薪割り機共同購入 輸送手配の進捗 7/31 現在

薪割り機のその後の進捗です。

米国 Brave 社からの出荷のトラックの手配の問題で、薪割り機だけを LCL で輸送することになりました。

自分のものだけなら、この暑い時期には薪割りを急いでやる理由はないので、東海岸に運んで、知り合いのコンテナに相乗りするところですが、納期が予定より押しているので、西海岸に運んで、東京港(横浜港)着ということで、その間は、フォワーダーさんに一任することにします。

現在調整中ですので、出荷日、ブッキングなどのスケジュール情報が確定し次第、再度、報告いたします。
週末を挟むため、来週には結果が出ると思いますが、通常、3 週間程度かかることが多いです。
8 月中にはなんとかなると思います。

なお、今回は LCL になるので、混載は諦めて、というか、まあ、LCL 自体が混載といえば、混載なんですけど、2.5m3 というものすごく嫌な感じのボリュームなので、運賃が一番お得にならない臭が立ち込めています。

とはいえ、共同購入を申し込んでいただいた方には、概ね 25 万円を超えない程度の額、とお知らせして、その条件で相乗りいただいているわけですから、超過分はこちらが被らせてもらいますので、ご安心ください。

南側基礎立ち上がり打設・神門アク洗い

2015-07-30 16.26.37昨日は南側の基礎の立ち上がりの打設も終わりました。

高く打ち過ぎたところがあって、レベラーがやたら薄いところがあったんで、仕上がりが気になります。
レベラーは、1.5 袋で、2.5 袋も余ってしまいました。すぐに使えなくなるようで、もったいないなぁ。

後は脱型して、資材の片付けをすれば、一段落です。

型枠で使った釘などが落ちているので、パンクしないようにある程度は拾い集めないといけないので、ちょっと先が思いやられます。

午前中で打ち終わったので、午後からは神門のアク洗いをしました。

一部、苔で緑色になったり、カビで黒ずんでいるので、CPR というログハウス用の洗剤 を使います。

CPR は、米国 Sashco 社 の製品で、Sashco 社はログハウス用の各種メンテナンス製品で定評があります。

以前は、ミヤキカビスケ を使っていたのですが、強力すぎて白く色が抜けすぎてしまうこと、塩素の匂いが強すぎて防毒マスクが必要なレベルで、最終手段として、通常は、それ以外の方法で対処しようと思い、最近は塩素系ではない CPR を使っています。

高圧洗浄をすれば楽でいいんですが、木肌が痛みすぎるので、動噴で散水する程度で CPR によって浮いてきた汚れを洗い流しました。

とりあえず、汚れすぎているので、一度洗ってもあまり綺麗になってないと思うし、防腐処理の時間もないのですが、足場だけは解体しておく必要があります。

今日はいよいよ夏越祭なので、頑張って準備して、無事に乗り切りたいと思います。

レベラーでの天端仕上げの結果

2015-07-29 10.04.33今回は、基礎の天端の仕上げにレベラーを使ってみました。

脱型前の写真。

天端ビスの頭が少し見えていますが、このビスの高さに合わせてレベラーを注ぎました。やったことは、ただそれだけ。

今までと比べると圧倒的に時間が短縮されます。

比較的硬化するまでの時間が短く、注いでいる間にも固まりかねない感じで、急いで流しこむ必要がありました。

2015-07-29 11.43.47

脱型してみたんですが、まあまあですかね?

写真じゃあわかりにくいかもしれませんが、表面の 1cm 程がレベラーなので、少し色が違います。

手前に写っているのは、余った生コンで作ったのぼりのベース。
買うと一個 1,000 円以上するのですが、100 均のゴミ箱を型枠代わりにして作りました。

昨日は、外した型枠を掃除して、反転して反対側に建てたので、今日は生コン打ちをしようと思います。
なんとか月内に基礎は完成させることができそうです。

2015-07-25 10.26.59で、神門はどうなったのかって?

実は、25 日に足場を組んだものの、提灯を外して準備をしたまま、手付かず。。。

かなりヤバい!

多分、午前中で生コンが打てると思うので、午後から CPR で洗浄して、塗装は諦めてまた今度にして、足場を解体しないと間に合わない感じですね。

兼務神社の茅の輪づくりもあるんだけど、顔を出すのがやっとの予感。

総代さんたちがブログを読んでくださっているとは思いませんが、まあ、サボっているわけではなくて、テンパっているだけなので。

熱中症で死なない程度に気合を入れて、夏越祭、乗り切りたいと思います。

模擬店の準備もあるんだけど、大丈夫なんでしょうか、かなり心配になってきました。

おが屑との戦いの切り札、着弾!

2015-07-29 21.41.22アメリカより秘密兵器が届きました。

その名は、Dust Deputy(ダスト・デピュティ)、ダイソン掃除機でお馴染みのサイクロンです。

横になっている方が吸入口で、上に掃除機などを繋いで、遠心力でゴミを分離するアイテムです。

チェンソーや丸鋸で玉切りをした時に発生するおが屑ですが、放置すると飛散して腐って虫が湧いたりしても困りますし、かと言って片付けるのも面倒という横着者なので、今までも Dust Deputy を使って集塵していたのですが、いちいちつなぎ替えるのが面倒くさいので、もう一つ買いました。

以前、ペール缶が2つついてくる完成品を買ったんですけど、はっきり言って、高いだけなので、その部分は自作すれば問題なしと判断して、今回は、サイクロン単体の DIY 用を買いました。

ゴミの収納部分は自作すれば、容量も 20L よりももっともっと大きくできますし。

ちなみに、お値段は約 $50, 米国内の送料が $10 なので、品物自体は、8,000 円弱。

高いといえば高いんですが、以前、カラーコンを使って「トルネード英雄號」ってのを作ったんです。

が、色々難儀をして頑張った割には、やはり分離力が弱くて、DIY の限界を感じたので、肝になるサイクロン部分は買った方がいい、という判断に至ったわけです。

で、オフ・コーポレイション さんで買ったんですけど、まあ、結構高かったわけで、今回は輸入した、ということです。

ちなみに、英雄號がペール缶で、集塵ホースにアルミダクトを使っているの粉じん爆発を防止するためです。
Dust Deputy は樹脂製なので、静電気対策が必要になります。

で、これ、Balfor のエンジン式丸のこに組み合わせて使いたいんですが、当然、エンジン式なので、電源がないところでも使うわけで、掃除機部分をどうしようかと頭を悩ませています。

なんかうまい方法はないもんでしょうかね?

このサイクロン部分、本当に性能が良くて、99% は大げさでなくて、本当に大部分のゴミが集じんでき、集じん機本体の掃除の頻度を激減することができます。

相当おすすめできるアイテムですので、そのうち、雑貨屋でも扱おうと思っています。

基礎立ち上がり部を打ちました

2015-07-28 12.24.54一昨日、月曜日は雨で作業ができず、昨日にずれ込みました。

型枠をサポートで補正して、10 時から打設、12 時過ぎに終わりました。

その後、アンカーボルトを埋けて、天端ビスも埋けました。

いや、天端ビスもそうですが、レベラーは便利ですね。

最初はこんなもんが固まるのか、と思っていましたが、比較的短時間で固まり始めて、水のようにシャバシャバなので、本当に流すだけで天端が仕上げられます。

コテで押さえただけでそこそこ仕上がるかと思っていたんですが、レーザーで図ると、高いところと低いところで 10mm 位の差ができていました。

結果、レベラーは 3 袋使ってしまいましたので、また買いに行く必要が出てきました。

さて、豆板にならずに仕上がったか、気になります。

途中で折り返しになり、30 分ほど空いた部分がちょっと心配。

予定は大きくずれてしまいましたが、あと少し、頑張りたいと思います。

【広告】パスメイトが入荷します

pathmate-do-it-yourself-cobblestone-look-walkway-molds-d-2009050716240936~411730_alt1

雑貨屋 Hearth & Home 暖炉家 は、ログハウスと薪ストーブの輸入雑貨を名乗っているのですが、もともとお店をスタートした経緯は、丸太小屋のセルフビルドを始めて、内外の価格差に驚き、同じように DIY を楽しむ人に、日本ではまだ販売されていない商品、販売されていても割高な商品を提供したい、そういう思いが最初にあり、自分の必要な物を輸入する際に販売用の商品も仕入れて、輸送コストをセーブすることから始まりました。

少なくないアイテムが薪ストーブ用品なので、薪ストーブ雑貨屋さんみたいですが、そういうわけで、ログハウス用の工具やメンテナンス製品、木工用品などがラインナップされているわけです。

もともとログハウス向けの需要は殆ど無いので、開店休業というか、閑古鳥状態ではあるんですが、その中で、まあまあ売れているアイテムが パスメイト です。

カナダ Scepter(セプター)社の商品で、比較的簡単に石畳風、レンガ風の舗装がセメントで作れるモールディング(型枠)です。

DIY をしたことがある人ならば、わかると思うのですが、コンクリートを用いた作業は、少人数、特に一人、あるいはご夫婦などでは、困難を極めます。

理由は単純。

コンクリートは時間が経つと固まってしまうこと、また分けて打つことができないので、作業したい範囲を一気に施工する必要があるためです。

しかし、パスメイトを使うことで、少しづつ分けて作業ができるため、空いた時間にコツコツと舗装をしていくことが可能になります。

石や煉瓦は、面積が広くなると材料代が非常に高額になりますが、パスメイトは、材料はあくまでもセメントなので、低コストで DIY を楽しむことができる便利グッズといえます。

長らく「タイル調ベルギー(#04244)」が欠品していたのですが、8 月初旬に入荷し、検品を経て、8 月中旬ころから出荷可能となります。

まだまだ暑い日が続きますので、屋外の作業には不向きでしょうが、秋になり涼しくなったら、庭のぬかるみなどの解消のため、パスメイトで舗装してみてはいかがでしょうか?

アッグ的薪割り機、ついに到着

2015-07-27 13.32.10

今日、昼一で運送屋さんから連絡があり、アッグ的薪割り機が配達されました。
思ったよりも小ぶりです。

2015-07-27 13.58.44早速、ブラケットを作ってもらうため工場に持ち込んでみたのですが、開梱してみると。。。

明らかに、輸送中に落としてますね。
どうしてパレットの中ほどではなくて、隅っこに乗っているのが不思議でならなかったんですが。。。

ボルトとナットはひとつ交換しないといけないと思いますが、すでにサビが発生していることからも、国内ではなく、それ以前、ということは英国内での積み込みの時と推測されます。

まあ、使用には全く問題がないといえばそうなのですが、それは商品がたまたま重機のアタッチメントだったし、自分用なのでよかったようなもんですが、これ、販売用なら、細かいお客さんならクレームになりかねません。

どの道、使ったら塗装も剥げるし、この程度の傷はすぐに付くんですけど、扱い自体がちゃんとしていない、事故が報告されない、そういう部分が一番問題ですね。とはいえ、ちゃんと出来るなら言われなくても報告が上がってくるわけですから、こういうことになる、という前提でもっと頑丈に木枠で梱包するとか、あるいはその梱包費用をケチって、補修で対応するか、輸入というのはそういう対症療法のスキルが必要だと常々思います。

それとは別に、これも実用上は問題がないし、値引きしてもらっているのでゴネるようなことでもないのですが、コーン部分はボルト 8 本でフランジに接続するようになっているんですが、穴が 16 個も開いているわけです。
そして一つ置きに「X」とマーキングしてある。

どういう具合だろうかちょっと悩んだんですが、よく見ると、穴の一つに折れたタップが突き刺さったままなんですよ。
十字になっているので、ボルトではなく、タップです。

ロータスで十分慣れているけど、やっぱりね、というような仕上がりでした。

まあ、日本製に慣れている人には、とても耐えられないと思いますから、やはり割り切れる人でないと、輸入品は難しいと思いました。

崖が崩れました

2015-07-26 18.29.07

今日は夕方より兼務神社の夏越祭でした。

通れないとは聞いていたんですが、思ったよりもひどく崩れていました。
農道に引っかかった分は復旧されていましたが、境内はこれからです。

総代さんたちは、土羽で上げると言っているんですが、正直、パッと見たところ緩くて一割勾配、下手をしたら 8 分くらいかもしれないので、いくらなんでも無理かと。

大型重機が使えない現場なので、テンサーやネトロンを使ったマキセル多段積みで復旧し、植生させるのが美観的にも、コスト的にも、最良ではないかと思うんですが、それでも比較的高コストなので、もう少しトーフを積んで再生 RC に高炉セメントを混和したものを裏込して、後数メートル上げてからにした方がいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。

はてさてどうなることやら。。。

北側の基礎型枠工事をしました

2015-07-25 17.15.38

今日は猛烈に暑かったですが、北側の基礎型枠工事をしました。

脱型してみたんですが、昨日、頭数が足らない状態でフーチング打ちをした結果は、お約束のジャンカの大量発生につながりました。

整地すると、結構広く見えたんですが、こうやって型枠を立ててみると、とても狭く小さく感じます。
とはいえ、この丸太小屋の倍の面積なので、お宮の色々な資材の収納には、そこそこ活躍してくれそうです。

で、図面では気づかなかったんですが、間口が 2.4m なんですが、これって、柱の芯々なんですよね。
柱は三寸五分だし、基礎は 15cm なので、実際の最小開口は、 2,250mm ということになります。

ユニックで入るし、ファイターのアームロールを買ったら、それも入れるように、と伝えてあったんですがね。
キャンターでも坂を下りながら、かつ、曲がりながらはいらないといけないので、非常に難しそうですが、今更ですね。

2015-07-25 21.00.28作業が終わったら、今日は秘密兵器の買い出しに西村ジョイに行きました。

レベラー用のビスなんですが、天端を打つときに、仕上げたい高さの 1cm 位低いところに目安の墨と釘を打っておくのですが、そこを木コテで荒仕上した後にこのビスを埋けておくわけです。

名前はそのままで、天端ビス、というようです。

ある程度硬化したタイミングでレーザでレベル出しをするわけですが、ビスだから回して正確に天端のレベル出しができ、あとは、このビスの頭が隠れるか隠れないか、というところまでレベラーを流しこめばオッケーというすぐれものです。

100 個入りで 2,700 円(税込)でした。

レベラーは使ったことないので、今回、どういう仕上がりになるのか、楽しみです。

明日は日曜日だし、神社の祭日なので休工です。

月曜日は、10 時に予約してあるんですが、一部型枠が垂直に立ち上がっていない部分があるので、朝、サポートで突っ張って、生コンが来る前に頑張って修正したいと思います。

配合は、24-12-20 でいったら硬すぎました。
これもジャンカの原因。

24-15-20 とはいったものの、素直にもっと柔らかくしたほうが鉄筋量も増えているので、いいのかなと思う今日このごろ。
24-18-20 くらいにまで柔らかくするか、悩みどころです。

今度は、気合を入れて、豆にならないように頑張ります。

輸入許可通知証などが届きました

アッグ的薪割り機・cone splitter ですが、遠路はるばる大英帝国より届き、輸入許可が出て、来週にも配送されることになりました。

EMS-05使い回し画像ですみません、こんな薪割り機です。

ちなみに、ドリルは φ200mm で、黒い部分はおそらく超硬、この部分のみ交換できるので、破損時の修理が経済的なつくりです。

実は、この薪割り機、赤いのと青いのがあって、当然ですね、赤いほうが性能がいいですよ。通常の 3 倍。w

赤いのは、値段が 1.5 倍くらいするので、青いのにしたんですけどね、ザクとは違うのだよ、ザクとはっ!ということで、グフくらいの働きは期待したいところですが、そう考えると、グフっぽい色に見えてきました。

あ、どうでもいい情報としてですね、ランバ・ラルは 35 歳です。
ランバ・ラルよりも長生きしてしまうとは。。。

で、皆さん、関心があるのは、輸入ってどれくらいのコストがかかるのってことでしょうが、今回は、重量 250kg, 容積 0.5m3 で、次のような状態でした。

  • 英国内運賃 50 ポンド(約 9,500 円)
  • 英国 → 日本の海上運賃 29,618円
  • 日本国内運賃 13,414 円

国際部分が安いのか、それとも国内部分が高いのか。。。

今回は、業者さんに通関などを依頼したので、諸税(今回は消費税のみ) 17,500 円を合わせて、英国内配送料を除いて、107,356 円でした。

ちなみに、前回同様、こういうキワモノは、税関も怪しむのか、検査になりまして、その部分だけで 16,257 円もかかってしまっています。

まあ、消費税額から、ブツの値段も逆算できるってもんですが、重機用のアタッチメントとしては、かなり安く手に入れることができたのかな、という印象です。

後は、物が届いたら、油圧クイックでワンタッチ取り付けできるようにマウンティングブラケットを作成しないとならないんですが、このタイミングだとおもいっきりお盆休みに引っかかりそうですしし、それ以前に、割る原木もないので、「圧倒的じゃないか」のエントリーはちょっと先になりそうです。

まあ、使いものにならない、というオチもありえるんですけどね。