バードレッサーはすごい切れ味

傷んだバーですが、ダメ元でバードレッサーを買ってあったのですが、買ったことをすっかり忘れていて、思い出して、修正してみました。

最初は、グラインダーで粗く削ってからのほうがいいかとか思ったけど、全くの杞憂でした。

ものすごい切れ味で、ヤスリというよりも、カンナですね、これ。

写真でもわかるかと思いますが、削り取られた鉄くずがカールしています。

ちなみに、Oregon ではなく、Pferd のもので、Bailey’s で H30(互換 20NK)のソーチェン と一緒に買って輸入しました。

その 20NK ですが、H30 がもうかれこれだったので、暇を出して、早速取り替えて使ってみたんですが、鈍いからか、切れ味の違いはわかりません。

Cutter Type Safety Features Woodland Part # Husqvarna Part # Oregon Part #
Narrow-Kerf 20NK
Narrow-Kerf Guard Link H30, S30 95VP, 95VPX, 95TXL

Guard Link の有無は、切れ味には影響しないもんなんでしょうか?
アホなんで、さっぱりわかりません。
Narrow-Kerf は Husqvarna 語では、ピクセルチェンといいます。

チェンの伸びですが、初っ端激しく伸びますが、その後はそうでもない感じ。
まだ一度も目立てをするほど使ってないので、買い続けるのかは、これからの判断ですが、今のところは及第点と思うし、価格が安いし、満足がいくようなら、お店でも扱ってみようと思います。

それと、ウッドバッグがなくなった件ですが、仕方ないので通気バッグを使い始めました。
とりあえず、四角く充填してみてます。
でも、乾くのか、これ?

障子の張替えが必要!

写真の子は 4 号です。

ウッドデッキに捨てようと思って出してあった複合機を粗大ごみの回収日なので運び出していたんですが、興味津々で障子と網戸との狭いスペースでキョロキョロ・ウロウロしています。

そういうことの繰り返しで、まあ、見てのとおりで、説明は特に不要かと思うんですが、完全にボロボロ状態で、換気・通風のために網戸にしていますが、障子は開ける必要がありません。

前は一番下が破られていたくらいなんですが、かなり上の方まで破られてしまいました。

もう一箇所は 随分前に壊滅的な攻撃を受けた ため 張替え済み なんですが、今回もこのときと同じ アサヒペンの超強プラスチック障子紙 の、無地 で行こうと思います。

前回の障子紙は今のところまだ破られていません。

ボチボチやってるお宮工事

ボチボチ工事をやっています。

写真のとおりで、30 年以上前の擁壁の補強なので、地山が出るまで掘ってそれでトーフを据えていく感じなんですが、現状で進捗率 60% くらいかなと思います。

そろそろ、トーフを取りに行く必要がありそうなんですが、台車はまだ原木を積んだまま放置してあるので、そっちもなんとかしないといけません。

四国は梅雨入りしてしまいましたので、工事も薪割りも、ほんとこのペースではかなりやばいのですが、頑張れない性格なので、こんなもんでしょう。

それと、今日 A/N が届きました。
でも、申告書をまだ作ってないんです。。。
今週天気が微妙そうなので、雨が降ったら、申告書を作ろうと思うんですが、X25 は品切れしてしまっているので、早めになんとかしたいところです。

UV カット, Again

紫外線が強くなる季節が近づいてきましたし、そろそろ梅雨になるので、ウッドバッグに雨よけ+乾燥促進のトマトハウス式カバーを仕込んでいかないといけません。

手抜きを何パターンか思いついているんですが、確実ではないので、実績がある方法で行こうとは思うのですが、去年、トマトハウス式カバーを UV カットフィルムで作る作戦は、耐候性が乏しく全くダメダメだったのす。

そうしたところ、facebook で UV カットのストレッチフィルムがあることを知りました。

これを使うことにより、カバーの固定と UV カットとを同時にできることになりますし、防水についてはカバーで、UV カットについてはストレッチフィルムで分担するのと、ストレッチフィルム自体は朽ちても、上から巻き足たすだけで、その際 UV カット機能自体が生きているならば、上から補強で巻くフィルムは普通の透明のもので良いと思うのです。

これも基本的には屋外で紫外線に暴露するようなことは想定していないものと思いますので、何ヶ月持つか、という部分が気にはなりますが、流石に何日、というほどの短い寿命ではないものとは思います。

UV カットフィルムで作ったカバーは比較的短期間にだめになったので、検証するに至っていませんが、UV カットするだけなら、別の選択肢としては、サイド部分だけ黒や銀のマルチを巻くとか、黒のストレッチフィルムを使うとかも考えられます。

上記の福見の UV ストレッチは MonotaRO では扱いがないようで、値段もわかりません。
一旦使用し始めると大量に使うので、やはりコストは気になります。

黒のストレッチフィルムの場合、幅 500mm, 長さ 300m のものが @1,825 円 なので、仮に 1 本で 20 袋梱包できるとして、@100 円ほどかかることになります。

また、乾燥した製品を出荷する際に、通気バッグを使うように変更していく予定ですが、これは耐候性がウッドバッグに比べて乏しいと思われるので、UV ストレッチなりで養生して出荷し、お客さんの判断で、通気を優先してフィルムを取り除くか、それともそのままで保管するのか、考えてもらったらとは思います。

このケースでは、乾燥済みなので、太陽光で内部の温度を上げて乾燥のために空気が循環する必要は殆どないんですが、含水率は 0 ではないし、多少でも空気は動いたほうがいいので、UV ストレッチや黒のストレッチの場合、どの程度空気が動くのか、という部分も気にはなるのですが、入手の容易さを勘案すると、とりあえずは、黒のストレッチで凌ぐしかなさそうです。

おいおい実験していこうと思います。

大山祇神社 参拝

今日は氏子さんと伊予国一宮, 大山祇神社に参拝しました。

まあ、写真のとおりで、正式参拝の後、宝物館を見学しました。

昼食後、大三島ブリュワリー に立ち寄り、その後、伯方の塩(なんだけど、工場は大三島)の見学です。

帰りには、大島のバラ園, 亀老山展望台という鉄板すぎるお約束のルートでした。

愛媛にこられることがあれば、大山祇神社には、ぜひご参拝ください。

これはニャにかニャ?

なぜかオートバックスで買いました。

別におニャー様を撮影するために買ったわけではないんですが、12,800 円とお手頃で、これくらいの金額なら、十分遊べるかなというのと、個人的には、煙突のトップの点検だとか、雨樋の詰まり具合の点検だとかに使えるんではないだろうか、ということで買ってみました。

届いて、あまりの小ささにビックリ。
はじめてのドローンなので、比較対象がないのでなんともですが。

早速飛ばしてみたんですが、結構操縦が難しいですね。
スマホの画面でやるからかどうかはわかりませんが、画角が狭すぎて、上にある障害物にあたって墜落とか、室内の飛行は結構危険かもしれません。

画質もかなり残念な感じです。

静止画はまだ見れる感じ。

動画は、静止画に比べてかなり画角が狭いんですが、おそらくはブレの補正でもをしているんだと思います。
あと、2m くらいしか離れていないんですが、コマ落ちしてますし。

WiFi の接続が数メートルでも切れることがあるのですが、そう時に着陸機能があるらしいんですが、池の上とかだと、そのままドボンでしょうし、木だと、枝やなんかに引っかかってしまうことがあるだろうし、ただ、切れた時はしばらくしたら接続が回復してコントロールできたので、バッテリーの残がある間はホバリングして、接続の回復を待つ、ということなんでしょうか。

とにかく取説に何も書いてないので、ネットで色々調べて、遊んでみようと思います。

まずは、おニャー様から守るためにハードケースと、電池がすぐに切れるんで、予備電池、あと、充電器は必要かなと思いました。

おニャー様用洗い場が完成

母屋の洗濯機がおニャー様の毛で壊れそうなので、おニャー様のタオルだとか、あるいはチェンソーオイルだとか、木くずとかがついているものを予洗いするために、ウッドデッキに洗い場を作りました。

なんで今までかかったのか、というと単純な話で、ウッドデッキは免震支承よりも下ですから、どこでも置くと、大地震の際に丸太小屋が跳ね出してきて、配管などがだめになってしまうのです。

なので、本来は、小屋の東側に設置する予定で、電気配線などもしてあったんですが、駐車スペースの兼ね合いで東側はまだ通路のままなので、仕方ないので、間に合わせでコンセントがある位置に洗い場を作ったわけです。

ステンレスの板がすべり支承で、その上まではスライドして来る可能性があるので、給排水は、それより外に設置しましたが、まあ、地震があったらその時はその時ということで。

早速 この間おニャー様を洗った 時のマイクロファイバータオルを洗ってみてます。
一応、ペットの布製品専用洗剤 を使ってみているんですが、念には念を入れて、ダイソーで買ってきた洗濯ボールも投入です。
でも、軽くひと拭きすれば、あっという間に毛まみれ, 元の木阿弥なんで、正直意味があるのかは、甚だ疑問です。

それはそうと、こうやって見ると、だいぶデッキも薄汚れてきています。
無塗装なんですが、ここいらで一度、CPR したほうがいい気がしてきました。
というか、洗濯機据える前にやれば楽だったように思います。
段取り悪すぎ。。。

たまには宣伝もしないと、この季節、お店は閑古鳥が鳴いているので。。。

ウッドデッキですが、見てのとおり、釘やビスが見えてませんが、これは Kreg 社の デッキジグ で作っています。

デッキジグの良いところは、ジグのイニシャルコストは少々かかりますが、施工が極めて容易で、金物等と比べて、専用ビスが安価なため、一定以上の面積を施工する場合、とても経済的だということです。

KREG デッキジグ の魅力については、以下のエントリーをお読みください。

はい作業主任者 技能講習 2 日目

今日も 昨日 に引き続き、はい作業主任者 の技能講習でした。

結論から書くと、無事に講習を終えることができ、ホッとしました。

というか、この手の講習のテストは、最後のまとめのところでほとんど出るところを教えてくれるので、余程でない限り落ちないものだと思っていたら、今回は、複数残留の方がいたようです。

今のところ、テストに出るところだけは覚えているんですが、それもいつまで覚えているのか怪しい限りですし、それ以前に、正直、テストに出る程度の内容を覚えた程度で、はい作業というか、要するに、昔からの人力でのはい積みなんかがまともにできるとは到底思えません。

ただそれでも、そういうことの基本のキホンを知ることができたのは、とても有意義であったのではないかと思います。

こういう規制ができたのも、それだけ事故があった、ということに他ならないわけで、事故、特に人身事故がないように、気をつけて行きたいと思います。

それで、16:00 に終わったので、帰りに南消防署によって、指定可燃物の届け出のことを話してきました。
とりあえず、今回は、パレットも溜め込んでいるので、薪と合わせて 150m3 を上限に保管するということにしました。
前回 のように、看板を据えて、消火器を用意して、それで消防署の人が見に来て、OK なら OK ってことになるようです。

看板は、はい作業主任者の職務の看板と、指定可燃物の看板と、レーザーで彫刻して作ろうと思います。

床屋さんみたいに、薪売りますの看板は、木で趣があっていいですよね。
ああいう看板も作ったらどうかと思うんですが、問題は、ヤードの前は地元の人くらいしか通らない、ってことで。。。

今日は座っていたからすごく疲れたんで、明日お宮が暇な時に版下を作ろうと思います。

はい作業主任者 技能講習 一日目

今日は はい作業主任者 の技能講習でした。

というか、米俵というか、袋物を扱うことは全く無いし、自分の環境だと、基本的にパレットなり、フレコンなりで荷役するので、この講習、マジでやばすぎます。

初っ端から全く知らない専門用語が連発なんですが、基本はいといって、荷の組み合わせのパターンがいくつもあって、そのパターンを組み合わせて、荷を積み上げていくわけですが、荷崩れしない、ということだけではなくて、検数というらしいんですけど、何個あるかの管理であるとか、あまりに当たり前ですが、積んで保管したら、カビたり虫がくったりってこともあるし、そういうのを防ぎつつ、出荷のことまで考えて、積み方をデザインするわけで、もはや芸術の域でした。

今時、手積みとかないだろうとか思いつつも、オッサン痛く感動。

感動したのはいいんだけど、でもまあ、事実上、役に立つことは全くなさそうですが。。。

で、肝心の丸太の方は、特に普通。

それで、とりあえず、今日のところの復習としては、主任者は掲示しないといけないってことで、看板がいるようなんです。

めんどいなぁ。

全部で 4 枚要るってことですよね。

第 2 ヤードも、搬出が追いつかなくて、薪がそこそこストックされているので、指定可燃物の届け出と掲示が必要なレベルだし、資格が取れたら、一回きちんと掲示を整理しようと思います。

プラはダサいから、木の看板にしようと思います。

作動油に水が混ざったようです

今日は雨なんですが、屋根ができたので、雨でも作業ができるようになりました。
というわけで、午後から少し割ってみました。

昨日修理した際、作動油が漏れてしまったので、作動油を足してみたんですが、水が混ざってしまいました。
早めに交換するしかないのですが、一度の交換ではきれいにならないと思うので、ドラム缶で買うか、それともペール缶で買うか、悩むところです。

24t 薪割り機がおまかせ便で売れたら、36L 使うので、ドラム缶で買っておいた方がいいようにも思うんですが、いつ売れるかはわからないし、長く保存したくないので、悩むところです。

とりあえず、明日, 明後日は、はい作業主任者の講習に行ってきたいと思います。
ボチボチ頑張ろうと思います。

明々後日は神社、日曜日は神社の旅行なので、月曜日まで薪作業は強制休業です。
梅雨に理までに片付くのか、ちょっと不安になってきましたが、時間があるときには、少しづつでも割っていきたいと思います。