P.C.D. は 100 じゃない?

サイドウォールが裂けてしまった件 の続きです。

スクラムは、元々山のないタイヤをスペアに回してあったので、庭に転がっている先代ダンプ, ハイゼットのスペアタイヤを取り付けようと思いました。

でも、取り付かなくて、結局、坊主のスペアを取り付けたんですが、計ってみたらやはり P.C.D. が 100 じゃないんですよね。
110 なのか、114.3 なのか。。。
軽トラって 100 だとばかり思ってました。

もしかして、乗用車用かと思ったんですが、LT 6PR ですので、トラック用で間違いがありません。

組み換え工賃が勿体無いので、ハイゼットのスペアのことは忘れて、近い内に履き替えたいと思いますが、一本 1,700 円 は継続中みたいです。

パンクしてしまったので、今朝のゴミ出しでニャン糞を捨てられず。。。
木曜日まで保管しなければなりません。。。
ニャンとも。。。

それはそうと、留守中におニャー様のことが気になって仕方がないので、見守り用に買った BEST CAM を設定してみました。

一瞬写ったんですが、位置が気に入らなくて、電源を抜いて入れ直したら、接続できなくなりました。

傾けるとカラカラ音がしていて、なにかパーツが外れたか、壊れてしまったんでしょうか。。。

このカメラ 360° 回転する(パン)し、上下にも振れる(チルト)し、流石にズームまではありませんが、価格を考えるととても良いものだと思っていたんですが、まあ、当たり外れもあるんでしょうし、何らかの設定ミスかも知れませんから、もう少し様子を見てみようと思います。

問題点として、カメラをマウントするブラケットが付属していない点が挙げられます。

カメラアプリ内から 1,000 円(税・送料込み)で注文できるので、注文しておきました。

ブラケットを使用することで、上下逆, 天吊状態で設置することができるので、おニャー様の攻撃を避けるためにも、天吊で設置しようと思います。

カメラ内の microSD は 32GB なので、画質を SD にしました。
モーションはクラウド保存されるようなので、microSD は常時録画にしました。

調子が良いようなら、神社にもどんどん設置していこうと思います。

動いていたときの画質としては、まあ、こんな感じです。
グリーンの矩形が表示されますが、動きを検出した場合、そこを撮影するようにパンしたり、チルトしたりします。
パンですが、無限ではなくて、USB の接続口が後で、そこから左右各約 180° のようです。

動きがないときに正面に復帰するのか、あるいは機能として、動いているものを探すためにカメラがぐるぐる巡回したりもできるみたいですが、かなり駆動音がうるさいのが難点です。
神社で使う場合には問題になるかもしれません。

まあ、ブラケットを使って、天吊りして、ある程度使い込んでみたいと思います。

今日は薪割り後なんか猛烈に眠くなりました

代わり映えのしない風景写真ですが。。。今日も昼から薪割りです。

微妙に風がなかったせいか、作動油の温度が早めに上がって、15 時過ぎで 60°C 手前になって、2 時間も割らずに強制終了です。

原木が散らかってきたので、少し整理しましたが、このペースでは月内に割り切るのは無理っぽい感じです。

まだ早いので、目立てでもしようと思ったんですが、コードが切れたかのか電気が来ていないようで、目立て機も使えなかったので、16 時には退散しました。

それで、帰りなんですが、運転をしていると、何故か猛烈に眠くなりました。
熱中症というやつは眠くなるのでしょうか?
とりあえず、居眠り運転はせずになんとか家まではたどり着きましたが、シャワーを浴びて、21 時前まで寝てしまいました。

いずれにせよ、体調管理は気をつけなければと思います。

それと、次の荷物の件です。
今朝程 B/L が届きました。

VSL: BAI CHAY BRIDGE V. 061W
ETD LAX: JULY 23
ETA KOBE: AUG. 7

60 PIECES
676 KGS TOTAL
2.137 CBM

ということで、例の新潟のシャーシの引き上げとまとめて済ませてしまいたいところです。

7 日入港なので、9, 10 日あたりに CFS に入るのではと思うのですが、週末なので危ない感じです。
なので、通関は翌週にしたほうが無難かなと感じます。

引き取りは 11 日は第二土曜だし、祝日ですから 10 日までに済ませて、11, 12 日で神戸に移行する感じかなと思うのです。

7 日に出発すると、9 日には朝にはつくばにつくので、スケジュール的に無理がないのですが、そうすると、戻ってくるのが最短で 14 日になるため、少し家を空け過ぎていて、おニャー様たちのことが心配です。

最短で、というのは、今回新しく「ダッチオーブン」を試験的に輸入しているため、食品衛生法のからみがあって、自分でやるのが初めてなため時間が読めないのです。
今までは通関を含めて、業者さんに委託していたのですが、費用がかかりすぎていたため、今後は自力で全てやろうと思うわけです。

ダッチオーブンを自力で扱えるようになれば、より競争力のある価格で米国製の人気商品を仕入れることができるし、キャンプなどの需要がありますので、通年で一定の売上が見込め、また市場規模が薪ストーブよりも大きいと思われるため、輸送する貨物の量を稼ぐことができ、特に、鉄製品で重たいので、自分ですべての輸送を行っている強みが十二分に発揮できるアイテムではないかと思うのです。

また、ダッチオーブンで火を使うということを通して、焚き火の魅力を知る人が、薪ストーブの世界に入ってきてくれて、仲間が増えれば素敵だなとも思うのです。

そういうわけで、今回 6 個のダッチオーブンを仕入れてみたのですが、無事に通関できればいいなと思います。

おニャー様の件は、秘密兵器を買っていたのですが、夕方届いていました。

まあ、動画のようにうまく動くかはわかりませんが、値段も安いので、設置してみようと思います。

マンションのエントランスの防犯カメラを更新

薪のことばかりではなくて、たまには営繕の仕事をしないと怒られそうなので、調子が悪くなっていたマンションのエントランスの防犯カメラを更新しました。

お宮でも使っている NETGEAR の Alro Q です。

かれこれ数ヶ月試しに使ってみましたが、安定して動作しているのと、無料でもある程度のところまで使え、料金を払わないとほぼ使えない nest cam をやめて、今後は Alro シリーズで行こうと思います。

全部で 3 台入れ替えないといけないのですが、1 台やったところで掃除のおじさんが犬の散髪の予約があるといって帰ってしまったので、又今度にしようと思います。

また、地下駐輪場に設置してあるカメラは今までは有線だったんですが、電波が届かないので、どうしようか悩んでいます。
PoE タイプは、5,000 円くらい割高なのと、PoE 給電アダプタが付属するのか、付属しないなら PoE ハブも買わないといけないということになるわけで、それなら地下は別の無線 LAN ルータを設置したほうが安上がりかなとも思うのです。

とりあえず、カメラが 1 台余ってしまうので、拝殿の鍵をこじったあとがあったで、明後日にでも、お宮のカメラを追加しておこうと思います。

薪ストーブよりも温かい?

薪ストーブよりも温かい?、猫暖房です。
なんか、布団でゴロゴロしていると、足の間に挟まってくるんですよね、特に 1 号(ハチワレ)。

猫は体温が高いようで、温かいです。平熱で、38 — 39°C くらいみたいです。
ということは、猫は逆に人間にくっつくと冷たいんじゃないかと思うんですが。。。
ちなみに、自分は体温が高いほうで、普段でも 37°C 以上あります。
でも猫ほどじゃない。

今年も薪ストーブと猫とで暖かく過ごせそうです。
猫は重いし、うるさいし、毛まみれになるんですが、可愛いから、まあいいか。

さて、今日は F 500 SE の配達に行きました。
新居浜かと思ったら、四国中央だったんで、愛媛の端っこ、あと少しで香川です。
土日ということで、明日はもっと雨がひどくなるし、来週は、別の予定が入っているので。

配達に行っている間に、佐川(というか下請けのトール)さんもきてくれたみたいで、戻ったらスッキリです。

外出していても、カメラが通知してくれるので、誰か来たりすると分かるんです。

なんだかんだで帰ったら 20 時で、ヤマト運輸が閉まってしまったので、エコファンのバックオーダー分の出荷をしないといけないんですが、明日にずれ込んでしまいました。

とりあえず、それで出荷は一段落かなと思います。

台風も来ているし、日曜、月曜は、薪仕事ができそうにありません。
「薪屋殺すにゃ刃物はいらぬ 雨の三日も降ればいい」
おまんまの食い上げですよ、この調子では。

はてさて、なにをしようか。
油圧ユニットづくりでも頑張るか。。。

NETGEAR のネットワークカメラ Arlo Q を設置してみました

Nest Cam IQ が気になっていたんですが、屋内モデルであること、また、価格が高すぎるのと、サブスクリプションフィーがとても高いので、Nest の製品はこれ以上導入しないことにしたので、そのかわりの商品を探しているのですが、とりあえず、筆頭候補が NETGEAR の Arlo Pro VMS4230-100JPS です。

ただ、製品の使い勝手、信頼性などについて、試さずに買うにははばかられる金額なので、安価な Arlo Q を購入してみたわけです。

購入前には、次の記事(多分提灯)が参考になりました。

Arlo Pro はベースステーションを使用するタイプなのですが、Arlo Q はベースステーションが不要で、価格も NTT-X Store で 13,801 円でした。

ちなみに、NTT-X Store では、30 日間試して、気に入らなかったら返品できるようです。

設定ですが、Mac の Safari からでも行うことができました。

SSID とパスワードを聞かれて、それでカメラの sync ボタンを押下すると、WiFi につながり、その後、Safari に表示された QR コードを Arlo Q に読み込ませて設定が完了しました。

もう、業界を離れて長いので、どういう理屈なのか、とんとわからないのですが、もし、先に Arlo Q に QR コードを読み込ませたのなら、そこで SSID やパスワードを転送したということで、理屈は、わかるのですが、Mac と Arlo Q とが Air Drop 的機能で直接通信した、ということでしょうか?
ブラウザでそんなことまでできるようになっているのは驚きですが、セキュリティ上、問題がないのか気になります。

それ以前の問題として、SSID とパスワードを入力させられるというのも抵抗があります。
らくらくセットアップとか、標準的なペアリングの仕組みがあるのだから、それを使ってもらいたいもんです。

とはいえ、ビデオ情報はクラウド保存なので NETGEAR からは、見ようと思えば、丸見えなんですけどね。

アプリ的には、まずまずかなと思います。
とはいえ、まだ使い込んでいないのですが、5 台までは無料なので、無料でどこまでできるのか、様子を見てみたいと思います。

今のところ、Arlo Q は、結構気に入って入るんですが、やはり、Arlo Pro はちょっと高すぎる気もしないでもないです。

目撃!可愛いお客さん

ガレージというか、倉庫というか、薪棚というか、nest outdoor cam を導入しているのですが、これ、本当に優秀で、連続録画しつつ、イベント検知してくれます。

で、イベントが有るとメール通知もしてくれるんですが、ニャンと!可愛いお客さんが撮影されていました。

倉庫には砂なんかも在庫しているんですが。。。ニャンズにとって、砂はトイレなんですよね。。。
もう少しすると、毎年ツバメもやってくるのですが、当然、落とし物をしくれるので、車やなんかは汚れてしまうのです。

自分は動物は大好きなので平気なのですが、中にはアレルギーがある方もおられるので、商売的にはどうなのか、ちょっと悩みますね。
ヤードの整備が進んでいるので、今後はそちらに集約して、家には自家用のものだけにしようと思います。

ヤードの方も、フェンスなどの準備はしているのですが、防犯カメラもより強化したいと思っています。
そうなると、ネット回線が必要になるのですが、電気も来てないし、インターネットは光ファイバーも来ていません。
村の人に聞いたら、ADSL だということなんですが、なんだかんだで 4,000 円/月くらいかかりそうだし、距離があるので、速度がどれくらい出るのか、というのも甚だ疑問なのです。

モバイルルータという選択肢もありかと思いますし、野村エンジニアリング さんが、農業用のハウスなどの遠隔モニタリング用のシステムを販売されていて、問い合わせたところ、比較的安価、かつ、無線通信で各種センサ類を統合した上で、パケット通信でサーバに状態を通知できるので、そういうものも含めて検討していきたいと思います。

隣のメガソーラーが管理のために回線を引いているかもしれないので、ちょっと事情を尋ねてみたいと思います。

Nest Outdoor Cam を追加

少し前に、一台購入して様子を見ていた nest の屋外用カメラ ですが、使い勝手が非常に良好で、ランニングコスト(年間 $100)がかかることを加味しても、納得がいくサービスと思うので、追加購入しました。

早速車庫の進入路に向けて設置してみました。

Web 版の画面をのせていますが、スマートフォンでも、ほぼ同じような感じで、履歴が確認できます。

なにかあったと思われる箇所は、画面下のタイムスライダでマークが表示されているわけで、そこでイベントを確認できるわけですが、更に常時記憶されているので、スクリーンショットのように、バイクなど速く動くものの場合、ほぼ通り過ぎてから、イベント録画され始め、肝心のシーンが撮れていない、という問題が今まではよくあったのですが、nest の場合には、それが回避されます。

$100 だと、一週間まで遡れ、$300 だと、30 日間遡れます。

とりあえず、一台は今日で試用期間が終わるので、7 日で年間 $100(月払いだと $10)をサブスクリプション契約してみようと思います。

Nest Cam Outdoor Security Camera

318xum4pxelその昔、nest の CO アラームで詐欺にあったんですが、また性懲りもなく、nest の新製品、Outdoor Security Camera を買ってみました。

今回は無事に届きました。

Apple の製品を若干劣化させたような雰囲気で、パッケージからそれなりに気配りされている、非常に意匠性を重視した製品です。

Google が買収したということなんですが、今のところ、アカウントなども統合されていない感じですね。

nest アプリをダウンロードする時点で、「In-App purchase」という非常にキモい文言がでてきたので、嫌な予感がしたのですが、予感は見事に的中しました。

このカメラ、録画するのに月 $10 あるいは、年間 $100 を「最低」支払わないといけないのです。

大げさだけど、そんなに掛かるのなら、泥棒に盗まれる被害のほうが、確率的にいえば、軽微です。w

逆に、年 $30 くらいまでなら、すぐにも登録するんですが。。。

Subscribe するかどうかは、機能の詳細を確認してからにしたいと思います。

個人的には、カメラの台数によっては、ペイするかなと思います。

現時点で把握している問題点として、

  • 場所に日本が選べない
  • ただの USB ケーブルのはずがやたらケーブルが太くてどう取り回すのか決め兼ねている

があります。

このカメラの面白いな、と思える点ですが、磁石で台座にくっつくようになっているのですが、それで無段階でカメラが固定できるのです。

強風や、地震などで飛んだり外れたりしないのかなと思うのですが、ケーブルをクリップで止めておいて、脱落して壊れることは防がないといけないかもしれません。(落下防止ワイヤーのようなものを取り付けることはできないようです)

設置して、しばらく様子を見てみたいと思います。

忘れ物探知機 TrackR を買ってみた

TrackR_Bravo_with_Phone_Web元々、アバウトな性格なもんで、物をどこに置いたのかわからなくなる、というようなことは日常茶飯事なのですが、まあ、iPhone については、電話して鳴らす、あるいは、Find iPhone で探知することもできるので、それなりに楽にはなりました。

しかし、財布であるとか、鍵であるとかは、時々行方不明になるわけです。

少し前に Bluetooth などを利用した忘れ物探知機のクラウドファウンディング案件などをよく見かけたのですが、結構物にならないようだったので見送っていたのですが、TrackR については、デリバリーを開始しており、レビューも幾つも見られたので購入してみることにしました。

あと、一番肝心なことなので、最初に書いておきます。

このガジェットですが、GPS により位置が追跡できる様子がキャプチャなどで示されているため、ミンス・ハラグチェじゃないんですが、リアルタイムにこのタグの位置を監視できる、なんて思いがちですが、そうではありません。

基本的には Bluetooth なので、せいぜい 10m 程度まででないと探知できないのですが、Crowd GPS といって、他の TrackR を使っている人同士で位置情報を共有して追跡する機能がある、ということです。

あくまでも Bluetooth は Bluetooth でしかないので、TrackR を使っている人が少なければ他の人が見つけてくれるという部分に関しては、ほぼ絶望的と思われます。

ただ、最後の位置はわかるので、探しもののヒントとしては、かなり大きな情報ではないかと思います。

価格については、かなり安いので、まとめ買いしてみました。

届いたら、詳細レポートしたいと思います。

5 のつく日セール

この前は買い物をし忘れた のですが、今回は忘れませんでした。

といっても、FRP ポールは MonotaRO で買いました し、実は、農ポリも近所のダイキで、そんなに高くなかったので買ってしまいました。

というわけで何を買ったかというと、スマ@ホームシステムの屋外カメラキット KX-HJC100K-W です。

まあ、細かな不満点がないわけではないのですが、とにかくお手軽ですし、イベント録画もそこそこ機能しているようですので、マンションのエントランスの防犯目的に導入してみようと思います。

神社のシステムで気づいた点ですが、ほぼ同じ位置に屋外用(カメラ 1)と屋内用(カメラ 2)を設置しているのですが、屋内用について、設置位置が高いせいか、カメラ 2 の検出精度が非常に良くないのです。

無論、検出の精度を調整することはできるのですが、これは、カメラの個体差なのか、種類による差なのか、いずれにせよ検出の精度が良くないので、別売りのセンサを購入して、連動させたほうが良いかもしれないと思いました。

それと画質の件ですが、動画は賽銭回収の様子が撮影されたものですが、DECT 自体、1.1Mbps 位の速度のようで、録画されたものを確かめたのですが、レートは 180kbps 程度、H.264, AAC 8000Hz Mono という状態です。

何をやっているのかわかるし、背格好などはわかりますが、それ以上はちょっと、という画質です。

まあ、こんな画像でもあるのとないのとでは、大違いでしょうし、それ以前の問題として、抑止効果を期待しているので、コストパフォーマンスという意味ではかなり優秀ではないかと思います。

社務所の方のシステムも一部老朽化しているので、順次更新していこうと思います。