iPhone 用の忘れ物探知機 TrackR が反応しなくなり電池を交換しました

iPhone 用の忘れ物探知機の TrackR ですが、Amazon の評判を見ると、イマイチみたいですね。

多分ですが、少し使い方にコツが有る商品であること、また、Cloud GPS がやや誇大広告気味であることが低評価の理由ではないかと思うのですが、自分にとっては、これほど便利なものはないので、低評価の人には、もっと高評価できる忘れも探知機をご紹介いただきたいな、と思ったりします。

で、表題のとおりなのですが、探知が不安定になり、反応しないことが多くなりました。

1 年電池が持つという触れ込みなのですが、最初の電池は消耗しているのかもしれません。

とりあえず、ヨドバシで、CR1616 電池を購入しましたが、ひとつ 100 円ほど。
一番安いソニーの電池を買ってみたんですが、MADE IN JAPAN でしたから、3 ヶ月くらいは持って欲しいですね。

写真は財布に入れていたものなんですが、お尻に入れて座ったりしたせいか、硬貨などに押されて少々ひん曲がっています。
アルミが薄いか、強度が足りないように思います。

電池の交換方法ですが、ちょっと尖ったものを突っ込んでこじると、スライドして出てきます。
電池の向きは写真のとおりです。

TrackR のアプリのバージョンがアップしていたので、一旦、ペアリングを解除して、再度ペアリングをしました。

新しいアプリでは、TrackR 自体に個体差があるのかもしれませんが、3 feet 離して、みたいな指示があり、電波の強度を測定し、距離の表示を補正しているようです。

探知機距離は 80 — 90 feet, 約 25m 程度と表示されましたが、まあ、嘘でしょうね。
せいぜい 10m 強くらいに思っておきます。

あと、電池が切れそうになったらわかるといいと思うんですが、電池残量の表示が使用不能になっています。
新しいバージョンの TrackR とか、bravo 以外の TrackR だと、表示できるのでしょうか?
まあ、探知しなくなったら電池切れと思っておきます。

それはそうと、TrackR atlas ですが、代金は引き落とされたのに、その後音信不通なんですが、いつ届くのでしょうか?

Separation alert を切っている時に限って、よく社務所に置き忘れたりするので、どこで忘れたか正確に探知したいので、結構期待しているんですが。。。

やはり便利な TrackR

忘れ物探知機の TrackR ですが、 密かにお店で売り出してみたのですが、瞬間で売り切れてしまいました。

いや、これ、本当に便利なんですよ。

Cloud GPS というのですが、これが日本でほぼ機能しない、ということについては全く否定しません。

ただまあ、だからといって、使えないということになるかというと、全くそんなことはないと思うんです。

2016-11-14-17-00-56昨日の事ですが、結果から書けば、薪割りヤードに財布を忘れて帰ったわけです。

ただ、忘れたのが薪割りヤードなのか、その帰りに寄った神社なのか、それともそれ以外の場所なのか、15 時のおやつの時間にジュースを買ったところまでは財布があったことは覚えているのですから、それ以降、ということになるわけです。

で、TrackR があるとどうなるのか、というと写真のとおりで、最後に探知した場所を記録しているのです。

つまり、ヤードにあるよと。

ヤードといっても結構広いので、じゃあ、そのどこにあるのか、雨が結構強く降っていたし、もう薄暗くなっていたので外に出て探すのは嫌だったんですが、軽トラックでウロウロすれば、「Getting Closer」(近づいています)と表示されるので、その付近にあるよと。

そこにはボブキャットが停まっていて、まあ、そういうことです。

もし、Cloud GPS が機能していたら、自分が記録した最終位置以降に、財布が持ち去られたとしても追跡できる可能性が上がということになるわけですが、単に置き忘れて、その後移動していないなら、ほぼ 100% に近い確率で簡単に見つけ出すことができることが確認できました。

ちなみに置き忘れを防止する sparation alert という機能がありますが、off にしてありました。
on にすると、まず置き忘れることはないと思います。

TrackR は、かなりおすすめできるアイテムだと思います。

Yahoo カーナビ

今まで Google Maps を使っていたんですが、最近、Yahoo カーナビを使うことが多くなりました。

というのも、Google Maps って、かなりの確率で細い道なんかを案内してくるんで、トラックだと走りづらいんですよね。

それに、場合によっては、Google Maps よりも 1 時間とか早いルートを案内してくれることがあって、Google Maps はそれなりに時間が正確なので、騙されたつもりで Yahoo の方のルートを走ると、なんと本当に 1 時間速い上に広い道を案内してくれるんで、結構使えます。

ただ、その逆のパターンも往々にしてあって、千葉のような道の悪いエリアだと、Yahoo カーナビは幹線にまで迂回しようとするので、相当遅くなることもしばしば。

というわけで、両方を比べてみて、良さげな方を選択するようにしています。

2016-11-05-23-47-57それと、Yahoo カーナビですが、運転力診断っていう面白い機能があって、まあ、見たとおりなんですが、運転を採点してくれます。

自分はどうも加速や減速が荒いようですが、トラックですから、加速も悪いしブレーキも訊かないと思うんですけど、まあ、そういうことなのかなと。

これからは、その辺を、より気をつけて運転したいと思います。

ニャンズの様子

留守中、ニャンズに留守番を任せているのですが、その自宅警備たちのお世話は、掃除のおじさんにお願いしてあります。

ニャンズが来てから、外泊するのは始めてで、心配でなりませんが、おじさんが写真を送ってくれました。

とりあえず、元気そうで何より。

網戸は洗わないといけないですね。。。

nest_outdoor_camTrackR ですが、nest と連携できるということのようで、どう連携するのはわからないのですが、価格的に今使っている Panasonic のスマ@ホームのカメラシステムと大差がないので、自宅用は nest にしてみようと思います。

早速注文したのですが、iPhone からリモートで見守ったり、声を掛けたりできるのは同じみたいなので、外出していても、ニャンズの様子が確認できたり、お話できたりしそうで、画質は nest は HD ということなので、楽しみです。

届いたらレポートしたいと思います。

そういえば、nest の CO センサー、詐欺にあって届いてないのを思い出しました。。。

忘れ物探知機が進化 — TrackR atlas

忘れ物探知機の TrackR bravo ですが、本当に便利になったのですが、弱点として、Bluetooth で iPhone と通信しているので、およその位置しかわかりませんでした。

家の中で、ということに限るようですが、より正確に位置を特定する新しい商品として、TrackR atlas がリリースされるようで、プレオーダーの案内メールが届きました。

コンセントに TrackR atlas を刺しておいて、より正確に位置を特定するようなのですが、くわしい原理などはわかりません。

時々お宮や母屋に忘れ物をするので、立ち回り先に TrackR atlas を設置して、より正確に位置を特定したいと思います。

そういう意味では、自動車用も欲しいかな。

忘れ物探知機 TrackR 届く

2016-10-01-17-20-37忘れ物探知機の TrackR ですが、ようやく届きました。
約 1 ヶ月ほどかかったことになります。

早速、専用のソフトをインストールして、財布と鍵に TrackR を取り付けてみました。

TrackR ですが、大きさ的には 500 円玉くらいです。

最初にペアリングをする必要がありますが、専用ソフトで追加を選ぶとボタンを押すように指示され、ボタンを押せばそれで完了で、拍子抜けするほど簡単です。

現状、デフォルトの設定のままですが、iPhone と離れると警告したり、という機能もあったりするようです。

それほど使い込んだわけではありませんが、すぐに気づく問題点を2つほど。

当然ですが、電波が弱く iPhone の位置情報自体が正確でない場合、Cloud GPS もまともに機能しません。
また、Apple の地図で表示されるため、Google Maps やヤフーカーナビに比べて、かなり残念な地図となっています。
それでも、およその場所がわかる可能性がアップするだけでも価値があるとは思いますが。

一番残念なのは、探知する際に音を発生させることが出来るのですが、恐ろしく音が小さいってことです。
隣りにあっても耳を澄まして神経を集中ないと全く気づかないレベルです。
もしかしたら、ボリュームが設定できるのかもしれませんが、デフォルトでは、かなり期待はずれでした。

なんだかんだで価格も安く、そして、導入も本当に簡単でしたので、★ 4 〜 ★ 4.5 くらいのレベルで、現時点では、満足がいくガジェットと思います。

電池の持ちや置き忘れの検出(その時の場所の記録)などは、まだ使い込んでいないので定かではありませんが、今後、使いこなしていきたいと思います。

忘れ物探知機 TrackR その後 — まるで蕎麦屋の出前みたいな件

忘れ物探知機の TrackR を買った と書いた件ですが、待てど暮らせど届かないどころか、送ったよ~、という連絡すらありませんでした。

注文したのが 8/20 で、オプションを頼んでいたのの選択をして注文が確定したのが 8/28、その後、何の音沙汰もないので、9/4 に催促をしてあったんですが、梨のつぶてで、一昨日、3 日以内に発送されないのなら paypal の補償を申請するよと再度メールをすると、送ったところですというメールが来たわけです。

日本ではそういうのを「蕎麦屋の出前」っていうんだよ、と教えてあげたいところですけど、英語でなんと言えばいいんでしょうね。

まあ、それはそれでおいておくとしても、DHL Global Mail で送られたようです。

まあ、それはそれでおいておくとしても、No Results ってのはどういうことなんでしょうかね。

先が思いやられます。

忘れ物探知機 TrackR を買ってみた

TrackR_Bravo_with_Phone_Web元々、アバウトな性格なもんで、物をどこに置いたのかわからなくなる、というようなことは日常茶飯事なのですが、まあ、iPhone については、電話して鳴らす、あるいは、Find iPhone で探知することもできるので、それなりに楽にはなりました。

しかし、財布であるとか、鍵であるとかは、時々行方不明になるわけです。

少し前に Bluetooth などを利用した忘れ物探知機のクラウドファウンディング案件などをよく見かけたのですが、結構物にならないようだったので見送っていたのですが、TrackR については、デリバリーを開始しており、レビューも幾つも見られたので購入してみることにしました。

あと、一番肝心なことなので、最初に書いておきます。

このガジェットですが、GPS により位置が追跡できる様子がキャプチャなどで示されているため、ミンス・ハラグチェじゃないんですが、リアルタイムにこのタグの位置を監視できる、なんて思いがちですが、そうではありません。

基本的には Bluetooth なので、せいぜい 10m 程度まででないと探知できないのですが、Crowd GPS といって、他の TrackR を使っている人同士で位置情報を共有して追跡する機能がある、ということです。

あくまでも Bluetooth は Bluetooth でしかないので、TrackR を使っている人が少なければ他の人が見つけてくれるという部分に関しては、ほぼ絶望的と思われます。

ただ、最後の位置はわかるので、探しもののヒントとしては、かなり大きな情報ではないかと思います。

価格については、かなり安いので、まとめ買いしてみました。

届いたら、詳細レポートしたいと思います。

iPhone がぶっ壊れたかと思った

昨日も夕方は薪割りをしようと土場に行ったんですが、大分、積んであった土が減っていました。

このペースで持っていかれると、水が溜まるところを嵩上げする土までなくなってしまいそうな勢いなんですが。。。

とりあえず、ブログネタというか、記録というか、写真を撮ろうとしたんですが、一枚撮ったら、画面がだんだん白くなって、iPhone の電源が切れてしまいました。

電源を押してもうんともすんともいわず、仕方ないので、au のお店に見て貰いに行くことにしました。

時間も時間でしたので、作業自体何もせず、買っておいた M8 ボルトが適合することの確認と、ソーチェンの装着だけして終了です。

それと、まあ、そういう事情だったので、これまた写真はないのですが、この間セールで買った 10 本 $100, 20 本買って $20 off のソーチェンですが、特に急ぐというわけでもないのですが、エアで運んだので、もう届いています。

Woodland PRO とかいうのは初めて買うんですが、チェンには carlton の刻印があるんですよね。

ということで、少なくとも聞いたことのあるメーカのものなので、安かったんですが、使いものにならないほどひどい、ということはなさそうに思いますが、肝心の切れ味やチェンの具合については、しばらく使ってみてからレポートしたいと思います。

でも、今月末までに割り終えることができるのか、ちょっと、いや、かなり怪しいです。

iPhone ですが、この前修理したばかりなのに、また修理か、と思っていたんですが、お店の人が「強制再起動で治るかもしれません」、ということでやってくれたら、とりあえず動くようになりました。

強制的に再起動する方法

iPhone、iPad、または iPod touch が反応しなくなった場合に限り、最後の手段として、強制再起動をお試しください。 デバイスを強制的に再起動する場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に、Apple ロゴが表示されるまで 10 秒以上押し続けます。(出典 https://support.apple.com/ja-jp/HT201559

というか、缶切りは缶詰の中というやつですね。
ネットに繋がれば対処も調べられたんですが。

LeafSnap — 葉を撮影すると木の名前がわかる iPhone アプリ!

葉を撮影すると木の名前がわかる iPhone アプリ が開発されているようです。

顔認識技術の専門家たちが設計した無料のiPhoneアプリ『LeafSnap』は、葉から樹木の種類を特定する。データをアップロードして科学界に貢献することも可能だ。(出典 WIRED.jp)

現在のところ US, UK 版があるのみで、それ以外の地域での樹木図鑑については、おそらく充実していないものと思われますが、データのアップロード機能もあるようなので、ユーザがデータの蓄積に貢献することもできるようです。

この木、なんだろう、という場合に、大いに助けになることは間違いがないアプリだと思います。