ブレイブ薪割り機とカグツチ 2 号

ネコは今日も元気です。

出かけるときは、窓に整列してお見送りです。
窓のところに、ちょっと幅のある板を付けておいたのですが、ネコが乗るのに丁度のサイズで、いつも外の様子を伺っています。

大分ログ壁が汚れてきたので、一度清掃したいとは思うんですが、なかなか気分が乗らないまま、時間だけが過ぎてしまっています。

昼からですが、予定通り、ブレイブの薪割り機の組み立てをやりました。

消耗品として気になっているのがホースと、バルブなので、一応、写真を取って記録しておこうと思いますが、油圧ホースは、短いものが 2 本、金具の長さまで含んで約 70cm、長いものが 1 本、これは 130cm 程で、両端 1/2″ NPFM です。

バルブは Brand Hydraulic 社製、Painted Directional Control とありますが、PAO755T4JRSNOR1, 781825 という記号が記載されていますね。

久しぶりにやったので、段取りを忘れてしまっていたのですが、組み立てのポイントとしては、シリンダにエルボを付ける前に、牽引用のタン(tongue)を組み立てると、エルボが取り付けられないので、エルボを先に取り付けないといけないこと、同様に、コントロールバルブを先に固定すると、ホース類が接続できない、ということですね。

今回は、インチ工具が揃っているので、組み立てはかなり楽でした。

組み立てたらトロンメルの油圧源に使おうと思っていたのですが、1/2″ NPTM x 1/2″ NPTM の Hex Nipple が足りなくて、テストができませんでした。

あと、お店でも売り切れているんですが、AE-10 用のフィルターヘッド、これもないので、現状フィルタなしです。
フィルタは、長く使うためには欠かせないので、早目に取り付けたいと思います。

それと、両端の滑り止めですが、純正のままだと、突起が少なくて、滑りやすいので、滑り止めを追加したいと思います。

随分と前に届いていたまま、テストをしていなかったカグツチ 2 号ですが、これもようやく点火です。

すっかり焚き付け方を忘れていて、大量に木っ端を詰め込んだため、うまくいかずに往生したんですが、カグツチ 2 号を薪乾燥の熱源に使うためには、幾つかのクリアすべき問題がありそうです。

そこそこ乾いているものと思って突っ込んだ木っ端ですが、かなり生でして。。。
前の燃焼部と、後ろのヒートライザーとをつなぐ、バーントンネル部から漏水です。
当然、煙突からも、大量に木酢液が垂れます。

そこそこ乾いていると思った、という部分が肝要でして、実際には、明らかに生だ、と思っているものも、というかそいうものをメインに燃やしたいわけです。

薪を乾燥させるために、売り物にならない砕けたものや、トロンメルで木っ端として弾かれた小さな断片、チェンソーにより大量に発生するオガ粉、こういうものの他、工事等で発生した支障木や、剪定屑、古い家屋の廃材などを燃料にしたいと思っているからです。

廃材であれば、よく乾いているのでしょうが、それでも、そういうものをわざわざ屋根の下に保管する気はありません。
まして、売り物にならない木くずを乾燥させてまで焚く気も当然ありません。

木酢液の問題については、本家のブログにも幾つか書かれています。

煙突はもう少し伸ばしたほうがいいような気もしないでもないですね。

それともう一つの問題点は、カグツチ はロケットストーブであって、焼却炉ではないことです。
つまり、ゆっくり燃えるのです。

木くずは大量に発生するので、じゃんじゃん燃やしたいのですが、熱を回収し温水を作る目的もあるので、ただ単にじゃんじゃん燃えればいい、というわけでもないのです。

まあ、もう少し焚いてみて、色々考えていきたいと思います。

Weidemann — Teleskoplader T4512 Einsatz in der Landwirtschaft

ハウスを買った わけですが、どういうふうに建てるのか、思案しています。

もともとは、夢は 100 万円で叶うかも! — 薪の屋根付き保管庫を作りたい件 に書いたとおりなのですが、この中の Cotter Bros Firewood さんの生産方法を取り入れたいと思っています。

この中で、一つ肝になるのは、やはり テレハンドラー だと思うわけです。その中でも、Weidemann のものが良くできているように思えます。

テレハンドラー があれば、1,000 坪ほどしかない狭い敷地でも、高く積むことで、ある程度まで生産量を増やすことができると思うわけです。

動画ではロールベールをクランプしていますが、このアタッチメントを使うことで、ウッドバッグを吊らずに移動できるのではとも思うのです。
木パレットは長期間地面においておくと腐っているので、時々、破損してひっくり返りますし、吊ろうにも、古いものは UV による劣化でストラップの破断のリスクが高く、それ以前に、乾燥用のトマトハウスカバーがあって吊れません。

1 年目の乾燥が終わったものは、動画のロールベールのように、ウッドバックの口元を絞って縛って、横にして 4m くらいまで積み上げて、バイオマス用の雨除けシート をかけて保管することで、より確実な乾燥をより少ないスペースとコストで行えるのではないか、とも思います。

まあ、高くて買えないし、買えたとしても、後々のメンテナンスのことがあるので、難しいところですが、夢ってのは、描かないと叶いませんしね。
具体的に想起することが実現への第一歩だと思うし、まあ、言うだけならタダなので、大いに妄想しておこうと思います。

台車置き場の整地

今日は、15 時を回ってからのスタートでした。

台車の補助脚が埋まる件ですが、とにかく台車をどかさないことにはどうにもならないので、一旦どかして、整地しました。
整地しただけで、雨が降るとどうなるかはわかりませんが、何回も踏んでいれば、そのうち締まるでしょう。
また埋まると嫌なので、バタ角を噛ましておきました。

薪割りですが、とりあえず 3 つだけやりました。
このペースではかなりまずいんですが、まあ、コツコツとやるしかありません。

最近、ちょっと悩んでいることがあって、原木を供給するペースが遅いってことなんですが、ログデッキを買おうかなと思うんです。

油圧ローラー x 2 があればいいんですけど、結構高くて、+25 万(合計 50 万)くらいします。
油圧ローラーなしのモデルだと、25 万くらいなんです。

ログリフトは付けてあるし、グラップルで乗せればいいので、絶対必要、というわけではないんですけど。

というわけで、ある程度薪が売れてくれたら、考えたらいいかなというところです。

明日は、いい加減薪割り機を組み立てて、トロンメルの油圧源に使えるか、試してみたいと思います。

薪ネットに一工夫

今日は午前中は、兼務神社の春祭りでした。
例によって、直会があり、13 時過ぎまで、境内の木々の枝が伸びてきたり、あるいは、腐って倒れそうになっているものなどの対処について話をしたりしていていました。

その後は、世間ではゴールデンウイークということで、我が村の郵便局は、経営合理化ということで、ゆうゆう窓口が閉鎖になっているので、はるばる大きな曲まで郵便物を出しに行ってきました。

切手があれば、集配局なので、裏口に回ってピンポンすれば、誰か対応してもらえるんですけどね。(厚みがあるのでポストには入らない)

そうこうして、15 時過ぎの薪活スタートです。

早速ですが、昨日気づいたコツ、上も下もピンと張って詰める ってことを実践してみました。

といっても道具箱から、結束線を 4 本取り出しただけですが。
まあ、見ての通りなんですが、四隅のやや下の方に結束線を通してゆるく結束する、ただそれだけです。
ゆるく結束するだけなので、力が加わると解けるので、薪ネットが傷みにくく、風などで変形している状態で詰まることがないので、昨日に比べて、ちょっとはきれいに詰まったかな、という感じはします。

プラダンのインナー(ライナー)はまだ試していません。

それと、久しぶりにログリフトを使いました。
2m ものをセットできるか、というのをためてみただけですが、概ね問題はありませんでした。
ログテーブルを作るまでは、複数人で作業をする際には、ログリフトで対処したいと思います。

とりあえず、今日は、薪ネットで 2 つ作って、イマイチやる気が出なかったので、17 時前にさっさと撤収しましたが、なんでか疲れるだけは疲れて、今しがたまで寝落ちしていました。

最終的には、薪製造機から油圧を取りたいのですが、バンジョーの問題があるので、明日は薪割り機の組み立てを完了して、薪割り機でのトロンメル稼働実験をしたいと思います。

萌死しそうな JCB HYDRADIG

最近思うんですが、JCB の農機具とか、建設機械とか、食指が動くものが特に多い気がするんですよ。

Fastrac しかり。
SSL も VOLVO と同じくシングルアームだし、当然、テレハンドラーもあるし。

で、最近、萌え萌えしているのが HYDRADIG であります。

ざっとネットでググると、1,000 万くらいで 250Hr くらいの中古がでてました。
高いといえば高いし、まあ、普通の .25 の新車でもそれくらいするようなので、そんなものなのかなといえば、そんなものなのでしょうが。

このビデオで薪狩りにリヤカーを引っ張りながら出動するシーンがあったりして、危うくキュン死するところでした。

まあ、別にタイヤでなくても、低床の台車を買えばいいだけだろうし、しょっちゅう使うものでもないので、リースすればいいという話もあるんですが、こいつとリヤカーがあれば、このあたりの山で薪狩りをする際に、ぱぱっと出動して、ぱぱっと回収して、ぱぱっと撤収できるわけです。

低床の台車があれば、今の台車では運べない背の高い荷物が運べるようにはなるわけですが。。。

どの道、夢のまた夢なので、萌え萌えするだけなんでしょうが、いつかは買えるように頑張ろうと思います。

トレーラの救出・薪割り・整地再開

トレーラの補助脚が埋まっていた件ですが、ユニックで吊り上げて、バタ角を噛ましておきました。

また埋まると嫌なので、振動ローラーを借りてきたんですが。。。
毒にも薬にもならない、というのは、振動ローラーのためにあるような言葉です。
締まってんだか、締まってないんだか。。。
しんどいだけの気がします。

で、実は、クサカルゴンを売りにだしたら、速攻で売れたので、午後から梱包をしましたが、なんだかんだで 2 時間近くかかりました。
クサカルゴンの売上金は、原木の仕入れに回したいと思います。

本当に虎の子のアタッチメントだったんですけどね。。。
ヤフオクで 10 年近く見ていますが、見落としがあるかもしれませんが、自分が知っている範囲では、一度も出品されたことはありません。
それくらいレアなアタッチメントです。

その後、M 組によった後、市役所に行って宅建士の講座の受講の申請をしました。
これで、受講料の 1/2 を補助していただける見込みです。

17 時前になったんですが、某薪屋さんが暗くなっても頑張っている ので、自分も爪の垢でも煎じて飲んだらどうかと思うんですが、まあ、流石にそれは遠慮するとしても、もうちょっと気合い入れたほうがいいじゃないかと思って山に行くと、早速 M 組さんが土を運んできてくれていましたので、ウッドバッグひとつ分薪割りをした後、整地を再開しました。
ウッドバッグですが、一旦なくなったんですが、倉庫から使ってないのが一袋でてきたんですよ。

明日も整地の続きを頑張りたいと思います。

ようやく荷卸

今日は昼過ぎから、ちょっとだけ作業をしました。

ずっと積んだまま放置してあった原木ですが、地盤が悪く、トレーラの前の脚がどんどん埋まっていっていて、しかも斜めに力がかかっているようでヤバイ感じだったので、ようやく荷卸です。

中途半端な位置に止めてあって、本当は前から下ろせば、後ろのオーバーハング部分の原木がおもりになって、フロントが軽くなるので、その状態で、ボブキャットで持ち上げて脚を救出したかったんですが、あまり雑技団的なことをやって、でんぐり返っても大事なので、素直にユニックで吊って持ち上げようと思います。

今回は、曲がりがひどいものは予めハネておくことにしました。
ある程度積まないともう場所がないのですが、曲がっていると安定が悪いので崩れたら危ないので、そういう形の悪いものから先に割ろうと思います。

ウッドバッグは、5/16 に神戸港に入港予定です。

入港予定といえば、大変好評で予約で完売になった FISKARS IsoCore ハンマー斧 ですが、こちらはもう少し早くて、5/15 デバン予定と連絡がありました。翌 16 日には倉庫に搬入され、検品作業(約 1 週間程度)の後、出荷されます。
5 月中にはお届けできるものと思います。

それはそうと、この間計ったら、重くなっていた件です。
まあ、見ての通り、また重くなりました。w
推定ですが、10% くらいの誤差があるんでしょう。
微妙な乾燥の具合を知るには、ちょっとアテになりませんね、これでは。
ないよりはマシ、といったところでしょうか。
販売の際に重量を測定するのも、10% くらいの誤差がある、ということを念頭に置く必要がありそうです。

バンジョー

トロンメルを駆動するため、WP36 から油を取ろうかと計画 していて、その際に分岐させる部位であるところの油圧モータ周りのドレン配管ですが、デンデンボルトみたいな形状になっているんですが、名前がわからずにいました。

ありがたいことにしゅーたさんから「バンジョー」と教えていただきました。

英語でも、banjo (fitting) みたいです。

構造は見ての通りなんですが、eBay で売られているものは、ボルトじゃない方、デンデンボルトみたいな方の反対側もねじになっています。
そこに -3AN と書いてあるんですが、ちょっと意味がわかりません。

それと、ドレンを増やすためには、バンジョーボルトは 2 階建て(?)のものにしないといけないと思うのです。

一度だけばらしたことがあって、その時に、よくわからなかったことなんですが、バンジョーボルトは写真のようにボルトの中心部分に穴があり、それに直行する形でも穴があり、とどのつまりが T 字型に穴が開いているわけですが、デンデンボルト的な部品は任意の角度でいいのか、それとも穴の位置に合わせて固定しないといけないのか、とても気になっています。
一度メーカに聞いたのですが、自分の英語力では、フィンランド人から答えを得ることはできなかったのです。
写真から判断するに、任意の角度でよく、そのために、銅のワッシャがあるように思います。

いずれにせよ、部品の名前がわかったので、ホース屋さんに聞けばわかることかなと思います。

それと、油の分岐ですが、単にチーズで分けたんでいいもんなんだかどうだか。
priority flow divider とかいう部品があるようで、これがまた結構お高いんですが、結局のところ、ベルコンの油圧モータにくる油の量は決まっているわけで、原理的には、負荷が軽い方に大量にドバーーーーッと流れておしまい、という気もするわけです。
ニードル弁はあるので、ベルコンの方を絞って、残りをトロンメルに送るのがいいのか、それとも逆なのか、その辺もやってみたらわかりそうな気もします。

ボブキャットでは油が多すぎてどうにもならなかったので、ViO で試してみたいと思います。

チェンソーの目立て — らくらくケンマ目立て職人で予想通り問題が発生、その解決案

何だよ目立て職人って、という方はこちらのビデオをご覧ください。

まあ、ようするに、電動ドリルでグリグリやると、楽に目立てができるものなんですが、他には、極(きわみ) というものもあって、こちらは目立て職人よりは随分と安い上に、デプスゲージの調整も同時にするという横着ぶりで、なかなか食指が反応気味ではあるんですが、デメリットとしては、AC ドリルと分離不可のため、充電ドリルドライバーが使えないとか、CBN なので、Duro が砥げないとか、まあ、91 用には気にはなっているんですけどね。

で、しばらく目立て職人を使ってみて、ハナからわかりきっていた問題ではあるんですが、コマのサイズが狂うという予想通りの事態が生じました。

この辺、キマルだと、研ぐ量を固定できるんで、こういう問題は発生しないんですが。。。

しばらく横着をしてキマルで修正せずに結構目立て職人を続けて使ったので、かなり修正が面倒になったのと、キマル・目立て職人・極、これら全てに共通する問題点として、バーにソーチェンを装着した状態でないと目立てできない、ということがあります。

ハーベスタの場合、ソーチェンをバーに付けたまま目立てすることはできないので、いままでは、いちいち 450 のバーを付け替えて、チェンを取り付けて目立てをしていたわけです。

かなりの量を切るので、目立てもかなりの頻度でしなければならず、かったるくて仕方ないので、この際ので、チェングラインダを買ったらどうかと思いました。

で、チェングラインダ、本当にピンきりなんですよね。

ニーズについて考えてみました。

メインで使っているチェンソーは 450, ソーチェンはハスクバーナ型番 H30(オレゴン型番 95) です。
また、ハーベスタのソーチェンはスチール型番 25RM(オレゴン型番 21) です。
どちらもヤスリのサイズは 4.8mm です。

通常は目立て職人を使うとして、そうすると、コマのサイズの補正とデプスゲージの研磨はグラインダでやりたい、ということになります。

あと、新しく増えた電池のハスクバーナは H38, 新ダイワは 91 です。
H38 と言うのはちょっとよくわからないソーチェンです。
メーカのサイトを見ても、file size がいくつか書いてません。。。
91 や 25 は 4mm なんですが。。。

これらは研げて欲しいです。

今のところ、Oregon 410-120 でいいような気がするんですが(H38 がいけるかどうかはおいておいて)、だいたい $200 程度です。

デプスゲージを手動にすれば、もっと安い 310-120 というモデルもあります。

上位の 520, 620 との違いも気になりますので、もう少し調べてみたいと思います。

ウッドバッグ最後の 1 枚もいっぱいになりました

去年 200 枚輸入したウッドバッグも遂に最後の 1 枚もいっぱいになりました。
今年は 300 枚輸入していますが、うち 50 枚 + 10 枚は注文品なので、自分の分は 240 枚です。

最近は、限界まで入れないように、見て分かる通り、1.2m の高さで制限しています。
こうすることで、袋が格段に痛みにくいように感じるのです。

また、1.2m までの高さのばあい、1.5m ギリギリまで入れた場合に比べて、約 80% で、1.2m3 くらいの容積になります。
ベルコンで落とし込んだ場合、隙間は 1/2 以上、きっちり積んだ場合は、1/3 くらいなので、(3-2)/6 = 1/6 隙間が多いことになります。
よって、1m3 のメッシュパレットに並べて入れたときと同じ容量になるだろう、ということです。
乾燥後は、約 400kg 程度ですので、軽トラにぎりぎり積める(積載量 350kg + 助手席の人の重さ 55kg + 身の回りの荷物の重さ 10kg)かな、というところですね。

facebook でも書いたのですが、乗用車(ワゴン車)などで薪活をする方もいらっしゃると思いますが、乗用車には最大積載量についてです。
当然ですが、車検証には最大積載量は記載されていません。
つまり、理屈的には、最大積載量は 0kg ということです。

じゃあ、ぶっちゃけ何キロ積んで大丈夫なの、ということになるわけですが、そのものズバリの回答が日産のページにあります。

Q 乗用車(ワゴン車含む)の最大積載量・室内に何㎏まで荷物を積めるか教えて。

A 乗用車の最大積載量の考え方

乗用車(ワゴン車を含む)は、最大積載量の概念がありませんので、一般的には乗車定員+手荷物程度を目安としています。

考え方:乗車定員×55kg+手荷物程度の重量(=乗車定員×10kg)

定員5名の乗用車に2名乗車した場合の目安

最大積載量:(5名×55kg)+(5名×10kg)= 325kg
325kg -(2名×55kg)= 215kg
積載量 = 215kg

積載量の注意

ワゴン車を含む乗用車は、サスペンションのスプリングが柔らかいため、
荷室に積載が片寄ると車体が下がり、マフラー等の足回りの部品が路面に干渉する恐れがあります。
荷物を載せる場合は、後ろに片寄らないように人が乗車しているときと同じように分散させてください。

上記の軽トラに 400kg ちょっと積める、というのは、上の計算の理屈を援用しています。
ですから、55kg + 10kg は助手席に積まないといけませんし、その状態でカンカンに載せられて切符を来られるかどうか、ということはわかりませんね。

ぶっちゃけ話、大人一人が 55kg という計算ですが、そうすると自分の場合、それよりも重たいので、その分、過積載になりそうですし。w

まあ、あらぬ方向に話が逸れましたが、兎にも角にもウッドバッグも全部なくなったし、プラパレも全部なくなったので、当面、薪割りは強制休業状態です。

ヤードの整地、ハウスの建設、それと、試運転して油の量が多すぎて未だ本格稼働していないトロンメルをどうにかしたらどうかと思っています。

で、WP36 ですが、ベルコンの速度が早すぎると感じるので、ここから油を取ればいいんじゃないのか、と思いつきました。
油圧モータもドレンがあるタイプなので、ドレン配管も来ているわけです。

ただ、ドレン配管ですが、写真で見て分かる通り、デンデンボルトみたいなドーナツ状の金物を穴の空いたボルトで留めてあるちょっと特殊な形状ですが、これ、なんという金物なんでしょうか。。。

近いうちに実験してみようと思います。