悲しくて仕方ないこと

愛媛から電話がありました。

ももが何者かに襲われて亡くなってしまいました。

留守にしている間、世話をお願いはしていたのですが、みかんもももも、続けて亡くなってしまい、悲しくて仕方ありません。

山には木々が芽吹き、草もぐんぐん伸びてきて、いい季節になってきたのにですが、もう、ヤギたちがいません。

パレットがたくさん手に入ったので、柵を作ったり、山をフェンスで囲ったりと計画していた矢先なので、なんとも言えない虚無感に襲われています。

往時のみかんとももの写真です。

劇的ビフォーアフターな薪棚

昨日から、お店土地の建築確認申請を年度内にしなければならなかったので、急遽上京しています。

思ったよりもすんなりと受理されて、少し時間の余裕ができたため、ジョイフル本田に行ってきました。
工事を始めていくのと、敷地に薪などをおいているので、フェンスを設置しようと思い、部材の値段などを調べに行ったわけです。

オーソドックスですが、仮設用の鋼板にしようかなと思ったんですが、結構いいお値段。

ヤギの囲いに使いまわせるフェンス類もみてみました。

こっちはかなりリーズナブルな価格で、鹿用のものだと、2m くらいの高さがあるものもありました。
中には、2 重構造になっていて、間にポールを打ち込むとしっかりと固定できるものもあり、こちらは 30m で 5,000 円強ととても安価でした。

ただ、樹脂のものは、後の始末は、燃えるゴミで捨てられると思うので楽だと思うのですが、耐候性自体に難があると思います。

メッキの鋼線のものは、寿命は長いと思うのですが、移設の際の巻取りなどが結構大変かなと思うので、軽くて柔らかい樹脂のほうがいかなと思っています。

そうこうしていると、この間の劇的ビフォーアフターを思い出しました。
ブロック塀を壊して、薪棚を塀の代わりにしていたわけです。

そこで、金物コーナーを見てみたのですが、2×4 用の金物で、ちょっと新しいものの展示がありました。
今までのシンプソン金物のコーナーもありました。
金物を併用して、薪棚兼薪コンテナを作って、それをフェンスの代わりにするのもお店のアピールになっていいのかなと思いました。

お店では、RUTALND 薪棚用金物 Stack N Store であるとか、新しく、Ironton 2×4 ログラック を扱っているので、これらを利用してみるのも良いかなと思います。

メッシュパレットを積んでおけばいいんじゃないのか、という話もあるんですけどね。

スタンションのブラッケットを固定

原木を運ぶ時に使用しているスタンションですが、取り付けの幅など、実際に積み込んで運んでみて、塩梅を見てから、ブラケット部分を固定してみました。

3m の場合、ちょうどいい位置にしてみました。
2m や 4m の場合、取り付け部を追加しないといけない気はするのですが。

工具を使わずに着脱できるようにしてあります。

一旦塗装して、とりあえず、様子を見て、不具合が出れば、都度、対処していこうと思います。

原木が残り僅か

今日も原木を取りに行きました。

朝ごはん、どうしようかと思いつつ、なか卯によったら、思わずウニ丼を食べてしまいました。
1,030 円もしました。

原木が残り少なくなってきて、朝 1 回目で、太くて真っ直ぐなものが殆どなくなってしましました。

原木をおろす際にトラックを逆につけたら、キャブが邪魔なので、右に旋回して降ろさないとならず、恐ろしく効率が悪かったです。
こういう細かな部分の積み重ねで、作業の効率が随分と変わってきますから、工夫していければと思います。

原木市場には、トレーラーなどの大型車両に大量に積み込んでいるんですが、これくらい一度に運べれば、あっという間に片付きそうです。

昼からの 2 回目は、写真のとおりです。
細い上に、曲があり、更に枝などの部分も下処理されていません。
同じ量積んだつもりなのですが、原木の状況が良くないので隙間が多く、午前中のものよりも 25% くらい、密度が低かったです。

なんだかんだで、後 2, 3 回で、ストックが全てなくなってしまいそうです。

今シーズンの入荷は、まだ 100t(原木の重さで)にも満たないので、製品はせいぜい 50t 程度しかできません。
ということは、1t 加工して、加工手間は 1 万円程度なので、年間の粗利としては 50 万あるかないか、ということになってしまいます。

白ウッドバッグを輸入してみたり、テント式カバーを試作してみたりと、資材代も嵩んでいるし、設備投資として、薪コンベアの部材などを購入したし、スタンションも作ったりしたので、今年も大赤字かもしれません。

というか、まだ乾燥機がないので、今作っている薪が秋に確実に乾かなければ、その粗利もとらぬ狸のなんとやらです。

原木をどんどん運んでいます

今日も原木を運びました。
割るのは後回しにして、とりあえず、運んでおかないと、なくなってしまっては困るので。

4m のかなり太めのクヌギの積み込みの時に、リフトのおじさんが鳥居を壊しました。
まあ、あんな鳥居じゃぁ、仕方ありません。
とはいえ、これ以上壊れても困るので、何らかの対策は必要かなと思います。
特に、今あるのは、主に 3m なんですが、今後は 4m が山から降りてくる、ということで、ボデー内寸が 3,600mm なので、きっちり積んでも後方に 400mm 突出します。
ということは、積む時に、鳥居にガンガンぶつかる、ということですから。

結構頑張って運んだと思ったんですが、積んでみると少しだけしかありません。
周りは、大型とか、トレーラーとかなので、積載量が桁違いですから、中型はちょっと寂しい量です。
まあ、ないものねだりしても仕方ないので、ボチボチ、マイペースで頑張ります。

草刈り・ゴミ拾い — 薪ヤードの整地を始めました

実は、薪割りをしたり、薪を保管をするためにヤード用地を借りていたのですが、ずっと放置状態でした。
草が生え放題で荒れ地になっているので、草刈りをして整地することにしました。

今日は、O くんが手伝いに来てくれたのではかどりました。

背丈くらいに篠竹がはびこっているので、ハンマーナイフモアを投入して草刈りしました。
まあ、これくらいの面積ですから、1 時間もかかりません。
O くんが、草刈りをやってくれたのですが、ただ、ここ、ゴミがすごいので、紐や布、シートなどが絡まって、大変そうでした。

その間にボブキャットで山になっている部分を削って、谷を埋め立てます。

草刈りが終わったので、ViO30 は、スケルトンバケットに交換して、ゴミ拾いです。

ボブキャットは、篠竹の根は、表面の 10cm くらいなので、それを剥ぎ取り集積します。
集積したものは、スケルトンでビニールであるとかを重点的に、根などを篩って、綺麗に分別しました。

ゴミが多くて、なんだかんだで 25% くらいの進捗かなと思います。

原木を早く運ばないといけないので、とりあえず、原木を置くスペースを確保することを優先して作業に当たりたいと思います。

ブレイブのフィルタキットの状況

納期は、2 月中旬頃の見込み と書いたフィルタキットですが、今月の頭に港について、検品していたのですが、ヘッドが一つ行方不明ででしたが、間違って倉庫に納品されていたと判明したので、ようやく発送できそうです。

倉庫に誤納入したものは、転送しないといけないので、今しばらくお待ち下さい。

在庫は予約いただいた方のものしかありませんので、それ以外の販売は当面はありませんが、近日中に、ブレイブ薪割機の代行輸入を予定しているので、そのタイミングで輸入したいと思います。

2015-12-06 15.50.32取付方法ですが、ブレイブ DUAL 20t 専用に部材を揃えてありますので、ポン付けです。

取り付け作業ですが、次の手順です。

  • 作動油のホースを外します。クリップは再利用します。
  • コントロールバルブに取り付けた樹脂製のエルボを取り外し(再利用しません)ます。
  • コントロールバルブに金属製のエルボを取り付け、次がフィルタヘッド、そして、ホース用金物、という順で接続します。
    ゴムシール部に作動油を塗り、組み込みます。
  • 金物部分はテーパーですから、シールをしてください。締め付けが緩いと漏れますが、きつすぎると壊れます。エルボ部分は取り回しの角度の問題があるので、シールテープを巻く量で調整してください。
  • 作動油のホースを取り付けます。長いようでしたら、ハサミで短く切ってください。

予約を頂いている方には、準備が整い次第メールで連絡いたしますので、今しばらくお待ち下さい。

白ウッドバッグ(通気薪フレコン)の原産国とストラップの破損の問題

薪を入れる通気性のあるフレコンですが、名前がややこしいので、オーストリア製のものを以降は白ウッドバッグと表記したいと思います。
いのり薪さんが萩原工業で OEM 生産しているものは、黒ウッドバッグと表記したいと思います。

白ウッドバッグについて、次のような情報がコメントにて寄せられました。

「白いウッドバッグはメッシュの開口率が35%程度で通風性に欠け製造国はチャイナです、新品時であっても吊りフックの破断が 5%ほど発生します。」

原産国の問題は、輸入時に、関税が課税されるかどうか、それと、輸送の時間とコストにも影響するので、Wittmann さんに聞いてみました。

We produce our bags in Europe

ということで、ヨーロッパで製造している、という回答でした。
支那であるとか、ベトナムであるというような話があったのですが、全く違っていました。

それと、新品でもストラップが 5% 破断する、という情報ですが、うちでは、白ウッドバッグも黒ウッドバッグも、今までのところ破断は生じていません。

破断についてですが、どう破断するのか、ということが問題かと思います。

たまたま、いつも勉強させていただいている Forst Fan Club さんで、黒ウッドバッグの ストラップの破断の記事 がありました。

破損の状況は、ストラップ自体が切れたわけではなくて、袋とストラップとの縫製部分で破断しています。
画像は、Forst Fan Club さんから引用しています。

この縫製方法は、普通のフレコンなどでは、ごく一般的な形状ですから、黒ウッドバッグが特に弱いということではないと思います。
白ウッドバッグの場合、上から下まで縫いこんであるため、一番力のかかる上部が切れるとしても、袋のほうが切れるだけで、ストラップが切れたり、プラプラになることが少ない物理的な形状になっていて、デザインがが優れると感じました。

うちでもちょっと危なっかしい状態の白ウッドバッグを発見しました。

まだ破断には至っていませんが、ストラップ自体が摩擦によって切れかけています。

袋とストラップの縫製部分はなんともありません。

つまり、単に破断するといっても、

  • ストラップと袋の接合部分が破断する → 接合部分が弱い
  • ストラップが破断する → ストラップが弱い

という 2 パターンが今のところ確認できました。

さて、ここで、こういう事故に対してどう対処するのか、ということが問題です。

前者に対して、考えられる対策としては、「吊らない」ってことがあると思います。
パレットに載せるわけです。
でも、「吊らない」「吊れない」のなら、薪ネットなら、価格は 1/4 — 1/5 なんで、吊れることによる作業性の向上に投資しているわけですから、この対策方法は、許容できません。

それ以前の問題として、バッグへの充填当初は 1.5m くらいの高さになりますし、結構不安定なので、パレットに乗せてリフトで持ち上げて走行する場合、かなり慎重に運ばないと転倒します。

舗装されている場合でそうなので、未舗装のヤードの場合、ぬかるみなどで傾いたり、急な減速になったりすることもあるでしょうし、それを嫌ってゆっくり走れば、時間と燃料のロスです。

ウッドバッグは吊ってこそウッドバッグだと思います。

後者に対してですが、無論、黒ウッドバッグのようにストラップを太くしたり、その太いものを吊る部分だけ更に当てもので補強したりする方法もあるでしょうが、これではコストが嵩みます。

Wittmann さんに聞いたところ、

First off, it is really important that you ease the forks of your forklift. On the picture they seem too sharp! That’s probably why the straps get damaged.

とコメントがありましたが、方法として、たとえばリフトの爪に丸パイプというを突っ込んで角で摩耗することを防ぐ方法が思いつきます。

ただ、それをするのであれば、元々の設計通りに使うべきかと思うわけです。

上記ビデオの 2:28 前後から解説されていますが、白ウッドバッグはストラップが各コーナーに長短それぞれ 2 つで、都合 8 つついています。
短いものは、自立用スタンドへの固定用であり、長いものが吊り上げ用です。
そして、吊り上げる際には、見ればわかりますが、吊治具を使用しています。
ここでのポイントですが、まず、吊り上げ上治具を使うことで、リフトを定位置につけると、一回でストラップを治具にセットできる、ということです。
治具には、ストラップの外れ留も取り付けられて、工夫されていようです。

吊治具を使わない場合、薪を充填すると、吊りストラップ間はそれなりに距離があるため、一人で作業する場合、一度に爪に通すことが困難で、通常は、一度降りて、全部の 2 本を爪に通し、その後、リフトを前進させて、後部を 2 本を通して吊り上げることになります。
この際、当然ですが、通せる=外せる、ということで、吊り上げる時、せっかく通したストラップ外れてしまうこともあります。

これ以上にうまい方法は思いつきません。

スタンドの方を工夫して対処したとしても、乾燥保管してあるものを吊り上げる際には、それは何の助けにもなりません。

Wittmann さんは、4,000 枚、年間に使うそうです。
仮に、上記の補強対策が €1 でできるとして(無理だと思いますけど)、4,000 枚使うなら、€4,000、約 50 万円が毎年必要になります。
10 年なら 500 万ですから、とんでもないロスです。
スタンドや吊治具を作るのにいくら掛かるのか、ということが問題ですが、50 万もはかからないことは明白です。

いずれにせよ、今のようにフォークで吊り上げて充填していては、その間にフォークが占有されてしまう問題があるため、スタンド、吊治具について、早期に作成して作業環境の改善を図りたいと思います。

スタンドに関しては、充填時に袋の破損を軽減する構造が望ましく、また変形しづらいように密に充填できるものを考える必要があると思います。

開口率に関しては、雨除けカバーを試作中ですが、すっぽりとビニールをかけてしまうのですから、どれほどの差があるのか、というようなことも気になるわけです。
今後、乾燥の経過を報告していきたいと思います。

原木を運んでみました

この間スタンションのようなものを作ったのですが、今日は、原木を運んでみました。

かなりいい感じです。

原木も太さも細いものもなく、曲がりがひどいものもないので、作業性も良かったです。

荷降ろしですが、地べたにならないように鉄板を敷いてみたんですが、意味がなかったですね。
この置き方だと量が置けない上に、谷側に落ちると拾いあげるのが面倒くさいので、トラックの取り回し、それから、薪製造機への供給を含めて、レイアウトをしっかりと考える必要があります。

割っている時間がないので、山に取りに行くことを優先したほうが良さそうです。
とりあえず、頑張って運ぼうと思います。

久しぶりの薩摩編み

トラックに乗るなら、南京結びと合わせて、覚えておきたいのが薩摩編みではないでしょうか?

ロープがところどころ切れそうになっていたので、そういう悪いところを切り落として、薩摩編みをしました。
薩摩編みは、アイ・スプライス加工、ともいいます。

ロープの端部に輪っかを作るとともに、ストランドのほつれ止めの役目も果たすため、覚えておいて損はないと思います。

かなり久しぶりだったので、コツをすっかり忘れていて、なんかおかしな仕上がりです。

後で気づいたのですが、コツを忘れたというよりも、今回は珍しく几帳面なことをして、それが仇になりました。

ストランドを端部から自分は 7 つほど解くのですが、それ以上解けないように、OPP ロープで固定していました。
これが良くない。

まあ、固定してもよいのですが、一番最初に解いたストランドを輪になるように差し込む工程で、差し込んだ後のストランドの長さが均一になるようにしなければならない、ということに後から気づいたのですが、当然、そうしないと、編みこんでいった一番最後に、それぞれのストランドの余分な部分の長さがまちまちになり、それはつまり、短いストランドに力が集中して掛かる、ということなのかなと。

解けないように固定してあるので、当然解けない、なので、最初の編みこみ時に長さを調整しようと引っ張っても、うまく解けてくれないので、それで仕上がりがおかしくなったようです。

まあ、文章で書いてもわかりにくいと思いますが、丁寧に解説されている動画があったので貼っておきます。
自分は、この動画を見ながらやったわけではなく、自己流なので、そもそも仕上がりが違うのかもしれませんけど。

とりあえず、できたロープはえび結びで片付けます。
見た目がえびっぽくて好きなんです。
あと、さっと解けて絡まらないのもいいんですが、長いものには向かないように思います。