日立 minimaru やらかす

明日 15 日は日曜日で、兼務神社での除草作業があるのと、月次祭があるのとで、本務神社の掃除を一日前倒しでやったんですが、拝殿の掃除に minimaru を使ってみました。

が、早速やらかしました。

防犯カメラの細いケーブルがブラシに絡まってカメラが落下して、画面が紫色になってしまいました。

色がおかしいだけで、一応は機能しているんですけど、結構高かったんですよね、Arlo Q

ロボットで掃除する前には、掃除できる環境を整えることが大切ですね。

それで、昨日やろうと思ったんですが、暑くてバテてしまい先送りにしていた除草剤の散布をしました。

去年までは工進の蓄圧式を使っていて、2,000 円しないし、本体も樹脂で軽ければ、容量も 4L で一般家庭だとちょうどいいと思いますね。
流石にノズルがしょぼいし、フィルタもしょぼくてすぐにゴミが詰まるというのはいただけないのですが。
樹脂なので、タンクを加圧するので破損のリスクが高まるため、寿命が短いのです。
規定の年数経ったので、お役御免です。

代わりに去年展示会で買ったマキタのコードレス噴霧器を使っています。
これもチップがしょぼいのが難点です。

除草剤ですが、非農耕地なので、ヨドバシで草枯れ太郎を買って使っています。
送料込みで 300 円の 10% 還元なので、実質 270 円です。

グリホサート系なので、ラウンドアップと同等(ということになっている)です。

モンサントや住友化学のビジネスについては、思うところがあるし、極力、除草剤自体使用したくはないのですが、コストの問題がありますから、仕方ありません。

安全性が多少気になる、あるいは、農地に使う、という場合には、

のような、農林水産省登録のある、農地でも使えるものにしたほうがいいでしょう。

ノズルチップについては、もう少し良いものに交換したいです。

雨が小降りになったので巡回しましたが — 被害甚大です

なかなか大変なことになっていました。
尤も、大変といっても、南予地区ほどではないと思いますが。

まず、神社に行こうにも、道がいたるところで寸断されていて、たどり着くことがなかなか困難でした。

一旦は諦めて、このところの雨で洗濯物が溜まってしまったので、洗濯物を干すためのハンガーなんかを買い出しにってたんですが、総代さんから神社の山が崩れた、と連絡があり、通れる道を聞いて、神社に向かうと。。。かなりの斜面が崩落して、参道を塞いでいます。

幸い? 生活道路への土砂の流出は最小限です。

防災工事をしている社務所ですが、工事の甲斐もあってか、無事でしたが、一昨年に崩れた部分については、完全に崩れた部分しか市が直さず、アスカーブでの保護も不完全だったため、遅かれ早かれと思っていた部分が崩落寸前でした。

四電の電柱があるので、一応連絡はしておきましたが。

被害の様子ですが、道路の路肩が崩落したり、あるいは法面から土砂、場合によっては木が倒れて、通れなくなっています。
軽トラックが通れる程度の復旧なら、勝手にやっていいならすぐできるのですが、問題があって、地元の土建屋さんがお金をもらって工事をするほうが回り回って地域のためになるので、自分が奉仕作業をしてしまうのは良くないと思うんですよね。

生活に影響が大きい部分からになると思うので、第 1 ヤードへの道の普及はいつになるのか、あまりに時間がかかるなら、勝手に土砂だけはどかせて通るとは思いますが。
薪ヤードと薪は無事でした。

氏子さんの中には、甚大な被害を受けた人が複数いて、生活の基盤を破壊された人たちが、廃業したり、村を去ってしまうようなことにならないか、心配で心配でなりません。

それと道が通れたかどうか、についてですが、今回はトヨタからの詳細な情報はありませんでした。

国道レベルではかろうじて判別できる程度に表示されますが、地図を拡大すると非表示になってしまい、生活に直結した県道や市道のレベルでは全く役に立ちません。

ヤフーでは地図で詳細に確認ができます。

おそらくヤフーカーナビからの情報だとは思います。

今日はジムニーだったので、ジムニーで通れたからといって、普通の車が通れるわけもないでしょうから、ヤフーカーナビは使用しませんでした。

明日はまだちょっと危ないと思うので、明後日くらいから、少しづつ片付けを頑張りたいと思います。

ハチ激取れを再度仕込んでみました

フマキラーのハチ激取れですが、調べてみると 3 月 26 日に仕込んだ ようですから、かれこれ 3 ヶ月近く放置していたことになります。

これからの時期は働きバチを駆除すべく、更に 2 つ追加して、4 つ仕込んでみました。

一つ 500 円くらいしてとても高いので、今回は、前回の 2 つはケースのみ、再利用することにして、誘引剤を自作してみました。

材料としては、ヤクルト系の乳酸菌飲料と 100% りんごジュースを半分づつ入れて、規定の量になるまで日本酒を足しました。
だいたい、1 : 1 : 1 くらいでしょうか。

日本酒や乳酸菌飲料などの発酵したものを入れるがポイントのようで、そうすることでミツバチが入らなくなり、代わりにスズメバチが入るようです。

色味的にはフマキラーの誘引剤にそっくりの色なんですが、根本的に香りが弱い感じがします。
実際問題、甘いニオが弱い、という感じなので、ガムシロップでもを足したほうがいいように感じました。
また、糖分が多いほうが、発酵のときの栄養源となるわけで、長く誘引できる気がします。

結果が出るには暫く掛かるかと思いますが、良い誘引剤ができるように試してみたいと思います。

それで、結局の所、再利用するもの不潔だし、なにか楽な方法はないかと思うのですが、そうしたところ、トラップの入り口だけの ハチとれ〜る という商品を見つけました。
ペットボトルを利用する商品なので、空いたペットボトルと、自作の誘引液とで、かなりコストを抑えられそうです。

今年はお宮だけトラップを仕掛けていますが、来年は薪ヤードにも仕掛けたいと思います。
薪の間にハチが巣を作ることもあるようで、気づかず刺されたという話を聞いたことがあります。
自分は今のところ、お宮以外で被害にあっていないので後回しになっているのですが、少しづつ対策していきたいと思います。

オオカミさんが奉納されました

昨日のことなんですが、うちの神社はオオカミをおまつりしているので、それを聞きつけた方からガラスケースに入ったオオカミさんが奉納されました。

こちらはすでにおまつりされている先輩オオカミさん。
強そう。

さて、問題としては、ガラスケースに入ったままだと置くところがないし、ケースはケースで作ったら高そうだし、捨てるのもお金がかかるし、かと言って先輩さんはケースには入っていないので、どうしたものかと。
それと、当然ですが、すごく重いので、一人じゃ運べないわけで。。。

この際、先輩さんのケースも作ったらどうか、とも思ったりもしたんですが、お参りの人がタッチしたい、ということでケースに入れると、タッチできなくなると、まあ、タッチしたらしたで痛むんじゃないのか、という心配もあるので、その辺どうしたものか悩ましいです。

ボチボチやってるお宮工事

ボチボチ工事をやっています。

写真のとおりで、30 年以上前の擁壁の補強なので、地山が出るまで掘ってそれでトーフを据えていく感じなんですが、現状で進捗率 60% くらいかなと思います。

そろそろ、トーフを取りに行く必要がありそうなんですが、台車はまだ原木を積んだまま放置してあるので、そっちもなんとかしないといけません。

四国は梅雨入りしてしまいましたので、工事も薪割りも、ほんとこのペースではかなりやばいのですが、頑張れない性格なので、こんなもんでしょう。

それと、今日 A/N が届きました。
でも、申告書をまだ作ってないんです。。。
今週天気が微妙そうなので、雨が降ったら、申告書を作ろうと思うんですが、X25 は品切れしてしまっているので、早めになんとかしたいところです。

大山祇神社 参拝

今日は氏子さんと伊予国一宮, 大山祇神社に参拝しました。

まあ、写真のとおりで、正式参拝の後、宝物館を見学しました。

昼食後、大三島ブリュワリー に立ち寄り、その後、伯方の塩(なんだけど、工場は大三島)の見学です。

帰りには、大島のバラ園, 亀老山展望台という鉄板すぎるお約束のルートでした。

愛媛にこられることがあれば、大山祇神社には、ぜひご参拝ください。

薪割り機の組み立て

今日は 15 日なので、月次祭です。
それと、家の解体に先立っての出張清祓を頼まれていて、午前中一般は、神主らしい日でした。

午後からは、昨日の続きと、薪割り機の組み立てです。

まあ、見ての通りですが、結局ほとんど組み立ててしまいました。
バラバラだと送るに送れないし、致し方ありません。
発送するので、オイル類は殆ど入っていませんが、抜ける範囲で、全部抜いてあります。
コトンロールバルブのレーバーは、折れるといけないので、上を外して送ったほうがいいでしょうね。

早速送りたかったんですが、ちょうどのパレットがないため、発送できませんでした。
組み立てて割増料金というわけではないので、パレットを作成したり、運賃も容積が倍くらいには増えるので、大幅なコストアップです。
組み立てての発送は、やはり無理がありすぎました。
多分、赤字だと思います。

お客さんに末永く薪割り機を愛用してもらいたい、そのためには、やはり組み立てを自分でやって仕組みを理解してもらう、このことはとても大切だと思うわけです。
その一方で、兼好法師の「先達はあらまほしき事なり」という話もありますし、一人でやると辛気臭いというのもあるわけです。
今後は、組み立て会のような機会をどんどん作って行きたいと思います。

ハウスの方ですが、まあ、見ての通り、ボチボチです。

明日は、お宮の祭日で、夕方は設備屋さんに洗濯機の給排水工事をお願いしないといけないのですが、発送作業はなんとかできないかなと思います。
無理かな。。。

相撲大会は雨で中止でした

今日は兼務神社の春まつりで、小学生の相撲大会の予定でしたが、予報通り朝から雨で中止になってしまいました。
少し前に土俵が女人禁制云々、一悶着あったのは記憶に新しいですが、子供相撲大会は数年前から女子児童も参加しています。
女の子の浦安の舞の奉納は屋内なので予定通りでした。

相撲大会で思ったことは、父兄が応援にやってくるのですが、もう 80 を過ぎて、90 に近いくらいのおじいさんが、孫かひ孫でしょうね、小学生児童に、子供の頃の相撲大会の思い出を語っているのを見て、長く時間がたっても子供の頃の楽しい思い出の1ページであり続けた行事であったということで、神社や地域・相撲大会の参加者と長く繋いでくれるきっかけになるもの、ということです。

予算も付けてあることだし、延期にすればいいのにと思いましたが、いろいろな事情があるのでしょう。
残念ですが、仕方ありません。

それはそうと、薪割り機の件です。

今回は、仕事等の都合でおまかせ便は無理で、かつ、距離もあるので引き取りも無理、ということで、半完成状態で発送して欲しい、ということになりました。何度も問い合わせを頂いており、無下に断ることもできませんので、対応することにしたんですが、どこまで組み立ててしまうのか、ということが難しい部分です。

今回の機種は、ブレイブの往復タイプ, Brave 20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC なんですが、このモデルは結構組み立てに時間がかかり、大体 2 時間くらいでしょうか、もともと結構コンパクトに箱詰めされているのですが、組み立てると能力の割に小さいのですが、それでも大きくのなるので、梱包をどうするのかという問題もあります。

組み立てですが、油圧ホースの組付けについては、長く使っていれば遅かれ早かれ交換しなければならない日がいつか来る部品ですが、ホースを傷つけてしまうような事故がないなら、それは早くても 10 年くらいは先になると思うし、実際うちの 2003 年式のミニユンボに関しては、交換していないホースのほうが多い訳ですから、下手すりゃ 20 年先かもしれません。

PCLS2013GC は、油圧ホース は全て、写真のような両端が 1/2″ NPT のオスでして、当然ですが、これを組み付けるには順番というものがありまして、まずはホースを回して、直接 1/2″ NPT メスに接続するのですが、反対側は最初の接続でホース自体を回すことができなくなるため、Swivel Union という接続金物を介して、接続せねばなりません。

これを幸いというかどうかは別の次元の問題かなとは思うのですが、とにかく全部 1/2″ NPT なので、一本だけ繋げば、あとは同じ要領で済むわけです。

Brave 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC の場合、テーパーネジである NPT 以外に、平行ネジも存在するし、コントロールバルブがポートマウントですから、バルブのマウントの向きを調整する必要があるんですが、そこが平行ネジだったりして、しかもその説明はマニュアルには一言も書かれていないという親切ぶりで、そういう部分をスルーして、こちらで勝手に組み立ててしまうと、バラしたらもとに戻せない人が出てきてしまうと思うわけで、組み立てをしないという不親切さも、回り回ってかえって親切なのではと思うわけです。

まあ、PCLS2013GC の説明書も、嘘というと語弊があるかもしれませんが、図というかイラストが間違えていて、それを信じて組み立てると組み立たなくて、でも組みたたないので、すぐ間違いには気づけるので害はあまりないわけですが、そういう部分も含めての直輸入のブレイブ薪割り機なのかなと思うわけです。

そういう部分で言えば、箱や木枠を壊してピカピカの新品を取り出したはずが、米国からの輸送の間に部材同士が擦れて塗装が剥げていたりするわけで、神経質な人だと「不良品!」とクレームするかもしれませんけど、薪を割ったら塗装なんてすぐに剥げるわけですから、そういうことを合理的に受け入れてもらいたい、なので素の状態を知っておいて欲しい、ということもあったりするのです。

今回の半完成状態での出荷は、少しでも安価な価格を保って、重松が不要と思うサービスを削り各個で対応してもらう、という販売形態の中で、いろいろな人がいて、色々なニーズが有るわけで、どこまで対応していくか、というよりも対応していけるか、ということの一つの試金石であろうとは思います。

とはいえ、半完成品で送れるのは、PCLS2013GC が限界かなとは思いますが。

やはり、おまかせ便で配達させてもらい、一緒に組み立てる、このことはうちの原理原則として、キープしていきたいと思います。

それはそうと、その 2。
Hose Barb の 90° エルボですが、金属製を発送しました。
というわけで A さん、適当な時期に交換して、漏れが止まるか、確認をお願いいたします。

それはそうと、その 3。
ブレイブのステッカーがほしいとおっしゃっていた T さん、来月のブレイブの入荷時に一緒に届きます。
もうしばらお待ち下さい。
みんなに配ったら、という話でしたが、かなり高いステッカーなので。。。
結構高いねというと、日本で作ったら? と言われました。
著作権の問題とかありそうだから、トレースしたベクタ画像を希望の方に差し上げて、その方が個人的にカッティングシートでもで作る、という流れが良いかなと思いますが、欲しい方がいらっしゃったら都度輸入はいたします。

生コン屋さんが休みだった件と検品作業

今日は地鎮祭だったりして、もともと作業は捗らないと思っていたんですが、それ以前に、生コン屋さんが休みでした。
なんとも。

とりあえず、1 段目は 6 個据えて、2 段目なんですが、水抜きパイプを細工しないといけないので、遅々として進みません。

記録を見てみると、4/23 に 0.25 を借りている のですが、もう 12 日で、あと 10 日で一月で、来週は前半は職人さんが別の現場で来てくれないし、後半は雨という具合ですから、2 ヶ月目に突入しそうです。

確か一日 12,000 円くらいだったと思うので、月極で、16.8 万, 保険料や税金で月 20 万くらいかかるのですが仕方ありません。
ほんと、さっさと買いたいです。

とりあえず、5 段積まないといけないのですが、まあ、頑張るしかないですね。

それと、神戸で引き取ってきたものの検品をしました。
で、本日のなんじゃこりゃー。

すごく糞でかい箱があって、開けてビックリ、ローププラーが 3 つはいっているだけでした。
4 つ注文してあり、1 つか見当たらなくて、その 1 つは裸に直接ラベルがはってあったんですが。
4 つをバンドルして送るというような芸はないのでしょうか。

船便は容積で運賃が決まるのですが、商品の容積の 10 倍以上になっています。
多分 160 サイズギリギリか、超過しているくらいなので、仮に 0.2m3 あったら、これだけで運賃が 8,000 円くらいかかっているんですよ。
当然、それに税金もかかります。
下手すりゃ航空便のほうが安いですよ、これじゃ。

まあ、この辺、たくさん売れるんなら、きちんとした仕入れルートを確立しますが、特に売れるようなものではないし、数も 4 つとか、とういうレベルですから、まともに梱包されているかどうかは、ほとんど博打みたいなものです。

4m3 以上あって、重量は 500kg 程しかないっていうんだから、今回の荷物は軽かったんですが、空気を運んだようなもんですね。次回は、もう少し、重たいものも輸入したいと思います。

それと、以前書いたブレイブの不具合の件ですが、対策用の部品も今回の船に積んでありました。

そういう予感がしたというわけではなくて、単に自分用に輸入していたものですが。

90° のエルボの Hose Barb, 日本語で言うとタケノコニップルで、写真のようなものですが、一部のロットは樹脂製で緩むと再度締めるのが難しいため、金属製のものを予備で持っておいたほうがいいのではと、手配していたものです。

残りが一つになってしまったので、念のために、もう少し手配したほうが良さそうです。

それと、薪製造機の話なんですが、これから暑くなるわけで、でも薪割りは頑張らないといけないわけで、人間もバテるんですが、機械も油温が上がってしまうので、対策をしないといけません。

施設の人がオイルクーラーをジャンクから拾ってきてくれたんですが、1/2″ だったんです。
薪製造機は 3/4″ なんですが、とりあえず、3/4″ を 1/2″ に変換して様子を見ようと思いますから、変換金物も買ったほうが良さげです。
これは急ぐから航空便かな。。。
来週、リターン周りの確認をしたいと思います。

明日は兼務神社の春祭りで相撲大会があります。
あいにく雨の予報で。。。
ボチボチ頑張ります。

擁壁工事再開

今回の神戸の荷物の引き取りは、一日で 880km ほど走ったようです。

瀬戸大橋の一区間を除いて、基本的に全ベタです。
それで 880km を走るわけですから、眠いのですよ。
眠くなったら即仮眠!

燃費は、8.2km/l だったようです。
微妙ですね。

寝たいところですが、擁壁工事を再開です。
水抜きパイプを接続しないといけないので、削って埋め込みます。
コンクリートから照り返して暑かったです。

削るのはしんどいので、明日はエンジンカッターを借りようと思いますが、地鎮祭があるのと、明後日は、春祭りで子供の相撲大会もあります。
それらもあるのでいまいち捗らなさそうです。

掘削した分、残土がてんこ盛りになって、ちょっと手狭なので、スケルトンで石を回収して、発生した土はガラを埋めてあったところの埋め戻しに持っていきました。

いよいよ寝たいところですが、今日はちょっと急ぎの案件で電話をしないといけないので、東海岸が朝になるまで、もうしばらく起きていないといけない感じです。
眠らないようにもうひと頑張りしたいと思います。