チェンオイルがうまく供給されない件 その 2

チェンオイルの件ですが、解決方法として、ネオジウム磁石をホースの裏に貼り付けて、厚み分、きつく押し付けられるようにして様子を見てみています。
パット見はうまくいっているぽいんですけど。

ただ、ほんの少しづつでも垂れ続ければ、一晩とか、あるいは数日だと、作動油タンクが空になってしまうこともあるんじゃないかと思うんです。
そうならないよう何らかの工夫がしてあるはずだと思うのですが、それがチェックバルブなのか、さっぱりわかりません。
部品にある絵を見る限り、チェックバルブにしか見えないのですが。

MonotarRO で見てみても、空気用ですが、同じような見た目です。

まあ、作動油でなくて、外部オイラー を使えば、翌日作動油がすっからかん、ということはなくなるんでしょうが。

余りややこしいことを考えるくらいなら、油圧モータに行く圧油を取って、それをスピコンで絞って吐出量を調整するのがもっとスマートな気がしますね。高圧だから、バーの溝が少々詰まっていようと、オイルを強制的に送ることもできるでしょうし、モータが回転するタイミングで送れるので言うことなしです。

それはそうと、すっかり忘れていたキールローラーですが、仮にセットしてみたんですが。。。ちょっと低いですね。
まあ、ないよりはマシかなと思うので、とりあえず、固定してみようと思います。

それはそうと、その 2。
新兵器 をついに実戦投入であります。
たくさん運べていい感じです。

痛みまくっている原木をさっさと片付けたいと思います。

グラップルアタッチメントで丸太を掴んでみた件

セールで買って、少し前に届いていたんですが、試せていなかったグラップルアタッチメントを使ってみました。

フォークアタッチメントは、ボブタッチと少し干渉する箇所があったんですが、グラップルはすんなりと取り付きました。

ダンプ高さが足りてないので、トレーラに積むのは難しい感じです。
高低差があるので、荷台と高さを合わせて、そのまま乗って積み上げられるようにしたらいいんじゃないかなと思いましたが、まあ、先の長い話です。

去年の原木はかなり傷んでいるので、使いものにならなさそうな感じです。
原木の引き取りは来週にはスタートして早めに済ましてしまいたいと思いますが、その後に、隣の山から運び出すのに活用してみたいと思います。

前に欲しいと書いた のはスケルトンなんですが、これもそのうち必要かなとも思ったりもするですが、それ以前に、薪の販売を頑張りたいと思います。

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについて

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについてお問い合わせを頂いたので、回答をしたいと思います。

結論からいうと、463 や S70 などのコンパクトなスキッドステアローダ(SSL)は、規格が異なるため、専用の小さなアタッチメントが必要になります。

たとえば、eBay で売られている

などは、適合すると明記してありますが、純正ではないので、多少の修正が必要になる可能性があることは言うまでもありません。

NEW 36″ PALLET FORKS & FRAME ATTACHMENT

FITS BOBCAT 463 / S70 / MT50 / MT52 / MT55 / MT85

You are looking at a New Heavy-Duty(HD) Mini Pallet Forks & Frame attachment for Bobcat compact skid steer / track loaders. This HD 3,000 lb capacity pallet forks attachment features two(2) American made 1.25″ thick x 3.25″ wide fully heat treated 36″ Cascade brand forks and a reinforced frame constructed from HD Grade 50 steel throughout. The frame features a powder coat finish, and six(6) locking fork pin positions to safely secure & adjust the forks. The mini universal quick-attach plate fits Bobcat models: 463, S70 skid loaders & MT50, MT52, MT55, MT85 mini track loaders. Weight is 285 lbs. Compare & Save. Made in the USA!

(NOTE: Pictures show Toro Dingo style mini mount)

SPECIFICATIONS:

Constructed in the U.S.A. with American Grade 50 steel
Heavy-Duty reinforced powder coated frame
Mini Bobcat univeral quick-attach mount
Two(2) Cascade brand 36″ long forks
6″- 34″ adjustable fork positioning
One year limited factory warranty
3,000 lb capacity
285 lbs
1 YEAR FACTORY WARRANTY!

JOHN DEERE, EURO / GLOBAL, OLDER STYLES & VARIOUS OTHER ATTACH MOUNTS AVAILABLE!

価格は、US $695.00 です。

仮に、アメリカで一般的なパレット, 48″ x 40″(121.92cm x 101.6cm) のものに乗ってきて、高さが 50cm に収まった場合、容積は 0.62m3 ほどになりますので、アメリカから日本までの運賃が 4 万, 神戸からの引取が 1 万, 都合 5 万だと仮定すると、3.1 万円くらいの運賃が乗るかなというところです。
その後、国内は、最適なサイズのパレットを作って輸送すれば 1 万円くらい。

米国内運賃込みかどうかはわかりませんが、込みだと仮定すると、$700 はだいたい 8.4 万円くらい見ておいて、運賃の 4.1 万と合わせて、12.5 万、うちの手数料が 10%, 税金が 8% で、14.85 万なので、15 万くらいでなんとかなりそうです。
あくまでも、米国内運賃込みだった場合の話。
多分、送料は別に掛かると思います。

いずれにせよ、今在庫しているうちの S130 などに適合するタイプは、463 には適合しません。
ですから、在庫はないので、取り寄せになります。

新商品 — フォークリフトアタッチメント関連

使ってみて便利だったので、仕入れてみました。

フォークリフトのつけ爪(サヤフォーク)です。
単にかぶせて引っ掛けるだけなので、着脱がすごく楽です。
1m くらいの短い爪だと 4t 車だと、真ん中にパレットを置きたいときに、下ろしたいときに届かないのです。
72″ なので、180cm 程に延長できます。
ただまあ、仕入れが結構高かったので、十分にメリットのある価格を提案できるかが微妙なところですが。

それと、フォークアタッチは高価なので、間に合わせ的なものを試験的に仕入れてみました。
オタマジャクシみたいな形の穴はチェンのフックで、必要に応じて、ガチャで締めて脱落を防止します。
1,500lbs くらいだと安いのですが、大差はないので 4,000lbs のものをチョイスしました。
ボブキャットではなく、普通のホイルローダーで使うケースを考えると、1,500lbs だとちょっと弱いかと思いました。

これも特に説明はいらないと思うんですが、フォークリフト用の吊り具です。
4,000lbs 吊れるという事になっています。

売れるかどうかわかりませんが、薪ストーブ関連の雑貨だけだと、年間を通じて売上がないので、毎月の米国からのコンテナ輸送を維持することができないため、かなり趣味的なものになるんですが、重機類の取り扱いも始めてみようと思います。
ボチボチ頑張ります。

入荷いろいろ

朝から荷物をさばいていますが、全く終わってなくて、途中で嫌になってしまいました。
とりあえず、お待ちいただいているアイテムから優先的に発掘しました。

ブレイブ(Brave)薪割り機の不足していたボルト・ナット類ですが、ようやく届きました。
ちなみに、メーカーは対応しませんした。
そんなもん、適当に自分で買えよ、というのがアメリカンスタイルなのでしょう。

どうしてもインチでないといけないということはないんでしょうけど、ショートパーツの不足は自己責任ってことになっているとはいえ、なかなか売っていないし、いくらもするものでもないので、拾い出して在庫しておくことにしたわけです。

顛末的には、上に書いてあるとおりなんですが、今が 3 月末ですから、だいたい 2.5 ヶ月くらいかかっている、ということです。
まあ、アメリカに行って引き取りが送れた、というのがあるんですが、何かあったら 2 — 3 ヶ月くらいは「船便」だとかかる、ということになりますね。
もちろん、運賃払うから、航空便で入れて、というニーズにも対応は可能です。

いずれにせよ、アメリカ製品というのは、本来そういうものであるということはお伝えしておきたいと思いますし、それを許容できない人は、本国の何倍かの値札になっても、日本人向けに品質をコントロールしているチャネルで購入するべきかと思います。
細かな品質管理には手間ひまもかかれば、部品のストックなど、投資も必要です。
つまり、コストがアップするわけです。
そのコストをいつどのように払うのか、ということの違いと思っています。

それはそうと、個人的には、グラップルが原木入荷時期に間に合ってよかったです。
入荷はしたんですが、ちゃんと問題なく取り付くか、専用品でもなければ純正品でもないので、スムーズに取り付くかが心配です。
実はまだ原木を引き取りにいけていませんし、新しい許可証もできているんですが、取りにも行けてないんです。

大型商品については、お待ちいただいているものは出荷することができましたが、小型の商品は、数が多すぎて、明日に持ち越しになりそうです。

リクエストを多数頂いている 薪棚用金具 ですが、Pleasant Hearth 4 Piece Log Rack Brackets が入荷しました。
個別に送ると送料が嵩むので、Amazon FBA で出荷できるように準備しています。
この金具ですが、MADE IN CHINA でした。

すぐに売り切れてご迷惑をおかけしていたので、ちょっとだけ思い切って、数を仕入れてみました。
売れ残れないといいんですけど、腐るものでもないので。

RUTLAND Stack N Store の仕入れ価格(これも MADE IN CHINA)が高騰していて、今までの価格を維持できません。

Seymour 30-360 Manufacturing Fireplace Log Rack/Bracket Kit は米国製なのですが、これも価格が少しアップしていて、価格を改定しないと難しいのです。

品質については、Pleasant Hearth 製のものも見た範囲では、同等と思いますが、こればかりは、数年しないと耐候性などは結果が出ないと思います。もっとも、厚みがある鉄なので、すぐに錆びてダメになるというようなものでもありませんから、気にするほどの差はないのかなと思います。

明日も頑張って、検品を進めたいと思います。

ボブキャット用草刈り機 — TITAN flail mower

もうすぐ春ですね♪
草刈ってみませんか♪

という季節になりました。
花粉でそれどころじゃないという方もいらっしゃるとは思いますが。

それで、新しい草刈りアタッチメントです。

写真のもので、刈幅は 48″, 60″, 72″ があるんですが、うちの S130 だと 60″ かなと思います。

見ての通りで油圧モータで駆動しますが、

SPECIFICATIONS:

  • Weight: 592 LB
  • Overall Width: 66″
  • Overall Depth: 30″
  • Overall Height: 27”
  • Cutting Width: 60″
  • 1:3 ratio on the gear box
  • 1/4″ steel sides
  • Hydraulic Motor Size: 6”
  • Total Drive Belts: 3
  • Flail Quantity: 24
  • Flail Style: Hammer
  • Roller Diameter: 4”
  • Offset: 12” (Fixed)
  • Recommended Hydraulic Flow: 13-21 GPM

という具合で、油圧モータのスペックは共通です。
S130 は 17GPM ですので、まあいいところ。

ユンボで使うなら、13GPM は 50L/min ということになりますので、ViO-30 だと下限ギリギリという感じです。

お値段セール中で、$1,799.95Special Price $1,565.96 というところですが、大きさが大きさですので、運賃が心配です。

66″ x 30″ x 27″ = 876.052441 liters ってことなんですが、うまい具合に梱包できないと思うのです。
それでも、2m3 くらいでは収まりそうな気もしますが。

欲しいんですが先立つものがないのです。
とはいえ、クサカルゴンは KS-30 で軽自動車が買えるほどしますから、1/10 位の値段です。
値段以上の仕事をすることは間違いないでしょう。

余裕ができたら、ゲットしたいと思います。

薪活新戦力 — セールだったので思い切って買ってしまったアイテム

前々から欲しかったんですが、高価なアタッチメントなので、ずっと我慢していたのですが、セールで $1,000 を切っていた ので、思い切って買ってしまいました。

48″ なので、写真から梱包サイズを推測すると、1.5 x 1.5 x 1m くらいにはなりそうな予感がします。
運賃も本体と同じくらいかかるし、税金やら、いろいろ入れると、30 万近いものになりそうです。

グラップルソー付きの 0.25 が買えたらいいんですが、乗用車を買い替えたりしたこともあるし、ヘッドのエアサスを全交換したりと、予定外の出費が重なっているものの、積んで下ろしてで、掴めるものが 2 台ないと原木の小運搬・整理がうまくいかないので、つなぎとして買ってみました。

意外とヤフオクでボブキャットのアタッチメントの需要はあるようなので、不要になったら売ってしまえば、ある程度は回収できると思うわけです。

今月末の船に乗せれば、2 月末にはつくので、原木の搬出時期にはなんとか間に合うかなというところですが、ユニバーサル・マウントといって、汎用になっているので、ボブキャットにピッタリフィットするかはやってみないとわかりません。

TITAN 社製のアタッチメントは、パレットフォークもそうなんですが、ボブタッチのレバーとのクリアランスが不十分でガスで切って調整し直したので、これも多少の調整は必要かなと思っています。

UA パレットフォークアタッチメントが売約したので新規仕入れ

ボブキャット用のアタッチメントで、フォークリフトとしてボブキャットが使えるようになる爪 を売り出していたのですが、ようやく買っていただくことができました。

純正品に比べてかなりリーズナブルな価格で、すぐにもとが取れると思うのですが、あまり認知されていないのか、ほとんど引き合いがありませんでした。

米国ではトラクタのフロントローダー部分も SSL 用のユニバーサル・マウントを搭載しているものがあったりして、フォークアタッチメントも豊富に流通していて価格もとてもリーズナブルなんです。

売れたのでまた仕入れようと思ったんですが、米国で品切れしていました。
資金力がないので、在庫を持つことが難しく、また米国側でも品切れしたり、廃盤になったりするので、受注発注ということもまた難しい感じです。

今回は、もう少しライトな用途のもので、かつ、ヒッチレシーバーを備えたものを輸入することにしました。

ヒッチレシーバーですが、爪の奥にあるので、牽引するタイトなコーナーなどでは爪に干渉するかもしれませんが、フレームに備え付けてあるので、使わなくても外はないし、レシーバーアタッチメント のように着脱する必要もありませんから、用途によっては便利かなと思います。(レシーバーアタッチメントは牽引で使用する際には、安全チェンを使用する必要があります)

このモデルは 42″ の爪で 99,980 円で売り出したいなと思います。

うちで取り扱うものは、鍛造でコシのある爪ですが、ヤフオクで同価格帯で売られているものは、まあモノを見てみてください。

ボブキャット用の各種アタッチメントは、取り寄せすることもできます。
受注発注の場合、アタッチメントのサイズ(容積)により運賃が変わりますが、$1 = 160 円くらい(日本の港までの運賃、消費税、通関等の手数料を含み、国内運賃やカード手数料を含みません)から輸入できます。

大型貨物はほぼ毎月海上コンテナにて神戸港に輸入しています。
米国内に在庫があるものであれば、概ね 2 ヶ月程度で納品可能です。

お気軽に ご相談 ください。

食品衛生法対策 — ダッチオーブンを安価に販売するための試金石!

お盆期間中ですが、役所も港もやっているということで、8/7 に入港している貨物を通関し、引き取らなければなりません。

業者によってケースバイケースなのでしょうが、一般的には、「フリータイム」といって、貨物が到着した後、一定の期間はコンテナヤード(CY)や特定の倉庫(CFS)に保管してもらうことができます。
なので、フリータイムの期間内に引き取る必要がある、ということです。

もしフリータイムの期間内にコンテナや貨物を引き取ることができず、引き続き留置することになれば、「デマレージ(Demurrage)」という「超過保管料」を支払わなければなりません。

当たり前ですが、販売する目的を持って輸入してるわけですから、販売の用に供する事ができない状態で費用をかけて保管することには、デメリットしかありませんので、どの輸入者も、速やかに通関し、速やかに自社の倉庫等に引き上げ、検品等を経て Amazon FBA などの物流施設に移送するわけです。

輸入の流れについては、少し前にも書いた のですが、今回は、食品衛生法に基づく輸入手続 が必要になり、自分ですべてを行うはじめてのケースとなるわけです。

今までに対して、1 — 4 のステップが追加になるわけです。

このうち、すでに 1 については、準備が整っていて、書類については、神戸検疫所では「食品等の輸入相談」という制度があり、事前に内容をチェックしていただいて、あとは提出するだけ、ということを事前に確認しています。

今回は検査が不要ということですが、書類審査の時間を要するので、明日の朝、一番に手続きをしないと、その後の通関(申告)で、検査の内容によっては、明日中の処理ができない可能性があるので、一泊することになれば、それだけコストが嵩んでしまいますので、段取り良く進めたいと思います。

もし、明日の 食品衛生法に基づく輸入手続 について、今後も自力で継続して行うことができるという自信が得られれば、ダッチオーブンは国内外で価格差があり、かつ重量物でもあるので、うちのように自分で倉庫を持ち、自分で通関し、自分で輸送も行うことができれば、少量・多品目なキッチンウェアなども、よりリーズナブルな価格で提供することができるようになると思います。
また、キャンパーなど薪ストーバーよりも人口が多く(需要が旺盛)、かつ、冬以外の通年の需要も見込めることから、貨物の輸送量の確保と、通年の売上の確保が見込める商材になるのではと思っています。

手続きについて、しっかりと勉強してこようと思います。

それと今回、少し毛色の違うアイテムを仕入れてみました。

ボブキャット用のフォークアタッチメントです。

これ、日本国内で買うとすごく高いんですよ。

ヤフオクなんかでも、爪が鍛造ではない、角パイプを溶接したように見える品質で、爪の幅も調整できないような簡易的なものでも、15 万くらいで売られていてびっくりしました。

もちろん、メーカーで買うと腰を抜かすほど高く、それ以前に社外品自体、売られているのを見たことがないのです。

多分、めったに売れないと思うのですが、自分が使ってとても便利に思うし、不整地のフォークリフト、というニーズはそれなりにあると思いますから、長期在庫覚悟で仕入れてみて、新しい仕事のスタイルとして、北海道や宮崎などの畜産が盛んなところで、ボブキャットをリフトとして使っていけるんだよ、ということを提案していこうと思います。

畜産向け、ということであれば、干し草を突き刺して運ぶ用のアタッチメントとしても使えるタイプもありますし。
ただ、自分は畜産の経験がないので、品物の良し悪し等もわかりませんので、そういうお客さんからいろいろ教えていただいて、取り扱うかどうかは考えていかないといけないかなと思っています。

見てのとおり、それなりに容積を食っていて重たいので、あまり安くはできないのですが、すくなくともヤフオクの固定爪のものよりは安くできると思いますので、認知されて、それなりに引き合いがある商品になってくれれば、と思っています。

はてさて、FISKARS の斧も認知されるまでに 3 年くらいかかりましたし、この商品は何年不良在庫になるのでしょうか。。。

ボチボチがんばります。

検品作業

今日は検品をしました。

自分用の新しいグローブ。

今までの Husqvarna のものが少々ヘタってきた気もするんですが、廃盤になってしまい、新しいモデルは高いので、安い Oregon のものを買ってみました。

第一印象は「安っぽいなぁ」です。
まあ、実際、安いんだけど。
消耗品なので、やはり値段は重要でしょう。

ちょっとゴワゴワ感があるので、どの程度馴染むか、ということろで、あとは使って様子を見てみるしかなさ気です。

ちなみに Class 0 で、サイズは 9 (向こうの M サイズだけど、日本だと、L くらい)です。

お店で売るとなると、送料込みで 2,980 円といったところでしょうか。

後、ついつい買ってしまったキワモノ。
フォークリフトの爪の先に 2″□ のヒッチレシーバーを作るアタッチメントと、ヒッチレシーバーに突っ込むシャックルです。

アタッチメントの横の輪っかみたいなものは、牽引で使う場合に、脱落防止用のチェン(別売り)を取り付けるもののようです。
薪割り機を牽引するときとか、便利かなと思いましたが、チェンをいちいち掛けるのもまた、面倒くさい気もしないでもないです。

第一の目的はウッドバッグを安全に吊り上げることなので、まずはその目的が達成できるか試してみたいと思います。

とりあえず、薪割り機もきれいに片付けたんですが、こう、在庫が並ぶと壮観ですね。
まあ、並べて値打ちが出るのならいいんですが、そうではないので、どんどん出ていってくれる方が、商売的にはいいんでしょうが。

今日は、TrueNorth TN20 を見学に H さんが見えられて、その場で買ってくださいました。
TrueNorth TN20 は完売です。
次回入荷は 4/7 の予定です。

来週上京しようと思っていたのですが、予報を見るとずっと雨なので、平ボデーだと、商品が濡れてしまうため、キャンセルしようと思います。
24 日の組み立て会には、姫路まではいかないとなのですが。(当然、薪割り機も持っていかないといけない)
天気が良いといいなと思います。