【広告】X25 の予約セールは今日まで!5% off + 翌月一回払いで更に 500 円 off

現在品切れしている FISKARS X25 ですが、4 月 7 日に入荷予定です。

資金力が乏しいので、大量に入れることが難しいので、すぐに品切れしてしまい、ご迷惑をおかけしておりますが、お詫び、というわけではありませんが、お待ちくださるお客さまに 5% off で提供させて頂くセールを行っています。

また、STORES.jp より、翌月一回払いで 500 円 off のクーポンが発行されていますので、合わせてご利用いただきますと、8,500 円ほどと、お値打価格となります。

どちらも今日までのセールですので、検討中の方はお急ぎください。

それはそうと、今日もいい天気でした。

気分よく薪割りをして、薪が山になってにっちもさっちも行かなくなったので、仕方なく薪を運ぶことにしたんですが、手で運ぶのも嫌なので、ダンプにグラップルで掴んで積み込んでいたんです。
法面か、スケルトンを持ってきたら良かったんですけど。

横着しすぎたの良くなかったのか、ホースが何処かに引っかかったようで、根本から折れてしまいました。

まあ、こんな事もあろうかと、変換金具や予備のホース、予備のカプラなど一式持っていたし、エキストラクタも持っていたんですけど、クソすぎて、折れたホース金物が抜けないので、やむなくグラップルは入院と相成りました。

仕方ないので、アッグに交換して続きをやりましたが、入院させるために、4 時過ぎには強制終了です。

昨日の 1 時間、今日はホースがブチ切れたりダンプで運んだりがあって薪割り自体は 2 時間くらい、都合 3 時間くらいで、2t ダンプ 3 車+写真の量なので、6t 程度は薪ができたんじゃないかと思います。

ペースには問題がないんですが、一日、1 時間だの 2 時間だの、トラブルが発生して一日作業ができてないので、遅々として進みません。

ウッドバッグに充填したものも 80 袋くらい溜まって、かれこれヤードが狭くなって来ているので、トマトハウスカバーを準備して、第 1 ヤードに回送して乾燥工程に入らないといけません。

注文品の生薪の生産をしたいんですが、在庫になっている古い原木を片付けてからにしないと混ざってしまうので、割ることができず、とにかく古いものを早くやっつけてしまう必要があるんですが、月曜日は法面を忘れずに持っていって、残土の処分もしたいと思います。

明日は春祭りで薪作業はできないのですが、お祭りから帰ったら、いい加減なめこの駒打ちをやらないとなので、そっちも頑張ります。

午前中なんですが、facebook 友の M さんがブレイブ 24t を注文してくださって、トレーラから 4t に積み替えて積んだままになっていたものを下ろして、今回はクレートがかなり傷んでいるので、確認してもらうために写真を送ったりしていました。

米国の倉庫で荷受けした時点で傷んでいるので、どうしようもありませんが、アメリカ製というのはこういうもの なので、うちにご注文くださる場合は、間違ってもクレートだのの傷についてクレームしないようにお願いいたします。

化粧箱であっても、直接伝票が貼り付けられ、輸送の際に必要な情報がマジックで書き込まれていたりします。
ネジなどのショートパーツは基本的に不足していると思っておいていただきたいです。
もちろん、塗装のスレや小キズなどは、もれなく標準装備で、デカールも脱脂せずに貼るもんだから浮いていたりもします。

正規代理店経由の 22t, GC モデルは、税込みで 50 万近い価格で販売されています。
うちで扱うものは国内では未発売の最新型の 24t になりますが、35 万円ですので、30% 安いことになります。
理由もなく安くはなりません。

アメリカンなクオリティのままでお渡ししておりますので、そういう部分も含めて、アメリカ製品について愛せる方にお届けしたいと思っています。

今のところ、3 モデルすべて在庫がありますので、薪割り機の導入を検討されている方は、Hearth & Home が扱うブレイブ社の直輸入薪割り機の品質と価格とをしかと見極めていただければと思います。

角トップの天蓋の改良案

いよいよ 3 月も今日でおしまいですが、やることが一向に減らないのは気のせいでしょうか?
にもかかわらず、やることが増えるようなことを思いついてしまいました。

角トップですが、今天蓋はボルト留めになっています。

まあ、蓋を開けるにしても、年に数回、下手をすれば数年に一回ではあるんですが、高所で作業をするのに、いちいちボルトを緩めたり締めたり、また、外した蓋をどこに置くのか、万一落っことしたら危ないじゃないのか、と思うわけです。

ゆくゆくは掃除をしなくても掃除してくれる、エアコンの自動お掃除のような機能を取り付けたいと思っているんですが、まずは上記の問題をどうにかしたらどうかと思います。

それで思い立ったのは、マンションの屋上などに登る点検口のハッチの構造です。

熱や汚れの付着の問題がありますから、ダンパまで取り付ける必要もないとは思うんですが、こうやって開けば、蓋自体を完全に取り外す必要がなくなるため、掃除が楽になるのではと思うのです。

丁番の反対側をどうやって固定するのか、ここでビスを使ったら間抜けなので、ふとボンピンが使えないかなと思っています。

ボンピンを使ったら、工具レスで開閉できますし、ピン自体もなくならない構造で、あれだけの面積のボンネットを高速走行時に風圧にも耐えて保持するんですから、角トップの蓋なら十分すぎる強度があると思うんですよ。

結構高い部品だから、1 個で十分だと思うんですが。。。

ボンピンってなんだって方は、以下の写真のようなものです。(画像出典 http://www.k-products.jp
最近は、突起物になるので、エアロタイプ(埋込み型)や、プッシュ型など、種類があるようですが。

うちの商品は、基本的に DIYer さんに向けたものなので、煙突掃除も当然に DIY されると思うので、少々のイニシャルコストのアップで、安全性や作業性が改善されることは、積極的に考案していきたいと思っています。

とうわけで、例の安全対策、昨日買い出しに行きまして、部品代は 1,000 円ほどで済みそうで、なるべく早くでやっておりますので、来週早々には形にできると思います。
今しばらくお待ちの程を。。。

薪製造機は復活!そしてなぜか予定外のオイルフィルタ取り付け

うだうだ書いたけど、なんだかんだで薪製造機は復活ですよ。
完全復活、絶好調!多分。

とりあえず、1 時間で一山できました。
あ、山は高くなりすぎて危なかったので、ユンボで崩してます。

まあ、ちょうど割りやすい太さのものばかりをすぐに割れるように集めてあるので、効率がいいんですが。
この後ガス欠で強制終了です。

本来やるべきことは、トロンメルの油圧ユニットの組み立てなんですが、仮組みして、ただ、肝心のキーがないので、それは作って貰う必要があるので、エンジンとカップリングは預けて、これは早々に完了。

それで、油圧関連の部品をゴニョゴニョしている時、ブレイブ 20t はちょうどヘッドがなくて、フィルタ無しだということを思い出したわけです。それで、思い立ったが吉日、天気もいいし、気分もいいので、転ばぬ先のオイルフィルタ取り付けです。

フィルタの取り付け位置ですが、ヘッドの両端に Hose Barb を取り付けて既存のリターンラインに割り込ませる方法が楽なんですが、今回は、コントロールバルブに固定する方法で行くことにします。

コントロールバルブ OUT 側ですが、気づいた人は気づいたと思いますが、金属製の Hose Barb に改造しています。
業務で使うので、使用頻度が高く、薪を落としてホースを引っ張ったりして、プラスチックが折れると後が面倒くさいことになりそうなので、これも予め強化しています。

これを外して、コントロールバルブの OUT ポートに 3/4″ NPT-M x 3/4″ NPT-M の 90° エルボをつなぎ、そのエルボにフィルタヘッドの IN 側を取り付け、OUT 側は 3/4″ NPT-M Hose Barb を取り付け、元のリターンラインを取り付ける形です。

この方法で取り付ける場合は、お約束で、コントロールバルブを固定してあるプレートから、バルブを完全のはずさないと安物のエルボが回らないのです。まあ、めったにやることではないのですが、組み立てのときとか、よく忘れて先にバルブを固定して、後からエルボがつかない、みたいなミスをやらかしがちです。

というわけで、フィルタを取り付けて一安心なんですが、フィルタの分、作動油が余計に必要になり、エアを噛むようになりましたので作動油が足りないようです。

ViO も作動油が減っているので、明日補充したいと思います。
ブレイブの薪割り機は、32 番指定、ヤンマーは 46 番指定で、自分はどっちも 46 番を入れています。

明日も頑張ってある程度は薪を割っておこうと思います。

間に合わせで修理したものたちの型番を調べ中

なんでロビンの部品をわざわざアメリカで調べにゃならんのかと思うんですが。。。
日本国内でネットで部品を引けるサイトってないんですかね?

とりあえず、例の、ブローバイを戻すホースですが、アメリカでの値段は $4.4 でした。
高い。。。ので、今のホースでいいような気もします。

それとキャブの件です。

パーツ番号自体はこんな感じですが、代わりのキャブがまだ来てないので、来たらアッセンでまるごと交換してから、この際ですから、バラして、ちゃんと直しておこうと思います。

とりあえず、薪製造機がこの時期に調子が悪くなるととんでもなく困るので、バックアップ体制を考えていかないといけませんね。
理想をいえば、もう一台、まるっとあればいいんでしょうが。。。

それと、世の中のやるせなさを感じたできごととして、ずっと見つからなかった SAE8 の HoseBarb ですけど、神戸に行く直前に見つかったんですよ。もう一つ買って届くのを待っていたわけですが。。。

というわけで、トロンメルの油圧ユニット作成のための部品もキーを残して揃いまして、キーはフライスで加工して作るので、もうできたも同然ですよ。
今度こそ大船に乗ったつもりでドンと構えていてください。
これでだめなら。。。まあ、その時はその時で、また考えます。

後は、エアレス塗装機が届いているので、20′ コンテナも塗装したいんですけどね。
タダで塗ってくれたボックスの色ですが、やはり微妙に違います。

イメージカラーはピーコックグリーンという色なのですが、この色、画像でググると見つかるものの色味でもかなりの巾があって、自分の思う色は、孔雀の羽の色ですから、もっと鮮やかな、コベルコ建機のブルーよりももっと緑が強い感じの色なんです。

かなりどうでもいい話ですが、ヘッドの色なんですが、将来的な話として、Netscape Navigator の起動画面っぽいデザインにしたいと思っているんです。

Netscape Navigator なんて知らない人も多いでしょうし、平成生まれだとほぼ知らないと思いますけど、まあ、ブラウザの歴史は、栄枯盛衰のwebブラウザ あたりをご覧頂ければと思いますが、最初 Mosic だの w3m を使っていて、Netscape が登場し、JavaScript が実装され、いつのまにやら Netscape の日本語版を販売するようになりパッケージのデザインをしたり、マニュアルを書いたり、サポートをしたりと、四半世紀前ですが、懐かしく思い出します。本当に歳を取ったものです。

前にも書いたと思いますが、Navigare necesse est, vivere non est necesse という人生は悪くないと思っているので、そのような有り様を表現してみたいなとも思うわけです。
まずは「スカニアを買ってから言え」といわれそうですので、ボチボチ頑張ります。

ブローバイを戻すようにしてみたものの

無事に愛媛にたどり着き、荷降ろしも終わりましたが、検品は、まだです。
今日はつかれたので、検品は明日以降にしたいと思いますが、品切れしているものもあるし、リクエストいただいているものもあるので、早めになんとかしたいと思います。

エンジンの修理の続きですが、よく考えると、ブローバイを戻すんだと思うので、ホースがないなら、エアクリーナーを経由しない空気を吸うわけで、それでもキャブにゴミが入る気がするんです。
というわけで、ホースを突っ込んでみたんですが、直接的な不調の原因はここではないようです。

燃料ホースはつなぎ直して、元あったコックも戻ったんですが、ホースクリップのサイズが違うので、ロビンに閉店間際駆け込んで売ってもらいましたので、明日修理しておこうと思います。

キャブは一旦アッセンで交換して、その上でばらしてゆっくり確認して、パーツが出るうちにパーツを取って O/H しておこうと思います。

それとカップリング部分をバラして、シャフトのサイズと B.C. を調べておこうと思います。

ホンダの GX の場合、同じクラスのエンジンは、セル付きでも $800 しませんから、薪製造機が止まって使えないことのほうがリスクです。

それに、セル付きになれば、いちいちエンジンを掛けるために反対側まで回る必要がなくなりますし、リコイルを引くためのスペースが要らないので、燃料を給油する部分を除いて、保護のためのカバーを付けることができるので、前回のようにエアクリの破損なども未然に防止できます。
さらにバッテリーに充電できるため、12V の電源が取れ、オイルクーラーを取り付け、それのファンを回すこともできますから、これからの暑い時期にも心配が減るというものです。

あと、ポンプをもう一対買って、電動ユニットも作っておきたいと思います。

電動ユニットは、サクション側が 1 本、高圧がメインポンプとサブポンプと各 2 本で、高圧側はチェックバルブが要りますけど、あとは、クイックカプラで薪製造機に接続するようにさえしておけば、電源が取れるところでは、モータ駆動できるので、ランニングコストを押さえることができますし、ポンプが 2 セットあることになるので、バックアップにもなります。

流石にもう少し薪が売れてくれないと、どうにもなりませんので、まずはキャブを修理して、まだまだ EX には頑張って貰おうと思います。

それと、角トップですが、ホンマを買うつもりで煙道囲いを作ってしまったんだけど、うちの角トップを使いたいのでなんとかなりませんかと相談されて、なんとかしましょうということで、なんとかしたものが、なんとか形になりました。

どうですか、このやっつけ仕事は。

まあ、OK はもらっているのですが、ベースの部分だけストレッチしてあって、そこから上は、ごめんなさい H さん、H さんの角トップを部品取りに使っております。。。
まだ、お代も頂いていないので、いいですよね?

というわけで、H さんの角トップも作らないとですし、K さんに頼まれた角トップは、明日部材を買い出しにいって、なんとか明日中に材料だけは形に持っていきたいと思います。

う〜ん、角トップは引き合いがたまにあるんですが、煙突自体、ここ半年くらい全く引き合いがないのはどうしてだろう。。。
宣伝が良くないのかもしれませんね。

施工方法について問い合わせを頂いているので、記事にしないといけないのですが、まとまった時間がなかなか取れなくて、申し訳ありません。

あと、ブレイブの薪割り機も入荷しました。
3 モデルの違いがわからないという質問を複数の方から頂いているので、これも近いうちに整理して記事にしたいと思います。

でも、今日は寝ます。
ろくに寝てないんで。
おやすみなさい〜。

通関, リザーバータンク交換, BOX 引き取り

今日は薪割り機の通関に神戸に行きました。

用事が 2 件あるので、と税関の人にいうと、なんと検査なしになりまして、非常に段取りよくことが運びました。

前回、リザーバータンクから LLC が漏れていることがわかって、注文してあったものが届いているということで、タンクも交換してもらいましたが、他に問題がないか、しばらく様子を見てみようと思います。

それと、1.5m3 BOX もでき上がったものを引き取りに行き、予定をすべて熟すことができました。

後は、無事故で帰るだけですが、ようやく四国に入りました。
ボチボチ頑張ろうと思います。

やっぱり薪製造機のエンジンの調子が悪い件

薪製造機のエンジンの調子が悪い件ですが、とりあえず、インラインの燃料フィルタを買って取り付けました。
ホースを買い忘れてしまい、もともとついているコックと入れ替えました。
帰りにホースは買いましたが。

それで、どうもキャブの調子が本格的に悪いようです。
ASSY で交換しようと思いますが、驚いたことに、MonotaRO で売っているじゃありませんか。

ereplacementparts.com で確認した型番 と、キャブ本体の刻印と、ともに一致しているので、間違いないと思いますが、返品不可なのでちょっとリスキー。

それはそうと、エアクリーナーのボックスですが、12mm くらいの内径のホースっぽいものがとりつきそうな突起があり、記憶が確かなら、OHC と書いてあるところの穴に突っ込んであったようななかったような、なんかちょと気になるんですよ。
クリーナーボックスがぶっ壊れた時に紛失したのかもしれませんが。

今日はこれから神戸にいかないとなので、戻ったら、また調べたいと思います。

それと、荷物を積む必要があるので、台車の木くずを掃除をしたんですが、面倒で仕方ありません。

スタンションの穴に詰まっているのを手で引っ張り出したので、皮がすり減って痛いし、これもなんか対策を考えないとなぁと思います。

荷台に簡単に乗ることがえきれば、ボブキャットのバケットで掬ったら楽そうですが、微妙に床板が傷んでいて、ところどころ引っかかるので、削るなりして修理しないとだし、いたんで張り替えるのも面倒なので、たまには防腐剤も塗ったほうが良さそうです。

エアレス塗装機が来たら、塗ってみたいと思います。

スズメバチ駆除は今しましょう

日一日一日、春らしくなってきています。

今日は神社の参道の桜がかなり開花していまして、春の大祭が今年は来月の 15 日なのですが、それまで多少なりとも残るのか、すでに心もとなくなってきました。

まあ、毎年のことなのですが、そういう心配をしても仕方がないので、一部は 旭山桜(一才桜)を植えてみた んですが、こちらはまだつぼみのままで、いいタイミングで咲いてくれそうですが、矮性品種のため、本当に成長しません。
普通に大きくなる桜も、建物や道路から離れた箇所に、開花時期を計算して植樹したほうが良さそうです。

春、3 — 5 月頃は、スズメバチ駆除のベストシーズンだと思います。
啓蟄を過ぎたこの時期は、冬眠から覚めた虫が地上に這い出して活動を開始する時期で、スズメバチの場合、女王蜂の営巣時期でもあるわけです。

女王蜂さえ捕まえれば、当然、巣ができませんし、働き蜂も増えませんし、トラップで簡単で、できてしまった巣の駆除よりも遥かに安全で低コストだと思いますし、無駄な殺生が最低限で済みます。

というわけで、フマキラーのハチ激取れ を買ってみました。
ペットボトルでも自作できるんでしょうけど、自分の場合、誘引剤を作るのが今ひとつうまくできないのです。

価格は一つ 500 円くらいです。

金に糸目をつけない!という人には、もっと大容量の業務用がシマダから出ています が、お値段は 3 倍くらいします。

で、フマキラーの方に話を戻しますが、今ひとつ取れないと思っていたんですが、今日、むちゃくちゃ重要なことに気づきました。
パッケージの絵を見たところ、やたら液面が高いのです。
しかし、付属の誘引剤は大した量がないので、カップの底の方に少しはいるだけなんですね。
説明書を読むと、水を足す必要があったわけです。
せっかくなので、お神酒を足しておきました。

まあ、効果がどの程度あるのか、ただまあ、天井裏に防護服を来て入った時には暑くて大変だったので、1,000 円ほどでできる対策ですから、やっておいて損はないのかなと思います。

で、神社が終わったら、ユニックに積みっぱなしの原木を下ろしました。
ユニックから原木を下ろしたら、ユニックを踏み台にして、台車に乗り移り、台車の原木も下ろしましたが、終わったら 19 時で、すっかり暗くなりました。
台車が使えないと、薪割り機の引取にいけませんから。
本当に適当に下ろしただけなので、明日は台車の掃除をしたり、適当に下ろした原木の片付けをやりたいと思います。

薪割り機のアフターサポート

薪割り会で T さんに、ブレイブ 20t のフレームに貼ってあるデカールが欲しいといわれて、薪割り機を買ったお客さんにデカールをプレゼントして、その時にアフター品のカタログを作って送付したらどうか、と提案を受けました。
とても良い提案を頂いたので、早速検討しようと思います。

というのは、たまたま facebook でホンダウォークさんの一つか二つ前の型の 13t 薪割り機で、Briggs & Stratton の汎用エンジンのモデルですが、これのオイル交換について、Drainzit の適合を質問されたのです。

Drainzit というのは、エンジンオイルを交換する際には一般的にはドレンボルトからオイルを抜く必要があるのですが、汎用エンジンの場合、レイアウトの関係で、オイルがうまく抜けないものが多く、抜けたオイルで機械がベトベトになることが多々あるため、予めドレンボルトの部分に、オイルを抜くためのホースを接続しておきましょう、というものです。

まあ百聞は一見にしかず、このコンプレッサとか、下手にオイルを抜いたらタンクがオイルまみれになるようなレイアウトになっています。

とりあえず、うちで在庫しているのは、HON1010 という 10mm のものと、HON1012 という 12mm のもので、GX160 には 1010 を、GC160 には 1012 が適合しますが、ほかメーカの適合などは正直把握していません。

それで話をホンダウォークさんに戻しますけど、彼らもこの問題は気づいているらしくて、以下のブログに対策品がある、ということで紹介されているんですね。

この部品、ようするにドレンボルトをくり抜いて、反対側にねじを切っただけのものですから、今まで販売しているものにも適合するはずだし、もっといえば、GX160 であれば、そのままポン付けできると思うんですよね。

というわけで、対策前のモデルでも部品を提供すると思うので、メーカーに確認すると良いかもしれませんね。

Briggs & Stratton の場合、純正品で Drainzit と同じ構造のものが用意されているようです。

ただ、S さんが送ってくれた画像を見る限り、ねじが NPT には見えないのです。

とりあえず、適合表 を見る限り、Most と書いてあるのでたいていハマると思うのですよね、STAN1025 が。ただし、注にもある通り pipe threading, 管用のテーパーネジ、1/4 NPT でないとダメだと思います。

正直にいうと、Briggs & Stratton のエンジンは、見たことも触ったこともないので、勝手がさっぱりわかりません。
というわけで、ホンダウォーク薪割り機のプロフェッショナル、エコエコ薪ストーブの上野 さんに泣きついております。
詳報は今しばらくお待ち下さい。

いずれにせよ、ユーザーさんが、うちで買った商品の問い合わせを他店にするようなことにならないように、聞かれる前に、色々と提案ができるような体制を作っていきたいな、そう思う出来事でした。

原木を積んで帰りました

今しがた愛媛に戻りました。

今回は、薪ストーブの配達が都合が合わなくなってしまいキャンセルとなってしまったので、行きは少々無駄があったのですが、帰りは原木を調達してあったので積み込んで、効率よくこなせました。

ただ、写真の量を積むのに 3 時間くらいかかっています。
ウッドバッグ 4 — 5 個分くらいかなと思いますが、3t 位あるんじゃないかと思います。

尤も単に積んだのではなくて、長すぎるものは切り詰めたり、枝などが落とされていないものは整形したりして、それで時間を食ったのはあります。

とりあえず、今日は降ろせるような時間ではないので、明日、神社が終わったら、下ろしにいって、トレーラの原木も下ろして、台車が使えるようにしようと思います。

もう次の薪割り機は入港済みで、フリータイムが終わるまでには引き取りに行きたいところですが、正直、明日の夜というか、あさっての朝というかに神戸に行くのは流石にしんどいんじゃないかと思うのですが、まあ、体力と相談して、無理をしないように、段取りを組みたいと思います。