ハンドパレットトラックが届きました

ユニキャリアさんから電話があって、追跡したら届いているようなんですけど、っていうんですけど、ハンドパレとトラック、届いてました。
どうやって下ろしたんだろう?

早速、倉庫の薪の片付けをしました。

両面パレットは使えないし、木パレも結構な確率でダメなものがありました。
リフトで積む順番を変えて、ハンドパレットで動かせるようにして、綺麗に並べました。
多少は綺麗になったかなーという感じ。

途中、リフトが使えるはずのプラパレでどう足掻いても持ち上がらないものがあって、バキバキいうのでよく見たら、上下が逆でした。ハングル文字って、どっちが上かよくわからないんですね。アルファベットの部分を見て、逆だと気づきました。

これ以上は要らないものを捨てないとどうにもならない、ということで、お腹も減ったので、ダンボールを売りに行って、ご飯を食べて、倉庫片付けは終了。

夕方に S130 と ViO30 を回送しました。

とりあえず、ViO は、法面バケットに交換して自宅まで積んで帰ったので、明日は、作りかけの駐車場をひとまず完成させたいと思います。

法面バケットで既存の地面を 30cm 程すき取って、砕石を敷きこみたいと思います。

魚谷鉄工 フォワーダ AK-33W

これは欲しいぞ!魚谷鉄工 フォワーダ AK-33W

あと少し軽ければいいんだけど。。。

このサイズで、ウインチ、グラップルがついてます。

最近、搬出(片付け)の依頼があるんだけど、軽トラ+αくらいしか入らない場所が多く、かなりの手間がかかってるんですよね。

薪の原木なら、短く切ってもいいんですが、今後は、エネビジョン のバイオマス発電所が稼働したりすると、針葉樹の間伐材も売りに行けば売れそうだし、針葉樹なら、より長いまま出したい(4m と 6m では価格が全く異なるため)わけで、いいなぁ〜と思ってはいるんですが、簡単に買える値段じゃなさそう。

自分で回送できないなら、回送費用がかかるわけで、そうなると採算を取ることはほぼ絶望的ですし、AK-33W は 4.5t あるので、ちょっと重すぎるんですが、AK-3 なら、なんとか運べるレベル。

ATV なんかで牽引するタイプがグラップル付きでも 100 万を大きく切る値段ででているので、そっちなら買えなくはないんだけど、長尺材の運搬能力はなさそうだし、ATV 自体が必要、地形が平坦ならいいんだろうけど、クローラーでないと走破性がかなり疑わしいというのもあるので、そこそこ確かなものを買っておかないと使いものにならない、という予感がしないでもないんです。

この前、大森商機 さんでフォワーダの話を聞いたところによると、最近の森林組合など大規模な組織の現場では、積みこみ場所にも、土場にも、グラップルがいるので、フォワーダにグラップルがついてるとその分積載が減るので、運ぶことだけに特化する傾向にあり、グラップル付きはあまり売れない、というもっともな話を聞いたんですが、うちの場合、さうりう丸には、グラップルがついてないので、下ろすときにグラップルが必要ですから、山では、自分で積み込み、トラックに積み込める必要があるかなと思うわけです。

とりあえずは、林業機械の展示会などに行って、情報を収集するところから始めたいと思います。

雨上がり

土日は雨で作業ができなったのですが、今日も、晴れているものの足元が悪いので、作業は見送りました。

兼務神社の総代さんから、お田植えの御札の調製の依頼があり作業をしていたんですが、ちょっと調子が悪くて CMYK ではなく、なぜか RGB 出力しかできず、オーバープリントもできない状態だったので、普通に判子を押しました。
なんだかんだで 2 時間くらいやっていたかも。。。
はじめから普通に判子を押せばよかったです。

Illustrator が悪いのか、それとも、PPD が悪いのか。

PPD ですが、10.11 用を落としに行ったんですが、10.10 用までしかないんで、多分、そっちの原因ではないかと思います。

社務所の下においてあるウッドバッグ入りの薪ですが、だいぶ色が抜けてきました。
まあ、雨が当たる部分だけ、の話ですが、そろそろカバーを掛けたほうが良さそうです。

フルカバーと、上半分のカバーと、いろいろ比較してみようと思いますが、結局のところ、テント式カバーの内部温度などの計測の件ですが、プローブを適当に差し込む方式では風でバタバタした時に抜けたり、位置がずれたりしてまともに計測できそうにないため、計測装置を固定する仕組みを考えないといけなさそうです。

今週は、天気が良いみたいなので、SHELL DOME の組み立ても済ましてしまいたいと思います。

チップ等の雨除けシート

facebook で教えてもらったのですが。

昨日 T さんと電話をしていて話題になったのですが、まだ、こちらには書いてなかったので、個人的備忘録ですが、メモっておきたいと思います。

出典 日比谷アメニス

出典 日比谷アメニス

カタログ上の単価では最も安いものでも、1m2 あたり 1,000 円(税別・送料別)とかなりの金額になっていますし、価格競争があるような分野ではないことから、定価からの大幅な割引は難しそうで、コストが最大のハードルかと思います。

反面、厚手で破れに対しての強度があるため、薪のように凸凹していて、普通のシートでは引っかかって裂けてしまうようなものにも安心して使えるものではないかと思います。

日比谷アメニスさんの扱い商品には、この他にも太陽熱乾燥システム等があり、興味をそそられます。

まあ、お金をかければいろいろできるけど、採算が取れるか、というのが最大の問題です。

特に今はスタートアップということで、売上が全くない中、日々生産をして、出費が続いているので、これ以上の大きな投資は難しい状態ですが、だからこそ、今度の秋に確実に良い薪が出荷できるように、乾燥関連については、積極的に投資をして、売上が立つように、ぼちぼち頑張っていきたいと思います。

強制的に洗濯!

朝起きたら雨が降っていたわけですが、昨日の時点では降らない予報だった気がするんですよね。

軽トラで、道具を積んだまま、飲みに行って(飲んでませんけど)、帰ったら、結構遅い時間だったのと、SHELL DOME のパレットがあるので屋根の下に駐車できない状態で、道具を下ろすのが面倒くさくて、そのまま止めてあったので、びしょ濡れでした。

というわけで、鬼臭くなりそなので、強制的に洗濯です。

久しぶりに洗いましたよ、チャップス。

思ったよりも綺麗に洗えた感じですが、どのみち、またすぐに汚れるんでしょうね。

防刃手袋のほうが固くならないか心配です。
これは洗えない(と思う)ので、そのまま干すだけですが。

後、ヘルメットをこの前濡らしてしまって、これもかなり臭うんですが、こっちは、100 円店で電子レンジとか用のキッチンクリーニングペーパーを買ってきましたので、アルコール除菌でふきふきして見ようと思います。

雨で薪集めは中止

今日は雨で薪集めは中止です。

昨日は高校の同級生と飲みに行ってまして、といっても、汽車に乗り遅れたので、車で行ったので、飲む方はノンアル一杯飲んだだけだったんですが、久しぶりのメンツもいて、のんびりとした週末でした。

その延長で、今朝は今ひとつテンション上がらず、雨なので、ゴロゴロしてしまいました。

そういう時は、また、くだらないことを思いつくので、忘れないうちにメモしておこうと思います。

vio55-6-GWViO30-2 なんですが、ヤンマーに往復配管の 2 セット目を増設することができるか、ということを問い合わせていたんですが、一昨日電話があって、結論からいうと NG で、当時は林業仕様を作っていなかったので、部品自体がない、ということでした。

5 型から林業仕様があるということで、6 型は ViO55-6A の林業用がある、ということです。
カタログを見る範囲では、ジョイスティックコントロールのようです。

メーカ的にいえば、新型に買い換えてください、ということになるようです。

まあ、うちの機械もこの間 3,000Hr を超えて、今は 3,100Hr くらい、もう 10 年以上乗ってるので、十分に元は取ったのですが、ガタもないし、たちまち大きな修理が必要なわけでもなく、クローラを交換したので、買い換えるのは勿体無いんですよね。

というよりも、5.5t じゃあ、3t の代わりにはならないし、現状、自分で回送できない、さらに、仮に 6t の増トン車を導入したとしても、限定なしの中型以上の免許が必要になるので、誰でも回送できない、という問題があるわけで、純粋に増車になると思うわけで、だったら .25 クラスにした方がいい気もするわけです。

いずれにせよ、予算的には恐ろしい金額がかかる予感がするので、今あるものでなんとかならないかと調べてみると、2 型でも、グラップルやウインチを取り付けている例もありました。

ただ、動画の説明によると、右足のペダル操作+ジョイスティックコントロール、というかなりマヌケな状態のようです。
つまり、往復配管の流量制御自体は右足のペダル操作でやって、そこで吐出した油をジョイステックでローテータの回転とグラップルの開閉に振り分けている、と推定されます。
下手をすれば、この回転と開閉の振り分けは、単なる ON/OFF の可能性もありますので、複合操作時に回転に 20%、開閉に 80% というような振り分けができないのかもしれません。

理論的には、足元のペダルは 1 スプールのクローズドセンターのバルブだから、中立の位置の時は、往復配管自体、あってもなくても同じのはずですから、それと並行して、バルブを追加してやって、グラップルの開閉操作量、ローテータの回転操作量に合わせた作動を送り、アタッチメント部分に電磁弁(流量制御可能なもの)を取り付けて、それが操作量に合わせて作動油を配分すれば、物理的な配管を追加せず、かつ、フットペダル操作を省いて、よりリニアな操作が可能になるんじゃないかと思いました。

Vio35-5 には林業仕様機があったということだったので、これの中古が出ているようなら、入れ替えれば、これ一台で済むので良いですが、そんなものが都合よく出てくるとは思えないし、難しいですね。
クイックヒッチがないと、お話になりませんし。

で、クイックヒッチですが、それって何、という人、動画がありましたので、貼っておきます。
あると超便利です。

ピン、外れてしまうので、壊れてますね、これ。
泥除けも損傷しているし。

うちもこの間、ピンの頭の丸い輪っかが傷んだのと、この動画と同じく泥除けがヘタっていたので、交換しましたが。
ピンは 1,000Hr くらい、泥除けは 500Hr くらいに一度交換した方がいいと思いますが、泥除けの素材が芯入りのゴムに変わっていたので、多少は耐久性がアップしたかもしれません。

まあ、こんな感じで、1 分以内で、油圧配管の着脱も含めて一人でアタッチメントの交換ができます。

原木集め 2 日目

一昨日、昨日と 2 日間は天候も悪く、また、神社の祭日だったため、原木集めを中断していたのですが、今日から再開です。

少し頭を使って、軽トラはなくボブキャットで小運搬することにして、二人、職人さんに応援に来てもらったので、作業が格段にはかどりました。

原木を下ろすスペースがかなり手狭になってきています。

来週は、山主さんが作業をしたい、ということで、山に入れないので、天候次第ですが、その間に割ってしまおうと思います。

それと、ヨドバシカメラに注文していたスケールが届いていました。
一つは逆目盛りですが、薪製造機に貼り付けて、原木のカットする長さの調整用に使いたいと思います。

明日も続けて、原木集めを頑張りたいと思います。

TrueNorth 代行案件 その後

出典 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

出典 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

カナダ製高性能鋼板製ストーブ TrueNorth の代行を依頼いただいたお客様の設置工事が完了したとメールをいただきました。

設置工事は、春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)でお馴染みのかわはら薪ストーブ本舗 さんを紹介させていただき、お客様が直接依頼されました。

なお、このケースもそうですが、うちからかわはらさんを紹介する、あるいは、かわはらさんに依頼する場合、うちが工事をするわけでも、工事についても保証をするわけではないのですから、紹介料などのピンはね・中抜き、そういう行為は一切しておりません。

期間限定ということで、工事中の写真も公開されています。
薪ストーブに移動法など、DIY で行う際のヒントになるかもしれないですので、見てみると良いと思います。

しかし、このように、工事の完了をお知らせいただけたり、その様子がわかると、こちらも嬉しくなります。
また、次のシーズン、喜んで使っていただける様子が目に浮かんで、ワクワクしてしまいます。
焚いたらまたメールします、とおっしゃってくださったので、楽しみに冬を待ちたいと思います。

TrueNorth TN20 ですが、現在、愛媛県に 4 台在庫があります。
実物の確認、全国発送可能です。(リフトがない法人、すべての個人宅には発送できません。ターミナル留になります)
新築、リフォームで薪ストーブの導入を検討されている方は、煙突まで含めて、部材をご用意できますので、お問い合わせ(見積もりは有料) ください。

SHELL DOME 届いてました

ポチした と書いたテント式パイプ倉庫 SHELL DOME が届いていました。

念の為にフレームを一部確認して、組立後、実際に現物合わせで、基礎を設けようと思います。
まだ開封して確認していないのですが、チャイニーズ商品なので、どの程度の精度かが気になります。

愛媛ですから、台風はめったに直撃しないし、確認は不要なエリアなのですが、ハイルーフタイプなので、風で吹き飛ばされる、ということが心配ですから、基礎だけはそれなりに作っておきたいと思います。

一番いいのはちゃんとした布基礎を作ることかとは思いますが、借地ですからね。

とりあえず、トーフを据えて、それに後付のアンカーで固定しようと思いますが、引き抜きに対抗できるか、作ってみて怪しそうならば、ハウス同様にマイカ線+螺旋杭で補強しておく必要があるのではないかとも思っています。

ポチしたついでにいえば、今日、ユニキャリアさんから電話があって、見積もりの件、どうでしたかと。

ハンドパレットトラック ですが、結局、MonotaRO はやめて、スギヤス(ビシャモン)のものを注文しました。
当然ですが、通販よりは、1 割以上高いし、物自体はメーカ直送なので、通販と何も変わらないのですが、後のことがありますし、いつも整備でお世話になっていますからね。

月内くらいには届くということで、写真のとおり、薪が散らかっている倉庫を整理したいと思います。

続・チェンソーダストエキストラクタ

いろいろ考えたんですけど、チェンソーダストの処理。

アプローチとしては 2 パターンしかないと思うわけです。

要するに、押すのか、引くのか、ということ。

引くってのは、ズバリ掃除機だとか、そういう構造になるわけで、集塵機能付きブロワーもこれに当たるかと思うんですが、これの欠点は、引くためのファンは、ゴミを吸う位置の後になるわけで、今回のように、大きな木屑だとか、金属製のパーツや石などを吸い込み、特に何も処理しないなら、それらがファンに激突して破損する、ということになるわけです。

じゃあ、どうすればいいのか、というと簡単に解決できるんですが、サイクロンによる遠心分離をファンの前に挟みこむだけ。

もちろんフィルタをファンの前に組み込む(掃除機の構造)のでもいいわけで、実に簡単なんですけど、これはこれで致命的な欠陥があって、それは、集塵部は陰圧(負圧)なので、ダストボックスはキッチリ気密処理しておかなければならない、ってことです。

チェンソーダストの発生速度ですが、調子よく薪割りをしているなら、毎時 3m3 くらいの薪ができることもあるわけで、つまり、0.3m3/h ですから、40L のゴミ袋なら、8 分で満タンになり交換しなければなりません。
かったるくてやってられません。

で、それって、エクストラクタというよりもコレクタ、です。

あるいは、ファンをめちゃめちゃ頑丈にして、木っ端ごときでは壊れない作りとして、吸い込んでも粉砕して排出するくらいにするってことですが、こうなると、ちょっと自作は難しい気がします。

ちなみに、薪製造用の既成品はいくつかあるんですが、どれもこういう仕組みなので、ファンが頑丈なんだろうと思います。

出典 Wikipedia

出典 Wikipedia

というわけで、押す方法を考えているんですが、霧吹きは、ベンチュリ効果 で陰圧(負圧)を生じさせるわけで、この理屈を使えば、清浄な空気を高速で押し出せば良いだけなので、ゴミがファンにぶつかることはないと思うんです。
で、こういう装置を アスピレータ っていうんだそうです。

これでチェンソークズが吸えるほどに陰圧(負圧)を発生されることができるのか、木っ端などがアスピレータに詰まらないのか、というようなことが気になりますが、ちょっとググった範囲では、水槽だの、炭酸風呂だと、流体として水を使うケースが殆んどでした。(水を使わないものは、インジェクタと言うという話もあるようですが)

まあ、構造自体は、塩ビパイプで適当にやってみようとは思うのですが、流体を空気に絞って考える場合、ダイソンの扇風機のように コアンダ効果 を応用した方法を検討したほうがいいかもしれませんが、そんな複雑な立体をどうやって設計し、整形するのか、これも自作は相当厳しそう。
自分が思いつくくらいだから、すでに偉い人がそういう集塵機を作ってそうな気がするんですけど。

たかがゴミ掃除、されどゴミ掃除、奥が深いですね。