大チョンボをかましたようなんですが。。。

今日は新穀感謝祭、新嘗祭だったんですが、定刻になっても半分くらいしか人が集まりません。
おかしいなと思っていたんですが、案内状を出し忘れていたというのです。

しかし、10 月 26 日にちゃんと案内状の下書きをして、印刷した時のバックアップ用の PDF まで作成していて、確かに送った記憶があるのですが、皆には届いていないようです。

メール便なので、雑貨屋の出荷の場合は、レジでメール便の追跡のための番号を写真にとって、差し出しの控えを確実に残すのですが、案内状なので、それをしなかったことまで記憶しているんですが、どういうことだろう。

この間も祭典の時間を確認されて、案内状送ったですけど、見ておいてくださいと言って、一応、時間を伝えたのですが、認知症の始まりでしょうか。。。

大チョンボであることは確かなんですが、本当に自覚がないのです。
たしかに、昔から忘れっぽい方ではあるんですが。

お店の注文の処理もそうですが、社務もより一層、忘れっぽさを自覚し、しっかりとミスの起こらないやり方を構築していかないといけないといけないと思う今日の大チョンボでした。

で、とりあえず、今日で 11 月もおしまい。

明日から 12 月です。今日は雨なのもありますが、急に寒くなりました。

明日も、祭典が続きますが、2 日からは、メッシュパレットの買い物に九州まで行ってきたいと思います。

FISKARS セールも今日まで。数名の方にキャンペーンを利用していただきました。読者の方が増えてきたようで、とても嬉しく思います。

しばらくしたら、クリスマスセールをしないといけないなと思っているんですが、単なる値引きがいいか、それともくじ引きにしようか、アイテムは何にするか、考えています。

萌死しそうだ

友人の日記に萌え萌えする写真が。

アルファのディーラーに 4C の展示車があったようです。

4C はこんな感じ。

057_o

http://autoc-one.jp/alfaromeo/report-1489204/ より引用

こう、なんと言えばいいんでしょう?

毎日ラーメンだと、たまに、うどんが食べたくなるというか、まあ、別にね、エリーゼがよろしくないと言っているのではなくて、古女房よりも、若い子に目移りしているというか。

で、高いなー、と思ったら、ユニックよりは安いから、そう考えると、大したことはない。値段だけは。

とはいえ、4C 買うか、と聞かれたら、そんな金があるなら、SAMI の薪割り機を買う、と答えるでしょうし、SV100 でもいい。

結局仕事をしないし、買っても楽にならない。だから、欲しいとは思っても行動に移さなくなった。それがオッサンという生き物の生態なのかなと。

一番の問題は、DBW にものすごくアレルギーがあること。NC では、耐えられなったんだけど。それも怖い。

なんだかんだで、死ぬまでエリーゼだと思います。

スケルトンバケット購入

毎度、ヤフオクです。

いつも 408 を走っている時に気になっていた建機ワールドさんが出品していたので、直接店舗に買いに行くことにしました。

kenkipartz-img600x553-141691102220gw0t22823

石積みの際、石垣の裏にグリ石を詰めるのですが、グリ石、買うと 10t ダンプで運賃込みで 3 万以上します。

よく考えずに、2 台も買ってしまったのですが、落ち着いて、氏子区域を見渡すと、真砂土を採掘している現場が何箇所もあり、そういうところでは、通した後のガラが大量に発生しているわけです。

当たり前なんですが、彼らにとってガラはゴミなので、いくらでも貰えるわけです。
区長さんにお願いして、協力してもらいました。

ただ、この場合、通した後のガラなので、礫も混じるため、裏込め材にはそのままでもいいんですが、石を積んだ時に飼石として使うものを選別しないといけないので、その手間を節約するために買うことにしました。
スケルトンは、解体工事の際のガラ選別などにも使えるので、活躍してくれそうです。

これで、バケットは、標準、法面、スケルトンを揃えることができました。
氏子区域の発展のため、真心を込めて、神社造営に邁進したいと思います。

伐採の後片付け

今日は、週末に兼務社で新穀感謝祭(新嘗祭)があるので、その準備で、神社の清掃などをしていました。

参道にある木を一本伐採しておいたのですが、枝はあらかたダンプで搬出していたのですが、積みきれないものが残っていて片付けをしました。

もともとおざっぱな性格で整理が苦手なのですが、肝心の枝切り鋏が見当たらず、出かけようと思ったら銀行さんがやってきて、結局 10 分ほど集合時刻に遅刻してしまい、片付けのスタート。

この間、かれこれ 10 年選手の新ダイワのチェンソーをオーバーホールに出したのですが、仕上がってきて以来、初仕事です。

新ダイワはもっぱら玉切りに使っているんですが、ソーチェンはパワーシャープを使っています。14″ なので、PS52 ですね。

6〜7m ほどの木だったんですが、周りが桜の老木ばかりで、枝を折ったら枯れてしまいそうな雰囲気なので、枝をあらかた落としてからユニックで吊った状態で伐採をして、倒しておいたものの整頓をしました。

ヒノキっぽい(庭木です)んですが、幹の部分はもったいないので捨てずに取っているんですが、節が多く、まともな薪にはなりそうにありません。

いつもなら、ちゃんと枝は破砕してチップにしてから捨てるんですが、最近はあまりに仕事が溜まりすぎて、どうにもならないので、今回はただ単に野積みしただけなので、後で難儀をしそうな気がしないでもありません。

さて、パワーシャープですが、目立てが上手な人的に言えば、お金の無駄なんでしょうが、自分は、伐採の時に地面すれすれだとか、場合によっては、根を切る必要があったりするので、すぐ切れなくなってしまうので、自動目立てのパワーシャープというチェンを使っています。

http://www.oregonchain.jp/powersharp/index.html

普通のチェンに比べると、1.5〜2 倍くらいしますし、最小に専用のバーに交換しないといけないので、ちょっと思い切りが必要ですし、切れ味に関して言えば、あくまでも個人の主観ですが、研磨する際にどうしても偏ってしまうし、自動研磨だから修正のしようがないので、そういう意味では劣ると言わざるを得ません。

http://kimaru-giken.com/kimaru/index.html

キマルという目立て機について教えてもらったんですが、こっちのほうが、細かく研磨できるから、最初は高くても、長い目で見れば安く上がるのかもしれませんし、刈払い機の刃物の研磨できるなら、そっちも助かるし、持っている人がいるようなので、機会があれば見せてもらおうと思っています。

それと、チェンオイル。

いままで、アルボロールを使ってきたんですが、チェンソーをオーバーホールに出した理由の一つにオイルの吐出が不安定になったことがあって、生分解性の場合、利用頻度が低いのでどうしても樹脂化してしまい、結果、オイル不足でチェンの冷却が不十分になってチェンが熱で伸びて緩んでバーから外れたり、そうかと思えば、大量に吐出してオイルまみれになったりで、水溶性なので洗濯はいいんですが、それ以上にデメリットが大きいので、鉱物油に戻すことにしました。

薪割り機 maniacs その 6

久しぶりの薪割り機ネタです。

紹介するよ、といっておいて、放置された感がありますが、今日は CHOMPER について書きたいと思います。

SAMI と同じく、自動運転機能があります(上位モデルのみ)が、CHOMPER の一番の特徴は、原木をシャーリングで玉切りするとともに、材を送る(=割る)機能も兼ねている、という点です。

切断にチェンソーを使わないので、ほとんど木屑が出ず、ソーチェンやチェンオイルが不要です。

原木の供給は、ワイヤーをかけて、ウインチで引っ張るようになっていますが、通常はこういうことをすると、泥が付着して刃物が傷んでしまうのですが、CHOMPER はシャーリングで切断するので、泥などの付着の影響をほとんど受けないため、そういう仕組みになっているようです。

個人的には、面白いな、とは思いますが、じゃあ欲しいか、というと微妙ですね。

原木の供給がワイヤーで引っ張る仕組みである以上、その部分の自動化ができません。また、CHOMPER 自体には問題なくても、製品の薪に泥が付着しているよりはしていないほうが良いことは明らかです。

またシャーリングで切断する仕組みである以上、原木に曲がりなどがある場合、切断時に圧力で跳ね上げる可能性があるように感じます。

ただまあ、個性が際立つ薪割り機であることは確かだと思います。

キャンター EX

なんか、変なのが発表になってましたね。

141127_c_a

http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/news/news_content/141127/141127_c.html

今までは、ファイターミニヨンとか、フォワードジャストンみたいに、中型に小型のキャブを乗っけるみたいなのはあったんですが、見た目的には同じだけど、あくまでも、キャンターで、エンジンやなんかは 4P10 のままみたいです。

キャンターもそうなんですが、いすゞのエルフも 3000cc だけ、日野のデュトロは 4000cc しか排気量がありません。

実際、うちのは最上位モデルの T6 で、175PS なんですが、現実問題、流れの早い自動車専用道路・高速道路では積載すると流れに乗ることはほぼ不可能です。

ファイターだったら、6 発の 7.5L になるわけで、排気量だけ見ても 2.5 倍も違うわけで、まあ、本当に平地で、その辺をウロウロするだけでないときつんじゃないかな。。。

ていうか、俺の使い方のほうが異常なんだろうと思う。

実際、いすゞの営業さんには、エルフで四国から出られると思わないでください、的なことを言われたし、明らかにファイターのフルキャブが必要な用途だと思ったり思わなかったり。

ただ、予算の問題もあるし、積載の問題もあるし、サイズの問題もある。

それでキャンターなんだけど、EX ってなんのご利益があるのかと思うんですが、やっぱ、お化け的な用途でしょうかね?

AdBlue の消費量

運転スタイルによってかなりの差が出るようではあるんですが、今のところ、うちの場合どうなのかを考えてみました。

キャンターの現行モデル、175PS の 4t ユニック車、DUONIC で、かれこれ 9000km ほど走って、この内高速走行は 1/3 の 3000km くらいです。

高速道路ではないのですが、名阪国道のような自動車専用道路などの走行、夜間の幹線道路の走行など、長距離走行が距離で考えるとかなりの割合を占めているのですが、逆に、市街地を走る時は積載車として重機を積んでいるので、大抵フルロード状態、ということになりますから、結構負荷の高い運転の頻度が高い気がします。
ユニック付きなので、ユニック作業の時間もそれなりにあります。
走行していたら、10000km くらい、という感じがします。

新車の時に 10L 入っていて、サービスで貰った 10L、買った 10L、都合 30L の AdBlue を入れたわけですが、現時点で、4, 5L くらいが残りなので、10000km で 25L の消費、ということになりますね。1L あたり 400km というところでしょうか。

とりあえず、東京まで往復すると 2000km ちょっとはあるので、出かける前には満タンにしたほうが良さそうです。

もう在庫がないし、どこでも売ってないので、ふそうに電話をかけて、2 箱注文しました。

FISKARS の楔・ウッドグリッパー

雑貨屋 Hearth & Home の新商品なんですが、FISKARS 社の楔を仕入れてみました。

で、海外製品ではよくあることなんですが、この楔もご多分に漏れず、詳細なスペックが一切公表されていない中、仕入れてみたわけですが、倉庫から取り寄せてあったものの、ゴタゴタしていて、今日はじめて現物を見たんですが、思ったよりもかなり小ぶりでした。手のひらサイズ、という感じで、他の楔は 2kg ほどあるんですが、スケールが故障していて重さを計れてないのですが、見た目も手伝って 1kg くらいに感じます。

2014-11-27 01.19.15とりあえず、サイズを比較してみました。左から、星型、普通の楔、そして FISKARS です。

結構、原価が高いのと、楔なのでサイズが大きいと重たいので、それに見合った価格設定をしているのですが、ちょっと価格を改定しないといけない感じですね。

今のところ、星型(ダイヤモンドシェイプ)と、極普通の楔、それに FISKARS の 3 種類を扱っているのですが、まだ使ってないのですが、FISKARS の楔がどれくらい割れるのか、あと、こぶりなので使いやすいとは思う反面、埋まってしまうんじゃないか、という心配もあります。

星型の楔は、個人的な印象としてもとても埋まりにくいと思うのですが、FISAKRS の楔は、2 個セットで使ったほうがいいんじゃないか、と思ったりします。

とりあえず、サイズ不明という扱いで売っていたので、まあ、当然売れないわけですが、実物を計測して、サイズなどをきちんと表記したいと思います。

後、原産地。これ、個人的には非常に重要と考えているのですが、フィンランド製でした。

それと、ウッドグリッパーも届きました。

ファイヤーサイドさんのものと多分同じだと思うんですが、決定的な違いが。

台紙がついてなくて、本体だけ。

こういっちゃなんだけど、ぱっと見は、ガスのゴムホースみたいなもんだから、値段を考えると、すごくガッカリ感が漂いますね。

問題点と考えるかどうかは微妙なところですし、耐用年数をどれくらいと思うかは人それぞれでしょうが、ゴムホースが本当にゴムホースなので、明らかに旧来のトングに比べて、寿命が短く、屋外などで放置すれば、ゴムが劣化、亀裂が生じて破断することは容易に想定できます。

また、先端のフックはそれほどシャープではないですが、一応、保護キャップは付いてはいるんですが、自分の性格だと、あれ、早晩に失くしてしまいそう。

薪割り機として、WR-6 を導入しようかどうか悩んでいるんですが、WR-6 を使うのなら、ウッドグリッパーはかなり相性が良さそうに感じます。

ゴムホースなので滑りにくそうだし、かなり太めなので、耐荷重的にも不安は感じさせない作りでした。

神社のほうがかなり忙しいので、薪割りの時間が取れないのですが、楔とウッドグリップ、早々に試して見たいと思います。

【広告】煙突ダンパー

雑貨屋 Hearth & Home では、煙突ダンパーを扱っています。

これ、本当にコストパフォーマンスのよいパーツだと思うのですが、それなりに引き合いがずっとある商品なんです。

ということは、逆に言えば、最初についていないストーブがそれなりの数ある、ということでもあると思うんですよね。

取り付け自体は、それほど難しくない(と思っている)のですが、時々作業について問い合わせがありますので、簡単にまとめておきます。

なお、雑貨屋 Hearth & Home では、施工は有償でも承っていません。

まず、煙突ダンパーという部品ですが、簡単にいえば、煙突を詰まらせるものです。なので、煙突の引きが悪い、という状態を改善するためのものではなく、寧ろその逆で、煙突の引きを悪くする、という目的で設置するものです。

まあ、悪くする、という表現だと誤解が生じそうですが、調整をするといっても、やることは、引きを悪くする具合を調整できるだけで、引きを良くすることはできません。

そもそも論として、引きの悪い煙突というものは、存在してはいけないので、基本的には、すべての煙突にはダンバーがあった方がいいんじゃないの、と最近は思ったりしています。

とはいえ、ついていないなら、つけるしかありませんが、ダンパー付きの煙突って、何万もするものなんですね。。。

実は、オークションで問い合わせがあったのですが、Hearth & Home では、煙突も扱っていて、ダンパーセクションは数千円の部品なものですから、簡単におすすめしてしまいました

さて、作業についてですが、ダンパーは、頻繁に操作をするものですから、使いやすい位置に設置する必要があります。
向きについては、完全に趣味の問題だと思います。

取り付ける高さについてですが、ストーブのすぐ上、煙突との接続部分がシングルになっていて、後付の場合、その位置に取り付けるケースが非常に多いように思います。

うちの場合、dripless flue extension という名前だったと思うのですが、ストーブと煙突とのジョイントパーツがあって、ここのごく一部だけがシングル状態なので、そこに取り付けました。

後付ダンパーの構造上、分厚い断熱煙突に取り付けるのはかなり困難ですので、室内にシングル煙突部分がない(普通はそうだと思います)のなら、取り付けられる場所は自ずと限られてしまいます。

逆に、ある程度シングル部分が立ち上がっているのならば、途中に取り付けることも可能になりますが、この場合、海外では、子供がダンパーを操作しないように、160cm 以上の高さに取り付けることが推奨されているケースもあります。

「ダンパーが高い位置で操作できないにしても、ストーブ本体の操作ができるんじゃないの?」、と思われるかもしれませんが、ダンパーは先に書いたように煙突を詰まらせる機能ですから、不適切な操作による不完全燃焼や、それに伴いドラフトが弱まり、場合によっては室内に一酸化炭素の逆流などの事故が起こるリスクもあります。

完全に室内の空気を使わない状態(非常に気密性の高い外気導入を利用していて、ストーブがエアタイト構造である)以外は、ダンパーの有無によらず、室内が負圧(陰圧)になれば、そういうリスクが発生ます。

ストーブはしっかりと燃焼している状態では巨大な換気扇のようなものですが、外とつながっている、ということは、場合によっては、外からの空気が室内に逆流する経路ともなりうるわけで、少し考えればわかりそうなことですが、確率としては、相当低いものの 0 ではない以上、ダンパーを取り付けるのであれば、なおさら一酸化炭素警報機は設置していただきたいと
思ったりしています。

ちょっと脱線しました。

ダンパーを取り付ける位置が決まれば、後は穴を開けるだけなのですが、これが結構大変、と感じる方が多いようです。

まず、穴の位置決めについてです。

簡単、正確に穴の位置を決めるには、まず、帯状の紙を用意し、それを煙突に巻きつけます。
そうすると、円周が正確に計れますので、その状態で二つ折りにすれば、穴を開けるべき位置が一発で決まります。
帯状の紙は可能な限り幅がある方が斜めにならないので、正確に円周を測ることができます。
当然ですが、正確に矩が出ている紙を使ってください。(普通のコピー用紙で十分)

位置が決まれば、ポンチなどでマーキングをしてください。

マーキングをしないで穴を開けようとしても、ステンレスで非常に硬いので、ドリルの頭が滑って位置がずれたり、ケガのもとになります。
また、万一滑った場合に備えて、養生テープなどで、煙突の傷を防止してください。

大きなお世話ついでに言えば、ドリルなど回転工具を使用する際には、軍手を使用してはいけません。軍手は回転する刃物に巻き込まれると、その結果、手が刃物に引き寄せられて大怪我をします。非常に危険です。

そして、スタイロフォームなどで、煙突が変形しないように煙突の内径に合わせて詰め物をし、しっかりと固定して、ドリルで穴を開けます。

ドリルは 6mm ですが、自信がない人は、いきなり 6mm で開けずに細いものを使ってリーマーで穴を大きくした方がいいかもしれません。ただ、細いドリルは折れやすいので、自分は 6mm で一発で開けるほうが楽だと思います。

後は、ただ単に串刺しにするだけで、難しいことはなにもないと思いますが、ダンパーは鋳物で、精度がそれほど高いものではないので、バネで押さえつけられている側にバリなどが残っていれば、スムーズに回転するように研磨するなどの一手間はかけていただければと思います。

それと、軸が銀色で貧乏臭いと思いますけど、メッキされていますから、そのまま塗装してもたいてい剥げます。
どうしても塗りたい人は、足付して、脱脂し、それから耐熱塗料で塗装してください。

ダンパーの効果については、かわはら薪ストーブ本舗さんが動画をアップしてくださっていますので、どのようなものか、御覧ください。

http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-46.html

最後に、お約束ですが、DIY は自己責任でお願い致します。

重松的には、ダンパーは有用なパーツと思いますし、正確な情報を発信するように努めてはいますが、このエントリーの情報の制作さ・有用さは無保証ですし、ダンパーを取り付けた結果、あるいはその作業に伴う事故や怪我についても、この記事が原因であっても、責任を取ることはできませんので、予めご了承ください。

木材乾燥庫 → しいたけ乾燥庫

日本農業新聞のこんな記事を発見しました。

10733718_721029264648358_7242477111936005277_o

黒く塗ったトタンで温めた空気をビニールハウスに送る、という構造のようです。

登米町森林組合というところが考案したようです。

ネット上の他記事。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201409/20140927_12011.html

シンプルではあるものの、効率はそれほど良いとは思えないんだけど、もともと、建材を低コストに乾燥させるために考案されたもののようで、実績は確かそうで、これで、薪やしいたけが乾燥できないかと思案中。

前々から気になることがあるんですが、例えば、ビニールハウスのように断熱性能が全くないに等しいものでも、夏場であれば蒸し風呂に近い状態になるわけで、それで十分なのか、それとも、トラックの冷凍箱だとか、海上コンテナ(リーファー)なんかのように断熱性能が確かなものが良いのか、という問題です。

木材乾燥機の方の記事もありました。
http://kokoropress.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html

立派な設備ですが、乾燥の対象が薪だと、見た目だけで、採算に乗るわけがない、と感じてしまいますね。

11 月に伐採したものをまる 1 年できっちり乾燥させればいいので、太陽熱利用の乾燥は、あくまでも含水率をある程度まで落とす補助的な乾燥手段として使い、出荷前に、真空乾燥機などできっちりと乾燥させるというようなやり方が良さそうです。