名古屋方面に向かっています

2015-09-30 14.30.07今日は、朝、土地家屋調査士さんとの打ち合わせがあり、11 時に出発したので、ようやく道の駅おかべに到着です。
なんとか、今日中に亀山トラックステーションにたどり着きたいと思います。

深谷といえば、薪屋な不動産屋さんの縄張りだと思うのですが、到着が夜遅くになってしまうので、寄る時間がありません。

ちょっと休憩したら出発ですが、荷物の固縛状況を確認して、安全に運行したいと思います。
組み立てた薪割り機は、愛知で下ろす予定です。

途中、蓼科でカゴの回収をしたかったのですが、時間がないとの、積むスペースがないので、次回に順延したいと思います。

組み立て会でした

今日は かわはら薪ストーブ本舗 さんで薪割り機の組み立て会をしました。

2015-09-29 10.11.52

まずは、箱から出して、部品のチェックをしました。
最も重たい部品は、シリンダーを含めた薪割りフレーム部分ですが、二人で持てば、十分持てる重さです。
ただし、グリスが塗っていあって滑りやすいので注意は必要ですが。

組立中は、手がグリス等で汚れていて写真はありません。
川原さん達が写真をとってくださったので、多分ブログにアップされると思います。
facebook の写真では、ジーンズのサイズがゆるくて、思わず背中やなんかが出てしまってます。

組み立てはマニュアル通りだと組み立たないとか、落ちがありました。
バリなどが残っている部分があって、ちょっと組み立てにコツが居る部分など、ハマリポイントが微妙に散りばめられていて、なんだかんだで 2 時間ほどかかってしまいました。

組み立ては、やはり一人だと、ちょっときついと思います。

2015-09-29 13.35.40

完成後に試運転中です。
一緒に購入した H さんが試しに割ってみています。

やはり、20t の能力があるので、殆どの物はスムーズに割れます。
股になっている部分ですが、砕けたり、木目にそってウエッジが触れるかと思ったのですが、切ったのには驚きました。

エンジンも GC とはいえ、ホンダなので、コンパクトでパワーもあって、バランスが良い薪割り機だと思いました。

組み立てと、動作確認程度なのですが、今後、愛媛でも組み立て会をして、使い込んで行きたいと思います。

参加された方から、次の募集はしないのですか、と聞かれたのですが、しばらく使ってみて、問題が出ないことを確認してから、考えたいと思います。

川原さんには、場所の提供と、ロケットストーブで作った、炊きたての御飯とおでんをごちそうになりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

薪割り機が届きました!

ようやく薪割り機が届きました。

2015-09-28 17.19.14

予定では、11 〜 14 時のあいだに検査、ということで、15 時には受け取れると踏んでいたのですが、17 時過ぎになりました。
なんか、15 時に間に合わなさそうで、U さんとの待ち合わせもあったんで、奮発して首都高に乗ったんですけどね、嫌な予感が的中してしまいました。

2015-09-28 17.36.25

1 台は引き取り、1 台は発送で、1 台は自分のなので、3 台が配達です。
先ほど、H さんに届けました。

今朝は薪の配達から始まったんですが、疲れたんで、そっちは後ほど別のエントリーに書きたいと思います。

31 時 大阪到着

2015-09-27 06.57.10

薪の配達で、長野に向かっていますが、只今の時刻は、26 日の 31 時であります。
いい加減眠いです。

兼務神社の修繕の件で話し合いがあって、予定よりも 4 時間出発が遅れてしまいました。
曜日を考えずに岡山に泊まろうと思っていたんですが、今日?は土曜日なので、岡山は休みなんです。
仕方ないので、頑張って大阪まで走りました。

途中、贅沢をして児玉で降りず水島まで高速使ったんですが、4 分しか到着予想時間が減らず、金返せ、ってな感じでした。
もう絶対乗らない。w

それはそうと、西宮名塩の駅前から集落を抜けて走っていた国道のバイパスが知らない間に開通していて、ものすごく良くなってました。
Google Maps はまだ反映していません。
いつの間に出来たんだろう?

それでは、皆さん、おやすみなさい。

【広告】薪割り機の組み立て・斧の試し割りイベント

共同購入の薪割り機が届き、いよいよ来週の月曜日に検査後、引取となるわけですが、はるばる愛媛から東京にまで出かけるので、かわはら薪ストーブ本舗さんと薪割り機を組み立てて、薪割りのデモしてみよう、という話になりました。

そこで、急なんですが、9 月 29 日(火)に、かわはら薪ストーブ本舗さんで、薪割り機の組み立て・斧の試し割りイベントを開催することにしたいと思います。

一応、FISKARS の斧や、LogRite の Timberjack、その他にも、Firewood gripper といった小物を持って行きたいと思っています。オンラインショップなので、在庫は全て倉庫にあずけてあるのですが、手元にあるごく一部の在庫は持って行きたいと思いますので、そういうものは、即売したいと考えています。

平日で、もう、何日もありませんが、都合がつく方は、ぜひ、遊びに来ていただければと思います。

場所や時間など詳細は、かわはら薪ストーブ本舗さんの告知 を御覧ください。

オリジナル角トップの開発

2015-09-25 12.46.06

少し前に煙突工事を見学させていただいた理由ってのは、実はこれだったんです。

ICC 社のエクセル煙突は、信頼性の高い煙突である反面、ビスで固定する方式あるため、断熱材が密閉されていないため、台風などで絶対に水が入らないのか、というと物理的にそういう構造になってない以上、その可能性は多少なりとも残るわけです。
そういう施工でメーカ的には問題がないし、北米の仕入先の見解としても、カナダの極寒のエリアから、北米全体で使われているモデルで、問題が起こることはないというスタンスのようですから、まあ、ほぼ問題なくて大部分のケースでは杞憂であろうとは思うのですが。

角トップ自体は、ICC 社のラインナップにないので、選択したくてもできない、という状況がありました。
というわけで、オリジナルで作ってみたわけです。
氏子さんに頼んで作ってもらっているんですが、忙しいようでベース部分のプレートが足りませんでした。
完成までにはまだ少し時間が必要なようです。

他にもこの前現場を経験して、いろいろと気づいたことがありました。

例えば、今は 1mm のステンレス板で作ってあるのですが、非常に重たいのです。
屋根の上での作業になるため、軽量であることはかなり重要に感じます。
と同時に、雨仕舞や防火に関わる重要な部材であるため、強度や確実な防水性能は疎かにはできません。

そういう部分を踏まえて、より品質が高いものに仕上げていきたいと思っています。

原木の入荷と薪の販売の再開

2015-09-25 15.54.20

秋になり伐採が始まり、作業道をつけるために伐採されたのものの入荷が始まりました。
分別されていないので、細いものも混じっています。

まあ、こちらで分けるしかないのですが、コーヒー缶くらいの太さのものもありますから、プロセッサに掛けると細くなりすぎるため、少ないくない量は Balfor のエンジン丸のこで処理しないといけないです。
エンジン丸鋸のほうが速いんですが、人力で運ばないといけないのでちょっとかったるいです。

2015-09-25 15.59.31

この量で 6t だそうで、12 カゴくらい作れることになります。
ただ、今回は歩留まりが悪そうなので、10 カゴ作れればいいほうかもしれません。

原木の値段が値上がりしてしまったので、価格は値上げせざるを得ません。

今年の薪の販売価格は、1kg あたり 25 円にしたいと思います。(生木)
雨ざらしの 1 年乾燥は 1kg あたり 40 円としたいと思います。
2 年物はまだ在庫がありません。
薪の配達は、メッシュパレット 2 パレット以上で、最大 6 パレットまで一度に運べます。
運賃は、都度見積もりですが、当方が雑貨の通関等で関東に出向く場合、行きは基本的に空荷なので、タイミングが合えば、格安で納品できますので、早めにご相談ください。

玉前神社 参拝

21 日には、玉前神社 に参拝しました。

2015-09-21 14.06.34

あいにく 工事中 でした。

2015-09-21 14.10.24

横から見たお姿。

2015-09-21 14.11.00

本殿。

2015-09-21 14.06.29

境内では、フラダンスの奉納がありました。
福島県のいわき市の JK の皆さんです。
いわれてみれば、おばちゃんも、おばあちゃんも、昔は JK だったわけで、嘘ではないのですが、この演目の立て看板、なんという名前でしょうか、どう見ても高校生には見えないので、間違えているのかと思いましたが、これが終わったらちゃんと捲られていましたので、正しい表示のようでした。

2015-09-21 14.18.56

変わった授与品に、厄落とし絵馬がありました。
厚紙でできているのですが、「厄」の字が抜け落ちる仕掛けです。
面白いなと思いましたが、厚紙なのがマイナスポイントですね。。。

2015-09-21 14.18.21

他にも波乗り守りなど、土地柄を反映したお守りが授与されていました。

境内はコンパクトで、その分、それなりに整備が行き届いた感じがしましたが、駐車場側の擁壁がコンクリートでその上に中途半端に薄い板石を貼り付けてあるのは残念でした。

古い間知石は捨てずにとってあるので、今の造営で積めば往時のお姿に戻るのではと思いました。

昔はタンガロイもダイヤもなく、クレーンもトラックもない中、間知石を積んだわけで、当時の職人さんの魂のこもった手仕事で切りだされた石です。

今の職人さんの仕事に魂がこもってないとも思いませんが、石積みの一つ一つにどれだけ丹精したのか、手間や労力が全く違うわけで、それが素人にも伝わる神社や仏閣の威容の本質であり、根源の一つであろうと思います。

また、時を経た石も、時間というのはお金では買えないものであり、長い年月で多くの参拝者を見守りって来たわけですから、更に価値の高いものです。

麗しく竣工すればと思います。

共同購入薪割り機、いよいよ通関です

出典 http://www.braveproducts.com

出典 http://www.braveproducts.com

ずいぶん長くかかりましたが、薪割り機 BRAVE 20 Ton Dual Split PCLS2013GC の共同購入ですが、いよいよ通関となりました。

今回は残念ながら、検査になってしまいましたが、輸入者(=Hearth & Home)は、まだまだ信用がないので仕方ありません。

関係各位には今しがたメールをしたのですが、結論を書けば、今回の総額は、本体 1,042,392 円、輸入経費(含む消費税) 295,496 円、都合 1,337,888 円でした。よって、一台あたりの単価は、222,981円です。

非常に似通っているホンダウォークのエンジン薪割り機 PH-GS20 は、定価で 480,000(税抜)、オンラインストアでは、270,000円 (消費税込:291,600円) というプライスタグですから、68,619 円ほどブレイブのほうがお安くなりました。

今回は、輸入代行ではなく、あくまでも共同購入なので、利益は一円も載せていません。
そういう意味では、純粋な原価です。

もっとうまく輸入することも、経営規模の大きな会社や組織なら可能なのでしょうが、ただ、個人レベルでも、数台まとめて輸入することでこれくらいの価格で米国から持ってこられる程度の薪割り機が、既存の流通もに乗るだけでびっくりするような価格になってしまう、そういう事実は明らかにできたのではないかと思います。

もっとも、アフターサービスもありませんし、ホンダウォークの場合、国内配送料も含んでいます(ユニックのチャーターは含まない、別途 +35,000 円)ですので、単純比較はできませんが、選択肢として存在しなかった、こういう薪割り機などの個人輸入がカジュアルに可能になった、その意味は小さくないと勝手に思っています。

今回、縁あって、一緒に薪割り機をゲットした人たちと、この一風変わった薪割り機の使いこなし、メンテナンス等を含めて、情報を共有・蓄積していきたいと思います。

もし、需要があるようでしたら、今後、継続してこの薪割り機の輸入代行を継続していこうと思います。
ただ、次回は自分が輸入するわけではなく、ついでではないので、通常の代行案件と同じく 10% の手数料はお願いする形となるかとは思いますが、それでも 250,000 円程度には、収まるとは思います。

会津散策の記憶

福島といえば、塔のへつり。
いや、西村京太郎サスペンスで見て気になったので、行ってみました。

IMG_3394

塔のへつりの売店では、謎の生物「ピッカル」に出会いました。
残念ながら「ドラ太」は売り切れ。
危うく買いかけましたが、買ってどうするの冷静に考えてしまった自分が悲しい感じです。

IMG_3393

その後、伊佐須美神社に参拝、ビジネスホテルよりも安い温泉宿、伊東園グループの「東山パークホテル新風月」に泊まりました。

特に何をする計画もなかったんですが、温泉街から降りたところに、武家屋敷 があり、立ち寄ってみました。

会津地方って、不思議な事に「瓦屋根」の家が全く無いんです。
殆どの建物が板金なんですが、貧乏くさいトタン屋根ではなくて、鬼瓦風の役物があるので、明らかに金がないから板金というわけではないようです。
新建材のコロニアルだとか、アスファルトシングルとか、そういう屋根もありません。
信号機が縦型になっているので、おそらく冬は相当雪がつもり、そして、その雪が重たい、また、室内の熱で雪が溶けたものが板金以外の屋根では対処ができないか、難しいのかもしれませんね。
そんな中、見事な瓦屋根のお屋敷でありました。

QR コードでスマホで音声ガイドが聞ける仕組みが用意されていて、とてもわかり易かったです。
これは、コストがほとんどかからないので、神社でも取り入れたいと思いました。

このお屋敷は、西郷頼母という家老の方お屋敷だそうです。

戊辰戦争、白虎隊のことなどは、殆ど知らないのですが、このお屋敷の一角に、この家老の方の妻子が自刃したという場所があり、人が大切にすべきものは何か、生きること(死ぬこと)はどのようなことか、考えずにはいられませんでした。

武家屋敷の後は、会津城を見学しました。

2015-09-20 11.57.09

ちょっと、外から見ただけで、ものすごく違和感があったのですが、やはり、鉄筋コンクリート製のお城でした。
本物のお城は、戦争の後、取り壊されてしまったようです。
これだけの規模のお城になると、なかなか木造で再建するのは困難なのでしょう。

2015-09-20 12.34.20

どういうお話かも知らないのですが、八重の桜の八重さんの肖像がありました。
どうみても、綾瀬はるかさんには見えません。
渡辺えりさん、凄くはまり役だと思うんですが、どうでしょうか?

2015-09-20 13.44.38

お昼は、売出し中の B 級ご当地グルメ、牛乳ラーメンをいただきました。
ゲテモノを予想しましたが、以外にもマイルドでなかなか行けました。
まあ、次頼むか、といわれると微妙ではありましたが。

武家屋敷と会津城でかなり時間を使いましたので、本当は、都都古別神社や石都々古和気神社を参拝したいところですが、夕方になってしまうので、前回行かなかったあぶくま洞に目的地を変更しました。

2015-09-20 16.29.33

まあ、こればっかりは写真で見ても全く伝わらないと思うので、やはり、行くしかないかと思います。

後から、石都々古和気神社なんかの前を通って帰ったんですが、人がだいぶでていて、お祭りのようでした。
結論からいえば、間に合ったように思いますが、次回、時間を作って、ゆっくりお参りしたいと思いました。