防犯カメラの具合

新しい防犯カメラを導入したので、新旧の比較をしてみたいと思います。

まずは旧カメラ。

まず初めに nest cam outdoor

このカメラですが、マウントが強力なマグネットで、簡単に角度等を調整できるのがメリットなんですが、価格が高く、本体には録画機能がないため、有料の録画サービスを購入しないといけない上、サービス費用がとても高価なのが難点です。
それと、設置場所などの登録に日本国内が選べず、iPhone のタイムゾーンも無視するので、時間が西海岸時間になっているというか、まあ、基本的には日本国内では販売されていないものなので、致し方ありません。

個人的にはシュッとしたデザインや、アプリの操作感は良いと思います。

今の所、お金を払っていないので、動画の録画はされず、モーションによるトリガーで静止画のみが撮像されます。
タイムラインにイベントが記録されるので、とても便利です。

IQ という後継モデルが出ていて、顔認識機能が追加になっているようなのですが、本体がかなり価格が高いのと、当然、サブスクリプションが必要になるであると思われるので、ランニングコストも高く、そこまでコストをかけられないかなと思い、導入はしないつもりです。

続いて、netgear の Alro Q です。

このカメラはマウント一体型で、マグネット取り付けです。
同じく本体は結構高く、本体に録画機能がないのも同じです。
また、屋外設置は不可です。

このモデルは、最低限のクラウド録画機能が無料で、より長時間の録画をオプションで購入するようになっています。

連続録画サービスは使ったことがないので、その時のインタフェイスがどうなっているのかはわかりません。

無料のモーション録画(動画)の場合、リスト表示となります。

続いて、塚本無線, WTW の BestCam です。

このカメラはとても安価でありながらパン, チルト機能があります。
また、モーション録画時に追尾機能があったりするのも面白いところです。

無料のクラウド録画機能があり、国内サーバということですが、逆に、有料のサービスはありません。
極めてシンプルですが、カメラの価格が安く、果たしていつまで無料サービスが継続されるのか、こちらが心配になるくらいです。
SD カードへの録画に対応しています。

クラウドへの録画時には、リスト表示なのですが、残念ながらプレビューが表示されません。
これはとても不便です。

また SD カードに対して、連続録画した場合に、イベントが起こったタイミングで何らかのマークが表示されるわけではないのも、かなり使い勝手は悪いです。
クラウドの録画でイベントを確認し、その前後を SD カードのデータで確認、というような使い方を想定しているのかもしれません。

とにかく価格が安いので、満足度の高いカメラであると思います。

そして新カメラ。

この間買った netvue の屋外用カメラ です。

今は、本来有料のクラウド録画(モーション録画)がお試し状態です。
それ以降は、SD カード録画のみになる予定ですが、今の所は画像のようなインタフェイスです。
SD カードには常時録画してあるんですが、イベントのマーク等が出ないので、クラウドの録画機能が使えなくなた時の使い勝手のほどが気になるところです。

画質については、さすがにもともと使っていたものと比べて随分向上したのですが、車のナンバーが読み取られる、というところまでではありません。

屋外用カメラはまだ決め手に欠けるので、他のモデルも試していこうと思っています。

積み込みを始めるとなぜか降られる件

天気予報では、降水確率が 50 — 60% だったので、作業ができるか微妙に思っていたんですが、神戸に出発する日を1日間違えていて、どうしても積み込みだけは今日やらなきゃと思い込んでいたのです。

それで、朝はやたら目が早く覚めて、とりあえず、降っていなかったので、ぼちぼち活動を開始したんですが。。。

なぜか最初に始めたのはジムニーの修理。
とりあえず、80A のヒューズに交換して、フォークリフトで救援すると一発で始動しました。
その後、洗車して、その間エンジンをかけておいたら、バッテリーも復活したようです。
おいておいても値打ちが出るものでもないし、邪魔なので、さっさと里子に出そうと思います。

で、なんでジムニーの修理をしたかというと、丸太小屋の駐車場に停めてあったからなんですが、ウッドデッキにロールボックスが 2 台あって、春先からずっと使わずに残ったままの木っ端があって、いい加減邪魔なのと、ロールボックス自体を商品の整理に使いたいので回収したかったのです。

そんなわけで、ジムニーを退かせて、この間剪定した枝と、コロ薪やなんかで焚き火をして、一気に片付けました。
貧乏性なのでもったいない気もしたんですが、山のようにたまっていて埒が明かないので、いわゆる断捨離です。
物理的にはスッキリしたんですが、精神的には悶々です。

そんなこんなで 10 時近くになり、ようやく積み込みを開始です。

コロ薪は、綺麗に並べられないので、単に通気バッグに詰めただけなんですが、そうすると膨らんで丸くなろうとするので φ1.2 — 1.3m くらいになります。
コンテナの内幅は、2,300mm くらいなので、真横に二つ並べることができないので、千鳥に配置していくわけです。
奥行きは、12m ほどあるので、理屈上は大体 9 + 8 = 17 袋詰めるはずなんですが、今回は形が悪いものが多くて、14 袋、一番後ろだけ 2 段積んで 15 袋なんとか積んで、2 袋積み残しです。

積み始めたら、なんでか雨が降り出して、ただまあ、コンテナの中は濡れないし、リフトも上に薪を養生する大型ビニール袋をかぶせて、多少は濡れつつも、ぼちぼち積み込みをしたわけですが、これがまた、積み終わると止んで、しばらくしたら日が差す始末。
タイミングが悪すぎです。

まあ、どうしてもやらないといけない(と思い込んでいた)ことが終わったんで、思い立って、お宮のことをすることにしたんですが、桜の枝がトラックか何かに引っ掛けられて折れていて、ぷらぷらしていて危ないので、道路に出ている部分を剪定しました。

カゴを出したので、ついでに提灯のお手入れ。
この間、ノブスター自身と提灯の底板(?)の厚みを忘れていて、買ってきたボルトが短すぎてノブスターが使えなかったので、長いボルトを買うだけ買ってあったので、交換作業をしました。
あと、オキシクリーンで漂白してみた提灯ですが、糊が劣化したようで、下の方が剥離してしまって、幽霊屋敷の提灯のような状態になって、あまりにブサイクなので、撤去しました。

そしたら、その様子を盗撮されてしまいました。

お昼は、一日なので丸亀製麺です。
うどんの量をごまかすセコイ谷町はスルーしてはるばる六軒屋まで行きました。
六軒屋はうどんの量を明示してあるので、安心です。
当然、桶の底が見えたりしません。

で、帰りにセブンでコーヒーを買ったんですが。。。ストローがなくなっていました。
ホットのように蓋から直接飲むんですが。。。飲みにくいし、蓋がうまくできていなかったようで、パンツに垂れるし、佐藤可士和がイキったのか R だの L だの、機械はボタンが多くてややこしくて間違えそうになるし、これからは店員さんが淹れてくるローソンにしようと思います。
ただまあ、ローソンも、若いおねえさんがいるレジにわざわざ並んで、コーヒーを頼んだのに、「店長♪」とか言って、おそらく家族経営だと思うんですが、お父さん(オッサン)が出てきて淹れ始めた日には、何のためにわざわざレジを選んだのか、みたいなことになるわけで。。。
かなりどうでもいい話でした。

昼からは、第 1 ヤードの片付けをしました。
もらってきた 瓦パレット に多分 800kg だろうな、と思う量を積んでみたんですが。。。
ロードセンターがずれることを考えいなくて持ち上がりませんでした。
何とも。。。
仕方がないので、ユニックで吊って積み込もうと思います。

そんなこんなで夕方、さて出発しようかと思った矢先、5 号から「3 日に和歌山って言ってなかった?」とツッコミが入ったわけです。
2 時までかかった急いで書類を作ったのに。。。

まあ、後ろに間違えたわけではないので、よしとしましょう。

そういうわけで、明日、出発です。

雨がやんだのでコロ薪を運んだんですが…

昼過ぎに少し日が差すくらいに天気が回復したので、今日はコロ薪を運びました。

とりあえず、積み込んで、リフトを戻したら、バケツをひっくり返したような勢いで降り出してしまいました。
薪用の大型ビニール袋をかぶって固縛する羽目に。。。

この時、運転席側の窓を閉め忘れていた為に、ライトとハザードのスイッチアッセンに水が入って動作が怪しくなってしまいました。
シートも濡れるし、ご飯を作るのもアレなんで、夜は真中に食べに行ったんですが、支払いをしようとしたら、お札まで濡れていました。。。
珍しくやる気を出したら、ろくな目に合わないので、今後は、やはりボチボチにしておこうと思います。

パレットですが、ヤフオクで 150 枚ちょっと、見つけることができました。

大阪の泉佐野市なんですが、トラーラー対応不可、ということで、K さんに助けていただけることになりました。
コロ薪を持って行って、代わりに、パレットと、新しい薪用通気バッグを積んで帰るつもりです。

その帰りに、神戸によって、荷物の引き取りも済ませたいと思います。

それと、薪乾燥機のアライバルも届きました。
8/31 は祭典があるので、9/1 の月次祭を奉仕して、その後、和歌山に向かいたいと思います。
9/2 にコロ薪を下ろして、パレット等の積み込み、翌 9/3 通関・引き取り、9/4,5 検品、納品、9/6 神社祭日なので、9/7 から FCL の方の作業にかかろうと思います。

屋外用の防水 WiFi カメラを購入しました

屋外用の防水, WiFi の NETVUE 防犯カメラ を購入しました。
Amazon’s Choice, ★ 4.4 で、$59.99 です。

神社の神門など、屋外の防犯カメラが老朽化しているので、更新をしようと思っているのです。
なので、防水の屋外用の安価なカメラを探しているわけです。

このカメラは、クラウド録画に対応していて、SD カードに録画することもできます。
ただし、ONVIF や ftp に対応しているかどうかはわからないので、カメラ本体の SD のみの録画だと、カメラごと盗まれたり破壊されたりすると、記録を失うリスクがあるかと思います。

Two Methods for Video Storage
NETVUE employs AWS ( Amazon Web Service) cloud for storing your videos, live footage and motion videos will be uploaded to the AWS Cloud and are accessible for 14 and 30 days respectively. Those videos could be repeated easily and downloaded onto your phone.

You can also use max 128G micro SD card to store and replay videos recorded by this outdoor security camera.

今回は購入しなかったんですが、もっと安いモデルもあって、こちらは ftp 対応との表記があります。

ある程度台数を揃える必要があるし、クラウド録画のサブスクリプションは有料の場合は利用したくないので、ftp が使えるのはメリットが大きいです。

もし、NETVUE がイマイチなら、AMICCOM のものも試してみたいと思います。

まあ、それ以前に ONVIF NVR を買ったまま放置プレイ状態なのをなんとかしたらどうかという話もあるような気がしないでもないです。

手水舎の改修の見積もり

手水舎の改修の見積もりができてきました。

まず、全体を修理する場合ですが、手水鉢だけで約 60 万強, これに水栓が 10 万強でした。
これは、大阪岸和田の石材屋さん(の下請けのデバンをする運送屋さんのヤード渡し)の価格です。
まあ、神戸に行ったついでに引き取ればいいので、運賃は無視できるレベル。

ただ、ここだけですでに 70 万を超えてしまいます。

据付の工事くらいなら自分でやるんですが、水道工事、それと電磁弁等で細かく水量を制御したいのと、手水鉢の水は常に循環・濾過したいので、それらのユニットを収納するステンレス製タンクや、制御盤類も設計して、制作しないといけないので、完全に予算不足です。

出典 フォト蔵

マーライオンならぬマー狼というかをイメージしているのですが、常に水を吐き続けさせたいのです。
水道でやったら、水道代がえらいことになるので、濾過して循環させたいわけですが、井戸もあるので、ポンプの電気代の方が安いなら、井戸水を使うのもありかなとも思います。

というわけで、水道工事の設備屋さんの費用次第かなと思いますので、相談してみようと思います。

KBTIT 一族

一部の人にしかわからないと思いますが、KBTIT一族。
まあ、この一族みたいな、網シャツがにわかに気になっております。

その理由は。。。

なんでも、この網シャツを着ると、汗をかいてもベタベタにならず、スッキリ爽快とかなんとか。

ファイントラックスキンメッシュ だと、V ネックだから、襦袢の下に着ても、襟が見えなくてよろしいリプがあったりして、これで外祭が多少でも楽になるのかしらと思ったり思わなかったり。
ファイントラック は、シャツだけでなくて、パンツまであるようです。

お盆が過ぎて幾分暑さも和らいでいるわけですが、来年も夏は来るわけで。
去年も、いろいろ考えて、ああでもないこうでもないといっているうちに売り切れで試せず、夏が終わってしまったわけです。

まあ、こう話題になったわけで、見てみたら、品切れなわけですが、忘れずにいられたら、次の夏までには買っておこうと思います。

昨日に続いて、薪を移動しました。
今日は、1 回目はパレットと 10 袋, 2 回目は 12 袋です。
だいぶ片付いた気はするんですが。。。

ぼちぼち頑張ります。

手水舎の改修の件

朝、「ガソリンを売ってくれなくなってしまった」と電話がかかってきました。
要するに「京アニ」の影響でしょう。

法律的には、NO-SPILL ガソリン缶はポリ製なので、10L まで OK のはずなんですが、どうやら金属製のみ、というお達しがあったようです。
金属製はろくなものがないので、最終的には NO-SPILL ガソリン缶に移すとしても、移すだけでも一仕事です。
多少楽な金属製ガソリン缶を探さないといけないかもしれません。

しかしまあ、なんとも間抜けな話です。
金属製の缶だからといっても、それに販売したガソリンが放火に使われないか、というとそんなことは全く関係がありません。
携行缶に販売しないとしても、襲撃犯がレンタカーを借りて、その燃料タンクから抜いたらどうなるのか、って話もあります。
車は抜きにくい、なんて話もありますけど、バイクならもっと簡単に抜けますし、深夜のセルフでこっそり携行缶に入れられたら、どうしようもありません。
悪意があれば、そんな規制など、全く意味がないことくらい、誰にでもわかると思うのです。

まあ、それでもあれだけの事件が発生してしまったわけです。
亡くなられた方々はさぞや無念でしょう。
同じような事件が起こり得ないように、社会を良くしていく義務が皆にあると思います。
規制のあり方には、不満は多々ありますが、この件に関しては致し方がないかなと思うところではあります。
それにしても困ったものです。

えらく脱線しましたが、本題、手水舎の改修の件です。

現状、結構傷んできてしまっています。
とても古いものなので仕方ないのですが、もう、ほとんど字も見えなくなってしまうくらいにすり減っています。
新しい御代「令和」, 天皇陛下のご即位を記念して、改修したらどうだろうか、と考えています。

手水鉢の寸法ですが、横1100, 奥行き760, 高さ(見えている部分,3段合計)750mmくらいです。
鉢の縁の寸法は100mmくらいです。

もし、修理をするなら、雲脚というか、中段の部分は、凍って爆ぜたのだと思いますが、かなり痛みが酷いので、この部分は少なくとも新調した方がいい気はしています。

石材については、長期の耐用を考えていかないといけないので、極力吸水率の低いものが望ましいと思いますが、現状使用されている材料は、色味からして倉橋島産ではないかと思います。

価格が安く、吸水率も低いので、G603 を使用したいのですが、既存部分が、少し赤みがかっているので、もし、一部新調ならば、G682 かなとも思うのですが、色味の幅が広いので、それが気になるところです。

議員石

分類:花崗岩
見掛け比重:2.60(t/m3)
吸水率:0.23%
圧縮強度:129.8(N/mm2)

G603

種別:- 
種類:花崗岩 
石種名:G603
色調:白
産地:中国
比重(g/cm3):2.63
吸水率(%):0.37
圧縮強度(N/mm2):130.05
曲げ強度(N/mm2):10.98

G682

種別:- 
種類:花崗岩 
石種名:G682
色調:黄
産地:中国
比重(g/cm3):2.56
吸水率(%):0.58
圧縮強度(N/mm2):163.37
曲げ強度(N/mm2):11.37

形状が複雑なので、コストが嵩むようならば、別に 3 ピースにしたいわけでもないですし、安くて吸水率の低い G603 で一式新調した方が良い気もします。

ただ、この鉢はノミの目が残っていることからも分かる通り、石工さんが手作業で作成したもので、重機も動力工具もない往時、どれだけの手間暇をかけて整えたものだろうか、またそれだけコストのかかっている = まごころの詰まったものもの、ということに思いを馳せると、極力、痛みの軽い部分に関しては再利用した、とも思うのです。

現状の仕組みでは、夏場は、鳥が水浴びをして汚したり、あっという間にボウフラが湧いたりで、衛生面に問題があるといわざるを得ません。
時代の流れもありますし、少なくとも水栓に関しては、センサー式にして、口をすすいだりする水に関しては、衛生的な状態を保てるように改修したいと思っています。

何はともあれ、費用が気になるので、少しづつ調べていきたいと思います。

続 提灯の件

ボロボロの提灯を採寸しました。

上下の黒い丸いパイプ上の部分は外径19センチくらい、高さ5センチ。
本体自体は34センチ、全体の高さは69センチ。
蛇腹部分は大体1センチ強のピッチのようです。

思うにφ20ミリくらいのボールエンドミルで削ればよく似た形状になるのではと思います。
あるいは、12mm のコンパネで、提灯を輪切りにした時の断面の形状に切り出して貼り合わせてもいいんじゃないかと思います。

まあ、いろいろやってみようと思います。

痛んでいる手水舎もリフレッシュ工事をするつもりです。
こっちの件も、おいおい進めていきたいと思っています。

それはそうと、のぼりの石が折れました。
数年前にも折れて、新調したんですが。

昼からは、港に行ったんですが、せっかくなので つけめん真中 に行ってきました。

今までつけ麺しか頼んだことがないので、普通のラーメンも頼んでみようかと思ったんですが、つけ麺の並は 200g, 普通のラーメンは 120g で無料の大盛りにアップグレードしても 200g ということで、これは足りないだろうな、ということで、またまたただのつけ麺にしました。

いつもは 500g にするんですが、帰りに岩盤浴に行こうと決めていたので、300g にしました。

ここ、かなりクセが強いのですが、好きな人は好きだと思います。
ただし、太麺で茹でるのに時間がかかるので結構待たされます。
時間がないときはちょっとやめたほうがいいかも。

あとは普通に打ち合わせをして終了。
松山へは釜山を経由するようですが、釜山 ETA は 21 日, 接続が 26 日とのことだったんですが、松山 ETA 確認したら 9 月にずれ込みそうです。

8/30, 31 は兼務神社の例祭、9/1 は月次祭があるので、まあ、それが済んでからの方が動きやすい気はします。

それまでに溜まっている薪を移動して、荷物を仮置きするスペースを作らないといけないですし、原木の引き取りもまだ手付かずなので、どうしたものかと思案中です。

ボチボチ頑張ろうと思います。

社務の悩み — 提灯が傷んでしまう件

今日は台風に備えてしまってあった提灯やのぼりなどを通常通りに戻しました。

懸垂幕はポールが折れてしまっていたので、修理したりしたんですが、提灯もカビというか汚れというかがひどいので、オキシクリーンしてみました。

ビニール提灯の方は綺麗になったんですが、残念ながら紙製のものはどうにもなりません。
湿布してみたりもしたんですが、かなり汚れてしまっていて、あまり長時間やると破れそうなので、早々に諦めました。

ついでというわけではないのですが、固定が甘かったので、M6 の鬼目ナットを埋めて、ボルトで固定するように変更しました。
本当は工具が要らないようにノブスターを買ってきたんですが、ノブスターや提灯の厚みが思ったよりもあって、ネジ山が足りない状態なので、今回は普通に固定しました。
というか、ボルトの本数自体、足りてませんでした。

しかし、紙の方の提灯は今年の正月に新調したものなので、わずか半年でここまで痛みました。全くお話になりません。
定期的に新調しているんですが、このままでは本当、完全に提灯屋さんの養分です。
ここまで耐久性がないのは、もはや欠陥商品としかいいようがありません。

もう、我慢の限界なのですが、提灯というもの、そのものがダメなんだと思います。
うちの場合、そもそも収納するために畳む必要などないので、カチカチでも構わないのです。

上記でも、値段の高さに辟易しているわけですが、5 つ、ではなく 7 つ、でした。
それと、前拝に一対ありますから、都合 9 つです。

前拝については、17 号では大きすぎた ようです。

なので、15 号のサイズで、丈夫な提灯のようなものを作ろうと思っています。

方法としては、過去ブロー成形を考えたんですが、とてもコストに見合わないので、真空成形でやってみようと思います。
真空成形なので、当然、丸のままでは成形できませんが、提灯自体、8 枚の張り合わせでできているので、貼ってあってもまあおかしくはないだろうなと思うのです。

それで、15 号の場合、高さで 700mm, φ400mm くらいなので、1/4 づつ分割して成形したらどうかなと思うのです。
それを 4 枚貼り合わせてやれば、提灯の形をした、丈夫なポリカの筒ができあがるのでは、と思うのです。
4 枚が難しければ、6, または 8 枚にすれば、盛り上がりが少なくなる分、成形しやすくなると思うんですよね。。。

動画で見ると、結構簡単そうです。

まあ、まずは、提灯の型を作らないといけないかなと思いますが。

凸型だとすると、φ400mm で 1/4 の場合、Z 高さは 58.6mm くらい、X 幅は 282.8mm となります。
Y 幅ですが、これは上下の筒状の黒い部分がそれぞれ 10cm づつだとすると、概ね 500mm くらいでしょうか。

動画を見ると、原板の 1/4 くらいで成形しているようなので、原板が 3×6 判だとすると、600mm x 900mm のように 3 枚に切り出すのがいいのかなと思います。

あと、これだけのサイズになるとコンロで炙ってどうにかなるとは思えないのですが、焦がさず熱を加える方法を考えないといけないかなと思います。

ぼちぼちやってみようと思います。

お盆なので清掃したつもり

ウチは仏教徒ではないので、そもそもお盆というのはあまり関係ないのですが、世間様の流れというものもあろうかと思うところで、今日は植木の手入れをしました。

ていうか、手入れが終わって、まあ、これでお盆もバッチリよ、的発言をしたら、「もうお盆ですけど」と返されたんですが、お盆って 15 日だと思ってたんですけどね、違うんでしょうか。。。
どうでもいいけど。

そうそう、昨日から今日まで、Y くんが手伝いに来ています。

とりあえず、お宮は松の木 3 本、剪定しました。

その後、白ちゃん(柴犬)のドッグランの生垣の剪定も済ませました。

昨日は草刈りもしたので、さっぱりはしました。

それにしても、ホント、暑かったです。

夕方、おニャー様と遊んでいたら、知らない間に寝てしまいました。

1,2,3,4 号ですけど、どう考えても、6 号よりも抜け毛が多い気がするんです。
6 号とか、撫でてもほとんど毛が抜けません。
1,2,3,4 号は、撫でたら毛が大量に抜けるんです。
だから、扇風機とか、すぐに毛が詰まってしまいます。

猫の洗濯機というか、首だけ出しておいて、体をブラッシングして、抜け毛が飛び散らず、綺麗にしてくれるマシーンってないんでしょうかね。

明日から、台風の影響があるようなんですが、提灯は畳んであるだけなので、完全に分解してしまった方が良いかなと思います。

基本的に外の仕事はできなさそうなので、幕房を染め直したいと思います。
かなりムラになってしまっているので、一旦オキシクリーンで漂白して、まともな染料を買ってきたので、セオリー通りやってみようとおもいます。
うまくいくかはわかりませんが。。。