次回の TrueNorth TN20 の入荷予定

品切れしてしまった TrueNorth TN20 ですが、入荷のスケジュールが確定しました。

VSL: OOCL KAOHSIUNG V. 103W
ETD VANCOUVER: 10/17
ETA BUSAN: 11/4
ETA MATSUYAMA: 11/16

接続が微妙な感じです。
最悪、もう一週遅れるくらいに思っておいた方が良いかもしれません。
バックオーダーの JØTUL(ヨツール) F 400 も入荷予定です。

それはそうと、品切れが多発している Lodge(ロッジ)製品 ですが、こちらも来週の出荷です。
クッキングウェア類のパレタイズが終わり、梱包の様子を送ってもらいました。
日本に着くまでに厚生労働相に提出する書類の自動作成スクリプトを完成させたいと思います。

それ以外の雑貨類も入ってくるので、そしたら検品作業が大変そうですが、このところ、めっきり気温が下がって快適に作業できるのが嬉しいです。
資金力がないので、冬の商材を満足に仕入れることができませんでした。
薪割り機を値上がり前にストックしすぎたように思います。
単価が高いので、今後は、回転率の悪い商品は、やはり無理をしてまでストックしないようにしないとです。
まあ、何事も経験です。

今日は、連休は北条祭りなので、その準備をしました。
紙垂を新しくつけ直したんですが、台風で飛ぶかもしれませんが、かといって、古いままというわけにもいかないですしね。
今の所、予報では、土曜日の祭典と準備の間は、影響がありそうなのですが、日曜日の地域全体での子供神輿、月曜日の各地区の神輿とは、とりあえず、降水確率は低いので、ホッとしています。
火曜日まで祭典があるので、頑張りたいと思います。

あと、台風の対策として、のぼりや提灯の格納などもしました。

明日も本殿の清掃など、お祭りの準備と、余裕があれば、雑貨の検品・梱包・出荷等も進めていきたいと思います。
ボチボチ頑張ります。

台風直撃という予報

松山祭りも終わって、今日はのんびりしたいと思っていたんですが、普通に朝から起きて、普通に朝から仕事をしてしまいました。

それで、朝なんですけど、億劫だ、と言っていた 2 件のトラブルの処理をしました。

1 件目は、Amazon からの商品が行方不明になった件。
追跡番号の出方と商品の届き方自体が一致してないし、一番最初に届いたと思われる追跡番号を調べると、今だに配達中になっているような、訳のわからない状態です。
結局、3 人たらい回しにあった挙句、replace はエラーでできないとかそういう話になって、セール価格で普通よりも 2 割くらい安く買っていたので、そのことをチクリといったら、今の値段で refund するから、それで再度注文して、という話でまとまりました。
とはいえ、なんだかんだで 1 時間半くらいかかってしまいました。

2 件目は、スキレットの破損です。
正直ここまでわかりやすく壊れているのは初めてのケースです。
それで、これも通常の手続きでやろうとすると、送り返せとかいいだしたので、ゴミを送り返しても手間がかかるだけでお互いにメリットがないので、直接コンタクトを取り、repalce してもらえることとなりました。
もちろん、ゴミの返送はなしで。

先週の行方不明事件に続いて、これで懸案が一通り片付いて、ひと段落した感じで、ホッとしています。
あとは、これ以上トラブルが起きず、一日も早い入荷を待つばかりです。

午後は、出荷をしました。

今回初めてのケースなんですが、ヤマト便を使って、お客さんの希望場所に薪割り機を直接送るということをやってみました。
ヤマト便の場合、一週間以上先の場合、保管(配達)の期限切れで戻ってきてしまうため、2, 3 日前に出す必要がありました。
10 日のご希望だったので、一旦持ち帰り、今日タイミングを合わせての出荷でした。

それで、メインフレームに関しては、以前から書いているように、組み立っている状態だと 100kg 弱、貼らせるところまでバラし切っても 30kg 以上のパーツがあるため、どうしてもヤマト便以外の手段で送らないといけません。
今回は完全にバラしたのですが、その状態で送ると、お客さんの手間が増えるので、組み立った状態での発送を試みました。
ヤマトホームコンビニエンスに持ち込み、「大型家具家電の輸送(らくらく家財宅急便)」で対応してもらうことができました。
ただ、料金については、一旦保留ということで、後で追加が出たら、請求します、ということになりました。

それで、99.9999% くらいの人には、どうでもいい情報として、久万ノ台のお店は、フォークリフトでの荷下ろしは建屋内でやる場合、お尻からしか取れないので、そう積まないと下ろせない、ということです。
ただ、天井が高いので、ユニックで吊っておろしましたけど。
次からは気をつけようと思います。

それと、JØTUL(ヨツール)F 370 も出荷しました。
お話をいただいたのが 4 月ですから、半年近くかかったことになりますが、無事にこの日を迎えられて、これまたホッとしました。

それで帰りに、いつもとは違うヤマト運輸さんに寄ったんですが、そこはリフトがなくて、仮にあったとしても、おねえさんしかいなかったので、荷下ろしが人力になりそうだったので退散、アミーゴ に寄ることにしました。
目的はハーネスです。

あら、可愛い。

ドイツ製のリードと、お兄ちゃんたち(1 — 4 号)の爪とぎと、干し肉で、なんだかんだで 5,000 円も散財してしまいました。

それで折角街まで出かけるので、帰りに ウェルピア伊予 でいもたきを食べたらどうかと思っていたんですが、こういうことを思いつたら、いつも定休日だとかで空振りするので、念のために電話をしてみました。
そしたら、いもたきは 3 日前までの完全予約、ということで、危ないところでした。
まあ、北条祭が終わったら、5 号と、Y くんを誘って、行ってこようと思います。

帰りには、配達で空振りが続いている薪のお客さんですが、今日も連絡が取れず、積み込んだはいいものの、配達ができなかったので、ダメ元でご自宅に寄らせていただきました。
そしたら、奥さんがいらっしゃって、話をすることができました。
おろし場所を指定していただいたんですが、あいにく、屋根があるのでユニックでは下ろせなかったので、次回、ハンドパレットトラックを持って配達に行きたいと思います。
これでお留守でも、配達ができます。

そんなこんなで、家に帰って、いつものヤマト運輸に出荷に行って、本日、珍しく、予定をほぼ全てこなして、終了です。

それで、ようやく台風の話です。

出典 FNN

超デカイということですが、こうやって見るとデカさが一目瞭然です。
この調子でいくと、3 連休に直撃するかどうかはさておき、掠めても「当たらなければどうということはない」なとど余裕あるのある状態にはなりそうもありません。

のぼりや提灯の格納はもちろんですが、少し前に倉庫(車庫)のガラスが台風で割れてしまい水が入ったので、ここも対策をしておかないといけません。

まあ、薪の雨よけのビニール袋は全滅でしょう。

それと、北条祭ですが、正直無理なんではと思っていますが、雨くらいなら実施する、ということなる可能性があります。
渡御の時の雨具を持っていないので、神社庁に在庫があるかと思ったんですが、ないということで、神社庁経由で装束店さんに連絡を取ってもらい、なんとか間に合うように発送していただけることになりました。
使わないで済めば、それが一番ですし、1 万円ほどするようで、濡れないのがいいのか、着てもやはり濡れてはしまうし、蒸れて暑いだろうし、微妙なんだろうななどと思うところではあります。

前回の 15 号はこちらは大した被害はなかったんですが、千葉は相当の被害が出たようですし、折角復旧したところにまた被害が発生しないのか、心配でなりません。

明日は、いろいろ台風対策をしていこうと思います。

品切れしていた FISKARS 製品が入荷して検品中

昨日のことなんですが、薪ストーブと一緒に FISKARS 製品や薪製造機のパーツ類が到着し、通関を済ませて、区分 3 で検査だったんですが、省略となって、薪乾燥機と同じ、伊予商運さんに搬入されたのでまとめてトレーラで引き取ってきました。
搬入確認が取れるようになるのが 14 近くまでずれ込んだのと、Brave(ブレイブ) 37t 縦横兼用型薪割り機の出荷もあって、結局、18 時くらいまでかかってしまい、写真等、撮る余裕はありませんせんでした。

今回の入荷は少なくて、というよりも、オーダーしたのが 6 月で、バックオーダー分の品物が揃って出航したのが確か 8 月の頭、何ので富山には、8 月中についていたと思うんですが、なんだかんだで到着したのが今ということですから、リードタイムが 4 ヶ月もかかっています。
あまりに遅すぎ。

かなりお待ちいただいている商品もあるので、検品・梱包・納品を頑張りたいと思います。
そんなわけで、夜涼しくなってから、梱包作業をしようと思ったんですが、トラックから帯鉄を下ろすときにぶちまけてしまい、巻き直していたら二人で 2 時間近くもかかってしまいました。
コストだけを考えれば、捨てたほうが安かったというケース。

のんびりしていると秋祭りに突入してしまいます。
ぼちぼち頑張ります。

午前中は、半ドンだったんで、昨日に引き続いて、屋外に保管してあった左右のドア枠を運びました。
あと残っているのは、熱交換器だとか、ボイラー本体だとか、まあまあ、大物といえば大物なんですが、1 日まではちょっと引き取りの都合が悪い、ということなので、2 日以降に運びたいと思います。

ちょっと涼しくなったら急に忙しくなってきた件

秋かというとまだちょっと微妙なんですが、まあ、涼しくなってきたなとは思う今日この頃です。

で、グラフなんですが、左が出荷数、右が出荷額です。
なんか忙しいなと思ったら、急に売り上げが伸びていました。

去年(赤線)は低空飛行なんですが、これは純粋に Amazon から出荷をしていなかったためです。
今年の 4 月末でこれまで本当に長らくお世話になっていた倉庫さんとの契約が満了したため、3 月頃から重い腰を上げて Amazon FBA に引越しをしたわけです。

今までは、薪ストーブ関連に注力してきたのですが、シナジーを上げられると思うジャンルの扱いを強化したので、夏場の売り上げ減少を抑えることができましたが、8 月に急激に落ち込んだのは、7 月の Prime Day に在庫を売りつしてしまったことによるものです。

ということで、今シーズンもいよいよ始まったな、って思うところです。
ただ、10 月からの消費税の増税というイベントが控えていますからね、油断は禁物です。

それはそうと、秋分の日に薪屋の見学に来た若い人と、雑貨屋のことも話をしたのでした。
うちの場合、薪屋というよりも、雑貨屋がメインで、始めたのも雑貨屋の方が早いんです。
そもそも何で雑貨屋を始めたのか、ってこととかも話したんですが、続いている理由っていうのは、基本的に「楽しいから」なんです。

まあ、もともとキワモノが好きというか、FISKARS の斧なんてその典型で、柄がプラスチックの斧とか、それもポップなオレンジ色の、ちょっと見かけなかったわけです。
もともと FISKARS の太枝切りを使っていましたから、その素材感、軽さであるとか、堅牢さであるとかを知っていたため、違和感はなかったんですが、そうでないなら大丈夫なの、ってことになりそうなもんです。
そういうものを紹介して、売れて、そして、気に入ってもらえて、自分が良いと思ったものが認められた、ってのはやっぱりちょっと嬉しいわけです。

そういうわけで、品揃えに関しては、少なくとも自分がいいと思わないなら仕入れない、まあ、いいというのは、高品質ということもありますし、安いけど値段ほどには仕事をする、というケースもあるわけですが。
一応は、セレクトショップなわけで。

今シーズンも、世界から素敵な商品をお値打ち価格でじゃんじゃんお届けしていきたいと思います!

昨日は、カナダからの薪ストーブが松山に入港するってことで連絡をもらっていたんですが、一日ずれて、とりあえず今日のうちには A/N を発行するといっているので、今週中には何とかなると思います。

今日も一日、ボチボチ頑張ろうと思います。

台風被害なのかそれとも汚損行為なのか

昨日の夜から台風で相当風が吹いていたんですが、雨はあまり降ってなくて、朝方にはすっかり天気は回復していたんですが、お宮の方は、のぼりはしまうほどではないかと思っていたら、結構、被害が出てしまいました。
まあ、ポールも老朽化しているので、仕方ないといえばそうなのですが、新しいポールを買ってあるので、おいおい交換していこうと思います。

それはそうと、ご社頭に塩がぶちまけられていました。
故意に撒いたのか、それとも盛っておいたものが風で飛んだのか、どちらにせよ、設備が痛みかねないので、困ります。

防犯カメラ的には、ちょっと距離がありすぎて、写っていても、行為の瞬間を特定するのは難しい感じです。
今後、さらに台数を増やしていく必要を感じました。

それはそうと、昨日夕方、広島の某大工さんから、若い人が見学に来ている けどそっちにいってもいいか、と電話があって、午前中、その方が見えられました。

残念ながら今日は祝日で休みだし、平日でも今は薪乾燥機の輸送をやっているので、稼働している様子は見てもらえなかったんですが、まあ、特に秘匿するようなこともないし、このブログで原価から何から、普通に書いているので、そのことをただ単に伝える感じで、まあ、一部は空気を読まない(読めない)自分でも、言わないほうがいいかな、と思って黙っていることなんかも多少は口が滑って漏らしたかもしれませんけど、薪屋のいい面、悪い面、またビジネスとして可能性やなんかの話をしました。
多少参考になったとは思っているのですが。。。

このところ、ちょっと疲れが溜まっているというか、体調が良くない状態が続いているので、薪割り機の梱包はせずに、おニャー様のお世話をしたりして、今日は少しゆっくりしています。

明日は、いよいよ薪ストーブが入港するのですが、どのタイミングで搬入されるのかわかりませんし、また、薪乾燥機の輸送の続きもあります。
薪割り機の梱包・出荷もあるんですが、とりあえず、朝、梱包用の材料を積んで園に行って、荷下ろしをつつ、空いた時間に梱包して、昼までに搬入確認が取れ、荷下ろしも終わっていたら、港に行くついでに出荷して、申告を済ませて、区分 1, 2 ならその足で積んで帰り、マキストーブのうち、生産済みのもを出荷をしたいと思います。

台風の雨で早々に撤収

今日は昨日運んだチップビンを下ろそうと中のものの取り出しを朝からやりました。

順調にことが運んで 10 時で休憩したまでは良かったんですが、休憩が終わってさあ続きをやるかなと思ったら、雨が降り出して、そうこうしているうちに本格的に降ってしまいました。

仕方がないのでシート養生して強制終了です。

とりあえず、水に弱いと思われるものは、取り出して屋根の下に仕舞ったり、ビニール袋で養生しておきました。

3 連休なので、週明けに続きは取り掛かりたいと思います。

あと、レーザーでできるだろうということで試しに障子紙をカットしてみました。
秋祭りでたくさん必要になります。

重ねると、紙が焦げた跡が目立つんですが、1 枚だと全く気になりません。
ハサミやカッターで切った時のように、ずれたりしないで正確に切れているので、綺麗に折り上げることができると思います。

それはそうと、ようやくカナダからの薪ストーブの B/L が届いて、9/24 に松山入港の見込みと連絡がありました。
9/24 のうちに搬入確認が取れるようなら、薪乾燥機の部品を運ぶ合間に申告だけでも済ませておきたいところです。
まだ、運賃等の精算ができないので、発送には 2, 3 日かかるかもしれません。

今回のストーブの入荷は、JØTUL(ヨツール) F 400 が 2 台、F 370 が 1 台です。(全て予約品です)

F 400 は定番中の定番なのですが、F 370 は初めてです。
デザイン性がすごく高いのですが、お値段もすごく高いのです。
どんな燃え方をするのか、その時炎がどんな表情を見せてくれるのか、とても気になります。
嫁いだ先で、末長く愛されることを願ってやみません。

次回の入荷予定ですが、また JØTUL F 400 を予約いただいたので、その 1 台と、TrueNorth TN20 が 2 台嫁いだので、その補充で 2 台、都合 3 台の予定です。

来月初旬までにオプションのパーツ類や、今年の冬向けのアクセサリ類など、一緒に積み込む商品が揃って、そこから 1 カ月程度、早くて 10 月末から、通常だと 11 月初旬、下手をすると 11 月半ばくらいに日本到着の見込みです。

なんとか次のシーズンに間に合うギリギリのタイミングなので、在庫のない薪ストーブを検討されている方は、お早く お問い合わせ ください。
在庫があるものなら、次の船に間に合うかもしれません。

薪ストーブの出荷と薪の配達 — 朝夕は秋の気配で急に忙しくなってきた件

今日は少し早めに神社を切り上げて、薪ストーブの出荷と薪の配達をしました。
朝夕はすっかり空気に秋を感じます。
そろそろシーズンインを意識して準備する人が増えてきたってことでしょうかね。

そういうわけで、TrueNorth TN20 ですが、在庫が 3 台しかなかったのですが、1 台嫁いで行きました。
もう 1 台も予約をいただいていているため、残りは 1 台のみとなりました。

在庫があるストーブは、あとは JØTUL F500 マジョリカブラウン(格子あり) となります。

在庫が切れると、入荷には 2 月くらいかかるため、今シーズンに間に合わせたい方は、お急ぎ お問い合わせ ください。

現在、JØTUL F400 BP(格子あり) をご注文いただいており、商品を手配しており、他の手配中の商品が揃い次第、輸送の手配をする予定です。
今の所、今月末までに揃えばと思っていますが、もしかしたら来月にずれ込むかもしれません。
来月末〜再来月初頭くらいの入荷を見込んでいます。

色々値上げされているような。。。

最近、なんか色々と気づかないうちに値上げされているような気がするのです。

おニャー様の柔らかいご飯なんですが、ロイヤルカナンをあげています。

そうしたところ、内容量が 100g → 85g と 15g 減っているのです。
レシピが変更になって、カロリー的には同じなんじゃないか、というような前向きな捉え方もあるかもしれませんが、素直に考えると、いわゆるステルス値上げですよね、これ。

角封筒も 398 円だったのに、値段を見ずに買ったら 598 円って、いきなり倍額です。

その上に、消費税もアップするので、便乗値上げも当然あると思うんですよ。
まあ、便乗値上げというと言い過ぎかもしれませんが、値上げされる(価格変更)のタイミングであることは確かだと思います。

それで、この間、TrueNorth の価格が変更になるという話をしたと思いますが、TN20 は値上げ、在庫していない(取り寄せは可能)TN10 は値下げ、ということでしたが、JØTUL についても 10/1 より、価格変更の連絡がありました。

今の所、カナダドルは比較的に安い相場で推移しているのですが、CADJPY が 85 円くらいになれば、消費税と合わせて 5% くらいの値上げをしないとしんどくなりそうです。
この辺りは、消費税の 2% よりも、より変動の大きな為替次第ではあるんですが、輸送費の圧縮もこれ以上は望めないですし、薪ストーブについては、うちにご依頼いただける場合、できれば 9 月末までであれば、お得かなと思います。

それと、もう一つの問題ですが、国内の発送の件です。

TN20 の梱包サイズを測ってみたんですが、奥行き 82cm, 幅 65cm, 高さ 91cm で 3 辺合計で 234cm, 容積で 0.5m3 といったところです。
奥まったところにあって、重さを計れていないんですが、だいたい 150kg くらいというところ。

ヤマトホームコンビニエンス(らくらく家財宅急便)だと、C ランクになって 100kg までは重量には関係なく梱包サイズだけで運賃が決まります。
100kg までは。。。
100kg までだと、北海道(函館)まで、15,282円(税 8% の時, 税抜 14,150円)で送れるんですが、個人宅でも家まで配達してくれるんですよね。

ただ、100kg を超えると、割り増し料金が発生してしまいます。

お取扱い重量は実重量が150kg以下である
重量物作業(搬出・搬入それぞれに料金が発生いたします)※1 ※2
101kg~120kg
10,000円(税抜)
121kg~140kg
15,000円(税抜)
141kg~150kg
20,000円(税抜)

ちょっと、らくらく家財宅急便では、コスト的に難しいかもしれません。

ただ、薪割り機の場合、重たいのはメインフレームだけなので、30kg を超えて分割できないパーツをらくらく家財宅急便を利用して発送して、それ以外を普通にヤマト便を使えば、早く安く発送できるのではないかと思っています。
今度試してみようと思います。

薪ストーブの輸入進捗 — ようやく届いた B/L

神戸から荷物を持って帰ったところですが、松山港にはコンテナが 2 本届いているので、それも捌かないといけません。
こっちは一人ではどうにもならないので、業者さんに依頼しているのですが、荷物が思ったよりも大きいのでクレーンが必要かも、というような話になって、ちょっとスケジュールが押してしまっています。
何れにしても、秋祭りが終わってからの据付になると思いますから、そうそう焦ってはいないんですが、あまり長く置いておくと保管料がかかるので、早めに処理していきたいと思います。

さて、表題のマキストーブの輸入進捗です。

ようやく B/L が届きました。
貨物が少なかったので、8/24 まで積み込みを待たされてしまいました。
とりあえず、4 SKIDS, 2.962CBM, 薪製造機の保守用部品の一部と、薪ストーブが 3 台です。
在庫が心もとなくなっている FISKARS X7 も入荷予定です。

今回入荷するストーブは全て注文品のため、在庫は増えません。

そうしたところ、昨日、JØTUL F 400 BP を注文いただきました。
定番モデルはやはり在庫をしておきたいところです。
ただ、うちの場合、利幅が利幅なので、高額な商品で回転が遅いものの在庫は厳しいものがあります。

現在在庫があるのは、F 500 のマジョリカブラウン と、TrueNorth TN20 です。

そういえば、少し前に、TrueNorth TN20 の値上げのお知らせが来ていました。
今は為替が有利になっているので、価格は据え置きたいと思います。

在庫のあるものは、増税前のシーズン前なので、準備が整ったら、配達(もしくは送料)無料セールを行おうと思いますので、今しばらくお待ちください。

本船が決まりました — 薪ストーブは 9/19 入港予定

この間書いた薪ストーブの入荷の件 の続きです。
本船スケジュールがある程度決まりました。

VSL: OOCL SAN FRANCISCO V. 142W
ETD VANCOUVER: 8/22
ETA BUSAN: 9/9
ETA MATSUYAMA: 9/19頃
4 CRATES

とりあえず、9/9 はある程度間違いないにして、接続の 9/19 については、微妙な感じで、最悪 +7 ということもあり得ます。
そうすると、9/26 なので、増税前ギリギリといったところです。
万一、もう +7 になると、万円単位で変わってきますので、なんとか 9 月中には処理したいところ。

そういう意味では、アメリカからは今月末にカットして、もう一回運びたいところですが、夏で品物がほとんど動かない(というよりも在庫がなくて、今処理中)なので、2% の税金を節約するために、需給について推定で仕入れるのは危険すぎるかなとも思います。

実際のところ、USDJPY については、今だいたい 106 円ちょっとをウロウロしているわけですが、少し前まで 110 円とかだったので、必要なタイミングで必要なものを調達するほうが良いように思うのです。
106 円に対しての 2% というのは、2.12 円ですから、為替でそれくらいは簡単に変わってしまいます。

そして、理想を言えば、極力在庫を持たず、そして在庫を切らさず、なんですが、Amazon での売れ行きが全く読めないので、頻繁に在庫切れが起こってしまっています。

このところは例のクレームで評価が悪くなっているので売れていないのか、それとも扱っている商品自体の売行きの問題なのか、急減速中です。
ざっと見たところ、大抵の商品でカートをそこそこ取れているのですけど。

不思議なのは、IsoCore でカートがほとんど取れないのです。
一応、当然のこととして最安値ではあるんですが、20% も取れません。

一番安くて、折れても期間を定めず交換する保証もあり、パレット(カートン)単位で仕入れますから商品自体も最もダメージが少ない、価格・商品・アフター共にほぼ日本で最高のサービスを提供しているという自負はあるんですけど、他のお店にどんな魅力があって、5 人に 4 人が他所で買うのか、そういう足りない部分を補っていかないととは思います。

ただ、在庫がそれほどないので、これ以上価格を下げて提供しては、Amazon はお店の仕組みに問題が多いので結果事故も多く、一部のクレーマー対策のために、かなりの経費がかかる上、Amazon の手数料自体が平均すると 3 割ほどかかるので、10,000 円の商品なら 7,000 円しか実入りがない、ということになりますから、そういう方向は避けたいところです。

3 割というのは、どんぶりですが、例えば、月の売り上げが 100 万円ある場合に、最終的に Amazon からは 70 万しか入らない、という意味です。個別の FBA 手数料だけを見れば、2 割ちょっとくらいですけどね。

つまり、10,000 円で売られている斧があれば、7,000 円しか収入がないことになりますが、200 円ほどかけて梱包して、200 円(1kg あたり 50 円ちょっとかかります)ほどかけて Amazon に納品しますから、残りが 6,600 円、仕入れにも課税されますから、6,000 円以下の原価でないといけません。

さらに事故の対策費用、その他の基本的な経費、例えば、PL 保険などのお店としてやっていく上ので最低限の経費、というものもありますし、多少は仕事をしているのですから、マクドのお姉さんの半分くらいは給料出てもいいじゃないかとも思ったりもするわけです。

つまり、Amazon で販売したら、$1 = 200 円くらいになってしまう、ということになります。

FBA の経費の値上げもありましたし、消費税の増税もある、一方で STORES.jp の決済費用の値下げ(ただし、月々の基本料金は値上げ)など、環境が大きく変化しつつあるので、臨機応変に対処していかないといけないなと思っています。

はてさて、今日も、夏越祭の後片付けの続きと、送金、それに、ミニが修理できたようなので引き取りに行ってこようと思います。
時間に余裕があれば、税関にも出向いて、月末の打ち合わせをしたいんですけどね。

それにしても、通帳が行方不明で、困っています。
国際送金ですが、最近はとても厳しく、マイナンバーだの、通帳からの送金でないとダメだの、面倒くさくて仕方ありません。
Paypal でサクッと送金したいところなんですが。。。
朝からずっと探しているけど、未だ見つからず。
今日は金曜日なので、週を跨ぎたくないんですけどね。
なんとか頑張りたいと思います。

遥拝所の案が壊れました。。。
がっつり腐ってる感じですね。
防腐剤を塗りなおすのを忘れていました。
こうなっては新調やむなし。
出費続きです。