マリオ的土管は完成

すり鉢状の窪地になってかなりのスペースが無駄になっていたマリオ的土管ですが、継ぎ足しが完了しました。

写真だと大きさがわからないかもしれませんが、ジャイアンがリサイタルを開いている、空き地にある、あの土管です。
多分ですけど、厚みが 10cm くらいあるので、ドンブリ勘定ですが、0.1m x 2m x π x 2.4 = 1.5t 強あると思います。

隣の H 建設(廃業)の土場に内径 1,000mm の土管(ヒューム管)があることを、隣の J 産業のオペさんに教えてもらっていたので、昨日 H 建設さんに挨拶に行って、一本貰いました。

J 産業さんの .7 でちょっと吊って据えて貰いました。

なんだかんだで 2 時間ほどかかって、周りを埋めて転圧するのも 2 時間程かかりました。

T 組もくれるということにはなっているんですが、ユニックでは無理で、どうしたもんかと悩んでたんですが、お礼を言って断っておかないとです。

というわけで、整地作業は、土羽の仕上げを残して一応は一段落です。

それと、15 時過ぎから 19 時まで、ハウスの鉄骨を整理しながら下ろしました。

荷降ろしして、主要な部材を整理して数を数えてみました。

そうしたところ、柱ですが、端っこ用のものが 12 本、連棟の真ん中用のものが 16 本、トラス用が 44 本で、2 本で 1 セットなので、22 セットです。

もともとは、4 スパンの 4 連棟という出品だったのですが、そうすると、5 x 4 なので、端っこ用の柱は 5 本、真ん中用が 15 本、そしてまた端っこ用が 5 本、それぞれの間にかけるトラスが 20 セットなのです。

材料は余ることになりますね。

1 スパン 2.5m ということになっているのですが、大量に C チャンがあるので、それを分けて、数を数えてみないといけない感じです。
おそらく妻側を細工するためのものもあると思うのです。

明日は、ハウスを建てるために基礎石代わりに使うトーフをプラントに取りに行きたいと思います。

いよいよ夢にまで見た薪用の大型鉄骨ハウスの組み立てに取り掛かりたいと思います。

マキタの 18V バイブレータの余生

買ったはいいけど、使い物にならない マキタ18V バイブレータ ですが、友定マジックタンパー が欲しくて、ネットをさまよっていたら、マキタのバイブレータをマジックタンパーに改造している人がいて(キットで 7 万で売っている)、なるほどと思ったわけです。

普通のアルミのトンボのシャフトにバイブレータを突っ込んでるだけだろうとも思うのですが、振動をちゃんとトンボに伝わるように、樹脂か何かでバイブレータがシャフトにフィットする程度の細工をした上で、本体をシャフトに固定してあるのかな、とか思うのですが、動画のは、シャブシャブのコンクリートでやっているように見えるんですが、普通のスランプでも簡単に均しながらタンピングができるのか、というのは少々気になります。

自作すれば、手間+アルミトンボで 1 万円くらい。

ちなみに、本物(?)のマジックタンパー電気式は、14 万くらいするようなので、高いなと思ったキットの更に倍するわけです。

エンジン式だと更に高くて 20 万くらいするようです。

この間土間を打った時に、人数不足もあって、タンピングする時間が十分取れず、結果、不陸が取り切れていないところに金鏝でいくら押さえてもダメダメだったわけで、この部分で省力化をしておきたいなと思うので、いつになるかわかりませんけど、細工を考えてみたいと思います。

あるいは、バイブはあるので、キットからバイブ本体を抜いて購入するのも手かもしれませんね。

次に土間いつ打つのか、そりゃあ、薪ハウスもあるし、お店も建てなきゃだから、それなりに土間は打つのですよ。
それがいつか、それは予定は未定というやつですが。

それにしても、バイブ だの、セメント だの、辻元センセーを彷彿とさせるんですが、そういうエントリーではありませんので、あしからず。

整地は 9 割方完成

今日は予定通り整地をやりました。

今日の分は、土羽もバケットの届く範囲は叩いておいた感じ。

レベルはざっと測ったところ、-5cm くらいのところが残っているんですけど、どの道、雨が降ったら下がると思うので、また、その時はその時ということで、残りは、今まで整地した部分の土羽と、土管の継ぎ足し、です。

夕方、土管をもらいにって、OK ということになったので、明日は土管の回りを云々(でんでん)したいと思います。

なんか最近思うんですが、薪を作っているよりも、工事している時間が長いような、気のせいでしょうかね?

まあ、とにかく、雨が降る前になんとか頑張ってハウスを建ててしまいたいと思います。

ウッドバッグの発送と、原木の片付けがほぼ完了

午前中は、薪割り機の部品の輸入のことやら、ウッドバッグの発送やらをしました。

梱包機を持っていないので、今までは手締めの PP バンドでやってたんですが、手が痛いので、フィルムでくくってみたんですが、結構いい感じです。

佐川だと、PP バンドで締めただけで持っていってくれるんですが、ヤマト運輸は、全体をラップで巻かないとダメ、というので営業所まで行って、もう一回戻る羽目になり、なんだかんだで 2 時間くらいかかってしまいました。

というわけで、午前中、終了。

午後からは原木の片付けをやって、夕方までかかってあらかた終わったような気がします。

途中で土管の件で T 組に出かけたりしたものあるんですが、後は養生するだけなので、持って帰っている原木については、一安心、といったところです。

ただ、山に沢山ある分は手付かずだし、時期が悪くて、この間の雨に当たっただけでカビが生えているので、早急に山から持って帰って、養生してやらないといけません。

齟齬をきたしているというか、組合側の考え方が非常に甘いというか、伐り旬に伐採し葉枯らししたものを 1t あたり 9,600 円(税別)、ということで注文しているものを、勝手に単価を変更したり、商品そのものを変更してくるわけで、特に 4 月, 5 月に入ってから切ったようなものは、正直買いたくないので、来年の春の原木については、きっちりその辺を詰めて、品質の良いものだけにしてもらいたいと思います。

あと、多少整地が残っているのと、とにかく、梅雨入りまでに屋根をかけて、雨でも薪割り作業ができるようにしないと、一人でやっているので、雨で休んでいては、にっちもさっちも行きません。

整地に関しては、今週中にケリを付けたいと思います。

とりあえず玉切りは終了

今日はなんかだるくて、昼前から薪作業をしました。

お昼くらいに、共同でウッドバッグの輸入した Y さんが、10 袋取りに来ました。

そうそう、今、ウッドバッグの在庫に余裕があるため、お店で販売を開始しました。

モールの手数料がかかるので、少々割高になっています。
ある程度の数注文される場合は、直接お問い合わせください。

その後は、黙々と玉切りとはい積み。

とりあえず、いいところまで壁ができたので、塀代わりにちょうどいいかなと思います。

ハウスの鉄骨を下ろそうと思ってユニックで行ったんですが、疲れたので、まだ明るいうちに切り上げました。

とりあえず、50t くらいは積めたかなと思うのですが、明日は土管をなんとかして、整地も早めに完了したいところです。

梅雨まであと何日あるかわかりませんが、それまでにははい積みを終わらせて、シート養生して、雨でも薪割りはできるようにハウスを 2–3 スパンは建ててしまいたいと思います。

薪用のハウスの引取 — 国道 378 号線は夕日が綺麗

九州に薪用のハウスを取りに行きました。

国道 378 号線を走ったのですが、ちょうど夕日が沈む時間帯で、とてもきれいでした。

長浜より先は、結構岩っぽい海岸になるんですが、伊予青石というんですかね、青い石なので、砂浜も青いんですよ。
時間がある時、ゆっくり散策したいと思いました。

三崎港より国道九四フェリーに乗りましたが、フェリーに乗ると無性にカップラーメンが食べたくなります。

子供の頃、亡父と冬の夜釣りに行ったんですが、その時に、港の売店の自動販売機のカップラーメンがあまりに美味しくて、今まで食べた中で、多分一番うまいと思ったものだと思うんですが、多分、そのイメージがあるからでしょうね。

フェリーに乗るたびに食べている気がします。

佐賀関ですが、往路は夜だったので景色が見えなかったんですが、復路は明るい時間帯だったんで、精錬所が見えているんですが、すごい規模です。
銅を精錬しているんだそうです。

それと、明るい時間に通ることがめったにないのですが、道の駅伊方きらら館によりました。
じゃこ天屋さんがやっている時間だったので、何のひねりもなく、じゃこ天を食べて、展望台に登っていました。
原発が見えます。

佐田岬半島は、本当に細長いので、北も南も海が見えるんです。
原発が余計ですが、眺めは最高です。

まあ、なんだかんだで、今しがた無事に戻ってきました。

明日は荷下ろしと、部材のチェックと数の確認をしたいと思います。

たくさんあるように思えた原木もドローンで見ると大した量ではなかった件

原木ですが、たまたま、市場のページにドローンで撮影した写真がアップされていたん ですが、トレーラ 2 台分、持って帰って、2 列あったものが 1 列になっているのもあるんですが、こうやって見ると、大した量には見えません。

地上で見ると、かなりあるように見えるんですけど。

それよりも N 鋼業さんの原木の山がすごいことになってます。

写真でいうと原木の下の屋根の部分ですが、バイオマス発電所に模様替えするために、今ある建屋をぶっ壊すそうで、ほしいといったら、組合的にはいらないそうで、N 鋼業さんと相談してといわれました。
もらうことができたとしたら、屋根が少々低いのが難点ですが、ヤードの大部分を覆えると思います。

まあ、その前にハウスの方をなんとかしろということで、そろそろ引き取りに行ってきたいと思います。

空気清浄機のフィルタ

全然使ってなかったのですが、おニャー様の抜け毛+ニオイ(自分は全く気にならないのですが)の対策として、空気清浄機を引っ張り出してきて、使っています。

で、フィルタを掃除してみたんですが、買ってから 1 度しか交換した記憶がありません。

特にニオイ取りの活性炭は、使ってなかったとはいえ、長年放置していたわけで、機能しているのか甚だ疑問でもあります。

すでに平成も 29 年ですので、13 年前の代物の訳で、フィルターを変えた途端に壊れたりしたらシャレにならない気がしないでもないのですが、ヨドバシ・ドット・コムでみてみると、

がそうなんですが、 3,640 円なので、高いような、かなり微妙な金額なんですよね。

正直、空気清浄機自体が部屋のサイズと、おニャー様の狼藉による悪臭に、どれ程の役に立っているのか、それ自体が甚だ疑問ではあるんですが、一応は、2 年使えるような書きっぷりなので、そうなれば、月 150 円なので、まあ悪くないといえば、悪くないようにも思えるわけです。

しかしまあ、おニャー様、本当にお金がちまちま出ていきますね。
それ以上に、幸せを運んでくれるのですが、なんせ、入ってくるお金は増えませんので、なかなか厳しいところです。

どうでもいいことですが、買った日付をちゃんとテプラで貼ってあったりして、意外とマメな自分の側面を発見しました。w
そういえば、少し前まで、買った店や、金額、日付をちゃんと入れてたのを思い出しました。
最近は。。。ちゃんとしてないですね。
以後気をつけます。

タイヤが坊主!

見てください、この面構え!
まさにワルニャン。
今朝も 1 号が脱走です。

シロの手術ですが、無事に終わりましたが、当面はエリマキトカゲ状態です。
手術の傷が落ち着いたら、フィラリアの薬を飲ませてあげようと思いますが、今後は、シロも家の中で飼うことにしました。

午前中は、石材の荷下ろしをしました。

ウッドバッグですが、写真の量で 150 枚、300kg なので 1 枚 2kg くらいのようです。
まあ、申告上の重量なので、実際の重さを自分で測ったわけではないのですが。

共同購入分を差し引くと、大した量ないのですが、残りの石材も近いうちにまた引き取りに行くことにはなると思うし、ハウスの引き取り、ドカンの継ぎ足し、土羽の仕上げ、原木の引取とはい積み、梅雨に備えての養生、などなど薪を割っている時間があまり取れそうにもないので、当面は間に合うかと思います。

それはそうと、フロントタイヤが完全にスリップサインが出ていて、かれこれな状態だったので、フロントの 2 本、タイヤ交換をしました。
1 本 22,000 円(税別)、ミックスというパターンだそうです。
工賃や税金などを入れると、総額 56,160 円でした。

走行距離は、46,000km 程なんですが、冬タイヤをはいている期間もあるので、30,000km くらいで坊主になる感じでしょうか?

1 本、28,080 円でしたから、1km あたり 1 円、6 本あるのですから 6 円ということになりますね。
まあ、まだリアは多少残っているのですが、遅かれ早かれでしょうし、パンクやサイドウォールに傷が入ってダメになるリスクもあるので、まあ、だいたいそんなもんでしょう。

東京に行って帰ると 3,000km ほど走るわけで、そうすると、18,000 円ほどタイヤ代がかかることになります。
燃費が 8km/l とすると、37,500 円ほどかかるので、軽油代の半分くらいはタイヤ代がかかっている、そう思っておけば間違いなさそうです。

乗用車の場合、経験上、エンジンオイルなどを含めて、だいたい、燃料代と同額の消耗品が発生し、車自体の損耗も燃料代と同等(そこそこ距離を走る場合)と思っているのですが、トラックでもおおよそ当てはまりそうです。

今日は、昨日の疲れが残っていて、昼からはニャーとゴロゴロしてしまいました。
天気は回復していたわけで、玉切りくらいは終わらせてしまいたかったんですが、寄る年波には勝てない、というやつでしょうか。

まあ、ボチボチいきたいと思います。

愛媛に戻りました

ウッドバッグの引き取りをしてきました。

宿への到着が遅くなったため、大浴場が終わっていたので、朝っぱら風呂に入りました。
朝寝、朝風呂、ついでに、朝から一杯と行きたいところですが、運転があるので、それは我慢。

神戸はいつも道が混んでいるので、朝はもっと混んでるだろうと 1 時間見ておいたんですが、30 分かからず須磨からポートアイランドに到着しました。

前回同様 T 商会に引き取りに行ったんですが、前回は検査まで任せたんですが、今回は自分でやることにしました。
ところが連絡がいまいちスムースにいってなかったようで、聞いてないです的な対応で、30 分程ロスしましたが、まあ、30 分早くついているので、なんとか問題なし。

ウッドバッグを積んでもらって、検査指定票をもって、大型 X 線検査場に向かったんですが。。。明らかに壊れているのか、なんか工事してるっぽいんですよ。

駐車枠に止まって待っていると、警備員のおじさんが登場して、まあ、とにかく 1 時間以上待てて的な話なりまして、10 時に予約してんだから待ってもせいぜい 30 分だろうとか思ってたんですけど、本当に 1 時間以上待たされました。
そうこうしているうちに CUSTOMS と看板のある怪しいトラックが登場。
メールを良く読むと、レントゲン車で検査をすると書いてありました。

指示されてる場所にトラックを移動したら、放射能が出るから超危険ということで、逃げといてくださいと言われて、逃げ場まで逃げてジュースを買ったら、飲む間もなく終わりましたと。

待つこと数分、無事に放免となりまして、あとで税関の人に聞いたんですが、レントゲンの装置を新しくしている工事とかで、7 月くらいまで装置が使えないとかなんとか。

来月のアッグ的薪割り機も、まあ検査でしょうから、このレントゲン車のお世話になるんでしょう。

ところで、エラい人聞きたいんですけど、レントゲンってのは、放射能が出て、それはいろんなものを貫通するわけで、つまりはこの危険なトラックからそれがピカーっと出て、マイトラックの荷台の上のウッドバッグに当たって、通り抜けて行くんだと思うんですよ。
ということはですよ、そのピカーと出て、貫通して、その貫通具合を撮像するブツ、つまり、トラックの反対側に何らかの受像機というか、フィルム的なものがいるんじゃないかと思うんです。
でも税関号は 1 台がくるくる走っているだけです。
どういう原理で透視されるんでしょうか、不思議です。

あと、常々思おうことなんですが、検査になる確率の話です。

自分はほぼほぼ 100% に近いんですが、神戸の港で扱う貨物の量は、2,707,000個/年(20F 換算) ということですが、平均 20m3 入っていると、今回の貨物は 3m3 程なので、3/20、輸出と輸入が同量とすれば、年の取扱量の 1/902 万 ということになります。
税関は土日は休むんですから、年 240 日だとすれば、38,000 倍の量の貨物が動いているはずです。
ですが、朝、並んでいたトラックは 2 台だけ、つまり、ほとんど検査なんてしてない、毎回検査に引っかかるというのは、相当異常な状態だと思うんです。
業者にしても、手数料なんてしれているし、手間のほうがかかる、誰得状態です。
親の敵みたいに扱われている気がするんでしょうが、気のせいでしょうかね。
いくらなんでもここまでくるともはや嫌がらせとしか思えないので、何が気に入らないのか、税関に聞いてみようと思います。
彼らもヒマじゃないと思うし、検査したところで、当然何も出てこないわけですし。

帰りは高松によって石材の積み込みがあるので、淡路島経由です。
途中で、カフェレストラン海 に寄りました。

兵庫県淡路市佐野633-3

 

兵庫県淡路市佐野634-1
0799-70-1353
8時〜22時まで営業(途中11時〜11時半・17時〜18時休憩)
定休日は月曜日。月曜日が祝日の時は次の日が休み。

今回は、カツカレー 1,200 円をいただきましたが、とても美味しかったです。
特にカツがよかったです。
ゆっくりログの話をしたかったんですが、お店が混んでたし、次の予定もあるので、すぐに退散しました。

その後、鳴門からは下道で 11 号を走りましたが、良く考えると、徳島〜高松間を走行するのは初めてかもしれません。

海産物のお店たくさんあって、駐車場も広めだったので、4t なら寄れるかもしれません。
機会があれば、チェックしてみたいと思います。

高松では、神社の修繕工事の寄付金の顕彰のための石碑を積み込みました。
ウッドバッグは 1 パレット 300kg と軽いのですがかさばるので、一つ下ろして、石材を約 3t ほど積み込みました。

石材屋さんが、うどんをお土産にくれたのですが、途中で電柱に うどん本陣山田家 の看板がたくさんあって、香の香に間に合う時間帯だったので、そっちで食べて帰ろうかと思っていたんで、次に来たときは、うどん本陣山田家 に行きましょう的な話をしたら、まだやってるから連れて行ってやる、ということになり、行ってみました。

香川県高松市牟礼町牟礼3186

 

香川県高松市牟礼町牟礼3186
営業 10時~20時

ここはよくあるセルフのお店ではなく、店構えからして立派で、お値段もうどんしてはお高い部類でしょうが、そこはさすがうどん県、高いといっても、セルフの丸亀製麺的な値段ですから、リーズナブルです。

あと、お寺さんの門前という立地もあり、観光客なんかも来るんでしょうね。

次回は、もう少し余裕を持っていって、お寺や石材の資料館もあるようなので、見てみたいと思います。