雨が止んでいたのでコンテナから荷降ろし

雨が止んでいたので、バタバタしていて先延ばしになっていた荷降ろしをしました。

値上がり前の最後の Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC が入荷しています。

次回からは、$300 くらい北米での価格が上昇していて、24t と価格が逆転しています。
まあ、運賃がぜんぜん違うので、日本国内での価格だと、やはり 24t のほうが高くならざるを得ないんですが。
その運賃自体も大幅に値上がりしたので、今後 Brave(ブレイブ)社の薪割り機は適宜値上げしないといけなくなると思います。

そういうわけで、Brave(ブレイブ)20t 横型・往復式 薪割り機 PCLS2013GC の割引は終了させていただきました。
現状でも、仕入れが $200 は上がっているので、流石にこれ以上、値引き販売を継続することはできません。
ただ、今の在庫現状の価格を堅持したいところです。

品切れしてしまっている Brave(ブレイブ) 24t 縦横兼用型 薪割り機 VH1724GC は、5/8 に神戸に入港予定で、現在予約を承っております。
こちらは 2 台入荷します。

他には、サンプルで安価なチャップスを取り寄せました。
2 点で、11,041 円でしたので、約 5,500 円ほどの仕入れ価格です。
送料などがかかるので、販売価格は、直販で 7,999 円、Amazon だと、8,999 円といったところでしょうか。
まあ、売れるかどうかはわかりませんけど。

品切れしていた American Power Pull だとか、Lodge スポーツマンズグリル L410 だとか、なんとか夕方までに検品して梱包して、納品しました。

本当はバックオーダーになっている X7 とか、品切れしてしまっている 砥石 なんかも納品したいのですが、かさばる大型商品から片付けたいのです。
とはいえ、これ以上先延ばしにはできないので、明日には納品したいと思います。
ご予約いただいている皆様、今しばらくお待ち下さい。

Jøtul(ヨツール) F 400 の在庫状況


画像出典 https://www.auldtonstoves.co.uk

Jøtul F400 の在庫数ですが、

モデル 台数
Matte Black 3台
Blue Black enamel 2台
Ivory Enamel 1台
Majolica brown enamel 3台
Clean face matte black 7台
Clean face-brown enamel 2台

というところです。

この間 F500 が嫁ぎ、F370 の取り寄せを依頼していただいているですが、TN20 も嫁ぎ先が決まったので、都合 3 台になり、F400(か、他のストーブ)が決まれば、4 台になるので、輸入ができそうです。

まあ、1 台でも輸入できるんですが、1 台でも 100 台でも、船積み関連の固定費用は同じですし、通関などの手間もほとんど同じですし、仕入れの価格も最低でも 3 台注文しないと、一見さんの値段になってしまうのです。

今のところ、普通の、つまり格子のあるタイプの BP(ブラックペイント)しか在庫がないのですが、エナメル(琺瑯仕上げ)にしては価格の安い BBE(ブルーブラックエナメル)を在庫してみたいとも思います。
あるいは、今まで一台もでたことのない Ivory Enamel(アイボリーエナメル)も、個性的かなと思ったり。

BBE は深みがある色で、一見すると、BP と同じようにも見えなくもないんですが、光沢があるのと、あとは、取っ手の金具がメッキになるので、少し上質な雰囲気かなと思います。

Majolica brown や Ivory に比べて、幾分安い、というか、BP とそれらとの中間くらいの価格なので、BP を在庫せず、BBE を在庫したほうがいいようにも思ったりするんです。

同じ予算でワンランクアップ、というのがポリシーで、安く上げるというよりも、より上質なものを用意できる予算内で実現するための選択肢を用意するお店でありたいなと思うのです。

まあ、台所事情的には、約 16 万の TN20 を売っても、その倍以上はするソープストーンの Hearth Stone のストーブを売っても、かかる手間は全く同じなのに、お預かりさせていただく利益は基本 10% で同じで、率が良いので良いものを売りたいのと、同じくストーブの運賃は「容積(体積)」で決まるため、安価な TN20 も、高価なエナメルのストーブも、運賃が同じなため、価格に占める運賃の割合がぐっと低くなるので、結果として国内の定価に対しての割引率が高くなるというのがあります。

高価なストーブを在庫する体力がないのと、低価格の TN20 などを都度都度輸入していたら、1 台売れても 1 万円も残らないので、全く手間に見合わないので、予め在庫しているというのが実際のところです。

TN20 ですが、16 万で販売しても 5% 程はモールの手数料で消え、実入りは 15 万ほど。仕入れも CA$1,000 を超えて、カナダ国内での港までの送料だのを考えると、10 万はします。海上運賃も 1m3 あたり、5 万以上しているので、3 万程度。13 万で仕入れて、消費税を納めると 14 万、通関して、倉庫で保管する手間賃を含めて 1 万しか残らないんですから、経費を引くと推して知るべしです。

Jøtul(ヨツール)については、ここまでカツカツじゃないけど、似たり寄ったりですし、うちより安く個人輸入できる自信がある人は、自分でやったらいいと思います。通関を頼むだけで、最低でも 11,800 円取られますし、運賃自体、1m3 あたり、B/L の費用だの D/O だのの費用は 1 台でも同じくかかるので、5 万に収まるわけはないので、うちに頼んでもらったほうが大抵は安いと思います。

そんな具合でやっておりますから、細かくて面倒くさいことは一切対応しません、というか、対応したら値段が上がるのでできませんから、そういうお店だということはご理解いただければと思います。

それはそうと、すっかり忘れていたうちの TN20 の改造計画です。

実は TN20 にはオプションがあって、まあ、一つは売れたことのない外気導入アダプターなんですが、これは あまりにしょぼい ので自作したんでいいと思いますが、もう一つはファンヒーター見たく、電動ファンで空気を循環することができる後付のファンです。

注文していたんですが、ようやく出荷となったので、次の船で入ってくると思いますが、着く頃にはすっかり暑くなっていて、試せるのは来シーズンでしょうかね。

騒音が気になるのと、そもそも 100V/60Hz で動くのか、という問題があったりするんですが、PSE マークがおそらくないので、そのあたりの問題も気になるところではあります。

届いたらボチボチやってみたいと思います。
その前に早くダンパーを取り付けろといわれそうですが。。。

そろそろ暖かくなってきたのでハイコーキのクラーボックス欲しい病が再発

かれこれもう 2 年前になるんですが、スナカワ の展示会で見てから、ずっと欲しいんだけど、マキタじゃないからという理由(バッテリに互換性がない)で買わずにいるのが、ハイコーキ(日立工機)のクラーボックス です。

これがあれば、出張祭典のときとかも冷たい飲み物が飲めるし、薪割り作業をしてたあとの休憩も、夏は冷たく、冬は温かいものがでてくるわけですよ。

とはいえ、値段が値段なので、普通の保冷バッグやトロ箱に比べて、値段ほどのメリットが有るのか、というとかなり微妙なところです。

それはそうと、6 号です。

流石に臭いので、お風呂に入れました。
ノミ・ダニは、レボリューションしてもらったんですが、まだまだ付いています。
怪我をしているところも洗えないし、顔も洗えないので、当面きれいになるには時間がかかりそうですが、ちょっとフカフカになりました。
下痢も収まってきて、足の痛みも引いてきてはいるようです。

まだまだ子猫で遊びたい盛りだと思うんですが、きれいになるまでは、ケージで生活してもらおうと思います。

春祭りの準備の清掃作業で

今日は兼務神社の春祭りの準備の清掃作業でした。

お宮に到着するなり、猫の鳴き声が聞こえてきたんですが、声のする方に行くと、足を引きずりながら子猫が近寄ってきます。とてもとても人懐っこいです。
ガリガリに痩せて、風邪もひいているようです。
とりあえず、缶詰をあげて、病院に連れていきました。

みたところ、目のブルーが抜けているので、3 — 4 ヶ月程度。
男の子です。

下痢の症状もでているので、1234 とは一緒にすると不安なので、早速ケージを買って、治療に専念しています。
足の怪我がとても心配です。

いつもお世話になっている 志摩どうぶつ病院 さんは連休中も開院しているので、その点は安心なんですが。

ちなみに、名前は 6 号です。

ヘッジトリマーが壊れたので MUH500DZ を検討中

今まで使っていた BOSCH のバッテリー式のヘッジトリマーが壊れてしまいました。
うんともすんとも言わないのです。
スイッチの不良か、はたまた、電池が死亡したのか。

その間にも生け垣は伸び放題です。

バッテリー式だと、バッテリーをたくさん持っているのでマキタ一択になってしまいます。

そうなると、MUH500DZ かなと。
ざっと調べたところの評判は上々です。
ただ値段も上々。。。

とはいえ、今更、エンジンだの、コード付きには戻れません。

まあ、まだ 例のブツ は届いていないのです。
例のブツ は次の船で届くのです。

次の船ですが、B/L も届いて、5/8 神戸入港の予定です。
連休中、港はどうなるのか、気になるところで、5/12 は春祭(子供相撲)なので、その前には準備なんかがあるんですよね。
8 日に愛媛を出発して、9 日に朝一コロ薪等を配達、午後から神戸で通関・引き取り、10 日の朝に戻ってくるくらいのスケジュールで動きたいところではありますが。

あるいは、北軽井沢まで許可になったので、12 日が終わったらと思ったんですが、そうすると、北軽井沢まで行くとなると次の 16 日の祭日までに戻れないので、17 日の出発になってしまうので、帰りに引き取りに行くとなると保管料はかかるし、置いておいて値打ちが上がるわけでもなければ、販売の機会もロスするので、やはり引き取りだけは先に済ませたいところです。

まあ、次の船のことを考える前に、コンテナに入ったままのものもまだ下ろしてないし、倉庫に山積みの品物の検品も済ませろってことだし、ロスの倉庫の輸出許可の書類は連休前に仕上げられなかったんでこれは連休後に持ち越しですけど、少しづつでも雑貨屋さんの仕事もスムースに流れるように、工夫していきたいと思います。

そんなこんなで、予約商品をお待ちの皆様、それなりに処理は頑張っておりますので、今しばらくお待ち下さい。

JØTUL(ヨツール) F 400と浪漫亭

今日は祭日だったので、お昼すぎまでは通常通り神社でした。

その後、薪ストーブのカタログの配達にでかけました。
手元に JØTUL(ヨツール)と mørso(モルソー)、それと Regency(リージェンシー)があったので、持っていったんですが、おすすめを聞かれたので、定番中の定番(と重松が思っている) F 400 をおすすめしたわけです。

F 500 だと、明らかに大きすぎるかなという間取りですし、F 400 でも大きい気もしないでもないんですが、それより小さいと使い勝手の問題もでてくるのではないか、と思ったのです。

暖房面積的な話をすると、米国のカタログ だと、

Heating capacity: Up to 1,600 SQFT

となっているわけで、だいたい 10 squre feet が 1m2 くらい、つまり 150 平米くらいなので、100 帖くらいまで行けるということになるわけです。

日本のカタログだと、

暖房面積 115(㎡) 70畳

という表記で、まあ、3 割もズレているくらいですから、およそ参考にはなりません。

キワモノと言わればそうなんですが、F 40 あたりはハイブリッドなので安心ではあるんで、個人的には、プッシュしたいところですが、F 400 にするとすると、色(仕上げ)が BP = 黒塗装、ブルーブラックエナメル、アイボリーエナメル、マジョリカブラウンエナメルの 4 種類あり、ドアが格子のあるタイプと、格子がないタイプ(CF = クリンフェイス)など、いろいろ選べるし、日本人が想像する、これこそまさに薪ストーブという面持ちなのは、やはり F 400 ではないかと思うわけです。

カラー的には、やはりマジョリカブラウンが一押しなんですが、格子についてはない方がよく見えるんですが、シュッとしすぎているというか、物足りない気もしないでもないし、非常に悩ましいところです。

価格(税込, 送料別)は、クレジットカード決済時で、

  • BP(ブラックペイント) 303,750 円 — 国内定価 430,000 円 (税別) の約 33% off
  • ブルーブラックエナメル 352,350 円 —国内定価 500,000 円 (税別) の約 35% off
  • アイボリー 388,800 円 — 国内定価 550,000円 (税別) の約 35% off
  • マジョリカブラウン 388,800 円

という感じで、現在は BP のみ在庫で、それ以外は取り寄せとなります。

その後、いろいろ街に出たので寄り道をして、帰りに久しぶりに浪漫亭に寄りました。

限定メニューの辛そうなやつを頼んだんですが、見た目は辛そうだったんですが、大して辛くなかったし、あとから来るかと思ったんですが、今のところ平気です。

毎度ですが、量が多くてちょっとしんどかったです。

明日から連休ですし、平成も残すところあと僅かとなりました。
春祭りもまだ数社残っているし、準備を頑張っていきたいと思います。

ペッティロッソ

昨日ははるばる但馬から 神鍋白炭工房 の皆さんがいらっしゃっていて、午前中に薪の生産の様子を見学いただきました。

薪製造機ですが、ガソリンを抜くのを忘れて調子が悪くなってしまいました。
そのためデモできず。。。

アッグ的薪割り機といってますが、コーンスプリッタとクイックヒッチは見ていただきました。
ただこれも手頃な原木がないので、適当にやりすぎて、いまいち威力を発揮できませんでしたが。

それで、お昼をどうしようかなと思ったんですが、Google で調べて、Pettirosso(ペッティロッソ) さんに行ってみたんですが。。。予約のみで満席、ということでした。。。

残念無念。

それはそうと、お隣の家が、ものすごく アイビーログ工房 さんのポストアンドビームっぽい雰囲気なんですよ。

うちの丸太小屋も、東日本大震災の年, 2011 年築なので、もう 8 年になるんだなと思いましたが、アイビーログ工房 さんのキットハウスです。

うちは、そろそろ、再塗装したほうが良さそうです。
エアレス塗装機は買ってあるので、そのうちになんとかしたいと思います。

JØTUL F 373 と F 370

JØTUL の F 373 を扱えないかという問い合わせをいただきました。

JØTUL F 373
国際的なデザイン・アワードで世界が認めた
モダンストーブのスタンダード
日本ではクラシックラインの薪ストーブが普及しているようですが、デザイン先進国の北欧ではモダンラインが一般的です。Jøtul F 373は、国際的なプロダクトデザイン賞である「レッド・ドット」で、ベスト・オブ・ザ・ベストを受賞した唯一のストーブ。そして世界で最も販売台数の多いストーブのひとつです。部屋の中心に据えて、世界が認めたデザインと美しい炎の共演をお楽しみください。
Jøtul F 373は、正面と側面にもガラスを使用し、炎を立体的に楽しめるデザインです。オプションのターンプレートをつければ回転も可能です。

よく考えると、これまで JØTUL のモダンラインを取り扱ったことはないのです。

結論から書くと、F 373 は扱えない、ということになるわけですが、代わりに F 370 というモデルがありました。

パット見は大差はないようですが、何が違うのか気になります。

F 373 F 370
Measurements W442×H1,150×D452(mm) 45.5 x 17.5 x 18.625 in (HxWxD), W44.45xH115.57xD47.3mm
Emission 2.6 gram/hr
Efficiency 73%・出力5.8kW HHV 65.84% – LLV 71.16%
Max output 7.0(kW) 6,020(kcal/h) 35,000 btu (約 10.3kW)
BP — 黒・白エナメル(受注発注) BP — 黒

誤差なのか、測定や表記の違いなのか、違うといえば違うし、同じといえば、ほぼ同じような気もしないでもない差異です。そういう違いなんかは、薪ストーブのカタログの読み方 などが、単位換算を含めて参考になるかと思います。最も、単位換算自体は、Mac の場合、標準で入っている計算機で対応していますし、ネットの場合、Google で簡単に換算できます(計算した上で換算することもできます)。

以前 F 400 のインスペクションカバーに種類があるよ、ということを書いたわけですが、ヨーロッパと北米とで環境基準が異なるため、燃やし方自体も違うようで、燃焼効率(Efficiency)の違いなんかはそういう部分から来ているんだろうなと推測しています。

これらのモデルでやはり気になるのは、燃費性能です。
このことはおそらくガラスの面積が大きすぎて、燃焼する温度を高く保てない事によるのではと思ったりしているのですが、不精なので、ガラスの掃除が大変そうとか、薪を大食いしそうとか、やたら現実的なことが気になってしまいます。
その反面、やはり大きなガラスは、それはそれでとても魅力的なわけです。

暖房器具としてではなく、暖房機能もあるオブジェ、という捉え方が必要なのかもしれません。

ちなみに。

為替レートにもよりますが、現地でのうちの仕入れ価格としては、33 万円くらいになりそうです。
運賃が仮に 5 万円だとすると、都合 38 万円。
これに代行手数料(通関等の費用を含む)がかかった費用の 10%、輸入の時期により消費税が 8% または 10% 加算されます。

現在、仕入先に在庫 1 台あります。
納期は 2 — 3 ヶ月です。(混載の場合)

いつもどおりのこなか

今日は神戸で通関と引き取りでした。
今回は区分は 2(書類審査)だったので、楽でした。

トロンメルの引き渡しですが、朝予定通り、無事に終わりました。

帰りはいつもどおりこなかでした。
少しは学習して、量を減らしました。
そのかわりカツサンドをお土産に作ってもらいました。

肝心の荷物ですが、特に目新しいものは入ってきていないのですが、在庫が切れている商品もあるので、早めに検品して納品をしていきたいと思います。

連休に入るのでどうなることやら。。。

明日は、兵庫からお客さんがいらっしゃるので、ボチボチがんばります。

お祭りの後片付けと久しぶりの北京飯店

今日は午前中は昨日のお祭りの後片付けをしました。
お餅はすぐに傷んでしまうので、参拝できなかった方に発送するために梱包しました。

拝殿の前の飾樽を返しに行ったらお昼前になったので、久しぶりに北京飯店です。
親子丼ではなくて、玉子丼。
結構、好みの味でした。

午後からは、トロンメルの積み込みです。
ダンボールも溜まっていたので、これも処分しに行きました。

帰りに、軽トラを引き取りに行って、積み込んだら、落としかけて、ユニックで吊ってなんとかしましたが、アルミブリッジの位置が悪かったのを無視したのが原因です。
横着も程々にしようと思います。

明日は、神戸で通関・引き取りなので、頑張りたいと思います。