コロ薪等 置き場がないので格安で処分します

乾燥機の完成が遅れてしまったので、しばらく放置状態だった薪のようなものですが、品質が良くないものが多々ありますので、選別して手間をかけるよりも、安く処分した方が良いのではということになったので、来シーズン用にストック場所がある方向けに販売いたします。

見ての通り、薪製造機で処理しただけのもののうち、雨除けが不十分で痛みが発生している、あるいは、薪製造の過程で出たコロ薪など、通常のものよりも 品質が大きく劣ります

約 1m3 入る通気バッグに入れた状態で(重さはばらつきが大きいので保証はできません)、一袋 10,000 円(税込)としたいと思います。
+2,000 円(税込)で熱処理します。

なお、四国島内に限り、配達も可能です。(日時指定はできません)

配達の場合、運賃が必要です。
この品物は早く処分して場所を作りたいので、割引運賃を適用いたします。

ただし、片道 50km まで(計算の起点:JR 堀江駅)で、以降 1km ごとに運賃 1% 割増となります。
例えば、100km の場合、50% 割り増しとなり、6 袋の場合、15,000 円(税込)で配達いたします。

袋数 1 2 3 4 5 6
通常運賃 6,000 円 9,000 円 12,000 円 15,000 円 18,000 円 21,000 円
割引運賃(税込) 5,000 円 7,000 円 9,000 円 10,000 円 10,000 円 10,000 円

今日は、お昼は焼肉でした。
神鍋白炭工房 さんの炭ですが、ようやく使いました。

その後、TrueNorth TN20 を発送して、入荷済みの品物のうち、斧類の検品、納品をしました。

砥石ですが、結構不良率が高いです。

今回も不良品がありました。不良率、1/24 = 約 4%。
見ての通り、滑り止めの足が 2 つありません。箱の中に外れたものもないので、箱詰め前になくなったのでしょう。
いつは検品してから納品されるので、開梱した後があるのですが、今回はなかったので、嫌な予感がしたんですが、案の定でした。

不良のパターンとしては、セラミック砥石のカバーの爪折れ、滑り止めの足の欠損、そして、今まで 1 例だけですが、砥石自体の欠損ですね。

それと、Firemizer ですが、1 箱 18 入り、なんと箱で取りました。
それで今頃届いてもねえ。。。
で、デザインはカラー版でした。
オレンジのバージョンもあるんですけど、最近はカラー版ばかりが入荷するので、こちらに変更になったのかもしれません。

明日は Y 君がバイトに来てくれる予定なので、春で雑草が伸び始めているので、境内の除草作業を進めたいと思います。

今日から新年度

朔日なんで、いつも通り、神社の巡回です。
変わったことは一切なし。

しかし、今日は本当によく降りました。
だんだん暖かくなってきていて、雑草が目立ち始めました。
お祭り前に境内の除草が必要です。

それにしても、武漢肺炎・支那ウイルスで、世界中が大混乱しています。
松山でもまた新たに葬儀で多数の感染者が出ました。

3 つの密はわかりにくい!
対策の合言葉は、ずばり、NO!集近閉です。
ノー シュウキンペイ!!

毎日多数の感染が報告されて、感覚が麻痺しそうですが、若い人にも感じて欲しいのは、たとえ致死率が 3% でも、自分が死んだら 100% だってことですよ。
かからなければ、当たり前ですけど 0 ですからね。

あと、なるほどと思ったのは、かからないように注意するのではなく、かかっていると思って行動するべきだ、という指摘です。
まあ、自分は高齢者の範疇ですから、かかったら無自覚無症状ということは考えにくいですが、潜伏期間ということもあり得ますし、重々注意したいと思いました。

お祭りまでに鎮静化すればいいんですが、この調子だと、実施できるのかも危ぶまれます。

それで、昨日、データが更新されていなかった HYUNDAI VOYAGER ですが、今し方、津軽海峡辺りにいるようです。
釜山には、4/3 の夜に入港することになっているのですが、この調子なら、そこまでは大きくズレることはなさそうです。
あとは、接続の問題ですが、4/12 なら多分大丈夫でしょう。

というわけで、ある程度の予定が見えてきました。
相手のあることなのですり合わせが必要ですが、4/6 神社が終わったらメッシュパレットの回収に向かいたいと思います。
薪の配達は都合がつかないので、キャンセル。
4/8 の朝には関東に到着できると思うので、リース屋さんで待ち合わせて、メッシュパレットを回収後、購入したメッシュパレットとコンテナを積み込んで、その日のうちに出ることができたら、4/9, 4/10 と走って帰れば、土曜日 4/11 の春祭りの祭典には間に合うかなと思います。
メッシュパレットについては、すぐに積み込めるように、予め帯鉄で結束をお願いしておくなど、十分な準備が必要に思います。
ただギリギリのスケジュールでとっても危険な匂いがプンプンです。
万一の時は、弟に代わってもらおうと思います。

安いグラップル その後

この間書いたグラップルの件、輸入にどれくらいの費用がかかるのかということを聞かれたので、簡単に計算してみました。
ついでに適合を含めてスペックなども考察しておきます。

計算するためには、輸送時のサイズ等が必要なので、まずそれを確認しました。
そうしたところ、

32″x32″x24″ and weight 175lbs.

ということです。
これは、約 0.4m3 ほどですね。
えらくコンパクトです。

もし、アメリカのうちの倉庫に一旦入れて、他のものと混載するとなると、倉庫の経費やパレタイズの手間(パレット代を含む)で、1m3 あたり、品物の点数や、一度の量により全く単価が変わってくるんですが、概ね 4 — 8 万かかります。
パレタイズする時にロスが出る(隙間ができたり、パレットの容量分の無駄が生じる)のですが、だいたいこれが 3 割くらい。
もっとも高いパターンで計算すると、0.4 x 8 x 1.3 = 4.16 万円くらいかかるかもしれません。

うちの荷物と一緒に運ばなかった場合は、カナダからなのですが、うちの前回の数字では、1m3 あたりの単価が $160, 書類代などの固定費が $235 と、調整費が $11 と、日本側での費用が 1m3 あたり 7,080 円、固定費用が 11,000 円です。通関とかを依頼するとして、何もなくて 21,800 円。
$1 = 115 として、(160 x 0.4 + 235 + 11) x 115 + (7080 x 0.4 + 11000) + 21800 = 71282 円+税、といったところです。

まあ、どう考えても、まとめた方が安いと思います。

それで、スペック等です。

これは 34″ なので、わかりにくいかもしれませんけど、86cm くらいのサイズになります。
メーカにより表示が異なるかもしれませんが、例えば、イワフジの場合は、ベースマシンとグラップルのサイズの関係は次のようになります。(http://www.iwafuji.co.jp/products/forest_gs.html より抜粋)

型式 GS-40LJ GS-50LJ GS-65LJ
最大開き幅 1,070mm 1,295mm 1,625mm
最大許容荷重 500kg 800kg 1,500kg
重量 190kg 290kg 500kg
適用ベースマシン 3~4tクラス(0.09~0.14m3) 4~5.5tクラス(0.14~0.22m3) 6~10tクラス(0.25~0.4m3)

つまり、サイズだけでいうと、GS-30 って型番のものがあればそれくらいの小さめのものだ、ということになります。
また、重さ的にも、175lbs という返事から分かる通り相当軽いです。
もっとも、リジッド(固定式)と、プラプラ(正式名称不明)と、形状自体が全く違いますし、使用する鋼材の品質というものもあるでしょうから、重さで強度を単純に推定することもできないわけではありますが。

架装例では、TAKEUCHI TB234 だったんですが、スペック的には、機械質量 3,390(3,530)kg, バケット容量(JIS)0.105m3 ですので、いわゆる 3t クラスの .1 です。

T さんのユンボは .1 ですけど、.2 クラスも借りて使う、ということなので、もし、.2 がメインになるのなら明らかにサイズが小さいかと思います。

一応能書きとしては、

MODEL .12 -An excellent log grapple made entirely of High-Strength Steel.
All pins are bolted in place and have greasable brass bushings

– weight: 117lbs
– max load: 2200lbs
– working pressure: 2538psi
– max opening 34”
– minimum opening 2.5”
– fixed shaft for standard 50mm 3 ton rotor
– 1 year warranty

FORMIKO 3 Ton Rotator

– Max static load: 3 ton
– Max axial load: 1.5 ton
– Weight: 40 lbs
– 2 year warranty

ということなっています。

自分の経験からすると、ミニクラスの場合、かなり手元であっても、自重の 1/3 くらいを持ち上げるのがいっぱいいっぱいで相当無理をした状態なので、スペック的に .1 であれば、1t ほど(アタッチメント重量を含む)になりますから、数字を見ただけの性能的には問題ないと思います。

.2 でも、4m もので仮に φ500mm のクヌギがあったとしても、比重が 1 なら、0.785m3 なので 1t には届きません。つまり、このクラスのものくらいまでを扱うのであれば、特に持てないものが出てくる、そういう可能性は低いし、本体の重さが 5t ほどなので、それで 1t 以上のものを足元の悪い場所でに云々するのか、というと十分な気もします。

ただし、当たり前のことなんですが、一度に 1 本づつハンドリングするのと、細いものなど特に、3 本とか、5 本とか少しでも多く掴むのとでは、一度の手間の差は少々でも、日柄一日ともなれば、大層な差になるわけでして、やはりそれぞれのベースマシンにあったものを用意してやる方がいいのではとも思うのです。

あと、電磁弁自体が必要かどうか、ということもあります。
もし、画像の架装例ように取り付けるなら、ブラケットの作成費用も必要だし、ピンにしたって 1 式 1 万円くらいはするものが 2 本(セット)要ります。

大した金額ではないですが、国内の運賃も当然かかります。

部品としては、安くてもトータルでは、やはりそこそこになるのではないかと思います。

エンジンが不調という問い合わせ

薪割り機のお客さんから、エンジンの調子が悪い、というお問い合わせをいただいて、キャブレターじゃないか、ということになりました。

それで、GC160 なんですが、うちは今のところ、純正のキャブの在庫のみあります。
倉庫を片付けて行方不明になっていたので、ちょっと探すのに時間がかかってしまいました。

今は、$25 弱ですが、取り寄せた時は、$27.95 だったようです。
まあ、上記価格に、倉庫経費やら、送料やらで平均すると物流部分で品物価格の 30% 程度、消費税で 10% 乗るので、1.5 倍くらいになります。
当時のレートを忘れましたけど、まあ、110 円くらいでしょうから、為替手数料が 3.5% だとして、4,773 円くらいですね。

送料も、段ボール代が 80 円、60 サイズで四国から中部までで 1,040 円なので、合計だと 5,893 円ですね。

まあ、いつ売れるか、いつ必要になるのか分からないものを在庫していたわけで、そういうリスクや金利分を載せたい気もしないでもないんですが、薪割り機本体で手数料を 10% 程度お預かりしてあるし、不調は個体差の問題で、運が悪かった方だけに色々かぶっていただくのはどうか、という気持ちもあるので、まあ、そういう見えないコストまで負担していただくのは忍びないという思いです。

それはそうと、春になったので、そろそろ薪割り機のメンテナンスシーズンです。(自分の中で)
秋にメンテナンスをして半年経ったわけですが、エンジンオイルの交換と、作動油フィルタの交換、作動油自体は必要に応じてでいいかなと思いますが、まだ必要なさそう。

出典 MonotaRO

あと、エアエレメントは清掃でいいと思います。
ちなみに、エアエレメントの在庫はありません。
MonotaRO とか、国内で普通に売っていますので。

とはいえ、型番での適合を見ただけで、実際に国内品が合うかどうか試したわけではありませんので、その点はあしからず。

仕事はボチボチ コンテナを回送しただけ

今日も雨でした。
結構ガッツリ降って、外の仕事はできない感じです。

別に土曜日だからとか、不要不急の仕事がないからとか、そういうのではなくて、やたら眠くて、朝起きるには起きて、おニャー様に朝ごはんをあげたんですが、二度寝してしまい、目が覚めたらなんと 11 時という体たらく。
そんなわけで、こりゃあいかんということで、コンテナの回送をすることにしたわけです。

そうそう、なんでやたら眠くてぐっすりだったか、というとですね、プラセボ効果というやつかもしれませんけど、昨日、高島屋に行った時に、東急ハンズをうろついて思わずお高い入浴剤を買ったんですよ。

BARTH(バース)っていうんですが、なんでも

BARTHの重炭酸が溶け込んだお湯にしっかりと浸かることで血流が改善し、体温が上昇することで副交感神経が優位になりぐっすりと休憩する準備が整います。

という触れ込みで、鰯の頭も信心からとも言いますけど、なんとなく効いたような気がしないでもないような、まあ、そんなところです。

回送を土日にする理由なんですが、ちょっと間口が狭くて、駐車場に車がたくさん止まっていると、そのまま右バックで入ることができないんです。
なので、駐車場に車がない土日でないと、出入りができないわけです。
今までは出る時も、巻きがたくさん足りすぎてて、敷地内で方向転換できないかったんですが、次からはなんとか方向転換できそうな感じもします。
土日や夜でも、宿直の人の車があると、出られないか、非常に出にくいことがあります。
まあ、そんなこんなで、今日も土曜は半ドンなので、まだ車が多数残っていて、ちょっと狭かったんですが、無事に回送しました。

ヘッドですが、少し前にも書いた通り、本国では新型が出た ので、それがいいなと思うので、当面は今のヘッドで引っ張ろうと思うんです。
なもんで、ボチボチ手入れをしていこうと思うんですが、雨でガラスの汚れが猛烈に気になります。
明日、雨が上がる予報なので、油膜取りをしたいと思います。

神社の来年度の行事予定表を作って持って行ったり、まあ、野暮用もあって、お昼(朝ごはんも含む)は 15 時になってしまいましたが、トラックなんでマテラの森です。
見飽きたかもしれませんけど、毎度の豚丼です。

家に帰って、一部オークション等で手元から出す必要があるものを出荷して本日終了です。

それはそうと、倉庫は換気が良すぎるのか、保管している段ボールがちょっとしんなりしています。
あと、この時期になると、つばめがやってくるんですが、今まではよかったんですが、倉庫に在庫を置くようになったので、ちょっと商品のエリアはご遠慮いただきたいところです。
フンなどは衛生上問題が大有りですから。

だいぶ片付いているのですが、あと少し片付いたら、一度、隙間を埋めたり、出入り口にシャッターを取り付けるとか、いろいろと対策をしていかないといけないなと思います。
まあ、予算の都合もありますし、一朝一夕にはいかないと思いますので、のんびりとやっていきたいです。

次の荷物ですが、明日、3/29 に松山入港の予定ではあるんですが。。。現時点で A/N が届いていません。
この調子だと、遅延する可能性が濃厚かなと思うところです。
いずれにせよ、明日入港しても CFS 搬入は月曜日でしょうし、4t も月曜の午前中くらいまでは車検がかかりそうなので、どの道、午後以降の動きになるかなというところです。

ご予約いただいている TrueNorth TN20 があるので、早く出荷したいと思います。

TN20 ですが、今なら 5% off ですし、納期もかかりませんよ。
入荷後は、5% off はなくなりますので、お早めにご検討ください。

それはそうと、その 2。
ハンズに行った時に、結局買わなかったんですが、買っときゃよかった、と思ったものがありました。

このツイートでも使われているネットです。

サイズ、メーカー、色々あるようですが、塩分があると焼き網だと錆びてしまって、使いまわそうとするとメッキ品のしょぼいのだと、すぐに錆の臭いが食品に移ってしまったりするわけで、事実上使い捨てないといけませんが、これだと洗って使えるそうですから、それなりに元が取れそう。

まあ、薪ストーブのシーズンはもう終わりですが、来年まで覚えていたら、ゲットしたいと思います。

参道の桜が開花

今日は祭日でした。

今ひとつはっきりしない天気で、気温が上がるか心配でしたが、それなりの陽気でした。
ただ、昨日は朝、路面凍結の警告が表示されるくらいの気温でしたが。
そろそろストーブもお役御免かなという感じです。

境内は楠の落葉が始まりました。
朝から 5 号がずっと掃除し続けていましたが、気温が上がって、雑草もぐんぐん伸び始めているので、適当なタイミングで除草作業も必要になりそうです。

参道の桜も咲き始めました。
白ちゃんに植えた白いハナミズキも蕾が綻んでいます。
桜が咲くと、春を強く実感しますね。

来月になると、春祭ということになるですが、今年は色々と難しいかなと思っています。
行事の中止や規模の縮小・やり方の変更など、武漢肺炎に対応していかないといけません。

今週末は、東京の方では、感染が爆発的に広がる懸念があり、都市封鎖なんていう言葉が出始めましたが、本務神社の春季大祭をどうするかで、総代さんと話して今日決定したこととしては、

  • お祭りは行う(祭典は斎行)
  • ただし、一般の方は昇殿参拝はできない
  • 屋外の順路を設定し、2m 以上離れて、立ち止まらず屋外から参拝していただく
  • 餅まき行事は中止
  • 送迎バスの運行は、バス会社と相談

といったところです。
明日にも、バスの件を決定して、案内状の準備に取り掛かりたいと思いますが、状況が変化する可能性も濃厚で、極端な話、愛媛の田舎町でも外出禁止となれば、当然、祭典も中止せざるをえません。
そうならないことを願うばかりですが、こればかりは予定のしようがないので、決まったことで粛々と準備を進めて、いざとなったら、その時はその時かなと思います。

それはそうと、薪の件です。

配達の間に乾燥機で、次のものを乾燥させておこうということになったんですが、昨日はうまくいかなかったということでした。
簡単にいうと、チップの品質の問題で、スクリューコンベアで供給するのですが、大きすぎる塊があると、噛み込んでアイドルモードに切り替わってしまうのです。
それの復旧にかなりの手間がかかるということもあるんですが、安定して無人運転ができないので、この問題に対して対処しない限り 24 時間の連続運転(フル操業)は叶いません。

現状のチップは、大型のハンマー式の破砕機で破砕して、一度スクリーンに通してあるんですが、スクリーンは単に丸く穴が空いているだけなので、棒のような細長い形状をしている場合、10mm x 10mm x 100mm であっても、何かの拍子に通り抜けてしまうわけです。

単に篩うだけでは細長いものを 100% 除去することはできませんが、そのリスクを下げることはできます。
それと、スクリューの回転力もある程度あるため、10mm 角程度の棒であれば、噛み込んだときに砕かれ、詰まる可能性は低いのです。

いずれにせよ、最低でももう一度スクリーンにかける必要はあるかなと思います。
その上で、オーバー材は再度破砕する必要があるのですが、今あるチッパやシュレッダでは、金属等の混入に対応できないという問題があります。
また、輸入時に発生する木パレット等の処分の問題もあるため、ハンマー式のものを調達できないかと思っています。

オモチャみたいなものですが、思ったよりもチップの消費量が少ないので、2 次破砕であれば、これくらいのもので十分間に合いそうです。

ヤフオクを見ると、10 — 20 万くらいでいくつかハンマー式のものが出ているので、それらを利用して、チップビンに投入する前に、ある程度細かなふるいにかけて、オーバーしたものを一度破砕機に通すだけで、トラブルの大部分が未然に防げるのでは、と思うわけです。

今だと、安そうなものだと、

あたりが気になります。

肝心の破砕部分が分かりませんが、エンジンは EY27D ということなので、直結で 270cc だから 10 馬力程度でしょうか?
だとすると、エンジンが壊れたら、7.5kW くらいの電動機にすげ替えてやれば良さそうです。

ただ、そのままだと、おそらく板や棒状のものを、ローラーで噛み込んでハンマーで破砕する構造であると推定されるので、チップを安全に投入することができないはずです。
(ハンマーは投入口から見ると、手前下向きに回転していると思います)
投入の仕組みについては、何らかの工夫が必要に思います。

パレットの破砕をしたい場合、ローラーを外したりしすると、使えなくなるので、カバー上部にシュートのようなものを取り付けて、少量づつ重力で落とし込むような仕組みが良いのではないかと思います。

とりあえず、破砕機はさておき、少なくとももうスクリーンに通すことはしないといけないかなと思います。
まずはそこをどうするのか、考えていこうと思います。

薪の配達

今日は山口に薪の配達に来てます。

Facebook で交流がある K さんも来てくれて、色々な話を聞かせていただきました。

T さんのピカピカの新車も運転させてもらえ、proximity control assist を体験できました。

仮眠の後に、愛媛への帰路に着きたいと思います。

エステルバンドその後

SIGNODE の結束機ですが、エステルバンドを使った方がいいということなので、調べています。

向こうの機械ですから、向こうのもので調べているんですが、とりあえず Amazon.com でざっとみてみました。
純正は高いので、違うメーカーで見ています。
IDL Packing のものですが、1/2″ x 0.025″ (12mm 幅 x 0.635mm 厚)のものと、5/8″ x 0.035″ (19mm 幅 x 0.9mm 厚)のものがあります。
長さが 200′ = 30m の箱と、1/2″ は 5,800′, 5/8″ は 4,000′ のコイルで売られているのですが、流石に使えるかどうかを含めて品質等の問題もありますから、最初は 200′ を買うのが無難そうです。

薪の通気バッグを固定する時にバンドにかけるとすると、パレットの幅 1m 強、高さ 2m 程度ですので、一周で 6m です。
5,800′ は約 1,800m で、4,000′ は 1,200m で、それぞれ 1m あたりの価格は、$0.06 と、$0.11 です。

ロールの仕様は、AAR approved, 16 x 6 Core だそうですが、意味がわかりません。

国内の値段はどんなもんかというと、MonotaRO を見ると、司化成のものは幅 19mm, 厚み 0.4mm が 2,000m で 18,900 円(税別)しています。
幅はありますが、厚みがないので、耐荷重は 350kg しかありません。
内径は、200mm です。

整理しましょう。

幅 x 厚み 強度 1m あたり価格
1/2″ x 0.025″ 750lbs(340kg) $0.06
5/8″ x 0.035″ 1,500lbs(680kg) $0.11
19mm x 0.4mm 350kg 9.45

つまり IDL Packing のものの方が、強度が同程度なら価格がややが安く、強度を倍にしてもやや高い程度に収まる、ということになります。
また、今後輸送するようが増えれば、米国からの運賃に関してはほぼ無視できるようになりますし、そのためにも、極力輸入する量を増やす必要があります。とはいえ、エステルバンド屋を始める気はないので、自家用ならば貨物の増加量は知れています。

手元のバンドが在庫切れした時のリードタイムの問題もあります。
そういう面では、司化成のものの方にメリットがあります。
ただまあ、結束できるか、という部分が最大の問題点ですね。
サンプルで数十メートル単位で買えれば、それでテストもできるんですが。

仮の数字で、1m あたり 10 円だとすると、2 段に積んだ通気バッグ入りの薪を固縛する場合、幅 1m x 高さ 2m として、一周で 6m、2 箇所縛るなら 12m で 120 円、4 箇所なら 240 円ですね。
この場合のコストは、通気バッグが @1,800 円として、3,600 円+240 円=3,840円、パレットが 500 円なので、4,340 円です。

メッシュパレットで納品したら、帰ってくるまでに時間がかるし、貸出先で盗まれたりするリスクもあります。
それ以前に、管理能力がないのもあるんですが、結構紛失していると思うのです。
ほとんど利益がない薪事業ですから、それは避けないといけない。
というわけで、納品先所有のメッシュパレットで納品する以外、こちらメッシュパレットを貸し出すことはやめようと思うのです。
本当になかなか帰ってきません。
ただ、納品先で通気バッグだと高く積めないので困るというケースもあるので、みかんカゴでの納品もしたいわけです。
それで、みかんカゴの荷姿を考えてみました。

1 パレットに 6 つ、それで、パレットの厚みが 15cm あるとして、カゴの高さが 30cm くらいなので、7 段積むと、42 個、210 + 15 = 225cm になります。
標準のコンテナの天井の高さは 235cm なので、10cm クリアランスがあることになります。
一つ 20kg くらい入れると、カゴの自重 2kg と合わせて、まあ、22kg 程度ですから、パレットと合わせて一つ 1t と言ったところですね。

みかんカゴなら、横も縛らないといけないので、それが 4.4m、7 段積むとして 1, 3, 5, 7 段目を縛るなら都合 17.6m で、高さは計算上 225cm なんですけど、デッキボードの厚みもあるんで、2.3m x 1.1m だとすると、6.8m で、これを 4 箇所で 27.2m、都合 44.8m も使います。500 円ほどかかる計算になります。

溶着と引き締めのため重ねしろが必要ですし、結束作業のミスもあってロスは相当出ると思うのです。
だから、みかんカゴの結束程度なら、普通に PP で、各段ごとに締めたので十分で、結束ミスがどの程度出るのか、ということだけが問題の気がしないでもないです。

この場合のコストは、みかんカゴが @100 として、4,200 円+500 円=4,700円、パレットが 500 円なので、5,200 円です。
袋よりは、イニシャルコストがかかりますが、耐用年数が長いと推定されるため、みかんカゴをきちんと洗ってきれいな状態で戻してもらえる確率が 50% なら @50 円になります。
ただ、問題は、カゴに入れる手間、積み上げる手間、この辺りがどうなるか、ということでしょうか。

いろいろ煮詰めていく必要がありそうです。

エステルバンドとは

春分の日も過ぎて、本当に春麗らかというか、ちょっと暑いくらいで、コロナ騒動がなかったら、絶好の行楽日和でしたね。

お昼に クラブハウス にカレーを食べに行ったんですが、なんと、Lotus Esprit がいました。
そいえば、ケロちゃん號、いったいどうなったのやら。。。

そんなこんなで、倉庫の掃除を兼ねて、納品・出荷作業をこなしました。

この間 入札した MADE IN USA なドイツ製の梱包機ですが、無事に落札できました。

日頃の行いでしょうか、入札してから、5% 引きクーポンをゲットして、送料はそれで賄え、さらに 30% 引き(ただし上限は 3,000 円)のくじに当たりまして、結局 24,000 円ほどの支払いと相成りました。

よって、壊さなければ、いらなくなっても 20,000 円くらいは回収できるのではないかと思うわけです。
我ながら良い買い物をしたと思います、多分。

それで、出品者の方から、ハーレーショップの重松 さんですか、と聞かれたんですよ。

重松って、この辺だと、微妙によくある名字なんですよね。

全国には 2 万人弱いるそうです。
松山には、1,600 人いるそうです。
まあ、クラスに 1 人はいないけど、学年に 1 人はいる感じです。

話の中で、エステルバンドを使ったほうがいいですよ、ってな話になったんですね。
普通の PP バンドも使えなくはないけど、結束ミスがある、(純正の)エステルバンドがおすすめ、ということでした。
今使っているのは、司化成の PP バンドなんですが、コストの問題もあるので、とりあえずはそれを使ってみて、問題(結束ミス・強度不足)があるようであれば、バンドをより強度の強いエステルバンドにすることも検討しようと思います。

エステルバンドでの結束の様子ですが、かなり強そうです。
Brave の薪割り機も、このバンドで結束されて届くんですが、30kg 以上の梱包物は、エステルバンドを使ったほうがいい気がします。
通気バッグなども、届いたとき、エステルバンドでガチガチに締め上げられているんですが、薪のバッグもそれなりに重いので、普通の PP だと強度が足りない気もします。

帯鉄との使い分けですが、足場やメッシュパレット、アタッチメント等、金属で非常に重いものは帯鉄にしようと思います。
特に足場などは片付けの際、空気がないことがありますから。

今は帯鉄はメッキ品を使っているんですが、屋外であっても錆びる可能性があるし、エステルバンドは耐候性も高いようなので、使えるシーンは多そうです。

明日には発送してもらえるようなのですが、届くのが楽しみです。

特定自主検査

ViO30 ですが、特定自主検査でした。
明日は祝日らしく、整備工場は 3 連休ということで、今日引き取ってきました。

自主検査ついでに、というか、毎年のことなので、オイル類、フィルタ類を交換してもらい、温水で洗ってもらってそれなりにきれいになりました。
一応、たちまちどうこうしないといけないような、悪いところはないはずです。

ただまあ、2003 年式だったと思いますが、4,000Hr 近いし、ご老体です。
それで悩むこととしては、ゴム下駄をいつ履き替えるかということで、よほどのことがない限り履き替えたものの寿命の前に、本体の方がだめになりそうな気もしないでもないんですよね。
ざっと値段を調べると、117,410 円で 17% ポイント還元表示です。
Yahoo ショッピングの表示価格は、割引額に上限が設定されているけど、それを無視して単にパーセンテージをかけるだけの優良誤認表示なので、額面通り受け取ってはいけないんですが、10% くらいは戻ってくると思うので、替えるタイミングを悩むところです。
切れたら即替えいないとなんですけど。

まあ、そんなことを思いながら、回送しておきました。

薪の方は、結局 19 袋+400kg 分をみかんカゴに入れたので、都合 20 袋 = 8t の製品が取れました。
もともとカゴ自体 2 段で積んだので、仮に乾燥機に目一杯詰め込んだら、12t 程度できただろう、ということになります。
つまり、トレーラの積載が 24t で、コンテナ自体の風体が 3t 程度あると推定されるので、20t 強で満載かなと思うところですが、そうすると、乾燥機を 2 回で 1 台分くらい、ということになりますか。

なんだかんだで、乾燥機は空になったので、先延ばしにするのも限界なので、一度配達に出かけようと思います。

その前に、天日干ししてあったものですが、そのまま出荷すると、乾燥ムラ、というよりも、シートの掛け方に問題があって水が入っていたり、どうしても虫が入っていたりするし、折角乾燥機があるのだから、一日か二日かけるだけで、完全な乾燥を担保できるし、カビや害虫に関しても殺菌殺虫消毒できるわけで、熱処理をしようと思います。

現状、バッグに入っているんですが、バッグ自体の耐熱温度が低く風通しも劣るため、メッシュパレットに移し替える必要があります。

折角買った Hay Gripper ですが、これでバッグを反転して排出してみようと思います。
Hay Gripper というのは、本当は Hay = 干し草のロールを Grip = 掴むための per = もの(アタッチメント)です。

ただ、回転機能はないので、今思うこととしては 2 パターンあって、一つは Hay Gripper で掴んで持ち上げてやって、その状態で吊りベルトにスリングを下から回してかけて、そのスリングベルトを引き上げることによりバッグをでんぐり返す方法、もう一つは、Hay Gripper で掴んだ状態で、アタッチメントを前に 90° 回転(ダンプ)させて離し、アタッチメントを水平に戻してまた掴み、再度アタッチメントを前に 90° 回転(ダンプ)させることで 180°でんぐり返す方法です。
前者は玉掛けが必要になるため、てごがいります。
後者なら一人で済みますから、そちらから試してみようと思います。

Hay Gripper はボブタッチで固定するためのピンの位置とそれの受け口とが微妙にずれていたため、ガスで穴を刳るなり、暗いんだで削って調整する形が必要なのと、掴んだ時に当たる可能性ある補強板の角が鋭利なままなので、そこの対策は必要かなと思います。

来週早々にも作業しようと思います。