ナビアプリ — トラック

この前の京丹後の配達では、NAVITIME のトラック用ナビアプリ、何のひねりもない名前で「トラック」 っていうのを使ってみました。
1 月末まで、無料でお試しできたためなんですが。

まず、このアプリ特徴として、大きな道しか案内しない、というのがあります。

Google Maps などは、普通車でも通れないような道を案内したりして、時々ひどい目にあうのですが、トラックの場合、車幅、車高、長さなどを登録することができ、基本的に走れる道を案内しようとするようです。

後は、トラック用の休憩スポットの検索、また、複数の配達先がある場合で、どの順番で回っても良い場合には、ルートの最適化を行ってくれます。

設定の問題でしたが、よろしくない点が幾つかありました。

まず、マナーモードにしていると、音声案内をしないんです。
また、割り込み音声のボリュームが小さく、音楽を再生していると、かぶってものすごく聞きづらいわけです。

そして、これはものすごく困るんですが、音声案内にタイミングが異様に早いのです。

右方向です、という風に音声案内が入ったタイミングで右折すると、曲がるべきは次の交差点でした、というくらい早いのです。

まあ、あと 50m とか表示はされているのでそれを見てればいいでしょう、と言われればそうなんですが、そんなナビの画面を注視してたら危ないわけで、特にトラック向けであるとことを考えると、普通車のようにかっ飛ばしたりはしないので、早めに案内するにしても、「およそ 500m 先、なんとか交差点を右方向です、右折専用レーンがあります、右折可能なレーンは右 2 車線です、その先車線数が減り、右から左に合流するため、右から 2 番目の右折レーンに進入してください」、位のレベルの案内を期待したいわけです。

特に、トレーラは全長が長いし、動きを理解していない一般ドライバーが多い道路では、合流しようとしても、遅い車が前に入るのを嫌って車間を詰めてきたりして危ないので、極力、車線を移動しなくて済むように走行したいわけです。

とはいえ、トレーラは通行許可が必要ですから、ETC 2.0 で指定道路を自由に走行できるような環境でなければ、知っている(決まっている=許可を受けている)経路しか走行しないわけで、案内でナビに求めているようなことは重々知っている、ということになるし、逆にいえば、事前に通行できることを明確に確認しているルートを走行するわけだし、渋滞していても、迂回なんてできないし、もっといえば、たとえ事故や工事で通行止めになっていても迂回することは建前上は許されないわけですから、そもそも論として、ナビ自体、必要ないっちゃあ必要ないわけで。

だからナビを使うとしても、ああ、この時間は渋滞しているから、(トレーラが駐められる)定食屋で飯でも食って、渋滞をやり過ごすべ、って程度のことであって、だったら、プローブが正確な Google Maps で間に合うんじゃないの、と思ったり思わなかったりするのです。

月額で 700〜800 円かかるわけで、まあ、それで業務が効率化できるのなら、安いもんですが、自分の場合は、ちょっとメリットがなさそうです。

ただ、面白いなと思ったのは、法人向けの運行管理などをするアプリケーションサービスです。

これだと、配達などに出かけたトラックがどこにいるのかはもちろんですが、予定の時間についたかどうか、90% が 5 分以内に着くわけですから、ドライバーごとに統計を取り、遅配を検出できるわけですし、サボったりということも当然監視できるわけですから、そういう行為の抑止にもなりますね。

将来的には、検討してみたいと思います。

配達ミッション その 2

配達ミッション その 2 は、実は、夜間だったため、写真はないのです。

目的地は鳥取県の山深い里でした。
お客さん(女性)と、その息子さんでしょうか、中学生か、高校生くらいの男の子と、TN 20 をお使いという男性、3 人で荷降ろしを手伝って下さいました。

自衛隊が出動したほど雪が降ったようですが、訪問時はそこそこ雪も片付いていて、なんとか辿り着くことができました。

4 人で運んで何とか任務完了、時間は 19 時を回っていました。

鳥取は、少し前に思い立って、羽合温泉に止まって、伯耆の国一宮 倭文(しとり)神社 を参拝、その後、投入堂 にも立ち寄り、専攻科時代の同級生(といっても、一回りくらい年下)の結婚式に出席したりしたのを思い出しましたが、岡山から、高速を使って鳥取に抜けたので、京丹後〜鳥取までは初めての場所でした。

途中、餘部を走った時に、これか!、というようなコンクリート製の新しい橋梁が視界に現れました。
その脇に佇む赤い鉄骨。

配達のため時間に余裕がなく、素通りしましたが、次回訪問時には、時間を取って立ち寄りたいと思います。

京丹後から鳥取に至る道は、一部、バイパスが完成していて、走りやすかったのは事実なんですが、逆に一切合切素通りしてしまうのが難点ですね。

もし、餘部の周りもバイパスが完成していたら、素通りしてしまったことでしょうし。

マーカーが暗い件

キャンターはマーカーの球を LED 化してあるんですが、かなりいい感じで、路側などを明るく照らしてくれるので、夜間とても運転しやすいのです。

ヘッドは全くマーカの類がなく、夜、左の後輪がどこにあるのか、まあ、感覚でわかるようになれと言われればそれまでなんですが、全く見えないし、台車の方も、マーカーがあるんですが、鬼暗くて、ついているかついてないか、分からない、側方から他車が視認できるという意味では意味があるのかもしれませんが、結構内側に食い込んでくっついているのでミラーではほぼ見えないし、明るさ的にも路面を照らせるような状態じゃないんです。

まあ、荷台の高さ自体が、キャンターに比べて 30cm くらいは高いので、マーカーも必然的に位置が高いので暗く感じる、ってのもあるんだろうと思うのですが。

で、キャンター同様、マーカーレンズとバルブとを交換しようかと思ったんですが、お店に見いくと、最近のものは一体になっていて、そのほうが明るい、と店員さんが言っているし、それよりも、台車の方のは腐りかけみたいな状態だから、まるっと交換した方がいいのかなと思うわけです。

お店で見ると、一つ 2,000 円くらいもしてて、まあ、物を見て、明るさや色味なんかを確認できる、というのはメリットではある気がするんですが、なんせ数がいるんで少しでも安くあげたい、というわけで、ヤフオクを見ています。

ウインカーやブレーキなどと連動して、色や明るさが変わるタイプ等色々あるようなんですが、そういうのって車検に通らなさそうだし、配線も面倒くさいそうなので、普通のでいいやとは思うんですが、猛烈に悩むのはレンズと、後、どの程度明るのか、ということです。

レンズなんですが、普通にダイヤモンドカットのものでいいやと思っていたんですが、キャンターのものは 4 面カットだったんですが、ヤフオクだと 8 面カット、というものも出回っているんですよね。

なかなか良さそうなんですが、レンズの防水がちゃんとしてないみたいなんです。
まあ、ビニールテープ巻くだけの話みたいだし、値段が安いので、あんまりなことをいったら気の毒ですが。

色々探すとキリがなさそうなので、T ポイントが消えるともったいないので、入札してみようかとは思っているんですが、問題は 10 個だと足りないし、20 個だと余るし、ということです。

後、問題は、車検に通るかどうか、ということで、台車の方は、経費節約のため、今後は持ち込みで車検を受けるつもりなんで、保安基準に適合するようにしないといけないと思うんです。

年式によるらしいんですが、マーカーの一番後ろが赤いんですが、もともと赤いので、多分、ここは赤でも通ると思うんですが、それ以外、現状は黄色いんですが、これ、白くするとダメなんでしょうかね?

鬼ややこしい。

色については、基本、橙(とう)色と明記されています。
だいだい色とは違うのだろうか?
現状黄色いし、車検には通ったんですけどね?

素人判断は危険だから、陸運支局に聞いたほうが良さそうです。

薪の配達+長田 in 香の香

今日は薪の配達に出かけてきました。

本当は昨日行けたら良かったんですが、寄る年波には勝てないというか、軽トラで 1,000km 近く、それも雪道を含めて走るのはキツかったので。

新居浜のお客様から、薪のリピート注文をいただいていました。

まあ、見ての通りなんですが、配達の都合で、メッシュパレットからウッドバッグに移し替えて、この時に、自家用なら絶対にしないのですが、ブラシで掃除なんかしてみたりしつつ、注文いただいた量よりも若干多めになるように計量しました。

それで、まあ、今回は、ユニック車で出かけたはいいんですが、前回、香の香 に行ったら 17 時を微妙に回っていて、お土産が買えてなかったんですが、発送は代引きのみってことで、人様に送るのに代引きってのはシャレにならないので、ナビで時間を確認すると、今日は間に合いそうなので、ついでと言うには少々遠いのですが、足を伸ばしてうどんを食べに行くことにしたわけです。

そして、毎回同じ行動を取って、同じ結果になるのですが、今回も 3 人前注文して、腹一杯で気分が悪くなりました。

そんなこんなで、とりあえず、お土産はゲットしたので、宇野さんに送ろうと思います。

薪の配達は、ユニックで吊って下ろせる好条件なので、サクリと 2 袋下ろして、あっという間に作業完了です。

ただ、今日は雨が降らなかったので、養生していかなかったんですが、お客さんから、養生をするにはどうすればいいのか、ということを聞かれたので、トマトハウス式乾燥カバーをお送りして、試していただこうと思います。

相変わらずわからないパーキングヒーター

ヘッドの件です。

おそらくこのブログを読んでくださる 99.9% の方は、大型トレーラには一生乗ることもないでしょうし、興味もないことでしょうけど、まあ、お許しを。

この前、茨城から愛媛まで運行許可を得て台車を引っ張ったときのことなんですが、まあ、雪マークがインパネに表示されるような外気温だったもので、車中泊の際に寒かったわけです。

車を引き渡してもらう時に、よくわからない箱が運転席の後ろ辺り、トランク(ベットの下)にあって、なんですかと聞くと、パーキングヒーターですということだったわけです。

で、パーキングヒーターってなんですかと聞くと、駐車していてエンジンを切っている時も、車内を暖房できますというので、これは良いものがついてきたと喜んでいたわけですが、スイッチはステアリングコラムの左あたりに温泉のような絵がついているものがあるはずです、といわれて、そうなのね、で終わっていたわけです。

けど、探してもそんなボタンはないんですよね。

ネットで調べてもいるんですが、同じくらいの年式を乗っている人のブログだろうと思うのですが、全く更新されている様子もないのですが、

この車にはエバスペッヒャーAirtronicD2と言う燃焼式ヒーターが付いています。

と、記載されていて、うーん、やはりついているようです。

実際のモノがどういうものかというと、このあたりのサイトに写真がある んですが、自分が見たものとは違うなぁ、というところです。

ボルボの PDF テキスト のイラストとも全く同じ形をしていますが、このイラストを見ると、助手席側についているようにも見えます。

今、LLC 漏れの件で、診てもらうためにふそうに預けてあるのですが、戻ってきたら、パーキングヒーターだといわれたブツをよく観察してみたいと思いますが、一つだけ明らかなことは、ヒーターであれば

  1. 暖かい空気を吐き出す吹き出し口が何処かにある=そこまでダクト等で接続されている=そういうダクトがあれば、ヒータが搭載されている
  2. 年式からして 1 ヶ月以上作動させないなら、警告が表示される=表示されれば、ヒータが搭載されている

ということかと思います。

とりあえず、部品代だけでも 10 万くらいするようですし、ついてないならついてないで、仕方ないのですが、ついているのに使わないというのはもったいない気がするので、よく確認をしたいと思います。

それはさておき、「VOLVO FH 13に乗って。」というブログの方は、海外からパーツを購入しているようです。

ボルボパーツは、

で調達可能ということでした。

日本国内で価格が高いものは、自分でどうにかなる程度のものなら、こちらで購入していくらになるのか、調べて見る価値はあるかもしれません。

とりあえず、ぶっ壊れている可能性があるパワーウインドウのパーツですが、

ということで見つけましたが、値段は £84.50 なので、1.2 万円くらい、正規ディーラーだと 2 万はするといわれたので、国内ではヨーロッパの 2 倍の値段になってる可能性がありますね。

今のところ、英国経由の貨物は殆どないのですが、英国は、当たり前ですが、英語が通じますし、日本と同じ右ハンドルですし、今後のことも考えると、小口の貨物の安い輸送手段を開拓しておきたい気がしました。

MAASDAM LONG HAUL ROPE POW’R PULLS が届く

共同での購入者を募った、手動のロープウインチ ですが、船便で入れようかと思ったんですが、あまりに時間がかかりすぎるので航空便で取り寄せ、届きました。
順次、発送しております。

為替分の計算がまだなんですが、商品自体は $45 程度までです。
国際送料が約 $20、国内送料は 1,000 円もはかかりませんので、仮に $1 = 130 円でも、10,000 円を超えることにはならないと思います。

送料は人それぞれで異なりますので、個別でメールいたします。

ちなみに Y さんの分は、まだプーリーなどが決定していないように思うので、手配していません。
決まったら、教えて下さいね。

共同での購入といえば、ウッドバッグの方も今月末で締め切り手配をします。
こっちは集まりがいまいちなので、前回同様、あまり安くならないように思います。

丹後ロケットストーブ「かぐつち」との邂逅

京丹後に ロケットストーブ「かぐつち」 を見に行ってきました。

宇野さん(facebook) という方が、設計・開発した室内用のロケットストーブで、低価格であるにも関わらず、性能が良い(と主張されている)のですが、にわかに信じがたいのが、「灰の掃除は不要」「シングル煙突で横引き OK」というものです。

実際、ロケットストーブを使った(作った)ことのある人ならわかると思いますが、ある程度のものはできても、耐久性を始めて、実用性の高いものを作るには、かなりの試作を繰り返した作り込みが必要です。

自分の場合、全くの無からの一からの開発は、リソース(時間・開発資金など)的にも難しく、宇野さんが、かぐつち塾を開講 をされていて、問い合わせをしていた次第です。

疑い深い、というわけではないのですが、百聞は一見に如かずということで、現物も見ずに、嘘だ・云々という気はないのと、室内で使えるかどうかはさておき、ロケットストーブで薪焚きボイラを自作したいと思っているので、とにかく一度お会いして、詳細をお聞きしようと思い、今回の宇野さんの訪問となりました。

こちらの疑問にも丁寧に時間をかけて、また、実際に燃える様子を見ながら説明をしていただいたんですが、非常にシンプルな構造ながら、細かく作り込まれていて、宇野さんからも、「まずは同じものを作ってみてください」、といわれまして、オリジナルなしにコピーを作るのは難しいため、早速 1 台予約しました。

Hearth & Home はセレクトショップなので、品物の内容を精査し、また、宇野さんによく相談・ご指導いただき、「かぐつち」の名前にふさわしい、愛媛生産のロケットストーブ・ロケットボイラを地元四国、また、新しく店舗を展開する北関東との 2 拠点で、広めていきたいと思います。

宇野さんのストーブ、というか、ロケットストーブ全般にいえることでしょうが、個人的に問題と感じたのは「焚付の難しさ」です。
写真のように「バーントンネル」に小枝などを仕込んで、バーナーで点火し、まずはヒートライザーを温め、そこに強いドラフトが生まれるようにしないといけません。
また、しっかり作り込まれたストーブのため、バーントンネルがあたたまるまで、時間がかかると感じました。
まあ、使い方の問題ではあるのですが、巡航前にガラスを開けると、当然煙が逆流するため、コツが必要なストーブだと思います。

ボイラの場合、高価な耐熱ガラスやドアを取り除いたシンプルな構成の「かぐつち 1 号」のほうが向いている気がします。
1 号も、2 号も、ヒートライザー部分のユニットは同一のもので、火室のユニットの形状が異なっている状態です。

肝心の能力ですが、ヒートライザー上部の天板(蓋)はあっという間に 500 度近くになり、横から見ると熱による膨張などの影響で丸く湾曲しているのが確認できるほどです。
鋼板製のため、立ち上がりも早く、バーントンネルやヒートライザーは内部に保護ジャケットとなる部材を挿入する 2 重構造となっており、材料も普通の角パイプと簡単に入手できる材料のため、メンテナンスも容易で、またその際のコストも低廉であろうと思います。

火室のユニットとヒートライザーのユニットはドッキング式のため、それぞれの重量は人が 2 人いれば難なく持ち運べるレベルのため、運送や設置のハードルがとても低くなっています。

とても良く考えられていると感嘆しています。

一番のウリである、シングル煙突でも大丈夫、という部分については、やはり短時間ではなんともわかりません。
神社の社務所がシングル煙突ですし、横引きも長いため、こちらでシングルでの運用を試してみたいと思います。

最後に宇野さんの奥さんが写真を取ってくださいました。

京丹後は初めての場所だったのですが、配達 2 件目があり、観光をしている余裕はありませんでした。
次回訪問時には、ゆっくりしたいと思います。

宇野さん、今日の配達前のご多忙なタイミングで、お時間を割いてくださいまして、ありがとうございました。

配達ミッション その 1 完了

薪の配達で、微妙に道を間違えたりして、香の香には間に合わず、1 件目の目的地には深夜 23:00 頃の到着でした。

兵庫県朝来市というところだったのですが、写真のように雪が積もっていて、スタッドレスに履き替えてきてよかったです。

民宿を営んでいるご主人と色々と話しをさせていただきました。
また、割引価格で泊めてくださいまして、大変助かりました。

薪ストーブの配達その 1 は無事に完了しました。

よく燃えて、しっかりと古民家を温めてくれればと思います。

いざ、京丹後に出発!

ニャンズともしばしお別れです。

朝一で、スタッドレスに履き替えて、積み込みを行いました。
スタッドレス 2 本は完全に死亡しているので、タイヤマンで新品に交換してもらいました。
後ろの 2 本もかれこれなんですが、まあ、まだ山がある(夏タイヤとしては履けるレベル)なので、とりあえず、そのままということで。

TrueNorth TN20 を 2 台積み込みました。
愛媛在庫は完売です。
茨城に 1 台在庫があります。
ご検討中の方は早めのご注文、または、ご予約をお願いいたします。

薪も 100kg 積み込み、準備万端です。

2 年乾燥薪も残り 4t くらいにまで減ってきました。
こちらも、早めのご注文をお願いいたします。

頑張って行ってきます。

薪と薪ストーブの配達とロケットストーブ勉強の旅行

明日から、2 日間で、薪 100kg と、薪ストーブ 2 台の配達旅行に出かけてきたいと思います。

目的地は京丹後市、かぐつちロケットストーブ を開発している宇野さんを訪問する旅行です。

薪乾燥用にロケットストーブの原理のボイラーを開発したいので、宇野さんにお会いして、ロケットストーブを見せて頂く予定です。

その途中で薪と薪ストーブの配達も行いたいと思っています。

薪ストーブは、兵庫と鳥取のお客様です。
ただ、かなりの雪が降ったようなので、天候や道路状況が心配です。

ユニックで行こうかと思ったりもしてたんですが、四駆で行くほうがいいかなということで、軽トラで行こうと思います。

薪はリピートのお客さんで、2 年乾燥薪を大変気に入ってくださって、残りが少なくなり、追加で注文いただきました。
まとめて配達したいのですが、薪ストーブが 130kg ほどあるので、2 台で 260kg, なので 90kg + 助手席の人間の重さ 55kg で、145kg ほどしか積ません。
木枠梱包の重量もあるので、100kg ほど、ちゃんとした配達までのつなぎで、先に配達したいと思います。

車(ボルボ)屋さんの近くも通るし、スタッドレスを履いているのでヘッドを持っていこうかとも思ったのですが、この間滑って、結構やばかったし、AT なので、これもやめておこうと思います。

神社の崇敬者さんの自動車部品屋さんで、スタッドレス付きのアルミホイールをゲットしたので、それに履き換えて、出発したいと思います。