プロセッサの比較テスト

Sawmill and Woodlot Firewood Shoot-Out ってのがなんだかよくわかりませんが、プロセッサの比較テストがあるようです。

で、その結果について、分析や結果の一覧表が抜粋されている PDF を見つけました。アメリカの FARMI のディーラーが WP36 はイケてるのよ、ってことでリンクしていたのですが。

http://processfirewood.com/images/stories/pdfs/Conclusion_70_72.pdf

25 馬力以下のエントリーモデルについて、引用・邦訳すると次のようになります。

製造者 型式 馬力 切断方法 処理速度(コード/時)
Farmi Mastersplit WP36 20 チェンソー 2.06
Hud-Son Wolverine A-14-22 14 チェンソー 2.17
Japa 375 TR Basic 8T 20 チェンソー 2.62
Japa 700 TR 5.6T 20 丸鋸 1.35
Multitek 1610 EZ 25 チェンソー 1.95
Palax KS35S Booster 20 チェンソー 3.10
Wood Beaver Forestry Wood Beaver 16 24 チェンソー 1.63

間違いやいい加減な部分がある表なんですが、エントリークラスのプロセッサでも 2 コード程度の生産が可能であることがわかりました。

2 コードとは、立米数だと、7.2m3 なので、乾燥後の製品重量に換算すると、毎時 4 トン程度の生産能力ということです。エントリークラスの処理能力に不安があったのですが、薪ビジネスの初期の立ち上げには、十分すぎる能力です。

ドキュメントをまとめると:

生産能力は、馬力と高い正の相関関係がある。

Almost straight down the line, production was a function of horsepower.

処理速度の低下は、プロセッサの能力を超えたり、曲がった原木を処理しようとして詰まる、ということが最大の要因。

The machines that ran into trouble with oversized, crooked logs lost time.

速度は劣るが、小規模な薪生産には、場所を取るログデッキ(これ自体別売り)よりも、単体で利用できるセルフローディングタイプのほうがフィットする。

The self-loading machines had slower times than the ones with log decks, but they fit into many small firewood operations because they don’t need extra log-handling equipment.

というようなことが書いてありました。

まあ、当たり前のことしか書いてないといえばそうなんですが、自分の理解が概ね正しいようで安心ました。

草刈正雄な一日

今日は、裏山の草を刈りました。疲れました。

ていうかね、電池がすぐに切れるんですよ。山用のエンジン式があるだろうって?あれ、背中が蒸れるから、この時期はちょっと嫌。

IMG_1860法面の植生マットが絡まったので昼に分解して清掃。チップも丸くなってるんだけど、かなり飛んでるんで、研磨に出すまでもない感じで、刈刃は新しく買うことにしました。

ダメですね、腐らないのを使うと、後で困ります。次からは、ちゃんと生分解性の植生マットを使おうと思いますが、こういうのを後の祭りというのでしょう。

そういえば、除草用にやぎを飼おうと思っていたんですが、タイミングが悪くて子供がいなかったので、そろそろまた農大に電話してみようと思います。つがいで飼って増やそうと思います。

IMG_1863まあ、とにかく絡まって鬱陶しくて仕方ないので、絡まりにくい替刃にしました。一部が上に跳ね上げてあり、その部分も刃になっているため、絡まろうとするものを切り取る仕組みです。刈り取りの時の抵抗が増えるんでどうかなとは思ったんですが、案の定、すぐにストップします。刈刃を動かす速度が早すぎて、負荷が大きすぎるようです。電池もすぐに切れて、充電が追いつきません。この前、マキタフェアに行った時に 4Ah とか、5Ah の大きなバッテリーがでたとか行ってたので、互換性があるのなら、買ったほうがいいような気がしてきました。

ちなみに日本製で 1480 円(税別)でした。もうチップが一つ飛んでますが、エンジン式でも使ってるんですが、チップは飛びにくいです。

充電式はかなり力は弱いですが、エンジン式と違い静かですし、振動も少なく、ガソリンのように混合する必要もない。昼間なら、太陽光発電の電気ですから、クリーンそのものです。(まあ、太陽電池やリチウムイオン電池の製造で環境に負荷が発生しているだろと言われたら困りますが) 電池の容量が今の 4 倍くらいになれば、十分実用レベルに達するのではないかと思いますし、逆に言えば、現状の草刈機で過負荷になるほど放置するほうが悪いような気もしないでもないのですが、なにはともあれ、草刈りをして、溝の掃除ができたので、台風も少し安心になりました。

夢丸 11 月号が届く!

今日は午前中草刈りをしてましたが、暑くてヘロヘロになって、昼で休んでたら佐川さんが荷物を持ってきました。

この間、夢丸さんのアンケートに答えたんですが、そしたらお礼に送ります、と言ってくださっていたアンケート結果の掲載号である 11 月号でした。

早速読んでみると。。。

14-08957-115

ん、俺、写ってねー?

そう、実は、この間、といっても 7 月だったと思うので、もう 3 ヶ月近く前ですが、東京港に貨物がついたので引き取りに行った帰り、ノーザンライトログさんのヤードで行われていた清水国明さんの無人島ログハウスを建てよう的イベントに泊まりがけ(トラックの荷台で寝ました)で出かけてきたのですが、その時、夢丸さんが取材に来られていたんですね。そういや写真取られたわ。

うーん、いいもんもらえた!

にしても、今号は、結構内容が濃いなぁ。

軽トラの話も面白いし、エネルギー(バイオマス)の話なんて、俺がやってることと、書いていることと同じようなことを書いている人がいる。

今晩、熟読しようと思います。

というわけで、男前も写っておりますので、是非、11 月号、お買い求めください。

薪乾燥機、こりゃ無理だ

薪の乾燥について調べたら、かなり救われない現実をつきつけられた格好になったわけですが、ビジネスとして考えると、薪を 1 年以上の時間をかけて乾燥させるというのは、2 年分の在庫を持たなければならないことを意味し、資金の回転やスペース効率の問題から極力避けるべき、ということはあまりに明らかなことです。それと、もうひとつの課題として、WB で 20% を切ったあたりから、露天での保管では、薪の品質を確保できなくなることがわかりました。

これらの問題や、どの長さの薪を作るべきか、という課題を解決する単純な方法は、原木のまま乾燥させ、注文を受けた時点で薪に加工し、それを乾燥機で乾燥させた後に出荷することではないかと思うわけです。

乾燥機で加熱乾燥させれば、含水率を一律低くしたものを出荷でき、品質が保証できる点に加えて、虫などが死ぬため、清潔度がアップするというメリットもあります。

原木のままでも結局 WB で 15% を切るレベルまで乾燥させるのであれば、割ろうが割るまいが、かかる時間に大差がないことが分かりましたし、無論、需要の多いサイズは、予め加工しておいてもいいんですが、割れば、割った部分が露出してしまうため、その部位に日焼けやカビが生じるリスクが高まり、乾燥が促進されるメリットを相殺してしまうのではないか、という考えもあります。

住宅の化粧材などだと、割れなどが発生しないように乾燥させる必要もあるってもんでしょうが、所詮は薪なので熱で乾燥させてもさほど問題がないのではないかと思うわけです。なので、国内の既存の乾燥機は、薪生産には不向きではないかと思うわけです。

しかし、四国薪販売さんのように、薪の乾燥に適した乾燥機を独自開発する才能もない、もちろん、資金もないので、こういうのは先進国はどういう具合でやっているのか、調べてみました。

薪乾燥機だから、firewood kiln かな、ってことで検索すると出るわ出るわ。

rel_10とりあえず、トップでヒットした Kiln-Direct.comMini Quick を見てみましょう。

Mini といっても、6 コードも入ります。一応、wood waste、木くずのことでしょうかね、ガス以外にもクズ薪を使って乾燥させることができ、破砕して定量供給装置などでボイラーに供給せずとも、薪のままそこそこ連続供給する機構を備えているようです。連続供給は、オプションで 9〜14 時間の供給にアップグレードもできるようです。

しかしまあ、デカイ。どうやって持ってくるのか頭を抱えるレベルですね、これ。と思ったら、輸出仕様がありました。

いずれにせよ、ちょっとやそっとでどうなるものでもない、ということが分かりました。どこに置いておくんだよ、っていう根本的な問題もあるし、どうにもこうにもなりませんね。解決の糸口ということで忘れないようにメモして、軌道に乗るまでは、乾燥機のことは一旦忘れておこうと思います。

解決!ブログ村の新着記事トラブル

何が悪かったのかは結局わからずじまいですが、WordPress ping Optimizer を導入して、円満解決です。

精神的に良いのは、ping 結果のログが残ること。

これにより、ping が成功しているなら、それ以降の問題、送信されていないなら WordPress の側の問題と、以降は切り分けることができます。

試験的に予約投稿機能も試してみたのですが、ちゃんと ping が送信されて、ブログ村に反映されていることが確認できました。

これからは、予約投稿機能を活用して、定時更新に努めたいと思います。

薪割り機 maniacs その 5

キワモノ探訪も遂に第 5 段となってしまいました。

今回のキワモノは、cone splitter とか、screw splitter、と呼ばれていますが、直訳すると、円錐ネジ薪割機とでも申しましょうか、まあ、ぐるぐるぐるぐるって感じで割るわけです。ちなみに、コーンはコーンでも、cone は円錐、とうもろこしは corn です。

構造は極めてシンプル。ドリルが食い込んで割れる、ただそれだけです。

日本でも売られているようです。
続きを読む

薪の長さ

人気ブログの「薪ストーブ日記」さんが、30cm 薪の話をしていました。

http://ecoecomakistove.blog119.fc2.com/blog-entry-1429.html

薪屋を始めた当時、ブログにその事を書いたら、何人かの方からコメント欄に「30センチ以下の短い薪が売って無くて困ってます」って、コメント頂いただきました。

え、30cm の薪って売ってないの!?初耳です。
続きを読む

【広告】次回薪ストーブご注文の締め切りは 10 月末です!

雑貨屋 Hearth & Home では、JØTUL を始めとした、海外のトップブランドの薪ストーブを国内の薪ストーブ専門店の半額程度でご提供(輸入代行)を始めました。

バックオーダーの商品が発生してしまい、11 月初頭にもまとまった貨物の輸入を行うため、これに合わせて混載する形での輸入代行の受付を開始します。商品の在庫状況にもよりますが、10 月末までの受付となります。

Hearth & Home では、定番中の定番、JØTUL F400 をオススメしています。

国内定価 48 万のところ、半額以下の 23 万円でご注文を承ります。当方の代行手数料が 10% 必要ですので、25.3 万円となります。実は、先週まで 24 万円でしたが、ご存知の通り円安ですので、申し訳ありませんが、値上げさせていただきました。

この他に、梱包費用約 1 万円、日本までの運賃で約 3 万円、日本国内の運賃で 1 万円程度(関東エリアの場合)かかります。全て含んで、税別で 30 万円程度ですから、国内定価と比較すると約 4 割引になります。

個人的に気に入っているストーブですが、F45 についても、F400 と同価格になります。

F500, F600 など、JØTUL の各製品の取扱も可能です。(大型ストーブは運賃が上記よりもかさむことが予見されます)

Chimney-sampleまた、低価格で、十分な品質を備えるカナダ製 EXCEL 煙突もご用意できます。

右図のようなシンプルな構成で、屋内は断熱二重煙突、室内は空気断熱二重煙突の場合の場合、部材コストは約 15 万円程度となります。別途当方の手数料と、運賃が発生しますが、20 万円以下には収まるでしょう。

さらに、現在、室内の煙突のプレゼント(シングルとなり、上限長さがあります)キャンペーンを行っています。

つまり、薪ストーブ専門店の本体のみの価格程度で、煙突までのフルセットが購入できるということです。

自作二重煙突も意外とコストが嵩みます。EXCEL 煙突は、低価格ながら、確かな品質と性能を有しています。

煙突は、ストーブの本体よりも、建物に取り付けて容易に交換ができないので、安いに越したことはないのですが、一定の品質・性能を有することは重要であると考えます。

ストーブ本体の金額のお問い合わせは無料です。ただし、煙突などの部材の拾い出しは、手間がかかりますので、有償になりますので、ご理解ください。成約した場合、見積費用は代金に充当されます。

DIY に自身がない方には、ハーフビルドやおまかせ設置など、幅広く全国対応可能ですので、並行輸入品でも、安心して使用できるサポート体制を整えています。各種サポートサービス(有償です)については、直接、かわはら薪ストーブ本舗 店長 川原さんに問い合わせて下さい。念のため断っておきますが、Hearth & Home は、川原さんからピンはねなどのさもしい行為は一切いたしませんので、ご安心ください。

なお、高額商品に付き、注文時には、申込金が必要となります。

Hearth & Home は、今までコストの問題で、本格的なストーブを断念していた人に、より良い品をより安く提供します。

お問い合せは、こちらからお願いいたいます。

http://hearth-n-home.net/#!/inquiry

WordPress ping Optimizer 導入

プラグインを WordPress ping Optimizer に変えてみました。

WordPress の場合、誤字や脱字で記事を更新しても、ping が送信されるそうで、結構頻繁に記事を公開後も修正をすることがあったので、ブログ村の側で spam とみなされて掲載されていなかった可能性が考えられます。

ブログは毎日定時に更新するのが良いそうなんですが、人力はそういうことは無理なので、予約投稿を使いたいんですが、そうなると、WordPress は予約投稿では ping が送信されない問題もあるわけです。

WordPress ping Optimizer の場合、予約投稿の ping も送信してくれるし、頻繁に ping を送信しないように設定することができ、また、ping 送信のログの閲覧も可能なようなので、これでしばらく様子を見てみようと思います。

薪割機の話 — 油圧ポンプ編

昨日、薪割機の高速化の話を書きました。その中で端折ってしまいましたが、油圧ポンプについて、説明をしておこうと思います。

最近、薪割機を買う、というようなエントリーをよく見るのですが、大部分の人がほとんど知識がないまま買っていると思います。非常に高価なものなので、最適な製品をチョイスできるように、基本的なスペックシートなどの読み方を勉強しましょう。

独断と偏見に満ちた内容になっていますし、あくまでもずぶのド素人の戯言ですから、嘘・大げさ・紛らわしいがあれば、コメントでちゃんと躾けていただければ、ありがたく思います。

まず、油圧で動く薪割機ってのは、基本的な部品というのは 4 つかありません。エンジン(モータ)などの動力源、作動油を高圧にするための油圧ポンプ、作動油をコントロールするためのコントロールバルブ、そして、伸び縮みする油圧シリンダ、です。

この 4 つの部品の中で、特に薪割機に特化している機能を有するものが 2 つあり、一つが油圧ポンプ、そして、もう一つがコントロールバルブになります。バルブについても奥が深いので、また別のエントリーで紹介する予定でいます。

薪割機の場合、薪を割っている瞬間以外は、ほとんど力が必要のない作業をしているため、通常は圧力は低くても良いので流量が多いほうが望ましく、力がいるそのタイミングだけ、高圧(当然流量は減る)で動作すれば良いので、ツーステージ型ギアポンプという特殊なポンプを使います。

薪割機用のポンプを使うことで、エンジンやモータの力をより効率的に使うことができます。

1056ちょっとここで、Concentric/Haldex ツーステージ型のスペックシートを見てみましょう。

この製品は、Northern Tool + Equipment で販売されています。

  • GPM: 16
  • Shaft: 1/2in.
  • Inlet: 1in.
  • Outlet: 1/2in. NPT
  • Dimensions: 7 1/4in. L with shaft, 5 5/8in. L without shaft, 3in. H across body, 3 3/8in. across mounting surface
  • Minimum 8 HP or larger gas engine, direct drive only, horizontal shaft
  • For use with open center hydraulic systems only
  • First Stage: 16 GPM @ 650 PSI
  • Second Stage: 3.5 GPM @ 2500 PSI
  • Maximum pressure: 3000 PSI
  • Bolt circle: 2.83in.
  • 4 holes spaced 2in. on center
  • Hole diameter: .344in.
  • Woodruff key: 1/8in.
  • Rotation: Clockwise

先ほど、さらりと流しましたが、GPM とか、PSI とか、HP とか、in. とか、馴染みのない(かも知れない)単位が出てきました。

薪割機に関しては、世界の中心はアメリカです。彼の国は迷惑なことに未だヤードポンド法なので、我々と違うものさしです。まあ、そのうち慣れるでしょうが、GPM とは gallons per minute、つまり、流量の単位、PSI は pound-force per square inch、HP は horse power で馬力、in. はインチです。

なお、こういう単位などの換算について、「薪に関する数字のあれこれ」というエントリーで触れていますので、参考にして下さい。

薪割機用のポンプに関して、流量は最も多いケース、「First Stage: 16 GPM @ 650 PSI」、つまり、低速側 650 PSI 時の 16 GPM を使います。対して、圧力は、「Second Stage: 3.5 GPM @ 2500 PSI」の 2500 PSI を使います。決して、2500 PSI で 16 GPM のフローがあるわけではありません。よって、ギア比は 1:4 であることがわかります。

最低馬力は、「Minimum 8 HP or larger gas engine, direct drive only, horizontal shaft」とあるとおり、8 馬力必要で、ダイレクトドライブ(エンジンなどへの直結駆動)、horizontal shaft=エンジンの PTO 軸が水平用、という意味です。
エンジンなどの詳細は、エンジンのエントリーで書きますので、ここでは割愛しておきますが、色いろあるんだよ、ってことです。

ツーステージ型を使う場合、ポンプの効率や運転圧力により、多少の変化はありますが、低圧時の流量(GPM)は馬力(HP)の 2 倍程度、ということを覚えておくと良いです。

よって、6HP なら 12GPM くらいのポンプ、また、電動機(モータ)の場合、家庭用の単相 100V なら自ずと上限は 1.5kW = 2HP ですから、 4GPM くらいが上限だということです。

電動薪割機を買おう、と本気で考えている人は、この 4GPM(高圧時 1GPM) というのが使い物になる数字であるかどうか、よく考える必要があります。6HP のエンジンに比べて、1/3 しか作動油を送り出せないのですから、電動機で同じ薪割り力を得ようとすれば 3 倍時間がかかるということになります。

流量から、薪割り時のサイクルタイムや薪割り力の計算方法は、エントリーを分けて説明したいと思います。

というわけで、今日はここまで。