられそうにありません。
その時はその時で、トレーラを置いて、飛行機で往復しようと思います。
事故を起こすよりはマシです。

このタイミングを外すと、秋祭りの準備などがあって、長く空けられないのです。

神戸に依頼されている薪割り機が届く予定もあるのですが、こっちはまだ A/N が届いていません。
明日くらいには届くと思うんですが、その通関などの準備も、出発前に済ませておきたいと思います。

まあ、ボチボチがんばります。