大山祇神社 参拝

今日は氏子さんと伊予国一宮, 大山祇神社に参拝しました。

まあ、写真のとおりで、正式参拝の後、宝物館を見学しました。

昼食、昼食後、大三島ブリュワリー に立ち寄り、その後、伯方の塩(なんだけど、工場は大三島)の見学です。

帰りには、大島のバラ園, 亀老山展望台という鉄板すぎるお約束のルートでした。

愛媛にこられることがあれば、大山祇神社には、ぜひご参拝ください。

薪割り機の組み立て

今日は 15 日なので、月次祭です。
それと、家の解体に先立っての出張清祓を頼まれていて、午前中一般は、神主らしい日でした。

午後からは、昨日の続きと、薪割り機の組み立てです。

まあ、見ての通りですが、結局ほとんど組み立ててしまいました。
バラバラだと送るに送れないし、致し方ありません。
発送するので、オイル類は殆ど入っていませんが、抜ける範囲で、全部抜いてあります。
コトンロールバルブのレーバーは、折れるといけないので、上を外して送ったほうがいいでしょうね。

早速送りたかったんですが、ちょうどのパレットがないため、発送できませんでした。
組み立てて割増料金というわけではないので、パレットを作成したり、運賃も容積が倍くらいには増えるので、大幅なコストアップです。
組み立てての発送は、やはり無理がありすぎました。
多分、赤字だと思います。

お客さんに末永く薪割り機を愛用してもらいたい、そのためには、やはり組み立てを自分でやって仕組みを理解してもらう、このことはとても大切だと思うわけです。
その一方で、兼好法師の「先達はあらまほしき事なり」という話もありますし、一人でやると辛気臭いというのもあるわけです。
今後は、組み立て会のような機会をどんどん作って行きたいと思います。

ハウスの方ですが、まあ、見ての通り、ボチボチです。

明日は、お宮の祭日で、夕方は設備屋さんに洗濯機の給排水工事をお願いしないといけないのですが、発送作業はなんとかできないかなと思います。
無理かな。。。

相撲大会は雨で中止でした

今日は兼務神社の春まつりで、小学生の相撲大会の予定でしたが、予報通り朝から雨で中止になってしまいました。
少し前に土俵が女人禁制云々、一悶着あったのは記憶に新しいですが、子供相撲大会は数年前から女子児童も参加しています。
女の子の浦安の舞の奉納は屋内なので予定通りでした。

相撲大会で思ったことは、父兄が応援にやってくるのですが、もう 80 を過ぎて、90 に近いくらいのおじいさんが、孫かひ孫でしょうね、小学生児童に、子供の頃の相撲大会の思い出を語っているのを見て、長く時間がたっても子供の頃の楽しい思い出の1ページであり続けた行事であったということで、神社や地域・相撲大会の参加者と長く繋いでくれるきっかけになるもの、ということです。

予算も付けてあることだし、延期にすればいいのにと思いましたが、いろいろな事情があるのでしょう。
残念ですが、仕方ありません。

それはそうと、薪割り機の件です。

今回は、仕事等の都合でおまかせ便は無理で、かつ、距離もあるので引き取りも無理、ということで、半完成状態で発送して欲しい、ということになりました。何度も問い合わせを頂いており、無下に断ることもできませんので、対応することにしたんですが、どこまで組み立ててしまうのか、ということが難しい部分です。

今回の機種は、ブレイブの往復タイプ, Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC なんですが、このモデルは結構組み立てに時間がかかり、大体 2 時間くらいでしょうか、もともと結構コンパクトに箱詰めされているのですが、組み立てると能力の割に小さいのですが、それでも大きくのなるので、梱包をどうするのかという問題もあります。

組み立てですが、油圧ホースの組付けについては、長く使っていれば遅かれ早かれ交換しなければならない日がいつか来る部品ですが、ホースを傷つけてしまうような事故がないなら、それは早くても 10 年くらいは先になると思うし、実際うちの 2003 年式のミニユンボに関しては、交換していないホースのほうが多い訳ですから、下手すりゃ 20 年先かもしれません。

PCLS2013GC は、油圧ホース は全て、写真のような両端が 1/2″ NPT のオスでして、当然ですが、これを組み付けるには順番というものがありまして、まずはホースを回して、直接 1/2″ NPT メスに接続するのですが、反対側は最初の接続でホース自体を回すことができなくなるため、Swivel Union という接続金物を介して、接続せねばなりません。

これを幸いというかどうかは別の次元の問題かなとは思うのですが、とにかく全部 1/2″ NPT なので、一本だけ繋げば、あとは同じ要領で済むわけです。

Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC の場合、テーパーネジである NPT 以外に、平行ネジも存在するし、コントロールバルブがポートマウントですから、バルブのマウントの向きを調整する必要があるんですが、そこが平行ネジだったりして、しかもその説明はマニュアルには一言も書かれていないという親切ぶりで、そういう部分をスルーして、こちらで勝手に組み立ててしまうと、バラしたらもとに戻せない人が出てきてしまうと思うわけで、組み立てをしないという不親切さも、回り回ってかえって親切なのではと思うわけです。

まあ、PCLS2013GC の説明書も、嘘というと語弊があるかもしれませんが、図というかイラストが間違えていて、それを信じて組み立てると組み立たなくて、でも組みたたないので、すぐ間違いには気づけるので害はあまりないわけですが、そういう部分も含めての直輸入のブレイブ薪割り機なのかなと思うわけです。

そういう部分で言えば、箱や木枠を壊してピカピカの新品を取り出したはずが、米国からの輸送の間に部材同士が擦れて塗装が剥げていたりするわけで、神経質な人だと「不良品!」とクレームするかもしれませんけど、薪を割ったら塗装なんてすぐに剥げるわけですから、そういうことを合理的に受け入れてもらいたい、なので素の状態を知っておいて欲しい、ということもあったりするのです。

今回の半完成状態での出荷は、少しでも安価な価格を保って、重松が不要と思うサービスを削り各個で対応してもらう、という販売形態の中で、いろいろな人がいて、色々なニーズが有るわけで、どこまで対応していくか、というよりも対応していけるか、ということの一つの試金石であろうとは思います。

とはいえ、半完成品で送れるのは、PCLS2013GC が限界かなとは思いますが。

やはり、おまかせ便で配達させてもらい、一緒に組み立てる、このことはうちの原理原則として、キープしていきたいと思います。

それはそうと、その 2。
Hose Barb の 90° エルボですが、金属製を発送しました。
というわけで A さん、適当な時期に交換して、漏れが止まるか、確認をお願いいたします。

それはそうと、その 3。
ブレイブのステッカーがほしいとおっしゃっていた T さん、来月のブレイブの入荷時に一緒に届きます。
もうしばらお待ち下さい。
みんなに配ったら、という話でしたが、かなり高いステッカーなので。。。
結構高いねというと、日本で作ったら? と言われました。
著作権の問題とかありそうだから、トレースしたベクタ画像を希望の方に差し上げて、その方が個人的にカッティングシートでもで作る、という流れが良いかなと思いますが、欲しい方がいらっしゃったら都度輸入はいたします。

生コン屋さんが休みだった件と検品作業

今日は地鎮祭だったりして、もともと作業は捗らないと思っていたんですが、それ以前に、生コン屋さんが休みでした。
なんとも。

とりあえず、1 段目は 6 個据えて、2 段目なんですが、水抜きパイプを細工しないといけないので、遅々として進みません。

記録を見てみると、4/23 に 0.25 を借りている のですが、もう 12 日で、あと 10 日で一月で、来週は前半は職人さんが別の現場で来てくれないし、後半は雨という具合ですから、2 ヶ月目に突入しそうです。

確か一日 12,000 円くらいだったと思うので、月極で、16.8 万, 保険料や税金で月 20 万くらいかかるのですが仕方ありません。
ほんと、さっさと買いたいです。

とりあえず、5 段積まないといけないのですが、まあ、頑張るしかないですね。

それと、神戸で引き取ってきたものの検品をしました。
で、本日のなんじゃこりゃー。

すごく糞でかい箱があって、開けてビックリ、ローププラーが 3 つはいっているだけでした。
4 つ注文してあり、1 つか見当たらなくて、その 1 つは裸に直接ラベルがはってあったんですが。
4 つをバンドルして送るというような芸はないのでしょうか。

船便は容積で運賃が決まるのですが、商品の容積の 10 倍以上になっています。
多分 160 サイズギリギリか、超過しているくらいなので、仮に 0.2m3 あったら、これだけで運賃が 8,000 円くらいかかっているんですよ。
当然、それに税金もかかります。
下手すりゃ航空便のほうが安いですよ、これじゃ。

まあ、この辺、たくさん売れるんなら、きちんとした仕入れルートを確立しますが、特に売れるようなものではないし、数も 4 つとか、とういうレベルですから、まともに梱包されているかどうかは、ほとんど博打みたいなものです。

4m3 以上あって、重量は 500kg 程しかないっていうんだから、今回の荷物は軽かったんですが、空気を運んだようなもんですね。次回は、もう少し、重たいものも輸入したいと思います。

それと、以前書いたブレイブの不具合の件ですが、対策用の部品も今回の船に積んでありました。

そういう予感がしたというわけではなくて、単に自分用に輸入していたものですが。

90° のエルボの Hose Barb, 日本語で言うとタケノコニップルで、写真のようなものですが、一部のロットは樹脂製で緩むと再度締めるのが難しいため、金属製のものを予備で持っておいたほうがいいのではと、手配していたものです。

残りが一つになってしまったので、念のために、もう少し手配したほうが良さそうです。

それと、薪製造機の話なんですが、これから暑くなるわけで、でも薪割りは頑張らないといけないわけで、人間もバテるんですが、機械も油温が上がってしまうので、対策をしないといけません。

施設の人がオイルクーラーをジャンクから拾ってきてくれたんですが、1/2″ だったんです。
薪製造機は 3/4″ なんですが、とりあえず、3/4″ を 1/2″ に変換して様子を見ようと思いますから、変換金物も買ったほうが良さげです。
これは急ぐから航空便かな。。。
来週、リターン周りの確認をしたいと思います。

明日は兼務神社の春祭りで相撲大会があります。
あいにく雨の予報で。。。
ボチボチ頑張ります。

擁壁工事再開

今回の神戸の荷物の引き取りは、一日で 880km ほど走ったようです。

瀬戸大橋の一区間を除いて、基本的に全ベタです。
それで 880km を走るわけですから、眠いのですよ。
眠くなったら即仮眠!

燃費は、8.2km/l だったようです。
微妙ですね。

寝たいところですが、擁壁工事を再開です。
水抜きパイプを接続しないといけないので、削って埋め込みます。
コンクリートから照り返して暑かったです。

削るのはしんどいので、明日はエンジンカッターを借りようと思いますが、地鎮祭があるのと、明後日は、春祭りで子供の相撲大会もあります。
それらもあるのでいまいち捗らなさそうです。

掘削した分、残土がてんこ盛りになって、ちょっと手狭なので、スケルトンで石を回収して、発生した土はガラを埋めてあったところの埋め戻しに持っていきました。

いよいよ寝たいところですが、今日はちょっと急ぎの案件で電話をしないといけないので、東海岸が朝になるまで、もうしばらく起きていないといけない感じです。
眠らないようにもうひと頑張りしたいと思います。

ようやく入港して D/O 入手!おニャー様注射!

昨日の雨で地面がぬかるんでいて、掘削はできないので、工事は石を第 1 ヤードから運びました。
こういうこともあろうかと、せっせと集めてあった わけです。

それで、第 2 ヤードにユンボが置きっぱなしなので、それを回収にいって、ごく一部の人にはいったんですが、秘密兵器を導入することになっているので、それの打ち合わせをしてから、昨日、県庁から電話をもらって、県庁に来てくださってな話になっていたので、ちょっと県庁に寄りました。

何しにいったのかというと、本当に機械が高くて困っているので、生産性を向上させたり、安全性を高めるため、いわゆる高性能林業機械の投資を加速させたいので、何らかの補助金がないのか、というのの相談です。

とりあえず、現状を説明して、要件などを満たすものがるのか、調べてくださることになりました。

ただまあ、県の方にもこのことはいったんですが、作るものが薪なので、1t 作り、仮に 1 万円残すことができたとしても、1,500 万の 0.4 クラスのグラップルソーを入れたら、1,500t は機械のために働かねばなりませんし、現状、遠距離に納めているものについては、自分で走っているのでギリギリですが、普通にやれば、運賃分だけ完全に赤字なので、さらなる機械化によりコストダウンを図ろうとすれば、それだけ生産量を飛躍的に増大させなければならず、原木の供給の問題や、市場が飽和して過当競争になるおそれがあり、中古の機械でも補助金がいただけないものか、あるいは、リース契約でも補助金がいただけないものか、ということも質問してみました。

それと、お昼前に、ようやく昨日入港分の A/N が届きました。
すぐに送金をして、すぐに D/O が出るかと思ったんですが、夕方になってしまい、とても申告に行けるような時間ではなくなってしまいましたが、工事は、この程度準備ができました。

とりあえず、荷物は入ったので、おまかせ便で薪ストーブや薪割り機を配達しつつ、雑貨の納品で千葉まで走らないといけませんので、冬タイヤをようやく履き替えに行きました。
リアの 4 本が坊主なので、1 本はスペア(新品)をリアに回し、山のないものをスペアに回し、もう 1 本は新車時についていた鉄ホイールからもぎ取った新品ですが、これを組んでもらい、足りない 2 本を買って、リアは全交換しました。
なんだかんだで諭吉先生が 6 人 + α お亡くなりになりました。

本当は昨日、ニャー様のワクチン注射に行きたかったんですが、電話対応で行くことができなかったですが、4 號の病気の事後の診察を受けたかったので、全ニャン、通院です。

4 號については、経過は良好なようです。

上京している間に何かあったらと不安でしたが、とりあえずは一安心です。

明日は神社で、通関作業を行うことができないのですが、市役所に補助金の件(資格取得のための講習)は月内に来てくださいといわれているので、午後からはお参りもないと思うので、少し早めに切り上げて、手続きをしてこようと思います。

昨日は寝てないので、そろそろ寝たいところですが、今日も電話をしないといけないので東海岸が朝になるまで起きてないといけません。。。
でもまあ、もう年なので、無理をしないでボチボチ頑張りたいと思います。

明日の夜はちゃんと寝よう。。。

0.25 投入!

お宮工事 2 日目です。

0.25 の手配が遅れて、10 時くらいまで回送できないので、それまでは丸太小屋の太陽電池の周りの草刈りをして水路の掃除をしました。

その後、工事をする箇所の整地をして、トーフ(コンクリートブロック)の小運搬をしました。

今日は 12 個運んだので、都合 42 個です。

明日は雨っぽいので、工事は一時中断かもしれません。

それで、肝心の貨物の件です。

今日の時点で A/N は届いていません。

本船を確認したところ、明日、18:00 に松山に入港する ようです。

明日、入港するなら、明日には A/N が届くと思います。

通関の目処が立ち次第、関係各位には、連絡をいたしますので、今しばらくお待ち下さい。

提灯はどうしてあんなにぼったくりなのか

神社の提灯が痛みました。
一年くらいしか持たないのですが、小一万します。
本当に、高くて困ります。

幟も以前は、職人さんに頼んでいて、小一万かかっていたんですが、今ではインクジェットで 1,000 円かかりません。

どうしたものかといろいろ考えたんですが、ふとしたことを思いつきました。

ペットボトルを作る要領で提灯を作ればいいのではないか、ということです。

ブロー成形というようです。

今まで何気なく使っていたものがどうやって作られているのか、本当に無知で、興味すら持ってなかったわけですが、知ると感動を覚えます。
いろいろな専門家がいて、いろいろな技術があり、我々の生活が成り立っているということに気付かされます。

で、ちょうちんの話に戻ると、うちの場合、神門に常にかけてあるので、そもそもたたむ必要が全くありません。
ですから、ちょうちんの形に似ていれば、全く別物でも、低コストで、丈夫で長持ちし、安全であればそれで問題ありません。

ちょうちんの形に膨らんだペットボトルに、インクジェットで印刷をした帯状のシュリンクフィルムを巻きつけてヒートガンで収縮させて、文字や図柄を表現すれば、非常に低コストでちょうちんのようなものができますし、寄贈者の芳名については、1 年程度でフィルムだけ交換すれば、極めてエコロジーではないかと思うのです。

とはいえ、必要な個数は 5 個ですので、ちゃんとした業者さんに頼んで作るほどでもないんですが、DIY できないものでしょうかね?
原理はわかったし、材料は既存のペットボトルを再度加熱して膨らませるので十分な気がしますが。。。

あと、ちょっと調べたら、FRP 提灯 というものもありますね。
どうも、アートケイ さんが製造元のようです。
値段によっては、これを買うのもいいですね。
そしてフィルムを張り替えることにより半永久的に利用できるようです。

ブロー成形がうまくいかないなら FRP 提灯、ありかもしれません。

お宮工事開始!

今日からお宮工事です。

社務所の乗っかっている擁壁が傷んでいるので、補強します。

その材料のコンクリートブロックだとか、敷き鉄板だとかを運びました。

今日は 30 個ですが、どんぶり勘定で 60 個くらいは必要になりそうです。

過去の記事 を見てみると、かれこれ、2 年越しで工事を再開するようです。

0.25 を借りたら 15 万くらいかかるわけで、買ったら要らないからもったいないっていう思いが強いんですよね。
昨日の 0.2 の話、早めにまとまらないかな。

トーフは計算したら、1.4t 位あるようなのですが、経験上、自重の 1/3 くらいは吊れるので、今回はそれほど高く築くわけでもないので、0.2 で十分だし、高さが足りなければ、駐車場として整地するため、先に土砂を搬入して盛土しながら築けば何の問題もありません。
だから、買うならさっさと買って、仕事を早くさせてたいわけです。
自分ももう年だし、本職ではないので、のんびりしていたら、元を取ることがどんどん難しくなりますから。

とりあえず、来週の予定ですが、原木をもう 1 車取りに行かないといけないし、通関・引き取りもしないといけません。
月・火曜日は雨っぽいし、まあ、原木の引取は雨でも大丈夫といえば、大丈夫なので、そこでやるとして、あとは、いつから積み始めるか、というのが問題です。

まあ、来週のことは、来週ボチボチ考えようと思います。

貧乏くさい話

今日はお宮の大祭でした。
雨が降るかと思ったんですが、餅まき行事があったので晴れてよかったです。

それはそうと、お宮の無線 LAN の速度が遅く、買い替えを検討しています。
まあ、とりあえず、昔から NEC と決めているので、今回も Aterm から選ぶつもりなんですが、問題は消費電力です。

速くて電波も強い(と主張する)モデル, たとえば、WG2600HP2 だと、消費電力が 最大 32W と書かれているわけです。

この最大、というのがよくわからないんですよ。
常に 32W ではないと思うのですが。。。

たとえば、このモデルを親機と中継機, 子機とで 3 台使うとすると、30 日で 69.12kWh 電力を消費することになります。
これ、1kWh が 30 円とすれば、2,073.6 円もかかることになるわけです。
そして、ライフサイクルを 5 年とすると、電気代が 126,144 円かかり、ヨドバシだと機器代金が 13,330 円(10% ポイント還元)なので、実質 35,991 円、都合 TCO 162,135 円もかかることになります。

これに対して必要最低限と思える性能を持つ WG1200CR ですと、10.8W で済むのです。

この場合、月 23.328kWh で、699.84 円、機器代は 4,420 円(10% ポイント還元)で、TCO は 54,507.6 円です。

まあ、最大 という部分がひかかっているのですが、無線 LAN は 24 時間電気が入れっぱなしですからね。

太陽熱温水器のエントリーでも書きましたが、照明をこまめに消して節電することもできますが、消費電力が数ワットの照明を頻繁につけたり消したりする手間をかけなくても、センサー式にしたり、極論すれば、必要ないほど高速なルータを使わない、ということだけでも、何灯分もの電力が 24 時間、節電できる可能性があるわけですから、貧乏くさい話ですが、バカにしたものではありません。

ルータの場合、買ったら最後、使うときだけ電源を入れるという訳にはいきません。
防犯カメラやセンサが常時インターネットを利用しますから。

そう考えると境内の中心にでも WiFi 用のアンテナを立てて広い範囲を効率よくカバーするような工事をしても、ある程度までの金額ならペイするようにも思えます。

よくわからないのでメーカーに聞いてみたところ、上位モデルになっても電波の届く距離自体は基本変わず、速度が向上する、ということと、二つの建物をまたぐ形は動作を保証しない、ということで、そこそこのものを買ったので良いだろう、ということがわかりました。

そのうえで、WG1200CR は一つ要する機能がないことがわかり、WG1200HS2 が使用法に適するとアドバイスを貰いました。
消費電力も、7.5W になりますから、お得です。

それで、5 の付く日なので、ヤフーショッピングで確認したところ、コジマ さんがいい感じだったんですが、なぜかヤフーマネー支払いが選択できないのです。

MONOTOOL さんのほうはちゃんとヤフーマネー支払いができたので、なくなりかけている 16mm のシャックルを 6 箱(60 個)オーダーしておいたんですが。

明日も神社で、明後日には雑貨が入港するはずで、通関や引取をして、その後納品をしないといけません。
一旦納品に出かけるとしばらく戻ってこられないので、その間に原木が運べないのが気になります。

とはいえ、同時にはできないので、上手くスケジュールを組みたいと思います。