薪のクリーニングと選別を一度に行うトロンメルスクリーンがついに稼働

足掛けもう何年になるんだろうか、というトロンメルスクリーンですが、懇意にしていただいている和歌山県の薪屋さん 薪文化 さんのヤードで試験をしていただいているのですが、ついに稼働し始めました。

構造は見ての通りで、大型のドラム状のスクリーン(篩)がゆっくりと回転し、叩き洗いの要領で薪から付着しているチェンソーダストや、苔、泥などを取り除きつつ、単管パイプの間隔を調整することで、サイズを選り分けることもできます。

前半部分のピッチが狭い部分は、現状、ゴミと木っ端がまとめて落ちて、フレコン(ベージュの大型土嚢)に集められ、後半のピッチが広い部分では、サイズが一定以下で、薪ストーブで使用するのに最適なサイズのもののみがフォークリフトで吊ってある黒い通気バッグに収納されます。
サイズが大きすぎる(割直す必要がある)ものは、一番右から排出され、バッグに収納されます。

実際に動かしてみて、予定していた機能は実現できることがわかったんですが、いくつか改良すべき点も見つかりました。

まず、噛み込みの問題。

動画でも、薪を噛み込んで回転が停止していますが、形状の問題で、篩から抜けずに引っかかるものが出てきて、それがフレームに取り付けた誘導用の板等にひかかるのです。

安全装置(クッション, デテント, リリーフ)があるので、油圧モータが損傷することはないのですし、逆回転もできるのですが、いちいち止まったら面倒くさいわけです。

これについては、最大の薪の長さ分、クリアランスを保持したり、あるいは、誘導板等をしっかり固定しすぎない(ゴムやバネ等で軽く保持する)ようにすれば、改善できるのではと思いました。

それと、後部からオーバー材を排出する際、油圧モータを支持しているフレームとの間に噛み込む問題があります。
これについては、クリアランスを確保するか、支持の仕方そのものを変更して対処するしかない感じです。
部品点数を減らすためにダイレクトに回転させる方式を採用したんですが、2 号機を作る場合、ここがいちばんの改善点になるかなと思います。

それともう一つ。

一度にクリーニングと選別とを行うので、どうしてもクリーニング能力が犠牲になります。
また、商品として販売できる、木っ端(焚き付け)も、現状は埃状の細かなもの(チェンソーダスト、泥、苔)などとごちゃ混ぜに輩出されてしまいます。

乾燥後クリーニングしたい場合、どうやってスクリーンに投入するのか、という部分について、スクリーンとウッドバックトや、バッカンなどからダンプ投入できるホッパーとを兼ねた POSCH LogFix に相当するプレフィルタ装置, クリーニングディスクとかスタースクリーンと呼ばれるものですが、そういうものを開発したらどかと思いました。

クリーニング能力は限定的ですが、Vepack はクリーニングディスクだけでクリーニングと選別も行います。

両者をうまく組み合わせたり、使い分けたりすることで、作業の効率化が図れるのではと思います。

雨がやんだのでコロ薪を運んだんですが…

昼過ぎに少し日が差すくらいに天気が回復したので、今日はコロ薪を運びました。

とりあえず、積み込んで、リフトを戻したら、バケツをひっくり返したような勢いで降り出してしまいました。
薪用の大型ビニール袋をかぶって固縛する羽目に。。。

この時、運転席側の窓を閉め忘れていた為に、ライトとハザードのスイッチアッセンに水が入って動作が怪しくなってしまいました。
シートも濡れるし、ご飯を作るのもアレなんで、夜は真中に食べに行ったんですが、支払いをしようとしたら、お札まで濡れていました。。。
珍しくやる気を出したら、ろくな目に合わないので、今後は、やはりボチボチにしておこうと思います。

パレットですが、ヤフオクで 150 枚ちょっと、見つけることができました。

大阪の泉佐野市なんですが、トラーラー対応不可、ということで、K さんに助けていただけることになりました。
コロ薪を持って行って、代わりに、パレットと、新しい薪用通気バッグを積んで帰るつもりです。

その帰りに、神戸によって、荷物の引き取りも済ませたいと思います。

それと、薪乾燥機のアライバルも届きました。
8/31 は祭典があるので、9/1 の月次祭を奉仕して、その後、和歌山に向かいたいと思います。
9/2 にコロ薪を下ろして、パレット等の積み込み、翌 9/3 通関・引き取り、9/4,5 検品、納品、9/6 神社祭日なので、9/7 から FCL の方の作業にかかろうと思います。

薪のクリーニング・選別 — トロンメルスクリーンが稼働したようです

稼働したよう、という他人行儀な書き方ですが、そうなんです、トロンメルは K さんのところに嫁いでいます。
トロンメルってのは、筒状のスクリーン、要するに篩(ふるい)です。

元々は、ボブキャットの外部油圧で駆動する予定だったんですが、流量が多すぎたため、回転速度が速く、遠心力で薪が張り付く始末。

そのため、予備で持っていた GC160 で駆動すべく、流量を推定してギアポンプ等を調達する、というところまで済ませてあったんですが、乾燥機よりも優先順位が低くて、ずっと放置していたわけです。

ギアポンプ等を調達する、文字で書くとそれだけなんですが、実は結構やることが多くて、

あたりに書いていますが、流量を計算したり、念のためではあるんですが、マウントブラケットとジョーカップリングでの接続の計算をしたり、タンクは結局買ったんですが、ドレン配管があるため、金具が結構ややこしいことになっていたり。

それと意外な盲点として、日本国内では、ユニファイのネジがほとんど入手できず(特にうちのような田舎では)、マウントブラケットをエンジンに固定するボルトを買いに行くだけで市内を何件も回って結局買えない、なんていう笑えない状態になるわけです。
結局、キー用のフラットバーも見当たらず、これも作ってもらいました。

そんなこんなを経て、えらく難儀をして、テストできる状態にまで持って行って放置中だったわけです。

その後、当面使うあてもないところ、K さんから使いたいということで神戸に通関・引き取りに行くときに、積んで行ったんですが、今日、いい感じで稼働するところまで来たと連絡をもらいました。

それで、備忘録を兼ねて、現状を整理しておこうと思います。

まず、うまく行った点。

  • デテント機能を利用した安全装置は思惑通り作動している。また、保護停止時に噛み込んだものを取り外す際、逆転機能がとても有効。
  • 格納式高さ調整用脚(傾斜調整も兼ねる)は、それなり。

次に、うまくいかなかった点。

  • 排出に関して、モータ取り付けブラケットと、スクリーンとの接続部とのクリアランスが不足しているため、噛み込みが頻発する。

未完成だった点。

  • 木屑等の分別ためにスクリーンサイズを小さくする必要があったが、既存の単管にクランプで別の単管を抱かせて調整した。
  • 木屑や選別した製品をひと所に集めるため、コンパネで漏斗的なものを作成した。ただし、製品に関しては、スクリーン噛み込み時に漏斗的なもの衝突が起こることがあるのでクリアランスや材質(硬くするのではなく、力が逃げる構造)などの検討を要する。

まあ、こんな所です。

オーバー材の排出時の噛み込みについてですが、解決方法を考えてみました。

この写真だとちょっとわかりづらいのですが、走行減速機とスクリーン本体に十文字の支柱との取り合い部分ですが、ほとんどクリアランスがありません。
ただ、中心でのダイレクト駆動にはこだわりたい所です。

なので、スクリーン側の十文字の支柱を内側に大体 500mm くらい控えた位置に移設して、中心部分に回転力を伝達するためのシャフトを取り付けたらどうか、と思うのです。
シャフトですが、2 枚のスプロケットのようなものの間を何らかのパイプでつないだもので良いと思います。
ただし、この変更を行うと、スクリーン自体の自重を走行減速機に持たせることはできにくくなるかと思います。
現状は、重量戸車で受けているので問題ないと思います。

機会を作って、近いうちに稼動状態を確認できたらなと思います。

Prince Mfg LS-3000-1 薪割り機用コントロールバルブ

今まで扱っていた SpeeCo 社製の薪割り機用コントロールバルブが扱い停止になったため、Prince Mfg 社製に扱いを変更します。
まさに定番中の定番、USA made ですが、価格が Speeco のほぼ倍です。。。

仕様としては、

  • 25 GPM
  • Adj relief valve
  • Pressure operated detent on return stroke, spring center on extend
  • IN/OUT 3/4″ NPT
  • Work ports 1/2″ NPT
  • Size 9-1/4″ x 5″ x 3″
  • Shpg. 11 lb.

といったところです。

25 GPM というのは、25 Gallons Per Minutes, 毎分 25 ガロン流すことができます、という意味です。
160cc 程度のホンダ等のエンジンを搭載した小型の薪割り機で 11 — 13 GPM となりますので、概ね 250cc くらい、10 PS くらいまでなら、大抵このバルブで間に合います。

3/4″ NPT とか、1/2″ NPT という表示についてです。

「”」はインチの意味です。ちなみにフィートは「’」です。
3/4″ は要するに、0.75 インチ、1/2″ は 0.5 インチです。

NPT というのは、ホースや配管のねじの規格で、米国で一般的な管用(管用)テーパーネジという意味です。
ねじの規格については、過去にまとめてありますので、参考にしてください。

最も大きくて影響がある違いは、最大圧力が 2,750 PSI となることです。

PSI というのは米国の圧力の単位で、Pounds per Square Inch, つまり 1 平方インチあたり何ポンドの力が加わるか、という意味になります。
一般的な薪割り機の運転圧力は概ね 2,500 PSI です。

また、このバルブは上記使用には書かれていませんが、オープンセンターです。
オープンセンターというのは中立時、すなわち、レバー操作をしていないアイドル時、圧油が IN 側から OUT 側にブロックされずにオープン、つまり、流れっぱなしになります。

このコントロールバルブは薪割り機用なので、デテント機能といって、シリンダを縮める操作を行う時、操作レバーがロックでき、縮みきった時、中立位置に復帰する機能があります。
この動作の設定圧が高すぎると、縮みきっても中立に復帰せず、また、設定圧が低すぎると操作レバーがロックできません。
通常は調整する必要がないのですが、調整が必要な場合は、単にネジを締めたり緩めたりすることで調整ができます。

あと、自作でもしない限りあまり関係ないことでしょうが、SpeeCo 社のバルブは、ポートマウントしかできませんでしたが、Prince Mfg 社の LS-3000 については、ブラケット等に固定できるようにボルト用穴があります。

個人的な趣味ですが、ポートマウントは、下手をするとマウント部分が折れたり、下手をしなくても、テーパーの場合締め付け具合でバルブの向きを調整しないといけないわけですから、面倒臭い上に軽く当てでもして緩んだらシールからやり直さないといけないので、好きくないのです。
その点、LS-3000 の場合、ブラケットを作ってやれば、バルブの位置も自由に変更できるし、固定もきちんとできるのは利点かなと思います。

GCV160 のバルブ固着について

Brave(ブレイブ)社の 15t 薪割り機に搭載されているホンダ GCV160 の不具合発生事例についてお客さんから報告をいただいたのでシェアしたいと思います。

こちらのモデルですが、GC「V」160 という出力軸が垂直のタイプのエンジンを搭載しています。
このモデル以外は、GC または GX で出力軸は水平となるんですが。

この GCV160 を搭載した薪割り機で、しばらく使っていなかったそうなのですが、久しぶりにエンジンをかけようとしたところ、掛からない症状が出てしまったそうです。

よくあるパターンとしては、キャブレータの中のガソリンが痛んだのかと思ったんですが、結論から言うと、バルブの固着だったそうです。
リコイルを引いた時に排気が出てこないので気付いたと言うことです。
ヘッドを開けてバルブの固着を外し、エンジンオイルを交換することで、復活したそうです。

対策として、より品質の高いエンジンオイルを使用する、また、定期的にエンジンオイルが回るようにエンジンを始動することで、防止できるのでは、と情報をいただきました。

夏場、使用することはあまりないと思いますが、秋口に始動できない、と言う場合、そう言う事例もあった、と言うことで参考になればと思います。

任務完了!

今日はいよいよコンテナの搬出です。
まずはコンテナに封印をします。

その後、シャーシを取りにトラクタがやってきて、書類に署名してもらって完了です。

万事上手くいって、あとは帰るだけ。
今日はシカゴまで帰ります。
今回は、とんぼ返りで、観光は一切なしなのがちょっともったいないんですが、まあ、お宮があるので仕方ありません。

なんとか無事に日本にたどり着きたいと思います。

コンテナへの積み込み作業

コンテナへの積み込みですが、無事に終わりました。

1 本目。

2 本目。

気温が 35°C ととても暑かったので、もの凄く疲れました。
とりあえず一安心です。

明日は、輸出入のための書類の確認、打ち合わせをして、コンテナにシールして、正午ごろ、帰路につきたいと思います。

それはそうと、トラックが気になりました。
結構違います。

タイヤですけど、結構細いんです。
それに、ホイールも 5 穴に見えます。

ランディングギアも全然違う。
JOST 製ですし、基本的な仕組みは同じなんだけど、フレームへの固定方法がごついプレートというか、ブラケットになっています。

あと、ケーブルも違います。
特に電気系統が違うようで、1 本だけですが、ABS もこの 1 本で内蔵しているようで、日本のように別のケーブルになっていませんでした。

なんだかんだで疲れて、宿に着いたら速攻寝てしまって、今頃目がさめたので、ブログを更新しています。
というわけで、また寝たいと思います。

薪乾燥機の受け入れ準備も少しずつ前進中

薪乾燥機ですが、運転試験もほぼ終わりで、解体に移るということです。
受け入れの準備も少しづつ進行しています。

薪乾燥機を置く場所ですが、見ての通り、水勾配がついていて水平ではないので、水平にするためにコンクリートを打ちますので、その墨出しです。
水平にしたコンクリートの上に乾燥機の箱、チャンバーを置きます。
ただ、ちょうどの大きさにすると、壁を伝った水が床に回るので、ほんの少しだけ小さな寸法で作ります。

薪はメッシュパレットに入れる予定なんですが、フルフリーのリフトもないし、3 段積むと 2t 近くなり、それを多数、きっちり詰め込むのはなかなか骨が折れる作業になるので、水平にしたコンクリートの上に線路を作り、トロッコに乗せて出し入れするつもりです。
まだトロッコの図面を描いていないので、さっさと描かないとまずいんですが。。。
まあ、帰ってきてから試作しようと思います。

ずれなく 3 段積み上げるのは、フォークリフトだとサイドシフトがないとなかなか大変な気もするんですが、これもホイストを使ってやれば世話ないことで、使ってないトロリー付きホイストがあるので、リフトでうまくいかないなら、それでやってみようかと思います。

それはそうと、頼んでおいたテレビ台がついにできました。
とりあえず、据えてみました。

ブライワックスで仕上げようかなと思っているんですが、どんなに色にするのか、悩むところです。
ラスティックパインが第一候補です。

少し隙間があるところがあるので、パテで修正したほうがいいかなとも思ったり、面倒くさいような気もしてますが、せっかくなので、ちゃんと仕上げたらどうかと思います。
でも、室内に設置した後でパテを研ぐのか、という話もあったりして。。。

本日の散財。

0.35mm 厚のユポ紙 20 枚です。Amazon から届いてました。
見ての通り、かなりの厚み。。。A4 で 1 枚 120 円くらいします。

何をするのかというと、紙垂を作ろうと思うのです。

普通の紙で作ると、雨が一度降ると破れてしまいます。
なので、障子紙を使っているのですが、それでも一週間くらいでダメになります。
本務神社ならいいんですが、兼務の場合、今のようなシーズンだと、いつも取れてしまっている、ということになりかねません。

それで、もう少し丈夫な紙が売られているのですが、これ、ラミネートなので、確かに破れにくいのですが、紙の部分は湿度で伸びるのに、樹脂の部分は伸びませんから、カールしてしまって、湿度が高い日はとても見た目が悪いのです。

和紙に見える樹脂のシートもあるんですが、ソコソコの値段なので、ユポという合成紙を試すことにしたわけです。

園芸用と明記してあるので、ある程度の耐候性を期待しています。
後、合成紙なので、紙目がないはずなので、風で弱い方向に引っ張られて裂ける、ということも起こりにくいのではとも思ってます。
これからは、夏で日差しも強く、台風も来るので、すぐに結果は出ると思います。
ただ、低温に対して、硬くなっているところを風に煽られて砕ける、というような事象については、ある程度時間を待たないといけませんが。

紙自体が丈夫なので、通常のようにしめ縄に差し込んだ程度では、強風時に吹き飛ばされてしまうので、これまた園芸用の札に接着して、それを園芸用のワイヤーで固定するというやりかたを試してみようと思います。

そんなことよりも、早くスーツケースに荷物を詰めないと。。。
大丈夫か、俺。
ボチボチ頑張ろうと思いますが、眠いので、明日にしようと思います。

Diverto | Work will never be the same

久しぶりに萌えました。

JCB の Hydradig もキュン死しかけたんですけど、Diverto はひと回り小さく、更にガジェット感が高まってる気がするんですよ。

Diverto ですが、車重は 6t 強, 幅は 2m 強、最高速度が 40km/h です。
もうちょっとスピートが出ると楽かなとは思いますが、まあ、十分だと思います。

構成がよくわかってないんですが、(農業用の)トラクターにブームが付いて器用になった感じというか、とりあえず 3pt ヒッチがあり、PTO (44kW)もあるので、トラクタ用の作業機が使えるわけで、要するに薪製造機をトラクタ PTO で駆動でき、かつ、その状態で(法的な問題は棚上げするとしても)自走できる、ということになります。
また、グラップルのオプションもあるし、ドリーもあるので、原木の回収にも使えそう。
タイヤなので、急峻な地形は無理でしょうけど。

Hydradig と比べて、の話になりますが、一回り小さいので、Diverto は後方小旋回ではないこと、また、ウエイトの形状的に後方視界は悪そうです。
ただまあ、このあたりは、アラウンドビューであるとか、接触センサーであるとかで対処できることですから、大きな問題にはならない気はします。

面白いなとは思うんですが、やはり一番の問題は、維持管理(修理)の問題になるでしょうかね。
壊れなきゃいいけど、それでも定期的に交換するための部品などを調達しないといけませんから。

それと、6t 級ということは、0.25 位になるわけですが、タイヤなのでトーフが吊れるとか、というとそれほどの力はない気がします。
だとすると、土木に使う時に物足りなく感じるのかな、とも思うのです。
器用貧乏という言葉もありますしね。
機能が複雑なら、壊れる箇所も増えるわけです。

まあ、先立つものもないんだけど、こういう、変身しまくるマシンには、魅力を感じます。
こういうキワモノの人柱となれるくらい、商売が繁盛してくれたらと思いますが、まあ、ボチボチ頑張ります。

別荘を新築

予報では大雨ということだったんですが、あまり降らなかったです。

ボブキャットの冷却水ですが、防錆剤が薄い状態ないので、ちゃんとした濃度で入れ替えをすることにしました。
どこかに一斗缶であるはずなんですが、自宅と山にはないので、多分、お宮あたりに置いてあるんだろうとは思ったんですが、雨が降り始める前に終わらせたかったんで、黄色帽子で 4L 程濃縮タイプを買って山に行って、サクッと交換しておきました。
エア抜きとかはまた今度やろうと思いますが。

地面がドロドロになるし、ユンボも修理に出したので、山の仕事はできないし、思い立って今治のイオンに行くことにしました。
この前行った時にスポーツオーソリティによったんですが、コールマンの保冷箱を思い悩んで結局買わなかったんですが、こう暑くなると簡易の保冷バッグでは飲み物を保冷できないので、欲しくなったからです。
結局、今年もマキタからはバッテリー式の保冷箱は出ませんでしたし、エンゲルの冷蔵庫が欲しい気もするんですが、値段的に厳しいですし。
エンゲルのものは、もう少しトレーラの稼働率が上がったら、必要になるとは思います。

まあ、コールマンのものは、2,000 円しませんから、それはそれで買ったんですが、すぐ隣の HPF と GU でも買い物をしてしまいました。

新しい別荘です。
ダンボールハウスですが。。。早速入ってくれたんですが、すぐに飽きたようです。
爪とぎがあるので、たまには使ってくれるんではないかと思います。
6 号が使わないなら、1, 2, 3, 4 号にあげるだけの話なんですが。

そんなこんなで、6 月も終わり、1 年の折り返しとなりました。
明日からの後半、梅雨と夏を乗り切りたいと思います。