原木入荷

久しぶりに原木が入荷しました。

薪割りも実に久しぶりです。

薪製造機を展開するも、レベル出し用の敷き鉄板を一枚工事で使ってしまっているので、水平ではなく、調整に小一時間かかりました。

ちゃんとレベル出しをせずに作業をしていたら、テーブルが微妙に格納状態になり、チェンが干渉して刃が傷んでしまいましたが、こういう時に限って換えチェンを持ってないという。。。

なんだかんだで 16:30 まで作業をして、その後、薪製造機を格納、掃除をして、できた薪山を隅っこに運びましたが、途中で計量するのが嫌になったんですが、多分、5m3 くらいはあると思います。

原木は、16:00 頃にももう 1 台持ってきてくれて、一本よくわからない雑木がありましたが、都合 9,050kg だそうです。

太いものが多く、枝が一切ありませんが、この間の雪が溶けたところを山から引きずり出しているので、ちょっと汚れているので、ソーチェンの痛みが早そうです。

あと、4m 超の長いもの、曲がったものの切り詰めを行ってくれてないので、ちょっと作業を仕掛けたら、これまた、燃料切れ、こういう時に限って、燃料も持ってないという。。。

30cm で割った薪は雨が降るまでに、カゴに詰めておこうと思います。

とりあえず、未乾燥薪の在庫は、40cm, 35cm, 30cm を作ったことになりますが、まあ、基本的に 30cm は自分用です。

ちょっと燃やすのがもったいない気もしますが、たまにはいい薪を焚きたいし。

といっても、2 年後でしょうか?

うまく乾かして、今度の冬に焚ければいいんですが。

それはそうとグラップルのピンを止めているボルトですが、ダブルナットで固定していたはずが、脱落しました。

ハードロックナットといいたいところですが、近くでは売ってないので、昨日、ダイキで買ってきたので、早速修理です。

これで緩まなければいいんですが。。。

ついでに、薪製造機の吊具の試作品も錆びかけていたので、一番安いラッカースプレーでつや消し黒に塗っておきました。

工事な一日

今日は雨が上がったので、少々ぬかるんでいますが、工事を再開です。

トーフがなくなっているので 8 個ほど取りに行きましたが、このペースだと、足りなくなるのは時間の問題です。

今更感が漂うのですが、石積みをしようと思って、それ用に石の選別をはじめました。

とりあえず、裏に込められない大きすぎるものは根石用、あと、丸いものは野面積み用、そして、基礎などの長い四角いものは石段用により分けます。

伊予青石も結構あるんですが、庭を作る気はないし、もったいないけど、裏込め材です。

あと、間知石などの割り石も、綺麗に積むためには切り直さないといけないので、そんな手間がかかることをする気は更々ないので、これも裏込め材です。

で、選別した石を運んで、展開しようとしたら、転圧してなかったところに水が入って、落とし穴状態で、思いっきり落ち込みました。
Bobcat のバケットを Vio で押さえて水平に復帰させて脱出しました。

明日は原木の配達があるので、石を片付けたかったんですが、片付けきれませんでした。
メッシュパレットが少し空いたので、割って詰めておこうと思います。

アメリカからの船便の予定

とりあえず、HYUNDAI FORCE 047W に乗った、という連絡があったんですが、日本には 3/1 に着くそうです。NP2 (North Pacific 2) なので、港自体は、東京ではなく、横浜のようです。

今までとは違う会社を使っているので、スケジュールが見えないのですが、3/6 に愛媛を出て 3/8 に通関作業をして、引き取り、3/9 に倉庫搬入、3/10 は移動日で、神戸へ移動、3/11 にウッドバッグを引き上げる、という流れだと無駄がなさそうです。

肝心の積み荷は、薪割機用のドリーを始めとして、予約を受けている Brave 薪割機のフィルタ類、あとは、薪製造機と一緒に使うコンベア作成用のパーツ類といったところです。

NP2 は、思ったよりも時間がかかります。

アメリカから少量の荷物を安定して運べる新しいルートが開拓できれば、薪割機なども小口の輸入代行に対応できるようになり、任意の機種をお届けできるようになると期待していますが、貨物が少量だと付帯費用で運賃が相当割高になるので、それをどのように軽減するのか、ということが今後の課題ではあるかと思います。

STORES の管理画面がリニューアルされた件

雑貨屋 Hearth & Home 暖炉家(暖炉屋) は STORES という個人のお店用のサービスを使って営業しています。

こういうサイトを一から作るのはそれなりに手間隙がかかるわけで、売れるかどうかもわからない状態で、コストを掛けることはできないし、拙速に行こうということで、サービスが始まった当初に登録して、1 年くらいは開店休業状態だったんですが、2 年ほど前から、本格的に活動を始めたわけです。

ヤフオクも手数料が跳ね上がったので、今までどおりの価格では出品できなくなったのと、簡単取引の仕組みが導入されたたため、すべての出品を一度終了していたのですが、自動出品機能も STORES のほうが変更になったので機能しなくなっていたので、雨で外の仕事ができないので、ごそごそとプログラムを書き直しました。

ほとんど備忘録ですが、JavaScript で変数の汚染の問題があったんですが、とりあえず、無名関数を使って対処するようにしました。

それはそうと、いろいろ調べ物をしていて、今頃知ったんですが、JXA といって、Mac の操作が JavaScript からできるようになっているようです。

Illustrator とかも、JavaScript で自動化できるようですし、Safari 自体も、コンテンツを JavaScript で外部から云々すれば、クロスサイトでの処理も、上の join のようなブサイクなことをしなくても済むので、かなりコーディングが楽になりそうです。

勉強してみようと思いますが、その前に、Raspberry Pi、届いているんですが、micro SD のアダプタがないこと、HDMI で繋がるディスプレイがないこと、この 2 点でテンションが下がって、放置プレイ中です。

忘れるほうが早い年代になってきましたので、忘れないうちにこっちにも時間を割いていこうと思います。

工事系で欲しいもの — 大型ブロック型枠

後の祭りではあるんですが、もうちょっと早く思いつけばよかった工事系で欲しいものです。

それはずばり「型枠」です。

大型のコンクリートブロックを積む作業をしているんですが、結局のところ、ゴミを固めたもののため、あまりに適当すぎて、型枠もベコベコ、歪んでいたりする上に、嵌合する仕組みもないため、かなり手間ひまかけて積み上げています。

どうしてまともな型枠を使わないのだろうか、と常々思っているんですが、ネットで検索すれば、まともなものもちゃんと売られています。

その中で特に気に入ったものが、Leonard Marr Inc の、Mini Landscape というブロック。

コンセプトとしては、SSL で簡単に作業ができること、ということで、ブロックがかなり小ぶりで、約 200kg ほどしかありません。

基本的なサイズは、W 24″ x H 12″ x D 24″ なので、今使っているブロックと比べると、奥行きは同じで、高さが 1/2, 幅が 1/3 なので約 1/6 の重さです。

当然、積む数自体は 6 倍になるわけですが。

同じようなコンセプトのもので、World BlockMid-size Landscape があります。

こっちは値段が高いんですが、化粧面の仕上げが格段にいいのが気に入りました。

問題は、とにかく価格が高いので、型枠の数を揃えられないため、必要な数を作るのにとんでもなく時間が掛かることです。

現実的なチョイスとしては、V-Interlock を使うことでしょうか?

2′ x 2′ x 4′ の Combination タイプを使うことで、4′ 幅に積み上げたりすることもできるため、より強固な擁壁が必要なシーンでも拙速にに嵌合するブロック積みが行えます。

今使っているブロックは全く嵌合しないので、ベルトコンベアで排出された薪などを SSL で掬う際に、強く押すとずれたりするので困っていたのですが、このブロックで分別用の枠を作れば、そういう問題は軽減されそうに思うわけです。

重量的には、1t ちょっとになるので、Vio 30 でも無理をすれば吊れなくはない限界のサイズなので、大型の重機をリースしなくても済みますし、足元が良ければ、ユニックで作業する場合は、少しでも大型のほうが作業性が良いわけです。

とりあえず、もう工事は終わりかけなので、いまさら使うブロックを云々しても意味は無いのですが、次に何かするときには、十分に下準備をしてから事に当たりたいと思います。

スピンナーハンドルというか flex handle というか

今日は予報通り雨でそこそこ降っていて仕事ができないので、久しぶりに家でのんびりしています。

で、Bobcat のホイールナットの件です。

表示が嘘とか、性能が落ちているとか、色いろあるとは思うんですが、結論からすると MAX 300N と表示してあるアストロ・プロダクツのインパクトでは Bobcat のホイールナットは緩めることができませんでした。

ただ、今回のようにリムが傷んだり、あるいはタイヤがパンクをしたりした時に、いちいち修理を呼んだら、費用と到着までの待ち時間がかかるのですから、交換くらいは自分でできるように準備はしておきたいと思います。

より強いインパクトレンチを使えば解決するんでしょうが、結構いいお値段しちゃいます。(まともなメーカの場合)

今持っているスピンナーハンドルは KTC の 3/8″ (9.5sq) の 300mm くらいのものなので、1″ のナットには役不足ですし、それ以前の問題として、ソケット自体が 1/2 (12.7sq) なので合いませんし。

実際問題、どれくらいトルクをかけたら緩むのかは謎なんですけど、大型車(トラック)の場合のトルクを見てみると、中型ベースのもので 400 — 500N 程度、大型の ISO の場合、500 — 700N 程度のようです。

固着していることも考えられるので、実際問題 1,000N くらいのトルクがないと、緩められないかもしれません。

bs4-780KTC でみてみたところ、1/2″ だと、BS4-780 が、全長が 787mm で、14,400 円のようです。

これだと 700N のトルクをかけるには、100kgf の力が必要になりますから、無理ですね。

3/4″ (19.0sq) の BS6-1050 だと、全長が 1,050mm あるので、70kgf、体重でなんとかなりますが、27,100 円は厳しすぎますし、置いておくのも困る長さの気がしないでもありません。

ソケットも買い直す必要がありますし、なんかイマイチしっくり来ません。

Amazon.com でも見てみたんですが、spinner handle だと KTC のものしかヒットしません。
flex handle というようです。

今度、TCM の整備の人が来た時に、話を聞いてみようと思います。

Bobcat 復活!頑張って石を運びます

今日は朝一でタイヤ屋さんが来てくれました。

表から見てもわからなかったんですが、リムの内側に石が当たったようで、大きくゆがんでエアが漏れたようです。

リムはご臨終です。

こういうこともあろうかと、ちゃんと予備を構えていたので問題はありませんが、ついに予備のリムがなくなりました。

すっかりツルツルになっているので、4 本まとめて交換です。

つるつるですが、左右それぞれ 1 本づつ、緊急時の交換用にタイヤを外さずに持っておくことにしました。

Bobcat が直ったので、石の運搬も捗ります。

ブロック積みの合間を見て、すでに積んであるブロックの裏込めをやります。

あらかた Bobcat で小運搬後、グラップルで大きさなどを選別して、土を盛ってあるブロック積みとの隙間に石を据えていきます。

この後は、ブロックがずれないようにブロックと石との間に生コンを打設するわけです。

ブロック積みの方もボチボチ捗って、あと、5 個くらいしか在庫がありません。

明日、明後日、タイミングを見て運ぼうと思いますが、プラントにもう殆ど在庫がないのです。

あと、50 個くらい必要な気がしますが、とりあえず、雨の予報なので、強く降らないタイミングを見計らって少しづつ運んでおこうと思います。

2 発着弾!

お取り寄せアイテムが 2 発着弾です。

1 発目は、米尼からインチ工具、アレンキーです。

Bobcat のコントロールレバーのリミット調整に必要なんだけなんですが、思い立ったが吉日、手作業用と電動工具用と、両方お取り寄せです。

だいぶインチ工具も揃ってきました。

2 発目は、タイヤとベルトです。

ボブキャット宮崎さんに昨日注文したら、もう届きました。

故障時にこのスピード対応は本当にありがたいです。

ベルトですが、アメリカでの価格は $30 台なんですが、国内の価格は 17,000 円ほどです。

ただ、Bobcat と同等のタイヤショベルをリースすると日額 7,000 円程かかるので、2 日機械が止まると損をするので、高いの安いの言ってられません。

一応、作動油も 40L ほど注文したんですが、そっちはまだ届いていません。

作動油が届き次第、作動油とベルトを交換しようと思います。

タイヤですが、嫌な予感がして昨日注文しておいて、良かったというかなんというか、本日ご臨終です。

山がもう全く無いので、4 本まとめて入れ替えようと思いますが、方向があるので、右側は、リアがパンクしたので、右フロントの丸坊主を、左側は、フロントがやはり山がないのでリア側を予備として残しておこうと思います。

代わりに 2 本、新品を組んだものがあります。

右リアは、リムの損耗が目立つので、タイヤ屋さんと相談して使えるかどうかの判断をしたいと思います。

一応、明日、タイヤ屋さんの出張を依頼しました。

今日、自分でタイヤ交換しようと思ったんだけど、アストロの安物のインパクトでは、緩みませんでした。
ラベルを見ると、MAX 300N ということで、ちょっと能力が足りないようです。

大分埋め立ても進みましたが、左が昨日、右が今日です。

Bobcat ですが、ベルトがまた滑るといけないので、だましだまし乗りました。

雨が降る前に、キリの良い所まで仕上げたいと思います。

本船情報 — 商品の入荷予定

現在輸送中の貨物のうち、本船情報が確定したものの連絡がありました。

まず、ウッドバッグですが、オーストリアからドイツ、ハンブルク港経由です。

Vessel:Maersk Emden
ETD: 01/FEB HAMBURG
ETA: 06/MAR KOBE

尚、運賃は下記となります。
貨物明細: 100 x 100 x 130cm / 423kg

Oceanfreight: USD 84.50
BAF: USD 11.05
LSF: USD 3.90
THC: Eur 34.45
Pick up: Eur 270
ISPS: Eur 2
Handling: Eur 35
B/L: Eur 45
AFR: Eur 35
Customs: Eur 45
Courier fee: Eur 50
CFS: JPY 5,174
CHC: JPY 1,950
D/O: JPY 7,000 + 8%
Total: USD 99.45 + Eur 516.45 + JPY 14,680
合計円換算で 本日のレートでアバウト ¥92,470です。

これに通関手数料、検査になればその費用、そして、関税のかかるアイテムなので、関税と消費税、後は国内配送料です。
全部で 20 万かからなければ、@3,000 円を切れそうです。

見て分かる通りですけど、Oceanfreight、つまり、運賃そのものってのは、たったの $84.5 なんです。
あと、D/L とか、D/O ってのは、一件、なので、貨物が倍になっても、10 倍になっても同じなので、200 枚しか運ばないというのは、運賃的には非常にもったいないわけです。

サンプルを依頼いただいている関係各位、上記のようなスケジュールなので、3 月中旬から下旬にお届けできると思います。

今後は、極力共同購入をして、コストを下げていくようにしたいと思います。

次に、カナダ便。

Vessel: GRAVILLE BRIDGE

ETD: Jan/28 VAN

ETA: Feb/09 TYO

思った以上に遅れています。

JØTUL F45、Pacific Energy True North TN20 といったストーブを運んでいます。

今までの経験的にいって、11 日が建国記念日(紀元節)なので、12 日デバンってのは非常に厳しいかなと思うわけで、16 日に神社があるので、それが終わってからとなると、18 日に貨物の受取が最短コース、という感じです。

12 日に受け取ることができれば、13 日に配達をして、その足でとんぼ返り、という感じですが、11 日は建国記念大会があるし、15 日は月次祭がある、という問題もあります。

アメリカ便は、まだ情報が上がってきていません。

X25 なんかが品切れしていて、X7 も厳しくなってきていますが、なんとかクーリエでつないでいる状態なので、少しでも早くなんとかしたいところですが、非常に悩ましいタイミングです。

X27 もかなり厳しくなってきているのですが、今朝、入荷したと連絡がありました。

X11, X17 も入荷しました。

これは 2 月の初旬のカットオフにねじ込めば、2 月末にはなんとか倉庫に収められると思います。

後はシャープナーが間に合うかどうかですが、多分これは無理っぽいので、近いうちに売り切れると思います。

IsoCore 8 lb Maul と一緒に 3 月便に間に合えばと思います。

油圧警告灯が点灯

2016-01-26 16.27.58Bobcat ですが、油圧警告灯が点灯、ピーピー警告が鳴りっぱなになりました。

ざっと調べたら、作動油フィルタのつまりが原因ということだったので、フィルタを交換したものの改善せず、油圧ポンプを起動するベルトが滑っていることが判明しました。

早速ボブキャット宮崎さんに電話をかけると、幸いに在庫があるということ、即発注です。

ついでにタイヤもツルツルになってきたので、ここいらで観念して 2 本追加注文です。

4 本まとめて新品交換しようと思います。

いやはや、本当に Bobcat はよく働いてくれます。

小回りがきいて、力もあるし、かれこれ、使い倒して、ろくにメンテナンスをしてこなかったことを反省しないといけません。

そろそろ、エンジンオイルの交換をして、バッテリーも寿命が近づいてきていると思うので、国産品が使えるようにステンレスでもでブラケットを作成して、以降のメンテナンスコストをセーブしようと思います。

工事は、Bobcat がダウンしたので、座堀して出た残土が山積みのままになりました。

とりあえず、ベースを打ったのですが、明後日から天気が崩れるようなので、明日のうちに何段か積んで、残土も叩いて雨を含んで流れ出ないように応急処置をしておきたいと思います。