いわゆる Kindling Machine の話

少し前にトロンメルのことで話をした時に Kindling Machine の話になったので、忘れないうちにメモっておきたいと思います。

自分が知っている比較的安いなと思ったものは、fuelwoodSplitta シリーズ です。

価格ですが、記憶が確かなら 100 万くらいからスタートだったと思いますが、400 の方は、ポン様のレートに大きく依存するわけですが、まあ 200 万くらい、オプションによっては 300 万くらいまでするかもしれません。
運賃は別で。

嘘か本当か知りませんけど、1m3 を 4 分で割れると主張していますから、X-Frame Bagga の交換時間を 1 分として、サイクル 5 分なら、ルーズ 12m3 ということになります。ベストな条件だと。
きっちりスタックして 70%, 乾燥収縮で 90% とすると、7.563/h, 3t/h といったところ。

話半分として、1.5t/h なのですが、どの程度詰まるのか、詰まったらリカバリーが大変そうな気がしないでもないんで、このやり方が本当にいいのか、というとスギだのヒノキだのの真っ直ぐで太さも選べるものから本来の目的である焚付を作るんならよろしんんじゃないでしょうかと思うものの、ピザ薪とか作ろうと思うと、素性の良い部分だけを抜いてやらないといけないんじゃないのかなとか、そのあたりがとても気になるのです。

自分の中でも何がベストか、というよりも、ベターか、ということですら結論が出ていません。
結局の所、原木にとても依存するし、原木はどういう物が入ってくるかわかりませんから。
まあ、それが難しさでもあり、楽しさでもあるわけですが。

今日は神社の祭日だったので、特に薪のことはできなかったのですが、梅雨になる前に、溜まっている仕事を片付けないとなので、明日は多少なりとも原木の選別をして場所を作って、引取ができるように作業を進めたいと思います。
昼からは、ユニック車のナンバーを希望ナンバーに変えるので、運輸局にも行ってきたいと思います。

The New Loadmac 225 & 825 Truck Mounted Forklifts Full Details & Field Test

トラックマウント型フォークリフトの話です。
まあ、ほとんどの人は全く興味が無いんでしょうけど。

Ladmac 225 という新型が出るようで、825 との比較を含めて、詳細にレビューされています。

肝心の価格についても触れられていますが、225 で 24,000 ポンドから、オプションによって価格は変わるわけですが、サイドシフトとポジショナーはほしいところです。
それで、30,000 ポンドに収まるとすれば、今のレートで 420 万といったところです。

ただ、これを言ったら身もふたもないんですが、元が取れるかというと、今のやり方で薪を売っていたのでは、永遠に無理でしょう。

これだけの大型トラックと、それにマウントされたフォークリフトで荷役できるほど広いヤードがある配達先で、そもそもフォークリフトを持っていないというようなことはあまり考えられません。

Moffet もそうなんですが、だいたいこれらのアプリケーションというのは、建材を現場に運ぶ、というものですし。
だから、長尺の物があったりするんで、カニ走り機能があったり、不整地走破力が必要だったりするわけで。

また、現状、コンテナで輸送しているのですが、将来的には、船で運ばないとペイしないと思っているので、コンテナを送ったら、東京港なりからは、お客さんがドレー屋さんを雇って、自分のヤードで自分で箱から出すのが安上がりだと思うんですよ。
そうでもしないと、運賃がかかって仕方ない。

そう考えると、意味がないのかとも思うんですが、世の中には色々な薪屋さんがいるし、色々な考えがあるんで、リフトを使うために、ヤードをコンクリートで舗装したり、ネットで見ただけで実際のところは知りませんけど、大型ダンプで何十台分もアンダーを敷いてヤードを整備したり、そんなにコストを掛けて大丈夫なのか、と心配になるんですが、825 であれば、不整地走破力もありつつ、ボブキャットと違って 2.5t も荷役できるし、テレハンドラーほどではないにせよ、シザー式で荷台の反対側に回らなくても荷役できるので、かなり効率的なのかしらとも思うのです。

ダブルタイヤ、ヒンジ、ポジショナーが付いて 3t で 300 くらいしたとか、しないとか、そういう話があるんで、あと 100 万くらいでトラックマウント型になりますよ(ただしヒンジはないけど)、というところだと、まあ、アリといえばアリの気もしないでもない。

まあ、先立つものもないことですし、お金がジャブジャブ余ったら、買ってみたいと思います。

それはそうと、今日は 5 のつく日なんですが、この前買う買うナイトで追加で買った Deco M4 は 500 円引きだったんですが、なんと 2,000 円引きになっていたので、思わずまた買ってしまいました。
とはいえ、お宮は広いので、2 台だと足りないことはわかりきっていたので、どの道、必要にはなったわけですが。

お宮の WiFi が安定したら、WTW の追跡カメラ が安い上に、クラウド録画+MicroSD 録画なので、これを導入していこうと思っています。

拝殿ではネットが安定しないので、まずはそれが改善すればなと思うのですが、少し楽しみです。
ボチボチ頑張ります。

グラップルアタッチメントで丸太を掴んでみた件

セールで買って、少し前に届いていたんですが、試せていなかったグラップルアタッチメントを使ってみました。

フォークアタッチメントは、ボブタッチと少し干渉する箇所があったんですが、グラップルはすんなりと取り付きました。

ダンプ高さが足りてないので、トレーラに積むのは難しい感じです。
高低差があるので、荷台と高さを合わせて、そのまま乗って積み上げられるようにしたらいいんじゃないかなと思いましたが、まあ、先の長い話です。

去年の原木はかなり傷んでいるので、使いものにならなさそうな感じです。
原木の引き取りは来週にはスタートして早めに済ましてしまいたいと思いますが、その後に、隣の山から運び出すのに活用してみたいと思います。

前に欲しいと書いた のはスケルトンなんですが、これもそのうち必要かなとも思ったりもするですが、それ以前に、薪の販売を頑張りたいと思います。

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについて

Bobcat(ボブキャット) 463 用のパレットフォークアタッチメントについてお問い合わせを頂いたので、回答をしたいと思います。

結論からいうと、463 や S70 などのコンパクトなスキッドステアローダ(SSL)は、規格が異なるため、専用の小さなアタッチメントが必要になります。

たとえば、eBay で売られている

などは、適合すると明記してありますが、純正ではないので、多少の修正が必要になる可能性があることは言うまでもありません。

NEW 36″ PALLET FORKS & FRAME ATTACHMENT

FITS BOBCAT 463 / S70 / MT50 / MT52 / MT55 / MT85

You are looking at a New Heavy-Duty(HD) Mini Pallet Forks & Frame attachment for Bobcat compact skid steer / track loaders. This HD 3,000 lb capacity pallet forks attachment features two(2) American made 1.25″ thick x 3.25″ wide fully heat treated 36″ Cascade brand forks and a reinforced frame constructed from HD Grade 50 steel throughout. The frame features a powder coat finish, and six(6) locking fork pin positions to safely secure & adjust the forks. The mini universal quick-attach plate fits Bobcat models: 463, S70 skid loaders & MT50, MT52, MT55, MT85 mini track loaders. Weight is 285 lbs. Compare & Save. Made in the USA!

(NOTE: Pictures show Toro Dingo style mini mount)

SPECIFICATIONS:

Constructed in the U.S.A. with American Grade 50 steel
Heavy-Duty reinforced powder coated frame
Mini Bobcat univeral quick-attach mount
Two(2) Cascade brand 36″ long forks
6″- 34″ adjustable fork positioning
One year limited factory warranty
3,000 lb capacity
285 lbs
1 YEAR FACTORY WARRANTY!

JOHN DEERE, EURO / GLOBAL, OLDER STYLES & VARIOUS OTHER ATTACH MOUNTS AVAILABLE!

価格は、US $695.00 です。

仮に、アメリカで一般的なパレット, 48″ x 40″(121.92cm x 101.6cm) のものに乗ってきて、高さが 50cm に収まった場合、容積は 0.62m3 ほどになりますので、アメリカから日本までの運賃が 4 万, 神戸からの引取が 1 万, 都合 5 万だと仮定すると、3.1 万円くらいの運賃が乗るかなというところです。
その後、国内は、最適なサイズのパレットを作って輸送すれば 1 万円くらい。

米国内運賃込みかどうかはわかりませんが、込みだと仮定すると、$700 はだいたい 8.4 万円くらい見ておいて、運賃の 4.1 万と合わせて、12.5 万、うちの手数料が 10%, 税金が 8% で、14.85 万なので、15 万くらいでなんとかなりそうです。
あくまでも、米国内運賃込みだった場合の話。
多分、送料は別に掛かると思います。

いずれにせよ、今在庫しているうちの S130 などに適合するタイプは、463 には適合しません。
ですから、在庫はないので、取り寄せになります。

新商品 — フォークリフトアタッチメント関連

使ってみて便利だったので、仕入れてみました。

フォークリフトのつけ爪(サヤフォーク)です。
単にかぶせて引っ掛けるだけなので、着脱がすごく楽です。
1m くらいの短い爪だと 4t 車だと、真ん中にパレットを置きたいときに、下ろしたいときに届かないのです。
72″ なので、180cm 程に延長できます。
ただまあ、仕入れが結構高かったので、十分にメリットのある価格を提案できるかが微妙なところですが。

それと、フォークアタッチは高価なので、間に合わせ的なものを試験的に仕入れてみました。
オタマジャクシみたいな形の穴はチェンのフックで、必要に応じて、ガチャで締めて脱落を防止します。
1,500lbs くらいだと安いのですが、大差はないので 4,000lbs のものをチョイスしました。
ボブキャットではなく、普通のホイルローダーで使うケースを考えると、1,500lbs だとちょっと弱いかと思いました。

これも特に説明はいらないと思うんですが、フォークリフト用の吊り具です。
4,000lbs 吊れるという事になっています。

売れるかどうかわかりませんが、薪ストーブ関連の雑貨だけだと、年間を通じて売上がないので、毎月の米国からのコンテナ輸送を維持することができないため、かなり趣味的なものになるんですが、重機類の取り扱いも始めてみようと思います。
ボチボチ頑張ります。

雨が止んでいたのでコンテナから荷降ろし

雨が止んでいたので、バタバタしていて先延ばしになっていた荷降ろしをしました。

値上がり前の最後の Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC が入荷しています。

次回からは、$300 くらい北米での価格が上昇していて、24t と価格が逆転しています。
まあ、運賃がぜんぜん違うので、日本国内での価格だと、やはり 24t のほうが高くならざるを得ないんですが。
その運賃自体も大幅に値上がりしたので、今後 Brave(ブレイブ)社の薪割り機は適宜値上げしないといけなくなると思います。

そういうわけで、Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の割引は終了させていただきました。
現状でも、仕入れが $200 は上がっているので、流石にこれ以上、値引き販売を継続することはできません。
ただ、今の在庫現状の価格を堅持したいところです。

品切れしてしまっている Brave(ブレイブ) 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC は、5/8 に神戸に入港予定で、現在予約を承っております。
こちらは 2 台入荷します。

他には、サンプルで安価なチャップスを取り寄せました。
2 点で、11,041 円でしたので、約 5,500 円ほどの仕入れ価格です。
送料などがかかるので、販売価格は、直販で 7,999 円、Amazon だと、8,999 円といったところでしょうか。
まあ、売れるかどうかはわかりませんけど。

品切れしていた American Power Pull だとか、Lodge スポーツマンズグリル L410 だとか、なんとか夕方までに検品して梱包して、納品しました。

本当はバックオーダーになっている X7 とか、品切れしてしまっている 砥石 なんかも納品したいのですが、かさばる大型商品から片付けたいのです。
とはいえ、これ以上先延ばしにはできないので、明日には納品したいと思います。
ご予約いただいている皆様、今しばらくお待ち下さい。

ヘッジトリマーが壊れたので MUH500DZ を検討中

今まで使っていた BOSCH のバッテリー式のヘッジトリマーが壊れてしまいました。
うんともすんとも言わないのです。
スイッチの不良か、はたまた、電池が死亡したのか。

その間にも生け垣は伸び放題です。

バッテリー式だと、バッテリーをたくさん持っているのでマキタ一択になってしまいます。

そうなると、MUH500DZ かなと。
ざっと調べたところの評判は上々です。
ただ値段も上々。。。

とはいえ、今更、エンジンだの、コード付きには戻れません。

まあ、まだ 例のブツ は届いていないのです。
例のブツ は次の船で届くのです。

次の船ですが、B/L も届いて、5/8 神戸入港の予定です。
連休中、港はどうなるのか、気になるところで、5/12 は春祭(子供相撲)なので、その前には準備なんかがあるんですよね。
8 日に愛媛を出発して、9 日に朝一コロ薪等を配達、午後から神戸で通関・引き取り、10 日の朝に戻ってくるくらいのスケジュールで動きたいところではありますが。

あるいは、北軽井沢まで許可になったので、12 日が終わったらと思ったんですが、そうすると、北軽井沢まで行くとなると次の 16 日の祭日までに戻れないので、17 日の出発になってしまうので、帰りに引き取りに行くとなると保管料はかかるし、置いておいて値打ちが上がるわけでもなければ、販売の機会もロスするので、やはり引き取りだけは先に済ませたいところです。

まあ、次の船のことを考える前に、コンテナに入ったままのものもまだ下ろしてないし、倉庫に山積みの品物の検品も済ませろってことだし、ロスの倉庫の輸出許可の書類は連休前に仕上げられなかったんでこれは連休後に持ち越しですけど、少しづつでも雑貨屋さんの仕事もスムースに流れるように、工夫していきたいと思います。

そんなこんなで、予約商品をお待ちの皆様、それなりに処理は頑張っておりますので、今しばらくお待ち下さい。

マルブンでピザ

トロンメルですが、諸般の事情で可動していないのですが、K さんから使ってみたいという電話があり、火曜日に神戸に行く予定なので、六甲で受け渡そう、ということになりました。

第 2 ヤードですが、もともと駐車場で、間借りしているだけなので、半分駐車場に戻っているので、平日はコンテナシャーシだと狭くて大変なのと、明日は大祭なので、多分疲れていて回送どころではないだろうということで、夜のうちに回送したんですが。。。

家に帰ると財布がないわけです。

こんな事もあろうかと 持ち物には 探知機 をつけているのです!

そうしたところ、なんと第 2 ヤードにあるというではありませんか。。。

なんで、すごすごと取りに戻ったわけです。

すっかりお腹も空いて、近くの ピッツェリアマルブン 南高井店 でご飯にしました。

マルブン、やっぱり、ちょっと高いんですよね。
ですが、大丈夫。
ペイペイで 1,000 円当たりましたから。

ところで、ここはスキャンして支払うのではなく、スマホで QR コードを撮影して自分で金額を打ち込み支払う仕組みでした。
踊るうどん永木もそうだったんですけど。

その場合、お店は、お店の QR コードを印刷しておくだけで済むので、イニシャルを掛けずに済むと思うのですが、払われたことはどうやって確認するのか、ちょっと気になりました。

薪の対面販売も、QR コード決済なんかにも対応していければと思います。

薪割り機の組み立てと踊るうどん永木

今日は、徳島から薪割り機の組み立て・引取のお客さんが見えられました。

午前中に、Brave(ブレイブ)横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を説明しながら一緒に組み立てて動作確認しました。

お客さんにも説明したんですが、この薪割り機は激しく値上がりしていて、今は $1,750 程度しています。

日本まで輸送するのに 1m3 あたり 4 万円弱かかり、この薪割り機は 0.7 — 0.8m3 くらいの容積(幅があるのは、パレットに乗っていたり、荷姿にばらつきがあるためです)なので、3 万円以上はかかる計算です。

$1 = 115 円としたら、本体で 20 万、港までの運賃で 3 万、消費税入れたら、神戸にまで行って通関して引き取っての手間などを含まないで、25 万になるわけです。
実際には為替の手数料もかかりますし、今の価格の 27 万だと ほぼ原価か、原価割れ ですが、安いタイミングで仕入れていた在庫のため、多少の利益が残るのでギリギリのところで踏みとどまっています。

サイトを通すと、1 割とか、下手なところだと 2 割抜かれますが、今回のお客さんは現金で支払ってくださったため、フィルタキットや Drainzit 等をサービスとさせていただきました。

この値段で出せるのは、あと 2 台だけなので、Brave(ブレイブ)横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC を希望される方は、お早めにご検討ください。
まあ、工業製品ですから、そのうち値下がりすることもあるかもしれませんが。

今回の組み立てでも、アメリカンな仕事ぶりを発揮されていて、硬いところがあったりで、説明して喋っているのもありますが、3 時間ほどかかっています。
組み立て希望の方は、4 時間ほど見て、ご来店予約をお願いします。

お昼は、久しぶりに、踊るうどん永木 に行ってみました。
大将の調子が悪いようで、営業時間が短縮されています。

今回は、ぶっかけの玉とろ大です。

時代なのか、Paypay が使えたので、実質 2 割引になりました。
このお店は結構いいお値段なのですが、まあまあの値段になりました。

うどんはもちもちツルツルという感じで、個性的な味です。
コシもあるし、麺を味わいたい人には良いと思います。
ぶっかけだったんですが、出汁を持ってきてくれて、次回は、普通にかけを頼みたくなりました。

午後は明日のもちつきの準備で終わってしまいました。
毎日、時間がすぎるのが早いです。

明日は、もちつきと途中で地鎮祭もあります。
ボチボチがんばります。

山の片付けを頑張りましたが。。。

今日は山の片付けをしました。
Y くんから朝一で電話があって、仕事の予定がキャンセルになったので、手伝えるということで、手伝ってもらいました。

昨シーズンは暖かかったのと、生産が追いつかなくて、在庫がたくさんあるんですが、シートが破れたり飛んだりして、そのまま手付かずなので、ここいらで一旦整理をしていこうと思うわけです。

片付いたというには程遠い状態ですが、少しは整理できたかなというところです。

気になるのは、残った原木が結構あるんですが、流石にボケたか、まだ B 級品くらいにはなるのかな、という部分です。

結局の所、どんな原木を加工しても、そこから先の手間は変わらないわけで、そういう意味では、針葉樹の薪が割高になるのと同じで、あまり効率が良いことではないんですが、もったいないので、最悪はボイラーの燃料にはしていきたいなと思います。

乾燥機の試運転のためにメッシュパレットが必要になるので、メッシュパレットについては優先的に回収して、空けていきたいと思います。

それと、予定は未定なんですが、新しく開店する かわはら薪ストーブ本舗 さんの北軽井沢店に行こうと思っています。

予定が決まったら、報告したいと思いますが、ブレイブの薪割り機の展示をしていただこうと思っているので、関東方面の方は、ぜひ実物を見ていただければと思います。