雨でした

今日は予報通り午前中は雨でした。

早い時間は思ったよりも結構強く降っていたのですが、11 時頃にはほぼ止んで、いつもより少ないながらも、なんとか無事に行事を終えることができました。

ただ、せっかく用意していたくじは余ってしまいましたが。
それでも、それなりに忙しくて、写真を撮る余裕はありませんでした。

今年は、それほど困ったものの持ち込みはなかったのですが、都市部の神社ではなかなかと、大変なことになっているようです。
新聞やテレビなどのメディアでも、最近取り上げられる機会が増えたように思います。

苫小牧市宮前町の錦岡樽前山神社で毎年1月15日の小正月に行っている「どんど焼き」に近年、正月飾り以外の家庭の不要品が持ち込まれるケースが増え、神社関係者を困惑させている。今年も写真や雑誌の束といった家庭ごみのほか、人形なども収集所に運び込まれた。焼却できない物は業者に依頼して処分するしかなく、市民にモラルの向上が求められている。

うちの神社でも、同じような状態で、ゴミの処分に多大な労力と、経費がかかっています。
最近多くて、特に困るのは、プラスチック製品です。

  • 注連縄等(既成品)についているプラスチック製のみかん等の模造品
  • UFO キャッチャーのぬいぐるみなど(化繊=プラスチック製品)
  • 鏡餅を模したプラスチックの入れ物

過去には、くじ引きで焼き物の縁起物を配っていた関係で、それらも戻ってくるんですが、これは仕方ないにしても「燃えない」ので、神社ではお祓いした後、一つ一つ砕いて処分しなければなりません。
そのままの状態だと、かさばるのもあるのですが、埋立処分場で気持ちの問題として、そのままの状態では受け付けてもらえないのです。
この問題を先送りにしないために、縁起物を張子に切り替えていますから、将来的には問題は軽減される思っています。
張子ですから、紙でできているので燃やすことができますし、軽量で割れないため、準備などの負担もかなり軽減されるのです。

なんだかんだで、新年の行事もこれで一段落です。

片付け等は残っていますが、原木の入荷も始まっている割に、出荷がまだ全然終わっていないので、薪仕事も気合を入れて頑張っていかないといけないですし、薪割り機の納品も遅れに遅れているので、配達も頑張らないといけません。

明日は、薪を 12t ほど積み込んで、配達に出かけたいと思います。
帰りは、薪割り機を引き取って、空気を運ばないように頑張りたいと思います。

石段の修理工事と大祭の準備と

いよいよ明日は大祭で、朝から準備をしました。

お宮駐車場のコンテナシャーシですが、積込みのために昨日のうちに移動しておきたかったんですが、天候の問題もあるので、月曜日に積み込みをしようということになって、夜遅くに走ってまた田んぼに落ちても嫌なので、今朝移動しました。

飾樽を借りに行って、ディスプレイしました。

兼務神社では石段の修理工事が始まっています。
本当は、工事に行きたい(邪魔をしに行くだけ?)んですが、全く時間がありません。

明日は、雨の予報ですが、11 時くらいには上がるようなので、そこそこお参りがあればいいのですが。
お近くの方は、ぜひ、お参りください。

すっかり忘れていた土間コン打ち

今日は、土間コン打ちを頼んでいたのをすっかり忘れていました。

朝一、コンクリートを小運搬しないといけないので、ユンボを回送して、午前中は薪割り機の引取があったので、段取りだけして、あとは職人さんに任せて、午後からボチボチ頑張りました。

まあ、見てのとおり、大した面積ではないんですが、とにかく固まらないし、トロウェルで押さえようと思ったら、柔らかすぎて、すっかり暗くなっても終わらない、という状態になってしまいました。

まあ、とりあえず、なんとか終わったので良かったといえばよかったんですが。

これで、フォークリフトで雨水パイプを割ることはなくなりそうですし、ウッドデッキに薪を運び上げるのが楽になりそうです。

日曜日の大祭の授与所の組み立てがまだだったので、これも暗いんですが、なんとか完了しました。

コンテナ台車を移動しようと思ったんですが、これは時間がなくてできませんでした。
明日、渋滞する前に、移動してしまいたいと思います。

今日もどんど焼き

今日もどんど焼きでした。

まあ、まったくないわけではないのですが、燃えないもの、燃やせないものの持ち込みがずいぶんと減り、比較的スムースに行事が進みましたが、今年は例年の倍くらい集まったので、12:30 頃までかかってしまいました。

昼からは、15 日で月次祭で兼務神社の巡回ですが、1 社舗装工事中のためたどり着けなかったので、明日にしたいと思います。

それはそうと、お昼頃にブレイブ(Brave)社の薪割り機の取扱状況について問い合わせがありました。
現在、以下のモデルを取り扱ってます。

米国での価格が変更になるようで、近いうちに価格は変更するかもしれません。

なお、37t に関しては、今回は初入荷のため、組み立て等の工数などは不明です。
パーツの構成は、24t と 37t は同じ(30t も同じ)なので、組み立ての工数も「重たい」ということを除いては同じだと思われます。
37t は完成納品となります。(希望される方には、他の薪割り機と同じ、AS IS の輸入現状渡しも可能で、ノーサポートの代わりに 54,000 円値引きいたします。逆にいえば、その他の薪割り機も、54,000 円支払うと、組み立て完成保証となります。)

1 月末から 2 月頭にかけて、納品の旅に出る予定です。
一緒に組み立てて欲しいという方は、お問い合わせ ください。

どんど焼き

今日はどんど焼きでした。

歳徳神(としとくじん, とんどさん)
出典 Wikipedia

どんど 焼きってなんだ、って話は 去年にそれなりに書いた のですが、どんど(とんど・どんと)は歳徳神 ということのでした。

平安末期の歌人で有名な西行は伊勢の神宮にお参りして、

なにごとの おはしますかは知らねども
かたじけなさに 涙こぼるる

と詠んだと伝えられますが、ただありがたく、かたじけなく「思わず手を合わせてしまう」それが神道というものであり、昔の人々は、燃え上がる火の中に「神」を見たのでしょう。

我々日本人にとっての「神」という存在は、自然界の一つ一つの働きに人の及ばない何か大きな力を感じ、「ありがたい」と同時に、「畏れ多い」と崇めてきました。

火というものは、時には災いをもたらしますが、同時に、古くから我々の生活の中にあって、今日ではあらゆる産業の基盤ともなっているわけです。

江戸時代後期の国学者、本居宣長は、古事記伝の中で、

凡てか迦微とは古御典等に見えたる天地の諸の神たちを始めて、其を祀れる社に坐す御霊をも申し、又人はさらにも云はず、鳥獣木草のたぐひ海山など、其与何にまれ、尋常ならずすぐれたる徳のありて、可畏き物を迦微とは云なり
すぐれたるとは、尊きこと、善きこと、功しきことなどの、優れたるのみを云に非ず、悪きもの、奇しきものなども、よにすぐれて可畏きをば神と云なり。

と記しました。

そういうことなのかなと思いました。

明日もまた、どんど焼きです。

ボチボチ頑張りたいと思います。

木工所の木っ端

1 号です。
ストーブが点いていないので焚いて欲しいようです。
この子は、自分にとても懐いているんですが、人見知りが激しいんですよね。
他の子は、誰にでもフレンドリーなんですが。

昨日積んで帰った木工所の木っ端を神社に運びました。
御札のお焚き上げのときに、火力アップのために用意しておきます。
よく燃えるので、薪のお客さんにも、サービスで持っていこうと思います。

このあと、ユンボを原木の片付けのために第 2 ヤードに移動しました。
途中、鉄工所に寄ったり、今晩のきっぷを買いにいったりで、なんだかんだですっかり昼を回ってからの到着です。
とりあえず、原木は全部片付けたんですが、今回入荷したものは、クヌギ・コナラはあまりないのと、あまりに細いものが多くて、ちょっとどうしたものか、というところです。

スタートが遅れたので、せっせと片付けたため写真はありません。。。

まあ、原木を云々する前に、とにかく出荷を頑張らないとです。

明日は、車検から引き取ってきたいと思います。
残念ながら、お日待ちや工事の起工式と重なって、通関や引取はできないので、空気を運びたいと思います。

ステンレス製お焚き上げ用桶

正月もまだ2日なんですが、すでにかなりヘロヘロです。

今日は昼間は暖かかったですが、もともと山間部のお宮なので、都会の神社のようなことはありません。
のんびりとした時間が流れています。

お焚き上げ用に、薪をくべているのですが、だいぶ灰が溜まってきたので、そろそろアルミホイルと芋が欲しいところです。

参拝の方が切れた合間に、まだ少しクヌギの木にはが残っていて、落ち葉がたまるので、掃除をして落葉焚をしました。

神社に詰めるのは、明日の 3 日までです。

4 日は、お日待ちなんですが、1 件都合がつかないので 5 日にしてほしいというので、5 日も出張祭典で、6 日が祭日、7 日くらいから雑貨と薪の仕事が少しできそうです。

10 日には、お日待ちがあり、11 には変電所の工事のお祓いがあり、14 日と 15 日はどんど焼きがあり、16 日が祭日、17 日が家祓い、20 日が大祭という段取りなので、7 — 9 日で薪割り機の配達とヘッドを車検から引き取って、台車も回収して帰りたいところです。

4 日に車検の仕上がりを確認して、予定を決めていきたいと思います。

原木の搬入も 7 日くらいからという話になっているんですが、まあ、40t 程度と聞いているのでどうにかなるとは思いますが、4, 5 日に合間を見つけて多少整理できたら、ヤードを整理しておきたいと思います。

それはそうと初夢。

31 日は、六本木ヒルズなのか、住んだこともないのでわかりませんが、やたら高級そうな住宅に商業施設なんかの複合施設に住んでいる夢を見ました。薪割りとかできなさそうな雰囲気のところなんですが、そういうところに住みたいという願望があるってことなんでしょうかね?
まあ、かなりバブリーな夢でした。

それで、初夢ってのがいつの夢よくわかりませんが、元旦に少し仮眠をとったときに見た夢ってのが、よくわからなくて、廃墟みたいなところ(自分の土地・建物と思われる)で、それが観光地になって無断で立ち入る一を追い出す夢を見て、その後、なぜか、すごく緑色の蛇と戦って、噛まれそうになりながらなんとか撃退したりと、縁起以前に、全く訳がわからない夢でした。

今年は一旦どんな年になるのでしょうか。

一年の計は元旦にあり、というのですが、あまりにバタバタしていて、ゆっくりする時間もなかったため、具体的な目標を考えることもできませんでしたが、今年は、神社について、まずは災害の復旧と防災対策を進めていきたいと思います。
雑貨屋さんについては、薪ストーブと薪だと、どうしても冬に偏るため、薪割り機や、ダッチオーブンなど、新しく始めた商品をより充実させていき、今後は、シナジーの期待できるアウトドア用品などについても、取扱を広げていきたいと思っています。
ただ、セレクトショップという性質上、売れれば何でも売る、ということにはならないので、商品に対する知識や経験が必要なため、ゆっくりとしか増やしていけないとは思いますが。
薪屋さんについても、今年こそは、乾燥機を可動させて、衛生的な薪を生産して、ピザ屋さんや石窯パン屋さんのような、年間を通して薪の需要があるところにアプローチしていきたいなと思います。

少しづつ、頑張っていきたいと思います。

手榴弾消火器 昭和三拾年度製

あけましておめでとうございます。

今日は、歳旦祭で、その後の直会で社務所を使ったんですが、手榴弾消火器なるものが設置されており、前々から気になっていたので、中を開けてみました。お休み中のヤモリさんを起こしてしまいましたが。。。

中には、球体っぽいガラス瓶らしきものが緩衝材にくるまれて 3 つほど入っており、それを投げつけて消化する旨、書かれています。

笠井商会というところの昭和 30 年度の製造のようで、今は平成 30 年度ですが、昭和でいうと 昭和 93 年度のようです。
ということは、63 年前の製造、ということになります。
10 年ということでは、半世紀ほど前に有効期限が切れたまま、ということになるかと思いますが、使ったらどうなるのか、ちゃんと消えるのか、木になってしかたないところです。

これは飾りで置いておいていいものなのか、爆発することはもうないと思いますが、中身は処分したほうがいいのか、いずれにせよ、消火器としては性能は期待できそうにありませんから、新しいものを設置したほうが良さそうです。

検索した範囲では、中身をどうするべきなのかは見当たらず。。。

昭和の風情があるし、ずっと火事にならずに済んでいるので、火災除けのお守り的なインテリア小物入れくらいには余生は過ごせそうな木箱ではあります。

年末から少し体調を崩しかけているのですが、寝込まないように、頑張りたいと思います。

お正月の準備完了

連日、お正月の準備ですが、今日は主に本務神社の準備でした。
注連縄を新しくしたり、境内の松の剪定をしたり、なんだかんだで夕方までかかって、ようやく準備完了です。
ポスターも張り替えて、いよいよお正月の雰囲気です。

自画自賛ですが、この掲示板は作ってよかったです。
ステンレスなんですが、磁石がくっつくステンレスなので、掲示物を磁石で固定できるし、錆びることもないので、掲示がとても楽になりました。
兼務神社でも、掲示板が傷んだら、同じように作りたいと思います。

新調したステンレスのお焚き上げ用の桶も、早速使ってみたんですが、設計ミスがありました。
消火のため、蓋を作ったんですが、寸法がぴったりすぎて、焚いていると熱で膨張するので、蓋がきついんですよ。
次回作り直すのはかなり先になりそうな気がしますが、蓋については、熱膨張を考慮して、少し大きめに作る必要がありそうです。

なんとか、お正月の準備が整いました。
それでは皆さん、良い年をお迎えください。

お焚き上げの準備

今日は急に寒くなって、いつも同じ、半袖, 素足だと寒くて、風邪っぽくなってしまいました。

いよいよ今年も残り僅かですが、お正月の準備で、お焚き上げ用の鉄桶と薪を用意しました。

鉄桶ですが、見てのとおり、境内がインターロッキングブロックで舗装してあるので、そのままではお札が燃やせないのです。
そのため、鉄桶で燃やすのですが、先代の鉄桶を修理して使っていたのですが、痛みが激しく、今年、ステンレスで新調しました。
錆びにくいと思うので、長持ちしてくれるといいんですが、Tipi のようにコールテン鋼で錆びる前提、という考え方もまたありかなと思いますね。特に形自体、煙突を兼ねているし秀逸なエンジニアリングだと思います。

コストということでいえば、ドラム缶ストーブキット でもいいんですが、ちょっといくらなんでも見た目が悪すぎるのが問題です。

実は 2 段キットを輸入してあるので、作業用に一つ作ってみようと思っていますが、問題はきれいなドラム缶が 2 本もないことです。
完成すると写真のようになるようなんですが。
商品コメントにもある通り、足の部分がドラム缶のサイズによっては、きっちり乗らないようなのが気になるところです。
まあ、機能的・強度的には問題なさそうですし、手間をかけては意味がないものですが、2 段にすることで、どの程度、熱が回収できるのかも興味があります。