Oregon PowerSharp 様様です。

予報通り、雪が降って、寒いなんてもんじゃありません。
小ぶりになったタイミングを見計らって山に行きました。

この前持ってきてくれた原木は、雨の後、山から引きずりだしたそうで、泥が結構付いちゃってるんですよね。
普通にチェンソーでやっているとあっという間に切れなくなっていきます。

薪製造機は、STIHL の超硬カーバイドチップの Rapid Duro で対策をしています。

新ダイワの 1036S は、もともと 25 だったのですが、91 化して、Oregon の PowerSharp を使っています。

写真のようにバーの先に穴がふたつ空いているんですが、そこにピンを差し込んで、バーマウントシャープナーと呼ばれる砥石が取り付けられる研磨アタッチメントを取り付け、チェンを回しながら 5 秒ほど、シャープナーの黒い部分を地面等に押し当てると研磨されるという仕組みです。

カッターの形状が独特で、デプスも同時に研磨して調整している様子が見て取れると思います。

この PowerSharp ですが、Hearth & Home 暖炉家 でも取り扱っています。
国産チェンソーで多い 91 チェンを使うタイプに対応しています。
STIHL 社のチェンソーに対応したモデルもご用意していますので、土が付いたようなものを多量に切る必要があり、目立てが追いつかないようなシーンでは、とても便利だと思います。
土木・造園業の方には、最適と思いますので、ぜひお試しください。

で、切れるか、というと切れます。
よく切れるか、というと、最初はよく切れますが、次からはそこそこ切れます。

チェンがどれくらい使えるのか、というと、かれこれ 3 年くらい使っていますが、だいたい 5 回くらいは目立てができる、という感じです。

目立てのコツとしては、まっすぐに目立てをしないと、つまり、バーの先端を地面などにまっすぐに突き当てないと、斜めに切れるようになるのと、ガッツリ刃がダメに成って目立てをするよりも、そこそこのタイミングで、そこそこ目立てしたほうがチェンの寿命が長くなる気はします。

当たり前ですが、石や針金などが木に埋まっていて、それを切ったら一発でお陀仏なのは、普通のソーチェンと同じです。

雪がちらつく中、曲がりが強い部分で切り詰めたり、枝などの出っ張った部分をそぎ落としました。

太くて薪製造機に引っかかったり詰まったりして処理できなさそうなものは、アッグ的薪割機で粉砕して、残りの原木の下処理を完了しました。

アッグ的薪割機はパカパカ割れて楽しいのですが、最近気づいたことは、φ320mm くらいまでのもので、割れにくそうなものは、割らないで、クラックを入れるだけのほうが後が楽、ということです。

というのは、たとえば、二つ割りにすれば、薪製造機の占有時間が倍になります。
四つ割りすれば、4 倍になるのです。

なので、詰まらないギリギリまでは割らないで済ませたほうが、作業時間が短くなるのではないか、と思いました。

ただ、そうすると、ほんの少しの曲がりでも引っかかったりするし、もしかしたら、節などで噛みこむかもしれません。

当面は作業性と、機械の限界とのバランスを見極めたいと思います。

単純ながら多分効果は絶大 — 楽縛

facebook で知りましたが、カムサー さんが売り出している紐、「楽縛」、これは能書きを見ただけで、買わずにはいられませんでした。

ただのメビウスの輪なんですけどね。
シンプルながら実に素晴らしいアイデアです。

薪をミカンカゴに積んで運んでいるのですが、丸太小屋の前の坂は結構急なので、荷崩れの心配がありますが、今までは鉄工所で作ってもらった角あて、ただの L 型の鉄板を使っていたんですが、鉄なんで滑るし、釘も効かない、相手が段ボール箱のように弱いものだとめり込んでしまう心配がありました。

近所の農家の人は、板を 2 枚をじゅうたんなどを使ってタッカーで止めたりして自作しているようですが、楽縛があれば、その辺に売っている 1×4 の SPF で、任意の長さのものが簡単に作れますし、運び終わった後は、簡単にバラして、SPF は普通に建材として使ってもいいし、とにかくかさばらないのがいいです。

明日発送してくださるということで、到着が楽しみです。

元々の情報は、「楽輪」という軽トラのオフロード走破性を高める補助輪だったんですが、これも猛烈なインパクトがある商品です。

補助輪は簡単に着脱ができるそうです。
要チェックですね。

え、雪?

Screenshot 2016-02-29 05.34.08なんか外が騒々しいので、メェメェ団に何かあったかと思って見に行ったら、並んでおとなしくしていました。

また誰かがネコを捨てたようなのですが、それが暴れたようです。

で、外に出ると、冷たい雨が降り始めました。
それに、少し風もあります。

もう、今シーズンは薪ストーブはおしまいかなと思っていたんですが、まだ、寒い日は少しありそうです。

昨日寝るときには、10% の予報だったので、今日は、残りの原木を片付けようと思っていたんですけど。。。

さて、今日はどうしましょうか。

授与所もバラしたままで、塗装はまだなので、ペーパーを掛けて準備をするか、今晩は兼務神社で神社修繕の建設委員会があるので、雨が小ぶりのタイミングで清掃にも出かけないといけないかなと思います。

植えた桜はまだ葉は出てないので、この程度の風でどうこうなることはないと思いますが。

そういえば、春一番はいつだろう。

あと少しで原木が片付きそうです

今日も薪づくりをしました。

朝は、トリガーオンってな感じで、三雲隊長がさくりとやられてちょっとショックでしたが、昨日の夕方から雨が降って、地面が濡れてしまっているので、乾くまで待って、道具を積み込み、11 時にスタートです。

今日の My 薪割りツールたち。

  • NO SPILL 10L ガソリン缶 x 2, 5L 混合ガソリン缶, 5L チェンオイル(多目的)缶
  • FISKARS X7, セラミック砥石
  • 新ダイワ 1036S + オレゴン PowerSharp
  • LogRite Peavey, Universal Jack Stand
  • Husqvarna ヘルメット, チャップス, 防刃グローブ
  • Firewood Gripper

肝心のハンマーアックスを忘れていて後で取りに行きましたが。。。

で、facebook でどんな感じで作業をしているのと聞かれたので、キングジムのレコロでタイムラプスムービーを撮影してみました。

午前の部。

午後の部。

ちょっと骨董カメラなので、画質がイマイチですね。

午後は、ちょっと太めのものがあったんですが、いけるかなと思ったら、いけなくてちょっと往生しました。

秋に伐採したものは、さすがにすっかり乾いてカチカチで、切るのも時間がかかるし、割るのも太いものは固くて難儀です。

今日であらかた片付いたのですが、全部行けるかなと思いましたが、つまらせたりして手間取ったので、明日にまで持ち越しです。

3 月から、原木を山に取りに行かないといけないので、それまでには、片付けておきたいところです。

少なくとも、割るだけは割っておきたい感じ。

とりあえず、今日までの頑張りの成果です。

先週の日曜日と昨日の土曜日、今日の日曜日と 3 日分ですが、この 2 日は半日だし、先週も薪割りは昼からだったので、薪割り時間的には、1 — 1.5 日程度でしょうか。

どうしても、選木をしたり、小割りや曲がりの強い部分を跳ねたりという下処理をしたり、置き場からの運搬にかなり時間をロスして、薪製造機が遊んでいる時間がかなり発生しています。

狭いので無駄な動きが発生しがちですが、煮詰めていく必要を感じます。

明日は、なんとか残りの原木を片付けたいと思います。

便利は危険の裏返し?

チェンソーって便利だけど、危険でもありますよね。

iPhone も便利、でも、危険性もはらんでいる、という記事を見ました。

早速、iPhone を確認してみたのですが、自宅や神社などの立ち寄り先(?)が記録されていますが、それ以外にも、生コン工場だとか、ホームセンターとか、後、微妙な立ち寄り先として、吉野家や北京飯店も数回カウントされていて、食生活まで筒抜けでした。w

2016-02-28 07.15.14興味深かったのは、神社にいる頻度のほうが、自宅にいる頻度よりも高く記録されていたことでしょうか?

自宅の場合、小さい丸太小屋なのですが、神社はそれなりに広いので、中で移動した時にカウントが増えているのかもしれません。

これ、内子(旧小田)の森林組合に行った時の記録なんですが、2/23 に 14:00 — 15:45 には、小田ログにいて、その後、森林組合の方に 17:00 までいたことが記録されていますが、200m 程度建物が離れているのですが、カウントが別になっていました。

結構正確にカウントしているようです。

まあ、道具ですから使いよう、というのはあるかと思いますが、知らない危険には対処ができませんね。

ない情報は盗まれませんが、あるものは、盗まれる、と思っておいたほうがいいかもしれません。

そして、立ち寄り頻度が高い場所という情報を、当人がどう使うのか、ということには、正直疑問があります。

自宅や勤務先、そういうところのカウントが高くなり、次に主な立ち寄り先、ということになるわけであって、この情報は、当人にはわかりきっている当たり前のことですが、行動を分析したい第三者にとって、例えば、個人を特定できない形でのビッグデータ解析に使うにせよ、悪意のある者が、例えば、facebook などに投稿された記事や写真から、個人を特定し、その行動を把握する目的で悪用することはできるわけです。

少し前に、「ぱよぱよち〜ん」と呼ばれている活動家が、はすみことし氏の投稿に対して「いいね」した人々の個人情報を収集し、公開したという事件 がありましたが、当該、久保田直己氏は F-Secure という外資セキュリティー企業に当時在籍しており、facebook などのセキュリティー対策にも関わっていた可能性があることが懸念されていましたが、泥棒に金庫番をさせるようなものです。
これはたまたま久保田氏がボロを出し発覚したに過ぎず、まさに氷山の一角といえると思います。

LINE に関しても、日本で開発はされましたが、外資であり、諜報機関、大韓民国・国家情報院 (旧・KCIA) が盗聴している濃厚な疑いがある ことは周知の事実ですけど、某不倫ツイートの流出について、ソフトウェアのセキュリティー上の瑕疵以前の、非常に問題のある手段でやり取りをしていただけ、というのが個人的な感覚です。

まあ、ホリエモンが「抜き取られて困る個人情報なんて、私はないから平気。」と発言 していたのが思い出されますが、そういう、情報流出のリスクと、LINE を使うことによる利便性を天秤にかけて、よりセキュアにやり取りしたい内容は別の手段を用いるなどの方法があるかと思います。

というわけで、この機能、やましいことはないのですが、デメリットは思いつきますが、メリットが思いつかないので off にしておこうと思います。

ケロちゃん號のバッテリーが昇天

4372ケロちゃん號のバッテリーが昇天です。何年持ったんでしょうか?

AC デルコ 27-44 欧州車用バッテリーです。

ヤフーショッピングで、8,190 円(税込み・送料込み)で、ポイントが 10% 分つきました。

高いような、安いような。

この前買ったジムニーのバッテリー、軽四のくせに 1 万円くらいしたような記憶があるので、それから考えると安い気がします。

まあ、あっちは、Panasonic のカオスバッテリーですが。

AC デルコって値段の割に悪くは無いと思います。

今までの苦労は。。。

1 年前に知りたかったでござるの巻。

今まで、安全ケージをバラして、安全カバーを外して、チェンを交換して、そして、それらを組み立てて、チェンソークズのある側から足元も悪いし、なんて整備しづらいんだろうと悩んで、Duro にしてみたりと足掻いていたんですけどね。

2016-02-26 07.41.31ちなみに、安全カバーはこういう部品。上下が逆ですが。

なぜスキャンされているのか?

チェンを交換しやすいように改良するため、作図するために採寸しようと思ったわけです。

言い訳するわけじゃないんですけど、マニュアルには、交換方法なんて書いてなくて、というか、マニュアル自体、Advanced Safty Feature といって、安全ケージが付く前のものしかもらってないし、結構、嘘が書いてあるというか、なんというか。

まあ、読んでもあまりためにならないんですよ、これが。
もちろん、よく読みましたけど。

さて、明日、このビデオの方法でうまくいくか、試してみるとしますか。
うちのは、このビデオのモデルの CS ではなくて、全油圧制御の HC なので、うまくいかない可能性は排除できないので。

ボチボチ薪づくりをしたら雨に降られました

今日は昼からボチボチ薪づくりをしました。

薪製造機を展開して、さあ割るぞ、と思ったら、怪しい雲行き。。。

まあ、降るまで割るか、って感じで薪割りをしましたが、ボブキャットに一杯でだいたい 600 — 700kg くらいです。
800kg だと転倒するので。

ユンボも 2, 3 本掴んで持って上がるので、それらを割ると写真のようにちょっとした山になります。
これがだいたいウッドバッグひとつ分、1.5m3 あるかないかくらいです。

ちなみに、薪の長さは 30 — 35cm で作っています。

STIHL の超硬、カーバイドチップの Raipd Duro 25RD3 ソーチェンですが、今日も普通に切れています。
まだ目立ての必要性を感じません。

秋に伐採したものは、さすがに乾いて硬いのですが、この前入荷した原木は、豆腐を切るというと大げさかもしれませんが、明らかに柔らかくてさくさく切れます。

泥がついていたりするので、今までは丸一日使うと明らかに粉っぽいソーダストになるのですが、今のところ、問題ない切り屑に見えます。

何度か同じように、選木、曲がりが強いものの玉切り、運搬、薪割りを繰り返して、夕方、そろそろ片付けようと思った矢先に雨が降り出して、中途半端状態でしたが、本日、強制終了です。

ウッドバッグ 4 つ分くらいできたかなぁと思うので、普通の家庭で 1 年分くらいでしょうか。

やはり、一人でやると、1 時間にウッドバッグ 1 つというペースですね。
時間的には、下準備に 30 分、薪割り作業自体に 30 分という感じでしょうか。

今日は途中でガソリンがなくなって取りに行ったりもありましたが、ソーチェンの交換などの作業はなかったので、まあこれ以上のペースでやると、かったるいので、だらだらジュースでも飲みながら、今くらいのペースでのんびりやるので良さそうです。

ぼちぼち頑張って、在庫がない、というマヌケな状態から脱却したい今日このごろです。

明日も頑張ります。

それはそうと、今年は全然生薪が売れません。。。
生薪が売れてくれれば、次の原木を仕入れて、たくさんの薪が作れるんですが。。。
秋口に買うよりも、断然お得なプライシングです。
ウッドバッグ入り薪、よろしくお願いします。

焚付づくりに便利? — Kindling Cracker

これを言うと身もふたもないんですが、ベスターを使えば、普通の薪に一発で着火できるので、そもそも焚付を手間を掛けて作る必要がないんですが、住宅地で少しでもくすぶるのは調子が悪いという方もいらっしゃるかと思うので、小割りを楽に安全に、というのは一定の需要があると思うのですが、今までにはない形のものを見たので紹介しておきます。

Northern から売りだされたようなのですが、Kindling Cracker といいます。
値段は $99.99 で、米国内送料無料。

使い方としては、小割りしたい薪を刃物に当てて上から叩くだけ、この時に、リングがあるので、割れた薪が飛び散らなくて安全だよ、というアイデア商品です。

材質は鋳物なので、刃物の切れ味的にはどうなのよ、と思ったりもするんですが、アイテムの評価としてはほぼ ★ 5 という状態なので、なかなかイケているようです。

こういう道具としては、似たようなものに Smart Splitter があるかと思うのですが、こっちのほうが小さくて軽く、飛び散る、という部分に対してのソリューションが提案されているし、Smart Splitter のように明らかに消耗して、定期的なメンテナンスが必要な物がない、という点にもメリットを感じます。

でも、$100 も出すなら、これ、安物の斧を鉄板に溶接して、鉄筋を曲げたリングをつければ、あっという間に自作できそうですし、そのほうが強度もあるし、鋳物ではないので万一折れても溶接ができるわけで、あえて鋳物で作った理由ってのがよくわからないところではあります。

風変わりな馬 — Smart Holder

facebook のグループで話題になったので、こちらにも書いておこうと思います。

Smart Holder といいますが、写真のように、腕くらいから、一人で持ち上げられる程度の重さのものを宙に浮かせて玉切りするための「馬」の一種ですね。

北米では $100 程度で売られています。

少々大きくて、重たいものなので、Hearth & Home 暖炉家 で扱うとなると、経験上、品物の価格の 3〜4 割の輸入時経費がかかりますので、原価で $140 程度、125 円だとすると、16,250 円+税=17,800 円、これに送料が 2,000 円くらい、やはり 2 万円近くになってしまいますね。

構造はとてもシンプルなものなので、特許だったと思いますから、真似をして自作、ここまでは OK ですが、試作・研究の範囲を超えて実用すると NG の可能性があります。
パッケージを捨ててしまったので、パテント番号を控えてないので、詳細わかりませんが。

もし、特許の問題がないのなら、制作してみたい気もします。

ビデオのとおりですが、畳んでコンパクトに収納できます。
組み立ても面倒くさいというほどではなく、本体の重量も、そこそこです。

メリットは宙に浮くので、バーなどを噛みこんだり、地面を切ってソーチェンを痛めたりというリスクを軽減し、作業しやすい高さになっているので、腰の負担が軽くなると思います。

問題点は、パッケージのサイズが 160 サイズを微妙に、ほんの 1cm くらい超えてしまうことです。
運賃が高くつく原因です。

それと、太さにより、ストッパー部分の取り付け位置を調整する必要があります。
これは意外と面倒くさいのですが、突起を食い込ませて対象物を安定させる構造で、角度が不適切だと、固定が不完全になりやすいので、調整はきちんとしないと危ないです。

まあ、あるとそれなりに便利な道具だと思います。