道路拡幅して、原木を降ろしました

今日は午前中は道路の拡幅作業をしました。

あらかた拡幅はし終えているのですが、一番じゃまになるところに石があって、台車が引っかかりそうなのです。
真砂土は花崗岩が風化したものなのですが、ところどころ風化しなかったものが埋まっていることがあります。
格闘すること 1 時間、なんとか割れ目を見つけて、ツースをねじ込み、掘り出すことに成功しました。
もう片方は、大きすぎてちょっとやそっとではどうにもなりそうにありませんが、台車の通行には支障がない範囲で拡幅できました。
将来的には、離合のことも考えて、もう少し拡幅しておきたいのですが、まあ、あとで考えたいと思います。

というわけで、ようやく薪ヤードまで、トレーラで運搬できるようになりました。

早速、調子よく原木を降ろしていたのですが、なんか油が漏れ出して、無視してやっていると、ダダ漏れです。
どうにもとまらないので、諦めてホース屋さんを呼んだんですが、今日は無理といわれて、自分でどうにかするかとホースをバラそうと作業にかかると、どうも変換アダプタがゆるゆるで、試しに締たら、直ってしまいました。

なんだかんだで、夕方には降ろし終わりました。

明日は朔日なので、午後からは、台車の修理と玉切りとを頑張りたいと思います。

原木初入荷

原木が入荷しました。
鉄人 28 号ならぬ、鉄くず 27 万円号(青い台車のこと)、初出動であります。

スタンションのようなもの、まあ、世間では角パイプと呼ばれているもののようですが、なんだかんだで色を塗っておりません。
台車も看板をガムテープで隠してある状態で、貧乏臭さ MAX なので、早めに塗りたいところなんですが、原木の入荷は今だけなので、運ぶことを優先したいと思います。

薪ヤードに直接運べればいいのですが、この前、試験的にヘッドだけで走ったところ、路面の状況が悪いのと、もう少し拡幅しないと引っかかりそうなのと、枝ももっと切らないと結構当たっていたので、週末の薪割り会で伐採して、その後に拡幅してからにしようと思います。

それまでは、お宮駐車場にストックしておこうと思います。
二度手間にはなりますが、事故を起こすよりはマシかなと思いますので。

ちなみに、写真の量で 13.8t でした。
組合の人は 20t くらい積んだ、と聞くので、14t だと思いますけど、もうちょっと軽いかも、という予想でしたが、結構いい線いってました。
角パイプの高さまで積むと 16t になると思います。

原木が入荷したので、原木(生薪)の販売も近日中にスタートしたいと思います。
もうしばらくお待ち下さい。

アッグ的薪割り機 — そろそろ結論を出さないといけない件

LASCO Roli の件ですが、第三国を経由して購入する場合の見積もりがでました。
本国からは応答はありません。

本体と経費で約 €3,500 なので、今のレートだと、42 万円弱、といったところでしょうか。
日本までは混載で出せるので、ここは多分、2 万円くらいで通関費用などはまとめられるためかかりません。
消費税などを入れて 50 万円足りるかな、という程度でしょうか。

ただ、心配になる情報として、LASCO 社の態度が横柄なので、事後のサポートなどに注意を要する可能性があるので、慎重に検討して欲しいという連絡がありました。

これで一応価格が出揃った感じで、DKS-180 だと、品物が 15 万、送料が MAX 10 万くらいと思っているので、要するに倍半分です。

一応、月曜日にフレートの再確認をして、決定しないと、ウッドバッグの手配も止まっているので、これ以上伸ばすと生産に支障をきたしかねません。

サーナス さんの定価は 120 万(税別)なので、75% off と考えると、それからいえば安いといえば安いのですが、まあ、120 万で買う、切り株にぶつかるウサギみたいな不注意な人がいたらいいねというような値段なので、そこを基準にして考えていけないと思うんですよね。

週明けにも決定したいと思いますが、多分、DKS-180 にすると思います。

DKS-180 の油圧モータのネジは、BSPT だそうです。
BSPT → NPT は変換はいらないんだっけ?
DKS-180 を買うなら、一応、変換コネクタと油圧ホースは、アメリカから取り寄せておいたほうが良さそうです。

出典 https://www.landwirt.com

DKS-180 は安いので、2 台以上買おうかと思ったのですが、在庫は 1 台のみで、かつ、夏まで次の入荷はないということなので、とりあえず単体にするのか、それとも、一つ上の DKS-400 も一緒に買ってみるのか、まあ、DKS-400 までの性能は必要ないと思うのですが、壊れた時に予備がないというのも困るし、悩むところです。

あ、そうそう、この前書いたブラケットの件ですが、MS 01(もしかしたら MS 03 かも)は、写真のような形状のブラケットです。
各寸法やなんかは調査中ですが、もし将来的に .25 クラスを買うことがあれば、MS 03 仕様にしていきたいと思います。
お金に余裕があれば、Oil Quick かなー。

結局のところ、薪割り機のトン数表示と同じで、どれくらいのトルクがあれば、どれくらいのものが割れるのか、ということについていえば、正直にいえば、自分もよくわかってないですよね。

トルクを太くすれば、当然、回転数が落ちてレギュラーな仕事の効率が落ちる、ただ、噛み込むというイレギュラーの自体が発生したら、劇的に効率が落ちるので、要はそのバランスなのかなと思うのです。

そういう意味では、DKS-400 を使ってみたいという思いもないわけではないんですが。。。

ちなみに、ぶっ壊れたアッグのスペックとしては、250cc/rev のモータ直結で、通常トルクは 710N・m (peak 1,021N・m)なので、DKS-180 は、1,885N・m なので今までのものより低速・高トルクになっていて、噛み込みに関しては相当改善されているのではと思います。

今日は薪割り会でしたが、地味に薪割りをしました

今日は薪割り会でした。
都合で来られない人が多くて、M さんと 2 人だけだったので、伐採してあるものの回収をして、それを割っただけです。

午前中、まず、回収を依頼されているスギ・ヒノキをゲット。
軽トラ 3 往復分です。
結局人力だったので、現場で積める長さに玉切りをして、積み込んだたため、時間がかかりました。

それと、支障木を伐採してあったものも回収しました。
これも結局人力。

都合 4 台集めました。

午後からは、薪割りです。
エンジンオイルを抜いてあったのですが、ドレンボルトを買ってきたんですが適合しなくて、ワッシャーのみ新品で、ボルトは結局使いまわしました。

針葉樹は、ウッドバッグ 3 つ分、広葉樹(ミックス)は、回収したものが 1 つ、もともと回収してあったものも割って 1 つ、都合 2 袋です。

でんぐり返っているのと、UV 袋をかぶっていないのが M さんの分前です。
今日は人数が少なかったので分前が多かったんだけど、M さんは疲れたんじゃないかと思います。
大変お疲れ様でした。

天候と原木の運搬の都合にもよりますが、来週も薪割り会をしたいと思っています。
あと少し、針葉樹があるということなんですが、基本的に伐採からスタートしないといけません。
なので、人数が集まらないと、中止としたいと思います。

  • 日時 平成 29 年 3 月 4, 5 日 午前 8 時〜午後 5 時くらい
  • 集合場所 薪ヤード(薪ヤードがわからない人いる場合、粟井小学校)
  • 用意するもの 軽トラ、伐採道具一式、お土産(山主さんへのお礼のお菓子的なもの 1,000〜2,000 円程度まで)
  • 予定作業 伐採 → 玉切り(基本的に 33cm の倍数で 2m 以下の長さ) → 薪製造機で薪に加工

人数と、作業の進捗具合によりますが、5 日には、ブレイブの組み立てもやりたいと思います。
薪割り機の組み立て、構造などに興味がある方は、是非お越しください。
説明しながら、組立作業を行いたいと思います。

参加を希望される方は、コメント、またはメール、電話等でお知らせください。
道路脇の伐採作業を行うため、通行車両の安全確保のため、参加人数が重松を含めて 4 名以下の場合には、延期いたします。
ご了承ください。

台車があまりに貧乏くさいので塗り替えたい件

こういうことは最初が肝心だと思うんです。

台車ですが、ボデーはブルー、また、ホイルが黄色で、なんか非常におもちゃっぽい色合いです。

ヘッドが黒なので、とてもバランスが悪い感じで、この際色を塗ってみようかと思いつきました。

本当であれば、お宮カラー(ピーコックグリーン)に塗りたいところはあるんですが、そうなると、ヘッドごと塗らないといけないので、そこまでする気は今のところないので、当面は、今のヘッドに組み合わせておかしくない色にしてみようと思うわけです。
ちなみに、お宮カラーというのは、うちの亡父が内装屋をやっていたんですが、各作業班ごとに道具を色分けしていて、お宮の色は、ピーコックグリーンで、お宮の車両(バス)は、その色に塗装していたわけです。

まあ、無難に行くと、黒に塗るのがいいだろうなと。
ホイルは普通に銀。
というわけで、Photoshop で細工してみたんですが、実に無難で、塗りたい!とまでは思わない感じです。
将来的にヘッドを塗り替えることを考えると、奥の台車のようにシルバーだとか、そういう色になるんでしょうが、それもかなり微妙。

あまり凝った色になると、カネがかかるし、クリアを吹くほどのものでもないので、ソリッドで適当にゴニョゴニョしようとは思うんですが、まあ、せめてウレタンくらいは塗ってあげたい感じですね。

ただまあ、オクで見ていると、メタで塗りたくなってくるんですよね。。。

色見本を塗料屋さんに借りて、よく考えようと思います。

荷台の木の部分も、張り替えるほどは傷んでないし、とりあえず、クレオトップでも塗っておこうと思います。

テールやウインカーなんかのレンズ類も曇っているので、研磨して、マーカも LED 化したいと思います。

シャーシ類は 大阪魂のスプレー式のシャーシブラック を買ったので、ボチボチサビを落としつつ補修していこうと思います。

EVA 泥除けもヤフオクで落札したので、本体ができたら、カットして、取り付けたいと思います。

合図?

今日、というか、もう日付が変わったので昨日ですが、高松にまで石を運びました。

香川は、愛媛に比べて、道路の整備が進んでいるように思うんですが、まあ、愛媛は道路が最悪です。
そういえば、千葉もかなりひどい気がするなぁ。

で、前々から、ものすごく気になっていることがあるんですが、香川の道路を走っていると「合図」と書いてあって、その先に変な記号が描いてあるんですよね。

他では見たことがないんで、ものすごく気になって調べてみました。

2006年3月。
道路に、いきなりこんな標示が現れちゃってね~
『合図マーク』って言うらしいんだ。
人口あたりの事故死者数全国一の汚名を返上しようとする手段の一つらしく、事故の多い8つの国道交差点にお目見えしました。
      
通称オリーブマーク。香川県の県下でもあるオリーブをモチーフに、「この先の交差点を右左折時には、ここでウインカーを点灯しましょう」交通安全への無言のアピールで、交差点より、30メートルのところに表示されました。

そういわれれば、オリーブにしか見えなくなりました。

でも、30m って相当交差点に近いですね。
どうみても、オリーブの図柄の位置は、15m くらいしかないようにも思うんだけど。。。

それに、一応、寄せる行為が必要になるので、寄せるためには、3 秒前にウインカーを出さないといけないと思うんですが、だったら、60km/h の速度制限のところなら、16.6m/s ですから、まあ減速しつつになるとしても、フルブレーキングって訳にはいかないから、これくらいの幹線道路なら、50m くらい手前から出さないとまずいんじゃないの、と思ったり思わなかったりするんですが、香川県民の皆さん的には、30m 手前はまだ早いってことなんでしょうかね?

まあ、愛媛県民は、どこでも右折するし、直進車を遮ってでも曲がろうとするので、他所の県のことをとやかく言える県民性ではないと思うところではありますが、事故を起こさないように気をつけたいと思います。

玉切り・薪割り・雨除けをすると、薪は乾燥が遅くなります!?

嘘付くなと叱られそうですが、そういう結果になっているんですよ。(重松の英語力ではそう読める)
アイルランドでの薪の乾燥についての実験です。

10 種類の比較対象を 3 組用意し、それらが乾燥していく様子を追跡調査するというもので、かなり端折って結果だけ書くと、表題の通り、最も早く乾燥したのは、原木をそのまま転がしていたもの、という冗談みたいな結果に終わっているのです。

出典 http://www.forestenergy.ie/

最終的な結果ですが、Treatment # 順で書けば、乾いているのは、9. 300R-NC, 10. 300R-C なんです。

でも、文字上だとこういうことを主張しています。

Not only have changes in moisture content become evident, but a strong treatment effect is apparent also.
Split assortments have displayed consistently lower moisture content than other treatments since late June.
In addition, the covered treatments gained less moisture during wet periods than the uncovered treatments.
On average, the covered treatments increased their moisture content by less than 1% during wet weather conditions,
whilst uncovered treatment increased by 3.2% during the same periods.

要約すると、割ると乾く、カバーをすると乾く。
でも実際のグラフはそうじゃないものもあるんですよね、天邪鬼的に見れば。
実際、割らない、切らない、それが一番早く乾いているのです。

ここからは自分の勝手な推測ですが、日本の同様の試験 と大きく結果が異なっているのは、ネット状のバッグにきれいに詰めたことによるものと思います。

いつもいっていることですが、薪は積むと乾きません。

日に当てても、あまり意味はありませんし、自由水が抜けているタイミングでは雨よけも意味はありません。

風通しで乾く、ということが証明されているのではないか、そのように思うんです。

原木を長いまま積んでいるので、一番隙間率が大きくなっている、その結果、風通しがもっとよく、結果よく乾いた、ということではないのでしょうか?

ネット状のバッグにきれいに積めるにしても井桁に積む、ランダムにコンベアなどで落とし込む、と言うものと比較すれば、また違った結果になったと思いますし、シート(カバー)も遮光するものではなく、光を通すものであれば、多少の差は出たかもしれません。

トマトハウス式カバーを掛けたらどうであったか、というのもとても興味深く思います。

それとおもしろ記述がありました。

Bulk Volume and Firewood Storage Requirements

Bulk volume/solid volume conversion factors were computed to determine the storage requirements of each treatment.

Treatments 1, 2, 5 and 6 which were round assortments had a lower bulk volume/solid volume conversion factor than treatments 3, 4, 7 and 8 which were split assortments. This indicates that the split assortments require more space for storage than round assortments, approximately 20.6% more space.

split assortments=割った薪と、round assortments=玉切りしただけの丸のままの玉との容積比率ですが、これを bulk volume(積んだ時の容積)/solid volume(隙間を取り除いた詰まっている容積)の conversion factor 変換比率ですが、割ると平均 20.6% 増えた、ということです。

無論、玉の長さの影響を受けるし、樹種による影響も無視できない(さけるチーズ的割れ方をするもの、曲がりやねじれが生じやすいもの、etc)、割のサイズの影響も大きいとは思うのですが、一つの目安として、スプルースのような真っ直ぐな木で、かつ、10cm 以下は 1/2, それ以上は 1/4 に割った場合で、2 割は増えるよということで、今までどれくらい増えるのか、ということは意識したことがなかったので、とても参考になりました。

出典 http://www.forestenergy.ie

また、歩留まりについても、自分的には 9 割以上と見ていたんですが、実際にコロ薪を弾いた場合、最も低いケースでは 7 割程度にまで落ち込んでいます。

グラフから推測すると、現状の 33cm という長さでの生産の場合、25% 程度のロスが発生している可能性がありますので、生産コスト(原材料費)の見直しが必要かもしれません。

石材の引取

兼務神社の修繕工事で寄付を募ったのですが、その顕彰のための碑の石材を引き取りに行ってきました。

まあ、みっともない話ではあるのですが、地元に地域から信頼されている石材業者さんがあるにも関わらず、元役員さんが地域の合意を取らず遠方の業者さんに発注をし、結果、氏子さんから猛反発があり、契約を解除して、地元の石材業者さんに発注する、ということが地区の会で決まり、当該元役員さんは解任、という騒動があったりして、その後始末の一環です。

明日は明日で、香川まで加工のために運ばないといけなんですが、日当など出るわけもなく、せめて油代くらいは出してもらいたいもんだと思ったり思わなかったりです。

近所を見渡せば、白衣と袴でウロウロしていれば、それで日が暮れて、軽トラすら持ってない、もちろん刈払機もチェンソーもなければ、動噴もない、そういう神職さんが多いようなんですが、よくもまあそれで社務がこなせるなと関心しきりですが、流石に今回ばかりは、どうして宮司がユニックで石を引き取りに行くのか、自分で自分が何をしているんかよくわからなくなってきました。

当然解約しているので予算が不足するため、この調子だと、工事もしないといけない可能性が大です。
こうなった以上は仕方がありませんが、薪の生産に影響が出なければいいなとは思います。

はてさて、肝心の石材ですが、ちょっと石の知識がある人ならわかると思いますが、G603 です。
どうなんでしょうかね、もともとの石材屋さんは、右から左で、普通よりも十万単位で安くなっているはずです、誠意を持ってやっているので、どこに出しても恥ずかしくない、とおっしゃるんですが。。。自分が輸入したら、その逆で数十万、半額はいいすぎですが格段に安いのです。もともと安いのが特徴の石ですから。

あまりに高くて、役員会では「大島石ですか」と聞いたほどです。

済んだことは仕方ありません。

どうしてそんなに高い市外の業者さんに発注しなきゃならなかったのか、今でも不思議でなりません。

せっかく香川まで行くんで、うどんでも食べてこようと思います。

アッグ的薪割り機 DKS-180 の原産国判明

現在、3 候補のうちの最安の製品について、生産国が明記していなかったので問い合わせをしたところ、返信がありました。

Hallo

vielen Dank für Ihr Interesse an unseren Artikeln,
unsere Ware ist Made in Germany.

Bei weiteren Fragen stehen wir Ihnen gerne zur Verfügung.

Mit freundlichen Grüßen

微妙に、英語がちゃんぽんで返事が来ましたけどね、こっちも英語とドイツ語がちゃんぽんなんで文句はいえません。
ドイツ語自体、高校生〜大学生の頃は英語と同じくらい話せたんですが、社会人になってから全く使う機会がないので、今では忘却の彼方ですが、また、勉強したくなりました。

というわけで、話は逸れましたが、ドイツ製、ってことで、一安心。

あとは、出荷について、こちらから pick にいくか、CFS に直接送ってもらうか、まあそのへんの話と、ブラケットが MS03 しかない的なことを書いてあるんで、そんなもんは要りませんので、その分値引いてください、ってことくらいでしょうかね。

油圧モータのネジが何かも聞いておく必要もあります。
写真で見る限り、ゴムが見えないので、1/2″ BSPT あたりかなとは思っているんですが。。。

それとは別に、一応、LASCO Roli も第三国で見積もりを取っているところなので、来週くらいには、どうするか決めたいと思います。

色々回収と週末は薪割り会をしようかと思う件

今日は、空いた時間にキウイの回収をしました。
ロケットストーブで使ってみようと思います。

それと、杉の丸太も回収してと頼まれたのですが、ちょっと重機が邪魔なので、人力で運び出さないといけない感じです。

まあ、この杉丸太の件もあるのですが、この間、ヘッド単体で走ってみて、まだまだ枝が当たるので、道路脇をバッサリやろうかと思うのですが、道の上だし、電線があるとはいえ、ゴンドラが使え、グラップル付きもすぐそばにいるものすごく条件が良いところなので、人数さえいればかなりの原木がゲットできそうなので、急ではありますが、今度の土曜日に、希望者が集まるようであれば、薪割り会をしようかと思います。

シュールに薪を作るだけの集まりで、上品な女性やちいさなお子さまはちょっと厳しいと思いますし、現地にはトイレがありません。(公衆トイレまで 1km くらい距離があります)
毎度のことですが、怪我などは自己責任となりますので、各自、防具等をしっかりと用意し、保険に加入するなど自己防衛をお願いいたします。

参加するよ〜という方は、ここへのコメント、または、メール等でご連絡ください。

参加費は基本無料ですが、丸太をくれた人、また、山主さんにお礼をするので、これまた毎度ですが、菓子折りとかのお礼の品物をお持ちください。(1,000 〜2,000 円程度のものでお願いします)

薪は、慣れていて作業が捗る人も、そうでない人も「山分け」となっております。
また、乗用車等で積みきれない人は、分前をしばらくおいておくこともできます。(ただし、盗まれても知りません)

  • 日時 平成 29 年 2 月 25 日 AM 8:00 — PM 5:00
  • 集合場所 松山市磯河内 宇佐八幡神社駐車場
  • 持参するもの 軽トラック・チェンソー(安全用品)等の伐採道具
  • 参加費 無料(ただし、要 山主さんへのお礼の品物)