グラップルのホースホルダー

今日は、昨日の続きで溜まっている書類仕事で午前中潰れてしまいました。

午後から乾燥機の組み立てに顔を出したんですが、薪製造機の調子が悪いということで、確認をしたのですが、バーが結構傷んでいたので、ドレッサーで調整しようと思ったんですが、行方不明で見当たりません。
代わりにグラップルのホースホルダーが発掘されたので、また行方不明になる前に取り付けました。

それと、この前、山で原木を積む時に、ちょっと無理っぽい体勢で 5 号が捏ねていたんですが、爪の先が曲がっています。
まあ、安物だから仕方ないといえばそうなんですが、爪の本数も少なくてちょっと短いものはハンドルしづらいので、修理のついでに強化しつつ、爪も増やそうかなと思います。
でもまあ、当面先になりそうですが。
相手が木なので、ほとんど磨耗はしていません。

チップですが、少し作られていました。
細かな粒子は少なめですが、チップのサイズがかなり細かいです。
サイズの調整はできないようです。
ただ、細かな粒子、粉末が少ないので、燃焼速度は早そうですが、買ってきたものよりは良いと思います。
ただまあ、捨てるよりはコストがかからない的なものでしかないので、メインの燃料になることはないでしょう。

乾燥機の組み立てはそれなりに順調のようなんですが、ひとつ大きな部品が行方不明なのです。
まあ、簡単な構造のものなので、最悪でも作れば済むことなのですが。
細かなパーツも不足しているんですが、それはハンドキャリーするそうです。

明日ですが、D/O がようやく届いたのと週末なので、通関・引き取りを済ませたいところです。
書類は今朝サクッと作りました。

あと、軽トラの車検ですが、ナンバー灯は、今日の帰り、黄色帽子によって LED に付け替えてもらいましたので、明日、軽自動車協会で確認してもらおうと思います。
明日、車検に再度落ちると 14 日までしか車検がないので、積載していかないといけなくなってしまい、面倒臭いので。
ぼちぼち頑張ります。

薪材料(乾燥済みのあら割)の横持ち

今日は薪の材料、プロセッサから排出された状態のものを太陽電池小屋で乾燥させたものの運搬をしましt。
太陽電池小屋、実は、スズメバチが巣を作って、運び出すのがちょっと危なっかしかったんです。
この間、女王蜂が飛んでいたのですが、巣はすっからかんの空き家になっていましたので搬出して、製品に加工していこうと思います。

毎度のことなのですが、6 x 2 = 12 袋だけです。
一つ、400 — 500 kg くらいで、仮に 500kg でも 6t しかありません。
目落としで積めば、あと 5 袋余計に積めて、多少なりとも輸送効率がアップします。

また、太陽電池小屋ですが、パレットに載せて、段積みもしてないものですから、ほとんど保管できないのです。
吊りベルトが痛んだもので、パレットに乗っていないものなど、移動に手間がかかって仕方ありません。

ものすごく悩んでいた んですが、Black Friday の DM が来ていて、15% off だったので、思い切って買うことにしました。
まあ、思ったものではなければ、少なくとも本来の目的には使用できるはずですので、酪農家の方向けに中古で売りに出そうかと思います。

うまく横から掴めるようならば、パレットに載せて運ぶように落としたり、転がったりという心配もありませんし、パレット自体の損傷をかなり軽減できるように思います。
ただまあ、乾燥機が稼働し始めれば、天日干しする必要はないのですから、そもそも論として、第一ヤードに横持ちしなければならないような状態自体が問題だといえば問題なので、Hay Gripper が必要になること自体、また問題ではないか、と思ったりもしたのです。

ただ、コロだの B 品だのは、常に発生するので、それらを需要のある時期まで、太陽電池小屋に積み上げて保管するには便利だろうということで、購入する決断をしたわけです。

まあ、届くのは 2, 3 ヶ月先になると思います。
おいおい報告していきたいと思います。

ボブキャット用フォークアタッチが落札されました

最近休みらしい休みが全くなくて、今朝は二度寝して、起きたら 10 時を回っていました。
本当は早起きして、昨日の祭典の後片付けをしようと思っていたんですが。

午後一は、薪ストーブの設置の打ち合わせでした。

で、結論から書くと、煙突を通したい位置に桁がある、ということが判明して、振り出しに戻りました。
言われてみれば、というか、言われなくても、家の構造を考えれば、桁があるのはわかりそうなものですが、その辺が経験不足なのだと思います。

というわけで、打ち合わせ自体は、瞬間で終わってしまい、別件、ホームセンター等で販売するために薪を束ねる作業の打ち合わせをしようと思ってたんですが、これも M さんが休みでできず、仕方ないので、天皇陛下の御即位を記念して境内に立てる棒(?)を引き取って帰りました。

早めに帰ったので、かさばっている NO-SPILL ガソリン缶あたりを梱包したりして、大分ガレージも片付きました。
そうこうしていたら、夕方、お店でも販売しているんですが、ヤフオクでフォークアタッチが落札されました。

それなりのお値段ですが、純正品の値段を考えると、格安です。
それに、ヒッチレシーバーの機能もあるので、薪割り機をちょっと移動するみたいなことも可能です。

早速出荷しようと張り切って梱包を試みたんですが、パレットにそのまま載せるとかなり無駄なスペースができるので、半分にして、2 段に重ねようと思いました。
チェンソーでぶった切って、ちょうどいいサイズのコンパネがなかったので、発泡スチロールを当ててみたんですが、あとちょっとのところで割れてしまいました。
そんなこんなで暗くなったし、調子の出ない時は、無理しても怪我したり、物が壊れたり、ロクなことがないので、強制終了です。

それにしても、この帯鉄シーラーは買ってよかったです。
重量物の固縛が確実に、しっかりとできます。

マイナーなアイテムですが、自分が便利で、使ってよかった、と思う品物なので、それがわかってもらえて、こうやって落札されると、すごく嬉しく思います。

明日は神社なんですけど、夕方、神社が終わったら少し出荷作業をやろうと思います。

どんどん出荷しているので、どんどん仕入れないといけないわけですが、輸出入の書類作業がかなりの量になってきて、どうにかしないといずれキャパをオーバーしそうです。

それでもまあ、食品衛生法(厚生労働省・検疫所)関連については、ほぼ自動で書類が作成できるようになったのですが、今は輸入した数量などのデータをハードコーディングしているので、sqlite を使って、申告のデータと連動したり、実績データなどを蓄積していけるようにさらに改良していこうと思います。

申告に関しては、今までのアプローチでは上手くいかなかったので、米国倉庫の在庫管理システムと連携させる方向で、開発を進めたいと思います。

ボチボチ頑張ります。

薪ストーブを出荷しました

予約頂いていた、JØTUL(ヨツール)F400, TrueNorth TN20 が入荷したので、検品して、出荷しました。

F400 は、今回は、リアヒートシールドと、オススメしているものの、今まで一度も受注がなかった外気導入アダプタも合わせての発送です。

一応、養生はしてあるんですが、トラックで運ぶ途中でパラパラと降られてしまいました。
まあ、フィルムで包んで、ビニールも被っているので、実害はないのでしょうが、精神的によろしくないので、屋根のついたトラックが欲しいような気もします。

TrueNorth TN20 は、現在、在庫が 1 台あります。お問い合わせを複数いただいていますので、検討されている方は、お早めにお問い合わせをお願いいたします。
次回入荷には 2 ヶ月程度かかりますので、この冬使いたい場合、最後の在庫になると思います。

JØTUL(ヨツール)F500 マジョリカブラウン も在庫が 1 台あります。

配達、引き取りの場合で、かつ TimesPay を VISA, MASTER, Diners でご利用いただくと 5% off になります。

予約でご注文いただいている商品の検品・梱包・納品も行いました。
一部商品は、Amazon を経由せず、直送となります。
あとしばらくお待ちいただければと思います。

それはそうと、Youtube を散策していて、素敵なものを見ました。

日付を見るともう 5 年も前の記事ですが、効率的な運搬というのは薪のコストに直結するわけで、いつも頭の片隅に、どうすればいいだろう、というのがあります。

それで、kangourou transpallet と PALFINGER のものとを足して 2 で割ったようなものを見かけました。

これのメリットとしては、PALFINGER の Truck Mounted Forklift のようにトラックにマウントできること、そして、PALFINGER のものよりも小さくて軽いことです。

配達先にフォークリフトがあれば必要ないのですが、前回はフォークリフトがないのと、不整地であるので、ボブキャットを運びました。

当然ですが、ボブキャットを積載した分、本来輸送するべき薪のスペースが減っているわけです。
目落としで積んだのもあるんですが、20 立米しか運べていません。
コンテナの内容積は、67.5m3 あるので、1/3 も商品が積めていないのです。
似姿に問題があるとしても、きっちり積むと 40 立米程積むことができます。
つまり、本来の半分しか運べていない=運賃が倍かかっている、ということになります。

とはいえ、うまいこと積めば、おそらくボブキャットを積んでも 30 立米は積めると思いますから、現在の配達頻度からすると、当面ばボブキャットで十分かもしれません。

あるいは、つぶしが利くので、ボブキャットの Mini Truck Loader, MT85 のようなものの方がいいかなとも思ったりもしました。ただ、これ、Capacity 850 lb で、フォークアタッチの自重もあるわけだから、薪の袋は一つ 400kg で、ギリギリすぎる気もしないでもないです。
メリットとしては、クローラなのでより安定するだろうということと、コンテナの内部でアタッチメントがついている状態でも超信地旋回できるのでは、ということです。
で、値段的には、ほぼ新車の USED が $20,000 くらいするので、イマイチ食指が動きません。

どうせ買うなら、Telehandler の方が、チップビンにチップを積むような作業や、はい積みしてある丸太の上の方をとるとか、トレーラから原木を下ろすとかに便利かなと思います。

まあ、先立つものはないので、ボチボチいきたいと思います。

チェンオイルがうまく供給されない件 その 2

チェンオイルの件ですが、解決方法として、ネオジウム磁石をホースの裏に貼り付けて、厚み分、きつく押し付けられるようにして様子を見てみています。
パット見はうまくいっているぽいんですけど。

ただ、ほんの少しづつでも垂れ続ければ、一晩とか、あるいは数日だと、作動油タンクが空になってしまうこともあるんじゃないかと思うんです。
そうならないよう何らかの工夫がしてあるはずだと思うのですが、それがチェックバルブなのか、さっぱりわかりません。
部品にある絵を見る限り、チェックバルブにしか見えないのですが。

MonotarRO で見てみても、空気用ですが、同じような見た目です。

まあ、作動油でなくて、外部オイラー を使えば、翌日作動油がすっからかん、ということはなくなるんでしょうが。

余りややこしいことを考えるくらいなら、油圧モータに行く圧油を取って、それをスピコンで絞って吐出量を調整するのがもっとスマートな気がしますね。高圧だから、バーの溝が少々詰まっていようと、オイルを強制的に送ることもできるでしょうし、モータが回転するタイミングで送れるので言うことなしです。

それはそうと、すっかり忘れていたキールローラーですが、仮にセットしてみたんですが。。。ちょっと低いですね。
まあ、ないよりはマシかなと思うので、とりあえず、固定してみようと思います。

それはそうと、その 2。
新兵器 をついに実戦投入であります。
たくさん運べていい感じです。

痛みまくっている原木をさっさと片付けたいと思います。

グラップルアタッチメントで丸太を掴んでみた件

セールで買って、少し前に届いていたんですが、試せていなかったグラップルアタッチメントを使ってみました。

フォークアタッチメントは、ボブタッチと少し干渉する箇所があったんですが、グラップルはすんなりと取り付きました。

ダンプ高さが足りてないので、トレーラに積むのは難しい感じです。
高低差があるので、荷台と高さを合わせて、そのまま乗って積み上げられるようにしたらいいんじゃないかなと思いましたが、まあ、先の長い話です。

去年の原木はかなり傷んでいるので、使いものにならなさそうな感じです。
原木の引き取りは来週にはスタートして早めに済ましてしまいたいと思いますが、その後に、隣の山から運び出すのに活用してみたいと思います。

前に欲しいと書いた のはスケルトンなんですが、これもそのうち必要かなとも思ったりもするですが、それ以前に、薪の販売を頑張りたいと思います。

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについて

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについてお問い合わせを頂いたので、回答をしたいと思います。

結論からいうと、463 や S70 などのコンパクトなスキッドステアローダ(SSL)は、規格が異なるため、専用の小さなアタッチメントが必要になります。

たとえば、eBay で売られている

などは、適合すると明記してありますが、純正ではないので、多少の修正が必要になる可能性があることは言うまでもありません。

NEW 36″ PALLET FORKS & FRAME ATTACHMENT

FITS BOBCAT 463 / S70 / MT50 / MT52 / MT55 / MT85

You are looking at a New Heavy-Duty(HD) Mini Pallet Forks & Frame attachment for Bobcat compact skid steer / track loaders. This HD 3,000 lb capacity pallet forks attachment features two(2) American made 1.25″ thick x 3.25″ wide fully heat treated 36″ Cascade brand forks and a reinforced frame constructed from HD Grade 50 steel throughout. The frame features a powder coat finish, and six(6) locking fork pin positions to safely secure & adjust the forks. The mini universal quick-attach plate fits Bobcat models: 463, S70 skid loaders & MT50, MT52, MT55, MT85 mini track loaders. Weight is 285 lbs. Compare & Save. Made in the USA!

(NOTE: Pictures show Toro Dingo style mini mount)

SPECIFICATIONS:

Constructed in the U.S.A. with American Grade 50 steel
Heavy-Duty reinforced powder coated frame
Mini Bobcat univeral quick-attach mount
Two(2) Cascade brand 36″ long forks
6″- 34″ adjustable fork positioning
One year limited factory warranty
3,000 lb capacity
285 lbs
1 YEAR FACTORY WARRANTY!

JOHN DEERE, EURO / GLOBAL, OLDER STYLES & VARIOUS OTHER ATTACH MOUNTS AVAILABLE!

価格は、US $695.00 です。

仮に、アメリカで一般的なパレット, 48″ x 40″(121.92cm x 101.6cm) のものに乗ってきて、高さが 50cm に収まった場合、容積は 0.62m3 ほどになりますので、アメリカから日本までの運賃が 4 万, 神戸からの引取が 1 万, 都合 5 万だと仮定すると、3.1 万円くらいの運賃が乗るかなというところです。
その後、国内は、最適なサイズのパレットを作って輸送すれば 1 万円くらい。

米国内運賃込みかどうかはわかりませんが、込みだと仮定すると、$700 はだいたい 8.4 万円くらい見ておいて、運賃の 4.1 万と合わせて、12.5 万、うちの手数料が 10%, 税金が 8% で、14.85 万なので、15 万くらいでなんとかなりそうです。
あくまでも、米国内運賃込みだった場合の話。
多分、送料は別に掛かると思います。

いずれにせよ、今在庫しているうちの S130 などに適合するタイプは、463 には適合しません。
ですから、在庫はないので、取り寄せになります。

新商品 — フォークリフトアタッチメント関連

使ってみて便利だったので、仕入れてみました。

フォークリフトのつけ爪(サヤフォーク)です。
単にかぶせて引っ掛けるだけなので、着脱がすごく楽です。
1m くらいの短い爪だと 4t 車だと、真ん中にパレットを置きたいときに、下ろしたいときに届かないのです。
72″ なので、180cm 程に延長できます。
ただまあ、仕入れが結構高かったので、十分にメリットのある価格を提案できるかが微妙なところですが。

それと、フォークアタッチは高価なので、間に合わせ的なものを試験的に仕入れてみました。
オタマジャクシみたいな形の穴はチェンのフックで、必要に応じて、ガチャで締めて脱落を防止します。
1,500lbs くらいだと安いのですが、大差はないので 4,000lbs のものをチョイスしました。
ボブキャットではなく、普通のホイルローダーで使うケースを考えると、1,500lbs だとちょっと弱いかと思いました。

これも特に説明はいらないと思うんですが、フォークリフト用の吊り具です。
4,000lbs 吊れるという事になっています。

売れるかどうかわかりませんが、薪ストーブ関連の雑貨だけだと、年間を通じて売上がないので、毎月の米国からのコンテナ輸送を維持することができないため、かなり趣味的なものになるんですが、重機類の取り扱いも始めてみようと思います。
ボチボチ頑張ります。

入荷いろいろ

朝から荷物をさばいていますが、全く終わってなくて、途中で嫌になってしまいました。
とりあえず、お待ちいただいているアイテムから優先的に発掘しました。

ブレイブ(Brave)薪割り機の不足していたボルト・ナット類ですが、ようやく届きました。
ちなみに、メーカーは対応しませんした。
そんなもん、適当に自分で買えよ、というのがアメリカンスタイルなのでしょう。

どうしてもインチでないといけないということはないんでしょうけど、ショートパーツの不足は自己責任ってことになっているとはいえ、なかなか売っていないし、いくらもするものでもないので、拾い出して在庫しておくことにしたわけです。

顛末的には、上に書いてあるとおりなんですが、今が 3 月末ですから、だいたい 2.5 ヶ月くらいかかっている、ということです。
まあ、アメリカに行って引き取りが送れた、というのがあるんですが、何かあったら 2 — 3 ヶ月くらいは「船便」だとかかる、ということになりますね。
もちろん、運賃払うから、航空便で入れて、というニーズにも対応は可能です。

いずれにせよ、アメリカ製品というのは、本来そういうものであるということはお伝えしておきたいと思いますし、それを許容できない人は、本国の何倍かの値札になっても、日本人向けに品質をコントロールしているチャネルで購入するべきかと思います。
細かな品質管理には手間ひまもかかれば、部品のストックなど、投資も必要です。
つまり、コストがアップするわけです。
そのコストをいつどのように払うのか、ということの違いと思っています。

それはそうと、個人的には、グラップルが原木入荷時期に間に合ってよかったです。
入荷はしたんですが、ちゃんと問題なく取り付くか、専用品でもなければ純正品でもないので、スムーズに取り付くかが心配です。
実はまだ原木を引き取りにいけていませんし、新しい許可証もできているんですが、取りにも行けてないんです。

大型商品については、お待ちいただいているものは出荷することができましたが、小型の商品は、数が多すぎて、明日に持ち越しになりそうです。

リクエストを多数頂いている 薪棚用金具 ですが、Pleasant Hearth 4 Piece Log Rack Brackets が入荷しました。
個別に送ると送料が嵩むので、Amazon FBA で出荷できるように準備しています。
この金具ですが、MADE IN CHINA でした。

すぐに売り切れてご迷惑をおかけしていたので、ちょっとだけ思い切って、数を仕入れてみました。
売れ残れないといいんですけど、腐るものでもないので。

RUTLAND Stack N Store の仕入れ価格(これも MADE IN CHINA)が高騰していて、今までの価格を維持できません。

Seymour 30-360 Manufacturing Fireplace Log Rack/Bracket Kit は米国製なのですが、これも価格が少しアップしていて、価格を改定しないと難しいのです。

品質については、Pleasant Hearth 製のものも見た範囲では、同等と思いますが、こればかりは、数年しないと耐候性などは結果が出ないと思います。もっとも、厚みがある鉄なので、すぐに錆びてダメになるというようなものでもありませんから、気にするほどの差はないのかなと思います。

明日も頑張って、検品を進めたいと思います。

ボブキャット用草刈り機 — TITAN flail mower

もうすぐ春ですね♪
草刈ってみませんか♪

という季節になりました。
花粉でそれどころじゃないという方もいらっしゃるとは思いますが。

それで、新しい草刈りアタッチメントです。

写真のもので、刈幅は 48″, 60″, 72″ があるんですが、うちの S130 だと 60″ かなと思います。

見ての通りで油圧モータで駆動しますが、

SPECIFICATIONS:

  • Weight: 592 LB
  • Overall Width: 66″
  • Overall Depth: 30″
  • Overall Height: 27”
  • Cutting Width: 60″
  • 1:3 ratio on the gear box
  • 1/4″ steel sides
  • Hydraulic Motor Size: 6”
  • Total Drive Belts: 3
  • Flail Quantity: 24
  • Flail Style: Hammer
  • Roller Diameter: 4”
  • Offset: 12” (Fixed)
  • Recommended Hydraulic Flow: 13-21 GPM

という具合で、油圧モータのスペックは共通です。
S130 は 17GPM ですので、まあいいところ。

ユンボで使うなら、13GPM は 50L/min ということになりますので、ViO-30 だと下限ギリギリという感じです。

お値段セール中で、$1,799.95Special Price $1,565.96 というところですが、大きさが大きさですので、運賃が心配です。

66″ x 30″ x 27″ = 876.052441 liters ってことなんですが、うまい具合に梱包できないと思うのです。
それでも、2m3 くらいでは収まりそうな気もしますが。

欲しいんですが先立つものがないのです。
とはいえ、クサカルゴンは KS-30 で軽自動車が買えるほどしますから、1/10 位の値段です。
値段以上の仕事をすることは間違いないでしょう。

余裕ができたら、ゲットしたいと思います。