作動油が規定の量入らないという問い合わせ — ブレイブ(Brave)横型往復式薪割り機

遠距離のため配達を断念し、配送させていただいたお客さんから、問い合わせがありました。
内容は、作動油が規定の量はいらない、ということです。

はい、一度には入りません。

これは共同購入された方がアップしてくださっている動画ですが、シリンダーを初め、油圧回路内には空気が入っていて、最初にそこを作動油で満たさねばなりません。
そのためには、エンジンを始動して、シリンダを伸び縮みさせてエアを抜く必要があります。

また、エアを噛んだ場合、作動油が泡立ちますので、タンクに入っている油の量も正確に測ることができないため、しばらくしてかから、シリンダーを縮めた状態で、ゲージを確認しつつ作動油を補充する必要があります。

もし、シリンダを伸ばした状態で補充すると、縮めた際にシリンダのシャフト分だけ油が増えますから、タンクから油があふれることがあります。

作動油タンクの蓋は、ブリーザーキャップといいますが、その名の通り、通気するため、密閉構造ではありません。
よって、多く入れると傾いたりするとすぐに溢れますから、多く入っていても不都合です。
通気するため、キャップの周りにホコリ等が溜まると、作動油に混ざります。

薪割り機は、使用後には、カー用品店などで販売されている車用のワックスシートでワックスがけをすることおすすめします。
そうすると、サビを防止し、油漏れなども早期に発見することができます。
自転車やバイク用のカバーをかけて、ホコリの付着などを防いでください。
高価ですが、純正のカバー(フリーサイズ)もあります。

Hearth & Home 暖炉家(だんろや) で一番人気がある(といっても、3 モデルしか定番は扱っていませんが)薪割り機で、現在は、千葉県での引取在庫のみですが、来月 2 台入荷予定です。
再来月にはもう 2 台入荷予定ですが、入荷が間に合っていません。
コンパクトで高品質な薪割り機をリーズナブルな価格で導入したい方におすすめのモデルです。
工業製品ですから、待てばそのうち入荷はしますが、薪割りにはシーズンというものがありますので、ぜひお早めにご相談ください。

UA パレットフォークアタッチメントが売約したので新規仕入れ

ボブキャット用のアタッチメントで、フォークリフトとしてボブキャットが使えるようになる爪 を売り出していたのですが、ようやく買っていただくことができました。

純正品に比べてかなりリーズナブルな価格で、すぐにもとが取れると思うのですが、あまり認知されていないのか、ほとんど引き合いがありませんでした。

米国ではトラクタのフロントローダー部分も SSL 用のユニバーサル・マウントを搭載しているものがあったりして、フォークアタッチメントも豊富に流通していて価格もとてもリーズナブルなんです。

売れたのでまた仕入れようと思ったんですが、米国で品切れしていました。
資金力がないので、在庫を持つことが難しく、また米国側でも品切れしたり、廃盤になったりするので、受注発注ということもまた難しい感じです。

今回は、もう少しライトな用途のもので、かつ、ヒッチレシーバーを備えたものを輸入することにしました。

ヒッチレシーバーですが、爪の奥にあるので、牽引するタイトなコーナーなどでは爪に干渉するかもしれませんが、フレームに備え付けてあるので、使わなくても外はないし、レシーバーアタッチメント のように着脱する必要もありませんから、用途によっては便利かなと思います。(レシーバーアタッチメントは牽引で使用する際には、安全チェンを使用する必要があります)

このモデルは 42″ の爪で 99,980 円で売り出したいなと思います。

うちで取り扱うものは、鍛造でコシのある爪ですが、ヤフオクで同価格帯で売られているものは、まあモノを見てみてください。

ボブキャット用の各種アタッチメントは、取り寄せすることもできます。
受注発注の場合、アタッチメントのサイズ(容積)により運賃が変わりますが、$1 = 160 円くらい(日本の港までの運賃、消費税、通関等の手数料を含み、国内運賃やカード手数料を含みません)から輸入できます。

大型貨物はほぼ毎月海上コンテナにて神戸港に輸入しています。
米国内に在庫があるものであれば、概ね 2 ヶ月程度で納品可能です。

お気軽に ご相談 ください。

ブレイブ薪割り機 PCLS2013GC の在庫がなくなると急に来る問い合わせ

ブレイブ社の薪割り機, 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、2 台立て続けにご注文いただき、在庫は かわはら薪ストーブ本舗 さんに引き渡し委託してある 1 台のみになってしまいました。

この機種を 1 台売って、まあ、愛媛から栃木まで配達をするようなことをしているわけですから、利益がどれだけあるのかは推して知るべしでしょう。他社ですと、ユニック車で配達するだけで、チャーター費が別途 30,000 円位かかりますからね。

そういうわけなので、売っても売っても、右から左に動かしているだけで、しかも、輸入も全て手がけていていますから、元売りに連絡して元売りに発送させて、それで 2 割も 3 割も抜くような商売をしているわけではなく、資金を用意して、在庫のリスクを抱え、保守のためのパーツ類も備えているわけですから、事業は全く拡大しないのであります。

というわけですから、購入されるお客様には、できる限り、早めのご相談、ご予約をいただきたいのです。

例えば、今回でも、もう少し早いタイミングでご相談を頂いていると、委託在庫を輸送することができ、その分資金が早く回収できるので、次の在庫を輸入することができますし、移動の際に、配達して帰ることもできたので、トラックの利用率も向上したのではないかなと思うわけです。

次回の入荷ですが、今の予定では、10/20 — 21 に薪の配達を行いたいので、その帰りに神戸に寄って、通関、引取をしたいと思っています。

ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の卸売

盛岡のお客さんですが、昨日も書いた とおり、あまりに遠すぎるので、発送と相成りました。

大型の商品は、昨今の物流量の増加で、個人宛をやりたがらない会社がほとんどで、運賃も高止まりしているため、なかなか販売が難しいと感じています。

薪割り機の販売方法について、薪山崎 さんのエントリーがとても興味深いんですが、

それは、ブレイブ正規代理店の 五十嵐商店 さんと、PLOW という名称で主に OEM を販売している ホンダウォーク さんとの違いです。

扱っている製品の質も違えば、代理店の基準(質や方向性)も全く違うわけですが、直販をしつつも、ディーラー制度を取っているという部分は共通していますね。

その他には、ハイガー産業 のように、チャイニーズ商品を直販で販売する商社(メーカーと主張していますが)も出てきましたし。

ちょっと卸売を考えていますかと訊かれたんですが、ブレイブ(Brave) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、いまお店で 239,800 円(税込)で販売しているんですが、これ、原価が 20 万(税抜)ほどしています。
北米での価格が約 $1,500 です。(ネットで調べればすぐに分かります)$1 = 111 円としても、為替手数料がかかるので、大体 17 万強になります。
これをアメリカから日本に持ってくるのに 3 万ほど掛かります。
自分の人件費や立て替えている資金の金利は一切計算していません。
20 万には消費税がかかりますから、21.6 万円。
モールで販売経費が 8% 程かかりますから、入金されるのは、22 万円です。
つまり、1 台の利益は、どんぶり勘定で 4,000 円ということになります。

実際には、空気を運ぶよりはマシですし、これ単体ではないので、運賃が 3 万よりも多少安いこと、また発送のときの送料を支払う送料よりも赤字にならないように少し高めに設定させていただいていてなんとか回っている感じです。

とても卸して、卸先にメリットがある状態ではないのです。

うちの商品について、利益が出るような値付けをしていないものが多いので、卸売りをしても、モールの手数料分を値引く程度しかできない感じです。

今日はお宮なんですが、お宮が終わったら、ちょっと疲れているので、仮眠を取ってから、栃木に向かいます。
ボチボチ頑張りたいと思います。

低価格薪製造機 Pilkemaster EVO 36

コメントで問い合わせのあった薪製造機についてです。

このブログに時々登場しますが、うちではフィンランド FARMI forst 社の薪製造機 WP36 というモデルを使っています。
この枚製造機ですが、結構ロングラン製品のようで、youtube などの動画を見ると、長い時間をかけてモデルチェンジしていっている様子が見て取れます。

この薪製造機を選定するまでの過程ですが、このブログに全部残っているとは思いますが、主なエントリーだと、

あたりになります。

実際の生産スピードなどについては、このブログに作業の様子などを多数アップしているので、だいたいのことはわかると思いますが、今感じていることとしては、うちは一人でやっているので片手間というのもありますが、玉切りや薪割りがこの機械で省力化されても、そこから後の乾燥であるとか、それを販売できる状態に選別したりパッキングしたり、という工程については別途手当しなければいけない、というよりもむしろそこをなんとかしないと、生産できなくなるということです。

原木の供給状態にもよるかと思いますが、安定して入手できる場合には、4t トラックで原木を午前中に輸送して、午後から薪割りをする、というサイクルくらいがちょうどよい気がしますね。
うちのようにトレーラ輸送だと、完全に生産能力が追いつきません。
人を増やして、機械を遊ばせず、フル稼働させる必要があると思います。
しかし、人件費が出るような商売ではない、だからこそ、機械化しているわけですから、とても難しいところです。

価格については、うちで使っているものはフルオプション仕様なので、本国でも 200 万を超えていると思います。
いくつかのオプションは、無料でアップグレードされていて、油圧送りローラーや、ソーバーの油圧制御については、200 万には含まれていません。
運賃や税金を含めると、同じ仕様だと 300 万近くなるのではと思いますが、個人的には不要と思うものもあるので、その辺は見学にいらしていただければ説明します。
そういうものに投資するなら、ログデッキに投資するほうが生産性を高められると思いますから。

なんちゃって自走式薪割り機 — クローラ運搬機で牽引大作戦

クローラ式の薪割り機というものがあります。
一頃興味を持ったんですが、結論からいえば、あまりに高すぎる、この一言につきます。

たとえば。。。

どーん。

ホンダウォークさんの「鉞(まさかり)」は、なんと驚きの 100 万超え です。

自走する、という部分についてですが、せっかくのクローラ台車も、薪割り機を運ぶだけにつか使えない構造になっていますよね?

たとえば、筑水キャニコムの製品ですが、ピンクレディーの BP420L とかだと、リフトもできてダンプもできて、お値段は定価で 604,800 円(税込)ですから、ブレイブの往復 20t と両方買っても、鉞よりはずいぶんと安いのです。

リフトできますから、たとえば、収穫用のコンテナに割った薪を詰め、それをトラックの荷台に積み込むために高さを合わせる、というような使い方もできるわけですね。

それで、すでに歩行型のクローラ運搬機をお持ちのお客様から、牽引できるように改造したい、という相談を受けました。

レシーバーをアオリ部分(強度が十分あれば)に溶接して、ヒッチボール を取り付ければいいんでしょうが、溶接はしたくない、ということでボルト等で取り付けられる商品の輸入をすることにしました。

まあ、見たままの商品です。

これで、坂道でもクローラ運搬機でラクラク牽引、ということを画策しているわけです。
というわけで、よほどの不整地でない限り、これでいけるのではないかとは思いますが、軽トラックへの積み込み等がうまくいくのか、という部分については連結すると長さの問題が出てきますので、レシーバーの位置をどうするのか、という部分ついては検討しないといけないと思います。

品物自体は来月末には入荷予定なので、お客様のところで仕事を始めるのは少し先になるのですが、このアイデア、吉と出るか、凶と出るか、続報をお待ち下さい。

配達か配送か — Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC

Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC ですが、今月の 送料無料クーポン をご利用いただき、ご注文いただきました。

coupon1808

送料無料クーポンは今月いっぱいです。

それで、栃木県と岩手県なのですが、栃木県は茨城県のお隣なのでいいのですが、問題は岩手県です。
なんと、茨城県(つくば)からですと、片道で 500km もありました。
寄り道せずに 3,000km ほどあるのですが、実際には、寝ないといけませんので、3,500km くらい走ることになりそうです。

お客さんの都合によるのですが、極力配達したいとは思っています。
その場合の予定としては、9/6 の神社が終わってからのスタートで、9/8 雑貨納品、9/9 薪割り機栃木納品、9/10 薪割り機岩手納品、9/11 かわはら薪ストーブ本舗訪問、位のスケジュールで考えています。

これだと、走行距離に対して貨物の量が少なすぎるため、薪割り機については、あと 1 台か、2 台か、同時に配達できれば、効率がいいんですけどね。

というわけで、Brave(ブレイブ) 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC は残り 1 台在庫がありますし、薪ストーブ TrueNorth TN20 も在庫があり、クレジットカードのご利用で送料無料となりますので、一つよろしくお願いいたします。

なお、配達を希望される場合、上記スケジュールで、上記の走行ルート近傍での対応となると思われます。

薪割り機の電動化の話 Again

薪割り機の電動化の話ですが、すっかり忘れてたんですが、また訊かれたので、今日はモータとポンプの取り合いについて、知っていることを書いてみたいと思います。

なお、予め断っておきますが、電動薪割り機は作ったことがないので、重松の机上の空論です。

薪割り機の仕組みについて、これは油圧式の場合の話ですが、エンジンであるとか、モータであるとか、それで油圧ポンプを駆動して、圧油を作り出して、それによりアクチュエータ(油圧シリンダ)を伸縮させる、というのが基本構造です。

電動化は、簡単にいえば、エンジンをモータに置き換える作業、ということになるわけです。

それでは、エンジンにどのように油圧ポンプは取り付けられているのでしょうか?

上記エントリに色々書いてありますが、

写真ですと、左から、

  • SAE AA 2-Bolt Gas Engine To Pump Mount
  • 0.12 cu in Dynamic GPF1020PC Hydraulic Pump とポンプ側ジョーカップリング(取り付け済み)
  • エンジン側ジョーカップリング

となります。

これは薪割り機用ではないので、普通の油圧ポンプですが、基本的には同じです。

この時「SAE AA 2-Bolt」という部品名になっていますが、これがポンプ側のマウントの種類なんです。
つまり、ポンプ側のマウントの種類, エンジン側のマウントの種類, そして、カップリングにより連結に必要なスペースの 3 つの条件で、ブラケットを選定するのです。

エンジン側は、米国仕様だと、B.C.(ボルトサークル, マウントの 4 本のボルト用めねじの中心を結んだ円の直径)など、規格が統一されています。ポンプにより必要な馬力は概ね決まっているためです。

ポンプ側のマウントとしては、

  • 2 bolt SAE A
  • 4 bolt 4F17

などがあります。

これに対して、モータ側ですが、モータには「フェイスマウント」と呼ばれるタイプのものがあり、それらは、ブラケットを介して、油圧ポンプであったり減速機を取り付けられる構造となっています。

モータのマウントの種類としては、

  • 56C
  • 182TC
  • 256TC

などがあります。

もちろん、モータの選定には、マウントの種類以外にも、油圧ポンプの特性(回転方向・回転数・馬力)であるとか、電源(単相なのか、三相なのか)・電圧・周波数、モータのケース(エンクロージャー)の種類などを考慮しないといけません。
なので、エンジンに比べて考慮すべき点が多いです。

それと、電動化したらかといって、無音になるわけではありません。
電動の家庭用のものを使ったことがある方ならわかると思いますが、かなりの騒音が出ます。
もちろん空冷エンジンに比べたら相当騒音レベルは抑えられているのですが、電動=無音ではないことは、注意が必要です。

電動化のメリットは排気ガスも出ませんし、燃料を買い出しにいったり、ということからも開放されます。
作業時間が長く、薪割りを決まった電源のあるところでできる環境なら、電動化の利点が活かせるのではと思います。

というわけで、T さん、今回の説明はこんなところです。

ロールボックスパレット(カゴ台車)は危ない

コンビニやスーパーなどでもよく見かけるロールボックスパレット、カゴ台車とか、単にカゴ車と呼ばれる荷役用品ですが、この前少しやらかしてしまいました。
簡単に言うと、トラックの荷台から落としかけたのです。

ロールボックスパレットは耐荷重が 500kg くらいありますし、例えば、薪を満載した場合、樹種や乾燥状態にもよるんですが、耐荷重ギリギリくらいになることもあります。

今日たまたまニュースサイトを見ていると、最近のネット通販などの利用の増加に伴い、荷物の量が増えて、経験の浅い人によるロールボックスパレットでの労災事故が頻発している、ということで、気になったので調べてみました。

守ってほしい「8つのルール」

ルール1 段差、傾斜のある場所での取扱い
…事故が起きやすい場所なので、細心の注意を払って作業しましょう!
段差、傾斜のある場所での作業は、特に慎重に行い、ロールボックスパレットが
倒れそうになったら、倒れる方向には絶対に入らないようにしましょう。

ルール2 「作業服、作業靴、保護具」
…安全作業のためにも、きちんとした作業着を身につけましょう!
作業服であれば、スリ傷などのケガを防ぐため、長袖・長ズボンを着用し、
シャツやズボンの裾が引っ掛からないように注意することが大切です。

ルール3 「ロールボックスパレットの基本操作」
…基本の操作を覚えて、事故を起こさないようにしましょう!
操作する際は必ず両手で行い、荷物の重さや操作のしやすさを
考慮しての作業が大切になります。

ルール4 「押し」「引き」「よこ押し」
…それぞれのコツを覚えて、安全に作業しましょう!
一般的にロールボックスパレットの操作には、
「押し」「引き」「よこ押し」の3種類の操作方法があります。
状況に応じてこれらを併用するようにしましょう。

ルール5 「複数人での取扱い」
…声を掛け合い、1人のときよりも慎重に作業しましょう!
複数人で取り扱う際は、事前に誰が指揮者になるのかを決め、
原則として作業員は全員「よこ押し」で操作することを心がけましょう。

ルール6 「荷物の積載」
…基本的な積み方をマスターし、荷崩れを防ぎましょう!
ロールボックスパレットの最大積載量を確認し、重いものは下に、
軽いものは上に積むようにしましょう。

ルール7 「折りたたみ・組み立て・積み重ね」
…折りたたむと不安定になるので、転倒には注意しましょう。
転倒の恐れがあるので、折りたたんでしまう際は注意するようにしましょう。

ルール8 「テールゲートリフターでの取扱い」
…昇降時は特に危険なので、気をつけて作業しましょう。
トラックなどのリフトを使用する際は、昇降板の最大積載重量を超えない、
下にもぐらないことを厳守しましょう。

うちでも、台車屋五常 さんのものを愛用しています。
雑貨の保管や輸送はもちろん、自家用薪の搬入にも使っていて、とても便利です。

以前に書いたのですが、中間棚の未使用時の収納方法 なども、普通なら他の人がやっている様子を見て気づくのでしょうが、うちは自分ひとりですから、この程度のことですか気づきません。

なので、事故防止のための基本的なことも知らないまま、適当にやっている可能性が高いので、折に触れて基本的なことは再確認し、安全に気をつけて利用していこうと思いました。

食品衛生法対策 — ダッチオーブンを安価に販売するための試金石!

お盆期間中ですが、役所も港もやっているということで、8/7 に入港している貨物を通関し、引き取らなければなりません。

業者によってケースバイケースなのでしょうが、一般的には、「フリータイム」といって、貨物が到着した後、一定の期間はコンテナヤード(CY)や特定の倉庫(CFS)に保管してもらうことができます。
なので、フリータイムの期間内に引き取る必要がある、ということです。

もしフリータイムの期間内にコンテナや貨物を引き取ることができず、引き続き留置することになれば、「デマレージ(Demurrage)」という「超過保管料」を支払わなければなりません。

当たり前ですが、販売する目的を持って輸入してるわけですから、販売の用に供する事ができない状態で費用をかけて保管することには、デメリットしかありませんので、どの輸入者も、速やかに通関し、速やかに自社の倉庫等に引き上げ、検品等を経て Amazon FBA などの物流施設に移送するわけです。

輸入の流れについては、少し前にも書いた のですが、今回は、食品衛生法に基づく輸入手続 が必要になり、自分ですべてを行うはじめてのケースとなるわけです。

今までに対して、1 — 4 のステップが追加になるわけです。

このうち、すでに 1 については、準備が整っていて、書類については、神戸検疫所では「食品等の輸入相談」という制度があり、事前に内容をチェックしていただいて、あとは提出するだけ、ということを事前に確認しています。

今回は検査が不要ということですが、書類審査の時間を要するので、明日の朝、一番に手続きをしないと、その後の通関(申告)で、検査の内容によっては、明日中の処理ができない可能性があるので、一泊することになれば、それだけコストが嵩んでしまいますので、段取り良く進めたいと思います。

もし、明日の 食品衛生法に基づく輸入手続 について、今後も自力で継続して行うことができるという自信が得られれば、ダッチオーブンは国内外で価格差があり、かつ重量物でもあるので、うちのように自分で倉庫を持ち、自分で通関し、自分で輸送も行うことができれば、少量・多品目なキッチンウェアなども、よりリーズナブルな価格で提供することができるようになると思います。
また、キャンパーなど薪ストーバーよりも人口が多く(需要が旺盛)、かつ、冬以外の通年の需要も見込めることから、貨物の輸送量の確保と、通年の売上の確保が見込める商材になるのではと思っています。

手続きについて、しっかりと勉強してこようと思います。

それと今回、少し毛色の違うアイテムを仕入れてみました。

ボブキャット用のフォークアタッチメントです。

これ、日本国内で買うとすごく高いんですよ。

ヤフオクなんかでも、爪が鍛造ではない、角パイプを溶接したように見える品質で、爪の幅も調整できないような簡易的なものでも、15 万くらいで売られていてびっくりしました。

もちろん、メーカーで買うと腰を抜かすほど高く、それ以前に社外品自体、売られているのを見たことがないのです。

多分、めったに売れないと思うのですが、自分が使ってとても便利に思うし、不整地のフォークリフト、というニーズはそれなりにあると思いますから、長期在庫覚悟で仕入れてみて、新しい仕事のスタイルとして、北海道や宮崎などの畜産が盛んなところで、ボブキャットをリフトとして使っていけるんだよ、ということを提案していこうと思います。

畜産向け、ということであれば、干し草を突き刺して運ぶ用のアタッチメントとしても使えるタイプもありますし。
ただ、自分は畜産の経験がないので、品物の良し悪し等もわかりませんので、そういうお客さんからいろいろ教えていただいて、取り扱うかどうかは考えていかないといけないかなと思っています。

見てのとおり、それなりに容積を食っていて重たいので、あまり安くはできないのですが、すくなくともヤフオクの固定爪のものよりは安くできると思いますので、認知されて、それなりに引き合いがある商品になってくれれば、と思っています。

はてさて、FISKARS の斧も認知されるまでに 3 年くらいかかりましたし、この商品は何年不良在庫になるのでしょうか。。。

ボチボチがんばります。