エアレス塗装機 — Graco Magnum 262800 X5 Stand Airless Paint Sprayer

そろそろうちの丸太小屋は再塗装が必要になってきているので、エアレス塗装機を購入しようと思っていました。

H さんと気が合う、というか、趣味がよく似ていると思うんですが、考えていることもかなり似ているようで、エアレス塗装機の話になったんですが、そうしたところ、Graco のエアレス塗装機を買おうと思っている、ということで調べてみました。

普通に 10 万くらいするものだ(実際に精和産業のだと、それくらいはします)と思っていたんですが、X5 だと、定価でも $400 ほど、実売だと $300 を切っているんですね。

このくらいの価格なら作業性の向上を考えれば、すぐに元が取れるのではと思います。

自分の場合、神社の護持のため、白木部分の CPR による洗浄、防腐塗装という作業は定期的に行うわけですが、この際に足場を組まないで済むのなら組みたくはありません。

CPR は、水溶液の温度を保たねばなりませんし、ある程度の量を塗布しなければなりませんので、足場を組んであるとしても、溶液を頻繁に継ぎ足さないといけないため、降りたり登ったりと結構大変です。

今は蓄圧式の噴霧器でやっているのですが、無論、マキタのリチウムイオン電池シリーズを買う、という選択肢もありでしょう。

ただ、汚れが酷い部分は、多少は擦ってやらないといけないので、そういう意味では、好川のエアレスガン刷毛 を使えば、塗布と軽く擦る作業とが同時に行えるんじゃあるまいかと、さらに、ポールガンと併用すれば、足場を組まず、高所作業車である程度まで寄って、軒の裏側なども垂れてくるものの下に入らずに安全かつ快適に作業ができるのではないか、と思ったりします。

まあ、思っているだけで、やったらやったで別の問題が出てくるかもしれませんが。

また、ログハウスの塗装の場合、ログに発生した小さなクラックの内部にまで塗料(防腐剤)を吹き込むことが肝になると思うのです。大きなクラックは、コンシール等で塞ぎますが、小さいものも無数にあるわけで、すべてを塞ぐことは不可能ですから。

値段が思った以上に安いので、買う方向では考えているのですが、どのモデルが良いのか、ホースの長さや、オプションのガンなど、もう少し調査して決定したいと思います。

安さに負けて椅子を落札!驚きの 2,100 円税別で即決

ユンボの椅子の修理の件です。

椅子が破れてお尻が濡れので、シートを張り替えてもらおうと思ったんですが、2 万くらいはかかるということと、それよりも納期が 1 週間くらいかかるということで、仕事にならないため、一旦断ってきたわけです。

で、ヤフオクを見てみると。。。

なんと 2,100 円(税別) で売ってるじゃないですか。

他にもっと安いところを探しても、たかだか、2,100 円ですしね、何度も買うものでもないので、手間・時間のほうが惜しいので、サクリと落札です。

送料が 1,620 円と少々ぼったくりなのですが、トータルでも 3,888 円で、溜まっていたヤフーポイントを幾分消費することができました。

まあ、すぐに着くわけではないと思うので、明日(今日)引き取りに行って、しばらくは、養生テープでも貼ってしのごうと思います。

それと、スプロケットの件。

社外品でも 18,000 円くらいしているのですが、純正でも 24,000 円くらいしかしないようなので、純正にしようと思います。

ただまあ、現状たちまちダメ、というとではないと、部品が来るまで待ちたくないので、次回の自主検査で入庫するまでの間は、今のスプロケットで粘ろうと思います。

肝心のホースの件ですが、やはり一発で変換できなかったようで、1/2″ のオスメス変換 → 1/2″・3/8″ 変換となってしまいました。

1/2″ NPTF・3/8″ BSPTM の金物があれば一発なのですが、まあ、特注するほど金をかけたくはないし、万一折れるようなことがあったら、その時に考えたいと思います。

とりあえず、ホース部分は、これで 1/2″ NPTM が両端の米国製の格安ホース が使えるようになったため、今後のホースの維持コストが軽減できそうです。

今はむき出し状態なので、ケーブルスパイラルチューブでもで養生しておき、枝なんかが引っかかった際に多少は被害が軽減できるように配慮しておこうと思います。

LLC のドレンの位置も教えてもらったので、汚れたらマメに交換していきたいと思います。

今日はユンボがなかったため、原木を下ろすこともできず、原木を下ろさないと台車を移動できないので、せっかくできたメッキ足の継ぎ足し作業もできず、また、薪割りもできなかったので、明日からはしばらく雨が降らないタイミングがありそうなので、遅れている作業を少しでも進めたいと思います。

とりあえずは動いたアースオーガー

昨日届いていたアースオーガー ですが、動くかどうかだけでも確認しておこうと思って、ヤードで試してみました。

結論を手短に書くと、とりあえずは動いた、といったところです。

写真の通り、整地して、きれいな真砂土だけの部分を掘るのは、すんなりと行きましたが、地山は硬すぎて掘ることができませんでした。また、石などに当たると、物凄い勢いで弾かれて、とても危険ですが、このオーガーには安全機構は一切ありません。

値段が値段なので、多くは求めないですが、遠心式のキルスイッチくらいは標準で備え付けたほうがいいと思いました。

あと、エンジンのできが恐ろしく悪く、Husqvarna 450 も同じ 50cc の 2 サイクルエンジンですが、それと比べるとリコイルが格段に重く、特にオーガーをつけた不安定な姿勢でスターターを引く必要があるので、エンジンの始動がかなりかったるいです。
デコンプはありません。
それ以上に、エンジンの振動がものすごいので、長時間作業をすると手が痺れて、白蝋病になるでしょうし、エンジンそのものも心配ですが、各部品が振動で緩んだり、不具合が生じないか、かなり心配なレベルです。

このオーガーでは、とても、井戸掘りはできそうにもありません。
手で掘るよりは楽になるかもね、という程度のものでした。

この後、エンジンを放置したままにするのはよくないので、トロウェルの GX25 を始動して、しばらくアイドリングさせたんですが、今まで当たり前に思っていたことが、実は当たり前でなかったんだとはたと気づきました。

とりあえず、そういう状態なので、壊さないように注意しながら使いたいと思います。

アースオーガーが届いたものの酔っ払っているので試運転はやめておこうと思う件

DETAILE にものすごい違和感を感じつつも落札したアースオーガーが届きました。
不注意にも 着払いのみの出品者 さんだったので、大量に溜まっているヤフーマネーを消費できませんでした。

商品自体は、11,100 円+税、送料は 2,500 円+400 円(代引き手数料)+税、なんだかんだで 15,000 円をちょっと超えてしまいましたが、それでも安いですよね。

ちゃんと使えれば、の話ですが。

なんでこんなものを買ったのか、というと、井戸掘りもそうなんですが、他にも、ヤードの周りにフェンスを作りたくて、木の杭は買ってあるのですが、オーガーを持っておらず、リースしようかとも思ったんですが、この際だから、買うことにしました。

伐採したヒノキあたりをオーガーで掘った穴に立てれば、掘っ立て柱になって、原木をはい積みしたものに屋根をかけたりする時にも重宝しそうですし、ヤギ牧場を作る時にのフェンスづくりにも必要になりますし、この前、神社の掲示板を作る時に、オーガーがなくて、けっこう大変だったので、ハウスとか、今後も必要になるシーンがいくらでも思いつくので、多分元は取れるだろうなぁと。

最悪でもオーガー(先端のドリル)だけは残るので、アッグ的薪割り機のアタッチメントに改造してもいいわけですし。

今日は、椿さんの宮司さんが名誉宮司として勇退されるので、その祝賀会に行ってきて、すでにかなり酔っ払っているので、テストは明日にしたいと思います。

C さんは 20 時くらいになるということで、少し時間があり、一旦家に戻ってきたので、昼寝して、出かけたいと思います。

ドリル式薪割り機を引き取りました

今日は、はるばるドイツから届いたドリル式薪割り機を引き取ってきました。

今回は、MS 03 というドイツ式のユンボのブラケットがついていますが、当然使えないので、今まで使っていた薪割り機のブラケットが取り付けられるように改造しないといけません。

というわけで、鉄工所に、新旧 2 台を持ち込みました。

面倒くさいので、溶接してしまおうかとも思ったのですが、新しい薪割り機がまともかどうか、まあ、まともであろうと期待して買ったわけではあるのですが、何百トンもガンガン割るので、何年持つかは未知数です。

ブラケットを作るのも結構費用がかかるので、ブラケットは使いまわすのが良いのではと思うので、MS 03 を外して、一回り大きな鉄板を溶接して、それにブラケットをボルト留めする方向で考えています。

3 日くらいで作って欲しいのですが、週末には間に合わないかもしれません。

後、気になるのはホースがそのままポン付けできるかどうか。

とりあえず、1/2″ NPT と BSPP なら対応できますが、まあだめなら、ホースマン呼ぶしか無いですね。

ハウスの延長足も届いたし、薪割り機をトロンメルの油圧源に使うための部材も届いているので、そのあたりのことも進めたいと思いますし、原木も下ろして、玉切りして、さっさと片付けたいし、やることが目白押しです。

ボチボチ頑張りますといいたいところなんですが、明日は、大変お世話になっている椿さんの祝賀会があるのと、夜ははるばるアメリカから C さんが道後に来ていて、飲みに行く約束をしているので、仕事はできなさそうですが、楽しみです。

薪割り機のホイールハブベアリングのキャップ用の工具 Vim Tools V216 Hub and Dust Cap Plier を買ってみた件

前々から疑問なんですが、MADE IN CHINA だからか、それとも、重松がよほど不器用なのか、Brave の薪割り機のホイールハブベアリングのキャップなんですが、うまいことハマらないんですよ。

この間なんて、あまりにハマらなくて、怒りに任せて叩いたら、ベコベコになって、使いものにならないので、樹脂の蓋(組み立てる前の保護用のキャップ)をそのままつけている状態なんです。

そんな話を H さんとしたら、Vim Tools V216 Hub and Dust Cap Plier を教えてくれたので買ってみました。

でも、このツールの使い方自体、さっぱりわからないんですけどね?

そんなのものなんで買ったかというと、H さん自体、薪割り機の輸入販売を計画されているようなんですが、アフターの際に必要だから、ということをおっしゃっていて、たしかに、あれだけ嵌めるのが大変なら、外すのも大変だと思うし、自分の機械ならガンガン叩いてもいいんだろうけど、他所様のものは、そうはいきませんので、うちも共同購入してくださった人たちのアフタフォーには道義的な責任もあるわけですから、いくらもしないので買っておこうと思った次第です。

それと、ベコベコになったキャップも買いました。

厳密に言うと、同じものを買うのも芸がないかと思い、グリスがさせるような絵が描いてあるものを買ってみたんですが、適当に買ったので、思ったものなのか、それ以前に、サイズ等が合致するのかすらわかりません。

買ったのは次のアイテムです。

体調が絶不調で頭が痛い

寝不足のせいだか、その辺はよくわかりませんが、体調が絶不調で、頭が痛いのです。
寝不足なので、昨日は、お宮から帰ったら、晩御飯も食べずに寝てしまい、微妙な時間に起きてしまいました。

とはいえ、北米は昼間なので、この前船積みしか貨物のリストから、通関などに必要な書類の突き合わせをしていましたが、Rutland の煙突掃除用の FRP ロッド の本数がおかしなことになっていて、61 本と記載されているのです。
オーダーの方を確認すると、60 本で、電話して確認すると、2 回数えたんだけど、61 本だったということで、おかしいなとは思ったんだけど、と言っています。

今回は、アメリカ側で計数してくれ、自分も気づいたから、事前に発覚しましたけど、前回はすり抜けて、検査で数が合わずに大事になったわけで、今回は危険な(?)供給元は、急ぐのもありすでにエアーで運んでいるため、実質、ある程度確かと思っていたところばかりでこのザマなので、アッグ的薪割り機の引き取りで港に行く予定なので、ちょっと打ち合わせをして、対策を練りたいと思います。

で、昨日、鉄工所から電話が掛かってきて、メッキが仕上がってきましたと。
だいたい、一週間くらいはかかるようです。
まだ、いくら掛かるかわからないのですが、とりあえず、6 本しか作ってないので、すでに仮組みしてあるものの下に付け足して、まずはトレーラが入るかどうか、実際に、マージンを確認したいと思います。

眠いのです — 大運動会が開催されました

今日は、実は、朝早く起きて ViO を LLC 交換に持っていく予定だったんです。
でも、寝坊しました。

というのも、今日というか、昨日は、おニャー様達が、いつもにまして激しい大運動会を開催したからなんですが。。。

とりあえず、運動会は、

真空行動
【しんくうこうどう】
それまでおとなしくしていた猫が、突然家中ドタバタと走り回って
暴れ出すこと。

出典 愛猫のハッピー Life 百科 > 問題行動・しつけ>真空行動

ということのようです。

自分で言うのもなんなんですが、ニャンズとは、夜はずっと一緒にいるので、たくさん抱っこしたり、ブラッシングしたり、お話したり、遊んだりもしているつもりなんですが、それ以上に元気いっぱい、ということなんでしょうかね。

最近、レーザスケールが気に入っているようで、元気に飛びかかっています。
これ、結構、激しく動くので、しっかり遊んで疲れてもらおうと思います。

仕事は半人前・食事は三人前でお腹がいっぱい過ぎた件と Drainzit の出荷

今日、雨の予報でしたが、降らないので、昨日に途中で終わった玉切りをして、玉切りしたものの薪割りをしました。

最近すっかり蒸し暑くなたのもあるのですが、今日は、お昼ごはんは、さっぱりとしたものが良かったので、ざるそばにしました。
まあ、特にこだわりもないので、平田のそば吉に行ったんですが、そば吉は、特盛りでも +100 円で、普通の 3 倍くらいあるんで、貧乏性なので、特盛りを頼まずにはいられません。
というわけで、特盛りを食べたら、今日は珍しく、お腹がいっぱいになりまして、かったるくなってしまいました。

そんなことで、ものすごくダラダラやっていたので、17:00 までで、ウッドバッグがたった 2 つです。
19:00 くらいまでは作業ができたんでしょうが、どうも気分が乗らなくて、そそくさと退散しました。

地面ですが、ところどころ水たまりができています。

まあ、それなりにレベル出しをしているし、きちんと転圧はしたので、どうにもならない状態ではないのですが、多少の整地のやり直しをしないと、土羽に水が入っている箇所や、通路脇などは水が集まっているので排水の整備をしないといけないようです。

薪から出たタンニンですかね、水が茶色く変色しています。

基本的には雨ざらしにはしないのですが、トマトハウスづくりが間に合っていません。

それと、グラップルのホースですが、口金をぶつけたようで微妙にリークして、作動油が減るし、ベタベタになっていけないので、修理に出そうと思います。

LLC も交換したいのですが、どこから抜けばいいのかわかりませんし、かなり汚れていて、これから暑くなるのでオーバーヒートで痛めてもいけません。整備に出して、ドレンの位置などは、その時に聞いておこうと思います。

コアは洗ってもらいたいですし、少し前に雨が降らなくて、埃っぽかったので、エンジンルームも汚れているので、これもスチーム洗浄してもらおうと思います。

出典 http://www.drainzit.com

出典 http://www.drainzit.com

それと、家に帰ると、航空便で取り寄せいた、新しくお店で扱うことにした Drainzit が届いていました。

Drainzit は、オイル交換する際に、オイルを抜く手間が省けるちょっと便利なホースなんですが、個人輸入しても、手間もかかるし、送料などがかさむし、依頼する業者によっては、製品の倍くらいの手数料がかかってしまう ため、うちでも取り扱うことにしたわけです。

結構値が張るのです、すごく需要があるとは思いませんが、まあ、一度使うとないとやってられない、というところです。

早速注文をしてくださった方に発送しておきました。

夏の間は、当然といえば当然ですが、開店休業状態ですので、通年で売れる商品も増やしていきたいと思っています。

井戸掘りに必要な部材を調べてみました

アッグ的薪割り機を活用して、ボーリングをしようと思っているのですが、色々調べていくうちに、ボーリングのアウトラインが少しづつ見えてきました。

ただ単に、パイプをぐるぐる回せば掘れる、というものではなく、ベントナイトなどでドロドロの水を作り、これを圧送することで、掘削したボーリング孔を保持するとともに、掘削により生じた土砂等を地上まで運び上げる、ということがわかってきました。

eBay を眺めていて、より安価でシンプルなもの を見かけたんですが、ボーリングマシン自体は、上から順に、

  • ロッド等を上下させる機構 = ウインチ
  • ロッドを回転させる機構 = ボーリングマシン本体(エンジン等+ギアボックス)
  • ロッド内部に泥水を送る機構 = ウォータースイベル
  • ロッド
  • ビット

という順番になっています。

ものによっては、マシン本体とウォータスイベルとの上下関係が逆になっているものもあるようです。

買ったほうが良さそうなものは、ウォータスイベル、ロッド、ビット、ですね。

まず、スイベルは結構高い部品のようです。

New water swivel. This water swivel has a 1″ inlet (with hose barb included) and a 1″ water course with standard 1″ NPT to connect drill rod to. Will fit power heads with a 7/8″ output shaft,( includes the locking pin). If you have a 1″ output shaft , email first , we can do that. The center shaft is CNC made from solid shaft steel for long life (not soft steel). Also has a powerful ratchet , that has forward , reverse , and free wheel . Makes installing and removing the drill rod quicker and easier. MADE FOR DRILLING WATER WELLS Improved performance with graphite impregnated seals that are replaceable.

The center shaft is zinc coated to improve longer life .

Everything in first picture is included in this listing .

  • weight 7 pounds
  • 9″ tall
  • Max psi 90
  • RPM range 0-250

If you have any question please email fist .

Thank you for looking and have a great day …

仕様的には、泥水を送る口は 1″ で hose barb(タケノコニップル)付き、ボーリングロッド側のネジは、1″ NPT (米式の管用テーパーネジ)ということのようですが、こっちの希望で作る的なことも書いてありますね。

ちょっと思うところがあるのですが、ロッドに関わることなので、後述します。

で、問題はロッドです。

当たり前ですが、ロッドはどれだけ掘ったら水が出るか、それは事前にはわかりませんが、概ね 40 — 50m 掘ってでないなら、諦めた方がいいということのようですから、逆算すると 1 本 2m とすれば、20 — 25 本程度必要になるわけです。

井戸掘りを仕事にするつもりは微塵もないので、ロッドにお金をかけるのは勿体ないと思うんですが、要するに、ロッド自体を輸入するのか、国内で調達するのか、という問題があるわけです。

1″ のガス管は、25A というものになるかと思うのですが、パイプクランプ(いわゆるポニークランプ)を使う際に、アメリカのパイプと日本のパイプの寸法の差に微妙な違いがあることは知っているので、今回、それが原因で問題が生じないか、ということが気になるわけです。

それともう一つは、ネジの問題。

日本国内で NPT のネジが切れるのか、ということ。

後、ネジの細さも気になります。

というのは、後述すると書いたことなんですが、アッグ的薪割り機ですが、トルクが 1,885Nm ほどあります。

たとえば、ロビンエンジン 6HP を搭載している SP-7500 ですが、動画を見るとロッドの回転数は 60rpm 程度かな、と思うわけですが、EX-17D と仮定すると、3600rpm のエンジンで、トルクは、11.3Nm ですので、減速比 1:60 の場合、最終的なトルクは 678Nm ということになり、アッグは 3 倍ほど強いことになるわけです。

SP-7500 は、掘削ロッド 約 1.4m × 25本 外径 43mm ということになっているわけですが、ガス管であると仮定した上で、外径から考えると一回り大きな 1-1/4″, 32A を使っているものと思われます。

よって、ロッド自体もそうですが、それ以上に、継手部分、特にメス-メスの継ぎ手が破断してしまわないか、破断してしまわないにしても、外せなくなるのではないか、という懸念があります。

それであれば、32A を使って、継ぎ手も専用のもの を使ったほうがいいのではないか、とも思うのですが、5 set で $120 ほどしてしまうので、仮に 25 set 買うとなると、$600 もかかるのです。
これは完成品ではないので、パイプ自体は別途手配し、溶接しなければなりません。

これに対して、NPT 1″ の die (1/2″ — 1″ までのセット)は、安いものでは $50 くらい、まともなものでも $200 強で買えるのです。

なので、1″, 25A のパイプを買って NPT ネジを切りさえすれば、切った部分は、当然、外径はアメリカでの規格と同じになると思われるので、それ以外の部分の外寸の問題は、日本国内のもののほうが肉が厚いということなので、トルクがありすぎてねじ切えさえしなければ、それでいいんじゃないかとも思うのです。

1″ NPT を使うとして、両端が 1″ NPT のパイプを接続するための継ぎ手、これは日本では入手が難しいと思うので、アメリカで調達したほうが良さそうです。

最後にビットです。

5 bits includes :

  • 2″ pilot/center drill (carbide tips) (2flute)
  • 3″ pilot (carbide tips) (2flute)
  • 4″ reamer (4flute)
  • 5″ reamer (4flute)
  • 6″ reamer (4flute)

All new 1″NPT. includes couplers

CUSTOM MADE FOR DRILLING WATER WELLS / GEOTHERMAL

ということなんですが、5″, 6″ のリーマーがいるかどうか、使い物になるかどうか、それはさておき、2 万円弱なので、安くはないのですが、その金額で、自作できるか、というと少々厳しそうでもあるわけです。

実際、石に当たったら、ダイヤモンドを使わないとどうにもならないとは思うわけで、地質からして、その確率はとても高いのですが、経験からして、層になっている場合は、石として比較的柔らかい上に、それほど厚くないのですが、風化してない、玉状に残った花崗岩に当たったら、それこそ 1m とか、2m とか、平気であるので、ダイヤモンドでも貫通できるか、できるとしても、ビットの損耗を考えると、場所を移動した方がいいのか、などいろいろ悩むわけです。

まあ、そのあたりのことはこのあたりのボーリング屋さんに聞いたら、知ってはいるんでしょうが、当然、商売の基本ですから、教えてくれることはないでしょうし、聞くのも失礼ってもんかなと思います。

いざとなれば、航空便で取り寄せれば、それほど時間がかかるものでもないし、ビットに関しては、適当に自作して、石に当たったら諦めるということで、月曜日にアッグ的薪割り機を引き取ったら、コーンの取付部位を確認し、ボーリングに流用できそうなら、ウォータースイベル、1″ NPT のダイ、継ぎ手、このあたりを手配して、作業の計画を練りたいと思います。

今思っている構成は次のようなものです。