微妙すぎるヤフーマネーと連結検討でハマり中

昨日から兼務社の夏のお祭りです。

昨晩は、伊予万歳という芸能が奉納されて、今日は、お昼から小学生の相撲大会があります。
泊まり込みなのですが、汗をかいたのでお風呂に戻ってきました。
また、9 時から相撲などの準備をしないとなので、神社に戻りますが。

アルミバンのセミトレーラを落札したというのはすでに書いたとおりなんですが、実は、タイヤを売ったりしてコツコツ貯めていたへそくりというか、ヤフーマネーが 20 万円ほど溜まっていたんです。
それで支払おうと思ったんですが、なんと、振込のみという状態。。。
ヤフオク内部ですら使えないヤフーマネー。。。

仕方がないので、ヤフーマネーの払い出しをしたんですが、手数料が 2% かかるのです。
しかも、消費税別のようで、20 万の払い出しに、4,000 円に端数がついた額が手数料として請求されました。

法律では総額表示が義務付けられています。
そもそも、そういう表示で事実誤認をして、健全な経済競争が阻害されるから、義務付けられているわけです。

店頭に数万店もあるホームセンターや金物屋さんなら、税別価格表示+税別価格表示である旨明記するのも、消費者としては致し方ないかなと思うのですが、ネットストアなどでそういう表示を行うのは 他の店よりも安く見せかける優良誤認を目的としている としか思えません。

こういう手数料が税別である旨表示がない、あるいは非常にわかりづらいのですが、ヤフーですから「わざと」でしょうね。

ヤフオクの場合、商品を検索した時に、ストアだけ「せりだから」という理由で、税別・税込が選べるようになっているんですいます。
商品の個別のページを開くと総額表示がなされますが、リストで一覧表示すると、税抜表示を選んでいるストアの場合、税抜きのまま表示されるので、税込みと税抜きが混在しています。
安い金額の出品に見えても、実際には全然安くない、ということはザラにあるわけです。

当然、消費者も馬鹿ではないので、高いところからは買いませんので、確認の手間が増えるだけで、誰得と思うわけです。

毎日くじにしてもそうだし、例えば 20% バックが当たったときには最大 4,000 ポイントなのですが、20 万の商品の入札画面には、T ポイント 40,000 還元と表示するのです。

ヤフーマネー、他にどういう落とし穴があるのかわかりませんが、いずれにせよ、ヤフーの内部でもほとんど使えないのはなんとかしてもらいたいと思いました。

それと昨日のハマりネタ。

連結検討のことなんですが、フルハーフさんから電話があって、ヘッドの側の車検証を見たんだけど改造をしていますかと。
ユソーキのまな板の後ろ周り半径の問題でカプラを一番後ろにずらして、それで減トンされますよって説明したよね、と思いながらも、もう一回同じことをいって、そしたら、諸元表をくださいということになり、手元のものは写メ なのでディーラーさんに送ってもらったんです。

その時に実は自分も気づいたんですが、諸元表では積載が 9t あるのに、実車は 8.9t(11.5t)になっているんです。
100kg 違うんですが、それで、フルハーフさんから「諸元表と違うから計算できません」と言われてしまったわけです。

はてさてどうしたものか。。。

昨晩、総代さんとその話をしてたら、上陣 さんならできるんじゃないか、といわれたので、ちょっと紹介してもらって、問い合わせてみようと思います。

でも、スクラップみたいなものの、しかもよそのメーカので、書類仕事で手間を掛けるのも、なんか申し訳ない気がします。

なかよし

部屋が猛烈に散らかってて、ちょっとみっともないんですが。。。

3 號(左)と 4 號(右)です。
写っていませんが、すぐとなりに 1 號も 2 號います。

4 兄弟、いつも仲良く遊んでいます。
ずっと元気で楽しく暮らしてもらいたいと思います。

それはそうと、最近、運動会が激しいのです。

これは結構ツボりました。

うちの場合、空腹の訴えは張り付いてくるんですが、水が欲しい場合は ピュアクリスタル をひっくり返して暴れるんですよね。
ひっくり返すと、水中ポンプが空回りして、すごい音が出るので分かるんですが、底に少し水が残っているものがぶちまけれられて、猫砂がこぼれたものが水を吸ってすごくベタベタになって、かなり困ります。

でもまあ、猫に怒っても仕方ない。
そういう状態まで水をたさないことに問題があるわけですから。

運動会自体、ストレスがたまっているのが原因とか、そういうふうにも聞くんですが、結局のところ、大なり小なりどこの家でもあるようで、うちは男の子ばかり+4 ニャンということで、扇風機が蹴り倒されたり、棚の上で格闘して物を落としたり、まあ、飲みかけのビールを MacBook Pro にぶっかけられたりした こともありましたが、これもまあ、そういうものだと思うしかないのか、せめて、昼間するにしている時に大運動会は開催してもらいたいような気がします。

まあ、フェリシモ猫部同様、朝になるとくっついて寝てて、かわいっちゃあ、かわいいんですが、こっちが起きないと、朝ごはんの催促が始まるのもまあ、なんともなんですが。
最近は、催促されても、狸寝入りでごまかす技を身に着けつつある飼い主でした。

タマムシ発見

今朝は、落札した台車の引き取り連絡をしたり、メーカーに詳細を確認したり、陸運局に連絡をしたり、あと、自賠責保険に加入しに行ったり、そしたら、お昼になってしまいました。

本当は朝から薪の選別をやりたかったのですが、昼からの作業です。

ウッドバッグの一つにタマムシを見つけました。
きれいだな〜なんて思ったんですが、薪の中に幼虫がいたってことで、ちょっと食べられてしまったのかなと思います。
その後、成虫になって、外に出ようにもカバーがかかっていて出られなくて星になった、ということろでしょうか。
かわいそうなような気もしますが、薪屋からすると、害虫といえなくもないです。

引き取りは、結局 9 月 4 日で良いことになりました。

あと、自賠責がちょっと値上がりして、5,000 円かかりました。

それと税金の件なんですが、今まで計算と課税される金額が合わないので不思議に思ったんですが、けん引自動車、非けん引自動車は普通の貨物とは全く違った税金のようです。

これは埼玉県の場合ですけど、まあ、愛媛もだいたい同じだと思います。

今回の台車は積載が 14t なので、40,800 円/年、ということですね。

非けん引自動車は重量税は非課税なので、自動車税の 40,800 円/年と、自賠責保険料の 5,000 円、それと車検整備の費用が維持費、ってことになりますね。

まあ、それくらいのコストなら、バン型セミトレーラがあれば、天気が心配なときでも、安心して雑貨の輸送ができますから、十分ペイしそうです。

今時、ロールボックスパレット 1 本を高松から東京まで送ると 32,700 円/税抜 かかるわけです。

このバン型セミトレーラには、ボックスが 2 x 10 = 20 台積み込めるので、32,700 x 20 = 65,4000, 税込 70,6320 円取られるところ、自分で走れば燃料代が 7 万、高速代が 1.5 万、時間が 4 日で済みますから、一回満載で走れば、JITBOX チャーター便を使ったと思えば、台車を買ってもお釣りが来ると思うのです。

残念なことに、自分で自分の荷物を運ぶだけなので、運賃はもらえませんけど。

そういう意味では、だいたい 2 本分が維持費、というところでしょうか。

タイヤが 30,000km で坊主になるとしても、バリ山を真に受ければ、15 往復はできますから。

タイヤが坊主になったら、オークションでタイヤをゲットするか、新しい台車をゲットして、この台車は事務室車にしてもいいなと思っています。

アルミバン型セミトレーラ 落札

競ることはないだろうと思っていたのですが、やはり競らずに、すんなり落札できました。

はてさて、問題は引き取りが 5 日以内、ということなんです。

30, 31 日は、もともと予定が入っていたんですが、1 日に急遽お祓いの予定が入ってしまいました。
5 日目ってのは、土曜日で向こうが休みなんですが、よもやそれを日数にカウントしないと思うんですが、万一カウントすると言い出したら、1 日に取りにかないといけません。
無茶振りされたら、またドレージ屋さんに頼むしかありませんが、そうすると数万余計にかかります。
そうすると、ドレージ屋さんに頼んでお店土地に運んだところで、どの道、そこまでは取りには行かないといけないので、1 日の予定をずらせたらずらしてもらって、高速で取りに行けば、まあ、なんとかなるかなと思うわけです。

高速道路の料金を検索 すると、川内 IC 〜那珂 IC まで、瀬戸大橋経由の場合で、18,300 円でした。
16:00 に出発すると、約 11 時間かかり、03:01 に到着するようです。

仮ナンバー を借りる時間が必要なので、実際には、もう少し遅い時間でないと出られないと思うので、朝くらいには向こうに着く、位に思っておくと良さそうです。

もっとも、お祓いの出張祭典の日をずらしてもらえたら、ということになりますが。。。

引き取りが 4 日の月曜日で OK ということになれば、高速を使わずに済むし、1 日の仕事もきちんとこなせるので、それが理想形ではあります。

あとは、抹消渡しなので、車検を取らないといけなんですが、車検の際に連結検討が必要になるので、先週、製造メーカーのフルハーフに問い合わせをしたんですが、シリアルが全桁わからないと無理ということで、この作業も必要になります。

というか、一番気になるのはピンの位置で、後ろ周り半径がわからないので、連結した際に、ウインカーやエアタンクに干渉しないかどうか、ということが最大の問題です。

ユソーキのまな板台車の場合、後ろ周り半径が 1,840mm で、これで問題ないので、これよりも半径が大きいぶんには干渉しないと推測されます。

画像を解析した範囲では、ヘッドの駆動輪の中心から、だいたい 1,550mm 程度後ろに補助足が見えています。

駆動軸の中心から、カプラのピンまでのオフセットはうちのもので 600mm で、普通はもっとあるので、少なめに見積もって 2,100mm 以上は取れていると思われます。

写真のハイリフトカプラのヘッドのオフセットがいくらかはわからないのですが、1,840 – 1,550 = 290mm ないということはないだろうという意味です。

まあ、出品者さんにシリアルを教えてくれるように頼んでいるので、それがわかれば、フルハーフに聞けば、すぐに分かることだろうとは思いますので、出品者さんから回答を待って、調査したいと思います。

久々の原木荷降ろしと薪の出荷の積み込み

このところ神主らしいことをあまりしてなかったんですが、今日は朝から色々頼まれ事がありました。
お祓い 2 件、地鎮祭 1 件、集中するときには集中するものです。
地鎮祭は、9 月 7 日に頼まれたので、7 日に上京する予定は、少しずらさないといけなさそうです。

で、薪の出荷作業ですが、まずは原木を降ろさないと積めませんので、積んだままになっていた原木をおろしました。
ハウスの足もできてきているんですが、嵩上げ工事をまだやっていません。
嵩上げしないことには、トレーラが入りませんので、これも早くやりたいんですが、一人ではちょっと無理があるので、なんとか手伝ってくれる人を探して完成にこぎつけたいと思います。

トレーラを仕舞う部分以外は、面倒くさいので、もともとのハウスの高さでいいかなと思います。

その後、予定通り、西署に行って、積載外積載許可の申請をしました。
早く許可になるといいんですが。。。

西署に行ったので、トレーラではなくて、キャンターで運びました。
2 回運んで、ウッドバッグ 6 袋。。。
あまりに効率が悪いですが、まあ、コツコツでもやるしかありません。

なんだかんで、18 時過ぎにヤードに戻ってきて、暗くなり始めたんですが、明後日から神社のお祭りがあって薪作業ができないので、上京に備えて薪の積み込みをしました。

ウッドバッグは横 2 列に詰めますが、流石にコンベアで落としただけのものを 2 段積むのは無理っぽい感じです。

4 個目を積もうとしたら、操作が荒かったからか、高く上げたタイミングでスリングが切れ、その衝撃で袋が裂けて、中身をぶちまけてしまいました。

時間も時間だったので、強制終了と相成りました。

明日、スケルトンで掬って、回収しようと思います。

マキタ ストレートシャー & ニブラ

海コンですが、自力で運ぶめども立ったので、ヤードの物入れなんかも今後はコンテナで作っていこうと思うわけです。

そうすると、当然、窓をつけたりしたくなると思うんですが、ガスで切ったりせずに、もっと楽に、切断できないものかと思っていたら、マキタがストレートシャーという名称で、電動シャーをだしていました。

普通の電動シャーのように切り屑が出ないわけではなく、マキタのものは切り屑が出ます。
理屈としては、3 枚刃で切断するので、ニブラにかなり近いように思うのですが、実際使ったこともないし、使っているのも見たことがないのであくまでも想像です。

シャーの動画はなかったんですが、ニブラは普通のの動画ありました。

問題は、コンテナの鉄板が 1.6mm かどうか、ということですね。
2mm くらいのこともあるようなので、そうなるとマキタのバッテリータイプだと荷が重いと思うのです。

アメリカだと、電動ドリルに取り付けるタイプがかなり安く売っています。

まあ、これはいくらなんでも安すぎて怖いですが。

向こうは、鉄板の厚みは gauge という単位で表現するのですが、

によると、2mm くらいの鉄板は、14 gaguge の 5/64″(約 1.98mm) なので、一つ上の厚みの 13 gauge に対応したものだと、とりあえず安心なのかなと思います。

まあ、頑張れば、この前買った充電式のサンダーで切れるのですから、お金ができたらそのうち、ということで、それまで情報を収集して備えようと思います。

起きたら 16 時だった。。。

朝、掃除に行く予定がおじさんが遅れますということで、二度寝をしてしまい、起きたら、なんと 16 時でした。
たまには、そんな日もあっていいよね。

というわけで、掃除も、原木の回収もできていません。。。

明日は、福祉施設に委託している薪の選別作業のため、薪を搬入しないといけません。

買った 20′ コンテナを取りに行くのに合わせて、薪を関東に輸送しようと思うのですが、計算上、32 カゴ積めるはずで、在庫は後で数えないとですが、まだそんなにできていないと思うので、ぼちぼち頑張ろうと思いますが、でも、32 カゴといっても、中身は 1 カゴ 400kg 程なので、商品自体の自重は、12.8t なのです。

関東まで往復すると 2,000km あるので、4km/l だったら、5 万円くらい、3km/l だったら 7 万近く、軽油代だけでかかります。それ以外に、通行料、タイヤなどの消耗品もあります。
人件費は無視するとしても、せめて食費くらいは出たら嬉しいところではあります。
なんだかんだで、どれだけ安く見積もっても 1t 1 万円で運ぶのは難しそうで、薪の製造販売も、ほんの少しは利益が出るようなことも考えないとかなとは思います。

一番の問題点は、一度に運ぶ量がたったの 12.8t だということなので、将来的には、トレーラのさらなる大型化を図りたいところですが、ヤードに入れないものはどうしようもないのと、台車が高すぎるてペイしない、ペイするほど運ぶ商品がない、ということで、当面は、今ある車両で頑張りたいです。

とりあえず、明日は、ちゃんと薪を運ぼうと思います。

それと、ヤフオクの毎日くじ のことです。
また、20% 当たったので、カゴ台車(中間棚なし) を落札しておきました。
使いそこねた T ポイント 9,000 円分も消費できてよかったです。

カゴ台車はあと 1 台は欲しいと思っています。

でもまあ、普通の(?)カゴ台車は、五常さんの加古川のヤードでも受け渡しができるそうで、神戸あたりまで行った帰りにも買って帰れるわけで、最低でも 20% くらいが当たった時に、買い揃えていきたいなと思います。

ただ、高さが 170cm まで、耐荷重も 500kg までなので、輸送効率が劣るのが問題です。

落札できるかどうかはわかりませんが、短いバン型セミトレーラ、細かいスペックは謎なので、推定で書きますが、荷箱の内寸が W 2,200mm 以上、L 8,000mm 以上あるとして、カゴ台車が 2 x 10 で 20 台詰めます。

目一杯積んでも、製品 10t + 風体 1t で 11t しか積めないのです。

そんだけしか積まない(積めない)のなら、2 軸である必要なんてないんだけど、まあ、リフト機構があったりするものは、クソ高いし、海コン 20′ よりは積めるので、20′ シャーシ+海コンでやるよりはマシかと思って、入札するだけしてみています。

今のところ、他の入札者は出てきていませんが、どうなることやら。。。
出品者も売り切りで出しておいて、取り消しを匂わせたりして、ちょっとどうなの、という雰囲気になっていますし。

オークションのルールやマナーを守る、つまり、自分の気に入らない値段で落札されたとしても、落札された=売買の契約が成立ですから、それならハナから売る気のない値段で売り切り出品しないでもらいたいと思いますし、れっきとした契約の不履行ですからね。

こちらがやっぱりよそで安いのがあったらかやめますと言われたら、そういう人はどう思うんでしょうね。

まあ、そういう人に当たるのも含めて、オークションなんでしょうが。

それと、こういうバンなどにカゴ台車を積み込んだ際の隙間の処理についてなんですが、荷崩れ防止用のエアバックなるものがあるようです。

上記に、海上コンテナ輸送時にダメージを避ける方法が色々解説されていて、大変参考になったわけですが、エアバックってのは初めて知りました。

MonotaRO あたりでは、バラ売りもしているので、耐久性などを含めて未知の部分が多いので、まとめ買いは危険かなと思うので、雑貨の輸送を含めて、バン型セミトレーラでの輸送を始めたら、試験的に使って見ようと思います。

上記は、ワンウェイ用ですが、リピートして使えるタイプ、材質も紙や樹脂製など、幅広くあるようです。

わざわざコンプレッサを引っ張り出してきてふくらませるのが面倒くさいんだけど、ブレーキラインから圧縮空気を拝借してもいいものなんでしょうかね?

Scania の S580 の紹介ビデオでは、キャブにエアダスターが用意されていることが紹介されていますが、キャブから 30m 近くホースを引きずり回すのもあれ(雨が降ってたら、ホースが泥で汚れたりして始末が大変)かと思うのと、それ以前に、VOLVO には、ダスターって用意されていないと思うんですよね。

それにしても、新型はかっこいいです。

今までの R に S が追加になったんですが、R と S の違いは、センターのエンジントンネルの有無で、S はフルフラットになっているのです。

うちの FH だと、15cm くらい、エンジントンネルがあるわけですが、S だと、要するに床面が 15cm さらに上がっている、キャブの天井高は同じなので、必然的に車高全体が上がるわけで、ヨーロッパでは、車両の高さ制限が 4,000mm なので問題はないようですが、日本だと 3,800mm なので、2 デフの FH にグローブトロッターキャブがないのと同じように、日本では、S は発売されないかもしれませんね。

頑張って、いつかは Scania V8 に乗れるように精進したいと思います。

薪乾燥用に買った 20′ 海上コンテナを移送する準備

20′ 海上コンテナを買ったので、移送する準備をしなければなりません。

どうでもいいことですが、買ったコンテナは非常に珍しい日本製です。

まだ、コンテナシャーシを持っていませんので、いつものまな板台車で運びます。
そうすると、固縛のための装置がありませんから、そこから準備が必要になるわけです。

早速調べてみました。

コンテナの吊り上げなど、色々うんちくが書いてあります。

コンテナの四隅にある隅金具、ツイストロックを突っ込むところですが、あれ、キャスティングボックスという名称のようですが、その金具にシャックルでワイヤをかけるようです。

この時に、4 分以上を使えと書いてあります。

自分はいつも 6 分を使っているんですが、なんで 6 分かというと、6 分の耐荷重が約 800kg くらいだからなんですね。
てんこ盛り入れるとウッドバッグでもそれくらいの重さになるからです。

そこから考えるに、当然ですが、4 分だと 6 分よりも小さいシャックルになるので、耐荷重的にも 500kg あるかないかくらいです、仮に 500kg あったとしても、2t ですから、コンテナ自重(テアウエイト)に届きません。

気になって調べたんですが、良い材料を使えば 1t くらいいけるものもあるにはあるようですが。。。

それにですよ、写真で見る限り、幅が 30mm くらいで、6 分でも角金具にかけた状態で写真のようにシャックルの方向を任意の向きにできませんから、そうするとシャクルを横から引っ張るような力がかかります。

シャックルの使い方の話ですが、今回は、ワイヤは動かないので、ワイヤの動きによってねじ込みが緩むことはなく、上下に関しては、純粋にボルトの側が重いので、ボルトの側を隅金具に持ってくるのが自然ではないかと思うわけです。

そうなれば、必然的に、シャックルの内寸(幅)が最低でも角金具の幅よりも大きくなければならないし、40′ は 4t くらいありますので、どちらでも使えるように 1t くらい、7 分か 8 分か、それくらいのものを使ったほうがいいと思うんです。

ワイヤに関しては、スーパーハウス用に持っている 4 分でいいと思うのと、あと、長さ的にも 20′ とハウスは同じくらいの大きさなので問題ないと思うのですが、ハウスに備え付けてあるので、忘れずに持って帰らないといけません。

普通にブロックとか吊るワイヤは、捨てる前提で荒く使っているので、キンクしていたりしてちょっと危ない気がします。

いずれにせよ、吊るよりも前、荷台に載せた状態で固縛する際にシャックルは必要なので、7 分か 8 分のものを買っておこうと思います。

荷降ろしについては、うちのユニック能力からして、20′ でも作業半径的に吊るのは無理なので、以前 youtube でみた方法 で行こうと思います。

超いらないから 30 万キロ目指す

何なんすか、これ。

そろそろエンジンヤバイ感じなんだけど、逝ったら載せ替えます。

こんなの乗りたくない。

旧型とハスラーを足して 2 で割ったような、なんともいえない残念感。。。

激安 20′ コンテナゲットだぜ!

88,000 円のところ、85,000 円でいいというので即決。
まあ、ウジウジ値切るのは好きではないし、20% 当たっても上限は 4,000 ポイントだしね。

それに受け渡し場所が最高に良くて、23 号沿いで、しかも、亀山方面だから、帰りに横付け可。
その上、積み込みもしてくれるというので、空荷で帰らず、コンテナを積んで帰ればいいだけなので、余計な費用が一切かかりません。

サビサビだけど、朽ちるほどでもないし、テアウエイトは、だいたい 2.4t ほどだから、鉄の単価を 20 円/kg とすれば、鉄の値打ちだけで、48,000 円あるわけで、今時、トランクルームでも3,000 円/月はするわけで、1 年使えばまるっと元が取れる計算です。

とりあえず、軽くサビ落としと、錆止め程度の塗装はしようと思いますが。

これでようやく乾燥庫の主要な材料が揃いました。

薪の生産のうち、選別作業は委託して、順調に進みそうなので、乾燥作業も委託していければと思います。

まずは、試運転をして、乾燥作業の流れを作っていきたいと思います。