やっぱり買ってしまった走行減速機

今日は、朝、F400 のお客さんがあって、マジョリカブラウンが成約しました。
TrueNorth も、デバンの日に成約したので、在庫は全てなくなってしまいました。
F400 の BP が 1 台、12 月末頃に入荷する予定ですが、まだ、嫁ぎ先は決まってないので、興味がある方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。

月曜の朝は、振り込みなどの確認をして、出荷指示を 10 時までにしないといけないのですが、2 日続けて神社の祭典があったため、自分で出荷する商品の作業などで、11 時近くまでかかってしまいました。

11 時は、神社の屋根の凍みて傷んでいる瓦の差し替え、点検を職人さんに依頼しているので、急いで山に登りました。
職人さんは、すでにきてほとんど作業を終えていて、ほんの 10 分ほどで作業は完了です。

ちょっと時間ができたので、鉄工所に、トロンメルの打ち合わせに行きましたが、先に、薪製造機を完成してもらわないことには、薪の加工ができないので、それは今週中に仕上がるということを確認して帰りました。

お昼からは、お店屋さんの土地の決済を終えて、自由に使えるようになったので、スーパーハウスを見に行きました。

ちょうど県森連の近くのキタハウスなんで、まずは、県森連に行って、原木の打ち合わせをしました。
今の仕入れのペースでは、ちょっと生産量が少ない感じなので、新しい供給先(しいたけ農家さん)を紹介を依頼しました。

続いて、スーパーハウスの展示場へ。

愛媛県松山市中野町99−1

 
喜多機械産業(株)松山(営)
〒791-1121 愛媛県松山市中野町99−1

とりあえず、2 坪タイプのものが予算に収まるんですが、エコノミータイプで見るからにヤワそうです。
倉庫タイプで気に入ったものがあったんですが、そっちは 1 坪タイプのみで、ちょっと狭い感じ。

安くても、やはり、買う場合は、そこそこ長持ちしてもらいたいので、標準タイプとの差額がどれくらいか、詳しく話を聞きたかったのですが、詳しい人がいなかったので、しかたがないので、カタログをもらって、出直すことにしました。

ここまできたからには、e 重機さんも近いので、どうしようか悩んだのですが、走行減速機を買いに行きました。

2015-11-30 16.23.46

1.5t クラスの走行減速機で、10 諭吉さんが旅立ちました。
結構錆びてるんだけど、動かなかったら交換してくれるという約束なので、一番安いやつを買いました。

とりあえず、動作を確認して、サビを落として、塗装しておきたいと思います。

2015-11-30 16.50.06

夕方、トラックに敷き鉄板を積んだままだったので、空いたミカンカゴなども含めて山に持って上がりました。
1 枚 800kg ほどあるんですが、薪製造機などの設置場所をフラットにするために使います。

2015-11-30 16.39.14

土曜日に竹藪掃除が途中で放置されているので、これも早めになんとか始末したい感じ。

家に帰ったら CPR とペネトリートが届いていたので、神門のアク洗い、木材保護塗料の塗装の準備も早めにして、年内に竣工したいと思います。

明日もボチボチ頑張りたいと思います。

油圧ユニット作成計画

そろそろ、トロンメルの作成に着手したいんですが、電動油圧ユニット作成には電気工事とインバーターの勉強が必要なため、費用と時間がかかるので、当面はエンジンで行こうと思います。

とりあえず、エンジン候補としては、ホンダの GC160 か、ロビンの SP170 か、このどちらかなんですが、GC160 はブレイブ薪割機に載っているし、SP170 は Balfor の丸のこに載っているので、どっちも持っている、という状態です。

メーカの好み的には、ロビンなんですが、$229.95 で、SP170 のゴーカート仕様が売られていて、マフラーにケージがついていて、かなり気に入っています。

油圧ポンプですが、薪割機を作るのなら、通常は、2 ステージ・ギアポンプを使うのが定石なんですが、今回は、普通のギアポンプを使ってみようかなと思っています。値段は殆ど変わりません。

というのも、ブレイブ薪割機のフィルタの件を調べていた時、ホイールモータという部品を見つけたわけで、走行減速機が凄く高いので、トロンメル自体の駆動に、このモーターを使ってみたいと思っているわけですが、失敗した時には、薪割機を HST 自走式にしたり、あるいは、フォークリフト自体を作る、というようなことにも流用できるし、まずは一つ買って試してみようかなと思っているわけです。

その時は、もともと使っていた SSHA20 は、今はブレイブを使っていて、全く使っていないので、まずは、これを改造しようと思っています。

竹藪の掃除とか

昨日は朝からバタバタ忙しくて、日中は、写真を取るのも忘れていた感じです。

お宮山の竹藪の掃除を以前から土建屋さんに頼んでいて、ようやく来てもらえることになったので、朝一で、重機などを山に回送しました。

その後、はるばる新居浜から O さんが乾燥薪を買いに来てくださったので、ミカンカゴをおろして、選んでもらっていたんですが、予定よりも早くテレビ局が取材の続きにやってきたので、急いでまた山に行きました。

取材ですが、愛媛朝日テレビというらしいのですが、歴史番組みたいで、12 月 1 日の夕方 6 時くらいから、お宮のことが 5 分くらい映るらしいので、愛媛の皆さん(ってどれくらいいるのだろう?)、見てみてください。

ちなみに、前回、市長の野志さんが「もぎたて」とかいう番組をやっていた時も来てくださったんですが、村の人が集会所に集まってテレビを見ていて、自分が理屈っぽい説明ばかりしていて、よくわからなかったのでもっとわかりやすく説明してと言われたんですが、今回は、ちょっとはわかりやすく説明したつもりなんですが、わかりにくかったら、ごめんなさい。
先に謝っておきます。

結局取材は 1 時間ちょっともかかって、お昼を回ってしまって、急いで帰って O さんの対応をして、お昼からは、七五三があったので、山に戻ったら 4 時過ぎでした。

着替える間もなかったんので、装束のまま、重機で竹の片付けをして、終わったらもう真っ暗でした。

竹藪は、1/4〜1/3 くらいは片付いた感じで、竹は、竿に加工して取っておいてもらいました。
竹のビニールハウスを作るかどうかは、まだ未定ですが。

残りは、ハンマーナイフも運んでおいたので、破砕処理しようかと思いますが、チッパシュレッダで処理したほうがより綺麗に片付くし、まあ、様子を見てみようと思います。

2015-11-28 17.38.50

そんなこんなで、慌ただしく一日が終わって、帰ったらストーブに火を入れました。
焚付は、竹があったので使いましたが、火力が強く、あっという間に火が回りました。
これは、神社の行事で使った竹竿を切り詰めて、ハンマーで叩いて割ったものです。
竹は、スパスパ割れるので、焚付づくりには、便利かなと思うのですが、あまり大量に使うと一気に加熱されるので、ストーブによくないような気がしないでもないです。

あと、竹の伐採は、レシプロソー(竹用)を使ったんですが、ゼットソーはよく切れるんだけど、あっという間に折れますね。
なもんで、お店で売っているマキタとボッシュのものを使ったんですが、こっちは、ゼットソーよりは切れませんが、刃物に厚みがあるので、曲がることはあっても折れないし、値段も安いので、立っている状態の竹の伐採にはゼットソーは勿体無くて使えないと思いました。

まあ、レシプロソー自体が、US モデルなんですが、それでも 5,000 円くらいで新品を買ったわけで、国内向けのもっと値段がしているものは、刃物が破損しにくい機構などが搭載されていて、長い目で見れば経済的なのかもしれません。
薪ストーブや薪割り機のように、ただ単に高いだけってことも十分ありえますけど。

今日は、午後から新穀感謝祭と、その後、神社の修繕の会議があるのですが、修繕について、うまく纏まり、前に向いてすすめることになればと思います。

今月も、今年も、残すところあと僅かですが、年内、頑張ってお正月の準備を進めていきたいと思います。

【広告】薪ストーブの入荷予定・次回の締め切り

F400

ヨツール(JØTUL) F400 BP が日本に向けて出荷されました。
製品は、事前に点検・整備され、厳重に木枠で補強されて日本に出荷されます。
写真のストーブは、12 月 18 日に入荷します。

現在の在庫は、ヨツール(JØTUL) F400 の BP が 1 台、マジョリカブラウンが 1 台の合計 2 台です。
ただし、すでに商談中ですので、決まってしまうかもしれません。

価格はそれぞれ、BP が 324,000 円(税抜 300,000 円)、マジョリカブラウンは 388,800 円(税抜 360,000 円)です。

引取時の価格で、運賃や、据付作業は別途かかります。

TrueNorth は、おかげさまで完売しました。

次回の薪ストーブの代行の締め切りは、12 月 15 日となります。

代行サービスは、以下のボタンからご注文ください。

x25

X25 も入荷予定です。でも、クリスマスに間に合うか、間に合わないか、かなり微妙なタイミングになりそうです。

それと、前々から問い合わせを頂いている、ブレイブ薪割機ですが、最終調整中ですので、もうしばらくお待ちいただければと思います。

【広告】告知忘れのブラックフライデーセール

エコファンのセール ですが、今月いっぱいです。
まあ、セールといってもささやかなもので、おまけがもらえますよ、という程度のものですが。
エコファンを検討している方は、多分、何処よりも安い、またモータの部品保証もしていますから、ぜひご検討ください。

で、ブラックフライデーセールのことです。

最近すっかり冬らしくなってきて、ストーブを焚き始める人も増えて、ニーズも増えていることでしょうから、売れ筋の商品で在庫が安定しているものを 8 アイテムほど、ささやかですが、値下げしてみました。

お買い物は、上記のリンク、または、以下のお店の看板をクリックしてお楽しみください。

hh2

12 月には、12 月のセールも考えたいとは思っているんですが、11 月は FISKARS X25 が爆売れして、といっても、もともとの営業規模が規模ですから、在庫自体が少ないので、あっという間に売れ切れてしまって、FISKARS セールってわけにもいかなさそうだし、悩みます。

もう少し頑張って、お店屋さんができて、そうしたら、信用度もアップして、それで FCL で輸入できる営業規模になれば、北米の価格にもっと近いリーズナブルな価格で、より多くの種類、よりたくさんの品物を用意できるようになると思うんですけど、ボチボチ頑張りたいと思います。

ハスクバーナ 450 の修理完了

今日、そして、来月の週末は新穀感謝祭(新嘗祭)で、このタイミングで、大麻の頒布も行うため、午前中は準備をしました。

午後から、ゴソゴソのその他の雑用をしたんですが、パーツが届いていた チェンソー、ハスクバーナ(Husqvarna) 450 の修理をしました。

2015-11-27 15.01.48

おそらく、ですが、原因は、573 34 76 と刻印のあるパーツの破損だと思います。
チェンが外れたものが一部削り取っていますが、それとは別に、写真の中央部分が割れて欠けている状態です。
その裏側で、ギアを押さえているのですが、そこも割れて欠けていたので、それが原因で、振動でバーの張りが緩むようです。

2015-11-27 15.04.07

修理をしたといっても、クラッチカバーはアセンブリで交換したので、付け替えただけ。
スナップもパチンと締めただけ。
チェンキャッチピンはトルクスが必要だったんですが、社務所にはないので、家に持って帰ったタイミングで交換したいと思います。

2015-11-27 16.34.35

その後、競売物件の残置物撤去で声をかけてもらっていたんで、めぼしい物の引き上げに行きました。
林内作業車があったんだけど、完全ジャンク状態で、直せる自身がなくて、ウインチ部分だけ独立させてあったので、それを回収しました。
ただ、これ、ワイヤーなんかもないし、それ以前の問題として、どうやって使うものか知らないので、どういう状態が正常なのかも謎なので、まあ、最悪はロビンエンジンだけ救出できればいいやと思っています。

2015-11-27 16.34.44

後、メェメェ団の山用の小屋としてどうかなと思ったボックスカルバートですが、吊ったら車のほうが浮いて、思ったよりも重たいようで、サイズが、L=2m, H・W=1.25m、厚みが 0.15m 位なので、コーナー部分は重複しますけど、2 x (1.25 – 0.15) x 0.15 x 4 x 2.4 = 3.168t ということで、ラフター呼ばないと無理っぽいです。

2015-11-27 17.58.48

後は、アッグ的薪割機のピンが届いて、ようやく完成したということで、引き上げに行きました。
週明けくらいから、薪づくりを再開したいと思っているので、その時に試運転してみたいと思います。

バンブーグリーンハウスプロジェクト

備忘録的エントリーです。

Facebook で、バンブーグリーンハウスプロジェクト というものを見かけました。

出典 http://www.slideshare.net/kura-office/141218-ra-02

出典 http://www.slideshare.net/kura-office/141218-ra-02

まあ要するに、使いみちがない竹で、ビニールハウスの骨を作りましょう、ということなんですが、ちょうど竹やぶで困っているし、薪を乾燥のために仕舞っておくハウスなりが必要なので、とても興味がわきました。

ただ、ビニールハウス自体、建てたことがないので、どうやって建てるのかとか、わからないんですよね。。。

手間がかかるようなら、資材を買った方が安いってことにもなりかねないですし。

あと、ハウスって税金がかかると思うんだけど、これ、ゴミで建てるんだから、マイナスの価値のものですよね。
ということは、税金を払ってもらえるのかしら?
まあ、鉄以外のハウス、ってことがセコく課税してきそうですが、材料費は事実上マイナスなので、課税されること自体はないように思いますが、どうでしょう?

もう少し調べて見る必要がありそうです。

薪コンベアのスプロケットの件

出典 http://blackaceparts.com

出典 http://blackaceparts.com

薪コンベアのプランを買ったわけなんですが、そのプランでは、チェン駆動になっていて、動力を伝える側と、アイドラ側とで 2 角スプロケットが必要になります。

チェン自体は、結構汎用的なもののようで、検索するとぞろぞろ出てくるんですが、プランの中で説明してあるお店、FARMCHAINS.COM が、他の店の半額くらいで、圧倒的に安いのですが、ここのお店の品揃えに、スプロケットがないようなので、問い合わせてみました。

そうしたところ、

Osamu,
We do carry the chain and attachments here in the store, but most sprockets are made to order for each job. You have some of the information, but I will need some more before I can give you a price and time estimate for the sprockets. I will need to know the hub style (B or C), and the size of the center bore where the shaft goes through. Generally, the hubbed sprockets are keyed for driving the chain, and idlers might not be. I attached a PDF with the sprocket information I will need and visual reference in case you dont know what I’m asking for. If you have anymore questions, email back or call me direct at 800-648-5429
Thank you,
Kyle

ということで、オーダーシートが送られてきたのですが、別にシャフトなんかは、どういう太さでもいいわけでして、プラン的には、3/4″ を使っているので、それで一旦は行ってみようと思っています。

一応、既成品 もあるようではあるんで、そちらにも問い合わせをした方がいいかもしれません。

日本で、米国仕様のチェンのスプロケットを製作するほうが高く付くと思いますし。

問題としては、動力をどうするのかがあります。

チェンのコマサイズというかピッチが 1.630″ であって、歯数は 6 なので、一回転で約 25cm 進むことになります。
動画を見るところ、約 6 秒かかって 15′ 進んでいるので、7.62m/min ということですね。
つまり、30.48rpm だってことです。
かなり低速だから、モータだとギアドモータでないと難しいですね。

無論スプロケットを巨大にしてもいいんですが、そうすると、コンベア本体が分厚くなるので、それはない選択です。

まあ、電源がないところは発電機を使えば同じことだし、油圧ホースを引きずり回すよりも、電源コードのほうが随分と安いし、電源があるところは電動化するのがいいようにも思いますが、トロンメル本体の駆動が油圧なので、そちらから油圧を取り出すとして、電動油圧ユニットも用意する、というのが一番いい気がするので、低速・高トルク型油圧モータ駆動で検討したいと思います。

30rpm くらいのモータがあればいいんですが、WP36 のベルコンのモータを見て、メーカや型番を調べて、同じものを使うと、後々の修理の際にもモータの入手の問題がないので、いいように思います。

ざっと Northern Tool を見たんですが、そこまで低速のモータは見当たりませんでした。

ちょっと、薪割機の輸入の第二弾の話が持ち上がっているので、その時に、こういうパーツ類もまとめて輸入したいと思います。

また、薪割機も、細かなニーズに対応していけるように、日本国内での製造のための試作を開始したいと思います。
こちらは製品化までにかなり時間が掛かると思うんですが、米国製のパーツを使い、日本で組み立てることで、日本製の品質と、米国製の価格のいいとこ取りができるのではと考えています。

ペネトリートを買ってみた

早いもので、丸太小屋を建てるための作業を初めてかれこれ 10 年くらいになるし、この丸太小屋もはやまるっと 3 年くらい経って外壁の汚れも気になりはじめました。

神社の清掃に CPR を使ってみたんですが、日建総業 から買ったものです。
物自体は良かったんですが、かなり割高なのでこれも輸入しました。
在庫は倉庫にストックしておいて、売れたら売れたでいいし、そうでないなら、自分で使うからいいかな、と思っていたんですが、売れてしまって在庫が心もとないので、再度 CPR を輸入する際に、ついでに ペネトリート を輸入してみたわけです。
何でも成分はホウ酸のようです。

シロアリに対してどの程度の効果があるかはわかりませんが、いくらもしないし、噴霧するだけなので、今後は CPR で洗浄後に極力噴霧して、予防しようと思います。

正月までに夏に中途半端で終わっている神門の清掃作業をしたいので、奮発して航空便でお取り寄せなので、普通に国内品を買ったほうが安かったかもしれませんが。

シロアリについての根本的な対策としてのペネトリートではありません。

あくまでも個人的な考えで、かつ、素人の浅知恵なのですが、シロアリ対策というのは、そもそも、薬剤などに頼るのではなくて、建物の構造によってシロアリの予防、対策をするのが良いのではと思うわけです。

ただ、すでに建築してしまっている神社の構造物については、自分が関与していないわけですから、そういう防蟻対策など、十分かどうかはわかりません。

基本的には、本職に譲るとしても、自分である程度の予防なり対策なりが、片手間とか、ついでとかにできるのであれば、いわしの頭も信心からではないですが、行えてよろしいのではと思うわけです。

IMG_0099兼務している一社はシロアリ被害が発生し、何年も前から対策をお願いしていましたが、金銭的な理由から対策が行うことができず、結局、一部取り壊して作りなおすということで、かなりの金銭的な負担が発生してしまいました。
早く駆除だけでも、どうにかできなかったものかと悔やまれます。

別の兼務社でも、今まさにシロアリ被害が確認されているのですが、予算の問題を理由に対策を先送りにしようとしています。
こちらについては、業者を入れて、調査・見積もりを取るレベルだと思うので、来年度の予算に組んでもらえるようにそろそろ動こうとは思います。

ちょっと話がずれました。

神社の場合は白木なので、CPR などで洗浄した後は、基本的には、吉田精油所のクレオトップ(クリア)や 9371 を塗っておしまいなんですが、丸太小屋は塗装をするわけですが、社務所は、キャピタルペイントの ワンダー水性一液型ウッドガード を使ったら、とても良かったので、これを使うとして、下処理として、黒く変色しているので、カビなどの防止のために、ペネトリートで予防したほうがいいんじゃないか、と思いました。

再塗装は、寒い時にわざわざやるようなことではないし、コンシール(ログ用のシーリング材)などは、凍結する時期には施工できないので、丸太小屋の方は春になって暖かくなってからでいいかなとは思っているのですが、ぼちぼち準備をしていきたいと思います。

まずは、足場用の単管と根がらみが足らないのを買うなり、なんとかしないといけない感じですが。

ようやく届いたオレンジ色のブツ

2015-11-25 22.03.20

いつの間に郵便屋さんが。
郵便屋さん、丸太小屋には階段がないので、郵便物や小包は、全部母屋に持って行っちゃうんですよね。。。

というわけで、ようやくオレンジ色のブツが到着しました。

薪割機とチェンソーのパーツを発注 と書いたのは、今月の 13 日なので、2 週間ほどかかったことになりますね。
まだ、薪割機のフィルタ類は届いてないと思うんですが、これでようやく 450 は、まともに使えるようになります。

あと、The Mingo Marker 用のスプレー缶、一挙 6 缶、C さんが日本に来るときにハンドキャリーしてくださいました。
今まではちびちび使っていたんですが、これからはじゃんじゃん玉切りしたいと思います。

玉切りといえば、少し前に原木の目処が付いからと連絡がありました。
とりあえず、20t くらいということで、これから葉枯らしするので、山から出てくるのは来年になると思いますが、それまでには、今ある原木を全部薪に加工しておきたいので、月末と来月初めの新穀感謝祭を終えたら、お正月の準備の合間に頑張って作業をしたいと思います。