食品衛生法対策 — ダッチオーブンを安価に販売するための試金石!

お盆期間中ですが、役所も港もやっているということで、8/7 に入港している貨物を通関し、引き取らなければなりません。

業者によってケースバイケースなのでしょうが、一般的には、「フリータイム」といって、貨物が到着した後、一定の期間はコンテナヤード(CY)や特定の倉庫(CFS)に保管してもらうことができます。
なので、フリータイムの期間内に引き取る必要がある、ということです。

もしフリータイムの期間内にコンテナや貨物を引き取ることができず、引き続き留置することになれば、「デマレージ(Demurrage)」という「超過保管料」を支払わなければなりません。

当たり前ですが、販売する目的を持って輸入してるわけですから、販売の用に供する事ができない状態で費用をかけて保管することには、デメリットしかありませんので、どの輸入者も、速やかに通関し、速やかに自社の倉庫等に引き上げ、検品等を経て Amazon FBA などの物流施設に移送するわけです。

輸入の流れについては、少し前にも書いた のですが、今回は、食品衛生法に基づく輸入手続 が必要になり、自分ですべてを行うはじめてのケースとなるわけです。

今までに対して、1 — 4 のステップが追加になるわけです。

このうち、すでに 1 については、準備が整っていて、書類については、神戸検疫所では「食品等の輸入相談」という制度があり、事前に内容をチェックしていただいて、あとは提出するだけ、ということを事前に確認しています。

今回は検査が不要ということですが、書類審査の時間を要するので、明日の朝、一番に手続きをしないと、その後の通関(申告)で、検査の内容によっては、明日中の処理ができない可能性があるので、一泊することになれば、それだけコストが嵩んでしまいますので、段取り良く進めたいと思います。

もし、明日の 食品衛生法に基づく輸入手続 について、今後も自力で継続して行うことができるという自信が得られれば、ダッチオーブンは国内外で価格差があり、かつ重量物でもあるので、うちのように自分で倉庫を持ち、自分で通関し、自分で輸送も行うことができれば、少量・多品目なキッチンウェアなども、よりリーズナブルな価格で提供することができるようになると思います。
また、キャンパーなど薪ストーバーよりも人口が多く(需要が旺盛)、かつ、冬以外の通年の需要も見込めることから、貨物の輸送量の確保と、通年の売上の確保が見込める商材になるのではと思っています。

手続きについて、しっかりと勉強してこようと思います。

それと今回、少し毛色の違うアイテムを仕入れてみました。

ボブキャット用のフォークアタッチメントです。

これ、日本国内で買うとすごく高いんですよ。

ヤフオクなんかでも、爪が鍛造ではない、角パイプを溶接したように見える品質で、爪の幅も調整できないような簡易的なものでも、15 万くらいで売られていてびっくりしました。

もちろん、メーカーで買うと腰を抜かすほど高く、それ以前に社外品自体、売られているのを見たことがないのです。

多分、めったに売れないと思うのですが、自分が使ってとても便利に思うし、不整地のフォークリフト、というニーズはそれなりにあると思いますから、長期在庫覚悟で仕入れてみて、新しい仕事のスタイルとして、北海道や宮崎などの畜産が盛んなところで、ボブキャットをリフトとして使っていけるんだよ、ということを提案していこうと思います。

畜産向け、ということであれば、干し草を突き刺して運ぶ用のアタッチメントとしても使えるタイプもありますし。
ただ、自分は畜産の経験がないので、品物の良し悪し等もわかりませんので、そういうお客さんからいろいろ教えていただいて、取り扱うかどうかは考えていかないといけないかなと思っています。

見てのとおり、それなりに容積を食っていて重たいので、あまり安くはできないのですが、すくなくともヤフオクの固定爪のものよりは安くできると思いますので、認知されて、それなりに引き合いがある商品になってくれれば、と思っています。

はてさて、FISKARS の斧も認知されるまでに 3 年くらいかかりましたし、この商品は何年不良在庫になるのでしょうか。。。

ボチボチがんばります。

検品作業

今日は検品をしました。

自分用の新しいグローブ。

今までの Husqvarna のものが少々ヘタってきた気もするんですが、廃盤になってしまい、新しいモデルは高いので、安い Oregon のものを買ってみました。

第一印象は「安っぽいなぁ」です。
まあ、実際、安いんだけど。
消耗品なので、やはり値段は重要でしょう。

ちょっとゴワゴワ感があるので、どの程度馴染むか、ということろで、あとは使って様子を見てみるしかなさ気です。

ちなみに Class 0 で、サイズは 9 (向こうの M サイズだけど、日本だと、L くらい)です。

お店で売るとなると、送料込みで 2,980 円といったところでしょうか。

後、ついつい買ってしまったキワモノ。
フォークリフトの爪の先に 2″□ のヒッチレシーバーを作るアタッチメントと、ヒッチレシーバーに突っ込むシャックルです。

アタッチメントの横の輪っかみたいなものは、牽引で使う場合に、脱落防止用のチェン(別売り)を取り付けるもののようです。
薪割り機を牽引するときとか、便利かなと思いましたが、チェンをいちいち掛けるのもまた、面倒くさい気もしないでもないです。

第一の目的はウッドバッグを安全に吊り上げることなので、まずはその目的が達成できるか試してみたいと思います。

とりあえず、薪割り機もきれいに片付けたんですが、こう、在庫が並ぶと壮観ですね。
まあ、並べて値打ちが出るのならいいんですが、そうではないので、どんどん出ていってくれる方が、商売的にはいいんでしょうが。

今日は、TrueNorth TN20 を見学に H さんが見えられて、その場で買ってくださいました。
TrueNorth TN20 は完売です。
次回入荷は 4/7 の予定です。

来週上京しようと思っていたのですが、予報を見るとずっと雨なので、平ボデーだと、商品が濡れてしまうため、キャンセルしようと思います。
24 日の組み立て会には、姫路まではいかないとなのですが。(当然、薪割り機も持っていかないといけない)
天気が良いといいなと思います。

瑞穂の 1.5m3 BOX その後

今日は、午前中はいい天気だったので、昼くらいまでは薪作業をしようかと思ったんですが、腰が痛いし、このところ休みがなかったので、たまにはおニャー様と遊ぼうと思って、ゴロゴロしています。

ゴロゴロしていると、無駄なことを考えてしまうだけなんですが。。。

で、その無駄なことというのは、瑞穂の 1.5m3 BOX のことです。

図面の FAX をもらったんですが、ちょっと気になっていたことがあったので、確認しました。
気になったことというのは、BOX をスタックした時に、側面にどの程度のクリアランスが確保されるのか、ということです。

スタックできるのがこの BOX の特徴であり、最大のメリットだと思うのです。
紙コップのように重ねてしまっておけるので、中身が入っていないものは、複数あっても、同じ土地があれば、重ねて多数を保管できるわけです。
更に上下をひっくり返して保管すれば、水はたまらないし、いちいち吊ったりすることなく、リフトだけで簡単に作業できるわけです。
ただ、中身を出す時に、回転フォークを持っていないので、いちいち吊るなりしないといけないことが気になっているのです。

少し前に紹介した動画ですが、この業者さんは、専用の BOX を作り、これに予め薪を充填することにより、容積を計っています。
そして、この BOX, ボブキャットのバケットとして扱えるようにマウント金物が用意されていて、そのまま持ち上げて、ダンプして積み込んでいて、かなりの省力化が図れています。

このマウント金物ですが、Universal Mount Plate, Skid Steer とでも検索するとぞろぞろヒットすると思いますが、まあ、1 枚 $100 程度で売られているものです。

これを BOX の側面に溶接しておけば、ボブキャットのバケットに早変わりするわけです。

ただ、瑞穂の 1.5m3 BOX の側面には、図面を見る限り、ちょっと難しそうです。

あと、うちのボブキャットにはパワーボブタッチがついていないので、バケットのロック/アンロックは手動です。
まあ、それでも、レバーによる操作なので、それほど手間がかかるわけではないのですが、積み込みで頻繁に着脱をするなら、欲しい機能ではあります。

底面に溶接したらとも思ったんですが、下駄の間隔からして、マウントプレートは取り付かないし、もし、ボブキャットで積み込みをする前提で、容積を計るための箱を作るなら、スタックさせることと、マウントプレートを取り付けることを同時に満たす、何かしらの工夫が必要になる気がします。
最もシンプルな方法は、マウントプレートをうちにインセットすることですが、理屈的に、レバーを操作するために上方にスペースが必要で、ダンプするためには、マントプレートは下の方に取り付けないといけないので、結構凝った形状になりますね。

まあ、こんなことに腐心するほど薪が売れるわけはないので、完全に杞憂で、考えている暇があれば、手で積んだほうが早いし、お金もいらないんですが。

暇だと余計なことを考えて、余計な出費につながるので、ある程度忙しくしているのが一番ですね。

欲しいボブキャットのアタッチメント 2 種

ボブキャットですが、薪づくりにそれなりに活躍してくれてはいるんですが、いくつか困ったことがあります。

薪割りアタッチメントは売ってしまったので、今持っているのは普通のバケットと、フォークアタッチになるんですが、一つ目の問題点は、地面に落ちている薪を普通のバケットで掬うと、細かな木くずやゴミもそのまま入ってしまう、ということです。

ViO のスケルトンバケットは持っているのですが、掬える量がボブキャットに比べるとかなり少ないので、効率がイマイチです。

また、フォークアタッチで原木を運ぶ際ですが、平らなところはまだいいとしても、坂道などでは転げ落ちないようにそれなりに注意しないといけないし、場合によってはバックで走らないといけないしでかったるいのです。

アタッチメントが高いのなら諦めもつくってもんですが、それほどしないのでどうしたものかと悩みます。
どちらも、ユンボは、アタッチメントがあるので、なくてもなんとかなるわけですし。

先ず、スケルトンですが、60″ のもので、今はセールで Special Price $850.95 です。
ただ、見て分かる通り、網目が大きすぎるのでそのままでは使えません。

TITAN は Universal Mount の出来が悪くて、うちのボブキャットの場合、レバーが干渉して使いづらかった(使えないわけではないのがミソ)ので、マウントを作り直しましたが、これも同じだと思いますので、まともに使うには、国内で再加工が必要でしょうから、運賃と合わせると、3 倍にはならないと思いますが、確実に倍は超えると思うんです。

でも、それだけあれば、自分で作ってもいいんじゃないかとも思うわけです。

将来的には、生産性をさらに向上させるために、1.5m3 BOX に Universal Mount を溶接して、予め薪を計量充填しておくことで、ダンプして軽トラに素早く積み込めるようにしたいし、その 1.5m3 BOX に薪をスケルトンでさっと掬って充填したいわけです。
ただ、1.5m3 BOX だと入りすぎるかもしれないので、その辺は、調整が必要かもしれませんし、形状も動画のようにダンプにより適した形にしないとかもしれませんが。
1.5m3 BOX は幅も 2m あるので、軽トラに積み込むにはちょっとワイドですしね。

もう一つは、グラップルなんですが、これはいろいろなチョイスがあるんですが、機能が増えれば値段もそれなりに上がっていくのが難しいところです。

それで、これは!、と思う面白いアイテムを見つけました。

何が面白いかというと、既存のフォークアタッチに追加で取り付けて使うわけですが、Adjustable なので、いつもひっくり返して困るウッドバッグの移動時にロードスタビライザー代わりにも使えるんじゃないかと思うんですよ。

高さ的に MAX 上にしてもちょっと低そうな気もするし、いちいち脱着するのも面倒だから、フォークアタッチ自体に加工をするかもしれませんが、あまりアタッチ自体が重くなるのは好ましくないということもあるのが悩みどころです。

もちろん、今まで通りに、ヒンジドフォークとしても使えるわけですが、押さえることができるようになるので、更に細かな作業ができ、要らない時は外せばいいだけなので、かなり食指が動くところなんですよね。

値段も Special Price $646.20 なので。

まあ、のんびり考えたいと思います。

よく考えられているフォークリフトアタッチメント薪割り機

まあ、見ての通りです。
太い玉、専用。

うちはユンボメインなのでコーンスプリッタですが、リフトメインなら、そして、人力で玉切りをしているのならこの方法は良いアプローチではないかと思いました。

facebook にも書いたのですが、薪屋はとても難しい商売で、業態の本質は、運送業であり、装置産業だと思っています。
ですから、基本的に、大量に輸送する部分を自前で行い、機械設備を充実させて薪割り時の人件費を圧縮する、それが定石であると思っているのですが、その反面、極めて小資本、極論すれば、軽トラ、チェンソー、斧、後はスマホと薪をおいておく空き地があれば、商売ができるし、薪をつくりすぎて余っているような個人がちょっと売ります的な参入があり、街中華と同じく、FL コストを一切考慮しないうえ、原木を拾ってきて売ったりする人もいるので、ネット上の、特にヤフオクでの価格はあってないようなものなんですね。

なので、そういうゲリラ的な売り手とも戦っていく必要があるので、機械に投資した場合、とにかく一定の稼働率を確保すること、遊ばせないで仕事をさせることがとても重要になると思うのです。

個人であれば、2 台も 3 台も構えられないから、縦横兼用型なら、太い玉も転がして縦で割る、ってことになるんでしょうけど、仕事でそれはないと思うわけです。

結局のところ、薪は最終的には片手で軽く持てるサイズ、いわゆる牛乳パック大くらいに作っていくわけですから、殆どが中割りにする作業になるのです。

だから、そのサイズが最も効率良く行える薪割り機、例えば、ブレイブの往復タイプのようなものが望ましいと思うのです。

あくまでも個人的な主観ですが。

ただ、これ 1 台で済まそうとすると、糞重い玉を乗せないといけないのが嫌、ということになるんですよね。

無論リフトでやればいい、ということになるけど、リフトに乗り降りするのが嫌になるんです。
というよりも、乗り降りすること自体が、問題。
時間のロスです。

この薪割り機の場合、フォークリフトの油圧を使っていますが、外部油圧取り出しがない場合、別のエンジンを使って、それでやってもいんじゃないかと思います。
ソレノイドバルブを使って、リモコンで操作すればいいし。

また、こいつは、片押しですが、往復タイプと同じで真ん中のウエッジが動くように作っておけば、噛み込んでも反対側に別の玉を噛まして薪割りすれば、噛み込んだものもついでに外れますしね。

まあ、特に目新しいものでなくて、北米では Bobcat 用のアタッチメントとして、安いものだと $1000 程度で売っれているものですから、今まで国内の薪屋さんが使ってない事自体が不思議だったんですけどね。

bobcat log splitter attachment と検索すれば、ぞろぞろヒットします。

多くのアタッチメントは、Universal Mount という、汎用のマントプレートになっているので、それをリフトで掬えるように製作すれば楽でいいと思います。

価格的にも、運賃入れても、$2,000 のものなら、せいぜい $3,000 程度で収まるでしょうし。

こういう、仕事の問題を解決するやり方を色々考えるのは楽しいですね。

廃材ゲット

おとといお願いしたら、早速、柱が届いていました。
4m の原木ですが、2m くらいに切り詰めて、整地できるように片付けをしたいので、りん木として使って、用が済んだらボイラーの燃料にしたいと思います。

それはそうと冷蔵庫が壊れてしまいました。
200L くらいなので、「大」で 5,000 円弱のリサイクル料がかかりました。

冷蔵庫だけ持っていって、お金を取られるだけなのも癪なので、虎の子の鉄板と鉄パイプを売りました。
厚みもあるんですが、長いのでギロ材扱いです。

お祭りの後片付けもだいぶ落ち着きました。

明日からは、4m ものを 2m に切り詰めて、どんどん移動していこうと思います。

で、前々から悩んでいるんですが、作業効率を考えると、グラップルバケットを買ったらどうかと思うのです。
アメリカだと、48″ で、$1,099 なんですよね。

ただ、TITAN ブランドのものは、Universal なので、ボブキャット専用ではないため、若干立て付けが悪かったんです。
まあ、ガスで切った張ったすれば済むし、国内で買うのの半分どころか、1/3 位の価格なので、全く問題はないです。

今度仕入れる際に、一緒に輸入しようかなと思いますが、原木の仕入れもあるし、まあ、雑貨の売り上げ次第ですが、在庫しているストーブが売れてくると、資金の回収がかなり進むので、そっちの営業を頑張る必要がありそうです。

というわけで、JØTUL F400, F45, TrueNorth TN20 は在庫がありますので、DIY での設置を検討されている方は、ぜひご相談ください。

ドーザーシリンダのシール不良とトロンメルの試運転

昨日は神社の祭日だったので、今日は休みにしたいところだったんですが、なんだかんだで普通の一日でした。

太陽電池小屋の壁にポリカ波板を貼ろうと思ったのですが、周りにみかんかごを積んでいるし、結構草が生えているので、朝一、草刈りをして、みかんかごの片付けをすることにしましたが、どういうわけか、久しぶりに刈払い機を使おうとしたら、刈刃が取り付けてありません。

工具を積み忘れたので、適当に締めて使っていたら、なんと刃が外れて自分の方に飛んで来たので、クロックスで蹴落としましたが、ほんのちょっとだからと、横着をするものではありませんね。

今日は休みにするつもりでしたので、国際電話をかけたりしていたので、朝の 5 時過ぎまで起きていて、8 時には起きた関係で、結構眠くて、草刈り中も半分寝ていたので、かなり焦りましたが、一発で目が覚めました。

以後気をつけます。

なんだかんだで、昼まで片付けにかかりました。

で、昨日、区長さんが来て、太陽電池小屋の舗装はいつやるの、一月以内くらいにやってほしいんだけど、ということを言ってきたんですけど、小屋の波板張りもあるし、整地作業などもあるので、できたら秋祭りが終わってからにして欲しいということは伝えたんですが、前々から気づいていた、排土板が自重で垂れてくる症状が少しづつ悪化している気がしていて、舗装作業の時にホッパーを吊ってアームを伸ばした際に踏ん張れないのは困るので、ViO ですが入院させることにしました。

おそらくドーザーシリンダの OH が必要なんだと思うんですがもしかしたら、コントロールレバーの方かもしれないのですが、部品の取り寄せが必要になるため、最短でも 3,4 日はかかるということでした。

それと、トロンメルの部品ですが、ようやく揃ったので、溶接をある程度しっかりして、組み立てて、試運転をしてみました。

ちょっと流量が多すぎて、最大絞っても、異様に早く回転してしまいましたので、流量を調整する必要があるようです。

また、今回は、特に流量が多すぎることもあるんでしょうが、油を止めると急停止するため、最低でも、クッションバルブもあったほうがいいように思いました。

流量の調整をどうしようか、ちょっと悩んでいますが、早めに部品を手配したいと思います。

BSPP ってのは、British Standard Parallel Pipe の事だった件

Parker のカプラが鬼安だった、という件ですが、めねじはめねじでも、嫌な予感が的中して、平行ねじで、しかも、英式だったという状態でした。

で、BSPP ってなんだということになるわけですが、非常に詳しく解説しているサイトがありましたので、リンクを貼っておきます。

NPT, BSPT については、テーパーねじなので、シールテープを巻いたり液体ガスケットなどを塗って、締めて付けますが、BSPP は平行ねじなので、突き当りにシールがあります。SAE (UNF) だとかも、平行ねじなので当然に突き当りにシールがあります。ネジ部分では密閉できないからです。

百聞は一見にしかず、図を含めて引用しておきます。

newsimage-5514c1c76e2ecBSPP Connections
BSPP (British Standard Parallel Pipe) is most popular in the UK, Europe, Asia, Australia, New Zealand and South Africa. It is a parallel thread fitting that uses a bonded seal ring to do the sealing. This bonded ring seal is sandwiched in-between a shoulder on the male fitting and the face of the female fitting and is squeezed in place. BSPP pressure gauges have a longer male thread and use a copper crush washer that is squeezed in between the bottom of the male fitting and the bottom of the female BSPP hole forming a pressure tight seal. No thread sealant is needed to form a seal. Ralston Instruments has male BSPP adapters , female BSPP adapters, female BSPP gauge adapters, and female BSPP Quick-disconnect gauge adapters.

気になる記述が。。。

BSPP (British Standard Parallel Pipe) is most popular in the UK, Europe, Asia, Australia, New Zealand and South Africa.

ふむふむ、もしかしたら、これは、JIS 平行ねじ、いわゆる PF とか、G とか、そのあたりと同じものではあるまいかと。

平たくいえば、

  • 旧 PT = R(c) = BSPT
  • 旧 PF = G = BSPP

という関係が成り立ったりしているのでは、と思ったり思わなかったりするわけです。

もしそうだったりしたら、R だの G だので検索したってまともヒットしないのですが、BSPT や BSPP なら NPT との変換アダプターが簡単に見つかるわけで、一旦 NPT に変換できるように主なサイズのオス・メスのアダプターを抱えておけば、もう、アホのように高いホース修理費を払う必要がなくなるわけです。

ホースが裂けて、一週間ほど待てるのなら、週に 2 回は北米からエアで荷物を入れているのだから、その時に、ホースを運べばいいだけですからね。

まあ成り立ったら、という話ではあるんですが、ざっと調べたら、成り立つ模様。

まさに怪我の功名。

3/8″ BSPP M x 3/8″ NPT F はあったんだけど、$10 もしているし。
とりあえず、3/8″ BSPP Male to 1/4″ NPT Female のアダプタでも探しますか。

一円玉と同じ大きさでした

スケールを忘れたので、硬貨と大きさを比較したら、ピッタリ 1 円玉の大きさでした。

1 円玉は φ20mm ですね。

ということで、ドレンは 3/8″ ということで確定です。

そうすると、走行減速機側は、1/4″ Rc (PTM) なので、ホースは、1/4″ NPTM x 1/4″ NPTM、手元に 1/4″ R (PTM) x 1/4″ NPTM の変換はあるので、漏れるようならこれを使うとして、多分シールで持つとは思うんですが、反対側は、3/8″ Flush Face Couper (Socket) で、こっちは 3/8″ NPTF なので、3/8″ NPTM x 1/4″ NPTF の変換アダプタが必要ですね。

買い物リスト:

  • 1/4″ X 120″ 1/4″ NPTM X 1/4″ NPTM 3000 PSI HYD HOSE
  • 3/8″ NPT TO 1/4″ NPT BUSHING (Size 3/8″ Male x 1/4″ Female)
  • 3/8″ FLUSH FACE COUPER (FEMALE)

カプラですが、Parker FEM-371-6FB, 3/8″ x 3/8″ Female BSPP, Flush Face Quick Coupler が eBay で安かったので買ってみたんですが、BSPP ってのがよくわからないんですよね。

サイズも 3/8″ としか書いてないだけど、NPTF なんだろうか。。。
写真を見る限り、めねじであることは確かなんですが、平行ねじ、という可能性もあるわけで。

Parker なのに、異様に安かったのも気になるし。

型番的には、FP がおそらく NPT, FO が UNF ってことみたいんだけど、P と B を間違えたのか、それとも別物なのか。

もっと勉強が必要なようです。

フラッシュフェイスカプラの寸法

couplersボブキャットのワンタッチカプラですが、ISO 16028 という規格のようで、表現がばらついているんですが、主に、フラットフェイス、または、フラッシュフェイス、と呼ばれています。

まあ、要するに、flush surface, flat surface、どっちも同じ意味で、凸凹してなくて平面なカプラです。

で、うちの S130 の場合、3 つカプラがあるんですが、一番上と一番下は 1/2″ で確定で、実際に 1/2″ のカプラを買って、作ったホースが接続できているのでこれはこれで間違いがありません。

真ん中のドレン については、それより小さいものなので、3/8″ だろうと思うのですが、1/4″ の可能性も排除しきれないので、実際に採寸して調べてみることにしたわけで、まずは、「iso 16028 dimensions」というキーワードで、それぞれの規格のサイズを調べてみました。

上から、1/2″ plug(オス)、サイズ不明 plug(オス)、1/2″ socket(メス)となるのですが、plug の丸の部分、図中 D の寸法を測れば、識別が可能な予感がします。

dimensions

ボディサイズが 1/4″ の場合には、D は 0.63″、つまり 16mm であり、3/8″ の場合は 0.78″ = 20mm です。

仮に、1/4″ の場合は、1/4″ NPTM のホース口金がそのまま接続できますが、3/8″ の場合は、1/4″ NPTM → 3/8″ NPTF 変換アダプターが必要になりますね。

明日実際に計ってみようと思います。